Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2003年11月16日〜



またお世話になります。 投稿者:ピタゴラスイッチ 投稿日:2003/12/01(Mon) 12:45 No.535
何度か投稿させていただいている「ピタゴラスイッチ」です。

無事に10月下旬に退院してきて、順調に回復しているように思っていました。
しかし、ここ2〜3週間にかけて「お金」に対する執着がひどくなり家族を振り回すような状態になっています。
もちろん、「病気はまだ治っていない」というのは認識していて「病気がそのようなことを言わせている」と思いたいのですが、
家事はすべて自分でこなし、買い物以外は自分でやっている姿を見ていると???となってしまうんです。

以前書いたと思うのですが、義母は会社の社長をしていて来年から会長になっていただく予定になっているらしいのですが、
「会長になったら給料が減るから生活できない」といって、今まで出していた光熱費以外にもっとお金を出せ!と言ってきたり
(そんなことはないんです、額はかけませんがかなりの額を給料としていただいてます。)
「自分が社長のうちに身辺整理しておきたいから」と周りの意見を聞かずに勝手にいろんなことを決めたりして振り回されています。

このような場合、どういう態度でいたらいいのでしょう??今と同じく「病気だから仕方ない」と思っていた方がいいのでしょうか??
宜しくお願いいたします。


追記 ピタゴラスイッチ - 2003/12/02(Tue) 17:34 No.537

ちょっといろいろ義母と話し合いをした次の日、「足が痛い」とまた寝込みだしました。
寝込んではいるのですが、自分で食べるご飯はちゃんと作りお風呂もお昼に自分で入ったりしているのですが、それ以外は寝室にこもってます。
また鬱の症状が出てきてしまったんでしょうか??


Re: またお世話になります。 管理人 - 2003/12/06(Sat) 21:30 No.538

 精神的に不安定になっているようですね。いろいろなことが不安に感じられるようですし。部屋に閉じこもるというのも、ちょっと心配ですね。
 でも、うつなのかそうでないのかは、医師の診断を仰ぐしかないと思います。医師とよく相談してみてください。
 足が痛いというのは、本人しかわかりませんので、一度整形外科などで調べてもらった方がいいでしょう。


最近の私は今 投稿者:アンダンテ 投稿日:2003/11/28(Fri) 09:54 No.525
あれから、時々精神科に通い
お薬をいただいております。友達に言ったら
心配をしてくれて、「何か合ったらすぐに連絡をしてください」
と言ってくれました。

兄の様子は昼夜逆転の生活が一層ひどくなり、
ここ2週間ぐらいまともに口を利いていません。
難しい問題です。精神科の病院の先生に
DVであると診断されました。
もちろん、友達にそのことも伝えました。
わかってくれて嬉しかったです。



