Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年10月10日〜



どうしたら良いのか・・ / イルカ

はじめまして、管理人様・掲示板の皆様。
こちらのHPに偶然たどり着きまして、管理人様のサイストリーを拝見させていただきました。
とても私にとって興味深いものです。
私は現在、鬱病を寛解(カンカイ)状態まで治療し、その後薬が怖くて約1年間薬なしで現在にいたっています。
現在の私は、毎日途方に暮れた状態で全く希望とか自信とか有りません、もしかすると心も失っているかも
知れません。
管理人様の「サイストリー」にて心の再構築が可能か、そこから新たな私が生まれるのか、マイナス思考の自分が
プラス思考の物事を解釈出来る様になるのかすごく興味があります。
申し訳ありませんが私の事を少し箇条書きにしてみます。
大阪府で生まれて、鹿児島で少年期を過ごし(7歳から16歳まで)10歳で母子家庭となりました。
高校は公立を受け合格しましたが行きませんでした。(経済的に無理でした。)その後、
大阪で就職し(16歳から27歳まで)転職3回し最後の会社は7年勤めました。
22歳の頃から沖縄に憧れを抱きはしめダイビングをする様になり一層思いを深くして
27歳に沖縄に移住しました。5年間、本島と離島で過ごし、文通で知り合った方と結婚する事になり
結婚と沖縄を天秤に掛けたら結婚を選びました、結婚のため沖縄を離れ神奈川に移り住みました。
神奈川に来て1年半で下半身が腰砕けの状態になり椎間板ヘルニアと診断され 数ヵ月後、脊柱管狭窄症と
診断が変わり、HTLV-1(HAM)の疑いも有りと、症状は確認出来るが病名不明(検体が確認判断できない)と
言われ、病院のはしごと病名探し。2年前にやっと仮面鬱と病名が診断されました。私は鬱病とは思いませんでした。肉体的症状だった為、精神的症状じゃないと(HAM)を疑いました。処方された薬も飲んでも改善しないので
飲んだり・飲まなかったりしまして、鬱の病状が急激に悪化、処方された薬を(1か月分)全てお酒と一気に飲み、自殺未遂、「これで死ぬ!と思ったら妻と子の事が心深くパパとの声か面影が。とっさに大量の水を飲み吐こうと
したが吐けず、119番へ電話をしていました。」3日間眠り続け約2ヶ月入院しました。退院後も薬を飲んだり
飲まなかったり、気分しだいで多く飲んだりしていまして薬の事は自分では制御できなくなり、又自分自身も
制御できなくなり、狂ったようになりまして数々の悪事をしました。もう自分でもどうしようもない状態で
自分がこれ以上制御できなくなったらどうしようもないと思い妻と泣きながら閉鎖病棟への入院を申し出まして
3ヶ月の入院で寛解までいたりましたが。退院と同時に離婚。一回目の入院から2回目の入院まで8ヶ月の間
薬の副作用で私の記憶には断片的にしか覚えていませんが、もう妻も廻りも大変だった様でした。
そんなこんなで、仕事も家庭も希望・夢・自信・心と失ってしまいました。
自分が鬱病と言う病気がどんな病気か知らず薬の事も医師からも薬剤師からも聴かず副作用も知らず
間違った飲み方をしたことで現在にいたりました。ですので、私の勝手な判断ですが「医師が病気について
薬についてインフォームドコンセント」を受けていたらこの様な最悪の状態までには至らなかったと思います。
その為、医師と薬物には非常に恐れと憎しみがあります。今でも西洋医学の対処療法には怖くて病院に行くのも
嫌ですが、現在の自分の状態を知りたく2箇所ほど受診しました、一方はまだ薬物療法が必要・もう一方は
もう薬は必要でなく心の方を取り戻したほうがと言われました。今年の8月に今の状態から少しでも前進できない
ものかと思い当時まだ自死を強く考える事しかできない様でしたが「内観療法の集中内観」をいたしました。
内観療法は人間が死ぬ間際に考えることらしいと聞き又、私も自殺未遂の時一瞬ですが考えた?想った?事で
妻・子に対しての悔いを抱いたのです。私は自分の心が知りたくて自分の心が垣間見れるのであればと思い
集中内観をいたしました、その結果自分がどれほど愛されていたかを知り得る事ができ少しですが自死の念を
緩やかにできたようです。ですが、また私は立ち止まったまま途方に暮れています。
どうやったら、希望・夢・自信・心を取り戻す事ができるのか
また、時々死を考えます、寝る前にこのまま永久に目覚めないでくれたらと思います。
死ぬ勇気も生きる勇気もありませんが、この場からなにか動かないとと思えるようになっています。
ですが気力がありません・・どうしたら良いのか たださ迷う日々です

No.384 2004/10/15(Fri) 22:55

 
Re: どうしたら良いのか・・ / 管理人

 はじめまして。
 本当にいろいろなことに苦しんできたんですね。
 薬に関しては、やはり医師の指示どおりに飲み続けないと、きちんとした効果は出にくいと思います。飲んだり飲まなかったり、大量服薬を繰り返したりすれば、どうしても、ひどい状態になってしまうと思います。

 サイストリーを実践するためには、ある程度の気力が必要です。気力を復活させるために、もっとも簡単で効果的なのは、医師の服薬指示を守った、きちんとした薬物療法だと思います。
 ただし、医師や薬が苦手だということでしたら、カウンセリングなどの心理療法を受けるという手もあります。サイストリーは一人で行いますが、カウンセリングなら、専門家の助けを受けることができます。こちらの方がずっと安全です(このへんは、サイストリー本文で詳しく説明してあります)。

 メールでの質問ですが、サイストリーは、内観療法も参考にしています。イメージに重点を置くか、言葉に重点を置くか、多少の違いはありますが、目指すものは同じです。
 それから森田療法ですが、こちらは、対人恐怖を中心とした神経症の治療法として発展してきたものです。基本的に入院治療となります。詳しくは、総合リンク集の「神経症・不安障害・人格障害」のページ( http://iyashi.find21.net/links/shinkeisho.html )や、森田療法の専門サイトでお調べください。

