Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年07月14日〜



ちょっと 御礼を言いたくて 今頃になってですが 投稿者:ジュジュ 投稿日:2004/08/05(Thu) 08:08 No.2101
うつ病 ボーダー その他精神や心の病は
周知の事実ですが 自分を丸ごと受け入れてもらえないところから来るように思います
その 根は やはり小さい頃に 「お前が私あるいは私達の元にいてくれるだけでいいんだよ」という親のメッセージが子供に伝わらなかったことから 
そのことが 雪だるまのように大きな問題となってきます
そうして 雪だるまの一番中は何だったか 周りはもとより 自分自身もなかなかわからず
苦しみを いろんな形で 表してしまいます
自分を責めてしまう者 人を責めてしまう者 考えないようにしてしまうもの 感じないようにしてしまう者 忘れてしまうものなど 様々ですが・・・

わたしは まあだいたい鬱病の部類に入りますが
人に受け入れてもらいたいためや 自分を自分で認められないために 人に認めてもらいたいという 一見単純なようで 雲をつかむような思いがあり そのために すごいエネルギーを突き動かされるように使ってしまいます

ひょっとしたら 親が「おまえに辛い思いをさせたね でも 本当はとてもおまえを愛しているんだよ」と抱いて言ってもらえば解決するのかもしれません 
ただ 往々にして 親は自分自身の同じ思いを解決できずにいるため 大きくなった子供にそうしてあげればいいんだよ ということが認められないようです

でも 管理人様の掲示板に出会って 自分の気持ちを受け入れてくれる人がいる ということが とても嬉しい驚きと共に 癒される思いがします
いつも 本当に有難うございます


Re: ちょっと 御礼を言いたくて 今頃になってですが スプー - 2004/08/05(Thu) 11:45 No.2102

久々に表れた、スプーです。

>その 根は やはり小さい頃に 「お前が私あるいは私達の元にいてくれるだけでいいんだよ」という親のメッセージが子供に伝わらなかったことから 

これは大きいですよね。
親が精一杯やったつもりでも、それが伝わらなかったり、歪んでいたり。または、親が無関心だったり。
子供にとって十分に満足する愛情は、精神的な発育の上で、どうしても必要な「モノ」なんですよね。

成長してからは子供の時に味あうべき満足感は得ることができませんが、周囲から適切な愛情を受けること、そして本人がその愛情と現実を受け止めることで、相当な回復は可能だと思っています。


Re: ちょっと 御礼を言いたくて 今頃になってですが 管理人 - 2004/08/05(Thu) 23:57 No.2110

 小さいころから、誰でも、なんとなく考えていることってありますよね。たとえば、「自分はどこからきたんだろう」、「何でここにいるんだろう」というようなことです。
 これは、「子供の哲学」といってもいいでしょう。決して答えは得られない難問です。

 でも、親が愛情を注いでくれて、その存在を全面的に肯定してくれると、答えはわからなくても、自分自身の存在に対する安心感が、親の存在を通して、できあがってくるんですね。
 ところが、親が子供の存在、と言うよりも親自身の存在を認められないと、子供が自分自身の存在の安心感が得られなくなってしまいます。このへんが、心の病気の核心だと思います。

 ジュジュさんご自身が、受け入れられる大切な存在だという安心感、ここで得られたのは、とてもうれしいです。

 スプーさん、お久しぶりです。
 そうですね。回復に当たって、「周囲から適切な愛情を受けること、そして本人がその愛情と現実を受け止めること」、本当に大切なことだと思います。


弟のその後・・・。 投稿者:まりあ 投稿日:2004/08/03(Tue) 00:16 No.2080
事態は、予想通り・・・の経過をたどり
どうせ治らないんだと開き直り、働こうとしない弟。
見捨てられ感からくるのか、気が触れたようにブチ切れて
突然、会社に現れ、親に暴力をふるい、親の言うことが信用ならないから、誓約書を書けとのたまわる始末。
援助をしている親も、感謝もされない、立ち直ろうともしない
弟に音を上げ、途方に暮れています。切れたのには弟なりの理由があるらしいけどどれも、自己中の極み。
この先、どうしたいのかが、全く見えてきません。
自分は働かないで金を得ようとし、自立して欲しいけど、弟の家族が金に困るのは忍びないと援助し続ける親。
甘やかしたら、自立できないと思いながらも、弟の嫁と子ども達が苦しむのはかわいそう。と思い強く止めることも出来ず、繰り返す出来事を「またか」と言う思いで見守るしかありません。
ログを読めば、弟と同じような病状(?)を持っている家族に、振り回されている人が、他にもこんなにイルのだと愕然。世の中、壊れかけているのではと危機感を持ちます。
人格障害とわかると、ていよく退院させられ、家庭で保護するしかない状態に追いやられ、どうすればよいのか、皆目見当が付きません。こちらで提示した病院には、通ってもくれず、自分の言うことを、鵜呑みにしてくれる、診断書も書いてくれて、本人が通わずとも、ふんだんに薬をくれるあやしい病院が、性に合ってるらしい。ともかく、病気であることを主張し、責任を取らずに、先も考えようとしない弟が全く理解できません。父も退職を余儀なくされ、先日引退いたしました。その父が、今度は思いっきり「鬱」にはまったようで、人にあうのも、外に出るのも、おっくうになってしまいました。先日、娘が父と話したとき、やたらと弱気なのが気になったと、「孫」に悟られる落ち込み具合に、閉口しています。
弟を一番かわいがってた父が、心をコワしてしまうほど、この人格障害はやっかいな病気なんだと、改めて感じています。
「責任」という2文字を極端に嫌い、自分の世界に閉じこもり、親としても夫としても息子としても、最悪の状態にいることを、本人がどこまで、理解しているのでしょうかね。


