Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2002年11月14日〜




初めまして

【0194】 海里

「うつ病」で検索して、ここのサイトを見つけました。

私は、半年程前からうつが発症して、現在は無職です。
生活費は、同棲している彼氏に負担してもらっているのですが、治療費まで負担してもらうことに負い目を感じてしまって、病院へはもう3ヶ月程通ってません。

最近では、彼にとって私の存在は迷惑なんじゃないかと思ってしまい、彼といることがプレッシャーになってしまいます。

病気に負けそうな自分が嫌になってしまいます。
-2002/11/25 17:55:49-

Re:初めまして

【0200】 管理人

 はじめまして。
 うつ病治療の基本は、やはり薬物療法です。うつ病と診断されたのなら、病気に勝つとか負ける、ということよりも、きちんとした治療が第一です。
 市役所や区役所などにある福祉事務所で、公費負担制度のことを、一度相談されてみてはいかがでしょう。認められれば、治療費の負担がなくなるはずです。
 また、肉親の方がおられるのでしたら、そちらに頼るという方が、心の負担は少ないのではないでしょうか。
-2002/11/26 01:42:25-

Re:初めまして

【0202】 ちょめ

はじめまして。私もそう思います。
私はうつになって2年半になるのですが、先日公費負担の制度があることを知り、申請したら通って、5%の負担になりました。
それまでは、診療費と薬代で週5000円ちかくかかっていたのですが、公費負担が認められてからは1000円でおつりがくるようになりました。市町村によっては0%というところもあるようです。
私の場合はまず病院の窓口に相談し、病院を通して申請してもらいました。1ヶ月かかりましたが、気分的にはすごく楽になりました。
まずは病院の窓口で相談してみてはいかがでしょうか。
自分の存在がまわりに迷惑をかけているのでは・・病気に負けそうだ・・ということはうつ病になればだれでも思うことだと思います。私は主人と別居して、子供2人と私の実家で食費からなにまでほとんど面倒をみてもらっています。
私ほすごく迷惑をかけている・・といつも思っています。
まずは病院へいってみることじゃないでしょうか。そこにセラピストの先生がいたら、カウンセリングを受けてみるのもいいかと思います。
病気に負けそうに自分をさらけ出すと気分が楽になるかもしれませんよ。
-2002/11/26 13:34:08-




また書きます。

【0189】 threat

こんな時間に書くのは眠れないからではなくて学校休んでいる間に昼と夜が逆転した生活をしてたからです。規則正しい生活ができないんです。夜にどうしても寝る時間が遅くなってしまって。
最近不安というか実感なんですが、授業がこのままでは前のように途中退出しないと受けられなくなりそうなんです。やっぱり寒さと冷えが原因です。暖かく暑いぐらいの暖房のきいた部屋でないとだめですね。こう思うのがいけないのかもしれませんが。
神経性だったのが習慣というか普通になってしまったのではないかと思ってしまいます。
学校に行って授業の途中に今度出るようなことがあれば(何度も言うんですが今まででも授業中かなり頑張ってきました。冷や汗がたくさん出るなんてことは何度もあります。)、もう学校に行くのをやめようかと思います。もう前みたいな毎回授業の途中抜け出すようなことはしたくないんです。弱いですかね?でも頑張るのに疲れました。他の人は普通に授業を受けるだけなのに自分は万全の準備をするだけでなく、それでも授業をまともに受けられないのかと運命を恨んでしまうんです。
友人にどうしたんだと聞かれて何も言えないのもつらいです。本当のことを言ってるのはニ、三人なので。他は実際口が軽そうだとか笑ってすまされそうなど語る気になれないものですから。(自分の勝手な相手に対する憶測でしかないですが)。
あと疑問なんですがなぜか寝る前は一回トイレに行ってもまた行きたくなってしまうんです。なぜでしょう?
残尿感が消えません。医者に行ってニ、三回目の時にそのことを言うとそれはそういうものだと思うしかなく、そして万全の準備をするようにと言われました。でもやはり残尿感があるからこそ授業の教室に向かうときから不安を感じ、授業中も落ち着かなく、危機的に感じてしまい、余計に敏感になるといった具合です。
もう解放されたいです。いつも学校や家の外ではトイレのことばかり気にするのがもう嫌なんです。
-2002/11/25 05:37:42-

Re:また書きます。

【0191】 ジュジュ

本当に辛そうですね 前にも書きましたように私も近いですが 残尿管というのはないです
でも 主人はそれと 回数のことでとっても悩んでいます
threatさんは主人と違ってお若いのでよけいつらいですよね
主人は最初は心療内科に行っていましたが 今は泌尿器かでお薬をもらっています
緊張すると 特に回数が増えるほうで 
会議の前とか 出張の時は薬をもっていってます
何時ものむ薬と 頓服的なのがあるようです
お薬をもらってからは かえって 安心して 少しましになっているようです
-2002/11/25 07:33:26-

Re:また書きます。

【0196】 管理人

 相当に自分を追い込んでいますね。
 夜、寝る前にトイレに行っても、また行きたくなる、または残尿管が残るというのは、とてもつらいと思います。
 以前は私も、寝る前の2〜3時間は水分をとらない、ということをしていました。でも、なんとなくトイレに行きたくなる、こういうことも多かったです。

 私も、学校をさぼって夜昼逆転した生活、ずいぶんありました。というより、中学生くらいのときから、あまり眠らない日が多くなりました。朝方まで起きていて、ちょっと仮眠して学校に行く、ということも多かったです。夕方早く帰ったとき、夕食前に仮眠をとる、ということもありました。

 受験生なら、多くの人が経験していることだと思います。私の友人も、そんな生活をしている人、多かったです。深夜から朝方までのもっとも静かな時間が、一番集中できますから。

 高校生くらいのときって、神経症的になること、とても多いです。この神経症的っていうのは、要するに、自分の体や心が自由にならないということです。神経性頻尿も、そのひとつです。

 私の場合、規則的な生活というのは、最初から考えていませんでした。起きていたければ、いつまででも起き続けています。疲れて眠りたいときだけ、時間に関係なく眠ります。10代20代のときは、ずっとこんな調子でした。でも、いいこともあります。海外に行ったときでも、まわりの人が苦しんでいた時差に悩まされたことはありません。
 とは言っても、30歳になったあたりから、そんな生活は自然とできなくなりましたが。

 とにかく、自分自身の状態を、ほかの人と比較してもどうにもなりません。自分自身の過去の状態と比べてみても、仕方のないことです。今の自分を受け入れるしか、方法はないと思います。
 また、今の自分自身を不幸だとか不運だとか考え出すと、きりがなくなります。

 高校の授業なんて受けなくても、大学に入れます。実際私の場合、高校の授業は、半分以上遊んでいました。気に入った先生の授業だけを、きちんと受けていたって感じです。半分以上の授業は、ほかの科目の勉強や読書、居眠りでした。よく学校を抜け出して、近所の喫茶店で遊んでいました。

 だらだらと書いてしまいましたけど、要するに、自分は自分で、ほかの人とは違うんだということです。それを少しずつでも理解していけばいいと思います。
-2002/11/26 00:53:01-

Re:また書きます。

【0199】 threat

今日一線を越えてしまいました。授業の途中に出て保健室へ・・。
もうなにやら少し自暴自棄で楽しいことが見出せません。
何かそれがあれば気が晴れるんでしょうが。
今はあまり書く気がしないのでここらへんで終わりにします。
-2002/11/26 01:37:32-




足跡ぺたり

【0193】 aroma

私は鬱病の治療を受けているのですが、
「神経症」でサーチしてこちらにお邪魔しました。
ゆっくりコンテンツを拝見させて頂こうと思います。
-2002/11/25 13:53:28-

