Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年04月09日〜



うつ病と闘ってます 投稿者:k-2 投稿日:2004/04/14(Wed) 00:00 No.1169
はじめまして。
うつ病との闘い方...とても参考になりました。
実は私の母もうつ病を患ってます。
始まりはやはり「ダメなんだ、もうダメなんだ」でした。
母は自傷行為によって手首を短冊状に切り刻んで
発見が遅れたら、きっともう死んでいたと思います。
それから4年が経過するのですが、状態は一向に良くなりません。現在も入院治療中です。
悪いことに、最近、父が癌になってしまいました。
父の介護をしてあげたいが、何もできない自分にもどかしさを感じる為か分かりませんが、ちょっとした症状も大げさに捉えるような訴えが続き、自分自身で病気をつくり出してしまうんです。
ここ数日はひきつけを起こしたような呼吸で食事も摂らず、私が手を差し伸べると「今日、死ぬから看取ってほしい」と言わんばかり、本当に死んでしまいそうな呼吸をするんです。
母は父の看病ができないこと、兄や私に迷惑をかけたくないという気持ちが強いのだと思うのですが、その心配をどうやっても取り除くことができないのです。
兄夫妻は遠くに住んでいる為、看病は私がやるしかないのですが、どうにかして母を救ってやりたいんです。真面目一筋で頑張ってきた母なのに...
もう8年も母の笑顔を見ていません。どうかアドバイスをお願いします。


Re: うつ病と闘ってます 管理人 - 2004/04/14(Wed) 22:12 No.1171

 はじめまして。
 大変なご様子ですね。
 現在入院治療中ということですので、医師と治療方法について相談されてはいかがでしょう。長くかかる難治性うつ病には、電気ショック療法や新しい薬など、いろいろな治療法が研究され、実際に行われています。
 お母様を救いたい気持ちはよくわかります。でも、ご家族がなんとかしたいと焦っても、どうにもなるものではありません。まずは冷静になって、もっとも効果のありそうな治療法について、医師とよく相談してみてください。
 相談時の家族の真剣さ、きっと担当医にも通じると思います。





はじめまして 投稿者:プチ 投稿日:2004/04/10(Sat) 16:41 No.1143
 検索してこちらにたどり着きました。はじめましてプチと申します。
 もしかしたら、私の書き込みを読んで、気分を害される方がおられるかもしれませんが、どうぞお許し下さい。

 私はつい先日、うつ病と診断された者です。
 私の叔母は去年、うつ病とガンで亡くなり、彼女の夫である叔父も、今年に入ってから自殺しました。後で、叔父と叔母はかなり長期間、うつ病治療を受けていたことが分かりました。子供がいない夫婦で犬猫をいっぱい飼っていて、元気に見えたので、私たちも気付かなかったのです。
 私の母は昔から精神不安定で、私は「幸福な家族」を演じるように言われていました。母が怖くて父には話せませんでした。
 私が独立してから、初めて父に話すことができ、母を病院に連れて行ったところ、人格障害の可能性があると言われて、現在通院・治療中です。

 私は我慢することや耐えることには慣れていると信じていましたし、周りに素直に感情をあらわすことは絶対にしませんでした。
 叔父が海に投身して、1ヵ月後に発見され、身元確認に行った時、余りにもひどい姿にショックを受けましたが、周りに理解してもらえませんでした。仕事の能率が下がり、無口になり、もう仕事はできない、私はもうダメだ…と思うようになりました。
 私の心の唯一の癒しだったペットとの別れも重なり、我慢や耐えることに慣れている私も、とうとう限界が来たようで、気付かないうちに、自傷するようになっていました。
 おかしいと気付いてくれた友達が、医師を紹介してくれて、初めて自分の病気を知りました。

 十分に休みなさいと言われましたが、今までストレス解消やリラックス方法という言葉とは無縁の生活を送ってきたので、自分は何をしたらいいのかすら、分からないのです。
 寝たいと思っても、叔父の件や仕事の悩み、母のことなどが頭から離れず、眠れないのです。もちろん薬は言われた通りに飲んでいますが、これで本当に治るのか、とても心配ですし、ひどくなったら叔父や叔母、母みたいになるかもしれない、周りに迷惑をかける…と恐怖も覚えます。

