Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2003年07月27日〜



姑について 投稿者:ぱき 投稿日:2003/08/12(Tue) 01:10 No.100
初めまして。管理人さんのHP拝見させていただきました。
姑についてなのですが良き案があればお願いします。

約2年前に子供(私の主人)を亡くしました。それから同居するようになったのですが、姑の不可解な言動や、行動に悩まされています。まず、不可解な言動とは・・・とにかく私を攻める。「○を殺したのはあなただ」「夫婦仲がわるかった」「結婚させなければ良かった」子供達に(2人幼稚園へ行ってます。)少し怒っただけなのに「お母さんが叩いたの!」etc。表現が過剰な気もします。
この頃は突然私の職場に来て「今日はカレーがある」其れだけでの理由で顔を出したり、住宅の申込(注文住宅)を勝手にしたりするのでこちらもかなり参っています。
7月の始め頃、某大学の先生(職場のメンタルヘルスについて)の講義を聞き、家事の事だけどと、相談に乗ってもらいました。性格異常の傾向があるのでは?と言われ、子供達との接触をあまりさせないほうが良いのではとアドバイスを頂きました。
身内や近所の方達も皆、姑の性格は主人が亡くなってからのことではないと言われ、昔から変わった性格は持っていた様です。
皆が、姑との接触を避けてしまうので、私と子供達だけが取り残されているように感じます。話は、前後しますが、姑はお金にすごく執着していて、私の収入を調べたり、預貯金についても知りたがります。掃除にも執着をしていて仕事から家に帰ると人が何をしているのも構わず掃除をし、子供達が食べ物をこぼすとすごい剣幕で怒ります。


Re: 姑について 管理人 - 2003/08/17(Sun) 23:54 No.110

 はじめまして。
 確かに、性格異常(今は人格障害と言うのが一般的)の様子がうかがえますね。このような人と一緒にいると、大人でも、相当な苦痛があると思います。場合によっては、うつ状態に陥ってしまうかもしれません。
 特に子供にとっては、精神的な影響が甚大です。人格形成がうまくできず、同じように人格障害になってしまいやすいと思います。お金への異常なまでの執着も、人格障害ではよく見られるものです。
 できれば、お子様のことを考えて、別居すべきだと思います。また、しっかりとした距離を置くことも大切でしょう。


お久しぶりです。。。 投稿者:ボヤッキー 投稿日:2003/08/07(Thu) 09:57 No.90
以前こちらに書き込みをさせて頂きました。近況を知って頂きたいと思いまして。。。今はすこぶるよい状態なんです。
3月ころウツの症状がひどくて精神科でルボックスという薬を処方してもらった結果、これがわたしにはよく効いてそれまでのアパシーがうそのように消えて以前の自分がもどってきたみたいでした。一日2錠の服用でした。ところがその後、風邪で高熱だったため解熱剤を服用したところアレルギー症状がでて
他の病気も考えて総合病院で受診・検査ということがあり都合一週間、ルボックスの服用を休んだところ、これまでにない重い症状がやってきました。「死んじゃいたい。」とはっきり思ったんです。これは過ぎてしまった今ではとても不思議なんです。まるで狐にでもつままれたような・・・「なんでそこまで思ったんだろう?」と。。。でもこのことを夫にじっくり話したらはじめて夫がウツのことを理解してくれたように思えます。ここまで追い詰められてしまって・・・。
今は1日3錠の服用で毎日、充実感をもちつつ過ごしています。
こちらのサイトでうつになると免疫力がさがる。ということを
知ることができたのでしょっちゅう風邪をひく自分を責める(情けなく思う)こともないし、それにともない体力も低下しすぐに疲れてしまう。だから休み休みやるべきこともやります。以前はたんに自分が情けない怠け心だと自分を責める自分がいたけれど、今はそういう生活を保障してくれた夫に感謝している自分がいて、そんな自分が結構好きだったりしています。何年かかってもいつか薬をのまずに活き活きと生きられる自分でいられることを信じて。


Re: お久しぶりです。。。 管理人 - 2003/08/10(Sun) 01:22 No.96

 お久しぶりです。
 何かとてもいい感じですね。
 自分自身の状態が素直に受け入れられているようですし、ご主人も理解してくれて。
 精神科の薬は、突然やめると、やはり強い症状が出やすいです。カゼなどのほかの病気にかかってしまったときには、まずは主治医に相談すべきです。薬の組み合わせは、とても重要なので、今飲んでいる薬と一緒に飲めるカゼ薬といった具合に、医師に処方してもらう必要があります。
 今の状態の中で、しばらくゆったりと生活してみてください。大切なのは、決してあせらないということです。


