Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2003年02月17日〜




良いサイトですね。

【0606】 れもん

管理人さん はじめまして。 れもんと申します。
こちらのサイストリーとコラムの一部を読ませていただきましたが、
管理人さんは、いろいろな分野に精通されているようで大変驚きました。
特にメサイア・コンプレックスの所は興味深く読ませていただきました。どうも数年前の私は、かなりメサイア・コンプレックスがあったようです。でも今は強迫観念や不安のようなものはないので、たぶん違うと思います。

また、サイストリーという方法があることは初めて知りましたが、私も以前悩んでいた時、偶然同じような方法をとったことがあります。
記憶は偏ったり歪んだりするのだという事を、文章を何度も書いたり読みなおす中で気づいたことがあります。
実は私も、こちらとちょっと似たようなサイトを持っておりますが
あまり詳しく書くと宣伝になってしまうので、また後日改めてメールでご連絡いたしますね。
私も心理学や脳科学、それから健康食品が好きなんです。

では、これからもご活躍をお祈りしております。
-2003/02/23 16:53:36-

Re:良いサイトですね。

【0610】 管理人

 はじめまして。
 当サイトを気に入っていただけてうれしいです。
 レモンさんのサイトにも、遊びに行きますね。
-2003/02/24 00:30:45-




Notitle

【0597】 ユンコ

初めまして!私の母は鬱病でした。病院にも通っていました。なのに、自殺をしてしまいました。私の知識不足もあり、母を助けられなかった自分を情けなく感じています。自分自身、気が滅入ってしまい、どう生きていけばいいのかさえも解らなかった時期もありました。最近ようやく母の死と向き合っていこうとした頃、母が病気になった原因と思われる話を聞いてしまいました。実の父親が母(高校生の頃)をレイプしたと聞いたときは、祖父に対する嫌悪感と憎しみの感情を抱きました。この話を聞いてからまだ祖父と会っていませんが、家からそう遠くないため、いつかは会うことになると思います。そのとき私は感情を抑えることが出来るか自信がありません。誰にどう相談したらよいかわからず、ここにメールしてみました。
-2003/02/20 23:55:44-

Re:Notitle

【0598】 管理人

 はじめまして。
 お母さまの自死、とてもおつらかったでしょう。お気持ちお察しします。きちんとした治療を受けているはずでも、どうしても自死の道を選んでしまう人というのも、ごく少数ですが、いるものなんです。

 さらに、おじいさまの件、これも相当にショックなことでしょう。でも、よく考えてください。それは本当のことだったのかどうか、確かめようがないのですから。
 もし本当だったとしたら、お母さまの自死によって、もっとも苦しんでいるのはおじいさま自身でしょう。実の娘に最大の苦しみを与え、自死の大きな原因を作ってしまったのですから。
 このへんは、冷静に考える必要があります。

 ユンコさんご自身の心の整理のためには、まずは病気のなかで苦しみながら、自死の道を選ばざるを得なくなってしまったお母さまの気持ちを理解してあげてください。
 そして、おじいさまのことですが、もしそんなことをしてしまったとしたら、一番苦しんでいるのは、おじいさま自身のはずだ、ということを理解してあげてください。

 現在のユンコさんの心の状態は、かなり不安定になっていることでしょう。こんな場合には、精神科やメンタルクリニックで相談すると、気持ちが楽になると思います。カウンセリングを受けることも、考えておくといいでしょう。

 家族に自死の人が出た場合、もっとも大切なことは、家族内の誰も恨まない、責めない、ということです。もちろん、自分自身を責めることもいけません。このような感情を持ち続けている限り、心の安定は得られません。

 まずは亡くなった人の苦しさを理解してあげることです。そして、亡くなった人がもっとも望んでいたこと、もちろんユンコさんの幸せだと思いますが、それをかなえてあげることです。
-2003/02/21 01:47:02-

Re:Notitle

【0599】 ユンコ

アドバイス、ありがとうございます。でも言わずにはいられないことがあります。
世間には母の自死は公表していません。祖父はこのことを知らずに過ごしています。自分が原因かもしれないなんて思ってもいないでしょう。でもいつかは償うべきだと思います。私は祖父自身から母にちゃんと謝ってもらいたい。こんな事を望んではいけないのでしょうか。
管理人さんに話を聞いてもらい、気持ちがすっきりしました。少し前に進めたような気がします。もう少し落ち着いたら、メンタルクリニックへ相談しに行こうかと思います。ありがとうございました。
-2003/02/21 22:42:37-