取り留めのない文章になってしまって、申し訳ございません。
皆様なら、私の気持ちを理解していただけると信じています。
私にアドバイスがあれば、どうか、人助けと思い、よろしくお願い致します。


Re: はじめまして ジュジュ - 2004/04/10(Sat) 21:46 No.1144

しんどい人生だったね 気持ちよくわかる
ご兄弟はいるの?
わたしの母は人格障害というほどではないけれど ヒステリーで 人を自分の思い通りする怖い人でした
今はだいぶ年もとり少し穏やかになりましたが

わたしも娘時代 家が円満に行くようにと必死でした
それで 今はうつ病です でも人格障害にはなりませんでした
プチさんの書き込みを読んで 
プチさんが人格障害になるとは思えません

それから 叔父さんのこと お母さんのことはプチさんのせいではないのだし 今まで苦労してきたのだし
どうぞ もう自分の事だけ考えてゆっくりしてください
時がたてば お仕事も出来るようになります
過去のことと将来のことを考えずに今の事だけ考えてください

たしかに 長い間自分の自然な感情にふたをしてきたので
感情を素直に出すということはなかなかできないかもしれません
その分 自傷行為となってしまうのですよね
わたしも 辛いことがあると だれにも辛いといへず
というより 辛い思いをしていると人に察せられるのが怖くて
自分の感情を押し殺してしまいます
そうして そのぶん 腕を切ってしまいます
また 円形脱毛症にもチックにもなりました
でも なんとか 今日一日を生きています

私達のように小さい時自分を置き去りにしてきたものにとっては 生きているだけでも えらい んです
そう思って ご自分をいたわってあげて下さい

それから プチさんのおとうさんも辛かったでしょうね
おとうさんも ゆっくりできればいいですね


Re: はじめまして 管理人 - 2004/04/11(Sun) 01:47 No.1148

 はじめまして。
 幼少期から長いあいだ、とても苦しい思いをしてきたのですね。しかも、叔父様と叔母様のとても苦しい死を目の当たりにして。さらには、心のよりどころとなっていたペットとの死別。
 これだけのことが重なれば、うつ状態になっても当然のことでしょう。自傷行為は、強烈な心の苦しさが、自分を傷つけるという行為となって現れてきたものです。
 本来は、ゆっくりのんびりと休むこと、これがもっとも大切な治療方法なのですが、そういう状態を経験していなければ、どうしていいかわからないですよね。ずっと、心がぎりぎりのところで生きてきたのでしょう。
 どうか、本当に少しずつでもいいですから、ご自分の気持ちを言葉にするようにしてください。医師に対しては、どんなことでもいいんです。言葉にして聞いてもらってください。
 ゆっくりと休むというのは、これをやらなきゃいけない、これができなきゃいけない、というように、自分の心や行動を縛りつけないことです。ただただのんびりと日々を過ごしていくことです。もし音楽が好きなのでしたら、いろいろな曲をのんびりと聞くのもいいでしょう。
 最初は思うように眠れないかもしれません。でも、眠れないことに焦っても仕方がありません。いつかは眠れます。また、寝不足で起きれなければ、ずっと起きなくてもいいんです。治療の最初の段階は、規則正しい生活も考えなくていいでしょう。
 ただし、あまりにもつらいようでしたら、入院治療も考えてみる価値はあると思います。


Re: はじめまして プチ - 2004/04/11(Sun) 08:38 No.1150

 ジュジュ様、管理人様、本当にありがとうございます。理解して下さる方がいると分かっただけで、うれしくて、不覚にも涙してしまいました。
 私は28才の独身女性です。一人っ子です。両親は離婚していて、母の世話は母の兄弟がやっています。私は社宅に入っているので一人暮らしですが、周りにたくさん友達がいて、共同生活を送っていると言ってもいいような環境です。
 社宅に入るまで、親戚中から、母がうつ状態や人格障害になったのはプチのせいだ、母の世話を全てしろ、責任を取れ!と言われ続けていました。叔父のことも、母のことも、何かきっかけがある毎に思い出してしまい、気が狂いそうになります。
 それに、1年前、婚約者との死別もありました。私のことを一番理解してくれていた人が、結婚式の直前に不慮の事故でいなくなって、そのショックも大きかったです。これは言ってはいけないことだと、心の中にしまっていました…。

