Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2003年04月06日〜




カウンセリング・・・って・・・

【0779】 ちょめ

この頃わからなくなりました。
カウンセリングって何だろう・・・って。

この頃カウンセリングにいっても、叱られてばかりです。
わからなくなりました。
リスカがやめられない・・とここ何ヶ月か悩んでいて、動脈を切り、病院に駆け込んでから、もうやめよう、と誓ったのですが、寂しさに負け禁を犯してしまいました。1度だけ・・・
そのことをカウンセラーに話しました。
すると「またやったんですか!」「1度だけです・・・」「1度も2度も同じです、あなた、これで何人の人をうらぎったかわかっているんですか?」と激しい口調でいわれました。
「あなた、全然自分と向き合えていませんね。」
「どういうことなのでしょう」
「自分はなぜ寂しいのか、考えなさい」
こんなやりとりで1時間、なんだかとても苦しいのです。自分は寂しさに負けて、またリスカしてしまった・・それは本当にいけなかったと思います。でも、その寂しい気持ちを打ち明けて、なぜ私は責められるのでしょう。とても苦しいです。
なぜ寂しいのか・・考える前にリスカに走ってしまった・・・
なぜかものすごく情けなさが感じられます。その辺がまだ未熟なのでしょうか。
-2003/04/14 21:37:31-

Re:カウンセリング・・・って・・・

【0782】 管理人

 カウンセリングというのは、自分が自分と向き合う場です。
 たとえば、寂しい、寂しい・・・と繰り返していても、リスカがやめられない、と言い続けても、前には進まないと思います。そのようなことを、カウンセラーの方は言いたいのだと思います。
 どうして寂しさを感じるのか、この寂しさはどこから来るのか、今までどんなことがあったのか、そんなふうに進んでいけば、進展していくのではないかと思います。
-2003/04/16 01:14:17-




いやな予感

【0759】 クレマチス

またです
母親が戻ってくるつもりでいます
当然あちらにも住む権利はあるのですが、同居は到底やっていけそう
にもありません。こっちの心がズタズタにされます
以前にも言われましたが(医者も言います)ボーダーの人とは
できるだけ距離をおいたほうがいいのです
主人は戻ってきたら、引っ越すつもりでいます。私もそうするしか
ないんだと思っています
住宅ローンを払いながらよそで暮らすのはとても今の私達には無理な
話です。
第三者をたてても、本当の母親の怖さを知っている人でなければ
とても頼ることはできません
ある意味ボーダーの人はしたたかでずるいですよね
表面的には特に問題がなく、ちょっと知り合いには“わがままで
気が強い人”ぐらいに映っていて、本当を知っている人はもう、
こっちの精神まで破壊されるほどの強烈な人間です

実の母親とわかっていながら、もう一度やり直すと考えただけで
吐き気がしてしまいます。しかもあちらは、今度こそうまくやって
いける、などど変な自信を持っています
お互い様だけど、一度吐いた言葉は二度と消せないんです

同じ過ちは繰り返してはいけないんです
私は自分の家族をあの人から守らなくてはいけないんです
でなければ、第二の犠牲者がでてしまうからです
それだけは、なんとしてでも止めなくては私も生きていけないんです

でも具体的にボーダーの人が身内だった場合、どうやって対処したら
いいのでしょう。
なにも知らない人は“このままお母さんを一人にしたら、最悪の
結果(自殺とか)になるよ”と言われました

でも、それならそれでいいや、と思っています
その結果、自分が苦しむことになっても、取り返しがつかなくても
わたしの望んでいる親はもういないんですから

母親にあまりにも理想を持ちすぎているのでしょうか
自分よりも精神的に大人で、あたたかくて、時にはしかってくれる
そんな、幾つになっても母親にはかなわない、みたいな存在が
自分の理想なんですね
悲しいかな、私の母はどれをとっても、がっかりさせられること
ばかりです

本当にもう、争いや、依存されるのがたまらなくいやなんです
-2003/04/10 23:04:09-

Re:いやな予感

【0761】 管理人

 ちょっと大変そうですね。
 やはり同居は避けるべきですね。医師や専門のカウンセラーでも避けるべき相手とされていますから。お母さま、なんとか同居を思いとどまってくれればいいのですが。

 最近作った総合リンク集の1ページ( http://iyashi.find21.net/links/shinri.html )の「Dr林のこころと脳の相談室」では、境界性人格障害の家族への対処の仕方が説明されています。ご参照ください。

 とにかく、なんとか同居を避ける方向で、いろいろな手を打つしかないと思います。「うつ病の担当医からの指示」というのも、場合によっては、お母さまに話してもいいと思います。医師の言葉には、ある程度の重みがあると思いますので。

 それから、このことについて、担当医とも、一度しっかりと相談しておいた方がいいでしょう(お母さまに医師からの指示だと話してもいいかどうか等。担当医にも迷惑が及ぶかもしれませんので)。もしかしたら、いい知恵が出てくるかもしれません。
 ぜひ頑張ってみてください。
-2003/04/11 00:45:37-