No.387 2004/10/16(Sat) 01:07

 
Re: どうしたら良いのか・・ / イルカ

ご返事ありがとうございます。
管理人様のサイストリーの実践には気力が必要なのは理解できます精神力みたいなものが必要なのですね

ただ、その気力・精神力を西洋医学の対処療法による薬付け治療に私はどうしても恐れを抱き医師の
技量もまちまちで何を信じ信頼したら良いかが判りません、信じられないのです。
ですので、医者嫌い薬嫌いです。カウンセリングも受けようとしましたが、その時、
「あなたが自身を知れば知るほどどん底まで落ちますよ、知らないほうが保身のためですよ」
と言われました。その言葉には私を救い出そうと言う意図を伺えませんでした。
一番苦しいと思っている時にまだこれ以上落ちる底が在るのかと思うと恐怖を通り越し考えられない状態です。

>  サイストリーを実践するためには、ある程度の気力が必要です。気力を復活させるために、
> もっとも簡単で効果的なのは、医師の服薬指示を守った、きちんとした薬物療法だと思います。
>  ただし、医師や薬が苦手だということでしたら、カウンセリングなどの心理療法を受けるという手もあります。


管理人様が言われる事は十分理解できますが、まず医者嫌い・薬嫌いの思考をなんとかしまければなりません
そうしないと、信頼し治療を受け完治しようと言う気力も意欲も出てこないと思ったのです。
そう思ったことでさえ一歩前進なのですが、医者・薬に対する意識改革が必要だと思ったのです
そこで管理人様のサイストリーにて、今もっている思考を新たな思考に再構築しなければと思っています。

ある本に、言葉が多いほどその解釈の器も増えると書いてあったような・・

解釈を変えると物の見方が変わる考え方が変わる
自分の物の見方が生まれると新しい自分が生まれる
新しい自分が生まれると真実の自分を築ける
真実の自分を築けると今までの拘りが変わる
拘りが変わると新しい世界が生まれる
新しい世界が生まれると自由になれる
自由になれると視野が広がる
視野が広がると物事が良く見える
物事が良く見えるから意識する
意識するから物事を捉える
物事を捉えるから・・・・

あぁー
またどうどう巡りだ・・

No.390 2004/10/16(Sat) 10:50

 
Re: どうしたら良いのか・・ / 管理人

 書き込みの内容から察するに、焦りの気持ちがとても強く出ていると思います。堂々巡りとおっしゃっている思考の流れ、とても論理的ですし、おかしいものではありません。
 ただ、結論が出ているのに、一歩が踏み出せない、と言うような感じがします。この一歩を踏み出すエネルギーが、気力とか精神力というものだと思います。

 まずは焦らずに、とりあえず何かを始めてみて、それをゆっくりのんびり行うことで、本当に少しずつですが、回復に向かうような気がします。
 サイストリーは、過去に戻って記述を続けていきますが、カウンセリングを受けようとしたときに言われた言葉のとおり、あまりにもつらい過去の記述が続いた場合、疲れきってうつ状態が再燃するかもしれません。

 まずは、その日の出来事を簡単に記す日記から始めてみたらいかがでしょう。それがある程度の期間続けられたら、少しずつ過去に戻るようにする方が、安全だと思います。

No.394 2004/10/17(Sun) 01:17

 
Re: どうしたら良いのか・・ / イルカ

管理人様 有難うございます。
私も管理人様のご指摘が妥当だと思います。
ですが、自信が無いので何事にも踏み出そうにも踏み出せないのです。
先日、短期間のアルバイトの面接を受け何時いつから来てくださいと言われました。
その日までの数日間とっても苦しく期日が付かづくにすれ苦しさも増えまして、
とうとう、脱毛までに至ってしまいました、手ぐしをすると数十本数百本と簡単に
抜けてしまいました、相当ストレスになったのでしょう、そのストレスから逃れる
為には、アルバイトの辞退しか方法が浮かびませんでした、、そして辞退をしました
「ヘルニアになってしまいまして残念ですか申し訳ありませんが今回の件辞退いたします」
その事を伝えると安堵しました、翌日には抜け毛の数も極端に少なくなり、やっぱりと
ストレスを実感したしだいです。ですが嘘を付いた自分が嫌になりました、また嘘の上塗りを
してしまいそうで怖くなりました。
まだ事を起こすには早すぎるのか・・だったら何からは始めればよいのかと悩みました。
前回の2件の受診した医師にも伝えましたが、回答は薬物療法か心をとりもどしなさいです。
では、心を取り戻すとは、なんぞや?と思いまして、それは過去の行いを受け止めて新たに
自分を作る?自分を信じる?事かなと思いました、では信じるとは、経験です経験から
自信がもてるはずと思いました。ですが、その経験を私は今恐れています。
先ほどのアルバイトの時と同じ状態になるのではと・・・。
ですので無闇には動けないのです、すごく辛いです。
>まずは焦らずに、とりあえず何かを始めてみて、それをゆっくりのんびり行うことで、
>本当に少しずつですが、回復に向かうような気がします。
確かにそのとおりかもしれません、ただ、今のような無気力な状態ではと思うばかりで
今実家に身を寄せていて何のお返しもできない非生産性の無い人間です。
この頃話題になっている「NEET」(ニート)化しているのではと思い出しまして・・
とても辛いです。

親のすねをかじって寄生するNEET・区別が付きません・・・
病気なのか単なる堕落なのか、今の自分では判断できません。

>まずは、その日の出来事を簡単に記す日記から始めてみたらいかがでしょう。
>それがある程度の期間続けられたら、少しずつ過去に戻るようにする方が、
>安全だと思います。
ハイ、私の今できることはその位です。

