Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年05月09日〜



またまた質問です 投稿者:ゆん 投稿日:2004/05/12(Wed) 22:59 No.1461
 変な質問ですが、みなさんは気持ちが落ち込んで、気が狂いそうになった時、どうしていますか。どうやって気分を紛らわしていましたか?

 通院を始めてから週1ペースで気が狂いそうな時があります。今日も部屋で一人で泣いてだいぶ経った後、薬を飲めばいいんだと気づき飲みました。
 薬を飲み、少し落ち着いた後、そういえば、明日頃から惑星とニート彗星が直線状に並ぶという話を思い出し、窓をのぞいたら火星?が見えていたので、猛ダッシュして車を飛ばし高台にある高速道路のインターへ星を探しに行きました。そこではまだ明るすぎたので、近くのSAへ行ってみようと思い高速に乗ったら、間違えて星を背に逆走。自分のアホさ加減に気分が紛れました。

 あれから1日1回実家に電話をしています。(心配しているので)今日の気が狂いそうな話をしたら、さすがに、理解が難しかったみたいですが、今日の話っぷりから、かなり勉強をしているようで良かったです。

 関係ない話ですけれど、明日から、水星・金星・火星・土星・ニート彗星・木星が直線状に並ぶそうです。方向は真西から南だそうです。すごい天体ショーですよね。気持ちが上向きの時は、無心で星を眺めるのもおすすめです。(ニート彗星は二等星の明るさで肉眼でも見えるそうです)


 


Re: またまた質問です 管理人 - 2004/05/12(Wed) 23:58 No.1466

 私の場合は、まずはじっくり自問自答ですね。あとは、音楽を聴く(落ち込んでいるときには、懐かしいバラードなんかを聞きます)、疲れるまで散歩する、などなどです。
 天体ショー、ちょっと楽しみですね。でも、ちょっと天気が悪いかも。まあ、明日の夜に期待しましょう。


今後どうしたらいいでしょうか? 投稿者:toshi 投稿日:2004/05/12(Wed) 06:26 No.1453
私は、高校の時に神経症になって、大学受験に失敗しました。
その後、専門学校に行き就職したわけですが、20歳の時に初めて精神科を訪れて、不安神経症と強迫神経症と抑鬱神経症だと診断されました。それでも、普通の人と同じく働き、普通に結婚したかったので
病院からもらった薬を10年以上飲み続けながら経理の仕事をしてきました。その後病院を変わって、薬も違う薬で薬物治療を続けています。
普段家にいるとそうでもないのですが、会社に行くと、この10年以上ずっと鬱の状態が続いて、社内恋愛もしたかったのですが、社内ではずっと鬱の状態なのでできませんでした。
それでもなんとか自分なりに普通の生活をしようとがんばったつもりですし、年収もよくなってきたので、昨年の今頃は、人生これからと思っていました。
そしたら、昨年の秋、突然営業に配属替えされて、お客様相手の仕事を鬱状態で出きるわけもなく、上司からの、しかりと罵声もものすごくて、1ケ月でつぶれてしまいました。
でも家族は、根性が足りないと非難するし、誰にも理解されず、結局営業配属後1ケ月で辞表を出したわけですが、辞める段取りになって、経理部でお世話になっていた部長から「辞めずにもっとがんばれ」と言われて、そこで初めて、「鬱状態で抑鬱神経症なんです」
と病気を打ち明けると、「とりあえず辞めずに、療養に専念しろ」といわれ、今は、会社は休職状態で傷病手当金をもらって生活しています。
治れば、すぐに復帰と言うことになっていますが、復帰先はあくまでも営業で、今の状態で復帰しても営業を務められる自信はありません。
会社に無理を言えば、後1年ぐらい休職して傷病手当金ももらえるかもしれませんが、会社はそろそろ復帰しろと言ってきているので、今のままで復帰してすぐに退職に追い込まれるか
それとも、もう復帰せずに退職するか、今すごく悩んでいます。
復帰すれば復帰したで、今のご時世、鬼の営業課長につぶされてしまうのは目に見えているし、退職すれば、次の就職がうまくいく自信もないし、そうなれば、もう36歳なのに、結婚を諦めなければならないのかなぁ〜って、本当、ただでさえ夜寝られないのに、今はもっと寝られない状態が続いています。
だれかいいアドバイスがあったらお願いします。