Re: 弟のその後・・・。 管理人 - 2004/08/04(Wed) 00:10 No.2087

 弟さんの件、本当に大変なご様子ですね。
 でも、今はまず、お父様のうつ状態を心配した方がいいと思います。退職されて、環境も変わっていますし、心労も相当なものだと思います。
 お父様、早めに医師による治療を受けた方が安心ですね。お父様も、治療を受ける過程で、弟さんに対する態度を理解するかもしれません。


Re: 弟のその後・・・。 まりあ - 2004/08/04(Wed) 22:57 No.2096

あくまでも、親の会社にしがみつこうとする弟。
兄は、社員の迷惑を考えて、絶対に受け入れたくはないと
かたくなに拒否。
親と会社を分けて考えることができない弟をズルズルと
会社に在籍させるのは、本人にも良い効果をもたらさないとの判断です。

弟の嫁までもが、親の会社に固執し、弟の変わりに自分が働くと言いだし、会社から離れようとはしません。

会社から切られる=親から見放される と思っているのか
それとも、いつまでも親の膝元で、甘い汁を吸い続ける気なのか・・・理解できません。

アルバイトからでも、自力で生活することをマトモに考えて欲しいと思っているのですが・・・。
こんな自分にしたのは、親のせい・・・といつまでも親を責め続け、解放されない「恨み」にも近い感情を捨てることはできないようです。
責め続けたところで、何も事態が変わるわけでもなく
同じところで、ただ淀んでいるだけ・・・・。
どうにか、感情の流れを断ち切り、その淀みから前に向かって流れていく感情に、切り替えることはできないのだろうか?
周りも、どんどん疲れてきているし、病気による波紋もどんどん深みにはまり、広がっていくような気がします。
父は、医者にかかる気はサラサラないようで、人に相談できるくらいなら、とっくにやっとる。。。。と、身動き一つとりません。医者に行く気のない者を、どうにも連れ出すことも出来ず、今のところは、じっくり休んで・・・と声をかけるしか方法はなさそうです。母が気分転換に、時々外に連れ出しているようですが・・・。あまり動き回るのも、疲れるでしょうし。
弟が少しでも、快方に向かうことが、全てを救うように思えます。なんとか、前向きに進んでくれると良いのですが・・・。


Re: 弟のその後・・・。 管理人 - 2004/08/05(Thu) 01:00 No.2100

 やはり、お兄様かお父様の毅然とした態度、これが必要なのでしょうね。弟さんと正面から対峙して、何が正しくて何が正しくないのか、気持ちを伝えていく、ということでしょうか。


Re: 弟のその後・・・。 スプー - 2004/08/05(Thu) 12:42 No.2103

大変な状態が続きますね。
まるで境界性人格障害の方の行動の見本のようですが、周囲(特に親御さん)の方達も、振り回される見本のようになっている気がします。

無意味にお金を出しつづけても、悪くなる事はあっても絶対良くなりませんし、どこかで破綻するでしょう。というより、既にお父さんの状態が悪くなっているようですから、深刻に思えます。

管理人様のおっしゃるとおり、お父さんが治療できる状態を作ってあげる事が第一だと思います。「人に相談できるなら、とっくにやっている」という事ですが、愚痴でもなんでも良いから、口に出すだけでも違いますし、薬を飲めばかなり楽になる事が多いです。

次に、やはり弟さん。これは「嫁が、子供が」という状態であれば、お嫁さんの親御さんに事情を話し、「一時的にでも見てもらう。その生活費はこちらで持つ。」というのは駄目でしょうか?
確か、お嫁さんも暴力とかも受けているし、お子さんも良い生育環境ではなかったとお聞きした覚えがあります。お子さんの為にも弟さんから離してみるのは良い事だと思います。

お嫁さんも会社にしがみ付きたいのは判りますが、根本的な問題は弟さんが働かない、周りを自分の都合で動かす事だと思いますので、そのあたりは理解してもらうしかないと思います。もし、会社が人手不足であれば、お嫁さんを正当な給料で雇うのは構わないと思いますが、あくまで働いた分を払い、仕事が出来なければ解雇しても良い場合に限ると思います。(どのような待遇にしても、弟さんが「嫁をコキ使っている」と怒る可能性が大ですが)