 もし私に入院治療が必要であるならば、お願いしてみようかと思えるようになりました。一度、お医者様に相談してみます。
 こんな私に、アドバイスを下さる人がいると知っただけでも、本当にうれしいですし、感謝しています。細々とでもいいから生きていこうと思います。


Re: はじめまして スプー - 2004/04/11(Sun) 21:17 No.1154

はじめまして。
お母さんがうつ状態になったり、人格障害になったと親戚から責められたようですが、うつは別として人格障害の多くは、その人の基礎となる幼少時代の問題を引きずって、思春期・成人期に発症する事が多いです。ですから、プチさんのせいとは思えません。
うつに関しても、お母さんが精神的に不安定だったという事ですから、おそらくプチさんが生まれる前から持っていたものが関係しているように思います。

プチさんのせいではないでしょうね。むしろ、親戚の方々がそのように攻め立てる気質をお持ちのようなので、もしかするとお母さんは親戚の方の影響で発病したという可能性もありますね。わかりませんけど・・・。

症状がわかりませんので入院が良いのかどうかなんともいえませんが、主治医が入院で十分な休養を取った方が治りが早いと判断されるなら、入院も良いと思いますよ。


Re: はじめまして プチ - 2004/04/12(Mon) 11:26 No.1160

 スプー様、ありがとうございます。
 肩の荷が少し降りて、軽くなったような気がします…私は自分を責めていたのです。どこが悪かったんだろう、申し訳ないって、いつも考えていました。
 でも、こうやって、知識がおありの方や、客観的に見れる立場の方からのご意見を聞いて、私のせいではないのだと、自分に言い聞かせようと思いました。

 担当のお医者様に、入院治療のことを電話で聞いてみましたら、絶対に必要ではないけれど、そんなに心配なら、次の診察の時にお話しよう、と言われました。
 あまりにも眠れないので、睡眠薬の処方をお願いしましたが、それよりもアロマ療法のほうがいいんじゃない?と勧められましたので、そちらを試すことにしました。

 悩んでいることがあります。私がうつ病になったことを、人格障害で治療中の母に、話すべきか黙っておくべきか?ということです。
 かなり動揺すると思いますし、うつ病や病院といった言葉にすごい反応を示す母ですから、今までの治療が台無しになる、ということも考えられます。
 親戚にも話すべきなのか、話して親戚から母に言ってもらったほうがいいのか、いろいろ考えているのですが…。


Re: はじめまして 管理人 - 2004/04/12(Mon) 22:02 No.1163

 とてもつらいことが、いくつも起きたのですね。婚約者の方のこと、本当に心が痛みます。
 でも、こうして表現できるようになったこと、とてもいい傾向です。このようなことが、ずっと心の中にしまい込まれていると、心の病気の原因となりやすいです。
 親戚の方の言葉は、気にしなくていいと思います。お母様が人格障害なのですから、被害妄想に陥って、すべて悪いのはプチさんだと言いふらしたのではないかと思います。
 人格障害の人は、よく子供の悪口を言います。子供のせいで自分が不幸になったなどと勝手に確信し、言いふらしたりします。悪いのは親(自分自身)なのですが、子供に責任転嫁してしまうのですね。
 ということで、プチさんがある程度落ち着くまでは、お母様には話さない方がいいと思います。
 親戚の方々も、様子をうかがう限り、お母様に振り回されていて、まともな思考ができないと思います。下手に話すと、「母親を大切にしないからそんな目に遭うんだ」などと、ひどいことを言われるかもしれません。 
 人格障害の人の周りには、どうしてもこのような争いごとや「いじめ」が起きやすくなります。これは仕方のないことなんです。
 お母様のことも、親戚の方々のことも、しばらくのあいだ放っておいて、プチさんご自身の心を癒すことを中心に考えるようにしてください。


