Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2003年03月29日〜




覚えていますか?

【0738】 奥田 えり

随分前に書き込みさせていただきました
サーバーのトラブルに巻き込まれてしまい
勝手にHPが削除されてしまいました

初心者の私がログから作る事になってしまいました
以前のHPは結構簡単に作れる所だったので毎日格闘中です

まだ工事中ばかりのHPですがよろしかったら遊びに来て下さいね

HPを新しくしたので名前も変えました。今度からは
【早乙女 苺】となりますのでよろしくお願いいたします
-2003/04/05 20:47:27-

Re:覚えていますか?

【0739】 管理人

 お久しぶりです。
 ホームページ、大変でしたね。
 でも、簡易型のホームページより、HTMLファイルをFTPで送るタイプの方が、いろいろな工夫ができて楽しいですよ。
 ログ管理とか、CGIとか、いろいろな面倒があると思いますが、ぜひ頑張ってくださいね。
-2003/04/06 01:12:25-




心の難しさ

【0726】 リカ

管理人様のホームページに訪れて、心の病、悩みに直面している
方達、その家族の抱えている問題などを知り、勉強の毎日です。
家族がこころの病にならなければ、多分歩み寄らなかった分野だと
思います。
どんな質問にも、親身に、必ず回答されている管理人様の姿勢に
安心し、またさくらさんの悩みも他人事とは思えず
書き込みに参加してしまいました。
一人で悩んでいた頃、先がみえず、不安と焦燥感がありました。
このホームページにきて良かったです。
もっと当事者の悩み、病の事など、理解に努めようと思います。
すべての共感はできないにしても、私なりの立場で
立ち向かっていきます。
私も行き詰まった時、相談しにきます。
そのときは、先生、皆様、よろしくお願いします。
-2003/04/03 12:44:04-

担当医に望むこと

【0728】 さくら

私たちは無知です。勉強はしたつもりですが、足りません。
また「家族関係」に何か問題を抱えているのかも知れません。
私たちが「家族として」対処法を学ぼうとすることだけでも
勇気が必要でした。
素直な耳で、心で必死に担当医のお話を聞いてはいますが
「家族の協力が必要・ゆっくりさせて・無理はさせない」
「優しく接してあげてください」
この説明では、何をさせて、何をさせてはいけないか
優しさと甘やかしの区別さえ、私たちにはつきません。
担当医には何度、聞いても答えは同じ・・・・
「待っていてください、いつかパッと治ります」
状態によって対処は違うでしょう
しかし両親は「100%好きなことのみさせる」と受け取りました
「寝たいだけ寝る・好きなことだけする・好きな会話だけする」
今、父は母に同じ対処をしています。
「待つ」って難しいですね。

もっと理解出来るように、人によって取り方すらちがうのですから
細かく説明して欲しいと感じました。

>りかさん
私も同じです、ただ私の場合、共に生活をするうちに
ますます謎が深まってしまいました。
何故、妹が母親に執着するのか?母親は妹に執着するのか?
何故、被害妄想の中心が「姉」であり
同時に「依存対象」なのか・・?
何故、父はこの長年の状況で妻と娘の「共依存」に気がつかないのか?

私の元家族は、病んだ家族なのかも知れません。
-2003/04/03 18:44:20-

Re:心の難しさ

【0730】 管理人

 リカさん、またいつでもいらしてください。リカさんの前向きな態度、とてもさわやかな感じがします。


 さくらさん。
 医師というのは、病気の治療が専門なんです。
 家族に対しての説明は、インフォームド・コンセントとして、とても重要なことです。でも、体の病気と違って、血液検査の結果も見せられませんし、レントゲン写真もCT画像もないんです。
 専門的な知識がない普通の人に、心の病気の説明をはじめたら、きりがなくなってしまいます。それに、どんなに説明しても、理解できる人は、そんなにはいないでしょう。

 このことが、心の病気について医師とのコミュニケーションが難しくなってしまう要因なんです。やはり家族の方も、ある程度の知識を身につけておかないと、話が通じなくなってしまうんです。
 さらに、ていねいに診察や家族への説明をしても、保険の点数がほとんどもらえません。点数の高い検査や外科的な処置がないからです。精神科の医師は、とても厳しいんです。日本の精神医療の問題点なのですが、今のところ改善される見込みはありません。
 要するに、医師に頼るだけでは先に進めない、ということです。

