Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2003年08月29日〜



コラムで気持が楽になります。 投稿者:アジシオ次郎 投稿日:2003/09/04(Thu) 09:33 No.214
管理人さまへ

はじめまして、いつもこちらのサイトで
病気の勉強をさせていただいています。
半年前から抑うつ状態だった様で、
三週間前から病院に通っています。
随分症状は楽になってきましたが
まだ鬱になる時もあります。

そういうときにコラムを読むと
スッキリした気持になって、
かなり楽になります。
鬱の時って冷静で論理的な話を
聞くと落ち着くものなのでしょうかね?(笑)。
ワタシにとってはすごく救いになってます。

新しいコラムも楽しみに待っています。
せめて感想だけでも…と書き込みをさせて
いただきました。
場違いでしたらスミマセン(汗)。





Re: コラムで気持が楽になります。 管理人 - 2003/09/04(Thu) 21:11 No.216

 はじめまして。
 私のコラムが気に入っていただけて、光栄です。
 仕事や子育て、親の面倒、サーバーの仕様変更対応などで、なかなか更新ができない有様です。
 すぐには無理かもしれませんが、まだまだ書くつもりです。
 よろしかったら、またいらしてくださいね。


依存症、転移、、、考えると自分が怖い 投稿者:ダイアモンドライフ 投稿日:2003/09/03(Wed) 19:54 No.209
心療内科に通院して16ヶ月経ちますが自分自身病名は分からず医師に確認してもあまり気にする必要はないといわれています。今まで転院を2回して、実際かかったことのある医師は3名います。今の医師は結構信頼できますが、「はいまた次回」と言われ、いったいいつになったら「もう来なくていいよ」と言われるのか。。。たとえ完治(?)しても、うつ病は再発する人が多いそうです。私は「神経症に近い(ノイローゼ?)抑うつ状態」と言われたことはありますが、自分でもよく分かりません。きっかけは失恋→通院→鬱病による差別の扱いにより不当解雇で今は再就職でき、以前よりは良くなったと思うのですが、自分自身ふと冷静に考えると「やはり病気?」かと怖くなることがあります。自分は境界例なのでは??かなりの依存タイプでもあると思います。ちなみに心療内科以外にも色々な科の医師にお世話になっていますが、前の心療内科の主治医だけはどうも好きらしいのです。転移なのかもしれませんが、転移と恋愛の区別が分からず苦しいです。今の医師はすごく医師として信頼していますが前の医師は医師として見れますが、会うのが楽しみになっていたり、ドキドキしたりでした。ちょうど再就職を機に自分の気持ちが怖いので、以前不当回顧される前にお世話になっていた今の医師の病院に戻り、今の医師にかかって7ヶ月。前の医師は5ヶ月(どちらも2週間に1度のペース)かかっていました。前の医師と会わなくなって半年経ちますが、未だにその気持ちは恋愛みたいなので冷静に考えると自分が怖いです。ちなみに病気になるきっかけは失恋と言いましたが、その人とは3年付き合ってました。その前にお付き合いした人は4年。いずれも最後には「お前といると疲れる」と言われて終わっています。自己分析すると私は東京ラブストーリーの「赤名リカ」タイプ。男性には重く思われる感じです。いい加減この自分を打破したいです。20代後半でかなり焦りもあり、最近はノイローゼ気味です。今の担当医師にはこのことは恥ずかしくて相談できません。カウンセリングも考えていますが、医療費が追いつかなくてそれもまた悩みの種です。長々と申し訳ございません。どなたか回答お待ち申し上げます。


Re: 依存症、転移、、、考えると自分が怖い 管理人 - 2003/09/03(Wed) 22:01 No.211

 はじめまして。
 思考が入り乱れていて、落ち着かないご様子ですね。医師に恋をする、これは特に不思議なことではありません。転移かどうかは、ご自身で判断することは難しいと思います。悩んでも仕方のないことです。
 依存心が強いと感じているのでしたら、少しずつでも精神的な自立を目指せばいいことです。今の自分を打破するためには、今の自分自身を理解し受け入れていくことが大切です。
 いつになったら治るのか、というのは考えても仕方のないことです。あくまで医師が判断することですから。


