Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年02月23日〜



コンテンツに関心いたしました 投稿者:まちまち 投稿日:2004/03/02(Tue) 11:32 No.876
「うつ病との闘い方」がすばらしくまとめられてあり、
読ませていただきながら感銘を受けました。
わかりやすい文章で、難しい精神医学的知識を親切に解説してあり、
大変、役立つご報告だと思いました。
また、お母様へ対する心配りの細やかさに感動しました。
実は、当方、精神医療に携わるものでありながら、
うつ状態で通院中です。
現在はかなり回復してむしろ軽躁状態か?と思うほどです(笑)。
知人たちの間でも、うつ状態が意外と蔓延しているので、
さっそくこちらのサイトを紹介させていただきました。
なかなか好評です!!
これからも良いものを発信してくださいね。


Re: コンテンツに関心いたしました 管理人 - 2004/03/03(Wed) 21:17 No.885

 はじめまして。
 「うつ病との闘い方」、気に入っていただけて、とても光栄です。ありがとうございます。
 多忙のため、思うようにはいかないのですが、今後もいろいろなコンテンツを増やしていくつもりです。
 またいらしてくださいね。


身動きが出来ません。 投稿者:新堂 皐月 投稿日:2004/02/26(Thu) 22:37 No.852
初めまして、こんばんは。
私は今、ある(A)先生から「離婚している家庭は家族とは言えない」、「収入のない家族は家庭とは呼べない」と授業で言われ、丁度私の両親が離婚を進めている所でしたので、凄く傷つきました。
就学援助や、生活保護を受けている家庭だってあるのです。

その言葉が辛く、元からあった躁鬱(鬱)の症状が悪化してしまいました。自傷行為の意識が少し出てきてしまい学校も2日間休み、昨日行ったのですが、担任の先生は『皐月はもう少し時間がいるな』と言った筈なのに、A先生と2人で相談し、A先生と私とで話す事を決めていました。私に、一言も告げずに。

私はA先生から声をかけられたのですが、別の病気の発作が起きる可能性があったので、泣きながら走り、逃げる事しかできませんでした。
結局、落ち着きかけた私の心は、担任の先生とA先生で決められた行為によって、また鬱へと落ちて行ってしまいました。

今日も学校へ行けませんでした。どんどん気分が落ちていき、ふと『私がいなかったら先生達はこんなトラブル無かったんだよなぁ・・』と思う様になっていました。
児童を扱っている病院へ3月行くのですが、以前の病院が薬だけで診察は2〜3分だったので、凄く不安です。
本当に良くなるのか、私はこのまま落ちていくばかりなのでしょうか・・・。


あまりまとまりのない文で申し訳御座いません・・・。


Re: 身動きが出来ません。 ジュジュ - 2004/02/27(Fri) 00:18 No.853

新堂さん 家族はこうでなければならないということはないですよ
新堂さんの言うとおりだと思います
A先生はそのことに気づいていないのだと思います
社会一般に言われていることをうのみにしているだけです
新堂さんのご家族はご家族で辻褄があってるのです
みんな一生懸命に考えて精一杯生きているのです
新堂さんのご両親も精一杯いきておられるのです
もちろん新堂さん自身も精一杯いきているのです
出来たら先のことをあまり心配しないで
今日一日を肩の力をぬいて生きてください
そうすれば 明日は必ず来ます
老若男女に関わらず そうして今日一日と生きている仲間はたくさんいますよ
わたしも含めて


Re: 身動きが出来ません。 スプー - 2004/02/27(Fri) 10:53 No.854

相手の配慮が足りなかったり色んな考えがあるので、なかなか難しいですよね。
私は家族というものと、仕事や離婚問題とは直接の関係はないと思います。実際、片親で育てられた人は沢山いますし、無理に結婚を続けてギスギスした関係でいるよりは、離婚して片親と笑顔で過ごした方が良いでしょうし。

A先生だって教師をクビになったら無収入になります。先生の家族は今まで家族だったのに、クビになったら家族と言えなくなるのでしょうか? 違いますよね。A先生のその理論は、まったくナンセンスなので、そういう意見は無視して良いと思いますよ。


歯車が合わないときは全然合わないもので、何やっても裏目に出てしまいますよね。誰が悪いという訳でない事も多く、今回も少なくとも皐月さんが悪いは思えません。自責的にならない方が良いですよ。