Re: 今後どうしたらいいでしょうか? スプー - 2004/05/12(Wed) 14:25 No.1456

大変ですね。
経理部の部長さんが理解があるのなら、その部長さんに一度相談をされてはいかがでしょうか?
医師からの診断書などがあれば、うまくすれば長期の休養や、配置転換があるかもしれません。

あと、就職していなかいらといって、結婚を諦める必要はないですよ。
家庭の事情がゆるすかどうかわかりませんが、例えば退職したとして実家でゆっくりと静養。そして出会いを探す・・・とか。
理想的には、元の部署に戻ってそれなりの休養が取れれば良いとは思いますが、それが駄目なら取れるだけ休職を取って休養。精神的に追い詰められて退職に追い込まれるくらいなら、余力がある内に自主退職。精神的に追い詰められないようなバイトでも何でも良いから探す。場所を変えれば、また良い出会いがあるかも知れません・・・というのはお気楽すぎますか?


Re: 今後どうしたらいいでしょうか? toshi - 2004/05/12(Wed) 20:43 No.1458

アドバイスありがとうございます。当然その事は部長と相談して
休む前は、状態がよくなったら経理に戻るという約束で休むことになったのですが休みだして1ケ月ほどしてから部長より電話があり
話がどうやら、営業部長をはじめとして、いろいろな偉い人にも言っているらしく営業ができないのに経理なら出きるって言うのは、理屈に合わない。
「経理でも営業でもどちらでも出きる人間しかうちにはいらない」と言う話になっており
部長が最大限努力してくれたのですが、結果として、
会社としての最終結論は、まず病気を治して営業に復活する。
そして、1年ぐらい様子を見た後、また経理に戻すと言うことです。
復帰してから、うまくいけば半年ぐらい営業で耐えられたら
また経理に戻れそうなのですが、その半年が持ちそうにないので
今本当に、何が何でも死ぬ気で半年から1年ぐらい挑戦してみようかどうか考えているのですが、ちょっと無理な気がするので悩んでしまいます。やはり、完全に精神的につぶれてしまう前に
自分から辞めて、ちょっと休養して、自分の性格と精神状態で
やっていける会社を見つけて(難しいと思いますが。)
その会社の中も含めて、休養している間の世間とか、いろんな場面で、いい出会いも探して、がんばっていきたいと思います。
ただ、やはり今問題なのは、復帰してつぶれる前に自分から会社を去るか、つぶれるのはわかっているので、休職が許されるだけ休職して、そして会社を去るか。
どちらがいいでしょうか?




Re: 今後どうしたらいいでしょうか? スプー - 2004/05/12(Wed) 21:10 No.1459

そうですか。
経理部の部長さんは手をつくされたんですね。

>ただ、やはり今問題なのは、復帰してつぶれる前に自分から会社を去るか、つぶれるのはわかっているので、休職が許されるだけ休職して、そして会社を去るか。

どちらか・・・というと、私は精神的に追い詰められて症状が酷くなってから退職するよりは、初めから退職するつもりで「休んでいる」という事を負担に感じず、もらえる物は貰った上で退職する方が、治りが全然違うと思います。


Re: 今後どうしたらいいでしょうか? よす - 2004/05/12(Wed) 21:32 No.1460

 メンタルヘルスに対して真剣に取り組まれるようになったとは言われますが、実際はまだ一般の民間企業には浸透されていないということが、よく表れてますね。
 営業がどうとか、というより、今の状態は、対人折衝が辛いでしょうから、なおさら今までやってきた経理の仕事の方がすんなり職務復帰できるんでしょうけど、会社がそんな調子では、なかなか苦しい状況と思われます。
 神経疾患を抱えながら、自分で体調をコントロールして今まで勤め上げてきたtoshiさんは立派な方だと思いますよ。
 会社に理解してもらうにはどうすればよいか、主治医とは相談されましたか?先生によっては、職場との調整を図って(どのようにかはわかりませんが)くれる方もいるようです。


Re: 今後どうしたらいいでしょうか? 管理人 - 2004/05/12(Wed) 23:52 No.1464

 はじめまして。
 まあ、なかなか心の病気に関しては、きちんとした理解が広まらない、というのが現実ですね。「営業で耐えられたら希望の経理に戻す」という考え方、あまりにも無茶苦茶です。
 まずしばらくのあいだは、休職ということで、傷病手当をもらい続けた方がいいと思います。