Re: 弟のその後・・・。 スプー - 2004/08/05(Thu) 12:42 No.2104

続き


再度弟さん。
距離を取り、理不尽な要求には応じない、暴力をふるうなら迷わず警察に通告、精神保健センターととにかく相談する・・・しかないと思います。弟さん本人が「こんな自分じゃ駄目だ。絶対治してやる」と思わせるしか治る道はないと思います。それには荒れることを覚悟してヌルマ湯の環境をなくしてあげる事。ほぼ間違いなく荒れますから、周りの人みんなを守る環境を先に作る事だと思います。
弟さんのすることを全て受け入れるという方法も無い事は無いと思いますが、一時的に暴力などがなくなったとしても、おそらく周囲は疲労困憊して共倒れするでしょう。

どうしても親御さんの意識では「そこまでしたら可哀相」というのがあると思いますが、その精神状態に居なければならない状態が続く方が可哀相だと思います。周り全ての人の為に、一時的にイバラの道を歩いてでも早く立ち直らせてあげる方が良いと思いますよ。


お兄さんの
>兄は、社員の迷惑を考えて、絶対に受け入れたくはないとかたくなに拒否。

これは当然ですね。他の社員が居る会社であれば、働かずに相当な金額を貰っている人がいれば、士気が下がりますし、優秀な社員は逃げてしまうでしょう。本来ならば、会社の運転資金にできたり、社員の給料に上乗せできるのですから。





闘病記読ませて頂きました 投稿者:silver 投稿日:2004/08/03(Tue) 06:50 No.2083
うつ病の怖さを思い知らされた感じでした。自分もうつ病じゃないかと疑った時期もありましたが、患者本人ではなく、客観的な話にものすごくリアルで、病気の人に接する方法が少しだけわかった気がします。


私自身、数ヶ月前まで何も出来ない感じでした。

父が自殺してしまって、その第一発見者が私でした。原因は分かりません…
ただそれをきっかけに、私の生活は激変し、私を責めるばかりの親戚や、離婚して出て行った…父を捨てたはずの母に絶望した毎日で、とうとう仕事も出来なくなり、自分や家族を呪う日々でした。一緒に暮らし始めた彼氏には生活が苦しくなる度に「仕事しろ」「辛いから別れる」と散々言われもう死ぬしかないのかと思った日もありました。でもそんな勇気もなく…

そんな中、母は入退院を繰り返していました。乳癌を患った事があったのですが、転移してしまったようです。そんなに長くないとも言われました。元々母は再婚相手に暴力を受けていた事から離婚後心療内科に通っていて、うつ病と言われていました。それが病気と、薬の多量摂取の為酷くなり、私に対する暴言も酷かったようです。
「ようです」と言うのは、私本人にはたまにしか出ない文句以上に親戚や友人私の悪口を言ってたようで、それを真に受けた人が私を責めると言う悪循環。
そのからくりを知らない私はどうしてそうなるのか分からず、ただ自分を責めるばかりで、文句を言う母なんか早く死んでくれれば楽になれるのに…と思いながらとうとう寝たきりになった母を最後まで看病していました。
去年12月、母は永眠しました。

その後親戚との誤解は多少晴れました。
最近は彼氏の収入もアップし、生活も安定してきました。
そのおかげで、外に買い物に出たり、友と出かけたりできるようになりました。
が、やはり今も気持ちのアップダウンが多少あり、仕事に出るのが怖いです。疲れやすいのも事実です。

一番ひどい時にはお金がなく病院には行かなかったのですが、4やはり病院に行ったほうがいいのでしょうか…


Re: 闘病記読ませて頂きました jジュジュ - 2004/08/03(Tue) 14:54 No.2085

そんなに辛い思いをされたのですから
少なくともsilverさんの気持ちをやわらかく受け止めてくれるカウンセラーのような人や 
病院の先生に 心の支えになってもらえたら良いと思います


Re: 闘病記読ませて頂きました 管理人 - 2004/08/04(Wed) 01:13 No.2091

 はじめまして。
 とてもつらい体験をされたのですね。お父様の件、本当に心が痛みます。これだけでも強烈な体験なのに、お母様のことでも、苦しみ続けたのですね。そのお母様を最後まで看病して看取ってあげるなんて、とてもすごいことだと思います。
 おつらかったことと思います。ご親戚の非難のことも、相当に苦しかったでしょう。
 これだけの苦しみのなかで、今まで生きてこられたのですから、うつ病になっても当然だと思います。今生きていること自体が、すごいと思います。

 でも、強烈なストレスに長期間さらされてきたのですから、もうそろそろ、ご自身の心、ゆっくり休ませてあげてください。
 今の状態を改善するために病院に行くのは、とてもいいことだと思います。ぜひ、疲れきった心を休ませてあげてください。


Re: 闘病記読ませて頂きました silver - 2004/08/04(Wed) 14:38 No.2095

管理人さん、jジュジュ さん、アドヴァイスありがとうございます。

お二人お言葉に思わず泣いてしまいました…そんな事言われたのは初めてです。
回りの皆は「もっと外に出て見ろ。そうすれば見方も変わる」と散々言います。反発すると「それがいけないんだ。だから煮詰まった考えしか出来ない」と怒られます。心配してくれてるのは分かるのでそれ以上は曖昧にするのですが「どうせ私の気持ちなんてわかってもらえない」と落ち込む日もしばしばで…

病院に行くのは怖いと思うときがあります。「自分は病気だと思うことで何も出来ないことを正当化してないか?」とか…自分は何も出来ないのは確かだけど、眠れない事はないし、食欲もあるし、むしろ昔からストレスを感じるとヤケ食いをして太ってしまうタイプなので…でも過食症ではない。吐いたりはしないので…
ただ誰にも会いたくない、出かけるとだるくなる、物忘れが度々ある、責任がある事を引き受けたり、追わされてもそれをまっとうできない…それは皆甘えなのではないかと思う事もあるのです。

今サイストリーを実践してみようかと思ってます。こんな状態で実践するのは危険でしょうか?


