Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年08月16日〜



お聞きしたいのですが / サエ

管理人様、スプーさん、愚痴をきいてくださってありがとうございました。

今回は別のことで、皆さんに少しうかがいたいことがあるのです。
私の友人(男性)の奥様のことです。
この掲示板でもよく目にするのですが
彼女は、「境界性人格障害」です。

私の友人は、奥様のことをとても大事にしていて
子どもも諦め、一生、奥様を守っていく決意でいます。

この障害を治す方法というのは、あるのですか?
親に代わるくらい大きな愛情で包めば
生活にまったく支障がない程度に、治してあげることが
できるものなのでしょうか?

今の症状は、落ち着いている時は、特に問題はありませんが
気に入らないこと・不安なことがあったりすると暴れるし
友人の親友などにも暴言を吐きます。
私も、浮気相手だと思われて、ひどいことを言われたことがありました。
とにかく男女関係なく、嫉妬がひどいです。
友人のケータイを勝手に操作したりしても、罪の意識はないようです。
しかし、さんざん暴れたあと(ひどい時はリストカットもするそうです)
友人が冷静に優しく諭すと、いうことを聞くそうです。
また、奥様はとても美人で、才能豊かな人です。
障害さえなければ、私たちなんかより、ずっと良い仕事ができるような人です。

私は友人の問題に首を突っ込むつもりはないのですが
この「ボーダーライン」と言われる症状は
うちの父や妹にも、多少、みられるような気がしています。
なので、完治(寛解)するのかどうか、するのなら、どんなことが大事なのか、お尋ねしたいのです。
よろしくお願いします。

No.62 2004/08/20(Fri) 21:34

 
Re: お聞きしたいのですが / スプー

>この障害を治す方法というのは、あるのですか?

はい。あります。昔は完治はかなり困難と言われていましたが、現在はかなりの確率で「日常生活には問題がない」ところまで治るようです。
ただ、特効薬が見つかったわけではありません。人格障害。つまり人格が社会に適応できていない状態になっている訳ですから、その人が「絶対治す」と強く思わない限りは難しいと思います。

成人となり人格が固まってしまってから人格を治すというのは、どんな人でも大変な苦痛を伴います。それに耐える強い決意が無いといけないわけですね。当然、症状が強く出ている時は耐えることが出来ませんから、症状がある程度収まって安定してからの本格的な治療となります。

具体的には、症状を抑えるのは薬。これは元々病気ではありませんから、効果はあまり期待できませんが、安定させるのが第一の目的です。
安定して、本人が「絶対治す」という意志がでれば、カウンセリングの開始です。周りのサポートもよければ、早ければ1年程度でかなり症状が治まるでしょう。しかし、普通はある程度の症状が治まるまで数年はかかると思った方が良いです。


>親に代わるくらい大きな愛情で包めば
>生活にまったく支障がない程度に、治してあげることが
>できるものなのでしょうか?

私は「×」だと思います。
基本的な人格を形成するのに必要な愛情は幼少期に必要なもので、成人してから固まってしまいBPDとして発症した人格に、どんなに愛情を注いでも満たされることは無いでしょう。ザルに水は溜められないのです。
(BPDの方には、大変キツい表現だと思いますがご了承ください)

治療に必要なのは、一人の人として成長させてあげることだと思います。

「**が欲しいと言ったから、**を買ってあげた」「嫌な思いをさせないようにビクビクしながらすごしている」「家事なんてさせないよ。僕が全部やってあげる」等という行為は、一時的には症状は治まるでしょう。
しかし、心はその瞬間しか満たされない訳ですから、必ず次の要求が発生します。当然、以前と同等かそれ以上を要求されるでしょう。
親、配偶者が必要以上にやってあげる事で、結果的には症状は悪くなる一方だと思います。(例えば、職場の部署異動で帰りが遅くなったり、出産で子供の面倒も見なくてはいけなくなった等をきっかけに)
ご友人の様子がよく判りませんが、おそらく共依存となっているのではないかと思います。お互いに悪い状態に持っていく可能性が高いので、これは崩さないといけませんね。


その奥さんは病院に行っているのでしょうか?
もし、行っていないようでしたら、是非受診される事をお勧めします。
できれば、鬱よりは人格障害等に強い病院を調べて行くと良いかもしれません。

もし、ご友人に本を紹介できるなら、Kさんのスレッドにお勧めの本を紹介していますので、してあげてください。おそらくそれに書かれているとおりの事がご友人に起きていますから。