 そしてしばらく休んだあと、在職したままで次の仕事を探してみたらいかがでしょう。もしかしたら、条件のいいところが見つかるかもしれません。出会いも、少しでも行動することで、自ずからチャンスが広がっていくと思います。
 ある程度次の仕事の見通しがついてから、退職という方が理想的だと思います。

 もちろん、そのあいだも、機会を見つけては、会社に対して働きかけてみる方がいいでしょう。今は上層部の考え方が変わらなくても、時間の経過のなかで、役員が代わったり、厚生労働省の通達などを見る機会があったりして、考え方が変わる可能性もあります。

 まずはあわてないこと、焦らないことが大切だと思います。もう少し気力が戻ってから、少しずつ行動をはじめましょう。





近況 投稿者:そら 投稿日:2004/05/12(Wed) 10:46 No.1455
以前書き込みしたそらと申します。
最近また妻が荒れ気味で、
「今のあなたには熱意が感じられない。
何故手を抜くの?
私がこんな状況なのに何故もっと尽くしてくれないの?」
このような質問が良く出ます。
妻を刺激しないよう、ことばを選びながら慎重に話そうとすると
、どうしても返答が遅くなります。
そうすると
「結局、何も考えてないから答えられないんでしょう?
私のことなんて何もわかろうとしないで、
放っておけばどうにかなるぐらいにしか思ってないんでしょう?」
と責め立てられます。
自分の妻を思う気持ちを伝えて、何とか宥めてきましたが、
最近ではまったく聞き入れられないこともしばしば。
こんな時ってどう対応したら良いのでしょうか?




Re: 近況 スプー - 2004/05/12(Wed) 14:50 No.1457

そうですねー。
鬱病で精神的に追い詰められてしまっている可能性もありますが、他の病気で鬱状態になっていたいたかもしれませんね。
たとえば、軽い境界性人格障害や、人格障害にならないまでも強い性格の偏りがある場合とか。

鬱病ではなく、軽い境界性人格障害だった・・・と仮定しての話ですが・・・
境界性人格障害の人は、とにかく不安です。特に人から離されてしまう事を極端に嫌います。普通の人の感覚では「会社行って来るね」「友達と飲みに行ってくるね」というのは「逢えなくて寂しい」という事は人によってはありますが、境界性人格障害の方は「私を見放して、もう戻ってこない。捨てられた。もう生きていけない」というほどの強い見放され感を持ちます。これはちょっと極端な例かもしれませんが。

また、病気だと思って本人にベッタリ、休ませるつもりでできる事でも代わってやってしまう・・・など、鬱病の方には良い事でも境界性人格障害の方には逆効果となる事があります。依存性を高め、症状が強くなってしまうからです。


私の推測でしかありませんが・・・
奥さんは元々境界性人格障害とまではいかないけど性格の偏りがあり、それはそれでうまく社会と適合できていました。
産後鬱、環境の変化、旦那を子供に取られてしまうのではないか・・・という事から、隠れていたものが出てきてしまったのではないかと。

だから、以前の書き込みで
>先生が
>「なるべくポジティブな考え方で…」
>本に書いてあるようなことしか言われませんでした。
と先生がおっしゃった可能性があります。
境界性人格障害(またはそれに近い状態)がベースにあり、色んな症状を出している場合は薬があまり効かないし、対処療法でしかなくなるので、根本的には「考え」を変えるしかないからです。

主治医は、そらさんの対応してどうすれば良いと言ってますでしょうか?


もし、境界性人格障害が出ているとした場合、薬での治療と平行してカウンセリングを受けるのが効果的かと思います。
本人が治したいと強く思い、カウンセリングを受けられる状態まで回復してなければ意味がありませんが、奥さんの症状はまだ軽いと思いますので、うまくすると半年位で劇的に良くなるかもしれません。


Re: 近況 管理人 - 2004/05/12(Wed) 23:40 No.1462

 なるほど、奥様、なかなか落ち着かないようですね。
 現在も、漢方薬で治療を続けているのでしょうか。もしそうなら、授乳を一時あきらめて、ふつうの抗うつ剤や抗不安薬を試してみるという手があります。
 奥様の状態、もしうつ病だとしたら、被害妄想に陥っていると考えることができます。自責の念が投影されているような状態ですね。
 漢方薬の場合、想像がつかないような副作用が出ることもあります。このへんのところは、一度医師としっかりと相談しておいた方がいいです。

