Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2002年10月17日〜




いつも不安

【0122】 Jane

はじめまして、こんにちわ。
なんとなくこの掲示板にたどりつきました。
私はいつも不安です。不安なことがないと不安になります。
不安なことがないときは落ち着かず、無意識に不安を探しています。
不安や心配ごとがないはずがないっていつも思ってるんです。
だからどんなに恵まれた環境にいても、何も恐れることなんてない
はずでも、きっと自分が気がついてないだけで、何か嫌なことが
どこかに隠れているに違いないって思ってしまうんです。
気分が晴れ晴れしているときには必ず、浮かれている場合ではない、
何か嫌なことがあったのを忘れているだけではないか、とより一層
不安を感じてしまうのです。
子供の頃から気楽になれたことなんかほとんどなかったから不安には
なれているのですが、このごろは生きてゆくことが途方もないことに
思え、辛いです。
特に夜はキライなのです、思考が止まらなくなってしまうので本とか
読んで頭から思考を追い払おうと努力するのですが、本のなかにまた
不安の芽を見つけたりして。。。

なんか掲示板の主旨にそぐわない投稿になってしまったかもしれませんが、お許しください。
誰かに聞いてもらいたかったのだと思います。
-2002/11/05 02:03:26-

Re:いつも不安

【0123】 管理人

 はじめまして。
 どうやら、軽い不安神経症、または抑うつ神経症のようですね。強迫性障害の雰囲気もあるようです。

 不安というのは、とてもやっかいなものですね。
 一度、「サイストリー」( http://iyashi.find21.net/psystory/ )を、じっくりとお読みになってはいかがでしょう。不安について、いろいろな面から追求しています。
 きっと解決の糸口が見えてくると思います。
-2002/11/05 23:27:00-

Re:いつも不安

【0124】 ジュジュ

Janeさん 私が全くあなたと同じというわけではないのですが
小さいときから 心の中が戦争で もう疲れました
いろいろ管理人様のお書きになったのを 読ませてもらって
小さいときに 思っていたよりも 深い傷を負っていたことに きづきました
といいますのは 
私が小さいとき辛かったのは
母が 私がなんでも出来ないと叩いたりつねったりしたことや
言う事を聞かないと 食べさせてもらえなかったり 母が嫌いで何時もすごく汚れていたトイレの掃除をさされたりしたことが
原因だと思っていました
でも ほんとうは そんなことではなく
いつも母が 私を部屋に入れておいて 勉強させるのですが 
友達が 遊びに来たら 「用事があるといいなさい」とうそをつかされ
お金を使うなといわれていて キセルをした時つかまって とても恥ずかしく 傷ついて帰ってきて 親に慰めてもらおうとしたら
要領が悪いと 両親に二人から叱られ
母親の子供を叱る声が近所に聞かれるほど大きくて はずかしく
母が父とよく喧嘩していて 喧嘩して実家にかえる時は 
「あんたが悪い子やから 出て行く」といわれ
年の離れた兄弟達が 悪いことすると
「あんたが悪い子やから みんな悪くなった」といわれ
そんなことで 何の苦労もなく育ったように 人には思われているようですが 
傷だらけだったということに やっと 気がついたのです
でも 今は 両親にはわたしを育ててくれたのでとても感謝しています
親には親の そういう育て方しか出来なかった理由があったのだとナットクしたからです
ただ それと 傷が治っていない事とは また別問題だということにも気がつきました
まだ 悲しみの中で縮こまっています
今は 治るのが怖いのです 
つまり 治ったら 今のように 周りに
「かわいそうによしよし」といってもらえなくなるのが怖いのかナとも思ってきました
長々とすいません
-2002/11/06 13:28:51-