Re:足跡ぺたり

【0198】 管理人

 始めまして。
 ゆっくり楽しんでください。うつ病や神経症のお話は、このサイト内にはたくさんあると思いますので。
-2002/11/26 01:36:49-




ひとりごと

【0192】 ジュジュ

 管理人様 ふと何かに目や心を奪われたとき意外は
「生きにくさ」が付き纏います
「生きにくさ」という言葉が 本当に適確に今の私の心の状態をあらわしています
一瞬 一瞬 その言葉をかみ締めている感じです
私のリスカを見て泣く娘がいなかったら
私が 救急車で運ばれるようなことになったら
私のこと一生懸命治療してくれる心療内科の先生が困るだろうという思いが無かったら
とっくに 何かしでかしてしまっていると思います
というか そう思えるから まだひどくないのでしょうね
でも この辛さは、、、
家族や 友達と 笑ったり 議論をしているわたしが 他人のようです
「私なにをしているの?」と自分に問いかけながら、、、不思議な気持です
クレマチスさんは 学生の時が楽しかったのですね
私は 学生の時は いつも 人との付き合い方がわからず
「私はどう生きたらいいの」と毎日が戦争でした
でも 同窓会で聞くと
みんな わたしは 変わっていたけど そんなに悩んでいるように見えなかったといいます
小学校の時なんかは 家では 母から叱られたり 殴られたり ご飯を食べさせてもらえなかったり はだかにされて水をかけられたり 友達にはうそをつくように言われ 何かで賞をもらったり テストが良かった時以外は こわかった トイレが私の休息の場でした 
一方 学校ではいつもいじめられていて 
ボスの友達に嫌われないようにしようと必死でした
でも たいてい 外されていました
(それでも 同窓会に行くと みんな ○○ちゃんとよってきてくれるのですが 
きっと 私が世渡りがうまくなったのか
なんでもない友達の行動に 一人傷ついていただけなのか
みんなに囲まれている今の自分が まぶしいのです)

他の人が 死にたくないといったり
アレが欲しい コレが食べたい と 心を躍らせているのを見ると不思議です
生きるときにさむすぎたり 暑過ぎたり おなかがすかなかったら別に何もいらないのです
ただ だれかが わたしの心を優しく包んでくれたときだけ
しあわせです
 
心療内科の先生は なんか お母さん〈彼女の方が若いですが)のようで、、、話していれば 安心します
(でも 先生の新患の予約は半年先しか取れないので
私みたいに 2週間に一回通院できるのは 贅沢なんです
早く 治らないと待ってる人に悪いような気がします)
といいながらも 治りそうにないようです

どう考えても この世で どう生きていけばいいのか
なにも わかりません
ただ 母の役と 妻の役と 娘の役と 
わたしに頼ってくる人のために なにかしていくために 動いています
でも 辛い! 頭の中では 頭を壁にぶつけたり ナイフを胸につきたてたり ばかりしてしまいます  あ〜
-2002/11/25 13:50:54-

Re:ひとりごと

【0197】 管理人

 この世でどう生きていけばいいのか。この哲学的な問いに、答えるすべはありません。自分は本当になにを望んでいるのか、これもまたわかりません。でも、とりあえず何かをしてみよう、そんな気持ちを持てれば、けっこう楽な気持ちになれるものです。
 
 ジュジュさんは、小さいときにたくさんため込んだ悲しくつらい気持ち、これがずっと苦しみの原因になっているのでしょう。その気持ちがあふれ出すと、「生きにくさ」になってしまうのだと思います。

 役割というのは、実はほとんどの人の人生です。誰もが、自分の役割をなんとなく持って、または持たされて、生活をしているんです。このような考え方というのは、哲学の世界では、ずっと昔からあります。
 今でも、あるときの自分や他人の人生を見ていると、それが真実だったんだ、と感じられます。あとは、その演劇としての人生を、受け入れられるかどうかだと思います。

 でも、誰もが役割を持って演技をしているのがこの世だとしても、ジュジュさんのことを大切に思う人はたくさんいます。頼るのではなくて、ジュジュさんの存在そのものが、かけがえのない大切なものだと感じているのです。それを実感できることが、生きると言うことでしょう。

 医師と相談しながら、何かを始めて見てはどうでしょう。何か夢中になれることで、気軽にはじめられること。私の知人で、幼少期の親からの虐待のために、結婚して出産後、専業主婦となってから、パニック障害、抑うつ(うつ病)、離人症、広場恐怖、閉所恐怖などを発症して苦しんでいた人がいました。

 精神科での治療を続けて3年程度たったとき、医師のすすめもあって、ちょっとしたパートの仕事を始めました。それこそ、清水の舞台から飛び降りるような気持ちです。

 でも、始めてみると、以外と楽しく充実した雰囲気になってきて、まず生きる自信が回復したようでした。まだ通院は続けていますが、快方に向かっています。このような治療法を「作業療法」と言います。長く続く抑うつや恐怖症の場合、けっこう効果が出やすいです。
 公共機関でも、このように治療と仕事を一緒に行うところ、けっこうあるようです。たぶん、福祉事務所が管理していると思います。

 実際の仕事ではなくても、何かの作業を続けるというのは、かなり効果的な治療となります。さらに、社会参加してお金を稼ぐことができた、という自信は、大きな効果が得られます。
-2002/11/26 01:29:16-







もう戻れないけど

【0173】 クレマチス

管理人様の「恋愛は4分の1の確率」という言葉に妙に納得して書き込みたくなりました
threatさんは学生さんなんですね
つらい気持ちのまま学校に通うのは本当に大変な事だとおもいます
ちょめさん同様、わたしも主婦なので家にいられる分だけ幸せかもしれません
それでも時々家族が煩わしくなったりして毎日が自分との戦いです。周りに当たり散らす
ことができればいいんですけど、母親が周りに迷惑をかけるのをみて育ってきたおかげで(笑)
それだけはできません。だから余計に自分の中に溜まってしまうんですけど
わたしの学生時代はとても幸せでした。一人っ子でしかも家庭がこんなんですから、
大事に思えるのは友達や好きな人でした。
中学のときの友達と今でも時々会ったり、メールしたりしてます。
高校時代や専門学校の友達とも同様、いまでもおつきあいがあります。それは男女関係なくです
ほんとーに自分の事だけに一生懸命になれる貴重な時代でした。
もう、あんな素敵な時間は自分にはないんだろうなーと思います。
好きな人もいます。ずーっと片思いですけどね(結婚してますけど、お互い)それは学生時代の人で
もう想い続けて10数年たちます。数年に一度会うか会わないかと言う感じですが、自分の中では
その人に対する想いはその時のままです。いっつも心の中にいます
お互い結婚して子持ちになり、なかなか会えないけど、その人がいつまでも元気で幸せであって
くれればいいなぁと思っています。まぁここまで思えるようになるまで時間がかかりましたけど
独身の時だけですよ。好きな人に堂々と「好き」といえるのは
threatさん、じぶんの気持ちに正直に、あせらずに、好きと言う気持ちを大切にしてくださいね
大事な人がいるってことはすごく幸せなことですから
-2002/11/22 10:49:21-