新しい病院で不安はあるでしょうが、思春期関係に強いところのよですから安心してください。大きい病院はどうしても投薬中心の3分治療になりがちで、それは仕方がない事です。しかし、おそらく次の病院は症状をみながら適切に対応してくれると思います。


歩く時、遠くを見すぎたら石につまづいてコケます。
石を気にしすぎて近くを見すぎたら電信柱にぶつかってしまいます。
自分が楽だと思う場所を見ながら歩いてくださいな。
きっとコケませんし、気がついたら石も電柱も見れるようになっているかもしれません。


Re: 身動きが出来ません。 新堂 皐月 - 2004/02/29(Sun) 12:06 No.863

レス、有難う御座います。
そして遅れてしまい申し訳御座いません。

>ジュジュさん
そうですね、肩の力を抜いてみようと思います・・。
最近、そんな事すら忘れてしまっていました。
ジュジュさんのレスで思い出した感じです。
有難う御座います。
家庭の事も、凄く嬉しかったです。
そうですよね、おかしくはないんですよね。
暖かく、優しいレスを有難う御座いました。

>スプーさん
そうですね。クビになっても、家庭は壊れないですよね。
有難う御座います。視点を変えて考える事が出来ました。
・・有難う御座います。そう言って頂けると幸いです。
また、私の通院した病院は個人病院?だったのです。
患者さんも少なく、ギュウギュウでもなかったのですが2〜3分診断で・・・。
ですが、今度の病院は少し希望を持っていけそうな気がします。有難う御座います。

そして、歩く時のお話・・・。
凄く心にしみました。私の心の中に、ずっと忘れない様に残したいと思います・・。
とても優しく、そして素敵なレスを有難う御座いました。


Re: 身動きが出来ません。 管理人 - 2004/02/29(Sun) 22:18 No.870

 はじめまして。
 いろいろとお悩みのことと思います。悪気がなくても、誰かを傷つけてしまうようなこと、平気で言ってしまう人がいるのは、どうしようもない事実です。
 でも、「離婚している家庭は家族とは言えない」とか、「収入のない家族は家庭とは呼べない」というのは、明らかに間違っていることですね。ジュジュさんがおっしゃるとおり、気にしないことが一番です。
 スプーさんの言葉、本当に素敵です。ゆっくりのんびり、自分が楽だと思える場所や生き方を探してくださいね。


Re: 身動きが出来ません。 スプー - 2004/02/29(Sun) 22:28 No.871

さほど人が居ないのに3分治療だと、ちょっと不満ですよね。
薬だけで治る場合もありますけど、やはり不安、不満とかは聞いて貰いたいものでしょうから。
投薬メインの短い診察時間で沢山の人をみた方が儲かるという制度が問題なんでしょうね。神経科とかに関しては、必要に応じて診療時間が長くなる場合は、報酬も高くなるようにすれば良いと思うのですが・・・。


さて、病院を変えてすぐに治るという訳ではないでしょうが、きっと次は今より良いところだと思います。
よほど相性が悪くない限りは、信用して治療を受けてみてください。


Re: 身動きが出来ません。 新堂 皐月 - 2004/03/02(Tue) 00:08 No.873

>管理人さん

初めまして、こんばんは。レス有難う御座います。
そうですね、やはり悪気が無くとも、誰かを傷つけてしまうのは、悲しいですがありますね。
はい、出来る限り気にしない様にしようと思います。
暖かいレス、有難う御座いました。