Re:いつも不安

【0125】 ジュジュ

すいません 続きです
Janeさんが 幸せな時の方が 居心地が悪いという感じ よく分かります
辛い事があると 辛いんだけど なんか地に付いてる感じがするのです
小さいときからの私の逃げ場は バーチャルの世界で本でした
本はあまり買ってもらえなかったのですが
同じ本を何回も読みました
寝るときは 考えるのが怖くて
寝てしまうまで 本を読みます 
自分を意識すると とても怖くて
自分を忘れたいので アルコールとか催眠導入剤をたくさん飲んだりしてしまいます
でも どちらもからだに悪いし 
そんなことでは問題の解決にはならないのも分かっています
それから 今は 親の生き方と違って
キセルとかだけでなく こそこそする事は 
怖くて 絶対に出来ません
うそをついたり ごまかしたりする事はできるだけさけたいのです
でも 小学校の時 友達に非難されたときとか 負けたときは 
モノを投げつけました
それを つい最近まで なんであんな 大人気ない態度を取るのかなあとおもってたら
母が いつも気に入らない事があると お茶碗とかを投げつけていたのを思い出しました
それと共に わたしも 本質的には 親を受け継いでいる事に気づき 愕然としています
Janeさん 管理人様 結局自分のことばっかり書いてしまいました
Janeさんの カキコミを読んだとたん 憑かれた様に 書いてしまいました すみません
-2002/11/06 13:52:54-

Re:いつも不安

【0129】 管理人

 幼少期からずっと暮らしている親の影響は、計り知れないものがあります。人間関係の悩みや、非合理的な無意識的な行動は、たいていは親の影響です。そこから抜け出すというのは、とても大変なことです。

 でも、ゆっくりと自分自身と自分の心のなかにいる親を見つめていると、いろいろなことがわかってきます。
 ゆっくりと自分自身を癒してあげてください。
-2002/11/07 00:24:42-




おはつで御座います

【0126】 すちーぶ

ウェブリンクから巡って参りました。よろしくです。
-2002/11/06 14:50:02-

Re:おはつで御座います

【0128】 管理人

 はじめまして。
 これからも遊びに来てくださいね。
-2002/11/07 00:18:56-




はじめまして

【0120】 ちょめ

初めて投稿させていただきます。
私は2年前の夏、借金、主人のリストラ、仕事にあけくれる毎日からくる過労、両親の不仲・・などもろもろが重なり、うつ病になってしまいました。一番頼りにしたい主人も私の病に真剣に向き合ってもらえず、入院を機に、別居しています。
アモキサンをはじめ、18種類の薬と毎日お付き合いしながら、過去自殺未遂3回、入院4回、晴れの日もあれば雨の日もあり、毎日将来を考えてはため息ばかりついています。目的がないんですよね。
借金もまだ残っているし・・ごめんなさい。暗くなって・・。
見かねた妹が、パソコンをくれて、ここに出会いました。
また遊びにきてもいいでしょうか。
-2002/11/04 20:49:06-

Re:はじめまして

【0121】 管理人

 はじめまして。
 大変なストレスの中にいらしたようですね。
 うつ病って、ストレスが重なると、誰でもかかる病気です。しかも、一番頼りのご主人が理解してくれないというのは、本当におつらいでしょう。

 うつ病のつらさは、周囲の無理解で何倍にも増してしまうものです。というより、そのようなご家族の存在が、うつ病発症の一因でもあるわけですが。
 ただ、理解してくれそうな妹さんがいらして、本当に良かったと思います。

 またゆっくり遊びに来てください。
-2002/11/04 23:07:38-




お久しぶりです

【0116】 threat

また来てしまいました。今日で二回目なんですが、とてつもない不安に駆られ眠れないのです。今は試験中なのに勉強も思うように進まず、悩んでいます。受験に対するどうしようもない不安が襲ってきます。また自分の過去を振り返り、なぜあのときああしなかったんでろうと嘆いてしまいます。体は相変わらず敏感です。絶望感すらも感じています。なぜこんな気持ちになるのだろうと思い考えると、自分の志望する大学が自分の今のレベルでは合格しないようなところだからだと思います。でもそこでしか自分のしたいことができないような気がするのです。浪人してでも絶対行くんだと思いながらも、落ちたらどうしよう、もう一年もこんな思いはしたくない、私立でも受かれば行ったほうがいいのか、などと思っています。しかし他の大学に行ったところで後悔したらどうするんだとも思います。今まで自分の納得のいかないことはしないようにしてきました。でもそのせいで今自分が追い詰められているんだと思うと自分は間違っているのかと不安になります。要領のいい人間になりたいと思うものの、なれない自分がもどかしいです。思うままに書いたのでおかしなところもあるかもしれませんがこれが今の自分です。
-2002/10/29 03:37:44-

Re:お久しぶりです

【0117】 管理人

 相当に自分自身を追い込んでいますね。
 受験に対する不安というのは、誰でも持っているものです。
 しかし、自分がしたいことが、ある特定の大学でしか実現できないというのは、明らかな誤解です。誤解から、自分自身を追いつめてみても、無意味なだけでしょう。
 もう、自分で自分を追いつめるのは、止めた方がいいと思います。