Re: お久しぶりです。。。 ボヤッキー - 2003/08/12(Tue) 18:23 No.102

 管理人さん、レスありがとうございました。
 ありのままの自分を受け入れるというのは言葉ではできても
 現実にはなかなかむずかしいものですね。このごろやっとそ のことが分かりかけてきたように思えます。あせらず、じっくりと自分にむきあいつつ「天上天下、唯我独尊」自分を大切にそしてそれくらい他者も大切に・・と思います。今までの自分は知らず知らずのうちにずいぶん自分をいじめてきましたから(笑)また、時々報告させてくださいね。





初めまして 投稿者:結姫 投稿日:2003/08/06(Wed) 01:40 No.88
お母さんの事読ませてもらいました。
見てるうちに涙がでてきちゃいました。
でも元気になってホッとしました。

あたしは小学生の頃からリストカットがやめられなくて腕に傷が残ってます。。
最近は毎日死にたいって思ってしまいます。
朝〜夕方にかけてなぜかそうゆう風に思っちゃうんです。
でも夜になると色々とヤル気になるって感じで・・・
好きな人ができても朝になったら「何がいいんだろう」とか思っちゃうんだけど夜になったら「本当大好き」って思うんです・・・
夜はいつも眠れなくて次の日学校があっても寝なかったりする日もあるし、平均して寝る時間が3時過ぎになっちゃうんです。
眠れないってのもあるんだけどやらなきゃいけないことが多すぎて寝れないってのが多いです。
ハムスターが死んでからそうゆうのが増えた気がします。
リストカットなんてやめたいとは思うんですがやめれません。
どうすればやめれるんでしょうか・・・
スクールカウンセラーに相談したけど意味なかったです。
なにかアドバイスがあればお願いします><


Re: 初めまして 管理人 - 2003/08/10(Sun) 01:15 No.95

 はじめまして。
 やはり、精神科や心療内科で、きちんとした治療を受ける必要があると思います。
 午前中がうつ状態で、夕方過ぎに良くなる、というのは、うつ病では、「日内変動」といって、ありふれた症状です。生活が不規則になってしまうのも、よく見られる例です。リスカも同じことですね。


人格障害について 投稿者:マイク 投稿日:2003/08/04(Mon) 22:26 No.86
こんばんは、依然ここでお世話になったんですが、今日は私の職場にいた演技性とボーダーを合わせたような女性なんですが、結局職場も問題を起こし10ヶ月で転勤させられた人がいました。その女性は依存性が物凄く相談ばかりしてきて1時間とかはざらでした。
いつもグジグジしていて数時間で気分が変わりテンションが高くなったり、急に怒り狂ったりと・・・・周りは言葉を選び気を使いながら仕事をしていました。子供じみていていつも『なんで私ばかりが・・・』などと愚痴を言う毎日でした。叱るにも急激に落ち込み抑うつ状態になる為にみんな最後は疲れ果てていました。ですが本人はなんら迷惑をかけたという申し訳なさはなく、まさにわけがわからない人物でした。彼女が転勤してからというものなんだか今まで振り回された怒りがこみ上げてきてなんであの時ガツンと言えなかったのだろうかと、悔やむ毎日です。振り回された私達が悪かったのでしょうか?この怒りをどう抑えたらいいんでしょうか・・・
あとそういう人格障害を持つ人間はこの先も同じような事を繰り返すんでしょうか?自覚するんでしょうかね?