 共依存関係は、お互いに、心の問題点を見ないように、かばいあっている状態です。心の病気を治すためには、自分自身の心の問題点を見つめ直すという苦痛を乗り越えなければなりません。これをしたくないために、共依存関係ができあがってしまうんです。

 一度共依存関係ができあがってしまうと、お互いに協調することで苦しみを避けようとします。苦しみは、すべてまわりの人に押しつけるようになります。それがかなわないと、もちろん一緒になって攻撃して、まわりの人間に苦痛を無理強いします。

 お父様は、母と娘の共依存を崩した方がいいと感じていたかもしれません。実際にそのような行動をとったことがあるかもしれません。でも、大変な労力をともなうこの作業を、途中で投げ出してしまったのかもしれません。そうして、おかしいとは感じながらも、お母さまと妹さんに協調していた方が楽だと学んだのかもしれません。
 その結果が、お父様とお母さま、妹さんの、さくらさんに対する、異常なまでの依存となったのかもしれません。

 被害妄想と依存の対象、言いかえれば、攻撃と甘えの対象、これを同一の人(さくらさん)に向けている、というのは、本来親に対する気持ちだったものをさくらさんに感じている、ということだと思います。お母さまが、共依存関係のなかで、そのようにすり替えてしまったのでしょう。

 さくらさんのご家族は、病んでいたのではなく、だんだんと病んでいった、と考えた方がいいと思います。もちろん、様々な要因は、元からあったのかもしれませんが、それがどんどん悪い方向へ向かってしまった、ということなのだと思います。

 でも、もうさくらさんは、いろいろなことに気づいたのですから、今後は振り回されずに、効果的な手を、打っていくことができると思います。
-2003/04/04 00:34:35-

さくらさん

【0733】 リカ

色々な問題が重なってしまい、大変でしょうが、
長年の悩み、疑問がはっきりと浮き上がり、
大きな前進となったのでは?
さくらさんが混乱しないように、ひとつひとつ進めていきましょう!
客観的な意見が得られ、また、さくらさんのこころの逃げ場として
第3者をつくっておいてくださいね。
(このホームページもいいですよね!)
そして、さくらさんの出来る範囲をはっきりさせて、
無理をして体と心を崩さないようにして下さい。
お子さんの事も心配です。
-2003/04/04 11:26:27-

あぁ・・そうだったのですね

【0734】 さくら

> 一度共依存関係ができあがってしまうと・・・・・・・
>お互いに協調することでもちろん一緒になって攻撃して、まわりの人間に苦痛を無理強いします

やっとわかったような気がします。
父は母が発病するまで妹の病気についても無関心でした。
はいる隙間がなかったと言うほうが正しいのかも知れませんね
本人達は無理強いしているつもりもなく、当然だと思っているようです
それも「共依存」の問題があるからなのでしょうね。
母は鬱病と言われましたが、違う問題を抱えた結果なのかも知れません

妹は発病する前から親の愛情に拘っていました。
いつも「居場所がない・愛されていない・守られたい」と言ってました
そのくせ、母親といつも一緒に行動して、ベッタリでした。
私たち夫婦が同居してからは「姉夫婦に守って欲しい」となりましたが
やはり「居場所がない」と嘆いていました。
我が母親ながら、おかしな人間だったことは確かです。
過干渉・過保護かと思えば、放任
特に幼年期の私たち姉妹は、仕事中心の両親から放任されていました
早朝から、深夜まで帰らない両親。
私たちが熱を出しても仕事。学校行事も来ませんでした。
イザという時には、パニックになって何も出来ない人でした。
妹がケガをしても、ただ心配しなくだけで、手当ても何もしない
でも妹がケンカをして泣いて帰ったら「いじめだ」と怒鳴り込む人
私は、いつも冷めた目でみていました。
5つ下の妹は、どんな目で母親を見ていたのでしょう。
性格的な違いか、どうかわかりませんが
私は「家を出る」ことを夢見ていました。
こんな両親の元で暮らしたくない、私の「家」を作ろうと。
妹は何度も一人暮らしをしましたが、すぐに戻って来てしまいました
仕方ないですね、仕事が長続きしないのですから。