Re:いやな予感

【0764】 さくら

クレマチスさん、なんだか状況が似ている気がします。
心労おさっしします。どうして我が母親に振り回されるのでしょうね?
同じ母親として、悲しくなってしまいます。
私たちも、同居するにあたって完全2世帯住居を新築しました
当時、妹は一人暮らしを満喫しているように見え
(無職すら知らなかった・両親が仕送りしていたようです)
母と影でどんな話があったのすらわかりませんが・・
新築したとたん、何かと理由をつけて(母親の涙作戦に負けて)
妹は私たちと同居の形となりました。
今から思えば、騙されたとしか思えません。
(新築を勧めたのは母でしたから・・)
私の母も「知らない人」には「しっかり者のいい母親」と見えるらしく
今回のことでは、私はかなり周りから非難されました。
母たちも、したたかでズルイ気がします。
下から這い上がってくるような脅しとも言える希望
「〜をしてくれないと病気が悪化する(態度込み・寝込む・不眠を訴えるなど)」
病気をタテに脅されていると感じています。
特にこの方法は妹が、よく使いますが。
何の根拠があってか「同居の形が家族の幸せ」と信じているようです
その「幸せ」は両親・妹のみの、ものなんでしょうね。
家賃・光熱費を無くし、家事手伝いは長女、妹の老後は孫。
それが「身内として当然の権利」と思っているようです(両親)

私たちも、たくさんのローンがあり、家賃を別には無理ですし
きついですよね(涙)

それでも手伝いに行っている自分がなさけなくなります。
-2003/04/11 07:17:18-

Re:いやな予感

【0765】 クレマチス

さくらさん、ほんとそうですよね
実の親ってのは、やっかいで、一生ついてくるんですよね(笑)
でも、さくらさんはまだお手伝いをしたり、いやだと思いながらも
拒否できないんですよね
わたしもそうでした、具合が悪いといえば、朝の(夜中の?)3時から
電話で起こされて高速を飛ばして様子を見に行きました
その頃はまだ子供も小さく、主人の実家にに預けて行ったことも
数えきれません
でも、行ってみるとけろっとして、世間話やいろいろな人の愚痴、
自分の旦那(私の父ですけど)が冷たいとか、病院に連れていっても
くれないなど、飽きれるような結果ばかりでした
留守番している自分の家族に説明もできません
結婚してからはずっとそんな感じでした。今考えるとどうして
イヤなことはイヤと言えなかったんでしょう
自分の家族を犠牲にしてまで母親のわがままにつきあわなければ
ならない理由なんてどこにもなかったのに
多分、怖かったんだと思います。逆らうと自分の家族や今まで大事に
してきたものをメチャメチャにされそうな気がしたんですね

そうやって自分を犠牲にするのが優しさなら、やっぱりそれは
間違いだと思います
それをわからせてくれたのは自殺した父です
なんだかんだ言いながらも生きている私はまだいいほうなんだと
変に思ったりもします
そのかわり、その間違った優しさは捨てました
なんと言われようとも、もう騙されない、傷つけられない
隙を見せない。その結果どうなろうともです

今までは自分を大事にすることはできませんでした
現在でもその方法がわかりません。でも少しずつでもいいから
手探りで探していこうと思います

さくらさんも、自分を壊してまですることなんて何処にも
ないと思います
親は本来子供を守って、幸せを願うものなのに、その親に
幸せを壊されるなんて、なんだか間違っていますよね

わたしはもう1年半以上母親と会っていませんが
電話は頻繁なので、時には居留守を使ったりもします
ここ数日は神経がおかしいのか、まゆ毛や頬が痙攣します
もう自分の限界は超えているのかもしれません
会わなくても、自分の心は開放されません

距離をおいても、向こうからやってくるのですから
ほんと困ってしまいます
-2003/04/11 10:11:17-

私は・・・・・

【0777】 さくら

そんな「いい人」ではないです。
母親・妹の手伝いをするのも、嫌々です。
父親が倒れてしまっては、同居に戻ってしまう。
ますます私たちに関わることになってしまう・・
そんな心からです
本心から「優しく」なれた時代もありましたが
疲れてしまいました。
今は我が子に対する影響ばかり考えてしまいます
以前の形に戻ってしまうと
我が子たちにかかわりが出てしまう、荒れた頃に戻ってしまう
それぐらいなら「私」がしよう。
妹や母には、それがわかってしまうのでしょう
だから「拒否された」と感じる。悪循環なのかも知れませんね。

調子の波は落ち着いている母ですが
やはり何も出来ないまま、妹とも離れようとしません。
この調子では自宅療養は可能ですし、妹を社会に戻す練習を進めても
「捨てる気か?」の一点張り。
一生「温室状態」で妹を扱う気なのでしょう。
私たちが両親亡き後、妹と共に老いることを望んでいるようです
それがはたして妹自身の為になるのでしょうか?
なるわけありません、お互いのため「自立練習」は必要でしょう
どうして、母は子離れが出来ないのでしょう?
どうして、妹は親離れが出来ないのでしょう?
妹の自信を回復させる為にも「やってみたら、出来た」と言う経験が
必要不可欠だと思うのですが・・

妹は外見も言動も、なんら健常者と変らず
ただ、ヘコみやすいと言うだけなんです。
やや、年齢相応の自立心・自主性は養われていませんが(担当医曰く)
経験不足の結果だと思うのは間違いなのでしょうか?
自立心や自主性は奪われたものなのでしょうか?(親たちに)
-2003/04/14 16:19:14-

