Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年02月03日〜



病気か性格か? 投稿者:金魚 投稿日:2004/02/02(Mon) 01:12 No.691
はじめまて、書き込みさせていただきます。

神経症と診断され、薬をのんで治療をしています。
うつ気分が非常に強くなり病院にいったところ神経症と診断されましたが、小さいころより程度こそ軽いもののうつ気分がずっとあります。具体的に書きますと、無能感、無力感が強く、自分が人に受け入れられていない、馬鹿にされるのではないかという恐怖・不安感が強く、気楽に話しをすることができません。神経症をいろいろ調べてみましたが、そのうちに人格障害というものを知りました。回避性人格障害の症状が自分に近いような気がします。人格障害は病気でなく性格のゆがみで、薬ではなおらないようなので、現在の治療でいいのか不安になっております。どなたかアドバイスお願いいたします


Re: 病気か性格か? スプー - 2004/02/02(Mon) 11:16 No.695

回避性人格障害か神経症かは難しいところですが、病名はともかく鬱状態が薬で改善されるのであれば、今のままでもいいのではないかと思います。

もし、人格障害だと思って不安でしたら、先生に聞いてみてはいかがですか?
薬とカウンセリングを並行するという手もありますが、カウンセリングは自己を見つめなおす作業なので症状が落ち着かないと出来ないかもしれません。先生と話し合うのが良いと思いますよ。



Re: 病気か性格か? 金魚 - 2004/02/03(Tue) 00:53 No.703

スプーさん、

アドバイスありがとうございます。
一度先生に聞いてみたのですが、妄想・幻聴がないから人格障害ではないですよと言われました。でもスプーさんのご指摘にあるように症状が悪かったので先生がそうおっしゃったのかもしれないですね。だいぶ状態が落ち着いてきたと思いますので、もう一度先生と話し合ってみます。アドバイスどうもありがとうございました。

(回避性人格障害と神経症と違いについて知りたいのですが、もし良いサイトをご存知でしたら教えていただけますか?)


Re: 病気か性格か? スプー - 2004/02/03(Tue) 16:28 No.709

私の言葉が足りませんでした。
今の症状から考えて人格障害だと告げない・・・と言う意味ではなく、今の症状から考えてカウンセリングを始めたり薬の変更などを行う段階ではないと先生は考えていらっしゃるのではないかと思います。

神経症にしても人格障害にしても、金魚さんの場合は攻撃が外に向かう事はあまり無いと思いますから、あまり気にせずに居ることが大切じゃないでしょうか? 自分は人格障害じゃないかと不安になるのでしょうが、それがまた神経症を強くしてしまうかもしれません。
沢山ある性格の一つで、ちょっと人より人と接したりする事が苦手・・・程度に考えるのが良いような気がします。
薬物療法で症状を抑えつつ、状態が安定した段階でカウンセリングや集団療法などが良いと思いますよ。焦らず、先生と頃合いを見つけてください。

サイトですが、違いが書いたサイトはありませんでしたが、
http://www.right-net.co.jp/spirits/mind_001_003.html
http://www.right-net.co.jp/spirits/mind_001_007.html
http://akatan.cool.ne.jp/jinkaku.htm#avoidant
あたりが検索できましたが、どうでしょうか?


Re: 病気か性格か? 金魚 - 2004/02/04(Wed) 01:10 No.716

スプーさん、

何度もありがとうございます。
病名にこだわらずにまずは落ち着いた心の状態に・・・って頭では分かってるのですが、どつぼにはまってしまったようです。調べれば調べるほど、「性格が悪すぎるのではないか。自分が思っている以上に周りに迷惑な性格ではないか」と不安になってきました。だったら調べなければいいのですが、これがまた止められないのです。

教えていただいたサイト見てみます。
不安はなかなかコントロールできませんが、スプーさんの「あまり気にせず」というお言葉ちょっと気にとめるようにしてみます。
本当にありがとうございました。


