Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年12月02日〜




弟と母をサポートしていかなければいけませんよね・・・。
(今日は弟の感情が爆発してしまいました。母は憔悴していて、私は眠くて思考能力がありません。明日は何とかしなければ・・・。)
いつもながら、管理人様とスプー様の迅速で丁寧な対応には頭の下がる思いです。
沢山の方々に頼られ、大変でしょうけど、お体にお気をつけて・・・。

No.693 2004/12/07(Tue) 00:00

 
Re: 教えていただけたら助かります / スプー

管理人様のおっしゃる通りで、あまり気にする必要はないと思います。
ただ、ストレスが溜まっているのを体が警告しているのだと考え、あまり無理をされないようにした方が良いですよ。

ストレスが溜まると、本人に自覚がなくとも色々な症状を出す事があるようで、震え、頭痛、風邪でもないのに酷い咳が続くなどあるみたいです。

まだ弟さんは荒波の中に居るようですし、あまり気を抜けないのかもしれませんが、お母さんと共に出来る限りの休養を取ってください。

No.697 2004/12/07(Tue) 17:14


(No Subject) / さんご

管理人さん、すみません。
本当におっしゃる通りです・・・。
強がって主人の症状を誰にも相談出来なかったので、どうすればいいのって気持ちをぶつけてしまいました。
主治医に相談に行く と言っても説明出来る自分ではなかった。
いつ頃から塞ぎ込むようになってきたのか・・・から主人の状態を書き始めました。やれる事を自分なりに頑張ってみます。ありがとうございました。

No.680 2004/12/06(Mon) 09:36

 
Re: (No Subject) / スマイル

さんごさん こんにちは
さんごさんは、まわりに相談や愚痴の話せる友人がいませんか?実際 私もまだ自宅にパソコンが無いときに主人がうつになったので一人で悩んでいた時期がありました。 そんなとき、前から付き合いのあった友人から、旦那さんの話を聞いて 「ああ うちのと同じだなあ」と思ったら、話すことができて、お互いに情報交換をしたものです。やっぱり 主婦として妻としての自分の気持ちに共鳴してくれる友がいてくれることは とても心強かったです。
ご主人の気持ちを理解しながらも、さんごさん自身は自分を責めることなく あまり力まずに対応したほうがいいと思います。
とにかく、すぐに治る病気ではないので少し気長に付き合ってみた方がいいと思います。

No.685 2004/12/06(Mon) 15:23

 
Re: (No Subject) / さんご

スマイルさん、ありがとうございます。
産まれてからずっと地元生活なので、たくさんの友達に恵まれています。相談すれば親身になってくれる人達ばかりなのですが、心配をかけたくない気持ちや主人のイメージを壊したくない気持ち等があり、話してません。。。今日、両親と兄弟には詳しい状態を話してきました。
みんなで見守っていこうって感じなので、これからは一人で背負いこまず頑張っていきます。これから先、分からない事や落ち込む事もきっとあると思います。。。その時はまた相談にのって頂きたいと思います。何卒よろしくお願い致します。 自分の事まで心配して頂き本当にありがとうございます。 

No.687 2004/12/06(Mon) 18:23


(No Subject) / スマイル

ジュジュさん ネコさん ありがとうございます。
実は 私の主人が前に軽症うつ病になったことがあり、その時いろいろな本を読んでいたおかげで、友人がうつ病になったときも比較的 スムーズに対応できたのだと思います。 友人もそのことを知っていたので相談してきたのかもしれません。
ただ、友人のご主人は、主治医の話は一応その場では聞くのですがそれ以上の情報を得ようとはしないそうです。
私は、友人からの悩みに答えかねてこのサイトに着きましたが、友人のご主人は、悪い影響があるからと、インターネットもつないでくれないそうです。本当は、本人が言いたいことや悩みをこのようなサイトで言うことができたなら、どんなにいいだろうと思うのですが・・・  