>スプーさん
こんばんは、レス有難う御座います。
そうですね、やはり不満が出てしまいます・・。
ですが、新しい病院は少し期待して行ってみる事にします。

頑張ってみようと思います^^
お優しいレスを有難う御座いました・・。





こんにちは 投稿者:sumire 投稿日:2004/02/25(Wed) 16:48 No.846
 こんにちは。自分がうつ病になって、どうして自分だけが...と思い続けてきましたが、みなさんの書きこみを読ませていただき、自分だけではないんだな、たくさんの方々が同じような思いをしているんだなと、変な言い方ですが、ちょっとほっとしたような気がしました。
 7月下旬から休職し、始めのうちは1か月ぐらいで復職できるのではないかと思っていたのですが、全然無理。職場と相談して12月いっぱい休ませてもらうことにしました。44歳、やはり以前よりも大分パワーが落ちているんでしょうね。しかし、今年のお正月あたりは復職に対して万全な気持ちでいました。さて、いよいよ1月4日、5か月ぶりに出勤しました。5日も出勤して、一日いました。あまり差し迫った仕事がなく、ゆったりと過ごしました。そして、その翌日から2日間、疲れてぐったりして、家で休んでしまいました。その疲れの大きさに自分でびっくりしてしまいました。結局、これでは一週間ももたないと怖くなって、3月いっぱい休職を延長させていただくことをお願いし、そうなりました。現在、休職7か月めです。今は大分楽になってきましたが、しかし、油断は禁物。じっくりこの病気と向き合って、付き合っていかなければいけないと思っています。
 職場の同僚も以前うつ病になり、薬とカウンセリングで3か月で復職できたそうです。私の場合は、休養と薬で治療しています。医師にカウンセリングのことも相談しましたが、あまり必要ないのではないかということでした。しかし、職場内ではカウンセリングで3か月で復職した彼女の印象が強くて、私の休職延長はカウンセリングをしないせいだという雰囲気のようです。1月下旬、休職延長のお詫びと今後について相談したくて、上司に、電話で自宅をお伺いしたい旨を伝えたところ、「来なくていい。ゆっくり休んでくれ。電話で済ますことなら、今言ってくれ。」という上司からの言葉でした。まあ仕方がないのですが、さらに、「この間聴いた講演会でも、カウンセリングが治療のための一番良い方法だと言っていたよ。」という一言が続きました。その言葉が、どうもひっかかりました。いままでがんばってきた思いが否定されたようで...。
 でも、やっぱりカウンセリングは重要なのでしょうか。それが今の大きな疑問です。
 書きこみさせていただき、ありがとうございました。気持ちがすっきり。


Re: こんにちは ジュジュ - 2004/02/25(Wed) 17:20 No.847

はじめまして
うつと診断されて4年目になるものです
わたしの場合は 精神科医自身がカウンセリングと投薬としてくださいます
初日は40分ぐらい その後は15分の保険のきく病院です

確かに投薬だけでは わたしの場合は無理だったようにも思います
それから それだけでも無理で この管理人様のHPを読んだり 自分でもいろいろとしました

うつになるのは いろんな原因があると思いますが
結局機能不全家族に育ったために
自己肯定感が少なく そのために不必要なまでに精神を使ってしまったからのようです
だから どうすれば自己肯定感がもてるか 自分がどうしてそんなに不必要なまでに精神を使ってしまうのかを探ることが必要かと思います
わたしも だいぶ試行錯誤しました
まだまだですが こうして管理人様のHPでときどき書き込ませていただきながら すこしずつよくなってきているように思います
いっしょに生きていきましょうね


Re: こんにちは スプー - 2004/02/25(Wed) 22:36 No.850

カウンセリングは、カウンセラーと話して自分の考え方などを修正していくものですから、鬱病などの場合は必ずしも必要という訳ではありません。

sumireさんの場合には鬱病という事ですので、おそらく主治医の先生は仕事の負荷等が原因であって、考え方に問題があると考えていないのではないでしょうか? それでカウンセリングは「あまり必要ないですよ」とおっしゃられたのだと思います。

私はあまり鬱病に関しては詳しくないですし、sumireさんの病状を知っている訳ではありませんが、sumireさんに関しては私もあまりカウンセリングは必要ないのではないかと思います。
ただ、カウンセリングを受けたという事で安心し、心が落ち着くかもしれませんので、受けてみたいという事であれば主治医の先生にもう一度相談してみてはいかがでしょうか?

鬱病は軽ければ数ヶ月で治りますが、あくまで個人差、病状で違います。同僚の方が薬とカウンセリングで3ヶ月で復帰されたのは、あくまでその人の場合だと思いますよ。
その方のカウンセリング期間がどのくらいだったか知りませんが、3ヶ月のカウンセリングでは劇的な効果はないと思います。
おそらく症状が軽く、薬との相性が良かったのだと思います。