Re: 病気か性格か? スプー - 2004/02/04(Wed) 11:36 No.723

私は他人に対してあまり攻撃が向かなければ、性格が悪いとは思えないのです。
金魚さんの症状も判りませんし、悩みもわかるわけではありませんが、恐怖心が人より強い性格から引き起こされる神経症だと思います。社会生活がなんとかできるようになれば、性格を完全に治す必要も無いと思いますよ。

先生と話し合いながら、状態が落ち着いた段階でカウンセリング、集団療法。そして許可が出れば色んなサークルに飛び出せば良いと思います。焦らず、ゆっくりと。


Re: 病気か性格か? 金魚 - 2004/02/05(Thu) 00:49 No.734

スプーさん、

いつもありがとうございます。
表だって他人を攻撃することはありませんが、やはり恐怖心、不安感から、他人におびえ、敵意、憎悪を抱いてしまいます。今は外にでていませんが、この点が気になっています。こういった感情、だれでも多少はあるのでしょうが、強すぎてちょっと社会生活が送れなくなってしまいました。

焦らず、ゆっくりと。
今まで見過ごしてきましたが、とても大切なことですね。
スプーさん、いつもご意見、やさしいお言葉ありがとうございます。


Re: 病気か性格か? 管理人 - 2004/02/15(Sun) 22:34 No.756

 はじめまして。
 遅すぎるレスですみません。
 人格障害とはいっても、回避性人格障害や依存性人格障害は、本当に極端な例以外は、人格障害と考えなくてもいいものだと思います。特に日本では、文化的な背景もあって、人格障害という言葉自体がふさわしくないと思われます。
 欧米人からみれば、日本人の多くは、回避性人格障害や依存性人格障害だと感じることでしょう。その意味で、金魚さんが回避性人格障害ではないかと心配する必要はないと思います。
 たぶん、対人恐怖症や抑うつ神経症というのが、もっともそれらしい病名になるのではないかと思います。
 スプーさんのおっしゃるとおり、落ち着いてきたら、カウンセリング等の心理療法(精神療法)を受けることが、もっとも適切な方法だと思います。
 カウンセリング等の心理療法は、本人の動機づけがしっかりしていれば、人格障害の場合であっても治療可能です。


Re: 病気か性格か? 金魚 - 2004/02/17(Tue) 01:08 No.775

管理人さん、

アドバイスありがとうございます。

カウンセリング等の心理療法は、本人の動機づけがしっかりしていれば、人格障害の場合であっても治療可能です。

心強い一言です。治す気はあるつもりなんですが、どうも理屈をこねくりまわしてるだけで、本当に良くなりたいのか?って自分でも思ってしまうときがあります。まずは落ち着くこと、そしてカウンセリング受けてみます。ありがとうございました


Re: 病気か性格か? スプー - 2004/02/17(Tue) 10:44 No.780

>どうも理屈をこねくりまわしてるだけで、

始めはそれで良いんじゃないですか?
そう簡単に考えが変わる訳がないので、時間をかけてゆっくり治療するものだと思いますよ。
カウンセリングとはそういうものだとおもいます。





無題 投稿者:Piro 投稿日:2004/02/07(Sat) 10:56 No.739
はじめまして。コラム、とても参考になります。
でもパソコンを前にしてすべてを読む時間がなかなかないので
すが、管理人さんの著作物もしくは内容的にコラムに近い感じのお勧めの本などありましたらおしえていただけませんか?


