Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年05月25日〜



境界例人格障害 投稿者:maria 投稿日:2004/05/23(Sun) 19:37 No.1574
以前、弟のことで相談させていただきました。
弟は親の会社に所属し、この1ヶ月出勤しないで、
給料だけもらう生活を続けています。

自宅では、部屋に引きこもり、食事の運びを嫁がし
運んだら、もう用はない、出ていけ!と追い出します。

ここでの相談内容をプリントアウトし、
親に具体的に「甘やかし」ではない援助の仕方を
考えてもらいましたが・・・結局、カードを再び勝手に使われ
生活費が足りない、どうしてくれるんだ・・・と泣きつき
7月までに進退を考えろと通告したら
鬱がひどくなり、まるっきり部屋から出てこず
インターネットの世界に埋没した形となりました。

インターネットの世界での理解者に心を傾け
妻より大事な存在になり、自称「浮気中」

で、昼食に戻るのが送れた妻に
(子どもの病院で点滴治療のため時間がかかった)
「俺のことはどうでもいいのか」
「お前がそんなだから、俺は浮気をするんだ!」
と、妻をなじりました。

耐えに耐えた嫁も、プッツン☆
水をぶっかけたそうです。

そしたら、あごの骨がずれるほどの暴力。
それも、子ども達の前で・・・・。
子ども達は熱を出し、長女はブツブツと独り言を言い
赤ちゃん言葉を発するようになり、明らかな異常。

嫁は車を走らせて、実家に帰りました。

その間に「首つり自殺未遂」
不安がよぎった嫁が、親に様子を見てきて・・・と頼んで
行って発見し、縄を没収し、「こんなことはやめろ」と
言い聞かせて、その場を後にした親ですが・・・・

実は親も相当のショックで、父親がかなり悲観的になり
「鬱」の状態がひどくなりました。

息子が言い放った、言葉・・・・
「本当に心配してるンなら、お前も鬱になれば!」
「鬱の勉強もしないで、よくも、のこのことこれたもんだ」





Re: 境界例人格障害 maria - 2004/05/23(Sun) 19:46 No.1575

それから、丸1日がたちましたが、
夜中に、「お前が帰ってこないなら、自殺する」と
何度も嫁に脅迫電話をかけ、
たまりかねて、兄が話をしに行き、
2時間近く話し込んだそうだが・・・
兄も、かなり異常な思考回路である・・・と思ったらしく
とにかく入院しろよ・・・と言ったら、わかったと返事。

それなのに、今日もまた、嫁に「自殺ほのめかし脅迫電話」
をかさね、たびたび生きているかを確認に行きました。

おかしなことに、ちっとも、そんな落ち込んだ状態に見えない
ケロッとして、「何しに来たのか」と怪訝な顔。
離れている不安が嫁の強迫観念を増長させているのか
頭痛もめまいもするのに、
4時間かかる道のりを帰ろうかとまで言わす始末・・・。

強制入院の措置は、どのようにすればできるのか・・・
強制入院させて、心にしこりは残らないのか・・・
せめて、周りの人間の心に思いをはせることが
できるようにならないのか・・・・

私が出ていけば、問題が大きくなると
兄も親も、私を弟に近づかせない状態です。
私にできることと言えば、ここで、こうして現状を書いて
指示を仰ぐことしかできないのです。

いったい・・・どうすれば、
この地獄から少しでも浮上できるのでしょうか?