>この「ボーダーライン」と言われる症状は
>うちの父や妹にも、多少、みられるような気がしています。

メンタルな病気というのは、骨折などと違って、いわゆる正常と病気の堺が曖昧です。普通の人でもBPDの判定基準に若干引っかかったりする人は多いはずです。ただ、メンタル面で病気を抱えている方は、普通以上に判定基準に引っかかりやすいですし、その親も引っかかりやすい事が多いですね。

No.64 2004/08/20(Fri) 22:36

 
Re: お聞きしたいのですが / アスナロ

はじめまして、アスナロです。少しコメントさせてください。境界性人格障害を理解するには、本人の過去の心の傷、ともすれば幼少の心の傷にさかのぼることさえあります。大事なのは、本人がそれを認識して理解してくれるこです。大変な作業えす。わたしとしては、とりあえず、本人のストレス要因を避け彼女の安定した環境作りを優先することをすすめます。まずは、彼女を理解してあげることが、一番の愛情であり、ご主人にとってもありがたいと思います。

No.65 2004/08/20(Fri) 22:48

 
Re: お聞きしたいのですが / 管理人

 スプーさんの的確なお話のとおりですね。
 まず、本人が自覚し、治そうという強い意志を持たなければ、無理だと思います。
 境界性人格障害の人は、知的な面で問題がないのですが(知的な面に問題がある場合は、知的障害です)、感情の面で子供のままです。3〜7歳程度と言われています。

 つまり、成長していない感情の部分を育てていくことが治療となるわけです。子育てに長い期間が必要なように、境界性人格障害の治療には、長い期間がかかります。
 また、治療の段階で必要なのは、親と同様の責任ある愛情です。子供は、甘やかすだけでは、まともに成長しません。毅然とした態度で、正面からぶつかり、悪いことは悪いと厳しく教えることが必要です。

 しかし、境界性人格障害の場合、知的な面で問題がないので、子供と同じようにはいきません。厳しくしかったり、説得したりしても、責任転嫁でごまかしたり、しかった人の悪さをあげつらってごまかしたりします。ごまかしきれないと、暴れたり、リスカなどの自傷行為で振り回したりします。
 結局まわりの人は、疲れきってしまい、やがてはいいなりになって、腫れ物に触るような態度、というパターンに陥りやすくなります。

 境界性人格障害は、つい最近まで、治る確率は10パーセント以下と言われていました。ほとんど不治の病の世界ですね。医師やカウンセラーも、性格の問題だから治療対象ではない、と断る人が多かったです(今でも多いと思いますが)。
 最近になって、治療方法等、研究が進んできて、大人としてのふつうの生活を送れる程度に回復する人が増えてきました(とは言っても、うつ病や統合失調症のように、高い確率で治るわけではありません)。

 ほかの人格障害と比べると、境界性人格障害には、苦痛が激しい、という特徴があります。苦痛が激しいため、ほかの人の苦痛は理解できません。疲れきっている人や病気の人がつらそうにしているのを見ると、かえって攻撃します。
 これは、「本当につらいのは私なのだから、私の前でつらそうな顔をするなんて許せない」というような解釈ができます。

 ただし、苦痛の激しさが自覚できて、治そうという気持ちにつながったとき、大きなチャンスとなります。このようなときに適切な治療を受け、自分自身の心と対決することができれば、治癒につながっていくでしょう。そして、人の痛みがわかる、苦しさに共感できる、助けてあげたいと思う、実際に行動する、というような状態までいけば、ほぼ治ったと言えると思います。要するに、大人としての人格を形成できたということです。

 まわりの人を振り回し続けていて、振り回すことで愛情などの利得が得られ(まわりの人が甘やかすということです)、無自覚状態が続く場合には、まず治ることはありません。

No.66 2004/08/21(Sat) 02:09

 
Re: お聞きしたいのですが / サエ

詳しく教えていただき、とても勉強になりました。

特に、本人が治そうという強い意志を持たなければ
治るものではない、ということがわかりました。

その友人の周りには友だちが沢山いましたが
今は、奥様のせいで、みんな、離れていってしまい
残ったのは数人です。
奥様はそれを寂しいと思わず、かえって、ダンナさんと二人きりになりたがっているように見えます。
友人は奥様を娘のように扱い
叱るときには叱り、興奮状態のときは、抱き寄せて、
じっくり諭すそうです。

友人に言わせれば
奥様がこんなふうになったのは、子どもの頃から、30代に至るまでの間、
誰も「こういうことはしちゃいけない」ってことを
教えなかったからだ、とのことです。
私は漠然とですが、その考えは危険だと思いました。
教えるのは、親だけじゃないし、
恵まれない境遇で育った人でも、成人してからは
葛藤と戦いながらも、客観的に自分を見て、
自制できるように努力するのが当然と思うからです。
もちろん運などもあるかもしれないけれど・・。