毎日、(今日まで1週間さぼっていましたが)日常内観をしています。8月から
特定の人物に対し、期間を決め「してもらったこと」・「して返したこと」・
「迷惑をかけたこと」の3つに対し毎朝思い出し書面に記しております。
この作業も(調書)も管理人さんのサイストリーの一部の振り返り記述に似ています。
今、私は、自分が過去にとれだけ多くの方から愛され、迷惑をお掛けしたかを少しずつ
ですが、得ています。この作業(調書)も少しは自己確認をいます。
これから、この作業と平行しパソコンへ日記を付けてみようと思っています。
できれば、本音をありのまま書きたいですが不思議と言葉を選んでしまいます。
不思議ですね、言葉って本当に大切で、それが活字になり目で確認したら
その文字の意味合いまで気になります。単語意味、漢字の成り立ち、言葉の意味。
また、活字にすると方言やイントネーション等が除外され読む人の感情で易化にも
言葉は代わり受け止めてしまわれます、難しいですね ことばって。

また、長い文章になりすみません。
自分の居場所が無いものですから つい 長々と書いてしまいます。

他の皆様にはご迷惑でしょうか。申し訳ありません。 

No.397 2004/10/17(Sun) 13:31

 
Re: どうしたら良いのか・・ / 管理人

 いるかさんは、きっと、小さいときから、とにかく何かやって突っ走って、さまざまな不運などに翻弄され、それでも突っ走って、ずっとここまで来たのだと思います。
 そうして、さまざまな無理がまず難病の症状として出て、自由がきかなくなって、病気のハッキリとした原因もわからないで、やっと仮面うつ病としての身体症状だとわかった、と言うことですね。
 その後も、医師や現代医療がどうしても合わず、うつ症状が抜けず、円形脱毛症などの身体症状まで出てきて、現在に至っていると言うことなのでしょう。

 簡単に言えば、心も体も疲れきっている状態だと考えていいと思います。現在は、ご両親の元で、休まれているわけですが、ご自身のまともな社会生活ができないという状態が、また苦しみにつながってしまうのですね。

 多くの人の人生には、うまく活動できる時期、つらさや苦しみが重なってしまう時期、そして、ゆっくりと休むべき時期があると思います。
 イルカさんは今、ゆっくりと休むべき時期なのだと思います。幸いご両親のもとで休める環境があるのですから、まずは思い切り休んでください。人生は長いのですから、そのような時期がしばらく続いても、どうってことはありません。

 人生の休憩、その時期、実は次の人生が見えないところで少しずつ始まっているんですね。でも、それは時期が来ないと、どのような形で現れてくるのかわかりません。
 もちろん不安や焦りが強くなってしまうと思いますが、そこをぐっとこらえて、じっくりと休み、どっしりと腰を据えることで、これまでのご自身の人生を振り返りながら、少しずつですが、未来が見えてくることと思います。
 もっとも大切なことは、決して焦らないことですね。

No.402 2004/10/18(Mon) 00:02

 
Re: どうしたら良いのか・・ / イルカ

管理人様、毎回有難うございます。
お忙しいのに申し訳ありません、ですが大変嬉しいです。
焦らない事、とても難しいですね、日々が経過するたび
また今日も・また今日も、もう何年と思ってしまいます。

No.406 2004/10/18(Mon) 08:51





(No Subject) / ジュジュ

今 わたしは くるしいです
だれかにレスをつけれられるときはまだましなときです

実はわたしはなんでももっています
いるものも いらないものも
親も兄弟も旦那も子供もお金も普通の体も友達も

こんなわたしがしんどく思う事 自分でも不思議な気がします
人からも 何の不足もないのにと今の表面の状態をみて言われます

でも くるしい 生きているのがくるしい
だれにふまんなのか なににつらさをかんじているのか わからないのです
寝ていてもおきていてもつらい

ぜいたくといわれるのはわかっています

なにもできない
したいことであるはずのことも こころにロックがかかったようでできない

人の前では冗談を言ったり笑みを絶やさない他人のわたしがいる
でも すこしでも一人になれると 自分のわたしにもどる

小さい頃の親の虐待や結婚してからの義兄弟義父母からの虐待旦那からの虐待
もう昔のことだから 今また持ち出したくない
ちゃんと冷静に整理しないとと思っても
親や身内をわるくいうことが嫌だ
そんな自分が嫌だ
人に罵声をあびせられるほうが 気が楽だ

こんなひと息ひと息が辛い状態が急に襲ってくる
予期できない なにに傷ついたのかもわからない

No.398 2004/10/17(Sun) 14:10

 
Re: (No Subject) / イルカ

こんにちは。はじめまして。 ジュジュさん
イルカと申します。

辛そうですね、苦しいんですね。

>実はわたしはなんでももっています
>いるものも いらないものも

そうですか、いろいろお持ちなのですね。
さぞ重い時もあるでしょう・・・
身動きが取れないときもあるのでしょうね
周りになんか壁がありそうですね壁には無数の目が付いていそうですね。
その中では、心を開く事ができないのですね。
心が窮屈なのでしょうか・・・

ですが、パソコンの画面上にはバーチャルな世界がありますよ
あなたの声ではないけど活字が浮かび出ますよ
その事で、そこに集まる方があなたの書いた文字を読み心情を擦しよう
と思われる方もいますよ。

私もつい最近この掲示板に来た者ですが、不思議なのですが自分の事は自分ではわかりません
判断できません、だけど なぜか 他の人だとほんの少しだろうけど察することができそうです。

幸いこの掲示板には、荒らしや蔑視等がありません、みなさん同じような思いを抱かれている
方なんだと思います。

たぶん他の皆様も、どの様な大きさか形かわ判りませんが、「愛」があるのだと思います。
いろんな「愛」があるかと思いますが、ここに書かれた事に対しては、ちゃんと「愛」で
答えていただいていると思います。
少なくても私は、この掲示板を拝見しそう思えました。このバーチャル名世界でも
誰かわからないけど、心配し愛してももらえるだなと思いました。

苦しい時はくるしい事を書いてみんなに解って頂きましよう(分かち合いましょう)
その中からなにか少しでも安らぎがあるのであれば。
ことばの力でこの場をしのぎましょう。