Re: はじめまして プチ - 2004/04/13(Tue) 20:01 No.1165

管理人様、ありがとうございます。
やはり今は、母や親戚には言わないほうが良いのですね。しばらくはこのままの状態で、治療を続けていこうと思います。

 明日から1〜2週間の予定で、入院することになりました。睡眠や食事の不足から、身体に影響が出始めているとのことで、入院が必要と判断されてしまいました。
 でも、私にとってそれが最善の方法であるならば、素直に受け入れたいと思います。

相談に乗って下さった皆様、本当にありがとうございました。元気になって戻ってきたいと思います。


こんちは 投稿者:オレンジ 投稿日:2004/04/11(Sun) 18:09 No.1151
私はアメリカ留学中の20代後半の男です。日本の仕事を辞めてからこっちに来てます。
今年の初めに日本で処方された睡眠薬の副作用で精神障害を起こして以来、うつ状態がどんどんひどくなってきて、先日車で壁に200kmで激突するなど自殺のアイディアが頭にこびりつき、恐くなったので、落ち込んで歩くのも大変だったんですが、なんとか学校にたどり着き看護婦に相談したところ、落ち着いてから警察の手でERに運ばれました。
ERの精神科医は私を精神科の隔離病棟に強制入院させました。診断はmajor depression disorderとanxiety disorderで、重症のうつ障害?と不安障害?でした。思ってたのとは大違いでみなさん私の為に仕事とはいえ大変良くして頂きました。現在Wellbutrin XL150mgとDHEA 25mgを飲んでいます。最初の数日は副作用としてひどいめまいやろれつが回らなくなったり、勃起障害が出たり散々でしたが、突然副作用が全て消え、世界はこんなに明るかったのかなんて感じで結構よくなってきました。昨日と一昨日は非常に落ち込んで不安で震えてたりしましたが、今日は割と順調です。
こういうサイト見ていると私なんか恵まれた方でもっと大変な思いをしている人がたくさんいるようですね。
プチさんへ。私は担当医からうつ病は薬を飲めば100%絶対に治ると言われました。どんな薬飲んでるかはわかりませんが、あなたの場合も100%絶対に治ると思いますよ。ただ、あなたの場合はアメリカでは私のように確実に強制入院になるケースで、つまり重症じゃないかと思います。重症なんだから薬もすぐには効かないだけで、確実に効いてくると思います。副作用など大変だとは思いますが、このまま飲み続ける事を強く推奨します。
ただ、私も入院中ずっと言われてた事なのですが、ストレス管理の方法は学んでいかないとまたつらい思いをすることになると思います。
またそのうち来てみます。失礼しました。


Re: こんちは スプー - 2004/04/11(Sun) 21:23 No.1155

大変でしたね。
アメリカの事情は良く知らなかったんですが、よく「日本の精神科はすぐに入院させる。海外ではこんなことない」と聞いていました。むしろアメリカでは逆なんですかね??


Re: こんちは 管理人 - 2004/04/12(Mon) 21:35 No.1161

 はじめまして。
 大変な状態になってしまったようですね。無事によくなってなによりです。
 睡眠薬の副作用で精神障害というのは、よくわかりませんが、処方され、しばらく服用した後、もう一度同じ医師に診てもらわなかったのでしょうか。
 隔離病棟への強制入院は、日本では措置入院とか保護入院とかいいますが、重傷のうつ病患者では、よくあることです。
 アメリカは、やはり精神医療の先進国だと思います。その意味では、安心できるのではないかと思います。





うつ病と恋愛について 投稿者:ハナ 投稿日:2004/04/09(Fri) 10:11 No.1126
初めまして。
うつ病で病気休暇中で交際3年目の彼の事なのですが
彼は孤独感を紛らわすためにと、メル友や恋人を探すサイトに登録して
身知らぬ女性とメール交換をしていました。
メル友とのメールはオープンであり、いつも「こんな話をしたんだよ」とメールを見せてくれていたのですが
メールを隠すようになりました。彼はメル友の事を「同じ悩みを共感できる貴重な存在。好きになるかもしれない。」と言っています。
私に内緒でメル友のマンションに夜、出かけて行って
私が彼の携帯に電話すると切られてしまいます。
彼女を持つ男性として、あまりに非常識な行動だったので私は我慢できず、いけない事だとは思いながら
「メル友か彼女の私か、どちらかを選んで」と頼みました。
何日経っても彼からの返事はなく、結局私がメル友と縁を切るように説得しました。