でも私の妹は、その奥様を羨ましいと思うでしょうね。
私自身も、彼(友人)は、弱音も吐かず、本当に偉いと思っています。
もし妹のダンナさんが、そういう男性だったなら・・とか、、
May be で考えても仕方ないですね(悪い癖です)

妹は、攻撃的な部分はあまりないのですが
依存性が強く、今までにもリストカット、お酒、インターネット、等に、はまりました。
今は、なんと、「主治医の先生を好きになっちゃったみたい」
などと言っている始末です。やはり単なる鬱ではないのかもしれません。
治そうというよりも、逃げたい気持ちのほうが大きいようです。

心配なのは、姪(妹の長女)で、
ダンナやお舅さんが、お母さん(妹)を虐げてきたので、
姪までもが、お母さんを、バカにするようになってしまいました。
また、弟の面倒も、まったく見ようとしません。

そういうこともあって、自らが「治す!」という気持ちに
なってくれたら、、と願っているのです。
長々と申し訳ありません。ありがとうございました。

No.68 2004/08/21(Sat) 19:53

 
Re: お聞きしたいのですが / スプー

BPDの方が、二者関係に持ち込みたがるのは良くある事で、それは根本的には「見捨てられたくない」「自分だけを見て欲しい」というのがあると思います。(この行為は意識的、無意識的かはわかりません)
ですから、そのご友人は奥さんの作戦(?)にはまっている訳で、奥さんの為に友人や趣味を投げ捨ててでも一生懸命やっているのは凄いですが、それに囚われすぎると結局は共倒れや共依存になってしまいます。

奥さんの症状を理解する、根深い所にあるものを理解するのはとても大切に事ですが、基本的には治療は治療者に任せた方が良い事が多いようです。というのは患者と接近しすぎた人は治療が難しいのです。BPDの治療に長けた先生でも、病気の特性からつい感情移入してしまい、治療が進まなくなったり振り回されたりします。治療には適切な距離が必要なのです。

>誰も「こういうことはしちゃいけない」ってことを
>教えなかったからだ、とのことです。

こういう面もまったく無いとは言えませんが、逆に厳しく育てられててもBPDになる方は沢山います。やはり、根本は「自分作りの失敗」で、それはもっとも人格のベースとなる幼少期に愛情が不足していたか、その子に合わなかったのが原因と言われています。


>私自身も、彼(友人)は、弱音も吐かず、本当に偉いと思っています。

ご友人が奥さんがBPDという事を受け入れ、自分の距離の取り方、精神科への受診の勧めを奥さんにさせられれば、十分治る可能性はあります。
理解しようとしている、今まで相当な努力をされている事から、少なくともご友人は問題なしです。(奥さんをかまいすぎかもしれませんが)

ただ、奥さんが受診し、治したいと思えるか。今の苦しさは自分が作り出している事を自覚し、それから逃れたいが為に他人に押し付けたり、逃げたりせず、最後までカウンセリングを受ける気がでれば、大丈夫だとは思います。


>今は、なんと、「主治医の先生を好きになっちゃったみたい」

妹さんの場合は確かにそういう考えになるかもしれませんね。
確かに鬱だけでなく、若干カウンセリング等で軌道修正をされると、後々が楽になるかもしれませんね。

姪御さんに関しては、思春期独特のものの可能性も高いので、しばらく様子をみてはいかがでしょうか?
暴力、自傷行為、鬱状態が出てきたら、早めの受診が必要かもしれませんが。

No.77 2004/08/23(Mon) 10:14

 
Re: お聞きしたいのですが / サエ

ありがとうございます。

友人の奥様は、病院へ行っていたようなのですが、今は薬をもらう程度で、カウンセリング等は受けていないようです。

他のかたのスレッドの内容にも重なるのですが
友人は、別に他人に迷惑がかからない程度に治ってくれれば
体力がないこと、わがままで幼稚であること、家事が殆どできないこと
などは、構わないと思っているようです。
確かに自己中で無神経だけれど、すごく魅力のある女性なので
友人自身は、今のままでもOKくらいに思ってるんですね。
まぁそれはそれ、とも思うのですが、私は個人的に
それでは一生奥様は、苦しさから逃れられないんじゃ・・・と感じたりもします。

以前、みんなで腹を割って話したときに
奥さんは、お母さんと妹さんにいじめられ続け、付き合った彼からもひどい仕打ち(DV)を受けて、
自分は心の病になってしまった、と言ってました。
ところが、あとから、別のひとに話を聞くと、かなり被害妄想が入っているらしいです。
家の人にも原因がわからず、困り果てていたということです。