Re: 無題 管理人 - 2004/02/15(Sun) 22:57 No.757

 はじめまして。
 残念ですが、私の著書というものはまだありません。また、完全にオリジナルですので、内容的に近い本もありません。
 私のお勧めの本は、非常に多岐にわたり、とても大量になります。その中で、どれか数冊だけをおすすめするということもできません。
 ただし、おすすめの著者としては、何人かあげることができます。
 心理療法家では、河合隼雄氏、秋山さと子氏、心理学者では、岸田秀氏、内山喜久夫氏、加藤諦三氏、精神医学(精神科医)では、小田晋氏、福島章氏、北山修氏、海原純子氏、香山リカ氏、哲学では、小坂修平氏、竹田青嗣氏、丸山圭三郎氏、医学と脳科学では、高田明和氏、養老孟司氏の著作が読みやすくてわかりやすいです。
 ほかにも、たくさんお勧めの著者がいるのですが、このへんで終わりにさせていただきます。


Re: 無題 Piro - 2004/02/17(Tue) 05:33 No.778

なるほど〜!でも上記の著者の本、いろいろ手にとってみたいと思います。
管理人さんの著書も今後発表されましたら入門書にしても深い本にしてもきっと読むと思います。
いろいろ大変かもしれませんがこれからもがんばって下さい。


どうしたら・・・ 投稿者:サエ 投稿日:2004/02/03(Tue) 13:30 No.707
皆さんこんにちは。少し前に、うつ病の妹のことで相談したサエと申します。

あれから妹は、夫と舅に冷たくされ続け、とうとう入院してしまいました。
入院といえば安心でもあるのですが、
けっきょくは、家を追い出されたも同然です。

妹の夫と、冷静に話し合おうと思って、会いに行きましたが
「もう愛情がない、離婚したい」とふてくされるだけで
現実的な話になっていきません。
このままでは、妹の留守中に、愛人が家に入ってしまいます。

妹は、病気がよくなれば二人の子どもと一緒に暮らせる、と、
それだけを励みに、闘病生活、がんばってます。
でもこのままでは親権も取れるかどうかわからなくなってきました。

私に、今できることは何でしょうか?
落ち着かなければと、自分に言い聞かせながらも
どうしてよいかわかりません。。ご助言お願いします。


Re: どうしたら・・・ スプー - 2004/02/03(Tue) 22:37 No.713

妹さんは離婚する決意を固めたのでしょうか?
だとしたら、逆に愛人が入ってしまえば、慰謝料の方で取れそうな気がしますけど。どうでしょう?

親権ですが、相手は何と言っていますか?
離婚したいというなら、離婚届けにサインをざせ、親権の記載欄に妹の名前を書きましょう。それは提出せずに、他の離婚条件がまとまった後に提出すれば良いと思うのですが・・・。

問題は親権を向こうが主張した場合。
日本の場合、親権に関しては母親の方が有利だそうですが、それは子供を育てられるという前提の話になると思います。
病気の状態では有利とはいえないので、できれば親権部分は裁判にせず、離婚届けを書くときに妹さんの名前を書くべきでしょうね。ただ、生活費などの他の条件で話がこじれた場合に、裁判になると親権部分も裁判で決められそうで、これが怖いですね。

親権はどうしても欲しくて、相手が離婚したがっているなら、とりあえず親権を確保して養育費をもらえればOK。それ以上はもらえればラッキー程度にして深追いしないという手もありますよ。

私のような素人がどうのこうの言うより、この辺りは弁護士さんに相談した方が良いような気がします。


Re: どうしたら・・・ サエ - 2004/02/04(Wed) 13:13 No.728

スプーさん、レスありがとうございます。

妹は離婚の意志は固いと思います。
思いますと書いたのは、今現在うつが重い状態なので。

親権については、向こうも子どもを引き取りたいと言ってます。
妹は自分が育てる気ではいますが
妹のうつ病が完治(またはそれに近い状態)しなければ
実質的に妹がひとりで働きながら子育てをすることには
無理があるのではないかと思います。
ですから、すぐに離婚というのではなく、時間が欲しいのです。
妹はある資格を取得するために、学校へ通っていたのですが
それも負担になってしまい休学しています。
せめて資格を取って、働けるかどうかを見極めるまで
離婚を引き伸ばしたいのが本音です。