Re: 境界例人格障害 スプー - 2004/05/23(Sun) 20:51 No.1581

大変ですね。
まず、脅迫めいた事を言ったり、行動しようとした場合には、すぐに警察を呼んで対応してもらってください。特にお子さんがいらっしゃる場合には、迅速な対応が不可欠だと思いますし、警察もそのように対応してくれるはずです。あらかじめ相談しておく方がいいでしょう。

奥さんに関しては、もし旦那さんにあいそうをつかしたとか、あまりにも恐怖を感じる場合には、離婚も視野にいれて警察に相談されると良いでしょう。かなり緊迫していると思います。

奥さんの精神的なストレスは相当なものだと思います。もし、奥さんが連絡を絶ちたいと思えば、電話の拒否設定等をしてもらってください。当然、行動を起こせばエスカレートする可能性はありますので、状態が酷いようでしたら警察に必ず相談する必要があります。

ご家族の方ですが、まず皆さんがご自分の事を第一に考えてください。自分が犠牲になれば・・・と考えるのは、弟さんの為になりません。おそらく甘やかしによって症状はエスカレートするでしょう。海難事故とかでもそうですが、子供と一緒にいた場合、まずは自分が救命胴衣を着けて、次に子供につけさせるべきです。その方が助かる確率は高いのです。


強制入院この場合は、保護入院か処置入院ですが、殺人未遂などを起こさない限りは保護入院でしょう。これは精神科医の判断で行えます。主治医と相談してみてください。

心にしこりは残る可能性はあります。しかし、今のままであれば自殺、エスカレートすれば殺人をする可能性もあります。この辺りも主治医と相談の上、どうすべきかを話し合ってみてください。


弟さんの詳しい状態が判りませんが、結構酷い状態のようですから、警察に相談して万が一の時はすぐにきて貰う、保護入院を視野にして考えるのがいいでしょう


Re: 境界例人格障害 管理人 - 2004/05/23(Sun) 22:30 No.1590

 そうですね。今の状況ですと、スプーさんのおっしゃるとおり、警察との相談が、もっとも適切な方法だと思います。
 お子さんも、お嫁さんも、心理的なストレス、相当に大きいでしょう。そのことも考えて、迅速な行動が大切ですね。

 お父様とお母様、それぞれの状態から考えて、何もしない方がいいでしょうし、これ以上関わるのは精神的にも無理のように思います。

 警察は、自傷他害の危険がある場合、もっとも頼りになる存在です。今回の場合には、お嫁さんが実際に暴力を受けているわけですし、自殺企図もあります。
 心のしこりなどと考えていては、手遅れになる可能性もあります。警察による緊急保護や措置入院で対応していくこと、必要な場合もあります。


Re: 境界例人格障害 maria - 2004/05/24(Mon) 07:34 No.1592

嫁は、ドメスティックバイオレンスの窓口に駆け込みました。
そこのアドバイスで帰省を決行しました。
大きな行動があった場合、強制的な措置もできると聞き、
私たち兄弟・両親に、強制入院をさせてといっています。

しかし、両親が「警察沙汰」を拒み、
今日、兄が説得し、病院に連れて行くことになりました。
本人が素直に同行してくれることを望むだけです。

入院ができた後のことですが、
実際のところ、弟にどう接したらよいのかわかりません。
話を聞いていたら、いいがかりをつけて向こうから
心のシャッターを下ろし、放っておくと見捨てられたという。

何もなく、引きこもっている状態の時は、嫁に暴言を吐き
自分の世界に嫁も入れず、出てこない。
それはそれで、何も危害が無く、
無事の一日を過ごしているのかと思えば、
突然、この生活に不安を感じたのか、お金についての
強迫観念がある・仕事に復帰できない・・・
思った通り休ませてくれたらいいのに、
期限を決めて、焦らす・・・といった苦情を言い・・・

こじれたら、自殺未遂・・・。

延々とこれが続くのかと思うと・・・
周りの人間は、はれ物に触る状態でしか
接することはできません。

どこまでが、本人の意思で、どこからが妄想なのか・・・。
何が弟をこうさせたのか・・・
小さな原因は、数限りなくありますが・・・
兄も私も、同じ境遇で育ち、困難や苦難も自己解決し
何とか生きているわけだから・・・・

引きこもり中に、腕に入れ墨を入れたり、
髪の毛を金髪に染めて、
お金がないといったはずなのに・・・どこにそんなお金が?と
不思議に思うこともあり、
金銭感覚や、物質への執着・・・
理解に苦しむ行動も見え隠れしています。