 もうふつうの処方薬も試しているということでしたら、スプーさんのおっしゃるとおり、境界性人格障害や妄想性人格障害などの可能性もあると思います。
 その場合には、薬物療法の効果はあまり期待できませんので、カウンセリング等の治療を受けるべきだと思います。

 どちらにしても、奥様の症状をハッキリと担当医に伝え、今後の治療方針を決めていく必要があると思います。
 あまりに被害妄想が強いようでしたら、今後症状が悪化する可能性もありますので、入院治療をした方がいい場合もあります。まずは薬が合わない、または効果が弱すぎる、という可能性から医師と相談すべきだと思います。


以前お世話になりました。 投稿者:ひまわり 投稿日:2004/05/09(Sun) 10:12 No.1416
以前、母の件(犬を窓から投げた)で、お世話になりました。
母は現在入院して1カ月になります。
母が入院し、最初の方は自分でも頑張ったなと思うぐらいやってきたつもりでした。それまでは、気分が特に良いという事はなかったのですが、朝から夜中まで活発に動き回れるぐらい気分が良い事を数年ぶりに実感しました。
と思ったら、最初に加速しすぎたのか過食も酷くなり、とにかく落ち着かなくて。
数年、他者との関わりが薄かったのですが最近は深く関わるようになり
自分の自信というものが元々あったわけではないですが崩れてきています。
調子の良いときは考えないのですが、そうでないときは私が口を開けば人を苦しめ困らせる。なんてダメな人間なんだ、存在していてはイケナイと思います。
人と話してる最中にも落ちてしまい何も話せなくなったり、すぐに疲れてしまいます。表情も険しくなっているのが分かります。
気力が上がらない時は歩くのがやっと。走ろうと思っても体が言う事をききません。
私に頼ってくる存在数名が負担に思えるときがあります。期待にこたえないければイケナイ。
頭の中で死ね死ねとグルグル回り、まだ死ねないと自分に言い聞かす私。
辛いのかと聞かれれば分かりません。こんな事で辛いと表現してよいのか分からない。今まで言ってはイケナイと思ってましたから。
だから、人に病院を勧められても自分が楽になりたいのかも分からず どうしたら良いかわかりません。
私の休息は、まだ先にあるのですから。
前に申しましたが、絶望・希望が見えない・死が安らぎだと思う事は病的なのでしょうか?それとも、私が弱くて甘ったれだからですか?




Re: 以前お世話になりました。 よす - 2004/05/09(Sun) 10:50 No.1417

この掲示板の過去ログや、管理人さんのHPをご覧になればわかると思いますが、典型的な抑鬱状態のようですね。
私も、現在はだいぶ回復しましたが、抑鬱状態がひどいときは、この先もう仕事もできなくなるのではないか、こんな自分は退職すべきではないかとか考えたり、駅のホームで電車を待っていると、ふと飛び込むことが頭をよぎったりしました。
主治医の奨めで一月休んでから、だいぶ回復して今では日常生活を支障なく送っています。
まずは一度、神経科や心療内科といった病院に行ってみるとよいと思います。大病院より、個人で開設している病院の方が、入りやすいと思います。それに、最近の個人病院は「精神科」と標榜せずに、「神経科」としている病院が多く、出来るだけ気軽に受診できるようになっています。
現在のひまわりさんの感情は、抑鬱状態にあるからで、けっして弱いとか甘えとかではありません。ただ、一人で抱え込むことは辛いだけなので、病院に行かれた方がいいと思います。


Re: 以前お世話になりました。 ひまわり - 2004/05/09(Sun) 20:00 No.1419

よすさんお返事有り難うございます。
今考えると、もう4年以上は こんな感情を抱いています。
慢性化してるんでしょうね。
汚い話、顔とかを洗わない日もあります。そんな気力もないので どうしょうもないんです。
もう、前の状態が どうだったかも思い出せず、これが普通だと思っていました。
誰かに聞いてもらいたいけど、相手を困らせ疲れさせるのではとか、言っても後悔してしまって結局落ちるわけです。
病院に行くかどうか考えてみます。以前は通っていたのですが悪化して止めてしまいました。
どうも有り難うございました。