 もし、志望校に合格するための受験勉強が手に着かないのであれば、それは、自分自身が本当に望んでいないからだと思います。
 たぶん、まわりの人の価値観を、自分自身のものだと、無理矢理思いこもうとしているからでしょう。

 不安で眠れない、というのは、あまりいい状態ではありません。もし長く続いているのでしたら、精神科、またはメンタルクリニックを受診してください。
 とりあえずは、医師の指示どおりに薬物療法を受けて、落ち着いてきたら、カウンセリングを受けるべきだと思います。

 つらく苦しい状態は、誰にでも起こります。自分自身の心がコントロールできないのも、多くの人が経験していることです。
 そして、そんなときのために、精神科やメンタルクリニックがあるのです。
 どんどん利用してみてください。
-2002/10/30 01:46:06-

Re:お久しぶりです

【0119】 threat

ありがとうございます。勉強は順調です。成績もかなり伸びてきているんですが、これまでしてこなかった分、まだ足りません。たしかに他の大学でも学べるとは思うのですが、自分の意地というかプライドというかそういうものがあるんです。友達にもきつい所を目指し勉強している人はたくさんいます。妥協はできればしたくないんです。他の大学に行って後悔もしたくありません。ただ自分がいつか壊れてしまいそうで恐いです。見えない大きなプレッシャーがのしかかっているのかもしれません。
-2002/11/01 01:07:28-




弟のうつ病

【0118】 かおピョン

以前から内向的な性格の弟が、高校卒業後に就職した会社で上司からのひどい嫌がらせにあい、自殺未遂をして現在は休職中です。
あれから一年が経ち、弟は現在資格取得のため勉強に励み、なんとか国家資格に合格できそうです。私も、将来弟と一緒に仕事ができるようにと、別な独立型の資格に現在挑戦中です。
今日に至るまで、色々と家族も悩まされ大変でしたが、だいぶ落ち着きました。ただ、これからのことを考えると、まだまだ不安です。同じような方がいらっしゃれば、是非一緒に乗り越えて行きたいので、メ−ルお待ちしております。
-2002/10/31 14:51:16-







婚約破棄

【0112】 もも

婚約者がうつ病になりました。式場もおさえ、親にあいさつもし来年3月には私は世界で一番しあわせになるはずでした。婚約は無期延期。
彼はご両親と関係が複雑で、すごく憎んでいます。高校を卒業して10年家をでたまま一人暮らしです。実家は遠い県外です。結婚式の内容でご両親ともめました。しかしもめたといっても私は直接話してないし、彼は一人でなんでも解決しようと頑張る人なので私にはどれほどだったのか、彼がうつ病になるまでわかりませんでした。
苦しい4ヶ月でした。それまでは毎日のように会っていたのに突然連絡がなくなり、会いにいってもまったく別人のような彼。病院を勧めて、しばらくして休業。その間私は負担にならないようにひたすら遠くから祈るばかりでした。
しかし先週末彼からメールがあり久しぶりに会ったところ、普通に話しができる状態になっていました。医者からとめられているのに勝手に仕事に復帰し薬も飲んでいない...少しよくなったんでしょうがとても心配です。
うつ病の原因が結婚だっただけに「もう一生結婚はしない」といいきります。今までの彼とはまったく別人のようなことを言ったりします。たとえば両親を殺したいといったり、突然計画性のない高額な買い物(車、ナビ等)をしたり。私は止めるべきなのでしょうか?
私にすごく罪悪感を持っていて私や私の親に会うのが怖いとも言われました。
彼から今までのような愛は感じられません。私はたぶん彼にとって悪影響なのでしょう。でも、まだあきらめきれません。うつ病になる半月前には「オレにはおまえが必要だ。出会えてよかった。愛してる」と手紙をもらいました。本当にどうしてこうなってしまったのか...
うつ病になると性格や、感情は変わってしまうのでしょうか。彼は病気だからではなく本当に私への思いもかわってしまったのでしょうか。
待つことや、見守ること、私にできることならなんでもします。しかし、私の存在が彼を苦しめているのなら、思いが戻らないのなら、もうやりきれません。
私は彼のためには、だまって身をひくべきなのでしょうか?
こんなこと誰にも相談できず、かなしくてかなしくてもう限界です。
せめて誰かにきいてもらいたかったんです。お返事もらえたらうれしいです。
-2002/10/24 23:08:29-