No.607 2004/11/21(Sun) 23:40

 
Re: (No Subject) / ネコ

スマイルさん、こんにちは。
スマイルさんのご主人もうつ病になった経験があったのですね。
スマイルさんはもともと偏見とか決めつけとかあまりされない方のような気がしています。だから本を読んだり前向きに取り組めたのではないかと思います。
ご主人もきっとその頃そいうスマイルさんの姿は支えになっていたと思います。

お友達のご主人の理解を得るのは難しいですね。
私も理解を得るのは困難でした。でも、それって無駄ではない気がします。
理解をしてもらう為に自分の気持ちと向き合う事をすることになってしまうからです。
鬱って我慢してきた気持ちが麻痺して鬱になると私は思っています。麻痺した気持ちは何が何か自分でもわからなくなりますから
その麻痺した気持ちに対して焦点を当てると我慢した事がわかり、その時どういう気持ちになっていたかがわかってきます。
そして、本来の自分の気持ちやそのときの状況が客観的に見えきます。
ある程度理解ができたらそのときの状況を許すことがきます。
その段階ごとに言葉や文字などを使って表現できると楽になります。それを何度も何度も繰り返していきます。
私の場合ですけど、そうやってきました。
違う方法もあるかもしれませんが、まず、自分の気持ちを知ることもすごく大事だと思うから、お友達も自分が何に対してどう思っているのか書いてみたりするといいかもしれないです。

お友達もネットが使えれば本当にいいですよね。
私もネットが出来るようになってからうつ気分がひどくなる前にごまかせる手段として使ったり、自殺予防の手段として利用しています。

あまり、答えになってなくてすみません。

No.626 2004/11/28(Sun) 13:00

 
Re: (No Subject) / スマイル

ネコさん ありがとうございました。
お母さんの具合はいかがですか? 他の病気も見つかったようですね。ご心配でしょうが、怪我の功名と思い、治療に専念されるといいと思います。
友人ですが、実家のご両親が、地元の病院に連れて行ってくれたそうで、その先生がとても信頼できる先生のようで、薬を替えてもらったら、嘘のように元気になりました。どうも今までの薬が弱すぎて、ほとんど効果がなかったようです。電話の声も別人のようで、とにかくホッとしました。治ったわけではなく、薬のおかげで元気になったのは分かっているのですが、信頼できる先生に出会えて、トンネルの出口が少し見えたような気がしました。
一人暮らしのことも離婚のことも口にしなくなり、今はとにかく先生の言うとうりにしようと思っているようです。
信頼できる先生と体に合う薬にあえて 本当に良かったと心から思っています。

No.644 2004/12/02(Thu) 16:01

 
Re: (No Subject) / 管理人

 お友達のご主人、よかったですね。言い医師とめぐり会えて。合う薬が見つかれば、治療がかなり進んだと考えていいと思います。あとはいい状態を維持できるように治療を続ければ、かなり回復に近づくと思います。

 ネコさん、「我慢してきた気持ちが麻痺して鬱になる」という言葉、まさにそのとおりだと思います。自分は今無理をしているとか、我慢している、と意識できるうちは、うつではありませんから。この麻痺というのが、脳の機能が低下してうつ病になった、ということです。
 それを意識するようにするのは、うつ病の治療や予防で、もっとも大切なことです。

No.650 2004/12/02(Thu) 23:25

 
Re: (No Subject) / ネコ

スマイルさん、こんにちは。
母はまだ入院していますが安定して元気です。
家の役割もちゃんと分担して家族で今うまく回っています。
なので、ゆとりが持てるようになりました。
気にかけてくださってありがとうございます。

お友達が元気になって本当によかったです。
自分のことのように嬉しいです。
さっきまでうつ状態で辛かったのですが、私もこのことを聞いて嬉しくなってうつ状態が和らぎました。ありがとうございます。
これから色々と大変だと思いますけど、信頼できる先生がいれば本当に心強いですから安心です。
本当によかったです。
スマイルさんは本当にお友達思いの優しい方です。


