Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年06月02日〜



まさか・・・ 投稿者:みどり 投稿日:2004/06/04(Fri) 12:47 No.1695
義母が自殺をしました。
私達は離れて住んでいたのですが、彼女のうつ状態に私は気づいており、ことあるごとにずっと夫、義父、義弟に訴え続けていました。
次から次へと体の不調を訴え続けていましたので、内科的な治療で治ると思っていたのか、私の話を真剣には受け取ってくれてないようでした。その時は嫁という立場上、あとは家族が考えることだ・・・と諦めて考えてしまいました。でも、今思うと私は私なりにもっと義母に直接関わっていけばよかったんではないか・・・と後悔しています。いくら悔やんでももう遅いのですが・・・

実際に彼女が鬱病だったかどうかはもうわかりませんが、鬱に対して無知で無関心だった彼らは、母は色々な痛みに耐えかねて自殺してしまったと思っています。しかし、あの我慢強い母がここ数ケ月は何度も死にたい!と訴えていたと聞きました、どうしてもっと耳を傾けてあげようとしなかったのか怒りがこみあげてきます。
こんな重いものを背負ってどうやってこれから一緒に生きて行けば良いのかわかりません、私はともかく娘がその事実によって不利益をこうむることが心配でたまりません。この事実を隠しもせず他人に話している義父、義弟・・・確かに恥かしいことではありませんが、なにか違和感を感じています。


Re: まさか・・・ 管理人 - 2004/06/04(Fri) 23:40 No.1697

 はじめまして。
 みどりさんが気がついて話したのにもかかわらず、肝心のご主人や義父の方の無理解で、義母の方を救えなかった、本当におつらいことと思います。
 でも、もうこのような事態になってしまったのですから、ご自身も誰も責めないということ、心がけてください。

 このようなお話を聞くと、とてもつらいですし、悲しくなります。どうしても、うつ病という病気、認めてくれなかったのですね。
 ちょっと理解してもらえれば、義母の方の治療に結びついたでしょうし、最悪の事態は防げたと思います。
 まだまだ、うつ病に対する無知や無理解、そして精神医療に対する偏見、なくならないものなのですね。

 みどりさんだけは、なくなった義母の方に対して、その辛さや苦しさを理解してあげられたのですから、ご自身を認めてあげてください。
 身近なところで一人だけでも理解している人がいた、とても大切なことだとも思います。

 お子さんの件は、そんなに心配いらないと思います。日本では、年間3万人以上の人が自死の道を選んでしまいます。とても悲しいことですが、そんなに特別なことではありません。
 もっとうつ病に対する理解が広まって、少しでも自死の道を選ぶ人、減っていって欲しいです。


そうでした・・・ みどり - 2004/06/05(Sat) 11:42 No.1698

初めての書き込みで挨拶もしておりませんでした、ですのに丁寧なお返事を頂き有難うございます。

そうでした・・・誰も責めてはいけませんね、そのことは強く心にとめて置きます。特に夫はすさまじい後悔に苛まれているに違いありません。

親戚などは私があとの家族をケアしていくことを望んでいますが、
実は私は義母が亡くなった部屋に入ることすらまだできないのです。こんな嫁ではきっと先は見えていますが、今はひたすら夫と子供の生活が穏やかで健やかであるよう努めたいと思います。

自死にうつろいつつある方へ
家族の人生は確実に切り取られてしまいます、自分で死を選ぶ前にもう一度愛する家族の顔を思い出して下さい。それでもひとりで逝ってしまわれますか???