問題は多いようですね。私の家って

>りかさん
そうですね、ココでの意見は大変参考になります。
自分たちの生活を崩してまで関わるのをやめるつもりです
あくまでも「我が家」中心に考えることにしました。
我が子が幸せになるように、私も平和に暮らせますように。
主人にこれ以上、金銭的・精神的な辛さを押し付けないように。

この場所で、長年もっていた疑問も解け始めましたし
絡んだ糸がほぐれるのには時間がかかるのでしょうね。
もしかしたら、もつれたままで終ってしまうのかも知れませんが
色んな方向から、少しやってみますね。
-2003/04/04 18:19:24-

Re:心の難しさ

【0736】 管理人

 幼少期の生育環境、かなり問題があったようですね。妹さんの病気の大きな要因になっていると思います。分裂病の原因は、脳のなんらかの異常と環境要因が半々だと言われていますから。
 さくらさんご自身のご家族を守ることを第一として、いろいろな手を打ってみてください。妹さん、お母さまとの関係のなかの問題点が解決されていけば、社会復帰と自立も充分期待できると思います。
-2003/04/05 00:37:54-







はじめまして

【0710】 さくら

数年前に妹が、分裂病を発症して看病疲れの為
母親が鬱病を発症してしまいました。
私たち家族(既婚)と両親・妹と同居していましたが(13年間)
妹の姉に対しての被害妄想が5年前から酷くなり
私自身がストレスから吃音など心身症になってしまいました
(なさけない話です)
少し距離をおいて、見つめなおそうと別居しましたが
(私自身、心に余裕をもって対処したい・妹自身の葛藤と姉に
対しての執着を紛らわしたいと思って)
そのころから母親の様子がおかしくなり、
きっかけとなってしまったようです。
(妹を追い出したと言うことが辛かったらしい)
現在、両親・妹はアパート住まい(妹のアパートに発症同時に引越し)
精神系の病気に無関心な父親が世話をしています。
(家事全般・買い物・話し相手・不眠に付き合う・など)
妹は母親から離れるのを異様に嫌がり、母親も同じですが・・
このままでは、家族が潰れてしまいます。
実際、父親も鬱状態・不眠を訴え始めています。
両親は、昔のように私たち家族と同居したいと言っておりますが。
鬱病の治療はもちろんですが、この2人をこのまま同居させていて
いいと思われますか?
妹の状態が悪いと、母親も悪くなり足の引っ張り合いに見えます、
私としては、まず妹の自立練習からはじめて
たとえばディケアや生活の練習施設などの入居や通いも
1つの方法だと思っていますが・・
(投薬で幻覚・幻聴は落ち着いています、被害妄想はとれません)
なにぶん現在も過去も「寂しい」と訴える母親から
妹を放すことが出来ません。
母親の入院治療もベストだと思うのですが。。
@自殺の危険A父親に対して破壊的、自分に対しても
B投薬拒否または投薬に対しての拘りC副作用に対しての恐怖

妹の被害妄想の中心が「姉」で、私の主人との関係妄想ももち
私の子に対して妄想も持っています「この子達の母親は私」など

以前のように同居して、妄想が悪化することはありませんか?
妹の心が、ますます辛くなりそうに気がします。

-2003/03/31 11:40:43-

正直な気持ち

【0711】 さくら

優しい気持ちも、持ちつづけたいと思っていますが
現実は辛く、疲れた13年間でした。
私も主人も疲れ果ててしまったのが現状です(金銭的・生活的)
妹と別居して、ホッとしていた時に母親が発病し
私たちのせい?と責める気持ちと、もー嫌だ!と半々です。
私たち家族だけの力は限りがあり、専門家の要求にもついていけず
どんなに勉強しても頑張っても、理解できないものも多く
身内の協力・理解は確かに必要ですが、限界点もありますよね?
心の病というものは難しく、大変なものでもあります。
本人にしかわからない、辛さが多く、何気ない言葉で
落ちていってします、妹も母親も
家族側も心に余裕をもって付き合わねば潰れてしまいます。

私たちは疲れました。
妹の将来や色々考えて、精神障害手帳や年金、医療援助の手続き
アパート暮らしでの自炊や自立練習。。時折様子を見にいくことや
休日の気晴らしや話し相手など母親と交代していました。
主人も理解してくれて、よく頑張ってくれました。

