Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年05月12日〜



これって鬱?もう一度相談させて下さい。 投稿者:秋桜 投稿日:2004/05/16(Sun) 01:00 No.1491
今日、用があり一人で出掛けました。緑の綺麗な公園を通り抜けた時、「彼と歩きたいなあ」と心から想いました。でも主人とは歩きたいとは想えません。回りの家族連れが皆、幸せに見え、何故私はこんなになってしまったのだろうと悲しくなりました。私が主人を嫌だと思いさえしなければ幸せなのに・・・と。
家に帰る頃になると、主人の居る家に帰るのが嫌で悲しくて涙が出て来ました。
電車の中の人の話し声が始めてうるさく感じました。こんな事は始めてです。でも話したい友達と話している時はうるさいとも想わないし、とても楽しいのです。
でも家に帰って、食事の時、主人がバレーの試合を観ながら、娘に矢継ぎ早に質問しているのを聞いていると、とても嫌になり、あげくのはてに「おなら」をした時は吐き気がしてしまいました。こんな私が悲しいです。
そしてまた、洗わなければいけないコップがたくさん並んだ時、悲しくなりました。洗うのが嫌なのではありません。嫌なら娘とか家族に頼めば気持ちがすっきりするはずですから 。。。でも他の人に頼むのはもっと嫌なので、ちっともすっきりしません。
また、主人は仕事で海外に行く事が時々あり、そのたびに「一緒に行こう」と言ってくれます。独りで言ったら、自由時間がつまらないからだそうです。でも私は絶対に行きたくありません。主人のために我慢していくべきかと想いますが、心が潰れそうに
なります。そして、そういう自分が主人に悪くて申し訳なくなります。
こんな私、離婚した方がいいと想いますが、子供が自立するまではいてあげたく、精神がもつか心配ですし、離婚しても何の生活の保証もないので、また心配です。八方ふさがりの状態です。
鬱病でしょうか。カウウンセラーのかたをすすめて頂きましたが、診断はなさるのでしょうか。また、考えてみれば、主人は臨床心理士の方に知り合いもいるので、カウンセリングにも行けないかもしれません。
よろしくお願いします。


Re: これって鬱?もう一度相談させて下さい。 管理人 - 2004/05/17(Mon) 01:00 No.1493

 臨床心理士は、基本的に病気の診断をしません。診断や診察といった行為ができるのは、医師免許を持つ医師だけです。
 今のままの状況、長く続けられるとは思いません。気が進まないのかもしれませんが、やはり精神科や心療内科で診察を受けるか、またはカウンセリングを受けるしか、方法はないと思います。

 ご主人を嫌悪する気持ちは、ご主人のせいではなく、秋桜さんご自身が造り出しているものです。ご自身の内面と向き合い、ご自身の心と対峙すること以外に解決策はないと思います。
 自分自身の心の内面を見つめるのは、つらくて苦しい作業となります。でも、精神療法をしてくれる精神科医やカウンセラーは、そのつらい作業を一緒に行ってくれます。
 心の病気は、早めの治療が効果的です。


Re: これって鬱?もう一度相談させて下さい。 秋桜 - 2004/05/17(Mon) 20:53 No.1499

管理人様、どうもありがとうございました。
主人のせいではなく、私自身の内面の問題・・・・・
この事は、私の心にズキンと響きました。
私の心がもう一度、振り返って、よく考えてみようとしています。
主人を嫌だと想ったのは私のせい・・・
頼られてばかりだったり、人の悪口ばかり聞かされたり、すぐ機嫌をそこねられたり・・・嫌な想いの積み重ねでこうなってしまった私。
カウンセリングをうけたら、嫌だと想った事や人も、嫌だと想わなくなるのでしょうか・・・?
主人を嫌だと想うのが心の病気なのか、嫌だ嫌だと想いつつ生活してきたから心の病気になってしまっているのか・・・
いずれにしてもカウンセラーのかたに聞いてもらうのが一番いいのでしょうが、先に述べました事情により、匿名で話を聞いてもらえる所があるかどうか探してみなければなりません。名字が珍しいので、なのりたくないのです。
インターネットで検索したり、電話帳で調べて電話をして聞いてみればいいのでしょうか。ちょっと考えてみます。
いろいろとありがとうございました。(他のスレでもアドバイスをくださっていましたね。ここを書いた後に気付きました。重ね重ね、ありがとうございました。)