睡眠の不規則について・・・ほか 投稿者:タムノリ 投稿日:2004/06/03(Thu) 02:36 No.1684
 皆様、こんにちは。
 1日中起きていたり、1日中寝ていたり、とコロコロ変わる、と前の時にも詳しく書きましたよね?
 主治医にそのことを話すと、怒られるんです。
 診療所(精神科、神経科、カウンセリングなど、精神科の方は主治医、カウンセリングは主治医の奥さんを中心に営んでいます。小さい病院ですが、親切な方ばかりで。)へ行くたびに「ちゃんと寝ているか?」と聞かれます。
 せっかく眠剤のレンドルミンを処方していただいているので・・・。
 眠剤なしの方がスッキリしていいのに・・・仮に眠剤を飲むと、後遺症っていうか、だるくて、たまりませんよ。
 主治医に精神病性うつ病の治癒率を伺うと、「70%は治った。あとの30%をなんとかしないとね。特にリズムの不規則が・・・。」とおっしゃられました。主治医はどんな悩みでも基本的に親切に聞いてくれます。本当にいい先生です。
 最近、気づいたんですが、牛乳1リットルを飲んでも、軽い下痢で済みます。軽症化したんですね。〜うれしい〜!!
 それに、身体が軽くなったような気がするんです!!
 しかし、問題なのは、睡眠リズムの不規則ですね。前述したとおり、主治医に報告すると、また怒られるので・・・。
 皆様、何か、説明するのに、いい知恵があれば、教えて下さい!! それに管理人さんの方からもアドバイスを!!
 


はぁ〜、やっぱり無理があったか タムノリ - 2004/06/03(Thu) 04:01 No.1685

 牛乳1リットルでも、軽い下痢で済みます、なんてえらそうに書いてしまった結果、ひどい下痢を招いてしまった。200ccがちょうどいいでしょうね。牛乳を飲みすぎると、カルシウム過多症になるって、本当ですか!? と、言っても、意味がサッパリわかりましぇ〜ん、どなたか、教えて下さい!!
 さて、話を変え、健康食品の「生命の種子」には天然ギャバがたっぷり含まれている、と解説書に書いてあったので、期待しています。


ご迷惑をおかけしました タムノリ - 2004/06/03(Thu) 19:04 No.1687

 実は今日1日中、パソコンのサーバーの調子がおかしかったので、復旧にとても時間がかかり、夜7時現在、インターネットもEメールも完全に復旧致しました。本当に申し訳ございませんでした。調子がおかしくなると、復旧に時間をかけるところが、パソコンの嫌いなところです。そう思いませんか?
 さて! 遠慮なくドシドシ、アドバイスとか、などを寄せてくだされば、とても嬉しく思います。
 先程の牛乳による下痢の件ですが、500ccまでなら、OK!! 先程試しました。


Re: 睡眠の不規則について・・・ほか 管理人 - 2004/06/04(Fri) 00:20 No.1691

 担当医の先生、とてもいい人のようですね。まずは、先生の注意や指示を守ることが大切です。入院治療時と同じように、規則正しい生活は、やはり重要なのでしょう。
 睡眠薬に関しては、きちんと副作用について先生とお話しして、眠っているあいだだけ、または入眠時だけ効果が出て長続きしないタイプのものを処方してもらったらいかがでしょう。

 牛乳は、よほど飲み過ぎなければ、そんなに心配ないと思います。ただし、おなかをこわすのは、あまりよくないと思いますが。
 パソコンやサーバー、おかしくなると、本当に大変です。どこが悪いのか見つけ出すまでに、相当な労力と時間がかかります。接続環境やサーバーに関しては、復旧を待つしかありませんし。


本当に生活リズムは大切ですね タムノリ - 2004/06/04(Fri) 01:17 No.1692

 本当に、生活リズムを正しく保つことが重要だと、私も思います。
 眠剤のレンドルミンは短時間型ですが、どうしても昼まで、ひどければ夕方まで寝てしまいます。中時間型ロヒプノールを処方してもらったことがありましたが、効きすぎでした。レンドルミンの方が睡眠時間がまだ短いです。
 短時間型のレンドルミンより、超短時間型の眠剤を処方してもらっても、同じじゃないか、と懸念しています。布団の中に入っていても、眠れないのです。ひどければ、朝5〜7時まで起きていますので、困っています。超短時間型眠剤を処方してもらっても、同じかもしれませんね。私の経験から言うと。
 まあ、とにかく、相談してみます。