Re: 闘病記読ませて頂きました 管理人 - 2004/08/05(Thu) 00:37 No.2099

 現在、特につらい症状がないのでしたら、サイストリーを実践しても大丈夫だと思います。
 ただし、サイストリー実践上の注意( http://iyashi.find21.net/psystory/psect34.html )はよく読んでくださいね。
 たくさんつらくて悲しい感情がわき出てくると思いますが、書き続けられるうちは大丈夫だと思います。でも、記述が止まってしまって、とてもつらく感じるような状態になったら、ちゃんと医師の診察を受けてください。

 「自分は病気だと思うことで何も出来ないことを正当化してないか?」とか、「自分は甘えている」と考えてしまうのは、ご親戚等、つらく当たる人が多かったせいでしょう。
 また、このような考え方をしてしまうこと自体、うつ状態に陥っている、という可能性もあります。

 病院は怖いところではありません。もし、とてもつらく感じたり、病院に行った方がいいかな、と感じることがあるのでしたら、気軽に診察を受けることをお勧めします。


これから 投稿者:リヘ 投稿日:2004/08/02(Mon) 00:08 No.2075
今あらゆる事が自分におしかかってきてどうしていいか分かりません.まず私自身強迫性障害 摂食障害 鬱(状態) を抱えているのにそれでもいろんな事考えなくてはいけなくて苦しいです.最近ほんと鬱状態になっていることが多いです.過去の経歴 長く病院とかかわっていても変化が良く分からない. 進路 姉もうつ病という事 家族とうまくいかない.  自分の病気から来るハンデ(また受け入れなくてはいけないということ) いっぱいあります.具体的にあげてみました.毎日外に出なく自分のベッドの上でねっころがって考えたり 寝る しかしていません。あれをやろう、これをやろうと思ってもとてもおっくうでやる気がしません.18歳の私にとってはこれらの行為をやってるだけで心が病んできて痛み 苦しいです.私は中学を死に物狂いの精神で卒業し、高校へ進学したのですが、ついにそこでエネルギーは切れてしまったみたいで中退しているので現在は大検という形で収まっています.去年進学する事も出来なのですが、これもまた強迫で進学する事ができず、無知な私は今年は絶対進学しなきゃって思っています.だから毎日真剣で苦しいんです.あの時強迫で進学できなかったというのはかなり私の自信を失わせています.ただでさえ毎日引きこもっていて自信を失っているのに. かなりしんどいです。


Re: これから かぷ - 2004/08/02(Mon) 03:24 No.2077

今思えばボク自身もこういう病気だたのかもしれません。
ボクも思えば10年前16歳のときにそのときは「うつ病」という言葉は聞いたことなかったのですが。うつ病だったのかもしれません。家から一歩も出れなくなってしまい原因はわかっていたんですけど。どんどん他の事まで悩むようになり、なにも食べれなくて毎日震え恐怖などを感じたりしていました。

そして18のときにやっと家から少しずつ出れるようになったのです。それからもブラブラしていて決心のあげく21で大検をとりました。それから受験勉強をして23のとき大学に入りました。

なんだか昔のボクのような気がしてしまい文を書かせていただきました。貴方とボクとでは環境も違うかもしれませんがなにか書きたかったのです。


Re: これから 管理人 - 2004/08/04(Wed) 00:01 No.2086

 はじめまして。
 中学以来、とても苦しんできたんですね。しかも、今もまた苦しみのなかにいるようで。こんな場合には、まず、ゆったりと時間を過ごす、ということを心がけるべきだと思います。
 強迫性障害や摂食障害は、かぶさんのおっしゃるとおり、治るというイメージではなくて、そのような自分自身を受け入れる、ということが大切になってくると思います。
 まだまだ若いのですから、決してあせらず、本当に少しずつでも、簡単にできることから始めてみたらいかがでしょう。

 現在は、医師の治療を受けているのでしょうか。また、カウンセリング等の心理療法は、どうなのでしょう。もし治療を受けているのでしたら、医師やカウンセラーと、よく相談することが大切です。
 かぶさんもそうですが、10代後半から20代前半くらいまでの時期には、心の病気が長く続いてしまうという人、けっこう多いみたいです。もっとも大切なことは、決してあせらないということです。


Re: これから リヘ - 2004/08/04(Wed) 10:24 No.2092

管理人様
今心療内科へ通い診察とカウンセリングを受けています.しかしカウンセラーの方は、私がこうこうこういう方法で気になっていたことを忘れた(強迫)と言ったら、それはいい方法だね.とかいつもなんかただ話を聞いて良し悪しをいってるだけのような感じがして、最近は少し受け方を変えていこうかなと思っているんです.自分自身はどうしてこうなっているのか、それがすごく疑問なのでそういうことをこれからはズバズバ聞いていこうと思っています.