ごめんなさいね、慰めにもなにもなりませんが
私は、書かれた活字をちゃんとみていますよ。
おせっかいだったら ごめんなさい。

No.399 2004/10/17(Sun) 15:51

 
Re: (No Subject) / ジュジュ

> 辛そうですね、苦しいんですね。
>
> >実はわたしはなんでももっています
> >いるものも いらないものも
>
> そうですか、いろいろお持ちなのですね。
> さぞ重い時もあるでしょう・・・
> 身動きが取れないときもあるのでしょうね
> 周りになんか壁がありそうですね壁には無数の目が付いていそうですね。
> その中では、心を開く事ができないのですね。
> 心が窮屈なのでしょうか・・・


イルカさん ほんとうにありがとうございます
「贅沢な悩み 悩むことがないからそんなことで悩むんでしょ」というレスが付くかと思っていました
自分でも なにを怠けたり落ち込んだりしてるんだろうと情けなくなります
イルカさんの 「さぞ重い時もあるでしょう」という言葉 思わずほろっとしてしまいました

いつもは レスをする方でした
やっと 自分の気持ちを書いてみようと思えるようになってきました

小さい時にこころに開いた穴は ちょとやそっとで埋まることはないのだと思えてきました

ずっと その穴を埋めることに人生をさいてきたように思います

勉強を頑張ったり 家事を頑張ったり 人付き合いをがんばったり
なんでも引き受けてしまったり 出来ないといえなかったり まわりを喜ばせようと頑張ったり・・・

でも もういいっか と思うたびに
こころの中の穴が目に付くのです
 
> 幸いこの掲示板には、荒らしや蔑視等がありません、みなさん同じような思いを抱かれている
> 方なんだと思います。
>
> たぶん他の皆様も、どの様な大きさか形かわ判りませんが、「愛」があるのだと思います。
> いろんな「愛」があるかと思いますが、ここに書かれた事に対しては、ちゃんと「愛」で
> 答えていただいていると思います。
> 少なくても私は、この掲示板を拝見しそう思えました。


そうですよね 
管理人様はじめスプーさんやみなさんは本当にあたたかいです
信頼の出来る 安心を約束されている掲示板です

イルカさん ありがとうございました

No.400 2004/10/17(Sun) 18:37

 
Re: (No Subject) / 管理人

 ジュジュさんへ
 今現在、ほかの人からみると恵まれている、でも心の空洞が埋まらない、このような状態、とてもつらいことと思います。
 おっしゃるとおり、幼少期にできあがるべき心の一部ができあがらずに欠けてしまうと、ある程度の幸運が重ならない限り、その心ができあがることはないんですね。

 ジュジュさんは、その後の人生でも、難しい人間関係のなかに放り込まれて、ここまで頑張ってこられたのですから、とてもすごいことだと思います。
 幼少期からずっと空いていた、そして、ずっと埋めようとしていた心の空洞そのものは埋まらないかもしれません。でも、今までの人生のなかで、その空洞以上のものを身につけているように見受けられます。

 それが、この掲示板での、いろいろな人へのレスに現れていると思います。遠慮がちでありながら、しっかりと人生の哲理を説いたレス、いつも感心させられます。今まで、たくさんの人が助けられていることでしょう。
 そして、このようなジュジュさんの愛情の発露が、いつしか、ジュジュさんご自身の心の空洞を埋めていくように思います。

 イルカさんへ
 そうですね。たくさんのつらさや苦しみのなかで生きてきた人というのは、ほかの人のつらさや苦しみが、心の底から共感できるので、とてもよくわかると思います。
 もしよろしければ、疲れが激しくないときには、これからも、イルカさんの共感し、理解する力、発揮してみたらいかがでしょう。このようなことが、少しずつでも、新しい人生の構築に結びついていくように思います。

No.403 2004/10/18(Mon) 00:24

 
Re: (No Subject) / イルカ

おはようございます。
ジュジュさん、今日の気持ちはいかがですか?
昨日私が書いた言葉が少しでも何かの思いになられなら
私にとってもとても嬉しいことです。

今日からまた、月曜日、普通の一般の方はお仕事ですね。
私は、家でまた自問の日々が始まります。
ジュジュさんには、土日祝祭日などないですよね。
妻って本当に毎日毎日色々な事をこなして家庭をきりもみ
していますよね、その事を知らない旦那連中は・・・
私もその旦那連中の一人だったのでしょう。
秋も深まり、月曜日、台風の影響等少々めいります。

ではまたね。(なれなれしいすぎますかね ゴメンナサイ)

管理人様有難うございます。私に出来そうな事でしたら、
お役にたてるのでしたら、深入りはできませんが・・・
ありがとうございます。

No.405 2004/10/18(Mon) 08:47


(No Subject) / 太極

このサイトに書いてあることを読むにつれ
私の心はかなり疲弊しているということに気付きました。
気まぐれコラムの
「関わると大変な演技性人格障害」
が、大変気になります。
私が言うのも変ですが、詳しく知りたいです。

No.401 2004/10/17(Sun) 19:37

 
Re: (No Subject) / 管理人

 はじめまして。
 心の疲れが自覚できたと言うことなのですね。現在は多くの人が無自覚な状態だと思います。
 コラムの方、申し訳ありませんが、公開はもう少し(かなり)あとになってしまうかもしれません。
 現在多忙を極めていると言うこともありますが、「うつ病との闘い方」、非常にたくさんの人にご来訪いただいています。まずはこちらの内容を、もう少し充実させたいと考えています。
 懲りずにまたいらしてくださいね。

No.404 2004/10/18(Mon) 00:33


何? / イルカ

心が無いから想いが湧かない
想いが湧かないから気力が出ない
気力が無いから夢がもてない
夢がもてないから創造がない
創造が無いから意思が無い
意思が無いから活力が生ませない
活力が生まれないから行動に移せない
行動に移せないから結果が出ない
結果を出せないから自信がもてない
自信がもてないから信じるものが無い
信じるものが無いから前に進めない
前に進めないから先が見えない
先が見えないから・・・・

なんか堂々巡りのいい訳みたい

心って何?
気力って何?
自信って何?
生きるって何故?