Re:Notitle

【0601】 管理人

 おじいさまは、まだお母さまの自死のこと、知らないんですか。それでは、ユンコさんの心の苦しみ、強烈なものになってしまいますね。
 でも、おじいさまに対して、お母さまのことを、ユンコさんご自身が事実を告げたり、ましてや責めたりしないでくださいね。
 このことには、きちんとした理由があります。

 私自身、母がうつ病を発症したとき、その原因について、いろいろと考えました。そして、もっとも大きな原因を作ったと思われる人に対して、強い憎しみの感情を持ちました。
 しかし、母の担当医と母のうつ病の原因について話していたとき、担当医は、とても親切な忠告をしてくれました。それをお話ししましょう。

 たとえ患者の病気の原因を作った相手がハッキリわかっていたとしても、その相手に対して、文句を言ったり責めたりしてはいけない、ということです。
 その理由は簡単です。感情的になって(どうしても感情的になってしまいますよね)その相手を責めてしまえば、責められた相手がうつ病になってしまう危険があるからです。

 もし、責められた相手がうつ病になって最悪の選択をするようなことがあれば、一生重い罪を背負って生きていかなくてはなりません。そのことで、まわりの人間から責められたりしたら、それこそ自分自身もうつ病になってしまうでしょう。

 このように、うつ病患者の家族や親族、ましてや自死の人が出た家族や親族が憎しみ合ったり責め合ったりすれば、次から次へとうつ病患者や自死の人が出てしまう可能性が高いんです。

 ユンコさんご自身のつらさはよくわかります。でも、感情に押し流されて、おじいさまに事実を告げたり責めたりすれば、またまた大変なことが起きてしまうかもしれないんです。

 どうか、ご自身の心を癒すことを第一に考えてください。そして、亡くなられたお母さまがもっとも望んでいたはずの、ユンコさんご自身の幸せを実現するようにしてください。
-2003/02/22 02:05:42-

Re:Notitle

【0602】 ジュジュ

 私も お母様と似たようなことが起こりました
その時は とてもとてもどう理解していいのか 
私も高校生でしたが 誰にもいえなくて
というか 親に言っても 対処してもらえなかったことのほうが傷ついたような気がします
毎日毎日が びくびくそわそわでした
そのへんの 他の記憶はとんでいます
でも 相手がそんなことしてしまうぐらい 傷ついていたことがわかったので 今は 大丈夫です たぶん
ユンコさん 天国のお母様は もう許しておられますよ
人は魂となったとき 全ての思いから自由になって
「愛」の存在になれるのですって
だから 今は ユンコさんを 見守ってくれていますよ
いつでも どこでも おかあさんが ユンコさんのそばで 微笑んでおられますよ
-2003/02/22 17:10:00-




Notitle

【0590】 匿名希望

私の彼女の症状についてお教えください。
通院歴は無いのですが、以前から「うつぽっい」と訴えることがありました。それを前後して私との接触を一切絶ってしまいます。ただし、仕事や他の人とのコミュニケーションは、普通に行っているようです。うつの方は、あらゆる生活面で懈怠的症状を見せると聞いていますが、彼女の場合、本当にうつなのでしょうか。
-2003/02/19 19:46:55-

Re:Notitle

【0594】 管理人

 はじめまして。
 彼女の件、うつ病の可能性がないとは言い切れません。日常生活をふつうにこなしているように見えても、内面ではうつ状態になっているかもしれませんので。
 もしそうだとしたら、突然危険な行動を起こす可能性もあります。
 このへんは、やはり医師の診断を仰ぐしかありません。
-2003/02/20 01:00:12-

Re:Notitle

【0596】 匿名希望

早速のアドバイス、ありがとうございました。
今は一切拒絶状態なので、話す機会がなかなかないのですが、
頃合を見計らって、何とかしてみたいと思います。
-2003/02/20 23:50:33-