Re: 人格障害について 管理人 - 2003/08/10(Sun) 01:04 No.93

 こんばんわ。
 人格障害の人には、誠意とか真心、常識や良識が通用しません。周りの人は、振り回され始めると、精神的ダメージによって、同じような状態になりやすいです。
 感情面では、3歳から7歳程度の子供だと考えるとわかりやすいです。まともに相手をしたり、まともな反応を期待してもムダなだけです。
 今回のことは、今後の教訓にすればいいと思います。人格障害の人とは、しっかりと距離を置く、決して振り回されない、まともに相手をしない、これが自分の心を守るために、とても重要なことです。


ナルシズム 投稿者:ぱつ 投稿日:2003/08/04(Mon) 12:52 No.85
はじめまして。
最近このホームページに出会って、いろいろ勉強させてもらっています。
日常生活の感情には、原因があるんだなと思い始めています。
不安になっていることがあるので、投稿しました。
自分で考えなくちゃいけないとは思いますが、
何かアドバイスがあれば教えてもらえると幸いです。

私には彼氏がいます。
自分のすごいところを他人にアピールします(ナルシズムではないかと思うのです。)
実際、ほんとにすごいことが多いこともあって、
回りの人はだいたいが すごい と評価します。
ときどきは、そうじゃない という顔をする人もいます。
私は、すごいねと言ったり、でももっと違う見方する人もいるよ と言ったりです。

彼氏はあるスポーツをしています。
県では10年間ほどランキングが1位です。

このことは、すごいことなのですが、
もう30歳近いこともあって、若年層には最近だんだんと負けるということがあります。

また、人に従って仕事をすることが長続きせず、
今は定職についていません。
ほとんど毎日スポーツをしている状態です。

今は、そのスポーツ界でいろんな人に必要とされていて、
毎日が充実していると言っています。
しかし、私はいつかきっとこの状態はなくなってしまうと思うのです。

もし、ランキングが下がって、自分の自信としているものがなくなって
しまったらどうなってしまうかがとても不安なのです。

不安になる理由は、彼氏のとても弱い部分を知っているからです。
一度、彼氏の優柔不断な態度に(ほとんどふたまた状態)耐え切れず
彼氏をふったことがあります。
その時、自分が原因でふられたということで
その現実を誰のせいにもできず、
自分の行動を肯定することもできず、
とても精神状態が不安定になってしまったことがありました。

私の不安は、これから今のよりどころとしているスポーツ
での成績が落ちてきたとき、自分の自信の源となっていたものが
なくなってしまったときに
どういうふうにサポートしていけば、一番いいのかということです。
何かいいアドバイスがあればお願いします。
ただの人生相談のような気もしますが
お願いします。


Re: ナルシズム 管理人 - 2003/08/10(Sun) 00:57 No.92

 はじめまして。
 彼の件、やはり神経症的なナルシシズムなのではないかと思います。それでも、何らかの実績が残せているので、今は何とかそれにしがみついているのでしょう。
 県で1位とは言っても、上には上がいます。プロフェッショナルな世界で生きていくのには、なかなか難しいのではないかと思います。
 スポーツを通した人間関係の中で、将来性のある仕事を見つけてくれればいいのですが。
 彼が彼自身の弱いところを受け入れられるようになることが大切だと思います。このへんは、ぱつさんが根気よく、説得続けるしかないと思います。





はじめまして 投稿者:momo 投稿日:2003/08/02(Sat) 23:50 No.81
はじめまして。
今日、母(現在77歳)を連れて大学病院の精神科へ行ってきました。母は7年前悪性リンパ腫で胃を全部とりました。その時3ヶ月の入院をし、その間抗がん剤の治療もし髪の毛も抜け、それまで元気だった母にとっては耐えられないことだったのでしょう。精神的にまいってしまい退院した後もしばらくまわりの者は言動にふりまわされ、こちらが病気になってしまいそうでした。それから少しづつ体力も回復してくると同時に精神も安定して、現在手術から7年が過ぎ再発の心配も薄れてきた今年5月ごろから母は下痢の症状を訴え、電話も留守電にして、出たとしてもすぐ切ろうとし、再発したと思い込んでいるみたいです。私はいっしょに住んでいません。お嫁さんがついているので大丈夫だと思っていたのですが、電話の声がおかしいので、内臓より神経の方がまいっていると判断し、急遽大学病院へ行ったのです。しかし、がっかりしました。大学病院とはこういうものなのでしょうか。私の話など聞こうともせず、本人に少し症状を聞いただけです。まわりの者はどう接したらよいかなどアドバイスをもらいたかったのですが何も聞けませんでした。とりあえず薬をもらい、家に帰ってから母は落ち着かず座ったかと思うと立ち上がり「困ったね、困ったね」と言いながら家の中を歩き回っていましたが、薬を飲ませたら寝てしまいました。母は再発したと思い込んでいるので、来週胃カメラを飲みます。それでなんでもなければ、安心して今の状態からぬけだせるのでしょうか。そうでもないような気がするのですが・・・
病気のことを知ろうとサイトを探していたらこちらに出合い、母と同じ症状の記録を拝見し、思わず書き込んでしまいました。