No.389 2004/10/16(Sat) 09:56


妹のその後 / サエ

管理人様、みなさま、こんにちは。
妹のことで、いつもお世話になっているサエと申します。

この一年半のあいだ、妹は、様々な辛い経験をしました。
夫の身勝手(不倫や別居など)、長女の不登校、自身の入院(鬱病が重くなる)、父親の無関心などなど。。

ですが、少しずつ回復し、最近では外出するのが楽しいと思えるまでになりました。
喋る内容も、以前の健康なときの妹と、ほぼかわらない状態になっています。
まだ自ら仕事を探すところまではいっていませんが
夫のほうから最低限の生活費・養育費は送られてきているようです。

もちろん再発・再燃の心配がないわけではないけれど
これで一区切りついたように思います。
鬱病という病気の経過は、素人には難しいですね。
一時は、人格まで変わってしまったかと諦めかけましたが
やはり「うつ」という病気が、そうさせていただけなのでした。
姉である私は、このサイトに、本当に助けられました。
ありがとうございました。

みなさんも、お辛いことが多々あると思います。
私に、何かできるわけではないけれど、
心の片隅で、いつも応援しています。

No.380 2004/10/14(Thu) 15:17

 
Re: 妹のその後 / 管理人

 よかったですね。妹さんが、元の状態に戻られて。
 長期にわたって、いろいろなストレスが蓄積され続けると、うつ病の治療を受けていても、そのストレスが消化されるまで、ふつうの思考ができなくなってしまうものです。
 妹さんの場合も、きっとそのような状態が続いていたのでしょう。

 これからは、ふつうのコミュニケーションが可能だと思います。無理をしすぎないように気をつけて、のんびり生活することを心がければ、きっといい状態が維持できると思います。

No.386 2004/10/16(Sat) 00:28


改めまして。 / 秋桜

皆様、いろいろとありがとうございました。
長くなりましたので、改めて書かせて頂きますね。

セレンディビティさん、そこまで鈍感にならなくても、私達は少しだけ鈍感になれば、丁度いい人になれるのかもしれません。
過敏な所は私達を助けてくれる事もあると想います。でもちょっと鈍感になって、というより寛容になって・・・の方がいいかな?の方が楽に生きていけるかもしれません。

ジュジュさん、残念ながら、生きていて良かったと想う事は無いのです。
でも、産まれてこなければ良かったとは想いません。せっかく父と母が生み出してくれて、慈しんでくれた命ですから・・・。
ジュジュさんも辛い思いをされたみたいですが、生きてこられた事は立派な事だったのだと想います。(いい言葉がみつかりませんが。)
私が生きていて良かったというか、今、生きていて、意味が有ると思える事は、母と子供の世話ができるという事です。
役にはたっているみたいですので、それで私は生きている事に悔いは感じません。

重なりますが、皆様、いろいろとありがとうございました。
お騒がせして、申し訳ありませんでした。

No.379 2004/10/14(Thu) 02:51





おかしな考え方を直して下さい。 / 秋桜

今日、ニュースで自殺サイトで知り合った人達が自殺した事件で、自殺ほう助の罪について話されていました。
決して自殺サイトを肯定するわけではなく、以前なら自殺なんて絶対にするべきではないと想っていたのですが、死にたい人が死んで、何故悪いの?と想ってしまったのです。
そう想ってしまうようになっている自分に驚いています。
今の私は、毎日楽しい事もなく、嫌な事ばかりで、生きて行く事が辛いのです。でも、子供達のために、死んではいけないと毎日を頑張っています。
だから死にたいと想う人の気持ちが良く解り、死ねたらどんなに楽かと想うのです。
自殺などしてはいけないと、世間では頭ごなしに言われますが、生きていても好い事もなく、将来の明るい見通しもなく、生きていて辛いだけの人が何故死んではいけないのでしょうか?
わからなくなってしまいました。
命を大切に・・・とか、そのうち好い事がある・・・なんて何の保証もなく、頑張って生きていても、結局嫌な事、苦しみの積み重ねに終わってしまっても、その人にとって生きていた方がいいと言えるのでしょうか。
生きていれば好い事があると言える人は、本当に、生きているのが辛いという想いを味わっていないから、そういう事が言えるのだと想うのです。
私の考え方の、どこがおかしいでしょうか。
私は私の考え方を認めてもらいたいのではなく、自分でも、どこかおかしいと想いますので、助言を頂きたいと想い、書かせていただきました。宜しくお願いします。

No.360 2004/10/12(Tue) 19:07

 
どこもおかしくないと思いますが / セレンディピティ

秋桜さん、はじめまして。

私は秋桜さんの書かれていること、どこもおかしくないと思う人間です。実際、自殺願望ありますし、精神科の先生に真正面から秋桜さんの書かれている通りのこと、質問したことがあります。返ってきた答えはこうでした。
「あなたが自殺したら、家族や友達や周りの人たちに与える衝撃は、計り知れないものがあるんですよ」
なんだ、結局他の人のために私に我慢しろということか、と、虚しかったです。
自殺ほう助は罪になるけど、自殺しようとしている人を止めないことは罪にはならないそうです。だから私がもし、今しも崖から海に飛び込もうとしている人を見かけたとしたら、「辛かったんだね。これで完璧に終わりにできるといいね」と、祈ってあげるだけです。中途半端に助かってしまうのが一番辛いですからね。

ご自分でご自分の考えをおかしいと思うなら、まだ今の日常生活に希望があるということなのでは? 私は全くおかしいとは思わなかったので、何の助言にもならないレスですが、書かせていただきました。