我が母親のことですが・・
今回の発病に疲れてしまいました。
発病してから1年が経過し、頑張っていましたが
手に負えなくなってきました。(幼児化)
過度のストレスからだと、理解してあげたいのですが
本当に悲しいです、こんな自分が。
もう主人にも協力してと、言いにくいのです。

父親達の望む「昔のように同居して」が考えられないのです。








-2003/03/31 12:17:15-

Re:はじめまして

【0712】 ジュジュ

さくらさん はじめまして
わたしは 専門的なことは わかりませんが
わたしも 母と 妹のことで 悩んでいます
わたしは 私自身がうつ病ですが
まあ 原因といえば 母の私たちへの期待が大きすぎて 
過干渉や 体罰 ことばの暴力(今は 母の愛を実感できていますが)社会の常識と良識と親の言うこととのギャップ
それと 駆け落ちした妹の母親役(母親は 妹とは絶対会おうとはしません)
私自身 主人の親兄弟との同居でしたので
主人の親にナイショで妹のことで動かなければならず
また 主人の両親や兄弟のわたしへの馬鹿にした態度など
原因はいろいろあるようで どれか分かりませんが
とにかく 実の 親兄弟のことのほうが 本当に苦しいでした
妹に ねえちゃんは 幸せやから ねえちゃんよりとにかく私は不幸なんだから(わたしも 妹より苦労したと思っているのですが いつも 妹の方がいかに不幸か 辛いかということを 延々と説得されるのです) ねえちゃんなんだから 私の言うこと聞いてくれるのは当たり前だ みたいな感じでした
あまりに振り回されるので 
この前 妹に 自分の思ってることを正直に言いました
このままの関係でいると 私のためにも 妹のためにもならないとやっとわかったからです
姉なんだから 妹の為に また 娘なんだから母の為に してあげるのは当然だと自分で 思い込んでいたのです
でも 違うことがわかりました 
こちらが しんどい思いして してあげていても かえって 関係が悪化するばっかりだと思ったのです
わたしが 妹に 正直に 
「なにもかも 頼らないで欲しい
今まで 姉だから してあげないとと思っていたけれど それではあなたのためにも 私のためにもならない」 というと
たぶん 心穏やかなのではないのでしょう
わたしの欠点をメールに書き込んできて そのまま 音信不通になりました
でも いまは それでよかったと 確信しています
人の辛い想いは共有できても 肉親のは とってもきついですから
私には 耐え切れないで かえって 相手にいやな思いをさせるだろうと
こちらが 喜んでしているのではないのは 相手にもわかるので あいても 頼れば頼るほど 虚しくなって行くのかなと思いました
お母さんと 妹さんが一緒に入院できればいいですのにね
わたしは 何回も言いますが 専門家ではないので 一つの意見として聞いて欲しいのですが
妹や 母と同居しなかっても あんなにいっぱいいっぱいになった私のあのときの気持を さくらさんに当てはめると 
途中で 挫折するから まず ご自分の家族を守ればいいと思います
ご自分のこどもさんに 影響が大きすぎます 
こんど 子供さんが精神的に傷つきます
子供さんには でも どうして じぶんが親兄弟にして挙げられないかを 大きくなるにつれて 話していけばいいと思います
支離滅裂な文になりましたが 私の考えを書いてみました
-2003/03/31 15:18:17-

ジュジュさん

【0713】 さくら

レスありがとうございます。
そうですね「姉だから、身内だから」と背負いすぎたと思います。
-2003/03/31 18:23:44-

ジュジュさん

【0725】 さくら

気分はどうですか?
たくさんの心労が重なって大変でしたね。
これからは自分の人生を生きていきましょうね
私も頑張ります
あなたの「今日」がステキなものでありますように
-2003/04/03 09:57:09-




入院治療について

【0719】 さくら

両親・妹が納得しませんでした。
特に母親本人が嫌がって、全身硬直状態になってしまいました。
父親は「本人の意思に任す」の一点張り。
しかし、母親の精神状態が「悪い」以上「本人の意思」に任せる
ことなんて無理だと思っています。
母は落ち着きもなく、部屋中歩き回ったり
アパートの渡り廊下を数分おきに往復したり
日中は冷蔵庫の中のものを食べつづけてみたり
反対にまったく食べられなかったり、不眠にも悩んでいたり
ひたすら寝ていたり・・
ただ、父・妹との会話は普通で、まともに話もしますし
時には笑顔もこぼれます(内容にもよりますが)
私に対しては、妹ともめてから拒否反応がでているようです
(妹をアパートに出してから)