ありがとうございます ダイアモンドライフ - 2003/09/04(Thu) 12:02 No.215

お忙しい中とお察しいたしますが、ご返答誠に有難うございました。
乱文、乱筆で申し訳ございませんでした。お恥ずかしいばかりです。
本当に自己嫌悪に陥っていて落ちつかないのは確かです。
精神的な自立を目指したいのですが、なかなか難しいです。逃げているわけではありません。自分にまず自信を持つこと、と医師にも言われておりますが、何を機に自分に自信を持つのかすら分かりません。自分自身を理解はしています。それはやはり最初に書いたとおり自分がどこが駄目だかと言うことです。年齢のこと、大人になれないこと、病気のせいにするつもりもないですが、気持ちは焦るばかりです。焦ってもしょうがないと分かっていますが。またまた混乱してしまいましたね。悩みすぎも癖である小生です。色々とご迷惑をお掛けして申し訳ございませんでした。


構造改革なんて・・・ 投稿者:戦うサラリーマン 投稿日:2003/08/29(Fri) 19:25 No.168
はじめまして。
私は、2児(7歳の長男、5歳の長女)の父親であり、某ゲームメーカーに勤める39歳のサラリーマンです。
2年前に社内の構造改革に伴って、10年間勤務していた開発部門から突然、営業部門への移動を命ぜられました。社内の分社化に伴って開発部門代表の方に異動の理由を説明してもらいたくてメールしましたが何の説明もなく、移動することになりました。
移動先は、転職にも近い全く業務の違う営業部門で移動しては見たものの「もっと本を読んだ方がいいんじゃない」「報告書の文章の欠き方をもっと勉強して」「同じことを何度も聞かないで」など業務のやり方がわからない中、更に年下の上司から圧力がかかり、今でも孤立感を味わっています。最初の3ヶ月は、「時間をかけて努力すれば覚えられるだろう」必死になっていましたが、徐々に簡単なミスを起こすようになり、直属の上司を見るたびに無言の威圧感を覚え、チーム内での孤立感も感じるようになりました。
会社に出かけるときは子供の顔を見ると「がんばらなくては」と思うのですが、電車内で「何処かに行ってしまおう」と思うようになりました。簡単なミスも増え、出社が辛くなり、社内のカウンセラーに相談して病院に行ってみることにしました。軽いうつになり始めていました。今でも治療と薬を続けながら出社しています。まさかと思いました。高校時代に「いじめ」でやめようと思ったのですがそこで救われたのが「海」を見に行くことでした。
本当は、根が明るく19歳から海が好きで波乗りをすることが唯一の楽しみとするような正確だったのです。1日中海を見ていても飽きないくらいでした。
いつか本当の自分に戻って「青空がいっぱいに広がる」ように元の自分を取り戻せるようゆっくりと無理せず、すごしていこうと思います。

皆さんも出来ることなら悩まないで病院に行って話をしてみてください。きっと、心が楽になると思います。
その先は、無理しないで自分のペースでゆっくり元に戻るのを待った方がいいでしょう。私よりも辛い思いをしている方はたくさんいますが、私も、それだけの衝撃をまともに受けてしまったからその大きさの分だけ走ることをやめています。

「がんばらなくていいんですよ」が今の自分の一番大切な言葉です。まとまりがなくてすみませんでした。


Re: 構造改革なんて・・・ 管理人 - 2003/08/30(Sat) 22:41 No.184

 はじめまして。
 医師に話を聞いてもらって楽になる、とても大切なことだと思います。そのために精神医療があるのですから。
「がんばらなくていいんですよ」って、本当に素敵な言葉だと思います。これからもゆっくりと、ご自身の心を癒してあげてください。


Re: 構造改革なんて・・・ 戦うサラリーマン - 2003/09/03(Wed) 18:48 No.208

管理人さまへ

レスありがとうございます。本当にまさかと思いました。今は、週末出来るだけ無理せず、ゆっくりと家族で楽しむようにしています。もう、走りつづけることはやめるようにします。「がんばらなくていいんです」よね!ありがとうございました。