Re:いやな予感

【0778】 管理人

 さくらさん。
 すべては、さくらさんのおっしゃるとおりです。本当に妹さんのためになることは、自立です。そして、その自立心を奪ってしまっているのは、お母さまです。

 クレマチスさんもさくらさんも、お母さまのことで、どうしようもないほど苦しまれている、これは本当によくわかります。すべての悪因は母親にある、と言っても決して言い過ぎではありません。まさにその通りなのですから。

 根本的な解決に結びつくような方法があればいいのですが、私自身もわかりません。法的な面でも、医療の面でも、有効な手だてがないんです。
 今はやはり、ご自分の家族を守ることを第一に考えて、様子を見ていくしかないと思います。もしかしたら、時間の経過のなかで、いい方向が見えてくるかもしれません。
-2003/04/14 20:47:04-







はじめまして

【0774】 キヨタカ

最新トピック「・・・と新興宗教」をまず読み、注釈から「神経症と・・・」を読みました。
私自身、不安神経症?かな、通院していますが、
こういうサイトがあることが、とても参考になり、有り難く感じました。
またちょくちょく、見に来ます。
では。
-2003/04/12 22:59:28-

Re:はじめまして

【0776】 管理人

 はじめまして。
 不安神経症って、けっこう長くかかる病気です。あせらずにゆっくりと治していってください。
 またいつでもいらしてくださいね。
-2003/04/13 19:45:01-




有難うございました

【0773】 さら

教えて頂いたサイトを見ました。とても参考になりました。有難うございます。具合は大丈夫ですか?今流行っているみたいなので、長引かないよう祈ってます。
さて、またちょっと話を聞いてもらっていいですか?少し違う点は、私たち姉妹は仲良くしてる点かな?
姉も寂しいのだと思うのです。
我が家に来ては私とお喋りをし、主人を交えて晩御飯を食べて帰ります。
けれどそこに父の存在はダメなのです。
皆で仲良くすればいいじゃんって私は考えるのですが、生理的に父を嫌悪してしまっています。
このままでは姉も精神的に参ってしまうので父の事は考えなくて良いから少し父から離れてみればと提案もしました。
しかし、父が老いたら面倒みるのは自分なのだから、お金を使えないとか理由をつけては出ません。
家は姉妹二人しかいないんだからお姉ちゃんだけに負担させるつもりはないと話しているのですが、なんともなりません。
姉は就職してから家にお金をいれていません。(結婚費用は自分たちで出すという親の方針だった為)
今は実家にあまり居たくない為、旅行や習い事と精をだしています。それで精神のバランスを保っているようなので見守っていますが、これでは姉は良いかもしれませんが(自由になるお金もあるので)父はますます病んでいくばかり。
父の「お姉ちゃんが女一人で生きていくのは大変だから・・・」と
言うのがなくなるまでは、放っておいて良いのでしょうか?
姉と父のグチを聞いてるだけで良いのでしょうか?
当初は私も真剣に父の自殺や姉の家庭暴力を心配しました。が、この2,3年大丈夫なので安心して良いものなのでしょうか?
-2003/04/12 12:59:34-

Re:有難うございました

【0775】 管理人

 お父様の件は、かなり一般的な状態だと思います。
 初老期以降、連れ添いをなくした男性の場合、平均余命がかなり短くなることが知られています。3年以内に病気や自死でなくなる人が、とても多いんです。要するに、うつ状態から抜けられなくなってしまうんですね。女性の場合は、平均余命に変化はありません。

 このようなケースでは、抗うつ剤、特にSSRI系の抗うつ剤が、とても効果的だということがわかっています。やはり説得して、薬物療法を受けてもらうことが一番です。

 お姉さまは、自分自身を「親の面倒をみなくてはならない不幸な娘」という立場に置くことで、無理矢理納得しようとしているのではないかと思います。
 親の面倒を見る、という大義名分で、ご自身の心を閉ざしてしまっているわけですね。だから、お父様を毛嫌いする必要があるのだと思います。一度こうなってしまうと、なかなか心を開くことはないと思います。
 このパターンも、比較的よく見られますよね。長女が親の面倒を見るために、結婚もせずに生涯を送る。ある種の悲壮な決意、というわけです。