Re:もう戻れないけど

【0178】 threat

確かにそうですね。好きじゃない人とは付き合おうとは思っていません。やはり相手にも失礼だしわだかまりを持ったまま付き合いたくないので。クレマチスさん、なぜその人とは心が通じ合っているのに一緒になれなかったのですか?よければ教えてください。好きとはどういうことなんでしょう?かわいくて性格もいいし好きになってもおかしくないと思うのに実際ドキドキするというか好きになる人って違うんですよね。なぜでしょう?一回失恋(思いを告げられず)してからも好きな人がいました。だからもう高校の間は好きな人ができないだろうって思ってたんです。その人は付き合っているのに目が合うもんだからすぐ別れるんじゃないかって思ってしまって。そしたらまあ新しく好きな人ができたんですが、時期も悪く、その人とは目がよく合うし、いけると思いながらもお互いくっつかないんですよ。相手がなにやら違う学校の人と中途半端な付き合いしてるみたいでもうこっちが嫌になってしまったという感じです。一応自意識過剰なだけではないと思っていますが。二人とも話しをしたことがないといった人なんで実際どんな人なのかは他人から聞いただけですけど。
-2002/11/23 02:26:28-

Re:もう戻れないけど

【0181】 クレマチス

わたしの経験がthreatさんのお役に立てればいいんですけど
どうやら私は恋愛に対する思考がその彼で止まってしまったみたいです。
もうその人にしか恋愛感情がもてないんです(16年も前から)
これからもずっとこうやって年をとっていくんだろうなぁと思っています
前にも書きましたが私の一方的な片思いです。好きになったときには相手には彼女がいて、
ダメモトで告白らしきものはしたんですけど、やっぱり返事は“ありがとう”でした。
その人は同じクラスの遊び仲間で、初対面はすごくイヤな奴だな、というのが印象でした
でも友達としては最高に楽しい人でした(いまもそうですけど)自分に無いものをいっぱい
持っているんです。それは内面的な部分だったり、専門学校だったのでその分野の才能だったり、
だから2年間同じクラスで男性として“好き”を意識したのはほんと卒業間近のことでした。
自分でもいまさらなんで?という感じでしたが、もうそれからは“好き”という気持ちが自分でも
止まらなくてすごかったんです。
一週間で5キロ痩せたこともありました(胸いっぱいで食べられないんです)
卒業してからも彼とはよく2人であそびました。
でも彼は私に対しては友達以上の感情を持てなかったと思います。だからいっつも心のどこかで
寂しくて、寂しくて、違う人とつきあってみたりしたけど結局その人以上に好きになることは
できないんです。人を好きになるって心が自分じゃコントロールできなくなることなのかもしれません
その人の事をずっと好きでいられるのは私がアダルト・チルドレンのせいなのかもしれませんが、
お互い家庭を持ってそれでも最高の友達として今もいられることが私の唯一の幸せです
だって、いまさらどうにもならないですから。
ただひとつ後悔してるのは寂しいからといって、違う人と付き合ったりするのはだめです
相手にも失礼だし、結局後になって自分に返ってきますから。必ず
私はその彼よりも、もっと好きになれる人を見つけるまで何年でも一人でいれば良かったんだと
今更ながらに思っています。
“好き”って理屈じゃないですから、私にもうまく説明できなくてごめんなさいね
でもthreatさん、今からならほんと自分次第ですよ。そりゃあ後になって気付くことだってあるけど
戻ることだってある程度は可能だと思うんです。結婚したらそれはルール違反ですからね

私思うんです。
もう彼に自分から好きと言うことはできないけど、まともに友達づきあいもできないくらいに
自分の病気がひどくなって、その果てにもし死んでしまったら、その時は誰かに伝えてもらいたい。
と思っています。
迷惑かもしれないけどもういませんから、私。
-2002/11/23 13:33:13-

Re:もう戻れないけど

【0183】 threat

クレマチスさんお話ありがとうございました。考えたんですが付き合ってても好きではなくなってしまったり、他に好きな人ができたりするのだから結婚してもそんなことがあってもおかしくありませんよね?でもその思いはしまっておかなくてはいけない。これは当然といえば当然ですが少し悲しいことです。
 クレマチスさんのように思ってもらえる相手に出会えればいいんですけど。好きって理屈じゃないっていうのは本当ですね。
 今もおそらく前に言った人のことが好きです。でも時期や自分の調子を考えると素直にはなれず、そこで止まってしまいます。だって大学だってたぶん違うし、離れると気持ちも離れるんじゃないかなって思います。そしてまた大学に行けば新しく好きな人ができるだろうって・・。
まあ理屈っぽいですけどね。
-2002/11/24 01:51:11-




お久しぶりです。

【0167】 threat

最近調子がよくありません。
寒いからでしょうか?寒さ、冷えと関係があるのでしょうか?授業の一時間が苦痛でたまりません。一応今まで積み上げてきた一時間は大丈夫という自信を喪失しないよう、授業中は頑張っています。しかしこの板の他の人にもいるように真面目な自分を演出するのにほとほと疲れました。ちょくちょく学校を休んだりも最近はしてます。受験前でそんな人が多いのでその波にのっかっているような感じです。他人はあまり以前ほど気にはしなくなりました。学校のみんなはサボリだと思っているでしょう。確かにそうといえばそうですが不本意です。けど下手にどうしたんだと聞かれるのもうっとうしくそれでいいやと思っています。自分の症状はいつ治るのか先が見えず、うんざりしてます。
いろんな場面を想定したりします。車で何時間も移動や他人と何時間もいること、わずらわしいんです。
好きな人ができてもこんなんじゃ告白もできないよと思ってしまうんですよ。受けいれてもらえる自信がない、その人の前では格好よくいたいなんてふうにですね。
本当は他人といたいんだと思うんです。でもわずらわしさからいたくないとも思うんです。そんな心の矛盾があります。
ホント一貫性もなく書いたのですが、お話したくここに来ました。
またこんなこと書きに来てもよろしいでしょうか?
-2002/11/21 05:23:10-

Re:お久しぶりです。

【0168】 ちょめ

こんばんわ。私もそうなんです。寒さ・・確かにつらいですよね。threatさんは学生さんなんですね。それはさぞ大変でしょう。私は子育て業、主婦業いっさいおまかせのグータラなので、ほとんど家にとじこもっていて、なんだか悪いな〜と思います。
けど、私には子供がいて、家の中をバタバタ走られたり、話し掛けられたり、外食に行こうとさそわれたり・・わずらわしくてうんざりです。
今週は眠りが浅く、とてもつらい日が続き、先生にいって薬を増やしてもらい、本当は「病気でありたい自分がいる」と訴えた晩、とんでもないうつに襲われました。今日は一日起きられず、何もできません。近寄ってくる子供に大声をだして、カリカリしています。ドアを開け閉めされただけで、うっとうしいです。
threatさんのレスを使って、自分のことばかりいってすみません。明日病院いってこようかなぁ・・と思いつつ、行ってどうすんだと気もして悩んでます。本当に先が見えずうんざりです。
-2002/11/21 20:44:32-

Re:お久しぶりです。

【0169】 threat

集団生活の中で気にくわないやつもいればいい人もいます。心の中にたまっていること素直に語れる友人もいます。保健室の先生にも話しを聞いてもらったりします。そんな人がいなければ学校に今行ってないかもしれません。別に学校が嫌ではないんです。ただ決められた時間というのがありその中で過ごさなければならないのが辛いんです。運動するのが好きで体育だけは楽しいです。体を動かしていると自分の気にしていたことを忘れられるからです。
ちょめさんとは違い、病気でありたくない自分が強いです。普通になりたいんです。普通に受験だけを心配しながら生活したいんです。学校では勉強もろくにはかどらいので家で気楽に勉強したいなんて思ったりします。
学校が終わるとホっとします。友人とばかな話をしながら帰る時は楽ですよ。去年までのように自分を強くもてません。それがはがゆいのですが、頑張らずに行こうと最近思いながらある程度は頑張ってるつもりです。
-2002/11/21 21:44:58-