苦しいです 投稿者:ちょっき 投稿日:2003/08/29(Fri) 18:19 No.167
今年の5月までは7人家族で祖父、祖母、父、母、兄、僕、妹という家族構成でした。僕現在23歳で高校を卒業してからは実家を離れて一人暮らしをしていました。今年の3月末くらいから妹の様子がおかしくなり、自分が悪いことをしてしまったと言ったりするというので両親が精神科へ連れて行って薬をもらったりはしていたようなのですが、4月に首を吊り救急車で病院に運ばれたですが脳死状態になり、一ヶ月後に亡くなりました。それだけでもどうしようもなく悲しかったのですが、6月に入ってから父までもが重い鬱状態になってしまいました。あとから祖父に聞いた話ですが、父は妹を救えなかったことで自分をずっと責め続けていたようです。(僕は妹や父がそういう状態になったことを何も聞かされていませんでした。)父の状態があまりにもひどいため精神病院へ入院させた次の日、父は普通なら絶対手にすることができないはずのベルトを使って、首を絞めて自らの命を絶ちました。これはどう考えても病院側のミスです…。今となっては鬱病について僕たち家族が全く無知だったことが悔やまれてなれません。妹も父もとても責任感が強く、まじめな人だったためいろんな悩みを一人で抱えて苦しんでいたのでしょう。僕も父や妹に性格が似ている部分があるのでこれから先、自分も鬱病になってしまうのではないかと考えてしまうことがあります。7月末に一人暮らしをやめて実家へ戻ってきたのですが、妹と父のことばかり考えてしまって辛く苦しい毎日を過ごしています。


Re: 苦しいです ヤンチャ男 - 2003/08/29(Fri) 19:30 No.169

 まず妹さん、お父さんの事は及ばずながら残念なことお悔やみ申し上げます。
  こんな自分がなぜここの掲示板を読んでいたかというと、私の妹も実は自ら命を絶とうとしていました。(二度ほど)幸い一命は取り留めました。一応いまは実家でのんびりと暮らしております。
まじめ故に人に話せなかった事も多かったのかなぁと今では思います。話す事でいろいろ道が開ける事も多いと思います。
ここに書いたことでいろんな生き方、価値観、経験談なんかを知ることができると思います。だからちょっきさんもここに書いていただいたおかげで僕もそういった鬱のことをより知ることが出来ました。まずはありがとです。

妹が二度目の生還を果たしてしばらくしたとき僕は妹にこう言ってしまいました。
「勝手に死ぬな!ぼけ!残ったほうはたいへんなんだぞ!」と。
横にいた母親は青ざめてました。
 
ただ数ヶ月して妹は僕に言いました。
「怒ってくれてありがとう。やさしくされるのもね・・・つらいんだぁ。」と。
今はだいぶズケズケと文句も言ってくる様になりました。
「あんなこと言われたら、死ねないでしょ!」って。

(つづきます・・・・


Re: 苦しいです ヤンチャ男 - 2003/08/29(Fri) 19:31 No.170

(つづきです・・・
思ったことをハッキリ言うのは勇気もパワーもいります。
それによって自分が困る時も多々あります^^;
でも、本気で困った時は誰かが助けに来てくれます。それは困って思ってたことを自分が人に喋っていたからです。わがままなくらいが今は丁度いいのかもしれません。
そのままちょっきさんのお二方のことをまずは話せる人をもっと探してみるっていうのも一つの手かもしれません。
ひょっとすると妹さんやお父さんの考えていた事が少しわかるかもしれません。
また、話すことによって新しい出会いや経験を得る事もできると思います。今は負の思いで一杯かもしれませんが、人は一瞬で変わる事が出来ると思います。出会いだったり、喜びや悔し涙いろいろです。だから変わる、変えるためにはいろんな人と話して見る――話す人を探す――掲示板で伝えてみる――いろんな方法あるんじゃないかなと思います。

なんか勝手な事もいろいろ言ってすみません。
文句、突っ込みどころあったらドンドン書いて欲しいです。
多少社会に出て揉まれたので打たれ強くなってる(はずです!)


これを読んでる方たちへ

1:まず両手の親指とひとさし指で左右のほっぺをつまんで上に持ち上げてください。口に近いほうが良いです。

2:そしたら「に!」と声を出してみてください。




ハイ、貴方は今、笑いました(^O^)
一日一回笑えればモーマンタイです!