Notitle

【0593】 匿名希望

主人がうつ病で病院に通い、薬をもらうようになってから1年3ヶ月が経ちました。しかし状態が良くなる様子はありません。今まで優秀な技術者として仕事をしてきた主人にとって、それまで簡単に出来ていた仕事も出来ず、本人も辛い毎日を過ごしております。私もあらゆる方面で病気を向き合い、精神面・経済面で頑張ってまいりましたが、どこに行っても、うつ病は「無理せず、ゆっくり休んで治すように・・・」としか回答がありません。しかし現実には仕事が出来なくなり(私も仕事をしていますが)どんなに節約し頑張っても生活を維持できる状態ではなく、ついには貯金も使い果たしました。さらに親戚中に借金を重ねた挙句、「病気だから」と言う主人と、子供たちを抱え、せめて住む場所と食べることに、悩み続ける私との間で毎日、言い争いが絶えなくなりました。このままでは家庭崩壊も時間の問題のような状況に病気の主人だけではなく、私自身が倒れてしまいそうな日々をおくっております。経済的に余裕があれば治療に専念することも可能でしょうが、実生活では難しいこともたくさんあります。このような場合、どうしたら良いのか途方にくれております。今はもう手の施しようがありません・・・
-2003/02/20 00:56:51-

Re:Notitle

【0595】 管理人

 はじめまして。
 大変なご様子ですね。
 まずは、都道府県の精神保健衛生センター、保健福祉センター(保健所)、市役所や区役所の福祉事務所などに相談に行かれてはいかがでしょう。
 うつ病患者には、公費負担など、さまざまな公的援助の制度があるはずです。ちょっとした手続きが必要だとは思いますが、どんどん利用すべきだと思います。
-2003/02/20 01:09:01-




はじめまして

【0588】 小菊

知的には問題はないのですがADHD,アスペ、LDの3種の発達障害の中2の男子の母親です。主人は営業職で小さい会社ですが転勤族です。
子供はお砂場遊びにも入れず、道を歩いて育てました。
幼稚園で、学校で、子供が色々迷惑をかけてしまうので白い目で見られ、匿名の電話がかかってきたり、毎日のようにこんなことをしたと(たいしたことでなくても)担任から電話があったり・・・・。
気の休まることがありません。
ずっと孤立してやってきて話し相手もいません。
6月に進学問題で学校に相談しても障害児についてはわからない、公的機関も養護学校意外はよくわからない、親が捜すようにいわれ鬱になり、寝込んだ後何度も自殺しかけました。
主人に「もう止められないかもしれない」と何度訴えても何もしてくれず、パニックも起こるようになり頼んで近くの内科にかかりました(一人で外に出られる状態ではなかったので)
一旦は良くなったものの、鬱と躁が交互に出るようになり、大学病院で脳波をとったら睡眠・覚醒異常、ADD傾向が出ました。
「おかしいのはお前だけだ。おれはなんともない」それが主人の返事でした。
主人は私にそういったこと自体記憶がないそうです。
鬱がひどくなり自殺の可能性があるので入院を勧められていますが手のかかる子供がいるのでできません。
主人はずっと「今日はこんな電話があった」とか、「こんなことがあった」というのを聞くのが嫌で営業のあとのみ直して毎晩酔っ払って帰ってきていたことがわかりました。
私自身のADD傾向のことは気づいていたので大人のADHDの会に主人を誘って出席していましたが、そこでは「自分も傾向がある」といいながら「おかしいのはお前たちだけだ」と内心思っていたのかと思うと主人が怖くなりました。
今はどこかのサイトで見たとかで鬱病患者には反対してはいけないんだから「お母さんはおかしいと自分でいってるんだから。怒らせたらだめなんだ」「おかしいんだから反対したらだめなんだ」と。
主人といると壊れそうです。
実家は母と弟ですが、小さい頃から私が生まれたから父と離婚できなかった、ごくつぶし、としょっちゅう言われていましたし、辛いときにただ聞いて欲しくて電話しても「私にどうしろって言うの!」と、電話を切られます。
要ヘルプの子供を支えていく自信がもうありません。
-2003/02/19 12:18:04-

Re:はじめまして

【0591】 管理人

 はじめまして。
 お子さまの件といい、ストレスの多い環境のなかで過ごされてきたのですね。それせいで、きっとストレス性のさまざまな疾患にかかってしまったのでしょう。

 こんな場合、ご主人のことをとやかく言っても、なんの解決にもなりません。ご主人も、ストレスに満ちた環境のなかで、ご主人なりにストレスに対処しながら生きていると思いますので。