それから、しつこくて申し訳ありませんが
妹は8年前に発症したときは、「鬱病そのもの」の症状でした。
そして1年後には、すっかり元通りに治ったんです。
その後、再発してから、鬱自体は軽くなるものの
どうも、人格的に、おかしくなっていくように見えるんです。
鬱病の経過として、そういうことも、よくあることなのでしょうか。
鬱が軽くなっているだけに(それでもあまり元気はないのですが)
残念でなりません。

違和感のあるところとしては
・妙にセンチメンタルだったり、退行している感じがする。
・身なりに気をつかわない。
・何かに依存する(今は、タバコです)
・姉(私)の、髪型や着ているものなど、外見を、やたら気にする。
・すぐに自分の小さい頃の出来事を思い出し、自分は本当はこうしたかったのに、などと言う。

また、浮気されたことにこだわり続けており
別居中の夫だけではなく、相手の女性に対しても、恨みの気持ちが捨てられないようです。
ふつうの人なら、しばらくは悩んでも、悩むことに飽きるというか
いい加減、前向きにならなきゃなー、と考えますよね。
だから私としてもどうしてもイライラしてしまうんです、
もちろんそんな顔は、妹には見せませんけれど。。
あ、また愚痴になってしまいました。。m(_ _)m

No.96 2004/08/24(Tue) 20:27

 
Re: お聞きしたいのですが / スプー

確かに、治らなくても周りが許せる環境であれば、それはそれで良いのですが、ずっと許せる環境を作るというのは困難だと思いますし、ずっと治らないというのは、サエさんがおっしゃる通り苦痛もずっと続くのです。
症状が酷く出る人の場合だと、死ぬほうが楽というほどの苦痛が続くのですから、本人の為にも回りのためにもできるだけ治してあげるほうが良いと思います。

BPDの方が被害妄想が出やすいのは普通の事で、被害妄想どころかまったくありもしないことを頭の中で組み立ててしまい、それが現実に起こったと思い込んでいる場合もあります。BPDの方の話で、相手が悪いという話が出た場合には、被害妄想が半分混ざっていると考えた方が、ふりまわされずにすむと思いますよ。


妹さんの場合は、なんともいえません。
鬱病がメインで、その影響で若干他の病気・人格障害っぽいところが出ているのかもしれませんし、元々が人格障害といえないほどの性格で、それに鬱が混ざっているのかもしれません。
また、人格障害が出始めた頃は、鬱状態になる事も多いという話も聞きますから、その可能性も捨てきれません。
どれにしても、症状を注意深く見て、あまりにも度を越しているようでしたら、主治医と話し合ってみてください。

No.99 2004/08/24(Tue) 22:22

 
Re: お聞きしたいのですが / サエ

スプーさん、本当にありがとうございました。
ここを訪れるようになってから、妹の病気を、感情的にではなく
冷静に論理的に考えることができるようになりました。

疲れたらまた訪れてしまうと思いますが、その時は、皆さん
よろしくお願いします。

No.101 2004/08/24(Tue) 23:19

 
Re: お聞きしたいのですが / 管理人

 妹さんの件ですが、今の状態は、うつ病の症状とか、うつ病になったことで性格が変わった、というよりは、あまりにも激しい環境の変化の連続で、心のなかのバランスが以前と変わってしまった、ということだと思います。

 環境の変化について、少しずつでも消化できてくれば、だんだんと元に戻るように思います。もちろん、長い時間がかかるとは思いますが。
 でも、気になるようでしたら、担当医と相談しておいた方がいいと思います。もしかしたら、ほかの病気の可能性があるのかもしれません(人格障害ではないと思いますが)。

No.104 2004/08/25(Wed) 00:59

 
Re: お聞きしたいのですが / サエ

> (人格障害ではないと思いますが)。

管理人様に、このように書いていただいて、少しほっとしました。
よく考えてみると、妹の病前性格は、人格障害というよりも
アダルトチルドレンに近いと思いました。

スレッドを伸ばしてしまいました。
いずれまたご相談させていただきます。ありがとうございました。

No.109 2004/08/25(Wed) 22:47





これは愚痴です。 / アリリン

いつも皆さんには愚痴の言いっぱなし状態で、お答えに感謝しながら、御礼が遅くなってしまい申し訳ありません。

私の母はBPDと診断されてわけではないのですが、やってることすべて、BPDの症状にあてはまるので、それなりの対応を私がやってるわけです。
なので、病名などにこだわらず、家族がどうすれば良いのか知りたく、実際治る治らないの問題ではありません。今をどうすればなのです。
例え性格のゆがみからきていることだとしても、周りは十分振り回され苦しんでいることなのです。どうにか、この状態から抜け出したいのです。