Re: 以前お世話になりました。 よす - 2004/05/09(Sun) 20:51 No.1422

以前は病院に通われていたのですか。どのくらい通われていたかわかりませんが、かえって悪化されたとのこと。
私もうつになって病院に通い始めの頃、かえって悪化しているような気分になりました。薬の副作用がなくなってから、徐々に快復しました。
顔を洗う気にもならない、というのは、自分も経験したから多少お気持ちはわかります。職場で電話の受話器をとるのも億劫になりましたから。
うつ病かどうかは病院の先生の診断を仰がないとなんともいえませんが、焦りやあきらめは禁物です。治るにはそれなりに時間がかかるものです。


Re: 以前お世話になりました。 管理人 - 2004/05/09(Sun) 22:07 No.1427

 精神的な疲労がかなり蓄積されているようですね。今の思考状態、まさにうつ病という感じです。
 お母様が入院して、少し楽になったとは言っても、蓄積された疲労は、そんなに簡単に消えるものではありません。ちょっと無理をしすぎたようですね。
 やはり病院に行って、きちんとした治療を受けた方がいいと思います。もちろん休息も必要です。


Re: 以前お世話になりました。 ひまわり - 2004/05/11(Tue) 23:46 No.1447

よすさん、管理人さんアドバイス有り難うございました。
以前は、摂食障害メインで入院し通ってたのです。もう9年目なのです。うつ状態は、合併症だと思います。
気分が晴れた日は数日しかありませんでしたが、これも長くは続かない事が分かっていました。
病院に行ったほうがいいかなと考え出すようになったのは、やはり自分の事を口にすれば他の人を疲れさせて困らせてしまうと感じたからです。受け入れてくれると言ってても私には ついていけないらしいです。無力を感じるとか、でも そう感じさせてしまったのは私なのです。そうやって相手を苦しめてる事が耐えられなくなりました。
私の為に言ってくれた事、行動・思考においても 私はなかなか修正する事が出来ずに申し訳ないです。
でも、もう ありのままの自分を出さずに笑っているのは疲れたのです。病院なら受け入れてくれそうで・・・
一日でもいいから、何も考えず眠りたいです。ゆっくりとか無理をせず休むとは どうゆう事なんでしょう?
母からの電話一日に何回も掛かってきます。電話の音も耳を塞ぎたくなります。話をしても すぐに疲れてしまうのです。



Re: 以前お世話になりました。 管理人 - 2004/05/12(Wed) 00:10 No.1450

 やはり、自分の存在がほかの人にとって迷惑だと感じるのは、うつ状態だからだと思います。摂食障害は、母親との関係に原因があるといわれています。やはり、お母様が、大きな要因なのでしょう。
 お母様からの電話、うまくさばいて、なるべく話さないようにした方がいいですね。
 ここ何年かのあいだに、うつ病治療の薬、かなり進歩しています。また今度治療を受けたとしても、同じような状況に陥る可能性は低いと思います。 


Re: 以前お世話になりました。 スプー - 2004/05/12(Wed) 10:17 No.1454

私も病院に行った方が良いと思います。
薬でちょっとでも楽になれば、凄く良いと思いますから。
先生と体に合う薬を探してみませんか?





分からなくなりました 投稿者:ゆん 投稿日:2004/05/09(Sun) 20:33 No.1420
 友人に、うつのきっかけになった失恋を乗り越えてなにか気分転換を図かり、早く治れと言われました。今はそれを先に整理したほうがいいのか、薬を飲み、何も考えずに生活して、辛い症状を治すほうが先決なのか分からなくなりました。私としては、今はこの状態に甘んじるというか何も考えずにボーとしていたいと思うのですが。。。

 1週間休職することになりました。その間、実家でのんびりしようと思っているのですが、母が私を思ってかとても口うるさいです。長年精神科で看護婦をしていた叔母が私をみて「あれは神経症のうちですぐ治る」と母に言ったらしく、電話で母が「そんなに悩まないで早く元気になれ」とか「そんなの誰でもなる病気だから気にするな」と言うので、聞くのも嫌になったので反論したら怒られました。毎回こんな調子だと家でものんびりできないなと思うこの頃です。出来れば病気については干渉せず普通に接してほしいのですが、どう家族に伝えたらいいのでしょうか。
「そんなの誰でもなる病気だ」と言われるととてもムカつくのは私だけなのかな。。。。確かに現代病だとは思ってはいますけれどね