ただ入院中に愛人が家事や子どもの世話等をしてしまうと
妹が一旦家に戻ることすらできなくなってしまう為
困っています。

スプーさんのおっしゃるとおり、弁護士さんに相談するのが一番だと思います。
私自身、頭がパニック状態になってしまって
おかしなカキコミをしてしまいました。

読んでいる皆さんに、こんな例もあるのだと知っていただければ幸いです。


Re: どうしたら・・・ スプー - 2004/02/04(Wed) 15:03 No.731

なかなかコレというものがないから辛いですよね。

妹さんはとても働ける状態ではない(子供を養う事は今は無理)し、旦那も親権を欲しがっている。

確かに離婚の話は先延ばしにしたいところです。
ただ、書かれているとおり、愛人が家に入って既成事実化するのは良くないです。親権で裁判になった時、既に養育しているという実績ができるからです。

とりあえず鬱が軽くなって退院したら、担当地区の民生委員、福祉関係の施設を片っ端から回ってみましょう。
離婚したら生活保護でもなんでも良いから、最低限の生活ができる環境を作ることが必要です。サエさんは妹さんが離婚して生活保護を受けるまでの一時的な資金援助ができるでしょうか?
できるなら、安いアパートを借りて妹さんと子供を住まわせ、離婚の話をし始めるのが良いような気がします。
私の浅はかな知恵ですから、本当に良い結果を生むかどうかわかりませんが、あまり打つ手が無い現状なので参考になれば幸いです。


愛人が家に出入りしているところは、証拠として残すべきだと思います。これは離婚時に相手に対して金銭的に有利に持っていくのにかなり好都合だと思いますから。


Re: どうしたら・・・ 管理人 - 2004/02/15(Sun) 21:31 No.753

 遅すぎるレスですみません。
 それにしても、ややこしい状況ですね。
 離婚するとしても、今の状況では、親権はかなり困難だと思います。やはり、実際の子育てができるかどうかが、大きな決定要因になりますから。
 スプーさんのおっしゃるとおり、親権をとるためには、時間を稼いで、妹さんが回復、ということを期待するしかないと思います。
 まずは家庭裁判所の調停委員や弁護士など、離婚問題の専門家に相談する必要があると思います。もしかしたら、親権をとれる何かの方策があるかもしれません。





お久しぶりです。 投稿者:ルイ 投稿日:2004/02/04(Wed) 12:15 No.725
ずいぶん前に、神経症で悩んでいてこちらにアドバイスしてもらったルイといいます。
前回コメントを下さった、とし@レノさん、管理人さん有難うございます。
休職していましたが、今は復帰しています。以前あった不眠や極度の不安、鬱状態は今は出ていません。薬も飲んでいません。
ですが、復帰してから仕事が出来ているか?と考えると答えられません。今は仕事が忙しくないのですり抜けていると言う感じで。「やる気」だけが戻ってきません。ただ時間をすごし、早く終る事だけ考えて、朝は会社を休みたくて仕方がありません。
最近スゴく思うのは、「こんなことしてていいのか」と言うことで...。逆戻りしてしまうのか、とか。今年も同じ事を繰り返して迷惑をかけるのか、そんな事をしたら嫌な顔をされるとか。
またグルグルと考え始めた自分がちょっと心配です。
これはやはり症状が軽くなっているだけで、根本的なところで治っていない不安定な状態なんでしょうか?
思い返して見ると、
不眠は治ったが毎日眠気が取れない。
食欲がなく、体重が減りつづけている。
肩こりが酷くて左手が痺れたり、頭痛がする。
疲れが取れない。やる気が無い。
など、肉体的な症状が出ているようです。

少し話がズレますが、新聞で肩こりや首のコリから「鬱」や「不眠」などになる事があるらしいですね。よく精神疾患と間違われるとか。
もしそうだとすると自分はこれなんじゃないかと思ったのですが....。
どこに相談すればいいのか分からないんです。


Re: お久しぶりです。 スプー - 2004/02/04(Wed) 12:32 No.727

はじめまして。
以前、薬を頂いてた先生に相談されてはいかがでしょうか?
軽い薬や、頓服などを処方していただけるかもしれませんよ。

とりあえず肩こりを軽減させる為にマッサージ、レンジで暖めて肩にあてるカイロみたいなものとか、肩こりに効く薬(筋肉の緊張を緩める薬があります)で試してみる手もあります。