Re:お久しぶりです。

【0170】 管理人

 確かに神経性頻尿の人にとって、寒さはつらいですよね。普通の人でもトイレが近くなる時期ですから。
 私も寒いときは、けっこう神経を使いました。まあ、今の時代は、使い捨てカイロという、とても便利なものがあるので、利用したらいかがでしょうか。

 受験前になると、家で勉強する人、けっこう増えますね。私の場合は、中間テストや期末テストの前でも、よくさぼりました。家でひとりで勉強する方が、安心ですし、ずっとはかどりますから。学校に行くと、いろいろなことで気が散って、ムダが増えてしまいます。

 車での長時間の移動、他人と何時間もいること、わずらわしく感じても、気にしなくていいと思います。私もそうでした、というより、今でもそうです。
 好きな人への告白は、なかなかできないものです。でも、それでもいいのではないでしょうか。受け入れてもらえるかどうかは、相手が決めることです。さらに、相手が受け入れてくれなくても、それはそれで仕方のないことです。

 恋愛というのは、いつでも4分の1の確率です。「自分が好きで相手は嫌い」、「自分が嫌いで相手は好き」、「自分が嫌いで相手も嫌い」、そして最後が、恋愛がうまくいった「自分が好きで相手も好き」というわけです。

 書き込みたくなったら、またいつでもいらしてくださいね。

 ちょめさん。
 寒くて日が短くなると、うつ状態はひどくなるものです。「季節うつ病」とか、「冬季うつ病」とか、いろいろと言われています。
 「病気でありたい自分がいる」と言うのは、うつ状態のときに考えても、よけいひどくなるだけです。つらいときはゆっくり休む、これが一番です。
 お子さんにも、何度も真剣に伝えていけば、何とかなるのではないでしょうか。私も、疲れきっているときには、子供にそのことをしっかり伝えて、休むことにしています。
 もちろん、何度も何度も真剣に言い続けないと、子供はなかなかわかってくれませんけどね。まあ、あまりに聞き分けのいい子供は、アダルト・チルドレンのようで、かえって怖いですけど。
-2002/11/22 02:06:35-

Re:お久しぶりです。

【0171】 threat

管理人さんレスありがとうございます。
やっぱり寒さは関係あるのかもしれませんね。自分の思い込みかと思っていました。
本当に最近は授業が苦痛です。
自分の場合、これは治るものでしょうか?ずっとこのままなのかと思うと自分の将来を悲観してしまいます。治ったら好きな人にも告白できると思うんですけどね。
確かに受け入れてもらえるかどうかは相手しだいですが、やっぱり相手も高校生だから分別が十分でないというか理解してもらえる可能性が低いと思います。それに聞いたときは多分そんなことかと思うと思います。しかしずっといれば何回もいなくなるし、長時間の乗り物などは地獄で途中下車になりかねなく、そんなことを重ねるうちに嫌になるんじゃないかと思います。
それにおそらく相手も他の人にそのことを言うと思います。そうすればたちまちみんなに知れ渡るのが恐いです。自分の中で自分の病気は恥だと思っているんです。それがみなに知れ渡るともう学校生活なんて送れません。
-2002/11/22 02:43:24-

Re:お久しぶりです。

【0172】 ジュジュ

threatさん はじめまして
よくわかりませんので とんちんかんなレスをするかもしれませんが
私たち夫婦は お見合いの日から トイレデートでしたよ(笑)
私は女ですのでもう少し悩んでもよさそうなものなんですが、、、
主人もたまたま近くて トイレの前を通るたびに 「わたし おしっこいってくる」とどうどうといってました 
出ないと怖いですが でるのはいいことです
-2002/11/22 08:36:24-

Re:お久しぶりです。

【0177】 管理人

 threatさん。
 トイレが近いのは、もうひとつの個性みたいなものです。私自身も、トイレが近いのは、ずっと変わりません。ただ、高校や大学の頃が、一番ひどかったのは確かです。

 自動車の移動中、ほかの人が運転しているときは、けっこう気を使いました。水分はなるべく取らず、体が冷えないように気をつけました。特に夏場のクーラーは冷えるので、つらかったです。それでも、私のトイレのために、ガソリンスタンドやコンビニに寄ってもらうこと、けっこうありました。
 でも、不思議ですね。自分が運転しているときは、運転に集中しているせいか、トイレが遠くなるんですよ。

 移動中よりずっとつらかったのは、映画館です。洋画で時間の長いもののときには、飲み物など、とても気を使いました。それでも我慢できずに、途中でトイレに行くこともありました。映画は大好きなんです。

 こんな私でしたけど、トイレが近いからといって、特に嫌われることはなかったです。私がおどけてその話をすれば、楽しい笑いネタになるくらいでした。実際、心配してくれる人、多かったですよ。長い時間トイレに行く機会がないと、「トイレ大丈夫?」って感じです。なんか、子供あつかいですけど、私自身も嫌だとは感じませんでした。

 社会人になってからも、外出時は、水分をとるのを控えました。そのせいか、トイレの心配がない都心部で遊ぶことが多かったですが。まあ、そんなもんです。
 体を冷やさずに、ちょっと汗ばむ程度の服装をしていれば、水分をとってもあまり問題ないこと、だんだんわかるようになりますよ。
 自分自身の個性のひとつ程度に考えておけばいいと思います。少しくらいほかの人と違っていても、大したことではないですよ。
-2002/11/23 02:16:08-

Re:お久しぶりです。

【0182】 threat

確かにそうかも知れません。自分でも受け入れられるようになってきてはいましたが、治る方向に向かっていると思っていたので逆方向に進むことを受け入れられないんです。やはり以前のことを考えると、トラウマもあって気にはしていましたが今ほどではなく、その時ぐらいにはなるだろうって思っていた自分がいるので、辛いです。しかもきっかけがあり、そのせいで一生このままなのかと思えてきてそのこともショックでした。受験のストレスが原因であると願いたいんですがね。
-2002/11/24 01:35:39-




はじめまして

【0174】 sherry

はじめましてHN,sherryと申します。
30代前半女です。妹のことでおうかがいします。
「うつ病との闘い方」を読ませていただき1才年下の妹もやはり
うつ病だったのか・・と初めてわかったような気がしました。
妹は12年ほど前におそらく堕胎が引き金だとおもうのですが
「反応性心身症」という診断を受けました。
暴言、妄想、奇行等が発症し、家族全員でなだめたり一緒に走ったり、窓から飛び降りたりしないように見張ったりと何日も眠れぬ夜を過ごしたことを覚えております。夜中妹の部屋の前に座り込み、部屋の中を無意味に走り回る妹をみながら、私と弟は「いつも一番言いたいことを言って、周囲を振り回したり傷つけたりしているのに、どうして自分が病気になってしまうんだろう・・
」となんだか無性に虚しく、悔しい思いにかられたものでした。
2回目の発症は6年くらい前だったと思います。既に社会人に
なっていましたが周囲の理解もあり比較的軽症で収まりました。
その後、無事結婚し2児をもうけワーキングマザーとなり忙しい
ながらもそれなりに彼女のペースでやっているのだろうと思って
いたのですがここ2、3週間でまたかなりの暴言、奇行等の症状を発症してしまいました。5才と3才の子供達に食事を与えられない、家事ができない、子供を抱きしめたかと思えば階段から突き落とすまねをする、家の外を走り回ったり怒鳴ったりで近所にも知れわたってしまう等、今回の発病は妹だけではなく子供達にも心の傷を与えてしまったのではないかと危惧しています。
周囲のことばかりでなく妹自身をいたわり休ませなくてはいけないということは十分わかっております。
でもなにか(おそらく仕事上のプライド?ストレス?)が妹の心を固く閉ざしているようで、一進一退なかなか劇的な症状が収まりません。
私は同居ではありませんが、一時的に同居している両親も、そして配偶者である義弟もほとほと手を焼いているいるようで、共倒れになってしまうのではないか・・と心配でなりません。
いま現在近所の心療内科にかかり精神安定剤をもらって服用していますが副作用なのでしょうか涎がとまらない平衡感覚がおかしい、腰をまげるようにしてしか歩けないなど、本当に治っているのか家族にはわからない状態です。いまの病院で特に病名は言われておりません。父は言動を克明に記録し毎回診察の際持参し報告しています。
話し方はゆっくりですがやはりまだ話の内容はおかしいようです。治療方法はこのままでいいのでしょうか?家族に出来ることは
もうないのでしょうか?
私自身は母のぐちや辛さを聞いてあげるくらいしかできず、歯がゆくてなりません。
(両親は私は私の生活と家族を大事にしろ、といいます)
-2002/11/22 18:33:02-