メル友はリストカット歴のあるボーダーラインの女性で都内でホステスをしています。
俗にいうドラッグもやっている人だそうです。

2〜3日は、メル友と会えなくなったショックからか無表情・無言・不眠でした。

うつ病の彼に対しては、例え非常識な行動であっても
それを認めてあげるべなのでしょうか?


Re: うつ病と恋愛について スプー - 2004/04/09(Fri) 21:27 No.1132

彼は純粋な鬱病とは違う気がします。
鬱病だったら、まずそんな風な思考・行動はできないと思いますから。

孤独感を感じている、ボーダラインの人と共感できる、平気で二股かける・・・と考えると、彼もボーダラインか自己愛性または、それに近い状態なのではないかと思います。

>いけない事だとは思いながら「メル友か彼女の私か、どちらかを選んで」と頼みました。

いけない事とは思いませんよ。二股かける方が非常識なのですから。


>うつ病の彼に対しては、例え非常識な行動であってもそれを認めてあげるべなのでしょうか?

書かれた内容ではボーダライン等の人格障害か、他の病気かはわかりませんが、少なくとも鬱病ではないと思います。
また仮に鬱病だとしても彼の行動は許容されるべきとは思えませんし、もしボーダラインだとした場合はこのような行為を許すことで症状はもっと酷くなるでしょう。


ボーダライン(=境界性人格障害=BPD)という言葉をご存知のようなので、彼の行動や特徴と各種人格障害との特徴を照らし合わせてみませんか?
もし鬱病ではなくBPDなどの人格障害だった場合、今後付き合うのがいいのかどうか、彼と距離をあけて考えてみませんか?


Re: うつ病と恋愛について 管理人 - 2004/04/10(Sat) 01:42 No.1138

 はじめまして。
 まずはハナさんと彼の関係、そこがハッキリしていないように感じます。ハナさんが彼との関係をどう考えているのか、また、彼がハナさんとの関係をどのように意識しているのか。
 この2人の気持ちが食い違っているとしたら、彼に対して、どのようなことを言うべきなのか、そのこと自体も変わってくると思います。
 スプーさんのおっしゃるとおり、彼の行動は、ふつうのうつ病とは違っているように感じます。
 でも、彼の立場として考えた場合、ハナさんのことが負担になっているとしたら、なんとか逃げようとしているだけだとも受け取れます。こんな場合、境界性人格障害、演技性人格障害、自己愛性人格障害の人に振り回されやすくなります。
 境界性人格障害の人同士が惹かれ合うというのは、あまりないと思います。
 もう一度、彼との関係、考え直してみた方がいいと思います。


Re: うつ病と恋愛について ハナ - 2004/04/10(Sat) 08:38 No.1141

スプーさん、管理人さん早速のレスありがとうございます。
彼がうつ病だけではないかもしれない、私の存在が負担になっているかもしれない。
この事を踏まえて、もう少し距離をおいて彼と私の関係を少し客観的に考え直してみようと思います。
彼と私との関係は、お互いに結婚を意識していて既に彼の実家に招待され挨拶も済んでいますが
時が経てば、人間の気持ちは変化する事もありますよね。
私の存在がただの負担になっているようだったら、それはそれで受け入れようと思います。

その他に、気になる彼の行動があるので聞いてもらいたいのですが
彼はとっても可愛がっている猫を何匹か殺しています。
確か「自分の手から餌を食べなかった、あの時に餌を食べれば死なずにすんだのに」と言っていました。
自分で殺してしまったのに、その後は可愛がっていた猫がいなくなったせいで
物凄く淋しがって沈んでいます。私が知る限りで3回殺しています。

私が彼を誘って電車で出掛けた時の事です。
私が降りる駅を一つ間違えてしまった時、彼は「ハナは信用出来ない奴だ。気をつけろ。」と私の友達にメールをしていました。

彼は現在、うつ病の診断のみでうつ病治療をしていますが
仮に違う疾患も持っていた場合、
治療方法も変わってくるのでしょうか?