 お姉さまにしても、お父様にしても、ゆっくりじっくりと説得して行くしか方法はないと思います。
-2003/04/13 19:42:49-




初めまして

【0766】 さら

こちらのホームページのメッセージを見てとても気持ちが楽になりました。多くの方が似たような体験をしているんだと分かったからです。
私の家の場合鬱状態なのは父です。
ことの始まりは3年前母がくも膜下出血で倒れ1週間で天国へ旅立ったことからだと思います。父は何故かその時涙をみせませんでした。
私は既に結婚しており、必然的に独身で実家にいた姉との生活が始まりました。家の事は全て母任せだった2人なのでとても心配でしたが、2,3ヶ月はそれなりにやっていました。
しかし、母が居た時と同じように生活している父に姉がキレてしまい一切の家事を放棄し、父との会話も拒否し始めました。
こんな状況ですら精神を病んでしまうと思うのですが、追い討ちをかけるように会社では役定(役付き定年)で人を使う立場から使われる立場になったりと環境が変わりました。養う母もいない為か働く意欲をなくしたのか会社も休みがちになり休職しました。
会社は今までの父を多角評価していてくれて2年近く温かく見守っていてくれたのですが、とうとう父は退職してしまったのです。休職からまた行き始めて3ヶ月のことです。理由は4月から会社の体制が大きく変わり一緒に仕事をしてくれる人が異動してしまったりすることが心の負担だったのでしょう。
この3年間内科や精神科に連れて行ったりもしました。しかし本人に病気の自覚が無く薬や入院果てはドクターを小バカにする始末で受診すら拒否です。
かといってこのままほっとく訳にもいきません。
私の家に引き取る話もしたのですが、我夫に遠慮があるのかプライドなのか拒否します。父は私に実家に来てもらい世話して欲しいのです。
始めの内は私も頑張りました。旦那にお願いして実家のそばに引越ししたり、食事を作って届けたり。
けど根本を治さなければいつまでもこのままで共倒れになりそうです。姉と父と3人で話し合いの場を設けても姉は感情的になってしまい「死んでくれ!」等と怒鳴るし父は「ダメだ、ダメなんだ。」の繰り返し・・・。どうしたらいいのか私の方がおかしくなりそうです。
親族や会社の人は私との方が話しやすいのか電話等掛けてきます。
心配してくれるのは有難いのですが、自分たちの意見を言うだけで私の苦しみを分かってくれず、「娘がそばにいながら・・・」等と言われたりもします。
父には長生きしてほしいと思っているのですが、思うように身動きが取れない自分が歯がゆいです。けど私の人生姉や父の面倒をみるだけで終わるのも嫌なのです。我が子をのぞんでいるのですがこんな状況では考えてしまいます。
私は娘として親をないがしろにしているのでしょうか?どう対処するべきなのでしょうか?
-2003/04/11 15:37:08-

Re:初めまして

【0772】 管理人

 はじめまして。
 かなり大変なようですね。でも、子供の風邪がうつってしまったようで、私自身熱が出ていまして、ちょっと解答ができそうにありません。

 ちょっと違うかもしれませんが、片方が結婚している姉妹と妻に先立たれた父親のケースについての相談と解答、以前ほかのサイトで見たことがあります。ご参照ください。
 https://www1.e-shogakukan.com/muffin/public/yoshinaga/index71.html

 要するに、お姉さまの気持ちを理解することが、まずは大切なのではないかと感じます。
-2003/04/11 23:54:59-




おはようございます

【0758】 さくら

母は投薬がかわってから、調子がよく、ここ数日は
近所の喫茶店にいけるようになってきました。
(1人だったり、父とだったり)
父も仕事を再開し、ずっと一緒にいなくても良くなりました。
妹が母とずっと一緒にいます。
今までは妹が一緒にいても不安で、父が側にいましたから

私たちは新学期もはじまり、パートも再開し忙しくなりましたが
このペースなら、付き合っていけそうです。
ただ、気になることが1つだけあります。
元気な頃からの話なんですが
母はいつも「妹は病気だから、家族が守ってあげて欲しい」と言いつつ
父や私、主人にも妹の状態について嘘を言います。
もちろん他人にも母の姉妹たちにもです。
「妹は何でもできて、助かる」「全ての家事をしてくれる」
「娘の調子がいい」「頑張っている」
こんな感じです。私たちは状況を知っているのに・・です。
妹は、ほとんど自室から出てきませんし
好きなように言えばいいと思いますが
手助け、たとえば買い物や料理などの家事をするときにも
嘘をつきますから、まず確認に行ってからでないとになりますし
二度手間なんです。実際は何もしていません。
「何もない」前程で買い物をしてくると受け取りませんし
「何もしていない」前提で行ってもカギすら開けてくれません
今までは、何かと理由をつけて誤魔化してはいって助けていましたが
少し困っています。
鬱病の患者には、優しく焦らさず、否定せず、怒らずと聞きました
しかし母のこの嘘は、手助けの邪魔になります。
妹は、母の許可なくしてはカギも開けません。
(カギは私も持っていますが、チェーンをはずさないんです)
担当医の話では「本人さんには現実なのでしょう」と言うことでした
本人にとって現実だろうが、ミエだろうが希望だろうがわかりませんが
私たちにとっては、とても困る話なので・・
一日のうちに何度も母宅を往復して、やっと1回はいれるかどうかです

このまま様子をみなくてはいけませんか?
母はどうして「妹」に関してだけ嘘をつくのでしょうか?
鬱病の症状ですか?現実を認めていないのでしょうか?
妹と同居して一生守って欲しいと、この話は矛盾します。
母の心はどうなっているのでしょうか?
影に他の病が隠されているのでしょうか?