先日、ついに嫌がる弟の家に押しかけ、言いたいことをぶちまけてしまいました。追い詰められた弟も反論して、お互い言わなくてもいいことまで言ってしまい、最後には追い出され、これが親に対する仕打ちかと怒り心頭で帰ってきました。
元々は単なる嫁姑のいざこざが、ここまで大きく複雑になって周りを巻き込み、一緒についていった父が、息子の口から悪態つかれたと一番ショックを受けている様です。

弟からすれば、母を連れてきた父もすでに母の味方で、自分と家族を守らなければと言う思いが先に立ち、必死になってしまったのでしょう。なにしろ母は、包丁を持ち歩いているのですから。
どちらも、親子の縁を切ってやるとエスカレートする一方で、当分は、頭が冷えるのを待つしかないのでしょう。

ここまでは私も予想していたことでしたが、先ほどは、母が我が家に突然やって来て、これまでの顛末を私に話し始めたのです。
あれほど私を悪者扱いして、憎悪していたはずの私に、今度は弟とのことで同情を求めるのです。このところやっと母から受けた心の傷にかさぶたが出来、痛みを感じ無くなった矢先、またかさぶたを剥がされそうです。
延々5時間言いたいことだけしゃべり続け、今度はショックを受けた父が可愛そうだと、一見やさしいことを言ってました。そして私とは何事も無かったように、畑のにがうりが取れすぎて困る等と普通の会話をしているつもり(?)で帰っていきました。時には笑顔まであり、狐につままれているとでも言うのでしょうか?
本当は、さすがに打ちひしがれてる父相手に、今回の鬱憤を晴らせないので私のところに来ただけでしょう。呆れてものも言えません。

そこまでわが子を追い詰めたことなどには、気にもせず、やはりこれは病気です。

なぜか今、家族の皆が、それぞれの思いを私に話に来ます。とりあえずは受け止めてあげられそうですが、私も吐き出すところが欲しいので、ついここに来て、愚痴ってしまいました。お許しください。

No.97 2004/08/24(Tue) 21:00

 
Re: これは愚痴です。 / スプー

お母さんの病気でなんであれ、極端に振り回されて周りが疲れきっているのは確かですから、距離を置ければおくのが一番です。

特に状態が悪い時は、客観的に見ると「わざわざ何で悪いほうに物事を取り、しかも努力している周りの人に感情をぶちまけて、周りを切れさせるのは何故か」と思うことはしばしばです。
基本的には「見放さなされる」という恐怖から、見放さない相手を常識では考えられない方法で試し、「これでも見放さないのか」と確かめているのです。しかし、それではターゲットにされた人は疲れきってしまいますから、破綻するのは目に見えているのですけどね。

お父さんも、もっと冷静に事を見れれば、何故奥さん(お母さん)の周りだけ人間関係が荒れて破綻していくのか・・・が判るはずなのですが、おそらく共依存となっているので判らないでしょうし、知らない内に病状を悪化させているのでしょう。

>なにしろ母は、包丁を持ち歩いているのですから。

これ、銃刀法違反です。絶対させないほうが良いです。
刃物は全て取り上げ、それでも凶器となるものを持ち歩くようであれば、強制的に入院させないと、いつか親族内に死者が出ますよ。かなりの確率で。

病気がどうの・・・ではなく、人を傷つけるものを平気で持ち歩く行為は、絶対させてはいけません。許すほうがどうにかしています。断言します。

>あれほど私を悪者扱いして、憎悪していたはずの私に、今度は弟とのことで同情を求めるのです。

これもBPDには良くあるパターンで、要は一人のターゲットを見つけたら、今までターゲットだった人に急接近するのです。自分がトラブルの元だけど、自分を見放されたくないのです。

>今度はショックを受けた父が可愛そうだと、一見やさしいことを

これも良くあるパターンですね。
自分が主な原因というのを理解できないか、したくないのです。


今の状態はとても悪いと思います。
是非、なんらかの手を打ってください。
手を打つまでは、お母さんを下手に刺激する事は避けたほうがいいでしょう。


愚痴を吐いてスッキリするのであれば、是非された方がいいですよ。

No.100 2004/08/24(Tue) 22:40

 
Re: これは愚痴です。 / 管理人

 スプーさんの的を射た説明どおりですね。
 人を傷つける目的(潜在的であっても)で刃物を持ち歩けば、間違いなく銃刀法違反です。突発的な事故が起きないように、注意することと、警察に相談することが大切です。

 残念ですが、お父様は、お母様に対する毅然とした態度(とても大切です)を取りたくないのでしょうね。かなりの精神力が必要となりますから。振り回されるまま、時間がたって、なんとか自然に治まってくれればいいという感じなのでしょう。