また、上記の様な行動は彼の主治医は知らないです。
私は彼の家族でもないので主治医と接する機会がありません。
医療者に情報を与える事もきっと彼は望まないと思います。
私は誰にもこの事を伝えなくてもいいのでしょうか?


Re: うつ病と恋愛について よす - 2004/04/10(Sat) 10:51 No.1142

見ず知らずの人間が助言めいたことをすることをお詫びしますが、まず、うつ病だからといって、何も出来ないわけではありません。それと、うつ病になりやすい性格というのはありますが、うつ病と人格的問題は別のものです。
うつ病で一番気を付けなければならない時期は、治りかけの時期等軽症のときです。重症時には、それこそ何もする気が起きませんが、軽症のとき、思いもよらない突飛な行動を起こすときがあります。この時期は、判断力がまだ充分でない一方で、エネルギーを必要とするような行動は起こすことがあります。具体的にたとえると、例えば自殺するのはこういう時期が多いとされています。
文面から推察するのも不謹慎ですが、彼の場合、休職しているということで、相当回復している時期だとは思います。まだ仕事には戻れない、でも孤独を紛らわせたい、という時期なのかもしれません。療養中暇だから、そういうサイトにアクセスして、メール交換をしていたのかもしれません。
うつ病というのは、まだわかっていない部分が多いのです。レントゲンや血液検査のような診断方法が確立されていないので、問診だけでうつ病と診断されます。
一般的にうつ病の人は自責の念が強いものですが、これはもともとこういう性格の人にうつ病患者が多いからこう言われているのでしょう。自己中心的な人がうつ病になったからといって、いきなり自責の念が強い性格に変わったりはしないでしょう。自分の手から餌を食べなかったからといって、猫を殺したりするのは、うつ病とは関係なく、性格の問題ではないかと思います。
彼のことでも大事ですが、ここはひとつハナさん自身の問題について考えてはいかがでしょうか。いくら彼がうつ病だといっても、ハナさんまで必要以上に深く傷ついたり、悩んだりする筋合いはありません。ここは一つ、距離を置いて見守ることです。うつ病を治すのは医師と薬です。ハナさんが必要以上に深く悩む必要はありません。彼の問題の行動をハナさんが医師等に伝えたりする必要もありません。けっして深入りしないことです。ハナさん自身がまいってしまうだけです。


Re: うつ病と恋愛について 管理人 - 2004/04/11(Sun) 01:21 No.1145

 動物の虐待。しかも、かわいがっていた猫を何匹か殺してしまっている、ということですね。そのあと、ひどく落ち込んでいるにもかかわらず、繰り返してもいるわけですね。
 ハナさんのちょっとした間違いを、ハナさんの友達にメールしたことなども、かなりおかしなことですね。
 このような性格でいれば、うつ状態に陥っても、当然のことだと思います。あまりにも自分勝手で、それでいて弱々しく、しかも残虐で。
 きっと、精神的な面で、非常に未熟な部分が残ってしまっているのでしょう。小さい子供が、昆虫と遊んでいて、つい殺してしまう、そんなイメージです。
 彼の場合は、自己愛性人格障害や境界性人格障害、反社会性人格障害など、特定の人格障害では説明できないと思います。さまざまな要素が絡んでいる、と考えていいでしょう。
 苦痛があってうつ状態になっているのですから、治る可能性が全くないわけではありません。カウンセリング等を長く続ければ、良くなる可能性はあります。ただし、かなり困難だというのは確かです。 
 すべてを主治医に伝えて、長期にわたって、しっかりとした治療を受ける必要があると思います。
 ハナさんは、彼と結婚まで考えているとのことですが、もし結婚してお子さんを授かったとき、彼がどのような行動をとるか考えてみてください。
 しっかりとした距離をおいて、冷静な目で彼のことを見る必要があると思います。