何度もすみません。
わからないことばかりなんです。




-2003/04/10 07:31:19-

Re:おはようございます

【0760】 管理人

 確かに、ふつうのうつ病ではないようですね。うつ病の基本は、自責の念と悲観的な思考ですから。
 なんとなく感じるのは、人格障害、それも妄想性人格障害の疑いがある、ということです。人格障害の場合、うつ状態がよく現れます。そんなときに医師の診察を受ければ、うつ病となるわけですね。パニック発作も、うつと並行して、けっこう見られる症状だと思います。

 妄想性人格障害というのは、妄想を現実だと考えてしまう心の障害です。専門的には「妄想様観念」と言われ、妄想を真実だととらえて現実を否認します。もっとも分裂病に近い心の障害で、分裂病との区別が困難なこともあります。

 分裂病の妄想は、「真性妄想」と呼ばれ、非現実的な妄想の世界に入り込んでしまうことです。「妄想様観念」は、「真性妄想」ほどではないとしても、やはり妄想にとらわれがちになります。その差は、妄想の内容や原因について、通常の人が理解(専門的には「了解」)できるかできないかです。

 たとえば、お母さまの場合、娘がそうあってほしい、という母親としての気持ちを考えれば、さまざまな妄想(嘘)について、理解できるわけです。その意味でも、お母さまの場合は、妄想性人格障害のような雰囲気があるわけですね。

 もしお母さまが妄想性人格障害だったとしたら、やたらと被害妄想的になるのも、説明がつきますね。さらには、さくらさんのつらさについて、まったく共感してくれないのも、当てはまっています。
 また、人格障害は、一種類だけでなく、複合的になる場合がよくあります。お母さまの場合は、一方的な依存と攻撃、つまり境界性人格障害の雰囲気も持っていると思います。

 かなり専門用語がでてきてしまって申し訳ありませんが、ひとつずつ、調べてみてはいかがでしょう(簡単に説明できるような内容ではないので、ここでの説明は省略させていただきます)。
 インターネットでもある程度は調べられますが、やはり読書が一番です。有名な小田晋先生の本などを読めば、ある程度はおわかりいただけると思います。

 それから、とても大切なことですが、人格障害にしても分裂病にしても、素人判断は禁物です。診断ができるのは、医師だけです。
 ただし、素人であっても、人格障害が疑われる相手に対して、相応の対応をしていくことは大切ですし、自分や家族を守ることにもつながってくると思います。
-2003/04/11 00:19:48-

Re:おはようございます

【0763】 さくら

人格障害については、妹が分裂病と診断される以前に
かなり調べましたし、本も持っていますから
大抵の言葉が理解できます、母親に重ねたことはありませんでしたが
話がそれますが、妹の場合「一般的な分裂病」とかなり違うようで
基本性格に何か問題や寂しさがあるようでした・・(担当医の説明)
この母親だったから。と言うことでしょうか?
しかし、私も同じ母親に育てられたわけで、何かしっくり来ません
同じ環境・同じしつけ法なのに、こんなにも違うなんて。

母は感情移入しやすく、すぐに泣きますが
本心からの涙ではないような気がします。
たとえば「孫」について何かあると泣きます、かわいそうだと
しかし孫の話を聞くわけでも、行動を起こすわけでもありません。
他人に対しても同じです。表面上の優しさとしか感じられません。
攻撃性も、きつく確かに鬱病以外の何かを持っているのかも知れません

母の担当医には「妹が仕事を辞めて、介護してくれている」と
説明しているようで、父も否定してませんし
母の入院治療が認められない理由となっています。
「それなら家族内で対応できるし、自殺の危険はない」
母の担当医からしてみれば、父と妹の意見を聞いていますから
(父も妹・妻本人の前では母と同じことを言います)
(理由は、後々ややこしくなるからだそうです)
(単独で先生に相談したことがありません)
私が個人的に相談したところで「問題なし」となるようでした。
父も理解できないようですね、なさけなくなります。



-2003/04/11 06:30:03-




はじめまして

【0762】 リエ

時々読ませていただいてましたが、初めて書かせていただきます。  私は三人の子供がいる40代の女性です。
主人がうつ病になって半年がすぎました。今は主人は休職中で投薬とカウセリングを続けています。今週はとても調子が良さそうだったのに今夜はまた落ち込みがひどく床についてから突然「もう僕の役目は終わったんじゃないかな」と言われてしまい、思わず私の方が取り乱して泣いてしまいあげくに主人を責めてしまいました。明日も早く起きないといけないのに眠れなくなり思い切ってこちらにお邪魔させていただきました。現在幸い病院には恵まれてよく先生には夫婦でお話を聞いてもらってますが、実際日々の生活においては誰にも相談できません。来週はどうしても半日ほど私が出かけないといけないのですが、今夜の調子では心配で出かけられません。かといって主人は外に長時間でるのは嫌がります。4月に入ってかなり良くなってきたなと実感してただけに私もショックでした。もう主人は薬を飲んだので寝ていると思いますが、私はこのままでは眠る事さえできません。同じ様に家族がうつ病になって長い間頑張っている方達もいらっしゃるのに、私はなかなか主人に対して良い接し方ができてないようです。これからどうしたらいいのか考えるとまた涙が出てきます。
-2003/04/11 01:20:18-







サイストリー

【0755】 とも

を途中までよみました。
私は嫁姑問題を発端に主人の理解不足、自分の転職などかさなり
不安神経症になりました。
一時は入院もしました。

わたしはこちらのサイストリーはまだ実践していませんが、
認知療法などの経験から、姑にたいして「許すそして許されたい」という考えにいたりました。
そして最近では、同居を解消して時間がたったこともあるのでしょうが、・・・これは誤解を受けやすいのですが・・・
わたしは嫁という立場が不得意だった、姑も姑という立場が不得意だった と考えるようになりました。
まわりは「あなたは悪くないわよ〜」と言いますが、
悪い悪くないではなく、私に不得意なところがあったのだから
姑に不得意なところがあったとしてもおかしくない と考えることで
楽になったのです。

ところで、姑は私に直接の攻撃をしずらくなったのか、
(離婚を求めたれたのですが、しないので)
いまは主人(姑の息子)にたいして、「親でも子でもない」とか
「うむんじゃなかった」とかって攻撃してきます。
実の親子のことですから、時間が解決してくれるかもしれませんが。

長々と書いてしまいましたが、
私の受け止め方を見直していくことで私はストレスから解消されたり
姑からの攻撃も攻撃とは感じなくなるかもしれませんが、
私の対応がかわることで、本当に相手の対応もかわるのでしょうか?