Re: これから リヘ - 2004/08/04(Wed) 11:02 No.2094

つずけてのレス申し訳ございません.
私が今心の病気を抱えていますが、それぞれ発症してしまった大きな理由があったのです.強迫に関しては中学1年の時でした。夜中突然家に電話がかかってきて父親が出ました.そしたら突然父親の口から「自殺?」という言葉が出てきたのです.何がなんだかさっぱりわかりませんでした.ただその言葉を聞いた瞬間身体が震えていたのを覚えています.従兄が亡くなってしまったのです.親戚を大騒ぎ、混乱しており私は泣きつかれて怖くなってなんだかその瞬間から自分のせいでなくなってしまったのか、そう考えてしまったのです.始まりはそこからでした.摂食障害に関しては、少し落ち着いていた高校を辞めた頃、ものすごく とても 言葉では表せないぐらいほんとに好きな人ができました.簡単にまとめてしまいますが、その人は六歳ぐらい年上で メールはしてもらったのですが勝手に彼女ができたからもうできないといわれ、恋愛初めての私にはこたえました。そこからあいたくてもあえない葛藤や、彼は大人だったのでその時の自分とのギャップで一人で抱え込んでしまい、摂食障害で気持ちを晴らすということをしてしまいました。長くなりました.このようなことで私は十代前半からいろいろなことが重なり、心が重量を超えてしまったようなのです.姉もずっと不登校でした。その影響を大きいでしょう.あと父親と母親の仲があまりよくなく二人に関してはケンかをしていた覚えしかありません.また私と父親の仲は非常に悪く最近はまだ少し良くなったものも小さい頃はけんかをしたら暴力を受けていました.そんなことも私の心に響いているのかもしれません.
また、最近中学の同級生を不慮の事故で二人失いました.その二人はとても仲がよく、はじめのこがなくなっていった後に、その子も追いかけるように亡くなってしまいました.悲しかったです.なんでこんなにも私のみに来るのか…。でも決してなえてはいません.これも私の運命なのかもしれません.
ほんとに長くなってしまって申し訳ございません.読んでいただけたら幸いです.


Re: これから 管理人 - 2004/08/05(Thu) 00:19 No.2098

 幼少期のご家庭にも、いろいろと問題があったようですね。失恋は、誰でも経験があるとは思いますが、お友達が事故で亡くなったのは、とてもおつらかったでしょう。
 いろいろなことがたくさん起きて、まだまだ心が疲れきっているのだと思います。
 現在続けているカウンセリングに関しては、もっとご自身の心の深いところに挑むような気持ち、持つといいかもしれませんね。


うつ病の治療について 投稿者:はっち 投稿日:2004/08/03(Tue) 10:55 No.2084
はじめまして、こんにちは。
闘病記読ませていただきました。
実は私の主人も昨年、軽うつ病になりました。それからしばらく療養を経て、彼自身が働きたいと言い出したので、今年の春から転職して再び仕事を始めたのですが、先月ぐらいから肩や背中の凝り、頭痛など頻繁に体調を崩すようになり、会社を二週間に1度は休むようになってきました。主人が言うには会社には不満もなく、以前の職場よりは全然良いというのですが、言葉とはうらはらに体調はすぐれず、私も心配です。病院にも相談したところ、特に身体に異常もないので、どう診てもストレス性・神経性からくる不調としか考えられないと言われました。
主人もしっかり長期療養してうつ病を治した方がいいのかもしれないと考えるようになったのですが、実のところ主人が仕事を辞めると私1人の給料では生活できないのが現実です。私自身も彼が元気になるように協力したいのですが、田舎であまり働き口もなく、20代前半女性の月給は安くて、とても旦那を養えません。
かといってこのまま体調のすぐれないまま彼を仕事させるのもしのびなく、私も転職を考えようかと思っていますが、どうすることが一番良いことなのか迷っています。よろしかったらアドバイスをお願いします。


Re: うつ病の治療について 管理人 - 2004/08/04(Wed) 00:45 No.2090

 はじめまして。
 ご主人の病気のことを、もっともよく知っているのは、担当医だと思います。ご主人の今後の治療について、もう一度しっかりと、担当医と話し合う必要があると思います。

 療養のための休暇につきましても、担当医が決めるべきことだと思います。たとえば、患者の性格や状態によっては、長期間仕事を休むことで悪化する場合も考えられます。時間や仕事量の制限をして、仕事になれていく方が早く治る場合もあります。
 あとは、精神療法等、薬物療法以外の治療も考えた方がいいかもしれません。

 生活の面に関しましては、役所の福祉関係の窓口、福祉事務所等での相談をお勧めします。医療費の公費負担制度などもあります。公的な援助は、どんどん利用すべきだと思います。


Re: うつ病の治療について はっち - 2004/08/04(Wed) 10:54 No.2093

管理人さん、お返事ありがとうございます。
確かに、今主人の現状をよく知っているのは担当医ですね。よく相談してみようと思います。
ところで、管理人さんのコメントにあった、精神療法、薬物療法以外の治療とは例えばどんな治療でしょうか?
それと公費負担については現在、通院医療費公費負担制度は利用していますが、それ以外に何かありますか?うちのところの役所はあまり説明してくれないのでちょっと困ってます。