 都合の悪いことは、すべてなかったこととする、これは「否認」という防衛機制ですね。また、自分の悪さを絶対認めない、まわりの人に転嫁する、これは「分裂」という防衛機制です。
 両方とも、境界性人格障害特有の心の仕組みです。この心の仕組みがあるため、まわりの人は、振り回されてしまうんですね。

 ご両親以外のご家族との心の連携は、とても大切だと思います。まとめ役のようになってしまって、大変でしょうが、ほかのご家族とは、いつでも話ができる状態にあることが望ましいと思います。

No.103 2004/08/25(Wed) 00:49


はじめまして。 / 摩周湖

こんにちは、はじめまして。
突然ですが、お知恵を借りられないか思って、書き込みいたしました。

従姉妹が、うつ病が原因の事故で、亡くなってしまいました。
大変仲がよかった従姉妹で、妹のように可愛がっていたのに、ショックで、何も手につきません。
叔父夫婦や、祖母なども、普通の生活に戻ることが難しいのです。
いつも傍にいたのに、事故を防げなかった自分たちをずっと責めています。
理屈ではわかっていても、なかなかその死を認めることも出来ず、毎日泣きどおしです。

こんな私たちに、立ち直りのきっかけを与えてくれるような、書籍はないでしょうか?
宗教には、不信感をいだいてますので、もっと理論的な、哲学的な感じの、教養書をお教えいただきたいのです。
私たち家族が、従姉妹の死を乗越えて、立ち直るきっかけになるような本を、教えて下さい。
お願いします。

No.85 2004/08/23(Mon) 17:14

 
Re: はじめまして。 / 管理人

 はじめまして。
 大変なご様子ですね。
 私がおすすめできるのは、月並みですが、日野原重明先生の「生き方哲学」(中央法規出版)などの一連の著作、海原純子先生の「安らぎと癒しのメッセージ」(大和書房)などの一連の著作ですね。心理療法家の河合隼雄氏、哲学者の竹田青嗣氏の本もいいと思います。

 叔父様と叔母様、あまりにもつらいようでしたら、精神科や心療内科、メンタルクリニックなどで、ご相談された方がいいかもしれません。
 身近な人の死というつらい事実を乗り越えることを「悲哀の仕事」と言います。精神科や心療内科、メンタルクリニックは、病気の治療だけでなく、「悲哀の仕事」を乗り越える手助けをしてくれるところでもあります。つらさを乗り越えられないと感じたら、早めに利用するように、勧めてみてはいかがでしょう。

No.92 2004/08/24(Tue) 00:12

 
Re: はじめまして。 / 摩周湖

ありがとうございます。
さっそく探してみます。

叔父夫婦には、何て言葉をかけていいかもわからないほどだったので、本当にありがとうございます。

No.94 2004/08/24(Tue) 13:24





(No Subject) / りんご

お久しぶりです!以前に友人が境界性人格障害ではないか。。。と教えて頂き、適切な対応策のアドバイスを教えて頂いた「りんご」です。。。
あれから何の連絡網も絶ち 今では全く友人の事、旦那さんの事、両親の事分からない状態です。 
私の方も妊娠し、友人の事は頭の片隅にはありながらも自分の事で手一杯な感じのこんにちです。
少し前に遠い知り合いがその友人にメールをしたらしいのですが アドレス変更、もしくは携帯が使われていないとかで繋がらなかったそうです。もしかして入院しているのでは。。と思っています。

最近の皆さんの書き込みを見させて頂きましたが 心の病で悩む方、その周りの方で悩む方、結構いらっしゃいますね。
私も以前ここへ来て助けて頂いた身。。どうぞ一人で悩まず、そして周りの方も専門医では無いのですから 自分に出来る範囲を過剰にならず 医師等に相談してほしいと思います。
私も境界性人格ではないか?という友人は、自分を頼って来る友人でしたし 見捨てる事になるのでは。。。と、こちらも重い悩み 色んな事を考えに考えて自分も辛くなってしまった感じになってしまいましたが、逆に自分のしている態度や発言がその友人の症状を悪化させていたのでは。。。と思い返すとある様な気がします。
その節はアドバイスを丁寧にしてくださった方々ありがとうございました。

No.80 2004/08/23(Mon) 13:38

 
Re: (No Subject) / スプー

お久しぶりです。
連絡を絶っていましたか。症状の強い境界性人格障害の場合、必要以上に接触していると大変ですから、りんごさん自身が参っている(いた)状態でしたら、それが正解だと思います。
特に妊娠していらっしゃるなら、ストレスは良くないですしね。