Re:はじめまして

【0175】 ジュジュ

 sherryさん はじめまして
妹さんの事で辛い思いをされてるとのこと
sherryさん自身の 辛さがよく分かります
私の妹は わけあって 結婚してから 母親から縁を切られて
私が親代わりのような感じになっています
親でもないので 強い事も言えず 
だからといって 自分の事ではないのでどうすることも出来ず
何か 妹一人苦労して 私が楽して 悪い事をしているような後ろめたさがあり 拒絶反応のようなものがおきてしまいます
私は 私自身がうつで
妹さんの病気ことはわかりませんが 私と同じようにも思えません
どちらかといえば sherryさん自身がうつになりそうで心配です
何か似たような立場なので ちょっと書き込みたくなりました
-2002/11/22 19:07:51-

Re:はじめまして

【0180】 管理人

 とても大変なご様子ですね。
 まずは、いろいろな病名について、あまり怖がらずに、また考えすぎないようにすることが大切です。心の病気の場合、きちんとした診断がつくまで、相当に長い時間がかかることもあります。

 たぶん医師は、様子を見ているのでしょう。妹さんは、錯乱状態のようですが、一時的なものかもしれません。長い期間のストレスが原因の「妄想反応」とか「抑うつ反応」は、けっこう多くの人に見られます。

 しかし、自傷他害、特にお子さんに対する危険行為があるのでしたら、やはり入院治療が適切だと思います。危険ですし、このような状態が続けば、ご家族の方がダウンしてしまうでしょう。

 決して病名を怖がらないでくださいね。錯乱状態が3度目ということですので、やはり精神分裂病や非定型精神病などの疑いがあると思います。こんな場合、通常は「心療内科」では、対応できません。早急に「精神科」(神経科でも同じです)の受診が必要です。
 もし、近くに精神科病棟のある病院がない、またはわからない場合には、保健所に電話すると、指定医を紹介してくれるはずです。ただし、保健所のこの方面での対応の悪さは、よく指摘されていることなので、注意が必要です。
 もし、保健所の職員がまともに対応してくれないようでしたら、県の「精神保健センター」に聞いてみるといいと思います。電話帳に載っているはずです。インターネットでも調べられると思います。

 錯乱がひどく、自傷他害の危険性が極めて高いと感じられた場合、緊急の行動が必要です。迷わず警察に連絡して、緊急保護と措置入院の手続きをとってもらってください。警察なら、もちろん24時間、いつでも受けつけてくれます。

 お子さんの心ですが、確かに相当なダメージを受けていると思います。できれば、小児精神科または子供も見てくれるメンタルクリニックでの治療が望ましいと思います。

 とにかく、まずは精神科です。
-2002/11/23 12:09:50-







自分の中の矛盾

【0160】 クレマチス

うつ病になったことがある方なら一度は“死んでしまいたい”とか“消えて無くなりたい”と
思ったことありますよね。当然私もその一人です
でも自殺された家族の人達の苦しみはとても深く、決して消えることはないのです。
わたしはその自死遺族でありながら、やっぱり自分の存在を消してしまいたいと思うことに自分で自分が許せなくなることがあります。
自分の子供には“人の痛みがわかる人間になって”とか言いながら心の中ではまったく違う世界にいる
んです。ほんと毎日仮面をかぶって母親してます
子供達にしてみればお母さんはいつも寝ていて、時々具合が悪くなってご飯が作れなくなったり、
自分が話したことや学校の行事や提出しなきゃいけないお手紙をしょっちゅう忘れる情けないお母さん
なんだと思うんです。もちろん子供達だけじゃなく夫もそれに近いこと考えていると思うんです
夫は当然病気のことは知っていますが、頼んだことをできてなかったりすると“どうしていつもそうなんだ”という感じです。そんな日常の些細なことで言い合いになることもよくあります
“ちゃんとできてりゃこんなクスリなんて飲んでないよ”と私も言いますがなんだか虚しくなります
物忘れ、記憶の低下、集中力の欠如、全部その通りです。いいわけのしようもありません
都合の悪いことやつらい事は避けて通ろうとしている自分が確かにいます
それは、無意識に自分を守ろうとしているのかよくわかりませんが、そうしなければ日常生活をこなしていけないんです。子供はとてもかわいいのに家族がいる週末はわたしにとってとてもしんどいです
普段一人ならできることもできなくなってしまうからです。夫はともかく子供に“お母さんは病気なんだから自分でご飯作って”とはいえないですよね
そして家族との外出は本当に負担以外の何ものでもありません、夫は“一週間会社と家の往復だけなんだから休みの日ぐらいは気持ちを切り替えて出かけたい”という気持ちはわからないでもありませんが
我が家は運転手が私なのでほんとーに憂鬱です
休みの日は私にとって休みではありません。こんな生活いつまで続くのでしょうか
母親と住むために建てた家はいろいろな争いの末、今は売りに出しながら私達家族だけが住んでいます。母親はとっくに地元に帰りマンションを買って暮らしています。この家が売れてしまったら私達はまたどこかさまよわなければなりません。そんな先の不安も重なって、何でこんなことになってしまったんだろうと考えるだけの日々です
いえ普段は考えないようにしています。でもときどきす言い様のない不安感におそわれます(速効ソラナックスたくさん飲みます)今日もちょっとしたことでまた引っ越すんじゃないかという不安感が頭から離れず一人であたふたしてました
-2002/11/17 22:35:12-

Re:自分の中の矛盾

【0161】 ジュジュ

クレマチスさんはじめまして
私たちは 様々な心配の中で生きているようです
何が起こるか分からない世の中 
明日この世が終わるといわれても そうかなあと思えるような世の中
ただ 今日一日 今日一日と生きていきましょう
私は自殺は 残された家族への永遠の拷問だと思い なんとか思いとどまっています
わたしも死にたいというわけではなく 自分を消してしまいたい
という気持は なかなかなくなりません
だから 車が当たってくれないかなあと思ってしまいます
子供が死んで悲しんでいる人を見たら 私が代ってあげるのにと思ってしまいます
私の子供は 今はもう大きいのですが うつだとわかったのはほんの数年前で それまで クレマチスさんと一緒で夫の休みの日が怖かったのです 
夫は朝5時ごろ目が覚めるのですが 
そのとき私が起きていないとどなります 夫はその後昼寝をしますが私は出来ません 夫が怒るからです
ピクニックも早くお弁当作れこんな中身はなんだとしかられるので
行くのが苦痛でした
どうも 今でも 土日に調子が悪くなるようです
今は 頭がふらふらしているのですが クレマチスさんの書き込みて 書きたくなりました うまく考えがまとまりませんが