No.361 2004/10/12(Tue) 20:20

 
Re: おかしな考え方を直して下さい。 / 秋桜

あぁ、やっぱり同じ考え方の方、いらっしゃるんですね。

>「あなたが自殺したら、家族や友達や周りの人たちに与える衝撃は、計り知れないものがあるんですよ」

これは、とても良く解ります。これがあるから、私も死にたくても絶対に死ぬ事はしません。衝撃だけではなく、世間的に後々、世間体等で迷惑をかけてしまう事も解っているからです。

それと同時にやはり私も

>なんだ、結局他の人のために私に我慢しろということか、と、虚しかったです。

こう想っています。私以外の人に迷惑をかけないようにと、そのためにだけ、生きています。
ですから、私が天涯孤独だったら、生きる気持ちは無くしてしまっているでしょうね。

セレンディビティさん、ありがとうございました。

No.362 2004/10/12(Tue) 21:08

 
追記 / 秋桜

セレンディビティさん、お返事を読んでから、下の書き込みを読ませて頂きました。
お辛い経験をされていたんですね。
私も、似た所があります。

人の言葉や、その他もろもろのものに、人より過敏な所があり、自分がもっと鈍感であれば、楽だったろうなと想います。
また、人のいい加減な対応や、理不尽な所には、やはり腹がたってしまいます。こんな自分が悲しくなります。
自分ももっといい加減だったらなあ・・・と想います。

セレンディビティさんが、せっかく書いて下さいましたが、日常生活に希望はないんです。ただ迷惑をかけたくない・・・それだけです。
自分で治すしかない・・・この言葉って辛いですよね。それが出来ないから、いろんな人の助けを求めて居るんですものね。

でも、こんな私でも、たった一つ、心が楽になる時があります。
それは、他人に親切にした時です。
たいした事ではありません、御老人に席を譲ってあげたり、車で前に割り込みをさせてあげたり(無理にされると、嫌ですが)、です。
自然にやった事ですが、私の心にまだこんな暖かい感情が残っていたのだ・と、いい気持ちになれました。
生きていて、いい事はそれくらいです。でも無いよりいいですね。
セレンディビティさんにも、いいなって思えることがあるといいですね。

No.363 2004/10/12(Tue) 21:33

 
Re: おかしな考え方を直して下さい。 / ゆみ

 秋桜さん、はじめまして。
私も夕刊を読んで色々考えました。
考え方は人それぞれだし、また、人それぞれで良いのだとも思っています。
だから、何をもっておかしい考え方、おかしくない考え方かというのかはわからないし、私は医学や他、専門的な知識とかは全くないのですが・・・
ただ私が思ったことは、人は自ら命を絶ったとしても、その人の中では何も終わりにすることが出来ないのではないかしらということでした。
 物質的な肉体的な生命はなくす事が出来ても、思いや精神や心 スピリット(上手く表現できないのですが^^;)は無きものに出来るのかなぁ〜と思うのです。
生きている間、死を考えるほどに真剣に悩み苦しみ乗り越えようと葛藤し頑張ってきた心という存在は、肉体の一部と同じようなものなのだろうか・・・? 胃や腸や心臓や脳や・・・そういう臓器のように肉体の一部として心も存在しているのでしょうか?もし、そうだったら・・・、心も臓器と同じように肉体と一緒に無くなるかも知れません。
 でも、もし、心が肉体に宿っている存在だとしたらどうなのでしょう・・・肉体を自分で終わりに出来ても心も無きものに出来るのでしょうか?
仮に一生良い事がなかったとしても、心というかスピリットに寿命がくるまで生き抜いた、こんなに苦しくても葛藤しても全うしたという…完走したんだ!という結果 成果が生きた証に残ります。
が、自分で命を断ってしまったときはどうなのだろう?肉体を失った後、心は何も終わらせることが出来ないのではないでしょうか?
もしかしたら、永遠にその事を背負い続けなくてはいけないかもしれません。
 心を持って生きているという事に意味を持ちたいなぁ〜と思いました。

 何かとても的外れなことを書いていたら、ごめんなさい。
それから、秋桜さんが>でも、子供達のために、死んではいけないと毎日を頑張っています・・・。と書かれていたのを読んで、秋桜さんのお子さんへの愛情を強く感じました。秋桜さんが持っていらっしゃる愛情です。

No.364 2004/10/12(Tue) 21:46

 
Re: おかしな考え方を直して下さい。 / ジュジュ

おかしいとは 思わない
今も同じようなニュースが流れていた

死ぬことと生きることと壁はない
ただ 「わたし」がいるだけである
死んでも生きていても 「わたし」をなくすことも認識することも出来る

「わたし」以外のものがあるというのは 幻想かもしれない

わたしも 生きづらい
自分を無くしたいと何度も思う
でも ひとが自死をしようとしているのを見たら止めるだろう
自分が自死することもためらうだろう

限りなく死に近づくことはあっても そこで留まるだろう

それは 人のためではない

「わたし」しか存在しない世界で人の為というのは違うだろう

対象物は全て自分の認識によって意味づけられていくだけ

なぜ生きるのかと小さい時から考えずに居れなかったけれど
今だに 考え続けれいるけれど
死と言われる状態になるまで考え続けるだろうけど

わたしはタニシの集団自殺を見た事がある
めだかの水槽に大量のタニシが発生したのだ
ある日大きいタニシではなく 
生まれたばかりの無数のタニシが水槽の外に向かって黙々と進んでいた
水槽の外に行けば生きてはいけない
見事な種の保存である

種の保存と言う事から言えば
先進国の一人は地球の物を多く使用するため数が少ない方がいいのかもしれない
しかし 地球といえども自分の延長でしかない
だから いたわりたい

たぶん 人の生に対しても自分の延長であるから 止めたいと思うのかもしれない

生きているのが楽しくなければならない
生きているというのはこういうものである というものは ない

ただ「わたし」がある 今ここに在るだけ

No.365 2004/10/12(Tue) 21:49

 
ゆみさんへ。 / 秋桜

ゆみさん、御意見を聞かせて頂いて、ありがとうございます。今の私には、考える事が必要なので、助かります。
すみませんが、お聞きしてもいいですか?