常識で判断してはイケナイのはわかっているけれど
どこまでのモラルを弟に持って欲しいのかも
自分自身、わからなくなってしまいました。



Re: 境界例人格障害 maria - 2004/05/24(Mon) 07:34 No.1593

今の望みは、
暴力をふるわないこと
自殺を図ろうとしないこと
基本的な生活習慣を身につけること

できれば・・・
周りの人の思いを、
少しでも感じることができるようになること
決して、見捨てたわけではなく、
自分から、見捨てられるような言動を取っているのだと
気付いて欲しいのです。

そういった状態に戻ることは、できるのでしょうか?

今は、周りに迷惑をかけて、振り向いてもらうことばかり
重ねているような気がしてなりません。

適度な距離というのは、どう保てばいいのでしょうか?
何か、基準線になること・周りの人間へのアドバイスがあれば
教えて欲しいと思います。



Re: 境界例人格障害 ジュジュ - 2004/05/24(Mon) 10:28 No.1594

まりやさん はじめまして
正直 わたしには まりやさんの辛さにおもいを馳せるだけでどうしていいのか分りません

弟さんも 弟さんに振り回されている周りのひとも みんないっぱいいっぱいなんですね
でも みんな弟さんを愛してるのですね

愛はそうかそうかと受け入れることばかりではないと思います
厳しい気持ちで弟さんを入院させて
弟さんが もうみんな自分の思うとおりにならないということをわからせることも 愛情なかなあと まりあさんも文をよみながら思ってきました


Re: 境界例人格障害 maria - 2004/05/24(Mon) 19:02 No.1597

NHKの鬱の番組に出た医師に連絡を取り、
診察を受けることになりました。
今朝、兄と両親、戻ってきた嫁と子どもが同行し
診察を受けたのですが。。。

本人がどうしても、6月からの入院にして欲しいと
せがんだらしく、そのまま帰ることとなりました。
診察室の中で、どのような会話がなされ、
どのように判断されたのか・・・・

今のところは、何事もなく時間が過ぎていますが
いつ嵐が起こるのか・・・気が気ではありません。
とりあえず・・・現状報告まで。


Re: 境界例人格障害 スプー - 2004/05/24(Mon) 22:18 No.1603

奥さんが処置入院させろ・・・というのは、十分わかります。凄い精神的なストレスと暴力ですから。私も、もしちょっとでも他人へ危害を与えたり、与えるそぶりを見せるようであれば、すぐに警察にきて貰い、処置入院も考えた方が良いと思います。
本人はもちろん、おそらくご両親は嫌がるでしょうが、事件に発展する可能性が高い事を考えれば仕方がない事だと思います。

入院ができた後は、普通の人に接するようにしたら良いと思います。普通の人と同様に接すると自分通りに行かずに荒れる事もあるでしょうが、人と自分は違う人格だという事を判らせてあげない限り治らないでしょうから、ある程度あるれるのは仕方がないと思います。弟さんの場合、かなり危険な方向に攻撃が向かっているので、実際の接し方は主治医に相談してください。

何が本当の意思で何が妄想か・・・というと難しいですね。本人も訳わからない状態ですから、他人が判る筈がありません。状態の悪い時は距離をおいてしまうのが一番だと思います。

今言われている原因として一番可能性が高いのは、一般的には小さい頃に受けるべき愛情が足りなかった、または愛情の与え方が間違っていた・・・ですが、個人の気質というものも大きく左右します。
残念ながら、弟さんの場合は育てられ方が気質に合わなかったのでしょう。

弟さんが人格障害の域から脱する事ができるかどうかは、弟さん次第で、他の人はサポートはできても治すことはできません。ですから、弟さんが本気で自分の病気(性格)を変えるつもりでいなければ、治ることはむずかしいでしょう。
誰でもそうですが、思考や性格を治すことは治そうと思っても簡単に治せるものではありませんし、相当なストレスが伴います。
よって、適切な状態の時に本人が治したいという強い意志をもち、境界性人格障害に強いカウンセラーによってカウンセリングを行うのがもっとも有効な手だと思います。