Re: うつ病の治療について 管理人 - 2004/08/05(Thu) 00:13 No.2097

 薬物療法以外の治療は、精神療法としてのカウンセリング、認知療法、行動療法などです。過去ログで何度も説明してありますのでご参照ください(検索を使うと便利です)。

 公費負担以外には、働けなくなった場合の、健保の傷病手当、障害年金などがあります。あとは、それぞれの自治体で管理している療養施設等でしょうか。
 役所の窓口で単純に説明を求めるよりも、ご自身でいろいろと調べた方が、多くのことがわかる場合もあります。ぜひ調べてみてください。





質問です 投稿者:さくら 投稿日:2004/08/03(Tue) 06:25 No.2082
管理人さんへ

こんにちわ、はじめましてです。とても興味深く読ませて頂いています。

先週からサイストリーを実行しています。そこで3つの質問です。お時間があるときお答え頂けたら嬉しいと思い投稿します。

1.過去の出来事を記述中にその時思っていた事をどんどん書くと  の事ですが、本当にその時そう思っていたのか、それとも今思  い出しながら書いていて、今現在感じている感情を書いている  のかわからなくなります。

2.あやふやな時間の経過の前後関係は気にしなくていいとの事で
  が、後で思い出して書き直す場合、量が多い場合の書き直し   や、思い出す事に対して疲れる時がある場合はどうすればよい  のでしょうか? 

3.文章の書き方についてです。
  A 「待ち合わせの喫茶店に行った。バスで行った。暑かっ      た。」
  B 「その日は暑かったので自転車を使うのはやめてバスを使っ    て待ち合わせの喫茶店に行った。」
  Aのように簡素化して表現したほうがいいのでしょうか、それ  ともBのように細かく記述したほうがいいのでしょうか?

初めての手紙でたくさんの質問ですがよろしくお願いします。


Re: 質問です 管理人 - 2004/08/04(Wed) 00:34 No.2089

 はじめまして。
 まず最初の質問ですが、記述しているときの自分が時間軸のなかでどこにいるのか、それを意識してください。現在の気持ちを記述しているのか、過去に戻って、過去の状態を再現しながら記述しているのか。そのどちらかしかないと思います。

 次の質問です。もちろん、量が多くなると書き直すのは大変ですが、それはどうしようもないことです。そのときどきでよみがえってくる記憶をどんどん書いていくしかありません。

 最後の質問ですが、簡素化は無意味です。思い出せたことはなるべく詳しく書く、ということが大切です。 

 サイストリーの本来の目的を念頭に置いて、もう一度読み直されることをお勧めします。


うつの妹 投稿者:しんしん 投稿日:2004/07/29(Thu) 12:14 No.2067
はじめまして。2歳年下の妹がうつ病を発症してもう2年が過ぎます。原因は父の身体的虐待と診断されました。母は4年前に脳梗塞で亡くなりました。妹は父から逃れたい一心で地元を離れ大企業に勤めていました。そこで、色々と人間関係でトラブルを起こし今年2月に精神科でもらっていた薬を大量に飲み自殺未遂を起こしました。一人でそのままにするわけにもいかず、地元で自営業をやっている私が引き取るということになりましたが、病気ゆえかプライドが許さないのか、働くこともせず毎日ぶらぶらと過ごしています。言うことも二転三転し、「ここには居たくない、もうS市に帰る」と言ったかと思うと、「私は一人では何も決められない、どうすればいいの?」とすごく弱気になって意見を求めてきたりもしました。1日何度も仕事場に電話があり、私も仕事にならない日も何度かありました。かわいい妹です。この病気が長くなることも承知して腹も決めました。でも一人で支えるのが疲れてくることもあります。うつ病の患者を家族でお持ちの方は、どうしてストレスを発散させておられるのか知りたくて投稿しました。入院措置も考えましたが、本人に説得すると「私は病気ではない。仕事もできる。やらないのは(私の)仕事に興味がないだけだ。」といわれてしまいました。ぶっさらってやりたいくらい腹が立ちましたがこらえました。薬で朦朧として、起きるのは昼がやっとです。しばらく家で仕事を手伝ってもらうことになっていましたが、来ても半日はソファの上で寝ています。そんな状態で仕事ができるわけがないのに、派遣会社に登録したりと、訳がわかりません。リストカットも激しく、それを見るとほんとに衰弱します。彼女がやりたいようにやらせるしかないのでしょうか?もし、ここを離れ自活したいと言えばそうさせるしかないのでしょうか?色々と本を読んだり自分なりに勉強してきましたが、私といる環境、父が住んでいるこの地域がストレスになっていれば、そうせざるを得ないかも、と思い始めています。


Re: うつの妹 管理人 - 2004/07/31(Sat) 00:09 No.2068

 はじめまして。
 とても大変なご様子ですね。
 妹さんの様子、うつ病というより、境界性人格障害の雰囲気が強いですね。生育歴のなかでも、虐待がありますし。

 うつ病患者は、責任感が強く、人当たりが良く、ほかの人のストレスまで抱え込んでしまう、というようなタイプの人が多いです。仕事に対しても、疲れきっていても無理して仕事をしてしまう、というような態度です。今の妹さんと反対ですね。