Re: 最近の私は今 管理人 - 2003/11/30(Sun) 22:35 No.534

 お兄様のこと、本当に難しい問題です。でも、まずはご自身のことを第一に考えてくださいね。
 いい感じのお医者様に出会えて、本当に良かったです。


Re: 最近の私は今 アンダンテ - 2003/12/02(Tue) 16:44 No.536

今は自分自身のことを考えたいのですが
いろいろとあり、混乱しています。ですが、
一つずつ解決していけばいいなあと思います。


管理人様へ。 投稿者:mika 投稿日:2003/11/28(Fri) 01:23 No.524
はじめまして。こんばんは。
『うつ病との戦い方』を読ませて頂きました。
私の母も現在うつ病であるようです。いえ、うつ病であると確信しています。長い間何年もうつ病の症状が出ているのにどんなにセオリーにそった言い方や行動で病院の診察を受けてくれるように頼んでも応じてくれません。(それでも過去に3回ほどは診察を受けてくれたようですが、一度行くともう行かないとガンとして聞かないのです。ですからキチントした病名はわからないのです。)症状は切羽詰ったものではありませんが、良くも悪くもなっていないようです。私は離れて暮らしておりますので頻繁には実家に帰ることもできず、どうすればいいものかと悩んでいます。今日、父からの電話で、母の調子があまりよくないと聞きました。電話の先の父の声は疲れきっており、涙を必死に我慢しているようで…。途方にくれてはいけないと、父と兄と結束を新たにし、私はネット上でうつ病に関するサイトをめぐっておりこちらにたどり着いた次第です。『うつ病との戦い方』を読み、涙が止まりませんでした。病気ももちろんですが、まさに『回りとの闘い』であると思います。(私の家の場合、田舎なのでなおさらそう感じます。)読んで勇気がでました。勇気というか、闘う意志がより強くなったというか…。いろいろな問題は沢山ありますが、一つ一つクリアしていこうと思います。どうもありがとうございます。私にとってすごく励ましになりました。その意味でも泣きました。私絶対あきらめません。書き込み長々と失礼致しました。本当にありがとう。


Re: 管理人様へ。 管理人 - 2003/11/30(Sun) 22:31 No.533

 はじめまして。
 確かに、うつ病とうつ病に対する無知と無理解との闘い、困難がたくさんあるとは思います。でも、おっしゃるとおり、ほんの少しずつでも問題をクリアーにしていくと、先に進むことができます。
 大変だとは思いますが、がんばってくださいね。


参りました…。 投稿者:あや 投稿日:2003/11/21(Fri) 13:09 No.512
以前も、こちらのほうでカキコさせていただきました。
その節ではお世話になりました。
よくわからなーい?系で・ともかく回答か解決は出来たような気がします。でも、カウンター数が大変多いようなので忘れちゃいますよね(笑)そんなに投稿していたわけでもないのに(苦笑)
ともかく、本題として、たまにふと、朝起きます。
あるとき突然に、体に、重鬱モードが入ります。
ひどい状態の時などは、体が動かない。起きることが出来ない。
根っこからのエネルギーが、全然ない状態になります。
実は、だいぶ前からなっているんですが、短大生で上京の身で、
大阪の母と一緒に健康保険証・入っているんですが、
この母親のことでもまた・大ストレスの原因となっています。
書くと大恥じなんですけど、なかなか相談しにくい内容なので、
ネットではかせていただきます。
金遣いが荒くて、お金を得るために嘘をついて生きてしまっているために、自転車操業状態でお金も、信頼も保とうとしています。
この前など、電話でついにッ家賃を滞納(かなり)してしまったために
今月末日で家を追い出されることになりました。
その件は身内が片づけてくれることになったのですが、これを最期にして縁を切られることになりました。(私とはしないそうですが)実の姉からも疫病神扱いされています。電話でそんなことを叔母と話すと、
はっきりと言うタイプの叔母からは怒涛に母への感情論を聞かされます。「あなたに言いたくないけど、(母に対して)言いたい気持ちもわかってね…。」私も過去、夏休みに帰って13万ほど摂られたけ経験があるのですごくわかります。ともかく、何だかんだといって一応母です。
お母さんです。なのに、こんなこと聞かされるのも話すのも大ッ嫌いです!…しかし、学校を卒業したら私が見張るしかないし…。
すいません。愚痴になりました。
ともかく、やばめの鬱なのはわかっています。
どうしたらよいのでしょうか?
失礼致します。


Re: 参りました…。 よす - 2003/11/26(Wed) 18:40 No.522

 私がこの掲示板を見るようになったのは昨日(25日)なんですが、私も鬱ですが、事情は違っても、同じ悩みを抱えてる方が多いことを改めて知りました。

 私も、気分が落ち込んでいるときは、何もかもマイナスに考えます。カウンセリングの先生のよると、「うつの人は、自分の過去を振りかえさせるとマイナスのことしか思い出さない」と言われました。
 助言になるかわからないのですが、あやさんの場合、とにかく今ストレスに感じていることから、自分の身を離して、ゆっくり休んだ方がいいと思います。
 私も、鬱になった原因とは何の関係もありませんが、家庭環境は少々複雑です。鬱になってからは、実の母に会いにいくことも避けるようにしています。今はとても複雑な事柄に対応できる状態ではないですから、避けるようにしています。