はじめまして 投稿者:花丸 投稿日:2004/06/01(Tue) 00:32 No.1669
今日初めて、ホームページを拝見し、初めて投稿します。私は、九つ年上の彼氏がいます。彼氏は、出会った時に「うつ病」だということを、告白されました。話を聞いてみると、彼は二十歳前後、社会人になったときから、すでに「うつ」になっていたのだと。。しかし、病院には行かずじまいだったと。そうこうして、普通に恋愛をし、結婚もし、子供を一人授かり、結婚生活を満喫していたそうです。しかし、ある時から相手のご両親と一緒に住むようになり、「婿」として勤めていましたが、相手の両親との間には「溝」があり、その結果、夫婦仲も。。。ついには、相手に(元奥様)手を上げるようになったと。そのことも原因のひとつになり離婚することになったと。。そんな話を聞かされても、わたしは「うつ」とは、どんなものか理解できないまま、付き合うことになりました。なぜなら、彼が「うつ」だということが、理解できなかったのです。ごくごく普通の男性で、紳士的で尊敬できる人だったからです。しかし、付き合って、すぐに同棲をして早々に彼の言動、行動に違和感を覚えました。何回も同じ事を言ったり、聞いたり、いつも何を考えているのかわからなく、自己批判してみたり、あるときは私のことを批判してみたり。。。それをまともに聞いていると自分がマイッてしまいそうです。そんな彼でも、私との将来を考えているみたいで、わたしによく質問してきます。「俺と一緒にいてつかれない?俺と一緒にいてくれる?離れていかないよね?」と。。。その質問に戸惑う私。一体どう話したらいいのか?彼のことは好きで愛してます。ただ「うつ」という病気をまだ理解していない自分は、将来のことを考えると不安だらけです。「うつ」の彼をどう受け止めたらよいのか?どう接したらいいのか?疑問だらけです。彼を理解しするためには、何にから始めればよいでしょうか?彼と一緒に病院に行くべきでしょうか?そんな彼をこの先どう見守ってあげるのがベストなんでしょうか?


Re: はじめまして まどろみ - 2004/06/01(Tue) 12:16 No.1670

花丸さん、はじめまして。うつ病歴が4年弱の男性会社員です。
お話を拝見している限り、彼の行動がすべて「うつ」によるものとは必ずしも言えないと思います。
「うつ」には特徴的な感情、思考パターンがあります。書店に行けば「うつ」に関する本が多く見つけられると思いますので、それで「うつ」について勉強をしていってはどうでしょうか?
彼と一緒に病院へ行くのも方法の一つですが、必ず彼の了解を取って下さい。
彼との接し方については、つかず離れずという形がいいと思います。花丸さんが彼にあまり入り込んでしまうと、お互いに辛い思いをすることになると思いますので、そっと見守りながら、何かあったら助けるという形でいいのではないかと思います。
「うつ」に関する本の紹介を、この掲示板でしていいのかどうか分かりませんので、もしご不明な点があればメールを頂ければと思います。


Re: はじめまして スプー - 2004/06/01(Tue) 22:52 No.1673

色んなパターンがあるので必ずしも・・・とはいえないのですが、まどろみさんのおっしゃるように鬱からくる症状とはちょっと違う雰囲気がします。
別の事があり、そこから鬱状態が引き起こされている気がします。
ただ、それが何か・・・といわれると、ちょっと彼の起こす症状例が少ないのでなんともいえないのですが・・・

まどろみさんのおっしゃる通り、つかず離れずの距離を保つ事が大切だと思います。
おそらく幼少期に若干の問題が生じていた影響だと思います。過去の問題の解決にはカウンセリングが有効かと思いますが、まずは精神科医の判断を仰ぐことが大切だと思います。
彼は鬱病という認識があるそうなので、一緒に神経科などに行ってみてはいかがですか?