Re: これって鬱?もう一度相談させて下さい。 スプー - 2004/05/17(Mon) 21:50 No.1503

おそらく、管理人様のおっしゃっているのは、「誰々のせいでこうなった」という考えではなく、まずは秋桜さんが自分自身の内面と向き合ってみる方が良いという事ではないかと思います。

嫌だと思っている本質は記憶にない昔の何か別のところにあるのかもしれませんし、ご主人にあるのかもしれませんし、自分自身の投影なのかもしれません。


Re: これって鬱?もう一度相談させて下さい。 管理人 - 2004/05/17(Mon) 22:37 No.1507

 難しいですね。こういう話って。
 ご主人を嫌悪するという状態、これは間違いなく、秋桜さんの心が起こしていることなのです。つまり、あくまで嫌悪の主体は、秋桜さんご自身なんですね。
 ご主人の今までの行動のなかにすべての原因がある、と考えても、心の問題が解決するわけではありません。嫌悪感は増すばかりで、苦しい状態は、どんどんエスカレートしていくでしょう。
 どうして自分は、ご主人をもがき苦しむほど嫌悪しているのか、ここに気持ちが向いてくると、解決への糸口がつかめます。それを感じさせてくれるのが、精神療法やカウンセリングなのですが。


Re: これって鬱?もう一度相談させて下さい。 秋桜 - 2004/05/18(Tue) 00:46 No.1510

しつこいようで申し訳ありませんが。
私が主人を嫌になる原因を、主人が作っているとしても、私の心に問題があるのでしょうか。
 >どうして自分は、ご主人をもがき苦しむほど嫌悪しているのか ・・・
それは今までの夫の言動の数々です。具体的に書くと、とても量が多くなってしまいますので、一部を書かせていただきますと・・・
子供が夜泣きした時、明日の仕事にさしつかえると、手伝ってくれもせず、私に気遣ってくれる事も無く、他の部屋に寝に行ってしまいました。
私が立派だな、偉いなと想うような人の事も、必ずけなしたり馬鹿にしたりします。(こういう話はとても心が傷付きますので、聞きたくありません)
自分の母親とすぐに喧嘩をしてきて(優しい言葉をかけられないのです)、後始末はいつも私。どんなに嫌な思いをしたでしょう。
誰か家庭を助けている御主人の話をすると(誰々さんは車で迎えにきてくれるんだよとか、子供をみててくれるんだよ等)、そいつは仕事が暇なんだ!というのです。(自分は寝ていたりしますが、寝ている時も考えているそうです。)
私ではできない力仕事や高い所の手伝いを頼むと、全部お膳立てしてからでないとやってくれないし、あれ持ってこい、これ持ってこい、手伝い方が悪い、と私をののしりながらで、終わればやってやったぞといばり、片付けは一切やりません。(こういう事がいつもなので、今では主人には何も頼みたくありません。)
どこかへ出かける時、自分は自分の支度だけさっさとして、子供達と私の準備が遅いと、もういかない、と部屋に入ってしまいます。たまに待っていてくれて、私達の準備が出来ると、トイレに長く入って、人を待たせる事は平気です。
出掛けても、私がちょっと一人で買い物して来るというと、自分を一人で放って置かれたと、ふてくされます。
まだまだたくさんあり、その積み重ねで、今では話し掛けられそうになると、また何か嫌な想いをする!と嫌な気がしますし、
一緒にでかけるのもやはり、何か嫌な想いをすると想うので、行きたく無いし、最近は主人が帰って来た音だけで、びくっとしてしまいます。
そんなこんなで今の状態なのです。長々とすみませんでした。
具体的に書けば、状態というか、原因が少しでも分かっていただけるかな?と想いましたので。