 担当医と相談して、妹さんの症状に合った治療をしていくべきだと思います。境界性人格障害の家族に、リスカなどで振り回されて、疲れきってうつ状態になってしまうと言う人、けっこう多いですから。


Re: うつの妹 しんしん - 2004/08/02(Mon) 13:00 No.2078

管理人さん、ありがとうございます。
担当医と相談して家族のケアにも参加しようと思いました。

診断は、うつ病、人格障害、ACと4つくらい病名がついています。治ると信じて、長い目で見ていきます。


はじめまして 投稿者:かぷ 投稿日:2004/07/31(Sat) 20:28 No.2069
ボクの母親もこの闘病記のように先日入院したばかりです。
発症したのはおよそ4日くらい前です。突然ダメなことをしてしまったと話てきました。

今はとにかく不安で家族も気が狂いそうなほどです。

あんなに元気にしゃべっていた母親がこんなことになるなんて

これからのことがムネがいっぱいです。



Re: はじめまして 管理人 - 2004/08/01(Sun) 00:08 No.2071

 はじめまして。
 発症してすぐに入院となると、相当に症状が重かったのでしょうね。お気持ちお察しします。
 でも、今はもっとも理想的な治療環境にあるのですから、あとは医師に任せて、ゆっくりと待ちましょう。最近の薬はいいものがたくさんあります。1ヶ月もすれば、効いてきて、良くなると思います。


ありがとうございます かぷ - 2004/08/02(Mon) 03:02 No.2076

少しでも回復を祈ってすこしずつ進んでいきたいです。
励みになる言葉ありがとうございました。


病院に失望しました 投稿者:アリリン 投稿日:2004/08/01(Sun) 00:04 No.2070
今日は一日がとても長ーく感じました。

今朝、ついに母が包丁を持ち出して、自分の前から消えた父が許せないと、父の洋服を切り裂きました。
次に弟の嫁も許せないから、これから殺しに行くと言い残し、家を出ました。
どう見ても異常な状態だったので、警察に連絡して保護してもらい、その足で県の指定病院に連れて行かれました。
ここで医者の診断が出れば保護入院が出来ると、祈る気持ちで診察を待ち、出た答えはそう欝ではあるが、入院の必要は無いとのこと。
事前に、境界性人格障害の症状に全てにあてはまると担当医に伝えたのですが、かかりつけのの主治医が言ったわけではなかった為か、素人判断が気に入らなかったのか、ボーダーは否定されてしまいました。
その場で母を引き取り、何とか帰り着きましたが、これからがまた地獄です。
帰りの道々、余計なことをしてくれたと、自己中の批難が始まり、医者はバカだから、素直にハイハイと言ってれば、入院させられずに済んだと言ってのけました。
この言葉をきいた瞬間、この人は悪魔だと、はらわたが煮えくり返り、今すぐ死んでしまえば良いと願ってしまいました。

もう、自分の母とは思いたくもありません。
なぜ、こんなに酷い状態を訴えても、入院することが出来ないのでしょうか?
確かにボ−ダーは、本人の自覚が無ければ治らない事は知ってます。今はとにかく周りの家族の安全を確保したいだけなのに。
もう八方塞で、打つ手がありません。


Re: 病院に失望しました 管理人 - 2004/08/01(Sun) 00:19 No.2072

 もう、何と言っていいのか。本当に大変でしたね。
 きっと、医師の前では、おとなしく振る舞うのでしょう。そして、ほかの家族に責任転嫁して、医師の目をくらますのでしょう。境界性人格障害の人には、ありがちですね。
 今の状況、確かに大変すぎますね。このような状況を、しっかりと警察、または精神保健福祉センターなどの相談窓口で伝えていくしかないと思います。
 あとは、ご家族のお母様に対する接し方や心の持ち方、これも勉強しておく方がいいと思います。振り回されているようです。


Re: 病院に失望しました しろねこ - 2004/08/01(Sun) 19:14 No.2073

こんにちは
とても大変そうですね。
私の父はアル依存症だったので、違うところもあるのですが、よく似た思いをしました。
うちは父がお酒を飲み続けるためにはなりふりかまわず、の状態だったし、お酒に魂を売り飛ばしていたので、私を悪者にするのなんて、へっちゃらちゃ〜でした。
私の場合は姉、親戚も味方ではなかったので、保健所の方、病院のケースワーカーの方、市役所の福祉課の方、とにかく話を聞いてもらい、味方になってくれそうな人を探し、協力者を探しました。
お陰さまで、身内以外の人は事情をよくわかってくれ、私が父の酒害に巻き込まれないように助けてくださいました。
一人でお母様を支えるのは無理です。公的な機関に相談に行ってください。きっと、八方塞がりに、風穴が開きますよ!