今は、その方がどのようになっているのか判らないそうですが、いつの日か、ある程度症状が治まっていれば、接近しすぎない程度に相手をしてあげてください。おそらく、仮に恵まれた環境であっても、強烈な見捨てられ感との戦いでしょうから。

No.81 2004/08/23(Mon) 14:33

 
Re: (No Subject) / 管理人

 お久しぶりです。
 妊娠されたとのこと、おめでとうございます。
 今は、おなかの赤ちゃんのために、心の安定を気づかうべきときだと思います。お友達のことは、考えない方がいいでしょう。専門家に任せるべき問題ですから。

 連絡がつかないのは、どうにもならないことです。でも、そのうちに、どこかから消息が得られるかもしれません。それまで、のんびり待ちましょう。
 もしまた連絡がつくようになった場合には、スプーさんのおっしゃるとおり、接近しすぎずに、適度な距離を保ってつきあっていけばいいと思います。

No.90 2004/08/23(Mon) 23:46


これからについて… / りんご

久しぶりに書き込みさせていただいてもらってます。私は以前この掲示板で病院に行こうか迷っていたのですが母に打ちあけ、病院に今通っています。でも、薬を多めにしてもらってもあまり変わらないし、何も楽しくなく、何も悲しくないのにずっと泣いていたりするんです。一日中寝てばかりで一度母に怒られたとき、震えながら母に「ごめんなさい」と言っている自分がいたのです。そのとき、家を本気で出ようかと思いました。夏休みの宿題にもあまりやる気がなくどうしたらいいのかよくわからないのです。何もしたくないので学校を辞めたいと思っているんです。たまに、リストカットをしたくなったりするし…。病院でも男の先生に診察してもらうのがこわいです。早く心の病気がなくなって欲しいです。どうしたらいいんですか?教えてください。

No.26 2004/08/16(Mon) 23:59

 
Re: これからについて… / kurt

こんにちは、りんごさん。

>一日中寝てばかりで一度母に怒られたとき、震えながら母に「ごめんなさい」と言っている自分がいたのです。

あなたと、あなたの母親(又は、両親)との関係に問題がありそうですね。つまり、あなたの母親に問題があるということです。

岩月謙司 「なぜ、「白雪姫」は毒リンゴを食べたのか」

を読まれることをススメます。

>早く心の病気がなくなって欲しいです。どうしたらいいんですか?教えてください。

あなたは、自分でなんとかしようという気持があるのだから、私がススメた本を読むことぐらいたいしたことないでしょう。

No.27 2004/08/17(Tue) 00:18

 
Re: これからについて… / サリー

> 病院に今通っています。でも、薬を多めにしてもらってもあまり変わらないし、何も楽しくなく、何も悲しくないのにずっと泣いていたりするんです。

薬というのは、SSRI(ルボックス、パキシルなど)のことでしょうか。もしこの薬でしたら、私も服用していましたが、薬に慣れて副作用が落ち着いてきたら増やしていくものだそうです。また、効き目が現れるのに時間がかかるそうです。効果が不安ならば、主治医の先生にご相談なさるといいと思います。

>一日中寝てばかりで一度母に怒られたとき、震えながら母に「ごめんなさい」と言っている自分がいたのです。そのとき、家を本気で出ようかと思いました。

心の病気のことを回りの人にわかってもらえないことほどつらいことはありませんね。私がうつになったときは、今ほど情報もありませんでしたから、親には怒鳴られるわ、上司には「しっかりしろ」と説教されるわ、ほんとに大変でした。お医者様からお母様に、治療などについて一度お話していただくのもいいかもしれません。一緒に受診されるのもひとつの助けになるかもしれませんよ。

>病院でも男の先生に診察してもらうのがこわいです。早く心の病気がなくなって欲しいです。どうしたらいいんですか?教えてください。

女性の先生がいらっしゃるのでしたら、男性の先生が怖いということを主治医の先生に一度ご相談されてはいかがでしょう。いらっしゃらないにしても、ひょっとしたら別の病院を紹介していただけるかもしれません。心の病気を治すには、主治医の先生、周りの方との信頼関係が大切だと思うのです。

参考になればよいのですが・・・

No.29 2004/08/17(Tue) 00:41

 
Re: これからについて… / 管理人

 病院での治療、受けられてよかったですね。
 でも、まだ薬の効果が現れていないのだと思います。もしかしたら、りんごさんに合う薬の量や組み合わせが、まだハッキリしないのかもしれません。経験者であるサリーさんの適切なアドバイスをご参照ください。