Re: これって鬱?もう一度相談させて下さい。 ジュジュ - 2004/05/18(Tue) 12:16 No.1512

旦那さんの見たせられない感というのがすごいのですね
だんなさんのことも問題だし その旦那さんの言うとおりに動いてしまう秋桜さんも 問題なのでしょう
つまり 秋桜さんは 人の顔色を見ないと生きていけない子供時代を過ごされたのではないのでしょうか
その結果 自己肯定感の少ない (つまり相手を振り回すことで偽りの自己肯定感を得ようとしてしまうけれど そんな代用ではどんなにしても満たされない)旦那のそういう部分を助長してしまったのかもしれません
これは 共依存のイネイブラーのようです

わたしも 似たような状態でしたので
紆余曲折がありましたが 
旦那にわたしは あなたのものではない
わたしもあなたも一人の人間で パートナーだ
といい そのほか いろいろあったけれど
結局 わたしは 「今度そんな理不尽なことでおこったりしたら お金も要らないから 出て行きます」といいました
もう わたしもいっぱいいっぱいでしたからね
そうしたら だんだん 旦那が代わってきました
後は私の問題です
わたしが助けて欲しい時に差し伸べる手を振り払われたり
じぶんを人間らしく扱ってくれなかった 旦那をそのまま受け入れれる人間になるという事です
いまでも わたしは まだそれが出来ず
その心の隙間を埋めてくれる男の人が現れれば 思わずその人についていこうとしてします
でも 愛というものは厳しくそんな代償行為ではほんとうには解決できないのです
しかし 夫婦はお互いを敬愛することが望ましいけれど
相手が一番好きでないといけないということはないです
それは そんなきまりがあっても 人の気持ちはそんなに単純ではないですし 愛こそ自由です
不倫で人にかなしい思いをさせたくはないですが
他の人に惹かれることを悪いことだと思わないで下さい
旦那も あなたも 一人の人間なんですから


Re: これって鬱?もう一度相談させて下さい。 管理人 - 2004/05/19(Wed) 00:16 No.1519

 今までずっと書き込まなかったこと、やっと書いていただけたようですね。これが、自分の心と向き合うということです。自分の心に何があるのか、どんな感情があるのか、それを意識していくことです。

 さて、ここまでご主人の悪いところを書いてきたのですが(まだ書き足りないでしょうが)、そんなご主人と、どうして今後も一緒に過ごしたいのでしょう? 自分が嫌じゃなければ、幸せだと考えている。とても不自然ですね。

 お子様が自立するまで一緒にいてあげたいから嫌でしょうがないけど我慢する、これってどうでしょう。母親がそのような気持ちでいて、お子さんにいい影響を与えるでしょうか。
 お子さんは、夫婦というのは、お互いいがみ合い、嫌悪しあいながら生活するものだ、または、嫌で嫌で仕方なくても一緒に生活するものだ、と感じてしまうでしょう。
 このような心を持ったお子さんが、将来幸せな結婚生活を送れるでしょうか。

 自分の生活ができなくなるから、嫌悪している夫と一緒に生活する、これもおかしいですね。今は贅沢さえ望まなければ、生きていくこと、できるはずです。

 結局、ご主人に対して依存しているのに、その相手に対して、嫌悪感を持ち、憎んでいるわけです。このような矛盾した心を持っていれば、苦しくなっても当然です。心のなかで強い葛藤が起こり、精神力が使い果たされてしまうからです。

 また、依存しているせいで、対等になれず、ご主人が自分勝手なことをしても、文句も言えないし、ただただ我慢するだけとなってしまうのでしょう。自己嫌悪の原因ですね。自己嫌悪は、たいていは身近な人に向けられます。
 ご主人も、今のままでは、ずっと行動が変わらないでしょうし。

 同じ相手に対して、依存と憎しみを持つ、この矛盾した感情は、冷酷な親に対して子供が持つ感情です。
 秋桜さんは、ご主人に対して、親に対する気持ちを持っているのではありませんか。
 ジュジュさんのおっしゃるように、ご主人は、親ではなくて、一緒に生きていくパートナーです。

 自分自身の心と対峙するというのは、このような考えを進めていくことです。また、そのためには、カウンセリングが適していると思います。

 「サイストリー」( http://iyashi.find21.net/psystory/ )でも詳しく解説しています。ぜひご参照ください。





解ってもらうのは無理・・・・。 投稿者:皐月 投稿日:2004/05/17(Mon) 20:36 No.1498
こんばんは、以前家庭科の先生の事で相談させて頂いた皐月と申します。