Re: はじめまして 管理人 - 2004/06/01(Tue) 23:23 No.1675

 はじめまして。
 どうも彼の「うつ病」という言葉に惑わされているような気がします。彼は、きちんと医師の診断を受けたのでしょうか。お話の内容からすると、彼自身がうつ病だと判断している様に見受けられますが。

 もし、まだ医師の診断を受けていないようでしたら、「うつ病」という言葉に振り回されない方がいいでしょう。うつ傾向があったからと言って、「うつ病」だとは限りません。
 
 一番いい方法は、スプーさんのおっしゃるとおり、一緒に精神科(神経科)や心療内科などで、診察を受けることです。そこで医師と相談すれば、彼がどんな状況なのか、ある程度わかると思います。

 うつ病に関して、勉強しておくといいかもしれません。彼の思考状態がうつ病特有のものなのか、ある程度判断できると思います。もし当てはまるようなら、治療を勧めた方がいいでしょう。


いろいろ。。。 花丸 - 2004/06/03(Thu) 09:15 No.1686

皆様いろいろなご意見アリガトウございます^^彼は幼少時代に祖母からいじめられていた過去があります。心臓に持病があり、三人兄弟の真ん中なんですが、母親があまりにも彼にツッキきりになったので、「お兄さんや弟がかわいそうだと」祖母から言われ、母親と彼が祖母からのイジメを受けていたそうです。彼の父も厳格な方で、その父から発する言葉ひとつひとつにも、重みがあり、かれにあらゆることでプレッシャーになっていることと思います。病院にはここ五年ぐらい通い、本格的には三年まえから薬を飲んでいるみたいです。彼は自分が「うつ」であることを、認め、それを回りに認めてもらいたいのです。半年前「うつ」から職場を半年休みました。復帰にあたり、職場の対応は、かなり厳しいものでしたが、それを乗り越え、毎日出勤しています。それまでエリート路線だったのですが、そこからは外れ、今は、残業することなく毎日ぐったりとなって帰ってきます。疲れを感じると、また、
すぐ病院に行っているみたいです。
皆様からのアドバイスを聞いて、さっそく「うつ」に関する本を読んでみたいと思います。テレビで「うつ」の特集をよく見てはいたんですが。。。そして、自分自身も、あまり振り回されないように、自分をしっかりと持ち、お互いの存在を認識し、助け、助けられたらと思っています。


Re: はじめまして 管理人 - 2004/06/04(Fri) 00:03 No.1690

 やっと状況がわかりました。
 つまり、彼はすでに通院していて、うつ病だと言っているけど、一般的なうつ病の症状とは違うように感じる、ということですね。

 うつ病というのは、患者さんによって、けっこう症状にばらつきがあります。その意味では、一般的な症状とは違うように見える場合もあります。
 ただし、彼の場合、生育歴、離婚経験などの生活史、仕事の状況等から考えて、もう少し違う状態が考えられます。

 これは推測ですが、彼は自己愛性人格障害の「過剰警戒型」というものかもしれません。ナルシシズムが強く、自分はふつうと違うという誇大妄想的な感覚は持っているのですが、人前では臆病で、人の目ばかり気にしていて、すぐにうつ状態に陥りやすい、という特徴を持っています。

 ナルシシズムに関しては、きまぐれコラムの「とっても迷惑なナルシシズム(ナルシズム)( http://iyashi.find21.net/column/c008tottemo.html )をご参照ください。特にこのなかの、挫折したナルシシストの部分をご覧ください。

 このタイプは、過度に甘やかされたり、精神的な虐待を受けたりして、他人に共感したり、思いやる心が育たなかった、というような生育歴を持つ人が多いです。
 他人の心がわからないため、いつも確認するような発言を繰り返します。一見親切そうな雰囲気がありますが、どこがズレていて、違和感を感じさせます。