 小菊さんは、早急に精神科またはメンタルクリニックで治療を受ける必要があると思います。まずはそれからです。内科に行っても、ほとんど意味がありません。
 まずは、小菊さんご自身の心を治療すべきです。
-2003/02/20 00:44:36-




初めまして

【0586】 向日葵

今日はじめてここに来ました。「サイストリー」を知り、驚きました。長年、母親との葛藤に苦しみ、様々な身体的症状や、人間関係の困難、不安、恐怖などに悩まされながら生きてきて、それでも負けずに頑張り続けてきたはずなのに、最近たまらず虚しくなり、死にたいとさえ思うようになりました。そして、「心の旅」と題して、これまでの困難と苦痛に満ちた自分の人生を、誰にも見られない形で書き綴っていこうと思い始めていたのです。もうそれでしか自分を慰めてやれないと思うのです。もうそれ以外、私は自分の人生に意味を見つけるすべはない、そう思うのです。「サイストリー」を知る事が出来て、書き続ける決心がつきました。やってみます。今、涙が出てきました・・。胸が一杯です・・。私が生き抜いてきた歴史を、思いの丈、書いていきます。ありがとうございました。
-2003/02/18 17:46:36-

Re:初めまして

【0587】 管理人

 はじめまして。
 いろいろとつらい人生を過ごされたようですね。親との葛藤というのは、いろいろな問題を起こしてしまうものです。
 向日葵さんも、私と同じような発想や直感的なものから、苦しみ体験の記述を思いついたのでしょう。

 どんどん記述してみてください。そして、ご自分の心を軽く自由にしてあげてください。
-2003/02/19 00:17:19-




何処にも行き場が

【0581】 クレマチス

お久しぶりです。心身ともに余裕がなく書き込みも出来ませんでした。
今年に入って在宅の仕事と医療事務の仕事と今までの仕事と
計3つを抱えることになり、何にも余裕がなくなりました
特に病院の仕事は資格があるわけではなく、ただパソコンを触れる
人ならOKだ、という知人の言葉を信じて始めました
ところが、です。いざ始めてみると、医療用語やカルテの読み方1つ
知らない私にとってそこは未知の世界(笑)
しかも今やっている人はあと数日で辞めてしまい、その後は誰も
その仕事のことを知らない人ばかりで、いきなり放り出される状態です

その紹介してくれた知人に“自信がない、仕事内容をもっと詳しく
知っていたらきっと断っていた”といったら「無責任だ、自分の事しか考えていない」と冷たい言葉
二重の落ち込みで病院に行くのが恐怖です。しかも帰ってきたら
在宅の仕事があって、昼も夜も何もありません
断れなかった自分がいけないんでしょうか、こんな精神状態で白衣を
着て働いている自分が何だかおかしくて、情けなくて。
患者さんのほうがずーっと生き生きして見えます
病院に行くヒマもなくて薬も切れてしまいました。

生活のため、何のために生きているのか、それでも生きていなくては
いけないのか、いつも自分に問いかけます
どの仕事も断れない自分の優柔不断さや、誰も頼る人がいない孤独感で
いっぱいです。生活も苦しく子供の給食代も払えない状態です
それなのに、母親はどういうわけだか弁護士を頼っているらしく
月々5万円仕送りしろ、と訳のわからない電話をしてきました
仕送りをしてもらいたいのはこっちのほうなのに‥‥

なんだかめちゃくちゃな文章ですが、人から頼まれたり、何か
言われたら断れない。大丈夫、大丈夫と言って陰で後悔ばかり。
そういう生き方をずーっとしてきました
でも疲れたんです、今はゆっくり休むなんてとても許される状況では
ないけど、いままで自分の弱さで築いてきた人間関係を(母親もそうです)全部、めちゃめちゃに壊してしまいたい気持ちです

そしたら、少しはすっきりするかなー
本当の自分って何処にあるんでしょうか、そう考えると私の
今までの人生って全部NOと言えないばかりに反対方向へ自分から
それていったみたいです

恋愛も結婚も、きっとそうだからいつまでも引きずっているんですね
そう考えると死ぬ勇気があった父親はすごいと変に感動します
死んだように生きている私は一体何なんでしょう

-2003/02/17 21:31:01-

Re:何処にも行き場が

【0585】 管理人

 そうですね。確かに、うつ病になるような人って、ハッキリと断れないタイプの人が多いと思います。どうしても、ほかの人の気持ちを優先してしまい、自分の心を置き去りにしてしまうんです。
 ほかの人の気持ちを先回りして考えないで、まずは自分の気持ちを表現してみる、そして、そのときどきで適切な対応をする、というように心がけるといいと思います。