いままでの姑の人生をきいている限りでは、とても変化は望めそうにありません。これはわたしの思い込みでしょうか?

まずは自分が楽になり幸せになる。
そこが目標でありスタートなのですが。
-2003/04/08 18:59:09-

Re:サイストリー

【0756】 管理人

 はじめまして。
 まずは、「サイストリー」を最後まで読んでみてください。途中ですと、不明な点があるかもしれませんので。

 自分が変われば、相手も変わってくる、これは確かなことだと思います。ただし、相手の変化は、未知数です。また、どう変わってほしいのか、ということが大きく関係してきます。
 たとえば、お姑さんとふつうの親子のように仲良くなりたい、ということでしたら、かなり困難だと思います。

 許すことはできますが、許されるかどうかはわかりません。ただ、ともさんご自身が許す、という気持ちをハッキリと持つことができれば、相手の態度に変化が現れるでしょうし、ともさんご自身も気持ちの上で楽になれると思います。

 人間関係の修復は、お互いが共感し合うことで、進んでいくと思います。でも、人格障害系の心の障害を持つ人の場合など、他人に共感することができないので、普通の人間関係としての修復は困難です。こんな場合には、感情を遮断した距離をおいた関係として、一応は修復できた、と考えるしかありません。

 相手にこのように変わってほしい、という一方的な気持ちがあると、相手の変化がわからないでしょうし、うまくはいかないと思います。
-2003/04/08 23:43:44-

Re:サイストリー

【0757】 とも

管理人様 お返事ありがとうございます。
まず時間をかけてサイストリーを全部読みます。

それと相手に「こう変わって欲しい」という気持ちは、前に比べれば持たなくなったのですが、それでも知らず知らず持っているようにも思います。まず自分の心を整理するところから始めます。またうかがいます。よろしくお願いします。
-2003/04/09 00:57:54-




診断

【0740】 さくら

母親がパニック障害と診断され
投薬治療をはじめて、一年。何の効果もなく
幼児化していく一方の母親。
数ヶ月前、鬱病と診断が変わり、投薬の種類もかわりました
薬がかわったことで、最近は落ち着いているようです。
血液検査などで、わかる病ではないので診断は難しいですね。
そもそも、はじめから鬱病だったのかも知れないし
途中で変わっていったのかも知れないし(悪化?)

まだ妹が泣くたびに、心配のあまり落ち込む母ですが
少しでも「娘離れ」出来るように頑張ります。
不仲・無関心と言ってもいい両親の関係ですから
娘に固執したのかも知れませんね。

私事ですが・・
もともと「いい子」でもなかった息子たちですが
別居して1年が経過し、急に落ち着いたように思えます。
「荒れている」と思える態度もなくなり
対人関係もスムースになりました。
同時に、私の円形脱毛症・吃音・動悸も安定し
息子たちの円形・吃音も減りつつあります。
やはり「私の心」の安定が息子たちに反映しているのでしょうか?

-2003/04/06 09:27:17-

Re:診断

【0741】 デリシャス・パイ

さくらさん、こんにちは。
先日来の書き込み読ませていただいていました。妹さん、お母さまの病気でさくらさんや、ご主人、そしてお子さん方まで大変な状態になっていらしたのですね。
お子さん達まで円形脱毛症や吃音になられていたとは、お子さん達も心身症的状態を出すことでSOSを発していらしたのですね。やはりさくらさんの一番守るべきは今のご家庭、お子さん方ですね。
私自身の体験から子供達はは親の出す意識的無意識的メッセージにとても敏感に反応するように思います。親が不安でいっぱいなら子供達は安心して甘えられませんよね。さくらさんの心の安定がなくては息子さん達は安心して成長できなくなってしまうでしょう。そしてまた心の問題を抱えてしまう…このような連鎖を防ぐためにはさくらさんご夫婦がおつらいかもしれませんが心を鬼にして、元のご家族の問題に巻き込まれないことが大切だと思います。
家族というのは不思議なもの、依頼心の固まりのような人と責任を負いすぎる人がセットになっていることがよくありますね。このパターンを変えるときにはとても大変で、責任を負いすぎるさくらさんのような方は(私もそうでしたが)罪悪感を感じてしまいがちです。そもそも妹さんの問題はご両親がきちんとお二人で対処すべき問題だったのだと思います。その辺をきちんと整理され(もうされているようですね)、今のご自分の家庭を守るのがさくらさんの役目だと認識すること大切だと思います。その事に罪悪感を感じないこと…これが難しいかもしれませんが本当に大切なことだと思います。さくらさん自身の真の心の安定のために。
お母さま、妹さんの状態も専門機関の手を借りながら落ち着いていかれることをお祈りしています。
-2003/04/06 10:23:46-