ちょめさんが リスカだけは止めようと言って下さった
他の人にいわれるより こんなに胸にあたたかく感じるものかと思いました
下の娘ももう大人ですが 私が死んだらどうしようと 本当にさめざめ泣くので できません
本当は つらくてつらくて したくてしかたがないのですが
夫は わたしが鬱と解ってから あまり怒らなくなりましたが 
子供達に当たります それが一番辛いです 
主人の食事だけちゃんとすれば 最後のお茶を入れ終わった時点で優しい笑顔で「ねてきていいよ」といってくれます
-2002/11/18 09:31:21-

Re:自分の中の矛盾

【0163】 管理人

 クレチマスさんもジュジュさんも、ご主人のうつ病への理解が、かなり足りないようですね。
 うつ病患者を、外へ無理に連れ出すのは、よくないです。私が母の外出について、医師と相談したとき、ハッキリと言われました。本人が望まない限り、無理に連れ出すのは止めなさいと。
 さらに、精神科医の処方する薬を飲んでいる人に、自動車の運転をさせるというのは、かなりひどいことです。乗り気ではないピクニックも、そのお弁当作りも、とても苦痛だと思います。

 きっと、うつ病で苦しんでいる家族の姿を見ながら、そんな家族を持った自分こそ不幸だ、と感じてしまっているのでしょう。

 とても残念なことですが、実際、このように共感のできない人というのは、けっこう多いです。育った環境に原因があるのでしょうが、身近な人のつらそうな姿を迷惑に感じる、人格障害っぽい人たちです。

 お二人とも、現在の境遇のなかで治療を続けるのは、かなり大変なことだと思います。もうご相談済みかもしれませんが、福祉事務所のケースワーカーに、その場合にももう一度、きちんと相談されてみたらどうでしょう。
 たとえば、お子さんのこと。つらくてしょうがないとき、面倒を見てもらえるかもしれません。同じように、心の病気に苦しんでいる人たちと、一緒に話し合える場所や施設を教えてもらえるかもしれません。
-2002/11/19 01:46:06-

Re:自分の中の矛盾

【0164】 クレマチス

管理人様、ジュジュさん温かいお言葉ありがとうごさいます。
ここの掲示板にきて自分の気持ちを正直に話せることが、今の自分の支えとなっております。
主人や家族の事、確かにわかってもらえず歯がゆい思いをすることもしばしばです。
人間、表面的に元気そうならその奥まで知ろうとはあまり思わないですよね。
原因は主人だけではなく私にもあると思うんです。
自分で言うのも変ですが私、人をあまり頼りたくないんです(うつ病になる以前から)
多分ボーダーの母の影響だと思います。母親はちょっとした事でも人を頼ります。
父が生きていたときは父と私を、多分今は友達や姉妹に依存していると思います
病院で胃の検査があるからと言っては呼び寄せ(ちなみに車で一時間かかります)
検査室に一緒に入って手をにぎって、という有り様です。朝方5時ぐらいから電話で起こされ車を
走らせたことも何度もあります。母も車の運転ができるのに何かにつけて呼び出され行ってみると
たいしたことじゃなく、そのたび私の家族も犠牲になってきました
そんな母親を見てきたからでしょうか、わたしはこの病気になってから夫に断言したんです
どんなに具合が悪くても病院に行くときや車の運転も絶対あなた(夫)には頼まない、と
自分でもいやな女だと思います、でも人に頼るのはほんとうにいやなんです

人の気持ちの奥までなんてホントわかりませんよね
3年前のお正月に父は、みんなで陽気にお酒を飲み、孫と早朝から犬の散歩に行き、
帰りに“また遊びに来い”と笑って見送ってくれたのが生きている父の姿をみた最期でした
その1週間後に警察の粗末な遺体安置所で裸でビニールシートに置かれていた人が私の父だなんて
とても信じられなかった。
父には自殺の引き金のひとつであろう出来事があります
自殺する1年半前に一人で夜釣りにいって防波堤から転落したのです。発見されたのは夜が明けてからで、運ばれた病院は自宅からは500キロもはなれた総合病院でした。
私と母も警察からの連絡で生きているのかどうなのかもわからないまま病院に向かいました
全身打撲と脳内出血との医師から説明がありました。とりあえず今のところ命に別状はないとのことで
一安心しました。しかし頭の痛みがひどくどんな強い鎮痛剤を使っても一向に痛みは良くならず、逆にひどくなる一方でした。夜も痛みでほとんど眠れなかったそうです
これは絶対どこか骨折してるから整形外科にまわしてくれとたのんでも、リハビリ、リハビリで動かすことを言われるだけで対応してもらえず、母と私で転院をお願いしたのですが(なるべく自宅に近い所に)“そんなことしたら命の保証はできない”といわれ泣く泣くあきらめました
それから父のからだの麻痺がおこってきたのです。足の感覚がどんどんなくなっていきました
ようやく医師もこれはおかしいと思いレントゲンをとったら首の骨が3本も折れていることが分かりました。入院してから約1ケ月のことです。先生も婦長も何度も謝ったそうですが、もう遅かったのです
緊急手術をし今まで散々動かされていた首は固定されご飯をたべることさえままなりません
自分がどこに寝ているのか、外はどんな景色なのかよくお見舞いに来てくれた人に聞いていたそうです
結局半年入院し麻痺は残りました。先生は治る見込みはない、と退院の時あっさり言ってくれました
それからの父は働く意欲もなくなり(会社経営をしていたのでその辺はなんとかなりましたが)
感覚もなく冷たいままの足と一生付き合うことにどんどん心身共に疲れていったのだと思います
母親は母親で“ちっとも働かないで経営者としての資格がない”だの“書類一枚もまともに書けない”だのよく愚痴の電話をしてきました。母のいらだちも分からないではありませんが、人間生きるか死ぬかの経験をして半年もベッドの上にいれば自分の人生を振り返ったり、これからの自分をどうするか、
人生観が変わることだってあると思うよ。字が書けないのだって頭を打っているんだからその後遺症だってあると思うし、みたいなことを言って母親をなだめた記憶があります
でも、その頃父はもっともっと深い苦しみの中にいたんだと思います。そして誰にも迷惑をかけず、
本当に後の事まで冷静に考えてこの世を去りました
いなくなったのは母の留守中です。食器を洗い、その上にきちんと布巾をかけてありました。
灰皿もきれいにしてありました。自分の着ていたガウンはハンガーにかけて、前日には床屋にも
行きました、昼間にはお風呂にはいって爪を切って、時計はまっすぐにおいてありました
後で見つけたのですが、私と母親宛の録音テープも見つかりました。車で行ったので、車の中には自分の名刺がわざとおいてあり裏には“御迷惑かけて申し訳ありません”と発見してくれた人のために言葉が書いてありました。
変かもしれませんが、ここまで冷静にいろんなことができた父を私はすごいと思いました
自分の後始末は自分でする。これは父の昔からの哲学でした。
でも、こんな結果で終わってしまうなんて、悲しすぎますよね。
母親だってボーダーラインだけど自分を責めているのは事実です。時々狂ったように笑いながら
「わたしが殺したようなもんだ」と言ってたりもします
わたしも最近はそうおもっています。同時にもっと早くこの母親を病気だとわからせて、
正面から父親の代わりに戦っていれば父親は自殺しなかったのかもしれないとも思います
まぁどっちにしてももう遅いんですけど
これ以上ボーダーのひとの犠牲者がでないことを祈るしかないです
長々と書いてすいません。冬になるとどうしても父の事を思いだすものですから‥‥‥
-2002/11/19 11:40:13-