駄文乱文失礼致しました。


Re: 苦しいです にょろ - 2003/08/29(Fri) 19:39 No.171

今のチョッキさんにどんな言葉も、慰めにはならないかも知れません。

どうしようもない無力感を感じているあなたの気持ちがわかります。

でも、あなたは自分に出来る最善の行動をしようと努力したのではないですか!
だからチョッキさん自分を責めないで

どうしても辛い状態が続くようなら医療の力をかりて切り抜けることも
必要かもしれません。

私も今、心療内科にかかっています。

境遇や辛さは違ってもチョッキさんに共感する人たちは必ずいます。

一人ぼっちじゃありませんよ


Re: 苦しいです ちょっき - 2003/08/29(Fri) 21:14 No.174

ヤンチャ男さん、にょろさんお返事ありがとうございます。

僕は妹が首を吊って病院に運ばれた次の日の早朝、父からの電話で妹が鬱病になっていたこと、そして首を吊ったことを初めて知りました。父が鬱病になり精神病院へ入院したことも家族からは何も聞かされていませんでした。家族は遠く離れた場所にいる僕に心配させまいとしてあえて教えなかったみたいですが、それが逆に辛いです。今年の正月に妹と会ったのが最後になるなんて…妹が亡くなったあと、一番辛いのは僕だと思っていた自分が情けない。父のほうが何倍も辛かったんだと思うと、後悔してもしきれません。妹が意識不明で入院している時、父が僕を外に誘って珍しく父の若い頃の話をしてくれました。父とは昔からあまり話はしなかったので、この時の事は今も鮮明に覚えています。あんまり愛情表現が上手な人ではなかったですが、家族のために一生懸命働いてくれた父。子供の頃に一度だけでもキャッチボールがしたかったなぁと今になって思います。そしてすごくうるさくて迷惑だった父の「いびき」がもう聞けないのが寂しいです。時間が戻すことができたらどんなにいいでしょう…


Re: 苦しいです 管理人 - 2003/08/31(Sun) 00:58 No.186

 はじめまして。
 あまりにも突然、立て続けに肉親の自死という残酷な事実に直面して、さぞかしおつらいことでしょう。お気持ちお察しします。自死もうつ病も、感染しやすいんです。
 家族に自死の方が出てしまったときには、まずとても大切なことがあります。それは、自分自身やほかの家族を責めないことなんです。
 特にちょっきさんのご家族は、責任感が強くて、自責の念にとらわれやすいタイプのように感じます。
 ヤンチャさんのおっしゃるとおり、いろいろな人に相談してみてください。とても大切なことです。なかなか相談しづらいかもしれません。あまりに重い事実を聞いて逃げ出す人もいるかもしれません。それでも、医師に相談することはできます。
 お父様の件は、確かに病院側にも責任もあるでしょう。でも、少数ですが、どんなに最高の治療環境にあっても、自死してしまう患者さんがいることも事実なんです。これはある意味、仕方のないところもあります。
 なくなった妹さんもお父様も、病気のせいで、自分のことには考えが及ばなかったのでしょうが、ちょっきさんには幸せになっ欲しいと望んでいたに違いありません。その気持ちをかなえてあげてください。それが一番の供養だと思います。


Re: 苦しいです ちょっき - 2003/09/01(Mon) 18:21 No.196

管理人さん お返事ありがとうございます。

妹と父を亡くしてから、いやそれ以前から僕は「生きる」ことに疑問がありました。なぜ生きるのか、なんのために生きなければならないのか…ということです。妹が昔つけていた日記を読んでみると、彼女も僕と同じような考えをもっていたようです。「目標もなく大学に入って父に迷惑をかけてしまった。あぁ、大学も人生も早く終わってしまえばいいのに」というようなことが書いてありました。僕は今、生きる意欲を失っているような気がします。「生まれたからには、なにがなんでも最後まで一生懸命生きなければならない」とかよく聞きますが、今の僕にはそんな気力はどうしても沸いてきません。ただなんとなく毎日を過ごしてしまっている自分が嫌なんですが、「あんなことがあったんだからしょうがない、今はゆっくり休むべきだ」と思ってしまいます。実家に戻ってきてこちらでの就職のあては一応あるのですが、まだ正式に決まったわけではなく、会社からの連絡を待っているような状態です。仕事を再び始めれば、忙しさに追われてこんな気持ちも吹き飛んでしまうかもしれませんが、今は本当に仕事が決まるのかどうかが不安でしかたがありません。

もしよろしければ、みなさんの生きる意味・生きようと思う理由などを聞かせていただけないでしょうか?