入院を勧めるにしても、まず母親の私に対する信頼感を復活させる
事が必要な気もします。
ただ、母親の感情を和らげるためには・・・
妹との同居になるようです、複雑な気持ちです
(昨日の話では、母はそう言っていました)

何かよい方法はないものでしょうか?
まず父親に現実を把握してもらうことでしょうか?
父としては、やはり連れ合いが病んでしまうことが
ショックで、担当医の「いつかパッと治る」に期待しているようです
入院治療は、本人の安らぎにつながると説明しても
「本人が、こんなに嫌がってるのに、そんなわけない」と言い切ります
しかし、父親は、これ以上看れないと思っているのも現実です。
まず収入がたたれ、買い物にもいけず、私が買って影で父親に渡す
こんな生活状態が、いつまでも続くわけもありません。
(母は、悲しいことですが、娘である私の買い物は受け取りません)
(父親は惣菜しか買いませんので、作ってわたしています)

親元をはやく離れ、妹発病を聞き、主人と戻ってきましたが
「私」がいることすら負担になっているのか?とも思います。
そんな「私」が住む家に「戻りたい」のも何故か?とも思います



-2003/04/02 09:55:53-

細かいストレスがあっての鬱病とすれば

【0720】 さくら

その「ストレス」となっている問題解決が
完治に向う、近道ですか?

妹の将来不安が母親のストレスであったとすれば
どちらから、先に手をつければいいのでしょうか?
同時進行しかありませんか?
-2003/04/02 10:00:35-

Re:入院治療について

【0721】 リカ

こんにちは。
私は今日、保健センターに(保健婦さんに)
治療方法の相談にいってきました。
入院や、治療は本人の同意や、治そうという気持ちがないと
本当に難しいと、私も痛感しています。
ことを運ぶには、時間が必要かもしれません。
お父さんを説得して、保健婦などの、第3者に加わってもらい
治療にむけての手伝いをしてもらうのはどうでしょう。
まずは、さくらさん自身で、保健所と相談予約をとり、
いまの辛い現状を聞いてもらってから、どういう方向性で
関わっていくかを決めてもいいと思います。
(もうこういう事もやっていたなら、ごめんなさい。)
さくらさんは、やれる事は精一杯やったと思いますよ。
どうぞ、頑張りすぎないで下さい。
私も、ゆっくり頑張りますので・・。一緒に・・。
-2003/04/02 14:39:46-

Re:入院治療について

【0722】 管理人

 いろいろな面で、困難なことが重なっているように思えます。
 でも、問題を整理してみると、これからすべきことがハッキリとしてきます。
 まずは、お母様ですが、かなり典型的なうつ病の症状が出ていると思います。治療が必要でしょう。でも、現段階で、ストレスの原因について考えても仕方ありません。一度うつ病になってしまったら、まずはきちんとした治療です。

 それから、妹さんの件ですが、やはりさくらさんが同居して面倒を見るのは、かなり困難だと思います。やはり、社会復帰のための作業療法ができる公共の施設への入居が、もっとも適切だと思います。

 なんとなく感じるのは、ご両親が、妹さんの分裂病について、しっかりと受け止められていないということです。分裂病だからといって、誰かが完全に面倒を見続ける、というのは間違っていると思います。患者にとって一番大切なことは、きちんと社会参加ができるようになって、自立できるということです。
 このことをまったく考えていないとしたら、分裂病に対して理解が足らないか、偏見が強すぎるのだと思います。