Re: 分からなくなりました よす - 2004/05/09(Sun) 21:10 No.1423

神経疾患は、かかったことのない人には、なかなか理解できないものですが、ゆんさんの周囲の人たちは、典型的な無理解者ですね。もちろん、その方達には悪意はないのでしょうけど。
まず、気分転換ですが、うつは気分転換をすれば良くなるものではありません。だからうつ「病」なのです。たとえば、何人かで飲みに行ったとして、自分だけが落ち込んで楽しめず、かえって孤立感を感じるだけです。無理な気分転換は禁物です。
 それに、叔母さんも、人様の身内をこんなふうに言うのは失礼ですが、随分気安くそんなことを仰るのが不思議です。うつ病は顔にじんま疹が出るとか外見からわかるものではありません。医師が直接診断して、初めてうつ病と診断されるものです。一目見て神経症ですぐ治るなんてわかるものではありません。
 お母様も、叔母様の言葉を信じてらっしゃるみたいです。ここは一つ、ご実家で休養なさらずに、一人でゆっくり休まれるというのも一つの選択肢です。確かに食事の準備とか大変なことはあります。私も一人で療養してたのですが、自炊はしなかったものの、最初の頃は、昼食や夕食を買いにコンビニとかに行くのもひと苦労でした。買い物から帰宅すると、疲れが押し寄せてきました。
 どっちをとるかは悩ましいところですね。それに、一週間という短い休職期間もきがかりです。


Re: 分からなくなりました 管理人 - 2004/05/09(Sun) 22:22 No.1429

 よすさんのおっしゃるとおり、周りの方、かなりひどい無理解、というか偏見をお持ちのようですね。
 精神科で看護婦をしていた叔母様からすれば、入院患者など、重度のうつ病患者や統合失調症患者を診てきたせいで、そのように感じてしまうのかもしれません。でも、勝手に神経症はひどすぎますね。
 お母様の、誰でもなる病気だから気にするな、というのも無茶苦茶ですね。たくさんの人がかかるからと言って、軽い病気ではないはずですが。
 気分転換は、ゆんさんご自身が、そうしたいと強く感じない限り、やめた方がいいです。とにかく休むことが大切です。
 本当に、1人で療養した方がいいかもしれませんね。休職期間も、よすさんもおっしゃっているとおり、1週間というのはちょっと短すぎると思います。


自宅療養はかけですね。 ゆん - 2004/05/10(Mon) 18:50 No.1433

 薬の副作用なのか病状が悪化しているのか、だいぶ生命力が低下しているようで限界になってきました。今日も朝からずっとうつで、仕事はなんとか済ませたのですが(仕事中あまりにも音が嫌で耳栓をしてしまいました)帰宅すると動けません。追いうちをかけるように、一昨日さらに悲しい出来事があり、昨夜も一昨日の夜も睡眠薬を飲んでも不眠でした。もう、自分が自分じゃないみたいです。

 療養はひとりの方がいいのですが、ひとりだととても不安になるので、やはり家に帰ります。アパートは交通量が多いため騒音がひどく、今も耳栓をしているのですがそれでもうるさいのです。
 親には、PHP出版の「ズバリわかる!うつを治す本」平安良雄著の本(結構分かりやすいです)を読んでもらおうと思っています。あまりに理解されず負担になるようなら、その時はアパートに戻ります。休職期間は、復帰後調子が悪ければ、延長をしようかとも考え始めています。

 今日、職場の同僚たちに病気の話をし休職の話をしました。中には理解してくれない人もいると思いますがそれは気にしません。今も復帰後も、体調の悪そうな時でも普通に接してもらうようお願いをしました。


自宅療養 よす - 2004/05/10(Mon) 21:59 No.1435

 確かに、最後に頼りになるのは、身内の方ですし、実家の方が落ち着くのであれば、実家で療養された方がいいでしょう。
 職場の方々がみな理解しているかは、気にされないことです。全ての人に理解してもらおうと思うと、それだけでストレスになりますから。私も、職場で何人かの人たちに、いろいろ気を遣ってもらいましたが、うつについての理解はないらしく、気分転換を勧められたりしました。幸い上司は理解してくれ、復職時期についても、じっくり医師と相談してからにするようにメールで言われ、だいぶ助かりました。
 あとは、ゆっくり静養されるよう自愛に努めてください。