Re:婚約破棄

【0113】 管理人

 はじめまして。
 大変なご様子ですね。でも、彼の様子を見る限り、結婚は、あきらめた方が幸せなのかもしれません。

 うつ病で性格が変わるというのは、あまり聞いたことがありません。ももさんの彼の場合、もっとも考えられるのは、「躁うつ病」だということです。
 「躁うつ病(双極性障害とも言います)」というのは、たいていは、「うつ病(双極性障害との対比では単極性障害と呼びます)から発症します。そして、うつ状態から抜け出すと、今度は、全く逆の躁状態に変わってしまう病気です(これを躁転と言います)。

 躁状態のときには、高額の買い物をしたり、攻撃的になったり、ほとんど眠らずに、夜中まで遊び回ったりします。性格の面でも、うつ状態のときと正反対です。 

 うつ病患者は、だいたい5パーセント程度いると言われていますが、躁うつ病患者は、0.7パーセント程度だと言われています。
 
 躁うつ病は、うつ病(うつ状態)と躁病(躁状態)を繰り返す、とても治りにくい病気です。その周期はまちまちで、短期間で入れ替わる場合ほど、重症だと言われています。うつ病と躁病が同時に起こる場合もあります。

 躁うつ病患者の家族の苦労は、並大抵ではありません。
 試しに、「躁うつ病」または「双極性障害」で、検索してみてください。いろいろな情報が手に入りますし、家族の苦労のほどがご理解いただけると思います。

 もちろん、きちんとした診断は、医師に頼むしかありません。
 ももさんの彼の場合も、躁うつ病ではなくて、前頭葉内の脳梗塞か脳腫瘍かもしれません。それ以外にも、前頭葉のピック病なども考えられます。前頭葉に障害が発生すると、性格の変化が起こります。

 どうしても彼をあきらめられないようでしたら、精神科(神経科)、脳外科、神経内科などで、細かい検査を受けてもらうといいかもしれません。
-2002/10/25 01:07:43-

Re:婚約破棄

【0114】 よーぐると

ももさん、はじめまして。ももさんのお気持ち、察します。
実は、私もこの秋に結婚するはずでした。式場も予約し、招待客のリストも作成・・・という段階になって婚約を無期限延期することになってしまいました。交際中から彼の様子がおかしいのに気付き(以前は外に出るのが好きだったのに外に出たがらなくなり、休日は自分の部屋にいる、食欲がなくなる、体重の激減、不眠・・・・・そして、なんでも悪い方にというか悲観的にとらえるようになってきた、など)、そして結婚に対しても以前とは全く正反対の気持ちになってきているのがはっきりと分かりました。「いいようのない漠然とした強い不安が頭の中から離れない」と言いながら、「俺は病気じゃない!」と嫌がる彼を、無理やり説き伏せて病院に連れて行きました。診断の結果「うつ病」でした。

正直言って、とても動揺しました。どうしていいのか分からなかったし、まず「うつ病」とは、どういう病気なのかとか、これから私はどうすればいいのか、とか次から次へと疑問がわいてきて・・・だから私は、まずそこから始めました。オロオロしながらパソコンに向かい、インターネットの波を泳ぐようにして見つけたのが管理人さんのHPだったんです。(管理人さんには、いつも暖かいお言葉とアドバイスをいただき、感謝しています。管理人さん、認知療法の件についても、いろいろとアドバイスをいただき、ありがとうございました。)
私の婚約者は、薬による治療を続けてきましたが、最近には認知療法という治療法も始めています。
ももさん、この病気は正しい知識があれば、治るといわれています。体が風邪をひいたら内科に行きますよね?ケガをすれば、ケガの状況に応じて外科や整形外科 に行きますよね?ちゃんと適切な治療を受ければ、良くなるし、間違った対応をすれば良くなるものも悪くなってしまう・・・それと同じことではないかと私は思います。
「うつ病」、この病気の人は「責任を取れない」状態にあるんです。私の婚約者は、責任感が強く真面目で不器用で・・・そして内向的で、医師の話によると「うつ病になりやすい性格ではあります」とのこと。だから、認知療法が効果的なのかもしれません。(認知療法は最近始めたばかりなので、どれだけ良い効果が出るのかはまだ分かりません。)