 特にお母さまは、かわいそうな妹さんを不憫に思いすぎ、共依存関係になっていたように感じます。
 さくらさんに対するあまりに強すぎる依存心、さらにはその依存心が少しでもかなえられなかったときの不条理な態度などなど、かなりおかしい感じがします。
 今回のうつ病も、まるで見捨てられたというような抑うつから始まっていますね。さらには、さくらさんが心身症になるほど大変な思いをしていても、まったく理解していない様子です。
 あまりにも一方的な依存と、それがかなえられなかったときの大人げない不条理な態度、さらには、依存している相手のつらさが理解できない、これって、境界性人格障害に近い状態だと思います。妹さんに対しても、さくらさんやその子供たちに将来にわたって依存させ、わざと自立を妨げるような方向へ導いているように感じます。
 これでは、お母さまも妹さんも、いい方向へは向かわないですね。

 さくらさんは、まずはご両親のあまりにも一方的な依存が、おかしなものだと理解する必要があると思います。そして、お母さまはうつ病の治療、妹さんは社会復帰のための作業療法につけるように導いていくことが大切だと思います。
 ご両親への説得が必要なのですが、リカさんのおっしゃるように、保健婦さんなどの第3者に加わってもらう、というのは、とても優れた方法だと思います。

 困難な状況に陥ってしまったときには、解決にもっとも有効な手を打つことです。お母さまのうつ病の原因を探っても、らちがあかないでしょうし、治療を受けずに治すというのも非常に困難だと思います。

 それから、さくらさんご自身ができることの範囲について、しっかりと決めておくことが必要です。その範囲を超えることは、ご両親に対して、ハッキリと断った方がいいと思います。そうしないと、際限なく依存され続け、さくらさんご自身が壊れてしまいます。
-2003/04/02 23:55:31-

ありがとうございました

【0724】 さくら

長年「おかしいのでは?」
と思っていたことが正しかったと気がつきました。
妹は確かに精神病ですが、社会性をまったく失っているわけでもなく
ショッピング(化粧品等)・パチンコなどできるのですし
マイカーでドライブなどもしています。
病院にも1時間程度運転して、1人で行っています
(母が発病するまで、母が付き添っていました
妹は「1人でいけない」と言ってましたが、母が付き添えなくなったら
なんてことなく、1人で行けています)
入浴や身支度も、綺麗にいつもしています。
言わないだけかも知れませんが、幻覚・幻聴もおさまっているようです
出来ない(しない?させない?)のは食事の用意などの家事・仕事
ただ、本人も家事については「辛くて出来ない」と言うので
先生の指導の「無理をさせない」ことから自主性に任してました
「できる?」と聞き「さす」のではなく
「するように促す」ではないのか?と母といつも話し合っていました
(母といつもケンカになっていましたが)
悲しいですが、完治が難しい病にかかってしまった妹ですから
将来のため「少しでも自立」できる練習が必要だと思っていました

私たちの考えは、間違ってなかったようです、ほっとしました。

私と主人の間では「ここまでの依存?子より優先に?」に
いつも疑問を抱きつつ付き合っていました。
私自身、心身症の症状が出たことで、主人が背中を押してくれましたが
「母親の発病は私のせいでは?」と思い悩んでおりました。

ちがったのですね。母親の性格的なものから
妹の力や私の考える力を奪われてたのかも知れません。
母のせいにするつもりもありませんが、少し距離を持ちたいと思います

母は現在一ヶ月に1回の通院で、投薬治療を受けています。
1年になりますが、何も変わっていません。
(妹は別の病院で、同じペースで通院しています)
普段は、何もせず妹と二人で狭いアパートでボーーっとしています。
このまま痴呆になってしまうのでは?と心配になります。
母親の姉妹たちは、みんな何らかの精神的病気にかかっています。
唯一元気だった母親の姉は、数年前から痴呆になり
その娘さんは自律神経失調症で長年、引きこもっています。

また話がそれてしまいました。
適切なアドバイスありがとうございました。
少し、長期戦になりそうですが・・
しっかり自分の家庭を守りつつ、できるできないをはっきりさせて
頑張ってみます、どうもありがとうございました。

<りかさん
私の力では、両親の説得は無理でしょう。
第三者の手助けが必要ですね。
私の両親のように、ことごとく第三者の手を振り切って
自爆していく家族も多いのかと思います。
歩みは遅いですが、頑張ってみますね。
ありがとう、りかさん

どんなに理解してあげたくても、わからない。心の流れがわからない
当事者の方たちには「わかってもらえない」悲しみでしょうが
家族側にしても「わかってあげられない」ことが悲しいのです。
-2003/04/03 09:41:54-