Re: 病院に失望しました アリリン - 2004/08/01(Sun) 21:20 No.2074

管理人さん、しろねこさん、ありがとうございます。

今日は昨日の疲れか、何も出来ないほどうつ状態でボーっと過ごしてしまい、どっぷり振り回しにはまってしまいました。
とても母の様子を見に行く勇気はありませんでした。とりあえず、父に任せて逃げてしまいました。

昨日行った病院では躁鬱と診断され、まずは落ち着かせるようにと1日分の薬を渡されました。中身は炭酸リチウムと精神安定剤2種類でした。
バカにしてるとしか思えません。この手の薬をたった1日飲んでどうなるというのでしょう?

保健所から駆けつけてくれた方は、私の説明でボーダー特有の行動パターンだとを理解してくれたので、入院は期待できないと言ってくれてました。
これからは、その保健所の人と連絡とっていこうと思ってます。今はそれだけが頼りです。
風穴が開くよう、頑張ります。


感謝 投稿者:なぎさ 投稿日:2004/07/14(Wed) 01:17 No.2032
母がうつ病です。原因は、朝から夜遅くまで仕事をしている家族のせい?そのせいで一日中話をする相手がなく、母はうつ病になっと言っています。家族にしてみれば、治療費+生活費の為、自分の時間を費やして働いています。話をする時間をとれば、、、と思うかもしれませんが、それでは自分の体力の限界があります。会社にいても、自宅へ帰っても、安らいだ気持ちの時間がありません。でも、出来る限りの事を、と思い頑張っている家族にも、最近笑顔を見る事が少なくなり異変を感じます。それでも、気をまぎらわそうと必死に努力している母・ストレスをぶつけないように自己処理している家族、幸せへ導いてくれるみんなに感謝です。感謝の気持ちが自分を支えてくれています。


Re: 感謝 管理人 - 2004/07/14(Wed) 22:42 No.2034

 はじめまして。
 ご家族で、お母様のうつ病との闘病、とてもいいことだと思います。でも、皆さん、ちょっとお疲れ気味のご様子。
 こんな場合には、ご家族の方も、少しずつ息抜きを考えた方がいいと思います。うつ病は、どうしても長くかかる病気です。ご家族の健康も、やはり一緒に考えていくこと、とても大切だと思います。

 もし、お母様以外のご家族が疲れきっているようでしたら、担当医と相談して、入院治療をお願いするという手もあります。患者本人の治療もありますが、家族の健康を守る、と言うのも、入院治療の目的の一つとなります。


Re: 感謝 なぎさ - 2004/07/24(Sat) 16:22 No.2060

管理人さん、お返事を有難う御座います。
この掲示板で、たくさんの人達が一緒に悩んで、一緒に立ち向かっている事を知ることが出来て感謝致します。
また、訪問させて下さい。


Re: 感謝 ボヤッキー - 2004/07/25(Sun) 04:17 No.2061

横レスで失礼します。
なぎささん、はじめまして。

>この掲示板で、たくさんの人達が一緒に悩んで、一緒に立ち向かっている事を知ることが出来て

< ホントにそうですね。わたしもこちらのサイトと出会えて  よかったです。苦しい時、ウツの特徴で「自分だけが、こんなに情けなく、何もできない、 」存在に思えてしまうけど
自分と同じ様に、苦しんでいる人や悩んでいるひとがたくさんいるんだ。と知ることで死にたくなる気持ちが薄れていくのを感じました。


Re: 感謝 たまこ - 2004/07/26(Mon) 22:38 No.2065

姑が統合失調型人格障害で、主人と結婚して30年間苦しみました。主人はACです。気晴らしに息抜きにとパソコンを始めて色んな事を学び、楽しいことにも、嬉しいことにも出会い良かった。でも、今年かなり重いうつになり生活に支障が・・・毎日死・・・死・・・死を考えて何もかもが狂いだしてしまいましが・・・一つ救いがありました。それはオステオパシーでした。
週一度の40分ほどのもので、二回ほど受けて驚くほど回復し、薬を飲まずに今に至ったことは驚きでした。精神科の通院歴は長いのですが、やはり姑に30年間振り回され、まだこの先こんな状態で続くのかな!!!!!最近は姑に近ずかない様に、係わり合いにならないように、巻き込まれないよう、努力しています。精神科の先生の相性もありますが、現在は保健のきかない専門の先生と二股かけてカウンセリング受けています。私の二人の子供も取り返しのつかない結果になってしまい
やはり、子供の人権と人格が出来上がるまで離れて暮らしたほうが良いと強く感じています。


Re: 感謝 なぎさ - 2004/07/27(Tue) 01:15 No.2066

みなさん、お返事を本当にありがとうございます。
最近の私のおくすりです。<頑張りすぎない>おくすりです。
職場でも、家族でも、うつ病に悩む人が24時間傍にいます。健康のフリをする私は、どうしても<出来る限り>の事を捜してしまい、油断すると自分が何かの依存症に陥ってしまいます。その前にブレーキ!<頑張りすぎない>おくすりです。ちょっと辛いけど、おくすりだから、、、。ため息すると、幸せが飛んで行ってしまうと言うけれど、私はフ〜っと一息すると、悪い「気」が飛んで無くなる気がして、一休み・一休み、、、。いっぱいいっぱいになってしまった方、一度ははお試し下さい。





過去ログ一覧(2) へ戻る


produced byYuki Tachibana