Re: 境界例人格障害 スプー - 2004/05/24(Mon) 22:18 No.1604

続きです


mariaさんが弟さんに望む事は、カウンセリングにより治療していくにしたがって実現すると思います。そのような思考ができるようにするのが目的なのですから。

適切な距離というのはむずかしいですが、基本的には「自分と他人」という区別が付かないような状態にさせない事です。例えば、本人の言うとおりに周りが動けば、「周りの人は自分の意志で動く。つまりは他人=自分」となり、症状はどんどん酷くなるでしょう。そうではなく、周りの人が嫌だと思えばやってあげない事。つまりは「他人は自分ではない」という事を判らせてあげる必要があります。

もっとも、そのような行動をとる事により、見捨てられる恐怖から様々な手段を使って回りを振り回そうとするでしょう。しかしそれに振り回されない事が重要です。


本人と周りの人はもっとも大変な病気の一つと戦わなければなりません。大変だと思いますが、まずは自分を守る事を第一の優先として弟さんの「自分探し」に付き合ってあげてください。



Re: 境界例人格障害 スプー - 2004/05/24(Mon) 22:24 No.1605

追加ですが・・・

何故、どうしても6月だったんでしょうかね?
どうしてもという理由がなければ、結局は本人の言い分が通ってしまった・・・という事で、良い方向ではないような気がします。
ご両親は一生懸命で心配で、なんとかして治そうとしているのでしょうが、本人のやりたいことばかり聞いているようだと、まず治らないですし、本人も治す気が起きないでしょうね。

今の段階では主治医には強制入院させる権限はないと思いますから、大事なのは本人とご両親なのですが・・・(法的には奥さんの方が権限が強い筈ですが)


Re: 境界例人格障害 maria - 2004/05/25(Tue) 01:03 No.1607

少しの時間稼ぎと、保留期間に丸め込めれる計算があったのかも?
詳しくはわかりませんが、入院するための残務整理と称しての要望だったようです。

兄貴からの連絡では、とにかく医者の前では「イイコト」しか告げなかった。それは嫁も同じ。弟の前では、とっても弟よりに意見が傾くし、離れていれば、自分が出てくる・・・そういった感じです。嫁の方にも「依存」がかなり強く感じます。
長く看病していると、同じ傾向に陥りやすい・・・と聞いたことがあります。

嫁の言葉も100%鵜呑みにはできない面もある・・・と
兄は冷静な判断をしています。
それもそうだな・・・と私も思います。

結局、兄弟では夫婦間のことには立ち入ることができません。
家族単位でまずは考え、余りあることを兄弟・両親が
受け止めることが、物事の順序ですよね。

その嫁が、やはり目標・意志を持って弟に接さないことには
結局は、大きく周りを巻き込んで振り回されることになります。

まずは家族単位。そして親族単位。
子どもにしても、母親として、どう守るのか・・・。
嫁に強い意志を持ってもらわないと、
周りでの支援は難しくなります。

私も相談には乗りますが
兄貴に話すこと、私に話すこと、両親に話すこと・・・
それぞれが、違っているのです。
大まかには同じようなのですが、
「どうしたい」といった嫁自身の意志は、
相手によってコロコロと変わる。
出方によってコロコロと変わる・・・そんな気がします。

弟に押し切られ、弟の条件をのんでしまうのは、
嫁も両親も同じような気がしてなりません、
兄弟では、そこのところが冷静なんです。
だからこそ、兄貴は「最後の砦」として、
ふさわしいのですが。
私は、情に流されるので、役不足だなと思います。

結局の所、「金曜日」に入院となりました。
しかし、依頼入院なので、本人が「退院」を希望したら、
引き止める権限はない・・・と通達がありました。

金曜日、入院できないと言ってきたら、
「強制入院」も視野に入れて対応することに
なるかもしれません。
そうなると、自発的に退院ができなくなると言うことを、
弟の考慮に入れて欲しいと思います。