家族のうつ病

【0714】 リカ

このような所に書き込むのははじめてです。
兄がうつ病になったのが、このサイトを知ったきっかけです。
さくらさん、本当に辛そうですね。家族のこと、心配で
精一杯かかわって。今も、もしかしたら、罪悪感を感じて
しまっているのでは・・・?
私は結婚し、家を出て、いまは5.2.0歳の母です。
癌で闘病中の父と、少し頼りない母のもと、うつ病の兄は
暮らしています。
兄は拒薬しはじめ、今あまり良い状態ではありません。
私は子供をかかえながら、親の負担を軽くしようと、病院に
相談しにいったり、保健所と話をとったり・・・
そして兄は、私に面倒を見てもらいたい、と言い始めています。
貧困妄想もでています。
きっとわたしが逆の立場であったら、兄は精一杯の事をして
くれたでしょう。そう思いながら毎日かけまわり、自分のこころも
穏やかでいられぬ毎日を送っています。
兄にはまず、しっかりと治療を受けてもらう事を考えています。
今の兄には、それが一番困難なのですが・・
そして、私の子供達。毎日振り回していますが、心の負担に
ならないよう、気を使っています。
同居はできません。兄の依存心をあおってしまう事と、子供達
の心の部分を考えて。
非力な自分にがっかりですが、私は母親。まず、そう思っています。
子供達のことを一番に考え、そのうえで出来る事を
やっていこうと思っています。
自分の両親の気苦労や、今後主人の親との同居、考えると私の心も
休まりませんが・・・
さくらさん、お体お大事になさってくださいね。
自分が元気でないと、人の面倒は見られません。
距離をおいたのは、良い選択だと思いますよ。
何の慰めにもならないメールになってしまいましたが。
なにぶん初めて書き込むので。

-2003/03/31 19:17:59-

問題点・・・

【0715】 さくら

罪悪感でいっぱいです、特に今回の母親発病については・・
私さえ、もっとしっかり自分を持っていればとも思ってしまいます。
主人も子ども達でさえ(子は理解できなくても)頑張ってくれていたのに

私がここ何年か悩んでいたこと「一生看るのか?」
>私に面倒を見てもらいたい、と言い始めています。
これなんです。私が姉として踏ん張っていたけど
両親に言われたんです。
「妹は心配ない、優しい姉ちゃん達が一生看てくれる」
「姉ちゃんと兄ちゃん(主人)が亡くなっても孫がいるから」
「このまま、妹のストレスを溜めないように付き合いなさい」
もちろん側で聞いていた妹は「うんうん」と、うれしそうな笑顔で  

我が子たちにまで、関わる問題であったと・・気がつきました。
わかっていなかったのは私たちだけ?
私が今までしてきたことは、依存心をあおっただけ?
担当医の言うまま、本人の意思のまま・・私も信じて。
それでも結果は、こうです。何も進まず・・
唯一「もう限界」と相談してやった結果もこれです。(母親発病)

今まで10年単位で私がやってきたことってなんだったのでしょう(涙)

話がそれました。すみません。
ココで聞きたかったのは、鬱病の母親と分裂病の妹が
ともに暮らすという事が、お互いにとっていいのか?という事でした。
愚痴っぽくなってしまってますね、ごめんかなさい。
-2003/03/31 23:04:18-

Re:家族のうつ病

【0717】 管理人

 さくらさん、はじめまして。
 この最後の書き込みにレスさせていただきます。
 さくらさんは、本当に家族思いで、優しい方なのですね。
 でも、ジュジュさんやリカさんのおっしゃるとおり、まずはさくらさんご自身の、親としての立場を最優先することが大切です。

 親は、子供に対して、全責任を負う必要があると思います。それは、親兄弟に対する責任よりも、はるかに重いものです。子供にとっては、親しか頼る人がいないのですから。 もちろん、親のいない子供もいます。でも、実際の親がいて、その親が子供の面倒を満足に見なかったら、子供の心に大きな負担を与えることになってしまいます。

 その意味で、さくらさんの別居は正しい選択だと思います。このことに罪の意識を感じる必要はありません。お母さまのうつ病は、どうしようもないものなんです。もし、さくらさんご自身が無理を続けて、うつ病にでもなってしまったら、いったいお子さまはどうなってしまうでしょう。