 とにかく、お母様のことは心配でしょうけど、今は、ゆっくりと自分の心配だけすべきでしょう。
 他の方へのレスにも同じようなことを書きましたが、骨折しているときに重い荷物を持とうとしても無理ですし、気分転換の散布もできません。とにかく、骨がくっつくのを待つのと同じように、自分の心の状態がよくなるまで休むことだと思います。

 必要に応じて、病院の先生とも相談されて下さい。おそらく、精神論てきな助言はされないと思います。とにかく、ゆっくり休みましょう。


Re: 参りました…。 管理人 - 2003/11/30(Sun) 22:25 No.532

 よすさんのおっしゃるとおり、お母様とは、距離を置くことが大切だと思います。まずは、ご自身を癒してあげてください。
 お母様のことで、手に負えない、と感じるような場合には、精神保健福祉センターや役所の相談窓口など、公的機関で相談をしてみるといいかもしれません。
 とにかく、ゆっくりと休むことです。





教えていただけますか。 投稿者:悩める女 投稿日:2003/11/16(Sun) 03:27 No.504
私の彼がうつ病です。
4年程前からで、原因は仕事の忙しさらしく、仕事がストレスで嫌で、死ぬ事を考えている自分に気付き、受診したら、うつ病と診断され、薬を飲みながら仕事を続けています。
仕事はとても忙しく、なかなか逢う時間もとれず、たまに時間があっても、休みたいでしょうから、無理は言えません。休ませてあげたい気持ちもありますし、、、。
電話もこちらからかけると迷惑や負担になるといけないので、たまに電話が欲しい時、携帯に一度だけ着信音を鳴らす位で、着信履暦を見て、彼がかけてきてくれるのを待つのですが、忙しいし、うつ病の人って電話もかけにくいらしく、なかなかかかってきません。
逢った時、少しでも気分転換になり、楽しい事が考えられればと思い、「温泉に行ってゆっくりしたいな。」なんて言ったのですが、駄目なのですね。彼も「心と身体のストレスになる。」と言っていました。
私に逢ってくれる気持ちはあるのですが、「仕事が忙しいので、あてにしないで待っててね。」と言われました。
私は今後どのように接していけばいいのでしょうか。
うつ病の人にとって恋愛はプラスになるのでしょうか?彼の事を好きだという気持ちを前面に押し出すのは彼にとってプラスになるのでしょうか。そして、私は彼にどのような言葉をかけていけば彼のささえになるのでしょうか。
教えていただきたいです。どうぞ宜しくお願いします。


はじめまして SAKO - 2003/11/19(Wed) 16:50 No.509

私の10年来のパートナーが、この4年、鬱です。
どう接触していいか、どう支えていいか、色々悩んできたので、他人事とは思えず、レスさせていただきます。

私の体験から申し上げる事ですが、
病気の治療には専門の医師の診断・投薬が不可欠です。
素人が心を砕いても、どうしようもない時・ない事はいっぱいあります。

あなたに「彼と、彼の病気と長く付き合う覚悟」がある場合、彼の治療の経過を長い目で見守ってはいかがでしょう。
彼をせかすこと、己が焦ることは禁物だと思います。


ありがとうございました。 悩める女 - 2003/11/22(Sat) 01:51 No.513

SAKOさん、お返事、どうもありがとうございました。
パートナーでいらっしゃる、、、という事は、そばにいられるという事なのでしょうか?
私はそばにはいられない立場ですので、羨ましいと想ってしまいますが、そばにいらっしゃると、それなりにご苦労もおありなのでしょうね。
焦らない、、、解りました。そう努力します。
彼の事はとても心配ですが、こちらから電話をして逢う事を催促する様な事も負担でしょうし、いつかかってくるかも解らない彼からの電話を待つ事にします。待つだけも辛いですが。
でも逢っても、病気の事には触れない方がいいのか、聞いてあげるるのがいいのか、、、どう接していいのか、本当に悩みます。
気分転換になる様な事を言うのも負担になるのでしょうね。
本当にどう接したらいいのか解りません。
でも彼の為に何かできるといいのに、、、と想っているのですが、、、。