Re: お久しぶりです。 管理人 - 2004/02/15(Sun) 02:31 No.750

 そうですね。まずは、スプーさんのおっしゃるとおり、以前治療を受けていた医師と相談してみるべきだと思います。
 肩こりや首のこりが原因であったとしても、不眠が重なってうつになってしまったら、治療を受けた方が早く治ると思います。原因がどんなものであっても、うつ状態が起こってしまえば、脳の状態が変化してしまっているのですから、精神疾患だと考えていいでしょう。
 もちろん、肩こりや首のこりが原因だった場合には、それを治すことで、うつ状態が改善されることもあるでしょう。でも、それはあくまで軽いうつ状態ですんでいた場合だけです。症状が重い場合には、やはりきちんとした治療が大切だと思います。
 身体症状は、うつの原因が転移して起こっているのかもしれません。仮面うつ病などといいますが、そうしたことを判断できるのは、医師だけだと思います。
 否定的な思考も続いていらっしゃるようですので、もう一度医師に相談されることをおすすめします。


おしえてください。 投稿者:まさひろ 投稿日:2004/02/03(Tue) 14:10 No.708
私は6年ほど前から「うつ」です、気長に治療しております。
ただ、わからないのは「生きる目的」です。何のために生きているのでしょうか?
誰か、教えてください。


Re: おしえてください。 スプー - 2004/02/03(Tue) 22:43 No.714

難しいテーマですね。
生物的な話は別として、やはり楽しむ為・・・ですかね。
まさひろさんは今は楽しむという事ができなくなっているのかも知れませんが、治ればきっとトンネルを抜けたように世界が違って見えると思いますよ。今は長いトンネルを走っている状態なので判り辛いと思いますが、いつかトンネルを抜けて楽しくて仕方が無いという日が来る事を待ってましょうよ。
果報は寝て待て(漢字あってる?)です。


1 夜更し中・・・ - 2004/02/04(Wed) 02:28 No.717

「何で私は(僕は)生きていかなければならないのか。」これに接する経験ができたこと自体が、
これから自分個人として自信や希望を持って生きていくためにとても意義あることだと思いますよ。


 かつて私は多くの世間一般の人達の姿に、
「只々生活のために会社やグループや社会の大流に身を置き、そして老いていくという、
そんな似通った無為な「人生」を送り続ける人間らしさの感じられない生き方をした人間」という存在なんだと、誤った見方をしていました。
ですが、私は自分の親の生き方を見て、その概念が多分に間違っているということに気が付きます。
 私は現在大学生で収入はバイトのみ、悲しいかな自分では年間の授業料で手一杯です。
食費もろくに稼げない身分の私の修学という目的のために、今は離婚して離れ離れの父は,
ちゃんと残された一家がやっていけるだけの生活費を送ってくれ、母もパートで忙しい日々です。
 生活費など送らなくてもいいと思えばいつでも止められるのに、欠かすことなく送ってくれ、生活を支えてくれる父。
人間関係や上司の人間性などで苦労しながらも、仕事に充実間を感じながら同じく生活を支えてくれている母。
 私はかつて高校を中退したり、その後も色々あったりと二親には不肖の子供として迷惑をかけましたが、それでも支え続けてくれたこの「人」たちや、
家のローンの大半を払ってくれた祖父母にも感謝しています。この人達がいなければ、私は今まで精神的にも肉体的にも生きてこられなかった。

決して、無為な生き方をしているわけじゃなく、私や他の家族を思って尽くしてくれている。決して恥じない生き方だと思います。
愛してる家族のために、懸命になって働いて生きている。そして、それに対して私がそれにちゃんと応えて生きていく。
こんな風に、一見普通に見える生き方にだって自分が誇れる生きる目的があるのだと、その姿から教えてもらったわけです。