あれからも症状は悪化するばかりで、パニック障害も出てきました。同じ空間(教室)にいるだけでも嫌だったのが、今度は同じ学校に居る事すら許せなくなりました。
憎くて、憎くて、憎くて、悲しくて、辛くて。
最近は元気だったのですが、今日姿を見てしまったり、二度も近距離で声を聴いたりしました・・。
呼吸が出来なくなり、鬱状態が悪化し・・・。

院内学級に行くしかないかな・・と思っています。
一番の願いは、あの先生が学校を辞めてくれれば・・・なのですが、たかが私一人でそんな事は現実を見ればすぐに答えは解ります。
私が出て行くしかないかな・・と思っています。
何故か泣きたくなり、家族に気づかれない様にクッションに顔を押し当てて声を殺して涙しました。

信頼している担任の先生も、本日の家庭訪問で『何かとその事を出してくる気がする。どちらかと言うと、復旧させる事よりその事を燃え上がらせようとしている。』
と言っていました。
私だって復旧したい、その気持ちは嘘じゃありません。
でも、どうしても後ろ向きになってしまう。どうしても許せない、人間的に嫌い、嫌い・・酷い時は、『私があの女を消せたらな・・・』とまで思ってしまうのです。(勿論、考えるのは数分程度で犯罪に走ろうとは思いませんし、致しません)
消えて欲しい、嫌い、嫌・・・。段々と悪化してしまう。私が止めようと思って止まるモノじゃないのです。

・・・でも、やっぱり『うつ病』である私の気持ちは『うつ病ではない一般人』(うつ病の方も、当然一般人ですが)の担任には、わかって貰えないんだな、と辛くなりました。
ずっと信じてきた分、理解していると言ってくれていた分、裏切りと思えずにはいられません・・・。
本当は、違うのだけれど。

死ばかりが頭にあります。今も死にたい、死のうと思ってしまう・・・。
私が消えれば、学校ではなく院内学校へ行けば皆幸せになれるのかな・・・・?


Re: 解ってもらうのは無理・・・・。 スプー - 2004/05/17(Mon) 21:40 No.1500

あまり良くないですか。
今は、病院で薬は貰っているんですよね?
急に辛くなったり、落ち着かなくなった時に飲む「とんぷく」は貰っているでしょうか?
たとえば、その先生の授業がある前に飲んでおく、不意に出会ってしまって急に辛くなったときに飲む薬です。これがあるだけで、かなり違うと思います。

ご自分でお書きになっている通り、鬱病の人の気持ちは鬱病で無い人には簡単に理解できるものではありません。鬱病同士の間でも、共通する点は多いかも知れませんが、やはり細かな点ではお互いに理解できないでしょう。人は自分とは人格なので、考えや理解度が違って当然なのです。

皐月さんの年齢だと、簡単に他人を理解するという事や、違いや行動を許すという心の成長も成長段階だと思います。大人でも他人を理解するという事は難しいので、仕方が無い事かな・・・と思います。

一番良いのは、皐月さんが「自分は自分、他人は他人。自分を理解して貰えないなら、それはそれで仕方がない。全員に理解して貰おうとする事自体が無理があるのだから」と考えられれば良いんですけどね。実際、自分をある程度理解してくれる人なんて、一生に数人いるかどうかですから。その理解してもらっている人でさえ、別人格なので、100%理解してくれる事はないのです。
そんな風に、許容範囲を広げられれば良いですね。

あと、年齢的に受けた方が良いのかどうか判りませんが、考え方を変えていく上で、カウンセリングを受ける事ができれば良いかな・・・と思います。


早速のレス有難う御座います。 皐月 - 2004/05/17(Mon) 22:01 No.1504

こんばんは、早速のレス有難う御座います。
頓服は頂いております。本日も直ぐに飲みました。
はい、やはり難しいなと思っています。
簡単に理解出来る問題ではなく、自分が仮に逆の立場だとどうなるか?と考えるとやはり100%理解は無理かなと思います。
でも、やはり『理解しているから、大丈夫だから、無理しないで頑張れ』と励ましてくれた、何度も支えてくれた担任だから、やはり私も油断と言いますか、言い方はおかしいのですがそんな感覚に陥ってしまっていたのでしょうね。
信頼しすぎていたのかもしれない、と思ってしまいます。