Re: 教えていただけますか。 ジュジュ - 2003/11/24(Mon) 11:28 No.514

わたし うつです
欝のときは 
自分が生きてる意味が無いとか
自分の存在がみんなの負担になってるとか考えてしまいます

それから うつ病ではない人には
自分の状態をどう説明していいのか分りません

でも 同じような症状の人の言葉は
同じ視点のようなところから来ているので
とても 安心しますし 慰められます

はっきりいって 世界が違うと言った感じがします

でも うつがひどくない時は 誰とでもそれなりに話が出来て楽しいです

だから 悩める女さんは 
何かしてあげることは無いかと考えないで
自分は自分の好きなことをして
自分のままを話したらいいと思います
その方が 彼も楽だと思います
うつに関しては 入り込める隙は無いかもしれません

わたしの思うままを書き込みました
わたしのカキコで 悲しい思いをさせてしまったかもしれませんね


こんにちわ SAKO - 2003/11/24(Mon) 14:29 No.515

ジュジュさんからもメッセージが入ってますね。
私のパートナーもジュジュさんと似た事を言ってました。

一番辛い時は、「見守ってるよ」と言われるのも、視線も辛い、死にたい、と。
(でも、見捨てられるのも辛い、死にたい、と・・・)

だから、やはり自分は自分で元気に生きていく事を考えるのが第一だと思います。
待つのは構わないけれど、「こんなに待ってるのに」と彼を責める結果になることは、間違っているから。
一番苦しいのは、本人。

私も、彼の苦しみ、私が少しでも解消してあげられたらな、と思ったよ。でも、やはりできないんですよね。
医者に病気を治してもらうことが大切。それを支える家族が彼にいるなら、治療の場と経過を乱さないことが大切かな。


悩める女さんが、悩みすぎて元気をなくさないように、強く祈ってます!


再び、ありがとうございました。 悩める女 - 2003/11/25(Tue) 02:35 No.516

ジュジュさん、SAKOさん、本当にありがとうございました。
ジュジュさんの書き込みで悲しくなったりはしていません。
書いて下さった事が、とても嬉しかったです。
少しでも理解したいと想い、穴のあくほど、読んでしまいました。
暑い夏が過ぎて、心地よい気候になった頃。「元気があったら、緑の中を散歩しようね。」と言った事がありました。
でも彼から帰ってきた答えは「元気無い。」でした。
今はクリスマスのイルミネーションも綺麗なので、一緒に見に行ったら、気も晴れるかな?と想うのですが、そうでもないのでしょうね。
彼の鬱の原因は忙しい仕事ですので、逢った時に「仕事、大丈夫?大変だね。」と、聞いてあげるのは、いいのでしょうか。
私の話ばかりしていると、彼が私の事を「違う世界に生きている人だ。」って、離れていきそうな気がするのですが、そんな事はないですか?
私も病院には行っていないので、良く解りませんが、鬱状態かな?と想う時がありました。そんな時は誰からも話かけられたくなく、何も聞いて欲しく無く。ただ放っ置いて欲しかったです。
彼もそんな状態なのでしょうか。放って置いてあげるのが一番いいのであれば、そうするのが一番だとは想いますが、そうすると逢う事も連絡する事も出来ないので、彼が離れて行ってしまうのでは、、、と、また、不安です。悲しいです。