2 (ラスト)連投すまそ 夜更し中・・・ - 2004/02/04(Wed) 02:40 No.719

私は、多分、こちらで勝手に思わせてもらえば、まさひろさんは自分の今の現状を暗いものを見る感じで捉えている状態なのかな〜と。
先の展望もしっかりしてて、夢も希望も原動力も歩みもしっかりしてる状態の人は生きる目的なんて毎時しっかり感じながら生きてるはずですしねw。
私は、まさひろさん自身が自身も持てて信念に裏づけされた確信を持って生きていかれたらきっと、自分自身に尊厳をもって生きていく生き方をできるのではないかと思います。井の中の蛙にならず、大勢の言葉に惑わされずに生きていけば、まさひろさんは生きる目的を確固たるものとして生きて行けるはず。

今になってよく考えてみれば前レスのスプーさんと同じ意見なんですがw。

人は暗い意識や感情では精神的にも、引いては肉体的にも長くは生きられないと思います。けれども、明るい気持ちだけでも決して為したいことの
真の充足はありえないとも思っています。「生きる目的とは何か」という究極の命題に向かうことができる今だからこそ、
できるならできるだけ早く持病を治されて、心身共に万全にして、この命題に対するまさひろさんとしての答えを出してほしいと思っています。
私自身道半ばというか、すこしも自分で納得できる前進をしきれてませんが、お互い状況や道や考え方が違えど、共に少しづつ着実に前へ進んでいきましょう





追記:あまり校正もせず、また独りよがりな乱文のため意味が通りにくいかと思います。どうぞお見逃しくださいませ。。。


Re: おしえてください。 ジュジュ - 2004/02/04(Wed) 09:12 No.721

まさひろさん はじめまして
一日に何度も「何で生きてるのかな?」とわたしも思います
楽しいことも嬉しいこともあるけれど
なんか とにかく 「何で生きてるのかな」 と思ってしまう
たぶん これは理屈ではいくらわかっても こころではわからないかも
レスにもなっていないけれど
死のうとも思うわけでもないけれど

でも 同じように感じる人はたまにいるんだなって
これって なんなのかな
こういう気持ちはおかしいのかな
わたしには ひょっとして とても当たり前のような気もする


Re: おしえてください。 管理人 - 2004/02/15(Sun) 02:15 No.749

 はじめまして。
 「生きる目的とはなにか」という、あまりに哲学的な問いに対して、簡単に答えることはできません。でも、考える方向を
少し変えるだけで、生きる目的を自分自身やほかの人に問いかけるということ自体、生きていることの証だと、感じられるように思います。
 生きる目的は、生物学的な個体としての遺伝子からすれば、次の世代に遺伝子を伝えること、となるでしょう。また、もう少し広げて考えれば、同じ種の保存ということになるでしょう。もっと広げて考えれば、生態系の保存、さらには生命圏の保存となりますね。
 しかし、人間は、そういった生物学的な必然的意義を、見失ってしまった存在だと思います。本能が壊れたとか、言葉というある種の過剰を存在の根本としてしまったとか、いろいろと言うことができます。
 そのような状況のなかで、ある意味必然的に生まれてくる問いが、先ほどの「生きる目的とはなにか」と言うものでしょう。
 私は、明確に生きる目的を持っている必要はないと思います。まずは生きているという事実を、認めてください。そして次に、生きている自分ができること、それを見つけてみてください。
 次は、できることを実際にしてみる、それを繰り返してみる、できることを少しずつ増やしていく、こんなあまりにも単純なことをしていくうちに、生きる目的が、だんだんとわかってくるのではないでしょうか。
 うつ病になってしまったときには、そのような現実を見失ってしまうものです。でも、回復期に入ったら、少しずつでも生きていることの現実、そして実感をを積み重ねていくようにすれば、そこから新しい人生が始まると思います。





過去ログ一覧(1) へ戻る


produced byYuki Tachibana