Re: 苦しいです ジュジュ - 2003/09/01(Mon) 21:38 No.197

ちょっきさんの文を読んで ただ涙が流れるばかりです
あなたのやさしさを感じます
自分の力の及ばない不条理なことが この世にはたくさんあります
そんな不条理を そのままほおって置けない人は 生きていることにたいして ふかく考えてしまいます
ただ 妹さんもお父さんも 今はゆっくり休まれているのですから 心配ないですよ
あたたかい光に包まれて 静かにほほえんでキラキラ光りながら ちょっきさんのこと 見守っていると思います
もちろん わたしは こん世で死んだ経験がないので 本当のところはわかりませんが 
そう思って 損は無いというか 
そう思うほうが 自分もまわりもやすらぎます

 


Re: 苦しいです ジュジュ - 2003/09/01(Mon) 21:39 No.198

つづきです

といいますのも わたしも 最後の子供を義母の意見で おろさされました
親のわたしは 最後まで頑張れず 5ヶ月になる少し前に病院に連れて行かれました
旦那も わたしが言うことを聞かないので毎日怖い顔をして罵倒しました
でも わたしは 自分がさいごに 義母の意見に従ってしまったこと 自分の子供を守れなかったことに 自分を一番許せなかったのです
そうして 他の子供たちの祖母や父に当たる人をわたしが許せないまま 10年ぐらい経った時 
やっと その子の死が無駄ではなく 私達に何かを伝えたいために 短い人生を 母親のおなかのなかで人生を終わってしまうことを 選んでくれたのだと理解できた時
義母と旦那を許すことが出来ました
不条理と言えば 不条理ですが 意味のないことではなく
わたしの為に 尊い経験を与えてくれたその子に 感謝するとともに 
人を許すことが出来る 自分をも許すことが出来ることに気がつきました

生きる意味 それは 今もわたしは わかりません
なぜ生まれてきたのか それもわかりません

この世のことは 自分の見聞きするする自作自演の映画でしかありません
自分にとっては 自分が見聞きする知覚する世界しかないのです
わたしは 人生半世紀ほども経って やっと 自分の今まで表現できなかったことが ネットや 絵をとおして 出来るようになりました
自分はいつも 人と感覚が違っていて 価値観が違っていて なにか おもはゆい気持ちでいきてきました
今も 確かな道と言うものはまだもっていません
でも 今は明日のことを心配することなく
今を気持ちよく生きることをとりあえずしています

ちなみに わたしはうつ病で病院に3年近く通っています


Re: 苦しいです ちょっき - 2003/09/02(Tue) 00:11 No.200

ジュジュさん、お返事ありがとうございます。

>この世のことは 自分の見聞きするする自作自演の映画でしかありません
自分にとっては 自分が見聞きする知覚する世界しかないのです

という文章がありましたが本当にその通りだと思いました。
僕は今まで自分で自分の世界を狭くしてきた気がします。そんな自分を変えるとしたら今しかない。まぎれもなく僕はいま人生の岐路に立っているのでしょう…


Re: 苦しいです 管理人 - 2003/09/02(Tue) 00:54 No.202

 自分の世界を狭くする、おっしゃるとおりだと思います。うつ状態に入り込んでしまう原因のひとつだと思います。
 生きる意味というのは、誰かに教えてもらうものではありません。ひとそれぞれが見つけていくものです。でも、今のちょっきさんは、まずは休息を第一に、ゆっくりと時間をかけて考えていけばいいと思います。
 自分自身が自分の力で生きている、と考えると、どうしても行き詰ってしまいやすいです。それを、大きな存在に「生かされている」と考えると、気楽になれるものです。与えられた自分自身の役割を演じている、という言い方もできるでしょう。
 その役割を受け入れて、そこに意味を見つけ出していく。これが人生なのかもしれません。





私って・・・ 投稿者:悩む人 投稿日:2003/08/29(Fri) 13:00 No.161
はじめまして。
鬱や不安障害について探している内にこちらに来ました。
三年ほど前から精神安定剤(レスミット)を食後1錠づつ服用してます。原因は、長男の事だと思っています。
小さい頃から、明るくて活発な面と、お腹が痛い、頭が痛いとよく言い
神経の細い面がありました。短期間でしたが小学校の時不登校にもなりました。

反抗期なのでしょうか・・・優等生だった中2の夏過ぎた頃から
成績は落ち、服装は変わってきて(今時の格好と言う知人もいます)頭痛で学校を遅刻、早退、休みが少しづつ多くなりました。先生からの注意は無い程度なのですが、私には大変な事です。いろんな意味で・・・。
特別悪い事もしてはいないのですが、私にとっては、解からないことばかりでしたが自分の中で何とか浄化していたつもりでした。