Re: 境界例人格障害 スプー - 2004/05/26(Wed) 13:05 No.1617

奥さんに依存が出来ている場合は、やはりある程度距離を取れるようにして依存を解く方が良いでしょうね。なお弟さんの前では弟さんの方に意見が傾くのは依存というのもあるでしょうし、長い間腫れ物に触る思いをしていた為に本人の前では自分の意見を出せなくなっている可能性もあります。
書かれている通り一緒にいると一時的に同じような症状を示す事もありますし、ストレスから鬱病になる事もあります。これらの多くは一時的で、依存を解く事により元に戻るでしょう。

>嫁の言葉も100%鵜呑みにはできない面もある・・・と
>兄は冷静な判断をしています。

もちろん、その通りです。立場が違えば感じ方も違いますし、誰でも自分に有利な話しかあまりしないものですから。主治医もその辺りはよく判っていると思います。


>結局、兄弟では夫婦間のことには立ち入ることができません。
>家族単位でまずは考え、余りあることを兄弟・両親が
>受け止めることが、物事の順序ですよね。

ある面ではその通りだと思いますが、行動が肉体的・精神的な暴力に及んでいるのですから、恐怖とストレスは大変な物だと思います。


>その嫁が、やはり目標・意志を持って弟に接さないことには
>結局は、大きく周りを巻き込んで振り回されることになります。

境界性人格障害はとにかく周りを振り回します。弟さんの症状から推測すると、おそらく奥さんだけではどうにもならない状態だと思います。目標を立てようにも、その情報が極端に欠如してませんでしょうか?意志は持ってても、それを実現する権限はあるでしょうか?恐怖に感じて行動出来なくなっていたり、依存関係が出来てて判断が出来ない状況ではないでしょうか?

例えば行動化が激しい時、ご親族は警察沙汰と入院を拒んだのではないでしょうか?弟さんの行動は激しいようですから、万が一の時にすぐに警察が来てくれるようあらかじめ相談し、110番するだけで飛んできてくれるようにしておくべきだと思います。世間体はあるでしょうが、取り返しのつかない事がおきてからでは遅すぎるのですから。



Re: 境界例人格障害 スプー - 2004/05/26(Wed) 13:14 No.1618

弟さんの症状はどんなに愛を注ぎ込んでも満たされる事はありません。どんなにいう事を聞いても満足する事はありません。なぜなら自分と他人の区別がつかず、幼少期に経験すべき愛情を満足できず、奥さんだけではどうしようも無い領域を多く含んでいるからです。

奥さんは、まず自分とお子さんを守る方が良いでしょう。近すぎて判らなくなっていた客観的な視野を取り戻す為にしばらく離れて暮らす方が良いでしょう。近い人になればなるほど、あまりにも酷い振り回しで客観的で冷静な判断が出来なくなっているはずです。mariaさん達は奥さんが人によって意見が違ってしまうなどと感じるのは性格のせいかも知れませんが、このような状態になっているからかもしれません。


任意入院には文字通り本人の自由です。
しかし、行動化も収まりきらないのに退院し、同じような事を一度でもするようであれば、それなりの対応を取った方が良いと思います。
自由は社会のルールを守れる事とセットですから。そのような社会人としての約束事は守らせた方が良いでしょう。
また、ご親族でルールを作り、それを守れらせる必要があります。つまり、スレ元の
>結局、カードを再び勝手に使われ生活費が足りない、どうしてくれるんだ・・・と泣きつき
は、どう考えてもマイナスにはなってもプラスにはならないと思います。
ご両親も「金が勝手に使われた」という意識を持つべきだと思います。境界性人格障害は本人にも周りにも相当な努力と忍耐が必要です。ぬるま湯の環境で滅多に良くはなりませんよ。