sumireさんはsumireさんですから、自分のペースで歩けば良いと思います。人に急かされてコケるよりは断然。


ありがとうございました sumire - 2004/02/28(Sat) 21:08 No.859

 ジュジュさん、スプーさん、お返事ありがとうございました。温かい励ましの言葉で、また元気が出たように思います。このホームページを読んでいると、一つの悩み(問題)に対して、深い知識に基づいた適切なアドバイスがありますので、すごく勉強になっています。
 蝉丸さんのを読ませていただき、自分も同じだったと思いました。とにかく復職のことだけを考えていました。休職1か月で、3か月で...。5か月を過ぎて念願の復職を果たしたと思ったら2日でダウンしてしまい、また休職生活です。
 「うつは心の風邪」とは、よく言ったものです。しかし、私は、この言葉に騙されたような気がします。軽くみてしまいました。早く治ると思っていました。無理して、体を鍛えたりしていました。それを悔やんでいます。今は、うつは私にとって“嵐”や“台風”のように感じています。それが過ぎ去るまで、じっとしています。
 私は、3月2日、職場に顔を出すことになりました。4月から復職できるか、様子を見るためだと思います。心を落ち着かせて、気負わないで行ってきたいと思います。
 蝉丸さんは、3月1日から復職の予定とのこと。ゆっくり、絶対に無理をしないで少しずつ進んでほしいと願っています。
私自身も、そうしなければと心に誓っています。


私見です Re: こんにちは ジュジュ - 2004/02/29(Sun) 13:43 No.864

うつにはいろいろあると思います
脳の機能的なもの 例えば 更年期障害などのような
それから 急に環境が変わった場合 例えば 子供が独立して急に一人ぼっちになったり 愛するものが亡くなってしまったりした時のような
それから もう一つは 小さい時の環境で自己の存在意義が確立されなかった場合です

前の2つは薬である程度治りますし完治しやすいと思います
しかし 最後の分はなかなか完治しないと思います

それを治すためには薬という方法と カウンセリングと言う方法があると思います
カウンセリングにはとてもいろんな方法があります
私の知っている範囲では大きく分けて 今の感情の障害を癒していくと言う方法 と 過去を振り返って感情の障害が起こった時点に戻り 納得した上で辛い感情を開放していくと言う方法です
どちらがいいということはないとおもいます
精神科医あるいはカウンセラーのそれぞれの方法でいいと思います

わたしの場合は3番目ですが
完治しようと焦らないことだとこの頃思ってきました
鬱である自分を丸ごと受け入れることで 幾分こころが穏やかになってきたようにも思います
小さい頃の出来事でその時起こった感情は自分自身で隠してしまっていて 
今になって何かが起こった時 こころが波立つことで ああ
ここに何かがるのだなあ とわかります
あっ この人は苦手だと思った時 その人の言動の何かが
過去に辛い思い出とともにあることがわかります
あるいは 親や社会にこれは良いことこれは悪いことと教えられてきて やがて自分の中のこうでないといけないという囚われとなってしまったことに反する言動であったのだとわかります
その囚われは人を苦手と思うだけではなくて 自分自身の生き方もがんじがらめにしてしまいます
自分はこうあらねばならないというものをたくさん持ってしまうという事です
鬱の人が真面目に見えるのはこのことが原因だと思われます
また 自分の存在意義を確かめるために 他人にとっていい人をしてしまいます
これらのことは知らず知らずのうちに大変な負担を自分に強いてしまうことになると思われます
 


Re: こんにちは 管理人 - 2004/02/29(Sun) 22:36 No.872

 はじめまして。
 うつ病などの心の病いは、本当に人それぞれです。どんな治療が必要かとか、どんな薬が必要かとか、何が原因かとか、それらが一人一人違うので、治療経過も治療期間も変わってきます。短い人は、1ヶ月程度でも完治します。長い人は、何年も続きます。
 カウンセリングが必要かどうか、効果が期待できるかどうか、というのも、患者によっても、そのときの状態によっても変わってきます。このへんは、医師の判断に任せた方がいいでしょう。
 患者にとって、もっとも大切なことは、決して焦らないということです。
 ほかの人と治療経過を比べても、意味がありません。うつ病に対する無知や無理解が、カウンセリングを受けたら早く治る、というような誤解を生んでいるのでしょう。
 とにかく気にせず、ゆっくりのんびりと休んでください。
 





母が鬱病です。 投稿者: 投稿日:2004/02/27(Fri) 17:18 No.855
はじめまして。霧と申します。
母が3年前から鬱病です。
1度目の発症は、私の結婚が原因で薬の服用後すぐによくなりました。
2度目は、私の引越しです。(引越しといっても母の家から車で20分のところから30分のところに変わったぐらいですが・・・)
今のところ、自殺をしたりしてません。(死にたくない、生きたいそうです。)

ただただ寝ているだけです。そのせいか、食欲もなく、足腰も弱っています。
このままだと寝たきりになってしまいそうです。
鬱病で、何もしたくないというとき無理に何かをさせてはいけないといいますが、
このままだと寝たきりになりそうで心配です。
家族はただただ見守るしかないのでしょうか?
いろいろ、本を読んだり、HPを見たのですがよくわからなくて・・・
ご家族に鬱病、特に老人性欝がいらっしゃる方はどのようにすごされているのでしょうか?
おしえていただけるとありがたいです。