高校受験の頃からです。今まで起こった色々な事は私の中で解決していたのが、全て蘇ってきて、息子がどうなってしまうのか心配で、心配で。特に朝は。

私は子どもの頃から親の言うとおりに育ち、敷かれたレールの上を歩いてきた人生でした。
嫌だったのは出来の良い妹に対してかなりのコンプレックスを持っていました。だから、子供の評価は私の評価になってしまったのです。いけない事とは十分解かっているのですがなかなか割り切れないでいます。

今までのいろんなストレスが重なってか、やる気がなくなり、焦燥感が出てきて、家には居られなくなり、誰かと話したり、外出していないと辛かったです。今は随分そうでもなくなりましたけれど

お医者様は、始めは不安神経症と仰ってましたが、今では、子離れできないで居る為の鬱だと仰いました。
普通の生活は出来てます。ただ、充実感が無いのです。やる気があまり起きないのです。
因みに下には高1の娘がいて、この子とは怒鳴りあいが出来るのですが、息子には説得するように言います。
主人はこの4月から単身赴任中です。
今は張り詰めている糸がもっと張ったり、縮んだりする事が少ししんどくなって来ているようです。

本当に長くなってしまいました。上手く自分の気持ちが表せませんでしたが、この私の状態が何なのか解からなくなってしまって、思わず書き込んでしまいました。ごめんなさい。


Re: 私って・・・ 悩む人 - 2003/08/29(Fri) 15:33 No.162

事の経緯ばかりになってしまって、肝心の私の状況があまり書けませんでした。

ひどい時は寝つきはいいのですが朝の4時には目が覚め、いろいろな事を考えてしまいます。
昼間うとうとするのですが、はっと気付くと何ともいえない自責の念と焦燥感に苛まれます。
それが嫌で昼間の睡眠も取る事を拒み、体はいつもだるく食欲も落ちて、半年の間に10Kgも痩せてしまいました。ふわふわした状態で、考える事といったら、子供の不安と、予定の無い日は今日一日どうやって過ごそうか・・・という事。
助かったのは、近くに時間の取れる友人が何人かいてくれたお陰で、気が紛れたという事でしょうか・・・。
それ以外はどんなにふらふらでも、家に居るよりはマシ・・・と、本一冊買いに行く為にも1時間掛かる所に出掛けたりしていました。
余計、体にはいけないですよね。

長男が小さかった頃にある子育ての大先輩に「いい?子供が良くなるのも、悪くなるのも全てがお母さん次第よ」と言われた事が忘れられません。そのせいか、子供に起こるさまざまな事を、全てを自分の育て方がいけなかった、言葉が足りなかったと自分を責めます。
今でも、「今日は頭が痛いって起きて来ないか・・・」と思うと不安で震えます。何か精神的に負担を感じてるのか心配になり、また学校へ行かなくなるのではないかという恐怖で。

今は、体重は元に戻り、焦燥感もあまり感じなくはなりましたが、あんなに一人でも何ともなかった私が、まだ人と関っていないと楽しくなれないのです。
子育てには未だ自信が持てません。後悔ばかりです。
自分を余り責めないようにはしているのですが・・・。

この状態は一体何なのでしょうか・・・?神経科にも通っていますが、薬は初めから変わっていません。(量も)



Re: 私って・・・ ジュジュ - 2003/08/29(Fri) 17:52 No.165

はじめまして 悩む人さんの育ち方といい 長男への心配といい かつてのわたしを思い出しました
今はもう 子供たちはみんな成人しています

今から考えると 子供ってたくましいものなんだ
わたしがあんなに心配したから それに呼応するように 長男がいろいろな問題を起こしたんだということが わかりました
子供は 体の心配さえしてあげれば 
そうして 話をしてきた時は 自分の価値観ではなくて相手の気持ちになって 話を聞いてあげればいいだけだったんだ って思ってます

先回り教育というか 先先の心配をしている母親は 子供にとって うざいモノのようです

今は 自分のすきなことを しています
主人のことも 主人に 「わたしは あなたの召使ではなく パートナーなんだ」 と 宣言しました

日常の生活のこと意外は 自分の心配だけをするようにしました

最初はどうなるかと思いましたが かえって 家族がおちつきました

子供のことは母親の責任というのは わたしも言われて
そういうことには すぐ反応してしまうわたしは
いい母親をしなければと 思っていましたよ

でも 「子供の為に」ということが 子供には重荷なのです
わたしも 子供時代にそれを十分あじわいましたから

「子供の為に」ということは 子供にその見返りを求めてしまうことに 知らず知らずなります
こんなにしてあげている と親が思わなくっても
子供が こんなにしてもらって と負担になって
でも いやだと言ってもしてくれるし 
拒絶するのは 自分が悪いのかなと自分を責め始め
それが 自分を追い込んでいってしまうようです