 今は、はとにかく、仕事に集中するしかないと思います。また、そのような忙しさのなかから、自分自身のねばり強さや自信というものが芽生えてくるのかもしれません。

 お母さまのことは、やはり無視しておけばいいでしょう。忙しさは、ときに大きな武器にもなります。
-2003/02/18 00:37:14-







ちょっとずつ

【0577】 じょり

旦那の家にいると、パニック発作はひどくなる一方。
実家に避難しています。
実家では特に、やることもないのでのびのび生活しています。
パニックと鬱を持っている私にとって、実家で心がけているのは気分転換です。実家には犬がいるので毎日散歩しながら、気分転換してました。
ところが、家の犬は躾がなっておらず、ちょっと気を抜いた瞬間におもいきり引っ張られ、派手に転んでしまいました。「これは、ヤバイかも!?」と思い、病院へ行ってみると左足のひ骨が折れてました。
今は松葉杖で生活しています。
実家に帰って来て、病院を変えて、薬も変わったのもあると思いますが、最近なんとなく鬱状態が少なくなっています。気持ちが以前と比べてなんとなく楽になった気がします。パニック発作も実家だと起きません。少し不安がある時もありますが、その時は頓服飲むと楽になります。
骨折はしたものの、ちょっとずつ心に変化が起きている、休まっているような感じがします。
このまましばらくは、ゆっくりしているつもりです。
-2003/02/17 15:13:07-

Re:ちょっとずつ

【0583】 管理人

 実家での療養、とてもいい感じですね。けがの方は、ある意味仕方のないことですから。
 ゆっくりとのんびりと、療養してください。
-2003/02/17 23:57:07-




主人の事なのですが。

【0574】 きょうこ

はじめまして。こちらに来たのも初めてです。宜しくお願いします。
私の主人の話なのですが、聞いて下さい。
日頃の生活の中で、ちょっとした夫婦喧嘩ってありますよね。
以前は普通に?喧嘩をしていたんですが、最近・・・ってゆうか
ここ1年程主人が喧嘩のたび以前と違うんです。
「俺が悪い俺が悪い」と頭を壁や床にぶつけて、「自傷行為」と言うんでしょうか?それをくり返すんです。壁に穴が開くほどです。
こぶしを床などにぶつけて、すごく腫れてしまった事もあります。
また、なにかが頭の中をグルグル回るらしくて、とても苦しそうです。いつももどしそうになります。
そして、すごく涙を流して泣きます。最初は本当に驚きました。
私自身そんな主人に何が起こっているのか分からず、どう接すればよいのか分かりませんでした。病気だとは思いたく無かった部分もあったかもしれません。
主人自身も「普通だ」と言い張り、病院には行った事はありません。
今回こちらのページを初めて拝見させて頂きましたが、やはり主人はうつ病の症状に当てはまっているようなのですが、いかがでしょうか?
普段は会話も出来、普通に生活も出来ます。
私と言い合いになった時のみ、そういった症状が出てくるのです。
私は感情を出さず、命令せず、励まさず、といった方法を取れば良いでしょうか?
よろしければお返事下さい。
-2003/02/17 03:30:21-

Re:主人の事なのですが。

【0582】 管理人

 はじめまして。
 ご主人のご様子、うつ病の可能性が高いですね。でも、ふつうの生活が送れるということなので、うつ病だとしても、まだまだ初期症状といったところでしょう。

 早めに精神科またはメンタルクリニックで診察を受けた方がいいと思います。ご主人への対応の仕方は、おっしゃるとおりだと思います。
 本人が診察を拒否する場合、説得することが必要です。きょうこさんの説得が難しいようなら、ご主人が信頼してるような人に説得を頼むという手もあります。

 また、うつ状態だからといって、すぐにうつ病と決めつけるのは、危険です。やはり専門医の診断が必要です。もしかしたら、非定型精神病や、脳になんらかの病変があるのかもしれません。
 このへんは、医師と検査の必要性等、しっかりと相談してみてください。
-2003/02/17 23:54:28-