Re:自分の中の矛盾

【0165】 ジュジュ

クレマチスさんのお父様すばらしい方だったのですね
お父様はそんなに慕ってもらって喜んでおられると思います
今は 自由になってクレマチスさんを見守っておられると思います私は父には違った事で受け入れられない所もあるのですが
それは 頭では仕方がなかったかな と思っています
今から思えば 母と一緒になって 私も父を振り回していました
母は 父に ここに連れて行って アレしてコレしてって
わたしも若いときは 父に何でも頼めばいいと思っていたところがあります
あるとき 父にある所に車で送っていってって頼んだ時
急に 自分でいけっ!って怒鳴られました
そのとき初めて 私も母と同じように父に何でもしてもらっていることに気がついたのです
怒鳴ってくれてよかったと思いました
母は未だにみんなに頼っています
私が主人の両親が生きていて同居しているときも 私に旅行に行こうとか無理を言うのです
義母と実母の間に立って何度オロオロした事か
でも 親はわたしを一生懸命育ててくれたんだから 何でもしないと思ってました
母は私の習い事や勉強のことに関しては 苦労をいとわずなんでもしてくれました し過ぎるぐらいに
若くしてわたしを生んだので 元気いっぱい 父も巻き込んで 子供達の子供の教育に取り組みました
私は チック 次の子が家庭内暴力 次の子がロンパ、、、
それでも 子供に負けたらいけないと ひたすら高学歴コースを突っ走りました
今の私はもちろん 一応大学まで出してもらって感謝していますが心が落ち着いていれば もっといろいろなことが出来たのではないかとも思います
今になって 母が 人格障害だったとわかるなんて
今から思えばどう見てもそうです
その上 妹までが 私に「私も人格障害かもしれない」とメールが来たのです
私は みんなの間に立ってうろうろ オロオロしていた理由がやっとわかりました
ところで 実母も義母も上の兄弟と10以上はなれた末っ子で
経済的にも何不自由なく育っているんですけれど、、、?
なんか もう疲れました ほんとうに
もう 十分生きた気がして
何か頼まれても しんどくても 嫌といったらかわいそうとか
嫌というのは自分に負けてるとか 人のために何でもしてあげないといけないとか 思ってました 
今もその重いから逃れられませんたぶん
父のことも 含めて もう少ししたら 整理して考えて見ます
今は こんがらがって 辛いので レンドルミン3錠ぐらい飲んでしまって もちろん先生には黙ってですが だって辛くて  
-2002/11/19 20:30:41-

Re:自分の中の矛盾

【0166】 管理人

 クレチマスさんもジュジュさんも、どんどんいろいろなことを書いてください。書くことというのは、心の整理にもっとも適しています。記述療法という治療法もありますが、とても効果があります。

 人格障害は、経済的な裕福さとは、関係がありません。成長段階で、本来育つべき心の一部が、育たないまま欠落してしまっているのです。具体的には、愛情や共感、誠意、信頼など、もっとも大切な心です。

 人格障害の人は、身近な人に対して、依存と憎しみの感情しか持てません。一見愛情のように見える行為でも、よく観察すると、自分の依存心を満たすためのものでしかありません。相手に文句を言わせない、ということだけが目的なのです。
 そして、これだけのことをしてあげたのだから、その分以上に言いなりになりなさい、と相手を縛りつけます。

 このような母親に育てられると、自分自身の存在が実感できない、空虚な人生観しか持てなくなってしまいます。いつも、誰かのために何かをしている、そんなふうにしか生きられなくなってしまうのです。

 自分のために自分の好きなことをする、これが本来の人生観です。そこから、たとえば夫婦仲良く楽しく過ごすのは、自分のためになるいいことだ、とか、自分の子供に愛情を注ぐのは、自分のためになる、とかの考え方が出てくるのです。

 今までは、お二人とも、自分を殺して、身近な人のためだけに生きてきたように感じます。でも、そうした生き方は、必然的に矛盾や困難を抱え込むことになってしまいます。

 人格障害の人の根元的な矛盾は、依存するためにまわりの人に愛情や共感を一方的に求めておきながら、その相手に対して憎しみと猜疑しか返さない、というところにあります。
 この矛盾をそのまま抱え込んでしまえば、うつ病になって当然です。

 クレチマスさんのお父様は、不運が重なった上に、人格障害のお母様の依存と憎しみという矛盾を抱えさせられて、とうとう限界を超えてしまったのでしょう。

 ちょっと難しい話になってしまいました。
 これからも、どんどん書き込んで、心の整理にお役立てください。 
-2002/11/21 01:58:58-




Notitle

【0157】 ジュジュ

 管理人様 母ではありませんでした
というか 母だけではありませんでした
父でした 自分の体を 燃やしたいです
このことは 心療内科の先生に話したほうがいいですか
こどもがいるので 普通にしてないといけないのがつらい
前に リスカしたとき 見つけた娘になかれた
子供達には 普通の気持で人生送らせてあげたいから
なるべく 明るく普通にしています
-2002/11/14 12:17:15-

Re:Notitle

【0158】 管理人

 医師には、どんなことでも話してください。
 話の内容の変化が、治癒の過程ですし、医師の判断材料です。
 お子さんの前で、明るくふつうにするというのは、大切なことですが、同時に大変なことでもありますよね。
 医師の前では、すべてをさらけ出すような気持ちで話してください。
-2002/11/14 22:16:26-

Re:Notitle

【0159】 ちょめ

親と付き合っていくこと、本当に大変なことですよね。私もこの病にかかり、カウンセリングを受けていくうちにわかってきました。
私は小さいころから「いい子」で、親を困らせたことはなく、勉強はいつもトップクラスで、進学校にはいり、大学も卒業し、どうやら自慢の娘だったようです。私は知らず知らずのうちに、「親の期待にそむいてはいけない」ということを、植え付けられて育ったようです。弱音をはいたり、甘えることはいけないことのように・・・
もちろんここまでにしてくれた両親には感謝しています。
でも、生きていくこと=がんばることになってしまったのです。
結婚後、私はものすごくがんばりました。つらくても、子供がいるから、両親の期待をうらぎってはいけないから・・まさに全力疾走でした。ところが、とうとう心の器が壊れてしまい、私はダメな人間になってしまったような気になってしまったのです。
でも、親の前でも「私はもうがんばれない」とどうしてもいえず、ただ不安で、この気持ちを受け入れてくれる場所がほしく、ただ泣き、消えてしまいたいと何度も思いました。手首も3回も切りつけました。そのたび母には泣かれ、先生にしかられ、(入院中もやったのです)とにかくこれ以上がんばれなくなった自分はダメな人間だ、そればかりかんがえていました。(今も思っていますが・・)
私はカウンセラーにはなんでも話せますが、先生の前に出ると口こもってしまい何も言えなくなってしまうんです。自分をさらけだせないんです。どうしてかわからないんですが・・・
子供の前で普通にしているのも大変ですよね。家族は気晴らしに「○○へ行こう」といいますが、私はイヤでイヤでたまりません。
でもジュジュさん、リスカはやめましょうよ。(と、いいつつ私も自信ナイですが・・)できる範囲でいいから、無理しなくていいから、普通にしていましょうね。
-2002/11/16 22:44:51-