 お母さまのうつ病、しっかりとした治療が望ましいでしょう。できれば、入院治療がいいと思います。ちゃんとした精神科病棟であれば、自殺企図や拒薬に関しても、効果的な治療が行われると思います。それに、精神科病棟というのは、専門家が集まった、ある意味最高の治療環境なのですから、そこでなにかが起こってしまったとしたら、もう運命だと受け入れるしかないと思います。

 また、妹さんの分裂病も継続的な治療が必要だと思います。ただし、妹さんの場合は、薬物療法の効果が出ているようなので、練習施設などの入居や通いなどが、もっとも望ましいと思います。

 お母さまと妹さん、ある程度距離をおいた方がいいのかもしれません。その意味でも、お母さまの入院は、望ましい方法だと思います。このへんは、医師とじっくりと相談する必要があると思います。

 このような状況のなかですから、お父様は、きっとご自身の心を守るために、ある程度無関心、と言うよりは冷静な態度でいるのではないでしょうか。つまり、自分までおかしくなったら、もうどうにもならなくなってしまう、という気持なのだと思います。実際にその通りですから。

 お母さまには、ひとまず入院してもらって、妹さんの面倒をお父様に見てもらう、さくらさんは、あくまでお父様の補助的な立場でいる、という感じがいいように思います。
 遠い将来のことは、今考えても、どうなるものではありません。妹さんの件は、「なるようにしかならない」という感じてとらえておけばいいでしょう。
 今はとりあえず、お子さんを中心に考えた方がいいと思います。

 リカさんも、過酷な環境のなかでお過ごしのご様子ですので、お体ご自愛くださいね。お兄さまのことは、まずはしっかりとした治療を受けてもらうこと、確かにこれが一番だと思います。
 それから、おっしゃるとおり、お兄さまと同居したら、お子さまの心に非常に大きな負担を与えることになってしまうでしょう。お子さまの心を守る、これは、なによりも大切なことだと思います。
  もしお子さまが将来、心の病気で苦しむようなことになってしまったら、それこそ取り返しがつかないですから。
-2003/04/01 01:21:20-

おはようございます

【0718】 さくら

>リカさん・管理人さん
ありがとうございました。
少し楽になりました。今回のことでは・・・
両親から、妹の悪化・母親の発病はあなたのせいだと言われていて
「同居に戻せば、治る」と言われていましたから
私どうしていいか、わからなくなっていました。

母親の入院治療ですすめてみます。
-2003/04/01 06:50:35-




こんにちは。

【0693】 あや

最近、家にずっと引きこもってます。8月から学校に復学しないといけないけど自信がありません。8月までに病気が治るのだろうかって。毎日、恐怖に襲われます。やめたら楽になるかもしれないけど、どうしても諦められません。焦りばかりで何もできない自分が情けなくて辛いです。全然治る気配もないし絶望感でいっぱい。
-2003/03/24 15:27:23-

Re:こんにちは。

【0695】 管理人

 病気が治るというのは、あせりの気持ちや絶望感がだんだん薄れていくことです。まずは、あまり先のことを考えないことです。
 うつ状態を、未来や過去に捕らわれている状態だと解釈した、とても有名な心理学者がいました。未来や過去は、いくら考えてみても、どうなるものではありません。

 要するに、今現在なにをすべきか、また、なにをするのがいいのか、そこに意識が向いてくると、心が落ち着いてきます。もちろん、あやさんは、ゆっくりと休むことが、最も重要ですが。
-2003/03/25 01:20:23-

Re:こんにちは。

【0709】 杏李

はじめまして。横レスすみません。あやさん、私と同じ感じです。後期から復学しないといけないんですが・・・治る心配もありますし、皆から取り残されていく感じがします。最近、病院以外ではほぼ出かけてないんです。情けなくなる気持ち分かります。同じ心境だったので思わず、カキコしてしまいました。
-2003/03/29 21:22:12-




管理人です

【0708】 管理人

 ここは、メンタル系の掲示板です。
 言葉に敏感な人たちがたくさん見に来ます。
 発言には充分注意してください。
 批判や非難、暴力的な表現は、おやめください。
-2003/03/29 21:01:45-






過去ログ一覧(1) へ戻る


produced byYuki Tachibana