あと、一番気がかりなのはお子さんですね。
子供の時にどれだけ愛情を受けたかどうかは思春期以降の人格形成に大きい影響を及ぼします。ましてや母親が父親から暴力を受けて酷い状態になってしまい、すぐに子供への影響が出ているほどのストレスを感じているとしたら、しばらくは離して育てる方が良いと思います。そしてカウンセリングを受けさせる方が良いかもしれません。
弟さんよりは緊急に対処した方が良いかもしれません。

最後に・・・
お子さん、奥さん、お父さん、どこを取っても相当緊迫しているように思えます。
弟さんの好きにさせている余裕は無いように思いますが、いかがでしょうか?
厳しい意見をさせて頂きましたが、今の状態であれば行き先は見えているような気がします。


Re: 境界例人格障害 maria - 2004/05/26(Wed) 19:51 No.1622

具体的なアドバイス、ありがとうございます。
兄弟でこの掲示板を読み、今後の対応について考えたいと思います。

距離を置いての生活・・・・。
これは、入院すればある程度、嫁の方にも光が差すことなのですね。
入院している間に、何とか「依存」や「正しい判断力」を
取り戻してほしい物だと思います。

確かに、私が嫁の立場なら・・・
一日一日が、無事すぎるだけでやっと・・・と思ってしまいます。
その上に、「強く慣れ」と責め立てたところで、苦しいだけですよね。

まだ、「境界例人格障害」と診断されたわけではないのですが
今までの言動・事件・これまでの生活から考えると
ほぼ、間違いなくそうだと思います。
前から、私には確信していましたが・・・・

しかし、親は納得していません。
決めつけて話すな・・・と、思っているようです。
だからこそ、警察の件も反対だったし
コトの重大性も、私とは違う重みのようです。

兄は直接、主治医と話してきたので、理解できるのではないかと思います。
私にすれば、最悪の診断結果・・・と思っていますが
改善の方向に向けて、何ができるのか、考えます。

まずは、周りがしっかりと団結しなくては・・・と思いますが
ソレゾレに家庭があり、仕事があり、弟のことばかり考えても居られない状況です。

できることから、できる程度に、行動して行かなくては。
緊迫した状況が、こなければいいな・・と願うばかりです。
とりあえず、今回の相談内容を兄貴に読んでもらいます。


Re: 境界例人格障害 管理人 - 2004/05/26(Wed) 23:12 No.1625

 お嫁さんの件ですが、やはり、スプーさんのおっしゃるとおり、相当なストレスのなか、正常な思考が働かなくなっている可能性があります。
 境界性人格障害の人と長く生活していると、そのような状態に陥りやすいです。この場合には、依存というより、混乱といった方が適切です。

 それにご両親の件、ここにもっとも深い根があるのは事実だと思います。未だに弟さんのこと、理解できていないようですし、ことの重大さに気がついていない、または目をそらそうとしているように感じます。
 お兄様がお嫁さんのこと信用できない、と感じているようですが、このような舅や姑がいて、夫の状態がこのような有様だとすると、混乱状態になってしまっていて、うまく説明することもできないでしょうし、言いたいことも言えないのではないかと思います。


Re: 境界例人格障害 スプー - 2004/05/27(Thu) 14:48 No.1637

掲示板やネットで調べられても良いですが、「境界性人格障害=BPD (はれものにさわるような毎日をすごしている方々へ)」ISBN4-7911-0498-6という本が患者の周囲の人たちの為になる事が書かれていますし、読みやすいのでお勧めです。

>確かに、私が嫁の立場なら・・・

以前の書き込みで「腫れ物に触るような思い」と書かれていましたが、ご両親、ご兄弟の距離でそのくらいに感じられるのなら、もっとも近い立場の奥さんは、その何倍もの思いでいらっしゃる事だと思いますよ。おそらく、一つ一つの言葉を悪く取らないか、良かれと思ってやった事を悪く取らないか、逆にやらなかった事で調子を崩さないか・・・と、数秒先も見えずにビクビクしていらっしゃったんじゃないですかね?