Re: はじめまして 管理人 - 2003/08/03(Sun) 23:26 No.84

 はじめまして。
 病院や医師の対応は、時にひどく不親切に見えるものです。しかし、医師側でもハッキリと判断できない場合、ある程度仕方のない場合もあります。
 いろいろな検査をしてみないと、今の段階では、何もいえないということなのだと思います。うつ病かもしれないですし、アルツハイマーなどの脳変性疾患なのかもしれません。
 こればかりは、いろいろな検査をしてみないと、なんとも言えません。この辺は、医師としっかりと相談していくしか方法はないと思います。


遺伝 投稿者:みつ 投稿日:2003/07/31(Thu) 22:07 No.80
この病気は、遺伝とかあるのでしょうか?


Re: 遺伝 管理人 - 2003/08/03(Sun) 23:19 No.83

 はじめまして。
 ある調査で、親がうつ病だった場合、10パーセントから15パーセント程度の発症率になる、ということを読んだことがあります。
 しかし、統合失調症(精神分裂病)と比べると、統計的に有意な数字だとはいえないでしょう。うつ病の親と長いあいだ暮らしていれば、うつ状態になって当然だと考えられるからです。
 うつ病は、5パーセント程度の人がかかるといわれています。遺伝的な要素は、特に考えなくていいのではないかと思います。


はじめまして 投稿者:DTP 投稿日:2003/07/30(Wed) 12:56 No.78
はじめまして。
私の父も先月うつ病で入院して、先週退院したのですが、この病気には家族の協力が不可欠であることを言われるのですが…
わが家の場合は母が大病を患ったことが原因で父が発病しました。
母自身、起きあがるのも大変な状態であり3人家族なもので、父が仕事を辞めてしまった分、私は深夜まで働かざるをえず、父に対してなにもしてあげられないのが現実です。家みたいな家族もあると思うのですが…ご意見御願いします。


Re: はじめまして 管理人 - 2003/08/03(Sun) 23:13 No.82

 はじめまして。
 大変なご様子ですね。
 このようなケースでは、すべてを1人で背負おうとすると、どうしても、無理が出てきてしまいます。やはり、ご親戚かご友人の助けを求めることが大切だと思います。
 あとは、やはり公的機関の助けです。公費負担制度の利用や精神保健福祉センターでの相談等、どんどん利用すべきでしょう。


そうですね。 投稿者:Moon Light 投稿日:2003/07/29(Tue) 14:15 No.77
確かに日本のうつ病の認知度は良くなってきていると思いますが、私は今アメリカに住んでいるので、最近日本のうつ病の現状を少し調べて「やはりちょっと違うな〜」と思いました。
勿論両方の治療法や病気に対する考え方をすべて理解しているわけではありませんが、一応こちらで心理学を勉強している私にとってはちょっとした衝撃でした。
でも時間が経つにつれ、認知度の重要性や周りの協力の大切さを知ってもらえば良い方向へ向かっていくのかと思います。
自分も含めてもっと理解力を深めたいのでときどきこちらに顔を出させていただきます。
ご返答ありがとうございました。


色々勉強になります。 投稿者:Moon Light 投稿日:2003/07/27(Sun) 12:21 No.71
はじめまして。
最近私の身近な人がうつ病になり、自分も理解を深めようとしていたらこのサイトにたどり着きました。
今私が海外に住んでいる関係上、日本の精神医学に対する治療法やうつ病の認知度がどこまであるのかわかりませんでしたが、とてもためになりました。
私一人の力で出来ることは限られていますが、自分なりにその人の力になってあげたいと思いますので、今後何か質問などあるときはよろしくお願いします。


Re: 色々勉強になります。 管理人 - 2003/07/28(Mon) 21:18 No.76

 はじめまして。
 日本のうつ病の認知度、まだまだだと思います。それでも、最近は良くはなってきているようですが。
 日本人の特徴は、うつ病に関する理解は足りないのですが、うつ病となじんだ文化を持っている、というように感じます。もっと理解が深まってくれればいいのですが。





過去ログ一覧(1) へ戻る


produced byYuki Tachibana