デリシャス・パイさん

【0742】 さくら

はやばやのレスありがとうございます。
長女気質とでも申しましょうか、いい子ブリッコといいましょうか?
私自信にも問題があったと思います。
我が子に対しては、無言の圧力をかけていたのかも知れません。
また、一番心因性の反応がきつかった長男は、私に似てか神経質系で
完ぺき主義に近く、また私の様子をよく見ている子でもありました。
(大人の顔色をうかがう、そんな感じがしました)
何度も祖父母・おばさんにあたる妹に体調を聞き
「しんどくない?今日は大丈夫?」と気を使う我が息子たち
(現在。小学生・中学生)
外でケンカをしたり、ケガをして、なきながら帰ってきたはずなのに
祖父母・叔母(妹)の前では、決してなきませんでした。
母親の両親や妹に、ここまで気をつかう我が子たちに不安を持ちつつ
危険信号としてのメッセージを出すまで、行動しなかった私です。
反省しても、結果としての反応に気をとられすぎ(吃音・円形)
生活パターンをかえることに踏ん切りがつかず
ダラダラと過してしまった、なさけない私です。
小児科で何度も相談しましたが、なかなか良くならず
「環境の連鎖」が一番恐いと聞かされ、悩んだ末の別居でした。
きっとデリシャス・パイさんの言うように、
自分では気がつかないうちに

>依頼心の固まりのような人と責任を負いすぎる人が
セットになっている

そんな構成だったのでしょう。これは共依存の形ですね(汗)

ありがとうございます。
少し肩の荷がおりたような気がします。
私自身の力は小さなものですが、ここで知った場所や方法で
少しちがった視点から、見つめてみますね。
-2003/04/06 12:48:23-

Re:診断

【0743】 ジュジュ

さくらさん 管理人様始め みなさんの書き込みでお分かりになったの思います その上 くどくてすみませんが
お母さんのことと 妹さんのことは 
どこから考えても さくらさんのせいではありません
水は 下から上に流れないように
家族の機能不全は 下から上には行きません
さくらさんのお母さんが鬱になったのは 
お母さんの御両親かその周りの環境のためですので
さくらさんが どうしようも出来ないと思います
妹さんもそうです 
だから さくらさんが 連鎖から 外れた方がいいとおもいます

一番上の子は 親の気持を一番汲みますから
さくらさんが 親孝行なのをみて そうしているのです
それは ある意味いいのですが
さくらさんが 自分の出来る以上のことをしていることも 学んでしまっているのでしょう
さくらさん ご自分を責めないでください
そうして お母さんのことも心から許せるようになればいいですね
もちろん 許せることと お母さんの病状をさくらさん自身の力で何とかしようとするのとは違うのですけれど
わたしも 親から 逃れたくて結婚しましたが
逃れた所の親がまた怖くて(苦笑)
一番上の子は 神経細いです

円形脱毛症は 別に薬もいらないし ほおって置けば
さくらさんが 落ち着き次第収まると思います
わたしも ついこの間 500円玉よりもっと大きな 円形脱毛症と小さいのとを作りました ただいま回復中

ごめんなさい 私の言いたいのは 
さくらさんは 罪悪感をもつのは なんにもならないばかりか お子さんにその思いがつたわる ということです
どうぞ ゆっくりされてください
-2003/04/06 17:23:06-

Re:診断

【0745】 リカ

さくらさんがふっきれたようで、良かったです。
新たな気持ちで、はじめましょうね。
わたしも頑張ります。
お子さんの精神状態も落ち着き始めたようで
良かった。
たくさん甘えさせてあげて下さい。
いっぱい話をして下さい。
今までの時間、取り戻してくださいね。

ジュジュさんの心も、少しでも穏やかになれますように。
-2003/04/06 22:29:11-

Re:診断

【0748】 管理人

 心の病気の場合、診断名は、あまり気にしない方がいいと思います。脳の病気である分裂病を除いて考えると(もちろん分裂病でもうつ状態はありますが、分裂病は分裂病です)、いろいろな病気でうつ状態が現れますし、パニック発作も現れます。その症状が現れているときは、その病名、という感じです。同じ患者でも、医師によって診断名が変わることもよくあります。

 お子さんにも、症状が出ていたんですね。さくらさんが気がつくことができて、本当に良かったと思います。
 子供というのは、親がどれだけ自分に意識を向けてくれるか、それが最大の関心事です。親が自分の方を向いてくれている、いつでも考えてくれている、こう感じることで、安心して、成長できるんですね。
 でも、親が自分の方を向いてくれない、ほかのことに手一杯で、かまってくれない、このように感じ続けると、いわゆるアダルトチルドレンになってしまいます。
 自分のことより他人のことを気使う子供は、もうそれだけで、神経症的だと思います。これからは、めいっぱい愛情を注いであげてください。意識を向けてあげてください。

 お子さんが一時的に赤ちゃん返りをするかもしれません。でも、思いっきり甘えさせてあげてください。幼少期に満たされなかった愛情を取り戻そうとしているのですから。
 もし思春期以後、情緒不安定だと感じるようなことがあったら、適宜カウンセリング等を利用するといいと思います。
-2003/04/06 23:12:46-