境界性人格障害という診断は、人格が安定する成人以降で、長期にわたってその状態を確認できた時に始めて病名が付きますし、日本では人格障害の場合は本人や家族には告げない事が多いです。

ご両親が認めたくないのは理解できます。病名はなんだって良いんです。しかし、実際に行動により家庭の崩壊、下手すると親族全体の大問題になるかもしれない事が現実に起きているわけですから、その対応はした方が良いと思います。

mariaさんのおっしゃる通り、ただでさえむずかしい病気なのに、弟さんに治療意志が乏しく、症状は強く出ている事を考えると、正直、最悪に近いかもしれません。
逆に(医者の正式な判断は先になるでしょうが)病名が確定すれば、その対応方法も検討できます。病名が確定して病院に行き始めるきっかけが出来たことは、前進ではないでしょうか?
長い道のりでしょうが、今まで進まなかったのが進めたのは凄い事だと思います。



Re: 境界例人格障害 スプー - 2004/05/27(Thu) 14:48 No.1638

>ソレゾレに家庭があり、仕事があり、弟のことばかり考えても居られない状況です。

その通りですね。何も弟さんにベッタリつく必要はないです。むしろ適度な距離を保つ方が良いでしょう。ただ、それで奥さんとその子供さんだけで病気と戦わないといけなくなったとしたら、それは無理な話だと思います。簡単には距離を保てない立場である、奥さんと子供さんには、積極的に弟さんから距離を取らさせてあげてください。
主治医には、カウンセリングを受けさせたいと相談してみてください。おそらく、すぐには無理でしょうし、本人が本気で治したいと思わない限り意味は無いでしょう。しかし、その意志を伝え、どうしたら本人が治したいと思うかを医師に相談してみてください。

明日(28日)から入院ですね。うまくいくことを願っています。


>緊迫した状況が、こなければいいな・・と願うばかりです。

脅すわけではありませんが、以下のことは十分起こり得る事なので、書いておきます。これからの事が怖くて見たくない・・・とおっしゃる場合は、見ないほうが良いかもしれません・・・。




---以下、多分起きる事---
人格障害の場合、入院して治るというものではないので、行動化が落ち着いた段階で退院させる事が多いのです。弟さんも治って無くても退院するでしょう。
おそらく何度も大波が来て荒れます。その時、近い立場に居る人ほど凄まじい振り回しに逢うでしょう。流血があるかもしれません。肉体的・精神的な虐待があるかもしれません。自殺するかもしれません。

その為に、退院してよほど落ち着いてない限り、警察に相談しに行ってください。状態を密に主治医に伝えてください。
場合によっては逃げてください。逃がしてあげてください。
奥さんには、理解がある友達の家に最低限の衣類と現金を置かせてもらい、万が一の時は何も持たずに子供と逃げ出せる環境を作るようにアドバイスしてあげてください。


Re: 境界例人格障害 maria - 2004/05/28(Fri) 01:00 No.1642

最期のメッセージには、やはり重い物がありました。
まさか・・・!?と思いながら、ありえるかも!?という
不安はぬぐい去れません。今までが今までだけに・・・。

しかし、両親には通達できませんね・・・。
「鬱」であることでも、ショックで動揺しているのに
人格障害はこうなる可能性がある・・・とは
受け入れがたい物があるでしょう。

兄弟で、このことを考慮に入れて、親にアドバイスしつつ
基本線を崩さないこと・何かの場合の対処策を準備すること
この2つしか、とれないですね。

嫁の心理状態が、入院中にある程度落ち着けば・・・・
これから先の対処法について、親族会議をもてるよう
計らいたいと思います。

嫁も、こちらへのヘルプがギリギリまで我慢した挙げ句となる
場合が多いので・・・入院したら、話しにいこうと思います。
「離婚」を視野に入れた将来と
子どもを守る母親になれるべく、心を解放してあげたいと思います。
しかし、解放へ向けても、母親が必死で阻止してきそうで。
母親に何かを言われると、コロロっと意見が変わるので
嫁の本心が見えないときが多々あります。