Re: 分からなくなりました 管理人 - 2004/05/10(Mon) 22:33 No.1437

 なかなか大変なご様子ですね。うつ病の本、きちんと読んでもらえると、とても楽に療養できると思います。
 そうですね。音が気になるというのは、やはり療養の妨げとなります。お母様が理解してくれて、ご実家でのんびり、と言うのがもっともいい環境でしょうね。
 休職期間、復帰する直前に調子が悪いとき、そのまま延ばせるようにしておくと、もっと気楽だと思います。


管理人様、よすさん、いつもありがとうございます ゆん - 2004/05/11(Tue) 15:21 No.1442

 今日たまたま実家に用事があり行ってきました。両親がいたので、病院でもらった簡単な冊子を読んでもらいました。その後、たまたま叔母が家に寄って、また神経症だと言われました。叔母の言い方がきついのか、こんなに苦しんでいるのに分かってもらえない悲しみか、叔母が帰った後の昼食中、両親と祖母がいたのですが、もう我慢せずに今の状態を見て判断してもらおうと思い、みなの前で嗚咽して泣きました。あまりに涙がとまらないので、自分の部屋に引きこもったら、96歳の祖母が心配して、危ない階段を登って、私の部屋へ慰めにきてくれました。そして、両親は私の深刻さを受け止めたようでした。

 母も姑の祖母が原因でずっとストレスを溜め込み体具合を悪くしていたので、どうやら少し理解をしてくれたみたいです。96歳の祖母がこんなところまで慰めに来てくれたことには驚きましたが、とても心が温かくなりました。これなら自宅療養も気兼ねなく出来そうです。叔母も元気付けるために言っているのかもしれませんが、
今の私にはまだまだキツイです(笑)


Re: 分からなくなりました ジュジュ - 2004/05/11(Tue) 16:48 No.1443

ゆんさん 人が自然と以心伝心で自分の気持ちをわかってくれないですよね
言葉や体全体で伝えないと
わたしも入院するっていって初めて事の重大さを分かってもらえたようです
主人は相変わらず鬱の本とか鬱関連のサイトを避けていますが
入院することは主人にとって いろんな意味で天変の霹靂だったようで とにかくそのことで先生と話ししたいから病院に一緒に行くそうです
どちらか言えば入院を止めさせたいと思ってるようですけど
でも わたしはもうどちらでもいいんです
今は 主人がわかってくれようが
治おすことは 自分でしかできないので
もちろん お医者さんとか この掲示板とかにはたよらせてもらいますが


大きな一歩ですね よす - 2004/05/11(Tue) 21:37 No.1446

 とにかく、ご両親が状況を理解してくださったのは、大きな前進だと思います。ご家族や周囲の方々のサポートというものは、どんな病気にあっても欠かせないものだと思います。神経疾患の場合、他の疾患と違って、なかなか理解を得られないものですが、今回ご両親に状況を理解してもらったことは大きな一歩ですね。
 あとは、出来るだけ長く休めるといいんですが。私も休みましたが、最初の二週間は仕事のことが気になったりしましたが、体調がよくなるにつれて、もう少し休んでもいいかな、ってかえって余裕が出ました。
 お祖母様が慰めてくれたのもうれしいことですね。階段を上るのも負担になるでしょうに、わざわざ部屋まで来てくれたんですからね。
 あとは、叔母様には悪いけど、叔母様が来たら顔を合わせないように部屋にこもった方がいいでしょう。


Re: 分からなくなりました 管理人 - 2004/05/12(Wed) 00:14 No.1451

 良かったですね。ご両親やおばあさまに気持ちが通じて。やっぱり、苦しいという気持ちを、そのままの形で伝えたことが良かったのだと思います。
 つらく苦しい気持ちは、どうしても抑えがちですが、そのまま表出することができると、自然とうまく事が運ぶものです。
 ゆっくりと療養してくださいね。





過去ログ一覧(2) へ戻る


produced byYuki Tachibana