 理想とする自分自身と現実の自分自身とのギャップを過度に意識しやすく、心が不安定なため、自虐的になったり、他罰的になったりします。ちょっとしたことから、うつ状態に陥りやすいです。

 うつ病の根底に人格障害があるので、カウンセリングや認知療法を長く続けないと、改善しにくい、と考えた方がいいでしょう。
 うつ状態のときは、うつ病と基本的に同じ治療となりますが、抗うつ剤よりも抗不安薬の方が効果が出やすい、という特徴もあります。

 このへんを確認するためには、一緒に担当医の診察についていって、話を聞くしかないでしょう。ただし、人格障害という診断については、本人の名誉に関する配慮等もあって、ハッキリとは教えてくれないことも多いです。





はじめまして 投稿者:だーちゃん 投稿日:2004/06/02(Wed) 01:23 No.1676
はじめまして。初めての投稿です。今、私の友人が‘うつ’のような状態になっています。(医師にかかって診断をされたわけではありません)ただ、半年ほど前にも似たように落ち込んだ状態になったことがあり、そのときには自殺しかかり、精神科の病院へ家族と一緒に行き、薬をもらってきていました。診断名はうつ病ではなく、‘神経の調子が悪いと言われ、とりあえず安定剤をもらった’と言っていました。安定剤の服用については‘ストレスの強いときに’と言われていて、その後何度か安定剤を服用していたようです。その間は、特に強く落ち込んだりするような事はありませんでした。しかし、昨日あたりから仕事で上手くいかない事が多いらしく、‘自分のできなさに落ち込む’と言って、激しく落ち込んでいて、他人が全く関係のない話をして気を紛らわせようとしても、うるさく感じてしまうようです。まだ本人に言ってはいませんがもう一度病院に行ったらいいのでは、と思っています。ただ、本人は普段から、体調が悪くても‘仕事は休めない’という人で、私は、彼の家族とは連絡が取れないので、本人に行く気がないと難しい状態にあります。きょうになって、本人が、‘(精神的な)病気かもしれない’とメールをしてきたのですが、病院で診てもらったほうがいいのでしょうか。その場合、私ができる事は何でしょうか。何かいい方法があれば教えていただきたいのですが・・・よろしくお願いします。


Re: はじめまして nitron - 2004/06/02(Wed) 04:54 No.1677

>まだ本人に言ってはいませんがもう一度病院に行ったらいいのでは、と思っています。

これが正解です。精神科か心療内科の受診を勧めてあげてください。
もし鬱だとしたらラッキーです。投薬で確実に良くなりますから。
優れた薬があるこの時代に鬱で自殺なんて結末は馬鹿らしいでしょう?


Re: はじめまして 管理人 - 2004/06/03(Thu) 01:10 No.1680

 はじめまして。
 お友達のご様子、やはりうつ状態だと考えていいと思います。現在は「うつ病」まではいってなくても、かなりつらそうですので、放っておくと、ひどい状態になってしまうかもしれません。
 以前自殺企図もあったとのことですし、早めに診察を受けた方がいいと思います。

 お友達としてできることは、診察を勧めることだと思います。コツとしては、自分の感情を強く出さないようにして、諭すような感じがいいでしょう。


Re: はじめまして だーちゃん - 2004/06/03(Thu) 22:03 No.1688

nitronさん、管理人さん、ありがとうございました。
お二人のおっしゃるとおり、診察を勧めてみることにします。たとえ、現在‘うつ’でなくとも、早めに診察を受けてみてみると言う考え方や、感情を出さないようにして、というコツ、とても助かりました。ありがとうございました。八方塞りのような気持ちだったので、私自身、とても救われました。友人としてできることを、せいいっぱいやろうと思います。
また、何かご相談したくなる事があるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。





過去ログ一覧(2) へ戻る


produced byYuki Tachibana