Re: うつ病と恋愛について ハナ - 2004/04/11(Sun) 03:21 No.1149

よすさん、管理人さんありがとうございます。
確かにうつ病と人格的問題は別問題ですよね。
無神経な書き込みをして申し訳なく思っています。
今まで一人で悩んでいたのですが、みなさんの助言のお陰で今後どうするべきなのかが見えてきて、自分自身だいぶ落ち着きました。
極端な発想ですが「今は恋愛どころじゃない」と言った気持ちになりました。
最後に一つ・・・彼の主治医とは、当たり前ですが面識もありません。
急に私が主治医に連絡をとって、全てを伝えても信頼性のない情報と捉えられてしまうと思うのです。
私から主治医へ伝えるよりも、彼のご両親から主治医へ伝えてもらった方が良いでしょうか・・・


Re: うつ病と恋愛について 管理人 - 2004/04/11(Sun) 20:19 No.1153

 もし、どうしても彼の今の状態を良くしたい、とお考えでしたら、まずは彼のご両親に相談すべきでしょう。
 ただし、彼の状態を見る限り、ご両親が理解のある人だとは思いにくいので、もしかしたらご両親の応援は得られないかもしれません。
 そうなると、やはりハナさんご自身が彼を説得するか、または彼の主治医に話すしかないと思います。
 ハナさんが彼のために苦労し続けても、彼の状態が良くなるかどうか。ハッキリ言って、あまり期待はできないと考えた方がいいでしょう。その前にハナさんご自身が疲れきってしまうのではないかと思います。
 今後の彼との関係、ハナさんご自身の将来など、もう一度ゆっくりと考えてみてください。


Re: うつ病と恋愛について スプー - 2004/04/11(Sun) 22:15 No.1157

お聞きした感じでは、なんとなく境界性人格障害をメインとして若干の反社会性人格障害を併発しているような気がします。
境界性人格障害の多くの人が鬱病・鬱状態の併発もするようです。

以下は人格障害だとした場合です
診断と治療ですが、人格障害というのはあまり医師が患者に伝えない事が多いので本人は知らないのでしょう。
おそらく主治医は普通の鬱ではないことは把握されるていと思います。
治療ですが、投薬だけでは人格障害が治る事はあまりありません。鬱状態、イライラなどはある程度抑えられるでしょうが、根本は病気のせいではなく性格の極端な歪みで、性格には薬は効きませんから。

ではカウンセリングを受ければ良いかというと、おそらく今はその時期ではないのでしょう。本人の治す強い意志と、耐えれる症状の落ち着きが無ければ無理ですから。
管理人様のおっしゃる通り、治療はかなり困難になります。状態や彼の考えの改め方等で違うでしょうが、数年から10年かけて治ればラッキー程度だと思います。


彼が本当にどういう症状かは主治医でなければわかりません。ハナさんにも彼に愛情があるでしょうし、将来も考えていらっしゃったでしょう。
しかし、症状を拝見する限りでは下手するととんでもないほどの苦労と生まれるであろう子供への悪影響を受ける可能性があると思います。
客観視は一歩遠ざかった所からでなければできないと思います。距離をちょっと取り、過去の彼の状態とインターネットで調べた似た症状の話を見て考えてみませんか?
個人的には猫の話はすごく引っかかります。


主治医のところに行っても、おそらく病気の話はほとんどしてくれないでしょう。しかし、フィアンセだと告げて逢ってくれるようでしたら、話を聞いてもらうだけ聞いてもらってはいかがですか?

おそらく主治医は鬱だと思ってないでしょうから、フィアンセという立場で会って話を聞いてくれるなら、「信頼性のない情報」と取らないと思います。むしろ猫を殺したという情報は、今後の治療で非常に有益な話だと思います。


最後に・・・医師から告げられていないのであれば、彼には病名の話はしない方が良いでしょうし、猫の話を聞く限りでは何事にも慎重に行動した方が良いでしょうね。






過去ログ一覧(2) へ戻る


produced byYuki Tachibana