本当に我が子たちは・・

【0752】 さくら

色んな行動で、私の目を向けたがっていたような気がします。
今は「お母さんが楽しそうで、うれしい」と
言ってくれるようになりました。
どうやら・・
「両親が楽しそう」=「僕達と遊んでくれる」らしいですが(笑)
妹が妬くと言う理由で、主人と2人で出かけることも
私たち家族だけで、出かけたことすらなく、いつも妹が一緒でした
母と2人で話をすることも、なかった数年間がバカらしく感じられます
これからは、思いっきり「家族単位」で楽しみたいと思います。
-2003/04/07 08:58:26-

みなさん

【0753】 さくら

色んな気付きをありがとうございました。
本当に、楽になれました。
これからは、母親に対しての苛立ちも、妹に対しての疑問も
父親に対しての歯がゆさも、余裕を持って付き合えそうです。
管理人さんの言うように、診断に拘ることなく頑張ります。
(本人達が一番頑張っているのでしょうね)

他人の出入りを嫌う両親達と別居したことで
来客大好きな、私たち夫婦・子ども達も張り切っています。
いつも誰かが気兼ねなく、遊びに来る。
そんな居心地のいい家庭を目指したいと思っています。
今も、各学年別の我が子たちの友人が遊びにきていて
居間は子ども達14人でわきかえっていますが
とっても楽しそうで、こっちまでうれしくなってしまいます。

私が、子ども達の側にいられるようになったとたん
行動的・外交的になった我が子たちです。
管理人さんのおっしゃってくれたアドバイスを守って
ゆったり、見守っていきたいと思います。
大人たちの言動を気にして、気遣う我が子たちを見るのは
とても辛いものです。
手伝いを、かなりしてくれて助かってもいましたが
無理をしていたのでしょう。
結果的に対人関係に問題があったり、心身症になったり
学校内での問題児化だったのですね(涙)
我が子の問題も、妹・母親の発病も全て「私」のせいだと
そんな想いに振り回されていました。

もしかしたら、妹のように、我が子たちを「寂しさ」と言う
心の殻に閉じ込めてしまうとこだったのかも知れません。
気がつけてよかった、罪悪感で元のサヤに治まる覚悟で
ココに書き込みをしていましたが、他の方法もあるかも
知れないと気がつきました。
本当に何度もいいますがありがとうございました。
-2003/04/07 17:25:03-




人間嫌い

【0744】 stardust

自己分析すればアクティプでおしゃべりだし、いわゆる明るい方なのに、時に人が憎たらしく大嫌いになったりいなくなればいいとさえ思うようになることがある。 それは、特定の人であったり (これは誰だって嫌いな人はいるから当たり前といえば当たり前だが)時には人間みな煩わしくて、1人になりたいと思うこともある。 数年前の悩んだ時から仏教に首をつっこんで、様々な書物や人の導き等を通して、自分なりに楽な生き方を得たような気になっていたが、それでも尚自分の心の中に悪魔を見ることがある。 もともと誰にでもニコニコできる性格ではないけれど、今日は又その人の顔を見るとむしょうに腹が立ってどうにもむかむかして吸いたくもないタバコを吸ってしまった。 xxx、xxxとぶつぶつ唱えながらひっぱたく気分でテニスボールを打っていた。 そんなことで気分が晴れるわけではないのに、ストレスがたまるだけなのに、その場から自分が去ればいいだけなのに・・・と頭ではわかっていても、今日は自分の悟りもいうことを効かなかった。 要は今日は鬱だっただけなのでしょうか? 自分の気持ちは相手に伝わると思っているから、相手も何かを感じていたでしょう。 誰にでも優しくにこにこと穏やかな人を尊敬します。 明日は少し穏やかになれたらいいな。 いつかテレビで 「貴方の恨みはらします」 と夜中にわら人形に五寸釘を打ち付ける商売している人をやっていたが、そんな怨念の世界分からなくもない自分が時々恐くなります。
-2003/04/06 21:14:52-

Re:人間嫌い

【0749】 管理人

 はじめまして。
 自己分析のなかに、否定的側面を含められるようになると、心が落ち着いてくると思います。人間の心というのは、誰でも美しい部分もあれば醜い部分もあるものです。その双方をしっかりと自覚していけば、いいと思います。
 この文章のから推測すると、自分自身を相当に憎んでいるのではないかと思います。そして、そのことを意識上で否定している、そんなふうに感じます。

 仏教的な解釈ですと、親鸞上人の悪人正機説あたりが、そのことを説明しているように思います。要するに、自分自身の悪の部分、これをハッキリと自覚すること、このことがわかると、深い人間理解と悟りに結びつく、こんなふうに私は解釈しています。
 人間は、自分自身の醜い部分を認めようとはしないものです。自分自身の良い面ばかりを見ていて、それが自分のすべてだと考えています。でも、実はどの人間にも、悪の部分がある。要するに、自分自身は悪人でもある、ということです。
 このことがハッキリと自覚できる人間こそ、正しい悟りの道に向かうことができる。これが私なりの、悪人正機説の解釈です。
 ユング心理学でいうと、アーキタイプのうち、「影」の部分に当たるものですね。
-2003/04/06 23:30:31-






過去ログ一覧(1) へ戻る


produced byYuki Tachibana