今夜も眠れない

【0144】 ちょめ

ふらっと遊びにきてみました。睡眠薬も飲んだのに、今夜もなかなか眠くなりません。外は雨が降っています。
今日も一歩も外へ出ませんでした。11時半のおきて、コーヒーばかり飲んで、食事らしい食事もとれませんでした。
明日もこんな一日が待っているのかなぁ・・と思い、ため息がでます。
もう2年半もこんな状態で、私はどうなってしまうのだろう・・本にはうつ病は半年から一年で治る・・って書いてあるのに・・
と、あせっていましたが、ここで、いろんなひとのケースを知り、少しほっとしています。
朝はまるで元気のない私ですが、夕方には少しだけ元気になれます。家族や、たまにしか会わない主人にも「元気そうじゃん」といわれるのがくやしいです。
夜、みんなが寝静まってから、涙を流してる私を知らないから・・
-2002/11/11 21:50:43-

Re:今夜も眠れない

【0145】 ジュジュ

ちょめさん わたしも うつ病という名前をもらってから それぐらい経ちます
ところが わたしは朝起きれない生活が困る事があったり
胸が張り裂けそうで辛いのに 治りたくないのです
このごろ それが小さい頃のことが原因とわかりました
母のこと わたしを一生懸命育ててくれた事も解るし
母には母なりのことがあって 私の心を傷つけてしまったのだと解っていても
自分では 母をとっくに許したつもりでいたのに
サイストーリーの所を読んで 本当には許せていない事がわかりました
その後 母から電話があったのですが 早く切りたかったのです
こんなことは 今までにありませんでした
(結婚してからは私に甘えてきて困ったりもしていますが)
今回 自分の小さいときの事を見つめなおしているうちに
母に対して なんともいえない気持が沸いてきたのです
それで 私本当は母をゆるせていないのだな とわかったのです
それからは ちょっとパニックになっています
朝早く目が覚めてから ずっとお布団の中で うめいているのです
それから どうしてか 起き上がれない 布団から出られない状態が お昼まで続くのです
少し前 本当に治ったと思っていたのですが
本当の意味で 解決していなかったようです
でも サイストーリーをするのがなんだか怖く していません
それでも 自分の本当の事が少し見えてきたようで
管理人様には感謝しています
-2002/11/11 22:38:29-

Re:今夜も眠れない

【0147】 管理人

 ちょめさん。うつ病なのですから、あせりは禁物です。ただ、睡眠薬を飲んでも眠れないと言う場合には、医師にきちんとそのことを伝えて、薬を換えてもらった方がいいと思います。
 外出は、自分でそうしたいと思うまで、しなくてもいいと思います。元気な夕方のときに、ちょっと散歩をする、といった気持ちで出てみるのもいいと思いますが。

 ジュジュさんも、もっと気長に構えてください。心の病の原因に気づきはじめただけでも、すごい進歩だと思います。今の苦しみは、次のステップへの大切な準備だと思ってください。
 サイストリーは、その気になってから、ゆっくり始めればいいと思います。
-2002/11/12 15:08:25-

Re:今夜も眠れない

【0151】 ちょめ

お返事ありがとうございます。ジュジュさん、私もそう。なんていうのかなぁ、治りたくない・・って気持ち、なんとなくわかります。
カウンセラーの先生にも、「あなたは病気でありたがっている」なんていわれてしまいました。わたしも家族に対して複雑な気持ちを抱えています。私たちはいっしょに住んでいるので、逃げられないこともたくさんあります。主人に対しても、許せない部分が多々あって、やっぱり布団の中でくやしくて泣いていることもあります。
管理人さん、私はうつ病でも特に不眠症状が強く、たくさん薬を試されました。今では、サイレース、ユーロジン、ドラール、デパス、ロラメット・・ほか、寝る前に11種類飲んでいます。眠れるときは眠れますが、眠りが浅く、夢をみては何度も目をさますときもあります。
うちの両親も、主人も「お前は一生睡眠薬から抜けられない」といいます。私ももう薬に頼りきっていて、薬に完全に依存しています。
国立の専門病院には、不眠症専門も外来があると聞きましたが、いつか薬に頼らないでも眠れる日が来るのでしょうか・・・
-2002/11/13 17:21:15-

Re:今夜も眠れない

【0153】 ジュジュ

 わたしは 管理人様に 「病気が治りたくない」のは 
本当の原因が取り除かれていない ということを 
指摘していただき はっとしました
そうだったのかと とてもナットクしました
私の主人の両親はもう亡くなったのですが
義母の方にやっぱり 怒りが残っています
実家では 未だに 父が 母に振り回されています
なんだか 母が 竜巻をおこしているようです
嫁ぎ先もそうでした
義母が竜巻の中心でした
義母の機嫌を取るために みんな動いていて
義母が亡くなると 
急に 魔法が解けたように みんな普通になりました
○○教団の人の気持がわかるような感じでした
ちょめさんが ご一緒に暮らしておられるのは
実のご両親ですか
私は 今の状態では 
もう二度と 実の親とは一緒に暮らせません 
「あんなに 一生懸命そだててあげたのに」って 思われそうですが、、、
確かに 母のおかげで 大学まで出してもらったし
いろいろ 出来るようになったから
でも 何をしていても こんなことしてて いのかな って思う
掃除してたら 勉強もしないと 
勉強してたら 主婦なんだから 料理やお掃除しないと と落ち着きません
なんか ちょめさんのスレを使って 自分の事ばっかり 書いてしまいました
でも こんな事 言える人 あまりいないし

それと 管理人様 
女の人は 恋人や夫が鬱などにかかると 
それは どういう病気かとか どう接すればいいかとか知ろうとするのに
男の人は 見ないようにしようとするようなのですが、、、
-2002/11/13 21:33:15-

Re:今夜も眠れない

【0156】 管理人

ちょめさん。
 薬に対する依存、そんなに気にしなくていいと思います。ただ、不眠症専門の外来というのは、もしかしたらいいかもしれませんね。
 「病気のままでいたい」というのは、病気の原因(心の現実)と対決する気にならないという状態です。カウンセラーの人がそういうことを言うのは、そろそろ対決してスッキリしたらどうか、ということだと思います。
 ご主人が許せない、と感じる怒りや悲しみは、たぶん幼少期に抑圧したご両親に対する怒りや悲しみが感情転移されているのだと思います。
 感情転移については、こちら( http://iyashi.find21.net/column/c011kanjoteni.html )をご覧ください。そして、幼少期に親に対して感じていた「もっと甘えたい」とか、「もっと心配して欲しい」という抑圧した気持ちが、病気として現れているのかもしれません。

ジュジュさん
 まわりの人を振り回すのは、境界性人格障害(ボーダーライン)の特徴です。義母の方もお母様も、きっとそうだったのでしょう。親が人格障害だった場合、子供は心の病気にかかりやすくなります。
 また、そのときの子供の病気は、うつ病と言うよりも、抑うつ神経症と言った方が適切なのかもしれません。
 奥さんがうつ状態になったとき、避けようとする男の人、確かにいると思います。私の知り合いでも、そういう人がいます。
 ただ、私の知り合いの場合、奥さんはうつ病というよりは、境界性人格障害に近い状態でした。うつ状態ではあっても、けっこう動き回ることもできて、いつも文句や愚痴ばかり言っている奥さんでした。
 私の父の場合、母の面倒をとてもよく見ています。まるで小さい子供に対しているかのようで、私が見ていても、感心するくらいです。
 男の人の方がうつ病にかかりやすいですし、自殺もかなり多いです。ジュジュさんがそう感じられるのは、そんな理由からかもしれません。
-2002/11/14 00:54:53-






過去ログ一覧(1) へ戻る


produced byYuki Tachibana