とにかく、病気と向き合いながら、冷静な判断が下せるよう
見守っていきたいと思います。
明日、無事に入院してくれますように。
今のところ、入院の準備を本人がしているようなので
この調子で行けば、入院できると思います。

何とか、無事入院できますように・・・。祈る思いです。


Re: 境界例人格障害 maria - 2004/05/28(Fri) 01:10 No.1643

「鬱」だと本人が言い出すまで・・・・
弟は、マジメでしっかりと自分の仕事をこなしてきていました。
茶目っ気あふれる、カワイイ弟でした。

金銭感覚の欠如と、甘え上手・親への無防備なワガママは
確かに認識していましたが・・・・。
どう見ても、普通と変わりない、愛する弟でした。
末っ子の甘えん坊・・・・で片づく程度の、好青年でした。

あの姿は、もう見られないのでしょうか?

私の家族と、餅つきをしたり、巻きずしを握ったり、花火をしたり。
当たり前の、普通に和むひとときは、もう得られないのでしょうか?

あのころに・・・あのころの弟に戻ってくれたら・・・。
寝て起きたら、あの弟になってくれないかしら?
そんな、はかない願いを、心の奥で持っています。

つい数年前の弟の姿。
あれが幻だったなんて・・・・認めたくないけど。
でも、今が現実なんですね。
悲しいけど、今の弟には「死んだ方が楽かもしれない」と
思ってしまうときがあります。
ず〜っとこのままなのなら・・・・・
「あんたの好きにしてイイヨ」と根負けしちゃいそうな気分に
陥るときもあります。

こんな弟じゃなかったけど・・・
見えないところで、混乱していたのかと思うと
かわいそうな・・・・本当にかわいそうな気分になります。
愛されていたのに、愛を感じることができないなんて
悲しすぎますよね。

入院して、前の弟に戻ってくれたら・・・・。

無理だろうけど、あの頃の弟を胸に刻んで、見送りたいと思います。


母のうつ病 投稿者:ちへい 投稿日:2004/05/25(Tue) 05:10 No.1609
はじめまして。
管理人さんのお母様のうつ病体験記を読んで、四年前に私の母が発病したときのことを思い出しました。
その半年前の私の結婚式の頃から様子が以前と違っていたのですが、もともと人見知りな性格なので緊張しているのかなくらいに思っていました。ところがある日突然「耳が聞こえない」と言い出し、いろいろな耳鼻科をめぐったのですが原因がわかりませんでした。ある国立病院の耳鼻科の評判の高い医師に見てもらったところ、「耳の状態も少しは悪いところはあるが、明らかに精神的に不安定なので、このような状態では手術や安定した治療はできない。先に精神化の治療をした方が良い」と薦められ、同じ国立病院内の精神科に行ったところ、すぐにうつ病と診断され、薬物投与で食欲減退、不安感が急速に改善しました。その後半年ほどはパートの仕事を辞め、治療に専念していました。今では以前とほぼ変わらない生活をしています。投薬は続けていますが。
この時、一番私が驚いたのは父や親戚、母の会社の友人などがかなり病気に理解を示し献身的に接してくれたことでした。何しろ地方のことなので、周囲の理解が得られるか不安だったのですが、安心しました。むしろ東京に住んでいて、付き合いも広い旦那の両親の方がまったく理解がありませんでした。とほほ。。。



Re: 母のうつ病 管理人 - 2004/05/26(Wed) 23:48 No.1630

 はじめまして。
 お母様のご主人や親戚の人、理解してくれてよかったですね。ご主人のご両親のことは、仕方がない面もあると思います。うつ病に対する対応の仕方は、本当に人それぞれですから。
 でも、少しずつでも理解してくれるようになるといいですね。





過去ログ一覧(2) へ戻る


produced byYuki Tachibana