管理人さん、レスありがとうございます。
自分の感覚とかだったりしたので確信はなかったのですが、そういっていただけて、客観的に理解できてよかったです。
予防にもなるとは思っていませんでしたので教えていただけて嬉しいです。ちょっと先が明るくなりました。
ありがとうございます。

No.683 2004/12/06(Mon) 12:58





初めまして / azu

境界性人格障害の弟を持つ者です。
今は弟と母が実家で一緒に暮らしていて、私は一人暮らしをして実家へ仕送りしています。
私と母で病気の事を何とか理解しようと、色々調べているところですが、実家はネットを繋げていないので(弟がネット伝いに、自分達の情報が漏れるのを恐れている為。その他、盗聴、警察を非常に警戒・敵視しています)、私がネットで調べて印刷した物を母に渡すようにしています。その時、このHPをとても利用させていただいてます。有り難う御座います。
弟の事ですが、幼少の頃より人格障害のきざしがあり、発症したのは高校生の頃です。今は20代後半です。初めに行った有名な病院では、ひどい先生に当たってしまい、さらに病状が悪化してしまいました。(実際、私達から見ても「なんでそんな事を言うのか?!」という暴言を弟に浴びせていました)
そんな事もあり、病院を変わりましたが、弟はどの先生に対しても警戒心を抱くようになってしまいました。先生の事はまるで信用せず、薬に頼っているようです。そのため、薬が効かない(主に眠れないとき)と、勝手に通常の二倍も三倍も薬を飲んでしまいます。注意しても「だったら、どうすればいいの?!」と言われると私も閉口してしまいます。
最近の弟はとても調子が悪く、過去の嫌な出来事を思い出しては怒りを増幅させ私と母にまで嫌悪感を抱くようになってしまいました。(調子のいい時は、一緒に出かけたり、ドライブしたりもしますし、私が家に帰ってくるのを楽しみにもしてくれてます)
弟ももちろんですが、母も心配でなりません。しかし、私は今、実家に電話する事も、帰ってくる事も止められている状態です。
手も足もでなくて、私自身苦しいです。
長々と書いてしまい、すみません。誰かに聞いて欲しかったもので・・・。最後まで読んでいただき、有り難う御座いました。

No.624 2004/11/28(Sun) 10:47

 
Re: 初めまして / 管理人

 はじめまして。
 お母様とazuさん、相当に弟さんに振り回されているようですね。ご家族の大変さが、目に浮かぶようです。
 境界性人格障害は、いいときと悪いときが、極端に現れるものです。いいときは、ふつうの人と変わらないのですが、一度症状が出だすと、まわりの人は、振り回され、へとへとになってしまいます。

 家族の対応の仕方は、とても大切です。しっかりと心の距離を置いて、冷静さを失わず、振り回されないようにして、きちんと日々の生活を送っていくことが大切です。
 弟さんの場合、人格形成がうまくいっていないのですから、まわりの人がしっかりと距離を置いて、振り回されないようにすることで、自省や自己認識が自然とできるようにし向けることが、効果的だと思います。

 境界性人格障害は、治療を受け続けることは必要ですが、ある程度の期間が経過したあと、だんだんと症状が治まってくることもあります。
 自傷他害の状態がひどくなければ、あまり悲観的にならなくてもいいと思います。

 ただ、弟さんの状態について、ちょっと気になるところがあります。発症の時期や、医師への不信感、警察や盗聴を異常なまでに恐れたりするところなど、なんとなく、統合失調症の雰囲気があるように思います。
 弟さんのさまざまな症状、主治医からの説明など、細かいことはわかりませんが、少し統合失調症について調べてみるといいかもしれません。