SAKOさん、私は元気です。ありがとうございます。
辛いけれども、一番辛いのは本人、そうなのですね。頑張ります。
ジュジュさん、SAKOさん、心から、感謝しています。


こんにちは よす - 2003/11/25(Tue) 21:14 No.517

 初めてカキコさせていただきます。
 私も、去年からうつ病を患っています。
 
 私が助言できることは実はないのですが、とにかく、「頑張ろう」とか考えないことです。
 うつ病を治すのは、病院の医師と薬だと考えて下さい。
 仕事が忙しい方であれば、環境を変えない限り、投薬治療にも限界はあるのかもしれませんが、ともあれ、難しいことは病院に任せて、あとは他人は何もしないことでしょう。
 「何もしない」っていうのが、これが一番難しいのかもしれません。ほっとけば、見放しているみたいですしね。

 私がありがたく思っているのは、現在の上司が、自分がうつであることは知っていても、とりたてて何も特別扱いせず、ただ、「しんどくなったら言って」と言ってくれたことです。
 何が申し上げたいのか、ますます自分でもわかんなくなってしまいましたが、ある程度の距離は必要です。離れすぎず、近づきすぎず、といったところでしょうか。

 私にはつき合っている女性はいませんが、うつの人にも、恋愛はあっていいと思います。最終的には、誰か支えてくれる人がいるほうが絶対にいいですから。

 それにしても、仕事のストレスが原因でうつ病になったのに、その職場環境が改善されないのは、困った問題ですね。骨折しているのに、添え木をあてながらなおも走らされているようなものでしょう。そんなときには、遊びに行くために歩くことも、しんどい状態です。まずは骨折が治らなければ、何もできません。そんな状況を改善することが、まず第一でしょうか。本当は、職場に診断書を提出して、休むことが望ましいのですが。

 私の場合、仕事を休むことはありませんでした。人事に相談したところ、「診断書になんて書くの?」とあざけるように言われました。人事の担当がこれじゃ、休むに休めないと思い、休むのはガマンしました。それでも、その人事担当者が、人事異動させてくれたおかげで、環境は改善されましたが。

 私が拝読した限り、彼に必要なのは、「仕事を休む」ことにつきると思います。どうやったら、彼に仕事を休んでもらうことができるのか難しいですね。

 全然助言にならず、かえって気を悪くさせてしまったら、申し訳ありません。


よすさんも参加だ〜 SAKO - 2003/11/25(Tue) 22:34 No.518

こんばんわですー。
よすさんのレスを見て、大切なこと思い出しました。
そうそう!
完全休暇が、大切だ。ということです。
私は神経が図太くできてるのか、ごっそりそこが抜けていました。よすさんに感謝です。

私(側にいる者)の経験・感覚では、

1)なんとかしてあげたい。私がなんとかしてあげる!
2)あれこれしてあげても、少しも良くならない?
3)こんなに色々してあげてるのに?、と不信感
4)私の事すら気が回らなくなっている彼に絶望感
5)めげずに、色々勉強
6)休暇と投薬が不可欠、と納得
7)彼を疲れさせている原因を排除する事に奔走
7.5)その間、自分が彼を疲れさせているのでは、と煩悶。
 並行して、自称・友人が治療の邪魔をするため、排除等。
8)お互いにリラックスして、健康になる事が一番という結論
9)やっといい医者に巡り合えた。治療中


といった感じのプロセスをこの何年もやってきてます。

本当に私が病気の原因じゃないか、ってへこむけど、今ここで手を離すと、彼には誰も側にいなくなるから。
刺激しないように、環境を変えないように、そっと支えるように、とても気を使います。
正直、大変。でも、私が好きでやってる事だから、平気です。

クリスマスのイルミネーションなんて、もってのほかだよ〜。
それは数年後のお楽しみかも知れません。
はたまた、そんな日は来ないかも、と不安にもなる。

だからこそ、自分が健康でないと、相手を待ち・持ちこたえる余裕すらなくなるのだよね。
せめてあなたには元気でいてほしい、と私が思う理由はそこなのです。
私のレスも暗いねー!