はじめまして

【0568】 はる

数ヶ月前からこのサイトを拝見しています。母がうつ病で精神科に入院したのがきっかけで、いろんなサイトを見ましたが、このサイトが一番わかりやすく、勉強になります。母の状態はだんだん落ち着いてきて、
1ヶ月後くらいには退院できそうですが、退院後の不安があります。
以前から母はうつ状態でしたが、症状がひどく入院したきっかけは、
私の結婚話でした。お互いの両親に挨拶した直後から症状が悪化し入院したので、とりあえず結婚は延期しています。
父は早くに亡くなったので、絶対花嫁姿を母に見てもらいたいと思っていたのですが、母は私が離れていくのが受け入れられないようです。母の退院後、しばらく(1〜2週間程度)は私も一緒に生活できますが、その後は母独りになる状態です。同じ市内なので、時々行くことはできますが、独りの生活ができるかどうか不安です。親戚は私が結婚後、同居すればいいと言いますが、今まで母とはいろいろあって、母を許せないところがあるのも事実です。やっと母から離れられる・・・と思う気持ちもあったくらいです。だから同居は避けたいと思っています。
担当の医師は母の場合は自殺などの危険はないでしょうと言っていますが、退院してもうつ病とは長くつきあっていかないといけないでしょうから、やっぱり一緒に生活した方がいいのかどうか、私自身、葛藤しています。
-2003/02/15 13:31:37-

Re:はじめまして

【0570】 管理人

 はじめまして。
 お母さまのうつ病と、結婚の延期、とてもおつらかったでしょう。お気持ちお察しします。

 今は、かなりややこしい状況のようですね。
 お母さま、お父様の分も頑張ってきたんで、はるさんとは、離れがたくなってしまったんでしょうね。いつかはそれぞれが、精神的に自立していかなければならないのですが、お母さまにとっては、かなり厳しいことだったのでしょう。

 結婚後の同居は、ご主人との関係もあるので、悩むところですね。退院後すぐにひとりになるというのも、大丈夫なのか、とても心配なところです。

 このような場合、いまどうしようとか、そのときの感情で判断すると、後悔することにもなりかねません。
 やはり一番大切なのは、はるさんご自身の未来の心の状態です。
 後々になって苦しむ可能性のあることは、なるべくしない方がいいと思います。

 たとえば、退院後すぐに別居したとしましょう。もしお母さまの状態がひどく悪くなったら、罪の意識に苦しめられることになってしまうでしょう。
 医師が大丈夫だというので、そんなことはないとは思いますが、一応は最悪の事態も考えておかなくてはなりません。もしそんなことがあったら、一生重い十字架を背負うことになってしまいます。

 となると、別に住むとしても、やはり歩いていける程度の近所にいた方が、なにかと安心です。また、退院直後というのは、どうしても不安定になりがちです。最低でも1〜2ヶ月は、ひとりにしない方が安心でしょう。

 このへんは、はるさんだけが同居すると考えずに、親戚の方とか、お母さまの親しい友人とか、なるべくたくさんの人に協力してもらう方がいいと思います。交代で一緒にいるようにすれば、かなり負担は減ると思います。

 あとは、お母さまが楽しく続けられる趣味のようなものが見つけられると、ひとりでいても寂しさを感じなくてすむので、理想的ですね。もちろん、お母さまの気力が戻ってからの話ですが。

 とにもかくにも、はるさんご自身の、予想できる未来の心の状態を中心に考えることが大切です。
-2003/02/16 01:10:13-

Re:はじめまして

【0576】 はる

ご意見ありがとうございます。
母のこと、結婚のことなどで私自身がしばらく気持ちがふさぎ込んでいて、やっと最近自分を取り戻してきたところでした。うまくいかないことが多いとあれこれ悩みますが、考えても考えたようにはならないので、できるかどうかひとつひとつ試していこうと思います。
母の退院後も、しばらくは一緒に生活するつもりですが、その後状態をよく観察して母とも話し合いながら、お互いが負担にならない方向で考えようと思います。感情が先に立つと、なかなか難しいところもあって、今も母に対しては、自分の感情を抑えて接しているのでだんだん自分が苦しくなります。心理学の本をたくさん読んだりもしましたが、自分のために、今年に入ってからサイストリ−を始めました。
また何かの時には、相談にのってください。管理人さんも、どうぞご自愛くださいね。

-2003/02/17 13:08:44-






過去ログ一覧(1) へ戻る


produced byYuki Tachibana