No.627 2004/11/28(Sun) 23:46

 
Re: 初めまして / スプー

始めまして。
最近忙しくてあまり書込みできませんので、返信をする事ができないかも
しれませんがご了承ください。

大変な状況ですね。
おそらく現在は「怒るから、これがきっかけで調子を悪くされると嫌だから、弟さんのいう通りにしてあげる。」と、腫れ物にされるかのような思いで接している事と思いますが、それは短期的に見れば「怒り」が収まるでしょう。しかし、ほぼ間違いなくエスカレートします。「〜をしてくれたから」と満足する事はないでしょう。おそらく要求は高まる一方になると思います。

管理人様のおっしゃるように、距離をおく事が大切です。
弟さんの詳しい状態が判りませんのでなんともいえませんが、
基本的には「(自分達が)したくない事はしない」「悪い事は悪い」という事だと思います。
残念ながら、弟さんは人格形成に問題があり、他人と自分の区別があまりつきません。丁度2歳〜4,5歳の子供が自分と他人の区別が付きにくく、親に要求のし放題をする状態のままです。子供の場合はある程度の要求を飲んでやる事も大切ですが、境界性人格障害の場合は歪んだ人格のままですから、必要以上に要求を飲む事は良くないといわれています。
ただ、弟さんの症状によっては、あまり突っぱねると本人やご家族に危険が及ぶ事もありますので、医師とご相談ください。(治療状態に応じた本人が自覚できるような距離の取り方が一番です。)

カウンセリングは受けられているでしょうか?
お聞きする感じではご本人に治療意志が乏しく、症状もあまり安定しているとは言いがたいので、受けれる段階ではないのかもしれませんが、医師に相談してみてはいかがでしょうか?
境界性人格障害の場合は、薬だけで治る事はほとんどありませんから。

弟さんは薬を飲んでも、あまり効果が出てないのではないですか?
その小さな効果のために大量服薬をするのでしょうが、必要以上に飲むのはお勧めできません。体に大きな負担がかかりますから。
最も効果がある「薬」は、本人の自覚と思考の変え方です。逆に、これしか治る方法はないと思います。(管理人様のおっしゃるように、加齢と共に色々な経験をつみ、自然と治る事はあります)


医師への不信感、被害妄想的になるのは境界背人格障害でも多少はある事だと思いますすが、管理人様のおっしゃるように関係の無い警察の盗聴などを気にするのは別の病気も併発しているか、境界性人格障害が誤診の可能性もありますね。


azuさんが実家に帰れないのが弟さんの意志であれば、それは気にしないで帰れば良いと思いますよ。
実家が気になって帰りたいから帰る。当たり前の事ではないですか。

No.628 2004/11/29(Mon) 11:27

 
Re: 初めまして / azu

管理人様、スプー様、暖かいお言葉の数々ありがとうございました。
確かに今、弟に対して腫れ物に触るような接し方をしています。
弟は非常に理屈っぽく、正当な理由を挙げ、私や母を言い負かしてしまいます。
確かに正しいのですが、何かが欠けている・・・。そんな理由を言ってきます。
(たとえば、道端に空き缶を捨てた人を追いかけ、捕まえて、怒鳴り散らします。あわてて止めると、「俺は何も悪い事はしていないのに、なぜ俺を責めるんだ!!」といいます。)
接し方は急には変えられないので、徐々に変えていきたいとは思いますが、なかなか難しそうです・・・。
カウンセリングは受けていますが、やはり先生を言い負かしてしまいます。(病気やお医者さんの専門用語・薬の名前等にも非常に詳しいので、自分が挙げた薬の名前等をお医者さんが知らないと、そらだけで先生に対し失望し、さげすんでいるようです)
申し訳ないことに、ある一人のお医者さんは弟を担当している途中に病院を辞めてしまわれました。
統合失調症についても調べてみたいと思います。
実は父は同じような病状で自ら命を絶っています。
そのトラウマがあり、私も母もなかなか「腫れ物に触るような接し方」から抜け出せないのかもしれません。
何とか良い方向に変わるよう、努力してみたいと思います。