肉体が無くなり、心が残って、全うした成果を感じるのは、自分の心という事ですか?
それは、たとえ死んでも、自分の心は生きていて、それを感じ続ける事になるという事なのですか?
それなら、確かに挫折してしまった自分の心を背負っているのは辛いかもしれません。
実際には、無い事だとは、想いますが、そう想って頑張って生きて行こうと想っていらっしゃるのかな。

でも実際にはやはり、全うしたとか、挫折したとか考えるのは、生きている他人なのですよね。

ここからは余談です。

集団自殺のニュースをまた見ましたが、以前なら、「かわいそう、大切な命、死に急ぐ事はないのに・・・」
と想っていましたが、何故か
「死にたくなる程、辛い事をかかえていたんだなあ」
と想い、涙が出てきました。
これはきっと、私がいろんな事で悩み、いろんなサイトを見て、あまりにも多くの人が、辛い事で悩んでいらっしゃるのを知ったからだと想います。
集団自殺を責めるのではなく、そういう人達が生きていきやすくなるような社会を考えていく社会になればいいなと想います。

集団自殺する背景を考えるより、死にたいと想わせてしまう事自体に重きを置いて、考えていって欲しいと想います。

若い人が安易な気持ちで亡くなって欲しくないと、切に想いました。

No.366 2004/10/12(Tue) 22:20

 
Re: おかしな考え方を直して下さい。 / ジュジュ


> 集団自殺のニュースをまた見ましたが、以前なら、「かわいそう、大切な命、死に急ぐ事はないのに・・・」
> と想っていましたが、何故か
> 「死にたくなる程、辛い事をかかえていたんだなあ」
> と想い、涙が出てきました。
> これはきっと、私がいろんな事で悩み、いろんなサイトを見て、あまりにも多くの人が、辛い事で悩んでいらっしゃるのを知ったからだと想います。
> 集団自殺を責めるのではなく、そういう人達が生きていきやすくなるような社会を考えていく社会になればいいなと想います。
>
> 集団自殺する背景を考えるより、死にたいと想わせてしまう事自体に重きを置いて、考えていって欲しいと想います。
>
> 若い人が安易な気持ちで亡くなって欲しくないと、切に想いました。


わたしもつくづくそう思います
それと 犯罪を犯す人に対しても
取り締まって 捕まえて 刑に処すということだけでなく
その人がそういう行為を起こしたこころを癒せることが出来ればと思います

うつ病になって わたしも人の気持ちというものは分らないということがつくづくと分りました
その人が辛ければ辛いんだ
その人が嫌だったら嫌なんだ
その人が悲しければ悲しいんだ
その人が腹が立つなら腹が立つんだ

こころの持ちようがわるいとか
努力しろとか
頑張れとか
自分を悲劇の主人公にしてる 
というような見方をしてほしくない と思います

それから ゆみさんではないですが
人は何回も生まれ変わる
体は死んでも 魂は残る という話はたくさんありますよ

「前世療法」ワイス博士著や
エリザベス・キュプラー・ロス博士の本
レイモンド・ムーディー博士の臨死体験の本
それから 「前世を語る子供達」(著者は忘れましたが)
なんかを読まれると 見方が大きく変るかもしれませんよ

No.368 2004/10/13(Wed) 00:27

 
Re: おかしな考え方を直して下さい。 / 秋桜

ジュジュさん、お返事ありがとうございました。

最初の書き込み、一生懸命読ませて頂きました。
でも、今の私にはちょっと難しいかも。

というのも、始めて自殺した人の気持ちが解ってしまった自分に驚いて、狼狽してしまっているので、平常心では無いからだと想うのです。
また落ち着いたら、改めて読ませて頂きますね。

そして、二回目のアドバイス、ありがとうございます。
でも残念ながら、私は理科系の頭の人間で、非科学的な考えは理解できないのです。
でも、せっかく助言して頂いたので、トライしてみますね。

いろいろ、ありがとうございました。

No.369 2004/10/13(Wed) 00:48

 
Re: おかしな考え方を直して下さい。 / ゆみ

>肉体が無くなり、心が残って、全うした成果を感じるのは、自分の心という事ですか?
 
 はいそうです^^。私が思ったのは、自分自身の心です。
生きているのは自分自身ですから・・・。
ジュジュさんの言葉を借りると魂…みたいなものです。
自分自身を感じるのは他人ではありません。自分自身を生きているのも他人ではありません。
自分自身を評価(あまり好きな表現ではありませんが)するのも、自分自身に納得するのも自分です。
生きているのは「自分」「私」「己」ということです。

>でも実際にはやはり、全うしたとか、挫折したとか考えるのは、生きている他人なのですよね。

違います。自分自身です。
己の人生を本当に振り返る事が出来るのは自分です。
他人ではありません。自分の生き方を背負うのも自分です。他人ではありません。
何よりも今生きているのは自分自身です。「私」「己」です。
生きている証も実感も他人が感じるものではありません。
秋桜さんが、「自分」「己」が生きていることを感じるのは自分なのですよ。

 死にたいと思う人の気持ちがわかるほど辛い思いをしている秋桜さんが、今生き続けているからこそ さらに一歩進んでNO.366後半のように感じたり考えたりする事が出来るのではないでしょうか?
こうやって辛い思いは、嬉しくないけれど人の心(魂?)を大きくしてくれるきっかけになりませんか?それだけ 同じ辛い人の気持ちを感じる事ができる自分を育ててくれていませんか?
その時死んでしまっていたら 今の秋桜さんはありません。
大人になっても、生き続けるという事は成長し続けることなのかもしれませんね。

 >始めて自殺した人の気持ちが解ってしまった自分に驚いて…

それから、自殺したいと思う人の気持ちがわかるようになったとしても、自殺してしまった人の気持ちは解らないです。
「あぁ〜、よかった〜。」と思っているのでしょうか?
それとも後悔しているのでしょうか?
今生きている人には 行き続ける事でしかその答えにたどり着けないような気がします。
なぜなら、生きている人には生きている事が意味深いことだから・・・と私は思うのですが・・・^^;
死んでしまってから戻ってくる事は出来ないのですから・・・