すみません 話が 本筋からそれたかもしれません


Re: 私って・・・ ヤンチャ男 - 2003/08/29(Fri) 17:56 No.166

ども。
僕なりに少し思ったことでよければ参考にして下さい。

僕は今はすでに29歳になりました。一応会社にもしっかりと勤務しております。
でも以前は貴方の息子さんと同じようでした^^;
今だから言えますがほんとサボってばかりの自分でした。おまけに喘息もちで医療費だってバカにならなかったと思いますし、高額な熟もサボりまくりでした・・・。

そして時が経って、自分に彼女が出来たりするとやはり彼女にお金が掛かったりします。行く行くは結婚とかも自然に考えますよね。
そうするとイザそう思った時に29歳でオヤジは結婚していた・・・とか、オカンは実はめちゃめちゃいい女だったんじゃ・・・!?と親の偉大さにようやく気づいたわけです。(言葉づかい悪くてすんません)

「お母さん次第・・・」て言うのも正解だと思いますが全てではないと思います。友達や仕事、彼女いろんなものが触れ合って僕も育ってきました。
子供自身その人にとって初めて歩む人生であるように、親もはじめて経験する「親」という人生です。わかんないことだらけで当然です。

ただ、育てられた息子の一人として言うならば、「悩む人さんの育て方は合ってるよ」と伝えたかったわけです。
今だから親もその頃の苦労話やブッチャケ話をしてくれますが、息子さんからこう言った話を聞けるのはまだもっと先の話かもしれません。
掲示板でもいいし、友人でも誰でもいいんでいろんな人と話すとやっぱりいいっすね。
息子さんもこんなやさしいお母さんがいてくれてとても幸せだと思いますよ(^^

で、あるとき思わず彼らにボヤイテしまいました。
「よく俺をここまで育てられたねぇ〜。」って。


Re: 私って・・・ mama - 2003/08/29(Fri) 20:34 No.172

悩む人さんの苦しい気持ち伝わってきます。
子供の事を心配しない親はいないと思います。私も親の一人として常に、心配をしています。
だけど、子供にはその子なりの「価値観」があり、その子なりの生命力があると思います。
うちの息子は、遅刻をよくしました。毎学期ごとに呼び出せれていました。今では、まじめに働いていますよ。
自分の子育てがうまくいっているのかなんて、何を基準にしたらいいのかわかりません。
その子にとって「幸福」ならそれでいいと思います。
「つかず離れず」 そろそろ子供と距離をとって、自分探しをする方が楽しいと思います。
また、親が子供から自立すると、子供もしっかりします。
睡眠障害は、苦しいですよね。
朝 早くに目が覚めたら散歩は、いかがでしょうか・・・
私は、歩くことができなくなり苦しい思いもしました。身体が思うようにならないというのも大変でした。やっと元気になり
今は朝1時間 散歩しています。
大なり小なりの問題は、ありますが「なるようにしかならない」そして「人生は楽しまなくては損」と自分に言い聞かせております。
あまり自分を責めない方がいいです。
悩む人さんは、すごくいいママさんだと思うから・・・


Re: 私って・・・ 悩む人 - 2003/08/29(Fri) 22:30 No.175

ジュジュさん、ヤンチャ男さん、mamaさん、お返事有難うございました。
皆さんの暖かな心にしみるお気持ち、励ましで思わず泣いてしまいました。皆さんの経験から来る言葉には重みがあり、ストン!と私の心に落ちていきました。

>ジュジュさん
そうなんです、つい心配だから先回りしてそれが思うように行かないと勝手に自分の神経を痛めていました。
ジュジュさんのお返事の中の「今は、好きな事をしています」「子供の為に・・・は重荷」という言葉を伺ってかつて息子が中3の時、「お母さんは好きな事をやればいいんだよ、その方が僕も気が楽だ」と言った事を思い出しました。その時は私はひどい状態だったので、その意味がちゃんと理解できないでいたようです。
その頃は塾で疲れ果てて帰って来るのに、私が先にお風呂に入ったりしてのほほんとしていてはいけない!などと随分気を遣い、先の事ばかり心配していました。重荷だったんでしょうね・・・。