でも、本当に復旧する気持ちはあるのです。偽りはありません。・・でも、燃え上がらせようとしている気はありません。そう見えるのかもしれませんが、鬱等の精神的な病気は、やはり後ろ向きになってしまう傾向が少なからずはあって・・。
その授業だけではなく、もうかれこれ4,5回程度声を掛けられたり、色々とトラブルにトラブルが重なりました。
それ故に、『またされてしまった』と思い、それを伝えてきました。そして私の意見を押し付けるだけではなく、相手の先生の事も考え、『復旧したい気持ちは解ってる。私も復旧したい気持ちは同じだけれど、悪化しているから時間がかなり掛かってしまう。』そう伝えてきました。

今日の家庭訪問の発言の為、『無理をしてでも復旧させて解決させた方が良い、だって結局解って貰えない。解ったと言っていた、ゆっくりで良いと言っていたのに。』と思い始めてしまいました・・。何だか、『早く復旧しろ』と遠回しに言われている気がしてならないのです。
今日家庭訪問の前にも少し話をしたのですが、そんな感じが見受けられました。
『嫌い、じゃ何も糸口が見つからない。これからどうするかだ』と言われました。
理解しています、私次第だと。けれど、コントロールが出来ない、考えると、思い出すと涙が止まらない。
そんなに言うのなら、どんなに辛くても、呼吸が出来なくなっても、その後リストカットや自殺未遂になっても復旧させてあげるよ!結局はそれが言いたいんでしょ!と、間違っているのだろうと思いながらも感じずには、考えずにはいられません・・。

カウンセリングは、母が『それは何、精神科だけじゃダメなの?』と言うのです・・・。じっくり話をしてみます。有難う御座います。


Re: 解ってもらうのは無理・・・・。 管理人 - 2004/05/17(Mon) 22:50 No.1508

 なんとも苦しい状況に陥ってしまっているようですね。
 スプーさんのおっしゃるとおり、人が人を理解するというのは、どうしても限界があります。いくら理解しようとしても、理解の及ばないことの方が多いくらいです。
 年齢的な面でも、まだまだお互いの理解、その限界や矛盾がなかなか納得できないことでしょう。
 カウンセリング、とてもいい方法だと思います。通常のカウンセリングだけでなく、箱庭療法や絵画療法など、さまざまな心理療法もあります。
 いろいろな解決方法、医師と相談の上、当たってみるといいと思います。


スレ折りました 投稿者:そら 投稿日:2004/05/17(Mon) 09:47 No.1494
長くなりましたのでスレを立て直しました。
管理人さんスプーさん、何時も親切丁寧なレス頂き
ありがとうございます。
やはりもう一度ちゃんとした診察を受けた方が
よいのかもしれませんね。
ただ問題が一つ。
以前書いたように、本人は現在の治療を続けていくつもりです。
なので恐らく精神科に行くとなると難色を示すと思います。
もしかすれば行く必要ないとまで言うかもしれません。
どのように説得したらいいものなんでしょう。



Re: スレ折りました スプー - 2004/05/17(Mon) 12:09 No.1496

理由は色々あるようですが、精神科医の多くが人格障害の場合でも他の病気(多くは鬱病)として本人と家族に知らせる事が多いようなので、今の先生もそのようにしている可能性は十分あります。

多くの先生が人格障害を隠したがる理由は判るのですが、別の方のスレッドに書き込みをしましたが、私は少なくとも周りの人には早いうちから本当の病名と対応方法を話した方が良いと思っています(例えばBPDの場合は鬱病患者と同じ対応では悪化させる可能性がある為)。


さて、本題ですが、今の先生がBPDにあまり積極的な雰囲気が無い場合は、別の病院に移った方が良いと思います。BPDと判明したとたんに別の病院にたらいまわしにする先生も多いので、BPDに強い病院をインターネットで調べたり(以外と2ちゃんねるのメンタルヘルス板に載っています)、そらさん一人で精神保健福祉センターに行って相談されるのが良いかもしれません。