私も 目の前にいたら 止めると思います。

No.371 2004/10/13(Wed) 07:16

 
(No Subject) / 秋桜

ありがとうございます。

私は、命がなくなれば、心もなくなると想っています。

>でも実際にはやはり、全うしたとか、挫折したとか考えるのは、生きている他人なのですよね。

ですから、死んでしまった後、こう考えるのは、やはり他人なんです。

死んでしまった後の人の心は確かに解りません。特に私は、存在しないと考えていますので、死ぬ直前の心しか想像する事はできません。
もしかしたら、「よかった、これで苦しみから逃れられる」と想っていらっしゃったかもしれません。(逆に、そう想わないと自殺という行為に及ばないとも想います。)

目の前に自殺しようとしている人がいたら、私もとめると想います。
でも、その後その人が、「生きていてよかった」と思えるようになるのかどうか・・・というより、私がそう想わせてあげられるように、その人の人生にかかわって、そうさせてあげる自信はありません。
苦しみのうわぬりをさせてしまう事になるかもしれないのです。

ですから、その人が、どんなに苦しくても、生きていてよかったと思える・・・そんな確信が欲しいと想うのです。

No.372 2004/10/13(Wed) 09:03

 
Re: おかしな考え方を直して下さい。 / セレンディピティ

こんばんは。No.363へのレスになりますが・・・。

私も自分が鈍感な人間だったらこんなに苦しまずに済んだのに、と思うことはあります。でも、そういう人間になりたい、と思ったことはありません。だって、そういう人たちの鈍感さって、私たちのような過敏な人のみならず、普通の人の心さえメッタ刺しにすることがあるんですよ。その人の人格・存在そのものが人を殺すことが、あるんです。
他人を殺めてまで楽になって、その後の人生幸せだろうか?
まあ、鈍感な人はそんなこと考えもしないのでしょうけれど。

No.377 2004/10/13(Wed) 23:10


板をかえます / ジュジュ

秋桜さんにとって 生きていてよかったと思えることは何ですか

確かに自殺した人にとっては
その時点では死んでこの苦しみから脱したい と後ろを振り向く余裕もないぐらいの重荷をこころに負っています
だから 自死した人を責める理由などありません
その人がその人の人生が耐えれなかったから 追われるようにまっしぐらに行ってしまったのだと思います

自死の問題は一言では言えないし 歴史的地理的価値観にもよります
武士の自決 安楽死 など 深い問題です

わたしは 死のうと思ったことがあります
その時は わたしの気持をわかってもらうには これが一番だという思いがありました
でも 死んだら その人は後悔するかもしれないけれど 
その時は 自分は死んでしまっていて なんの解決にもならないと思いながらの行為でしたので
死ねなくて ほっとした面もあります
それよりそんな行為をした自分を恥じるという状態が長い間続きました
若い頃の話ですが 少し前まで恥じていました
今はそういう自分であったことを受け入れれるようになりました
それは 恥ずかしいことなんかない その時点ではそれなりに自分は精一杯だったと思えるからです

いいかげんに生きている人は一人もいません
それぞれそれなりに精一杯生きています
辛さ比べはすることは出来ません

だから 自死について 他人があれこれいうことは出来ません
でも その人の自死の瞬間を今一度延ばすことは出来ます
それからでも 出来ます 
死ぬ事は誰にでも与えられたいつでも出来る
全ての人に与えられた平等な事柄です

No.374 2004/10/13(Wed) 13:49


その後の報告 / りんご

りんごです。2週間ほど前に、「PTSDかなぁ。」と、仕事中などに過去に教授にちくっと言われたことが思い出されて手が止まってしまう、というようなことで書き込みをさせていただきました。
受診した開業医の先生は、もともとは無いかの先生で心療内科は3番目くらいに書かれていて、その上私も医療関係の人間で、しかも大学のそばに住んでいる(つまりは職業上、間違うと微妙な人間関係、という可能性もある)という立場でありながら、物静かにそっと、厳しくもやさしく話を聞いてくれる方で、レンドルミンとパキシルを処方してもらいました。毎日飲んでいますが、気分的にはずっと楽になってきました。
1回目の受診では「人間関係のことはいいから、あなたの症状はどうなの!?」という感じの先生でしたが、2度目に受診したときには「んー、状況がそうなのかも(大変だという意味に取れました)しれないねぇ。それにしても、よくやるねぇ(研究のこと)。」と、そっと後ろで見守ってくれている、という感じでした。
そんなにがんばっているわけではないけど。
一人暮らしで、住み慣れない土地に住んでいるので、とにかく本当に困ったら、「困った!」と助けを求められる所ができて、ほっとしています。
研究はちっとも進みません。一つ一つに、こだわりすぎていて進めることができないんですね。ラフにどんどん進むようにしたいと思っています。

No.355 2004/10/10(Sun) 23:52

 
Re: その後の報告 / 管理人

 よかったですね。気分が楽になってきて。
 きっとSSRIがちょうどよく作用したということなのでしょう。担当医との関係も、とても良い感じですし。
 研究の進み方って、ある時期、倦怠期のようなものがあって、それが過ぎると、スラスラと進むということ、けっこうあると思います。こだわりの一つを、わざと無視してみるのも、いいかもしれません。
 とにかく焦らず、ゆっくり気長に行くことが、大切なのだと思います。

No.356 2004/10/11(Mon) 23:25

 
Re: その後の報告 / りんご

管理人様

本当にどうもありがとうございます。
ついつい焦りがちですが、ほんとうにそうですよね。
一言一言が、こころにしみます。

浮き沈みの中にありますが、今後ともよろしくお願いいたします・

No.370 2004/10/13(Wed) 01:50





過去ログ一覧(2) へ戻る


produced byYuki Tachibana