No.630 2004/11/30(Tue) 21:14

 
Re: 初めまして / スプー

理屈っぽく、確かに言っている事は正しいが、何か欠けている・・・
確かにそういう事はあるかもしれませんね。
私の知っている人も、症状が酷い時期はその通りの感じでした。「欠けている」というか「視野が極端に狭い」というか。正しい事は一つではなく、沢山あるのに自分が考える一つの「正しさ」を主張し、他の正しさを否定するんですよね。

医師とのお話を伺う限りでは、弟さん自身が「今の自分の状態は嫌だ。どんなに苦しくても絶対治してやる」と思わない限りは、前進は難しいかもしれませんね。「今の自分は嫌だ」と思わせる必要からも「したくない事はしたくない(つまり、私は貴方の一部ではない。別人格である)」とする必要があると思います。「自分が嫌だ」と思わせるという事は、リスクもある訳ですから、お父さんが自殺されたのであれば、躊躇するのはわかります。

ただ、腫れ物に触るような接し方。つまりは要求の多くを飲んでしまう接し方は、治る機会を奪ってしまう可能性がありますから、症状に合わせながら変えていく必要があると思います。
弟さんもご家族も、短期的に見れば弟さんの要求を飲んで振り回されているのが最も楽なんですよね(本当はとてもつなく大変ですが)。でも、病気という山を越えなくては、みんなが辛くて共倒れするだけです。山を越えるのは本人もご家族も辛いですが、最も治る確率が高い方法だと思いますよ。


お母さんは、お父さんの経験から「機嫌を損ねると、爆発される。1分先もわからない」とビクビクされていると思います。大変でしょうね。
弟さんも、お父さんが境界性人格障害の可能性が高かったとの事ですから、その影響が高かったのでしょう。大変辛い状態だと思います。
でも、この病気を治せるのは、薬でも家族でも医師でもない。世界で本人ただ一人なのです。苛立ちを抑えきれずに周囲の人に当ったり、医師を知識で負かせても、まったく何も治る筈がありません。自分自身の問題点を見つめ、本気で治したいと思わせる必要があります。なぜなら病気ではなく、本人の性格の問題なのですから。

これを思わせるのは並大抵の事ではないのは知っています。特に謙虚さが乏しい状況では、困難を極めるでしょう。
リスクを小さくするには、状況に応じた対応方法を医師と相談してください。できれば境界性人格障害に強い医師を紹介してもらってください。
人格障害に強い医師にかかれば、かなり治る確率が高くなっていますので、悲観する必要はありません。ただ、ご家族も適切な対応は必要だと思います。


そして、azuさん、お母さんはまずはご自身をお守りください。
それが大前提です。海で溺れる人を救うには、まずは自分の安全を確保するのが鉄則です。
精神的に追い詰められる前に、自分の趣味、旅行等でストレスを発散してください。この時は日ごろの事は全て忘れましょう。
肉体的に追い詰められる前に、色々な手段で身を守る逃げ道を作ってください。医師、警察、親戚、友人と、危ないと思ったら迷わず電話してください。

「azuさん」「お母さん」「弟さん」全て一人の分離した人格です。
一人格ですから、人に領域を侵される事必要はまったくありません。
まずはこの考えからだと思います。
あえて言います。頑張ってください。

No.631 2004/11/30(Tue) 21:59

 
Re: 初めまして / azu

たびたびのお返事ありがとうございます。
統合失調症について調べてみました。
いくつかあてはまるものがありました。
こちらの病気なのでしょうか。素人判断で決め付けてはいけませんよね。お医者様に相談してみることにします。
母は毎日弟に責められ泣いています。
精神的にも肉体的にも限界がくる前に、本人に病気を治したいという意思を持ってもらうよう、私も頑張りたいと思います。
ありがとうございました。また、宜しくお願い致します。

No.634 2004/12/01(Wed) 19:56

 
Re: 初めまして / 管理人

 境界性人格障害という病気と、その対応につきましては、スプーさんの的確な説明がありますので、ぜひご参照ください。

 お父様の自死、さぞおつらかったことでしょう。その影響は、簡単にはぬぐい去れるものではありませんね。でも、やはり、スプーさんのおっしゃるとおり、少しずつ態度を変えていくしか、方法はないと思います。