ももさん、もし、彼のことを思う気持ちがあるのであれば、一度、病院に行く事をおすすめします。
診断結果がもし「躁うつ病」だったら、専門家による治療は、とても大事なことだと思います。どっちにしろ、「私は専門的な知識はないから分からない。けれど、もしかしたら・・・」というような気持ちがあるときは、やはり専門家の診断を・・・それが、まず最初に出来る行動だと思うのです。
そして次に出来る事は、その専門家による正しい治療を受けること。その状況をみながら、彼から離れるべきか、どうかというのを考えてみても遅くはないのではないか、と思います。

ももさんと、ももさんの婚約者さんは婚約を破棄されたとのことですが、婚約破棄は、婚約者さんの方から言い出したことなのでしょうか?
うつ病の時は、こういう大きな決断は保留にした方がいいと思います。病気が治ってから「あのときの判断は間違いだった」と後悔するケースもあるそうです。だから、私たちの場合は「無期限延期」としました。
ももさん、彼の事をあきれめられないのであれば、「彼が治って判断できるときに、もういちど結婚の話をすればいい」という気持ちで、いまは見守る、ということもできると思います。

決めるのは、ももさん自身ですが、私の意見を書かせていただきました。いろいろな考え方がある中で「こういう考え方もあるのか」という
ふうに参考にしていただけたら幸いです。

つらいのは、ももさんだけではありません。ここにも同じような状況にいる「よーぐると」という人間がいます。読み流してください。
-2002/10/25 18:40:37-




はじめまして

【0097】 道化師

はじめまして。道化師と申します。

交感神経系の詳しいサイトを探してたどり着きました。
「ストレスの正体」、「脳科学」など、興味深く読ませて頂きました。
うつ病と診断されて四ヵ月。長期休職の上、現職復帰を果たしましたが、
体力的に難有りで休んだり、睡眠導入剤の影響で遅刻をしたりの日々を
過ごしております。
自分自身であるような、ないような、そんな毎日です。

ちょくちょく立ち寄らせて頂きます。
-2002/10/16 23:29:41-

Re:はじめまして

【0099】 管理人

 はじめまして。
 うつ病というのは、それまでの生活のなかで、いろいろな矛盾や精神的身体的な無理が重なって起きた病気だと考えることができます。つまり、発病前の生活とまったく同じ状態に戻ると、うつ病が再発する危険があるわけです。

 そのへんは、上司など、職場のまわりの人たちに、充分に理解してもらうようにしてください。精神的な負担を減らすこと、体力の温存を充分に考えることが必要です。

 まずは無理をしないこと、つらいと感じた場合には、まわりの人にその気持ちを率直に話すことです。
 自分の気持ちを率直に言葉にするように心がけていると、精神的なストレスが軽減されます。

 職場復帰後は、ゆっくりとあせらないで、ひとつずつ仕事を片づけていく、という心構えが大切だと思います。
 何事もあせらずゆっくりと、です。休養が必要だと感じたら、そのことを最優先してください。
-2002/10/17 02:46:15-

Re:はじめまして

【0106】 道化師

お応えを頂き、ありがとうございます。

現職復帰してから二十日あまり。
オーバーペースのためか、自律神経系に異常をきたしたのか、
熱感と目まい、軽い吐気、ふるえなどが表れ、一週間休んでいるところです。
業務が営業のためにマイペースが作れず、難儀しています。

明日が診察日なのですが、上司と同行します(自分の意志で同行を求めました)。
今後の業務や配置転換も含めてのアドバイスをもらうためなのですが、
遅きに失した感はあると思いますが、何か注意するところがあれば、
ご教授頂きたく存じます。

お忙しいところを申し訳ありませんが、何卒お願い申し上げます。
-2002/10/22 00:29:26-

Re:はじめまして

【0107】 管理人

 上司の方に、診察を同行してもらうというのは、とてもいいことだと思います。医師に、うつ病がどんな病気なのか、どんな治療が必要なのか、どの程度の仕事が適切なのかなど、詳しく説明してもらうといいと思います。

 私の考えですが、病前の仕事をそのまま続けるのは、やはり無理だと思います。特に、いろいろな意味でストレスが重なりやすい営業の仕事は、避けるべきでしょう。

 内勤で、人間関係のストレスが少ない、自分のペースを守れるコツコツタイプの仕事がいいと思います。
 実際、営業などの仕事でうつ病にかかってしまった社員を、資料部や管理部などの部署に配置転換する会社は多いようです。
 特に、うつ病の経験がある上司や同僚のいる部署へ配属してもらうことができれば、理想的でしょう。