いい感じの病院を見つけたら、一人で相談に行ってみてください。
大丈夫そうだったら、例えば「友人にいい病院を紹介してもらったんだけど、行く?」という感じで話してみてはいかがでしょうか?
奥さんは落ち着いている時は自分自身に問題を持ってて、自分自身に立ち向かわないといけない事は理解されているようですから、カウセリングが一番良いらしいという事も話をしてみると良いかもしれませんね。


ただ、奥さんが子育てに関するこだわり、断乳への恐れがあるようなので、そのあたりを無理やり止めさせるのは難しいでしょうね。
パニックになって症状が酷くなってしまうかもしれないので、今の産婦人科の先生にも相談して、先生の口から「今のミルクは母乳と遜色はないし、薬で母乳を止めても問題はないですよ」という感じの事を言ってもらう事は可能でしょうか?

私は母乳で育てるメリットよりは、漢方をやめて適切な薬に切り換え、安定した時にカウンセリングを始めるメリットの方が遥かに高いと思います。お子さん、そらさん、そしてご本人である奥さん全てに大きなメリットがあると思いますので。


Re: スレ折りました 管理人 - 2004/05/17(Mon) 21:46 No.1502

 スプーさんのしっかりとした説明がありますので、ちょっとした補足です。
 確かに担当医の方は、軽いうつ状態としての治療だけのようですね。まあ、医師から見れば、それで治まって見えますし、境界性人格障害としての問題が多少あっても、そらさんに任せようと言うことなのかもしれません。
 また、患者である奥様が満足をしている、と言うことも大きいのでしょう。

 奥様との日常会話のなかで、カウンセリングの話をしていって、カウセリングに対して、少しずつでも興味を持ってもらうことから始めたらどうでしょう。
 それから、よく言われているセカンドオピニオン(ほかの医者の話も聞いておいた方がいい、と言うことです)というのも、説得の手だてになると思います。

 母乳の問題、確かに難しいですね。境界性人格障害特有の他者との未分離に、母子関係が入っていると思いますので。
 これも、やはり普段の会話のなかで、少しずつミルクに興味を持ってもらうことが大切でしょう。





何回もでごめんなさい 投稿者:ここっと 投稿日:2004/05/12(Wed) 23:41 No.1463
なかなか良くならないけれど、もしかして仮病ってことはないでしょうか?
鬱病で治らないままでいると仕事も休んで、家で好き勝手なことしていられますよね。本当は治っているのに病気のままでいたい、仮病ってことは考えられないでしょうか?もともと最初から仮病だったってことは考えられないでしょうか?


Re: 何回もでごめんなさい 管理人 - 2004/05/13(Thu) 00:03 No.1467

 仮病というのは、あくまで意識的に行うものです。無意識に起こる疲労感や気分の落ち込みは、仮病とはいいません。明らかに病気です。
 ただ、1995年頃より前の時代は、無意識的に起きて、自分自身ではどうにもならなくても、仮病だとされてしまうことが多かったと思います。
 担当医に聞いてみると、もっとすっきりとした答えが得られると思いますよ。病気じゃない人には、治療もしないでしょうし、投薬もしないでしょうから。


Re: 何回もでごめんなさい ここっと - 2004/05/13(Thu) 00:37 No.1468

ありがとうございます。

>病気じゃない人には、治療もしないでしょうし、投薬もしないでしょうから。

そうですね。だんだん自分がおかしい事を言っているような気がしてきました。




Re: 何回もでごめんなさい ジュジュ - 2004/05/13(Thu) 08:49 No.1469

きのう 旦那と精神科の先生を交えて話をしました
そこで 結婚以来何十年始めて夫婦の本音を会話しました
旦那はわたしの鬱を仮病のようなものだと思っていたといいました
勝手に自分の世界をつくって 治そうとする努力が見えない ともいわれました
それは 先生が丁寧に説明してくれたので 少し納得したようです
また 旦那は触らぬ神にたたり無しで そっとほっとこうとあきらめてたともいいました
私は私で 旦那は本も読んでくれないし 私の話も聞いてくれない 同居が長かったせいもあって 今まで夫婦ではなかった
これから 夫婦になれるかまだわからないといいました
いろいろと話して お互いに努力してみるという事で
入院は一端延期になりました(リスカがひどくなってきたので先生は入院がいいと思っていたそうですが