よすさん、SAKOさん。 悩める女 - 2003/11/26(Wed) 01:22 No.519

貴重な書き込み、ありがとうございました。
よすさんの書き込みを読んで、彼の姿が垣間見る事が出来た様な気がしました。
彼は、うつ病にかかりやすい性格そのもので、真面目で、責任感が強い仕事人間です。だから、職場には病気の事は伝えていないのです。言いたくないのでしょう。話したのは、家族と私だけだそうです。
そういえば、この前、「回りの人が病気の事を知らないから辛い」って、ぼそってこぼしていました。
「仕事を少しづつ他の人にまかせてみれば?」って言ったら、「他の人では駄目なんだ。まかせられない。」と言っていました。他の人にまかせるのも、休むのも、きっと、もっとストレスになるのでしょう。そういう人なのです。ストレスが軽くなるわけもなく、最悪ですね。
よすさん、人事の人はちょっとひどいですが、上司の方がいい人でよかったですね。
よすさんは、私を助けて下さいました。人にいい事をすると、いつか自分にもどって来るっていいますよね。よすさんにもいつかきっと、、、、、待っていて下さいね。

SAKOさん、イルミネイションなんて、もってのほかなんですかあ、、、。
彼は仕事を減らす事はきっと自分では出来ないと想いますので、やはりお医者様におまかせし、仕事と休息をうまく、繰り返し、だんだんと彼の心の中で仕事に対するストレスが減って行く事を願うしかないですね。

皆様のお陰で何となく私の中に指標が出来たような気がします。
ほんとに、ありがとうございまいした。


初めまして 真田 - 2003/11/26(Wed) 18:34 No.521

初めまして。実は私はまだ高校生なのですがうつ病と診断されました。そして彼氏がいます。まだ若造ですが恋人がいるうつ病患者としてなにかコメントできないかなぁと思ってレスしてみました、、。なにぶんまだガキなのでバカなコメントをしたりしてしまうかもしれませんが、なにか力になれたら幸いですv
えっと私の場合は恋人を悲しませたくないって思いが強いので「気にしてないよ」というのを強く示してくれるととても安心します。あなたの場合とても病気の事を理解して、彼もボソッと愚痴をこぼしてるようなので、彼にとってすばらしい彼女なのではないでしょうか。もっと自信をもって彼のそばにいてあげれば十分だとおもいますよ!
私の彼も色々誘ってくれたりしますが、疲れるんで私はいきません。でもうれしくないわけじゃないんです!!だからその心の奥の隠れた「喜び」を感じ取ってあげるともっとうれしいかもしれませんね。でも誘いすぎると一緒に行ってあげられない自分が悲しくなるので誘いすぎってのも考え物ですが、貴方が居てくれるから彼も少しだけ元気になれてるのではないでしょうか!だって私も彼が居るから少しだけ元気です。上手く伝えられませんがこうやって悩んでくださる人が居ることはすごく幸せなことで感謝してるしそんなみんなが大好きです。でもそれを伝えられないんです。だから是非感じ取ってあげてください!!生意気なこと言ってすみません。では!


Re: 教えていただけますか。 管理人 - 2003/11/30(Sun) 22:22 No.531

 はじめまして。
 そうですね。うつ病の人って、ほかの人ならリラックスできることでも、苦痛に感じてしまいます。簡単にできるはずのこと、楽しいはずのこと、恋人に電話をかけることさえも、心の負担になりますし、苦痛なんですね。
 ある程度の距離を置いて見守るというのが、一番いい方法だと思います。おつらいこととは思いますが、まずはご自身の感情を出さないこと、努めて平静さを失わないことが大切だと思います。





過去ログ一覧(1) へ戻る


produced byYuki Tachibana