 医師はもちろん、そうした人事的な説明もしてくれると思います。もし、そのような話がない場合は、医師にハッキリと頼んでみてください。
-2002/10/22 01:37:04-

Re:はじめまして

【0111】 道化師

 お忙しい中のアドバイスをありがとうございます。

 昨日、上司と同行診察にいってきました。
 私自身の診察の時には同席してもらいましたが、その後、私は席を外した上で、上司と担当医師だけで話す時間がありました。
 おそらく、私のこれまでの仕事量や進め方、あるいは人事、配置転換などのアドバイスを話されたのだと思いますが、詳細については聞いておりません。

 担当医師からは、不調を来たした場合には、無理して出社して飛び飛びで休むよりも長めに休んだ方が、結局は会社にとっても本人にとっても良いとのアドバイスを受け、復職してから十日あまり経った頃にオーバーワークとなる業務が三日ほど続いたため、自律神経に不調を来たしているとの診断で、今処方されているルボックス(一錠25mg)一日四錠を六錠に増量されました。

 何にせよ、今後の業務(おそらく配置転換もあるでしょう)、不調を来たした場合の対処法など、今回の同行診察でいくぶん安心できるところがありました。

 しかしながら、一番重要な事は、本人の生きる意志だろうと思います。私は自発的に精神科への診察を受けに行きましたが、これはまだ軽い方で、重度のうつになると誰にも、何も云わずに自死を選んでしまうと担当医師は言っていました。
 折しも、私が診察を受ける三ヵ月程前に過労自殺してしまった大阪の同僚がいました。会社も再発を危惧してのことでしょうが色々と気を使ってもらっています。

 初めのスレッドで長々となりましたが、丁寧なアドバイスに深謝申し上げたく存じます。
 ありがとうございました。
-2002/10/23 12:45:13-







悲しみの中でいたい

【0100】 ジュジュ

私 うつ病は治ってきているんです 
この前また 胸をかきむしるような出来事があって
涙の水溜りが出来ました
その出来事は 無事解決したのに
わたしは その涙のみずたまりから 出たくないのです
わたしの 大好きな 精神科の先生は そんなとき
その気持は そのまま置いときましょうね といってくれます
そうしたら いつかは 消えるんですけど
もう治ってきていて 催眠導入剤ものまなくても済むようになったのに
やっぱり 悲しみの世界に浸っていたいのです
なんの 悩みもないはずなのに なぜかなあ
こころの かなしみが 見えないから みえるように からだに かみそりで 傷をつけます
世にゆう 幸せものだと思うのに 
かなしみのなかで いたいのです
-2002/10/17 21:48:38-

Re:悲しみの中でいたい

【0101】 管理人

 うつ病は、ゆっくりと治していくことが大切です。
 悲しみの世界に浸っていたいというのは、心の奥に悲しみがたくさんあって、それがどんどんあふれてくるからでしょう。

 医師の指示に従って、気長に治療を続けてください。
 もしかしたら、何かを始めるといいのかもしれません。でも、無理はしないで、ゆっくりと休んでください。
-2002/10/18 01:29:08-

Re:悲しみの中でいたい

【0102】 ジュジュ

管理人さん お返事有難うございました
管理人さんのレスのなかに 
>悲しみの世界に浸っていたいというのは、こころの奥に悲しみがたくさんあって、それがどんどんあふれてくるからでしょう

とお書きくださったのが こころにずっと残っている事に気がつきました
今の問題が解決しても まだ悲しみの中でいたいというのは
今の問題が 昔の問題をあぶりだしたので 今の問題が解決しても本当の解決にはならなのではないかということが わかってきました
このことは 私にとっては 新しい発見です
実は 悲しみの中でいたい時というのは 病気を治したくないのです
ひょっとして 悲しみを残したまま 病気が治ってしまいたくないということなのでしょうか
小さいときからの 辛い思い 悲しい思いが 自分の中で解決していないからでしょうか
-2002/10/20 09:48:44-

Re:悲しみの中でいたい

【0103】 管理人

 悲しみ、特に幼少期の悲しみというのは、心の奥にずっと残っているものです。ほとんどの人が、そうだと思います。そして、その悲しみは、簡単に解決できるものではありません。