でも じぶんでも 仮病だと思うときがあります
楽になった時に振り返ってやっと その時はやっぱりしんどかったんだと思います

横レスみたいですみません


すみません。 秋桜 - 2004/05/15(Sat) 01:34 No.1485

私もヨコになってしまうのかもしれませんが、前から疑問に想っていた事が有るので、書かせて頂きます。
仮病というのではなのですが鬱病と鬱的精神状態の違いは、鬱の症状が長く続くかどうかだと、いろんな所に書いてあるのを目にします。
確かに涙がすぐ出たり、生きていきたくなくなったり、何も楽しいと思えなかったり、何もする気が起こらなかったり・・・そういう状態が、私も長く、一年以上続いていますが、それってその原因になっている事が持続していれば、その状態も長く続くわけで、、、でもやっぱり長く続いてると鬱病なのでしょうか。
御意見を聞かせて頂きたいです。


Re: 何回もでごめんなさい ここっと - 2004/05/15(Sat) 21:51 No.1486

診察に行ってきました。
先生に聞くどころか、自分からしゃべることも出来ませんでした。先生の顔を見ただけで首を振って下を向いてしまいました。話をしようとしても言葉が出てこなくて、やっとぽつんと答えるのがやっとでした。やっぱり病気なんだなと改めて思いました。

ジュジュさん、入院は延期になったんですね。せっかくゆっくり出来るチャンスだったのに残念ですね。先生は入院したほうが良いと言われているようですので、辛くなったら入院させて貰えるんですよね。
ご主人さん、どこまで分かって下さったかまだ?な状況と思いますが、これからどんどん本音の会話が出来ると良いですね。
家も夫はどれくらい理解してくれているのか分かりません。夫の言葉に傷ついて泣いていても「風邪か?」だって言うんですよ。10kg異常やせて「服がない」と言っているのに「太ったのか」って言うくらいです。

私の入院は「入院するしかないかな」という思いがあるのですが、ここのところ夫の体調が悪いため入院は断念しました。先生にも入院を勧められましたが、黙って首を振りました。やっと入院する気になったのに出来ない環境になりました。「早く入院していれば良かった」と後悔しています。また薬を増やしてもらいました。早くこの辛い状況から抜け出したいです。

秋桜さん、鬱的状態が一年以上続いているのですね。その原因が解決しないから、私の場合、仕事が原因でしたのでずっと前から鬱源はありました。うつ状態になったり良くなったりを繰り返していました。その内、うつ状態がどんどんどんどん酷くなり、仕事にも影響をきたしだしたので精神科にかかりました。秋桜さんも鬱的状態が長く続く(二週間以上といいますね)ようであれば、受診されたがいいと思いますよ。


Re: 何回もでごめんなさい 管理人 - 2004/05/16(Sun) 00:43 No.1490

 ここっとさん。ご主人の体調、早く戻るといいですね。もしほかの人にある程度任せられるのでしたら、やはり入院した方がいいとは思いますが。

 ジュジュさんも、せっかく入院が決まったのに、お気の毒です。大変でしょうが、今はまず、ご主人にうつ病について、ジュジュさんについて、理解してもらう必要があるのかもしれません。
 でも、あまりにもつらかったら、医師のすすめるとおり、入院に踏み切ることも、大切だと思います。

 秋桜さんも、まずはご主人との関係ですね。少しずつでも改善できるといいのですが。うつ病の原因は、環境にもありますが、ご自身の心のなかにあるものが大きいです。
 同じような境遇にある人でも、うつ病になる人とならない人がいます。これは、ほかの病気も同じですね。
 うつ病の治療というのは、まずはうつ状態を改善(薬が主です)し、そのあとは、心のなかにあるものを治していきます(カウンセリングなど)。環境は、思うように変えられないこともありますので、その場合は、環境にならしていく治療(認知療法)もあります。





過去ログ一覧(2) へ戻る


produced byYuki Tachibana