Re: 母が鬱病です。 さとぷぅ。 - 2004/02/27(Fri) 19:01 No.856

はじめまして。
私自身が鬱病なので、鬱病患者の気持ちを
お話したくて返信しました。
私自身、寝たきりが多いです。
鬱病になってから極端に疲れやすくなったからです。
寝たきりになってしまうんじゃないかという
心配も理解できますが、お母さんとお話してあげて下さい。
私自身、母や主人に病状や苦しみを聞いてもらい
病状を理解してもらえるのが一番の薬になります。
あまり良いアドバイスではなくて残念です。

家族からのアドバイスはかなりプレッシャーに
なることも多いので無理に動くことを勧めるより
苦しみ、気持ちをいっぱい聞いてあげてください。
お願いします。


Re: 母が鬱病です。  - 2004/02/27(Fri) 20:29 No.857

早速レスありがとうございます。
鬱病の方のお話を聞く機会がないので助かりました。

>>家族からのアドバイスはかなりプレッシャーになることも多い
そうですね。。。こちらはプレッシャーをかけてるつもりはなくても
母はそのように感じてるかもしれないですね。
今は、話をゆっくり聞くしかないのですね・・・



Re: 母が鬱病です。 管理人 - 2004/02/29(Sun) 21:42 No.869

 はじめまして。
 うつ病には、いろいろな症状や状態があります。したがいまして、それぞれの症状や状態によって、ある程度対応の仕方が変わってきます。
 基本的にはゆっくりと休んでもらう、共感を持って話を聞くことが大切ですが、時にはリハビリのような治療も必要になってきます。
 あれこれと考えたり悩んだりするよりも、担当医との関係を綿密にして、細かな指示を仰ぐことが大切です。老人のうつ病では、筋力の低下による歩行困難や脳の萎縮という事態を伴うこともありますので。


不安です。。 投稿者:ころ 投稿日:2004/02/23(Mon) 00:29 No.821
部署異動があった昨年9月ころから、職場の雰囲気になじめず毎日会社に行くのが嫌で悩んでいました。 そのころから朝なかなか起きれず午前中は不安感に襲われる症状があります。 不思議なのですが午後、夕方になると楽になります。 今年の2月ころからは熱がでてだるい状態が続いたり、会社で何度か吐いてしまったり、休日は外にでる気もせず家の中でしかも布団の中からなかなかでることができない状態です。 友達とも会う気もせず、家族と電話で話すのも億劫になってしまっています。 また会社で自傷行為も5回ほどしてしまいました。。 また自傷行為をしてしまいそうでとても不安です。 やはり病院に行ったほうがいいのでしょうか。。


Re: 不安です。。 スプー - 2004/02/23(Mon) 10:03 No.827

はい、是非病院に行くことをお勧めします。
早い段階で薬を飲めば、結構早く治ってしまうかもしれません。
合う薬にめぐり合えば「何でもっと早く病院に来なかったんだろ。こんなに楽になると思わなかった」というようになるかもしれません。
鬱は風邪に例えられますが、風邪でもこじらせれば大変な事になります。

精神科・神経科・心療内科は、一般で考えられているより行きやすい場所だと思います。


Re: 不安です。。 ころ - 2004/02/24(Tue) 20:25 No.839

ありがとうございます。 はじめて心療内科に行ってきました。 思っているより行き易く、とてもきれいなところでした。 行く勇気がなかったのですが、スプーさんの言葉で勇気がでました。 ありがとうございました。


Re: 不安です。。 スプー - 2004/02/24(Tue) 21:41 No.841

お役に立てて何よりです。
あとは、薬が処方されたら自己判断で薬を止めないようにしてください。
症状が出なくなってからすぐに止めてしまうと反動が出ますから、先生の指示通りに薬を飲み、徐々に減らしてください。
あとは、できるだけゆっくり過ごしてください。休みの日は何もしなくても良いんです。布団から出る気力が沸くまで待ちましょう。


Re: 不安です。。 管理人 - 2004/02/29(Sun) 21:08 No.865

 はじめまして。
 良かったですね。スプーさんのおすすめどおりに、早めに医師に行くことができて。
 うつ病などの心の病は、ゆっくりのんびり治療して、決して焦らないことが大切だと思います。





過去ログ一覧(2) へ戻る


produced byYuki Tachibana