 ジュジュさんは、今、うつ病の治療中ですよね。うつ状態のときは、悲しみの解決は、考えない方がいいと思います。まずは、たっぷりと休養をとることが大切です。

 うつ状態が改善されたら、カウンセリングなどの心理療法をお受けになったらいかがでしょう。医師も、そう考えていると思います。
 そのへんのことは、医師と相談してみてください。
 医師が、カウンセリングを勧めてくれたら、始めればいいと思います。

 病気を治したくない、というのは、心の問題の核心である幼少期の悲しみと直面するより、病気でいた方がいいということだと思います。
 きっとまだ、幼少期の悲しみと直面する準備ができていないのでしょう。だから医師は、「その気持は、そのまま置いときましょうね」と言ったのだと思います。 

 焦らずにゆっくりと休養してください。
-2002/10/21 04:29:07-

Re:悲しみの中でいたい

【0108】 ジュジュ

管理人さんこんばんわ お世話になります
管理人さんの アドバイスを読みながら ふと思った事を書きます
わたしは 人が 自分より苦しんでいたり 困っていたりすると 
自分の幸せが 悪いように思えて 辛くなります
人が そばで 忙しくしていると 自分は関係なくても 手伝いたくなります
なぜそう思うのかと 考えてみて
小さいときから 親に
「こんなに あなたのこと してあげたのに」とか
「こんな事になったのは あなたのせいだ」言われていたことも 少しは関係あるのかなあ と思いました
わたしが 親の思うように しなかったり 出来なかったりしたとき
弟達が 何かよくないことをしたときに よく言われました
母が 父と喧嘩して 家を出る時も 
「あんたのせいや」といわれました
-2002/10/22 21:28:32-

Re:悲しみの中でいたい

【0110】 管理人

 ジュジュさんは、幼少期に、お母様から、愛情が得られなかったのですね。さらに、ジュジュさんの人格を否定するようなことばかり言われて、大きな精神的ダメージを受け続けてしまったのですね。

 こんな場合、自分自身の存在を否定するような考え方しかできなくなってしまいます。ほかの人が不幸だったり、困っていたりするのも、自分が悪いんだ、と感じてしまったり、自分は幸せだといけないんだ、と感じてしまったりするのは、自分自身の存在を否定しているからです。

 ジュジュさんの悲しみの原因は、お母様のジュジュさんに対する、人格否定の言葉や態度でしょう。そのときの悲しみが、たくさん心の奥につまっているのです。

 この悲しみから抜け出すためには、自分自身の存在が尊いもの、すばらしいものだと理解することが大切です。
 毎日、自分のいいところをほめてあげてください。ジュジュさんの存在は、尊いものなのです。 
-2002/10/23 00:45:44-




Notitle

【0104】 よーぐると

管理人さん、お久し振りです。いつも、アドバイスとあたたかいお言葉をいただき、ありがとうございます。

彼のご両親が、遠方からこちらに来られた時に、医師から「1ヶ月くらい休暇を取って、実家で休養したらどうですか?」とすすめられたそうです。でも、本人は「一ヶ月も休むくらいなら、会社をやめる。」と言って拒否しています。今のところ、会社には毎日行っています。
この間、また付き添いで病院に行ってきました。そして、今までは薬の服用のみで様子を見てきました。薬も飲みつづけているうちに体に合わなかったのか、副作用と思われる症状が出たので、すぐに変えてもらいました。その後は特に体調を悪くする事もなく、少し良くなってはいるのですが、今度から「認知療法」というのもやることになったそうです。
「認知療法」って、どんなことをするのでしょうか?また、私が出来る事は何でしょう?本人に負担をかけないこと、決して励まさないこと、安心感を与えるようにすること、ただ見守ることしか出来ませんが、この「認知療法」にあたって、周りの人間が注意する点などありましたら教えて下さい。お願いします。

-2002/10/21 18:43:23-

Re:Notitle

【0105】 管理人

 認知療法というのは、ストレスの原因となる患者の考え方のクセを見つけだして、それを修正していく治療法だと思います。

 たとえば、よーぐるとさんの彼は、医師から「実家で1月程度休養したらどうだ」と言われたのに、「1ヶ月も休むのなら、会社を辞める」と断っていますよね。
 これって、ふつうの人の思考とは、ちょっと違っていると思いませんか。1ヶ月程度の休養で復職してくれるのなら、会社の方もありがたいはずです。
 きっと、自分自身を苦しい状態に縛りつけるような、考え方のクセがあるのでしょう。