>ヤンチャ男さん
実際受けた側の貴重な経験からのアドバイス、本当に有難うございました。
私には兄がいましたが、死産でした。いとこも全て女。男の子が通っていく過程を知らないまま男の子の母になりました。
両親に聞いても全くの「?」状態で本当に手探りと、大いなる期待をして育ててしまいました。中学の先生に「今まででいろんな意味で一番苦労した子よ(笑)」って言われてしまいました。
・・・そうですよね、母親だけでなく学校や社会でいろんな影響をうけて、また勉強してだんだん大人になっていくんですよね。
私もいつか「よく、あんたのような子を立派に育てられたわ・・・」と胸を張って二人でぶっちゃけ話をする時を楽しみに
自分も楽しみながら一歩づつ前へ進んで行きたいとおもいます。

>mamaさん
今は自分で選んだ高校で、やりたいように高校生活エンジョイしているようです。
私自信が今ひとつ心にわだかまりがあって、又、私が真面目過ぎて本人本位に考えられないでいる自分との戦いです、今は・・・。
「付かず離れず」難しいです。ジュジュさんの仰った「好きな事をする」に通じる事なんですよね。
本当に「人生なるようになる、自分が楽しむ事」で、私が変われば落着いて来るのでしょう!   (つづく)             



Re: 私って・・・ 悩む人 - 2003/08/29(Fri) 22:51 No.176

皆さんのお陰で今日は穏かな気持ちで眠れそうです。本当にこの年になって、声を上げて泣くって事有るんですね・・・。

「いいお母さんですよ」と言っていただけた事、自信の無かった私でも、「これで良いのかもしれない、良いのよね・・・」と思えるきっかけを作って下さったこと、自分を責めない事、
子供はたくましくて、お母さんは好きな事を付かず離れずの状態で楽しめば上手く行くようになると言う事。本当に皆さんの励ましには「有難うございました」の一言に尽きます。

又、くじけそうになった時、この掲示板の皆さんのお返事を読み返して
前へ、前へ少しずつ進んで行きたいと思います。
皆さんの励ましが今服用している安定剤より、よっぽど効くお薬でした。勇気を出して書き込んで本当に良かったです♪
ありがとうございました!!


Re: 私って・・・ 管理人 - 2003/08/31(Sun) 01:27 No.187

 はじめまして。
 眠れないとか早く目が覚める、あせってばかりいる、確かにうつ病の典型的な症状だと思います。お子さんのこと、本当に大切に思っていらっしゃるんですね。
 でも、子供というのは、親が考えている以上に生命力があるものです。ご自身の生育環境などから、心配ばかりしていると、子供の心が閉塞してしまいます。
 日本を代表する心理療法家の河合隼雄氏が、子供に対しては「見守る」気持ちで接することが大切だ、と何冊かの本で書いています。また、「見守る」と言うのは、とても精神力の要ることだ、とも説明しています。
 この精神力を身に着けていくこと、言い換えれば、ご自身の精神的な成熟と自立ということが、今後の悩む人さんの人生にとって、中心的な課題となるのでしょう。
 子供って、親が育てていくのではなくて、親と一緒に育っていくものでしょう。そんなある種の気楽さを持つことが、結構大切なことだと思います。


Re: 私って・・・ 悩む人 - 2003/08/31(Sun) 13:45 No.194

管理人さん、お返事有難うございました。

「見守る」本当に精神力のいる事と思います。一度、見守らなければ・・・と思い実践してみたのですが、私の神経がもたず、よりひどくなってしまった事がありました。
よく、「もっと気持ちを大らかに持て」と姑に言われました。
管理人さんの仰る「気楽さ」が私には足りないのですね。
精神力の成熟・・・難しい事です。でも、これから起こるいろいろな事を「気楽さを持って」前向きに見守り続ける事で、少しづつ精神力は付いていくものなのでしょうね・・・。

そして、これから目を少し外に向けるために、負担にならない程度に仕事をしようかと・・・そして、僅かながらに持っている趣味に気持ちを向けて行こうかと思っております。・・・これが、精神的な自立ではないかと・・・

管理人さんはじめ、皆さんのお返事を伺って私なりに辿り着いた結論です。もし、何処か違っていたり、違ったご意見があるようであれば又、ご指導下さい。お願いします。






過去ログ一覧(1) へ戻る


produced byYuki Tachibana