 また、このようなとき、学校をやめるなどの重要な判断はしないことです。お母様に怒られたとき、震えて泣いてしまったことも、心が疲れているときには、仕方のないことだと思います。

 今の医師が怖く感じるということでしたら、サリーさんのおっしゃるとおり、「女医さんに診てもらいたい」など、医師と相談してみましょう。学校をやめたいとか、宿題ができない、というような相談も、どんどんしてみましょう。もし宿題ができなくても、医師の診断書があれば、特に心配いらないと思います。

No.30 2004/08/17(Tue) 00:49

 
Re: これからについて… / りんご

みなさん、貴重な意見ありがとうございます。今度病院に行ったときに聞いてみます。まだまだわからないことがたくさんあるのですが、学校に行きたくないときは無理せず休んでもいいんですよね?私は夏休み中にオープンキャンパスに行かなければいけないのですが、何もやる気がない今は行く気がないのです。来年は保育士になるために絶対進学なのですが、私は保育士になる気は全くありません。先生にこの前、「子供の顔を見たら気持ちもよくなるでしょう」と言われました。完全に先生は私に保育士目指して頑張れと言ってるように感じます。ピアノや本の読み聞かせ、あまり好きではないことばかりをやっていてとても苦しいです。息が詰まります。なにもできないと思うとまた涙を流して終わっていくのです。今全てが怖いです。自由に何もせずに生きたいです。

No.33 2004/08/17(Tue) 09:43

 
Re: これからについて… / ジュジュ

あっ そうか りんごさんは 本当に好きなことをしていないことも 苦しい原因かもしれませんね

若いから まだまだ好きなことをしてみても良いのではないかと思います

ゆっくりと 今そのときどきの好きなことをしてみてください
社会のこうしなければならないとか 親のこう生きてほしいという事を除いてみてください

今寝たいと思ったら寝る テレビを見たいと思ったたらみる ボーっとしたいと思ったらじっとしてる
そんな感じで 自分のこころが本当によろこぶことをしてあげてみてください

No.34 2004/08/17(Tue) 15:59

 
Re: これからについて… / りんご

好きなことをしようと思っていても追い詰められている感じがして苦しんでいます。その度に過呼吸が何回かあってこのままでは死んでしまうのではないかとちょっと怖くなったときもありました。今本当にどうすればいいのか本当によくわかりません。助けてください。

No.36 2004/08/17(Tue) 18:09

 
Re: これからについて… / 管理人

 今は、将来についての不安など、いろいろなことで頭の中がいっぱいになっているのだと思います。ゆっくりと休んで、気分が落ち着いてくるのを待った方がいいでしょう。
 心が疲れているとき、学校を休むのは、仕方のないことです。このようなことも、医師と相談してみてください。適切なアドバイスをくれると思います。

No.40 2004/08/17(Tue) 23:34

 
Re: これからについて… / りんご

何回もすみません。私は男の人が怖いのですがそれはうつと関係があるのでしょうか?他に、勉強に集中できず、学校に行きたくないということが何度かあるのですが、それはただのわがままなのかなと思ったりしてよくわかりません。母親に私が寝ていると「寝ちゃだめ」と言われ、私がしたいことができません。それに、私は人間のことがあまり信用できず、一生そのままでいくのかなと思っています。どうすればいいか不安です。教えてください。
P.S kurtさんが言っていた本を今度読んでみます。母親が私の一番そばにいる人なので親子関係を見つめなおしたいです。

No.72 2004/08/22(Sun) 22:17

 
Re: これからについて… / 管理人

 異性に恐怖を感じる、人が信用できない、というのは、特に珍しいことではありません。うつの原因となる場合はありますが、うつだから恐怖症になる、人間不信になる、とは考えなくていいでしょう。
 集中できない、将来が不安、というような状態は、うつの症状の一つだと考えられます。
 いろいろな不安や心配、担当医としっかりと相談してみてください。医師にとって、治療を進める上でも、大切な情報となります。

No.74 2004/08/23(Mon) 00:20

 
Re: これからについて… / kurt

こんにちは、りんごさん。

早く読まれたほうがいいと思います。
近く書店になければ、注文するなり、大きな書店に行くなりして
早めに手に入れたほうがいいですね。
そして、スグに読んでください。

そのうち読めばいいやって考えではダメです。
明日にでも行動してください。

No.76 2004/08/23(Mon) 01:14

 
Re: これからについて… / りんご

みなさんアドバイス本当に本当にありがとうございます。医師と相談して見ます。本も注文したので読みます。また何かあるかもしれませんが、そのときまたおじゃまします。本当にありがとうごさいます。

No.83 2004/08/23(Mon) 15:17





過去ログ一覧(2) へ戻る


produced byYuki Tachibana