 このような非合理的なこだわりや思考形態は、ストレスを増大させてしまいます。それを見つけだして、変にストレスを増大させない、合理的で柔軟な思考に修正していく治療法が、認知療法です。

 さらに、それを行動面にまで広げて、実際の行動によっても治療していく方法を、認知行動療法と言います。
 認知行動療法につきましては、こちら( http://iyashi.find21.net/psystory/psect14.html )に簡単な説明があります。

 特にヨーグルトさんが注意するようなことはありませんが、彼に治療過程を教えてもらって、医師や治療者が彼に対して言った言葉を、「私もそう思う」と積極的に支持してあげると、彼も納得しやすくなるでしょう。

 うつ病の病前性格については、いろいろな解説があります。たとえば、責任感が強いとか几帳面とか。このような性格というのは、なかなか変えることができません。でも、思考は、本人が納得すれば、変えることが可能です。

 苦しい状況に陥ったときでも、合理的で柔軟な思考ができるようになれば、ストレスを軽減できますし、うつ病の再発も防ぐことができると思います。
-2002/10/21 21:58:34-




こんばんは。

【0096】 タック

たまたま検索で精神分析の欠点(問題点)について検索していたら、ここのサイトにたどり着きました。
サイストリーはとっても興味深く読ませていただきました。

私は、神経性嘔吐症、過敏性腸症候群、過換気症候群、神経性頻尿、社会不安障害(視線恐怖など)、恐怖症。などの神経症を治療中です。
精神科で臨床心理士による精神分析をうけてますが、それと併用してサイストリーを実践することは可能でしょうか?
一応、心理士にも確認したいとおもいますが・・。
病歴が10年以上と長いのと小学生時代に発症し、なぜその症状が起こるようになったかあまり記憶していません。
解離性障害の身体性表現のようなのですが、失った記憶と引き換えに身体症状が起こっているようです。
社会生活にも支障がでて学生時代も苦しみ、今は普通の社会生活ができない状態です。
できるだけはやくなおしたいのです。
よろしくお願いします。
-2002/10/16 19:53:05-

Re:こんばんは。

【0098】 管理人

 はじめまして。
 神経症のあらゆる症状が長期にわたって出ていて、大変なご様子ですね。お気持ちお察しします。
 記憶の面でも障害が起きているとなると、根が深いと感じざるを得ません。
 確かに、失われた記憶(そのときの感情)が、身体症状として現れるというのは、とても多いパターンです。

 タックさんは、精神科医の元で臨床心理士の精神分析療法を受けていらっしゃるんですね。もっとも理想的な治療の状態だと思います。

 確かに、サイストリーの技法は、精神分析療法と併用すれば、大きな効果を生むかもしれません。しかし、同時に危険もあります。
 サイストリーは、神経症的な心理状態を改善するためのものです。実際に症状のある病気の治療法ではありません。

 たとえば、サイストリー実践中に、心の問題の核心と考えられる記憶に触れたとき、過換気の発作(不安発作やパニック発作)や身体表現性障害(強い偏頭痛、目が見えなくなる、歩けなくなる、耳が聞こえなくなるなど)、解離性障害(無意識のままどこかへ出かけてしまう、意識を失う、昏迷状態になるなど)が起こることも考えられます。
 最悪の場合、精神分裂病のような状態になってしまうかもしれません。

 長期にわたって強い症状が続くというのは、それだけ強い抑圧された記憶があると考えてもいいでしょう。つまり、ひとりで、その失われた記憶と対峙するのは、危険だと考えられるわけです。

 心の病気の治療には、ある程度の時間が必要になります。なかなか治らないと感じても、無意識の世界では、少しずつ失われた記憶と対峙するための準備ができてるいる、と考えられます。焦りは禁物です。

 ただ、治療があまりにも長期にわたっていて、それが苦痛だとお感じでしたら、サイストリー実践について、臨床心理士だけでなく、精神科医とも充分に話し合ってみてください。

 もし、精神科医がサイストリー実践を許可したのでしたら、医師の指示したとおりに、実践してもいいと思います。ただし、医師の指示や注意には、必ず従うようにしてください。
-2002/10/17 02:18:05-






過去ログ一覧(1) へ戻る


produced byYuki Tachibana