 弟さんは、ナルシシズムが強いので、自己愛性人格障害、また、被害妄想も強いので、統合失調症により近い人格障害である妄想性人格障害の雰囲気もあります。
 どちらも、境界性人格障害と比べると、他者への攻撃が中心になってしまうため、本人の苦痛が小さくなり、治療が困難になってしまうんです。本人が本気で治そうと決心するためには、本人が相応の苦痛を感じるしか方法はないと思います。

 今は、境界性人格障害特有の苦痛を、まわりに転嫁しているので、本気で治そうという気になれないのでしょう。ちょっと騒ぎを起こせば、まわりの人は言いなりになってくれますし。
 きっと弟さんは、医師もカウンセラーも、同じように自由になる存在だと感じているのでしょう。

No.635 2004/12/01(Wed) 20:09

 
Re: 初めまして / azu

こんにちは。レスが遅れてしまい、申し訳御座いません。
弟の調子がかなり悪く、弟は母に私の悪口を四六時中言っているそうです。
母が否定しても怒りますし、閉口しても怒ります。
肯定するしかなくて、辛い、と母から連絡がありました。
また、「弟は統合失調症ではないだろうか」と母に伝えてみましたが、今まで行った幾つもの病院で「統合失調症とはちょっと違う」と言われたそうです。
一例をあげると、「盗聴されている」ではなく、「盗聴されているかもしれない」という言い方をします。
それは統合失調症の方の言い方ではないそうで・・・。
本人は自分がうつ病だと思っているらしく、それが治療を妨げている気もします。なぜ先生は本人に病名を告げていないのでしょうか・・・。
とにかく今はどの病気にしろ、かなり緊迫した状態になってきて
しまいました。
入院も視野に入れ、今後を考えてみたいと思います。

No.669 2004/12/04(Sat) 17:52

 
Re: 初めまして / スプー

状態が酷いですか。大変ですね。
管理人様のおっしゃるように、統合失調症に近い人格障害か、併発しているのかもしれませんね。
http://akatan.cool.ne.jp/jinkaku.htm
に色々に種類の人格障害が乗っていますので、近いものがあるかもしれませんよ。

>母が否定しても怒りますし、閉口しても怒ります。

境界性人格障害(BPD)にはよくある事で、どの選択をしても怒ったりします。
この状態が続くと周囲の人は疲れきってしまい、鬱病になったりするとも多いので、お母さんの状態には注意してください。


BPDの人に病名を告げない事は日本では多いようです。
本人も医者も人格障害という名前を嫌ったり、本人が絶望に落とされて自殺する可能性があるからでしょう。
しかし、本人が自覚した上で本気で治そうとしない限りは治る事は少ない病気ですから、私も告知した方が良いような気がします。
もっとも、状態が悪い。不安定で特に自殺する可能性が高いには辞めておく方が良いかもしれませんが。


今のままでは、お母さんが持たないでしょう。
なんとかして、一時的にでも離れさせた方が良いのですが・・・

No.674 2004/12/05(Sun) 22:55

 
Re: 初めまして / 管理人

 境界性人格障害は、もともとボーダーライン・シンドローム(境界例)と言われていました。その意味するところは、神経症(今は不安障害とか身体表現性障害、パニック障害など、いろいろな病名になっています)と精神分裂病(統合失調症)の境界にあって、どちらの症状もあるが、どちらとは決められない境界の状態を表していました。
 その意味で、統合失調症と似たような症状があっても、当然のことなんですね。

 その後、境界性人格障害と統合失調症は、ある程度区別されるようになりましたが、やはりどちらとも言えないケースもあります。
 専門的には、妄想様観念(ある程度常人にも理解できる妄想)と、真性妄想(常人の理解を超える)とで分けることになります。医師は、弟さんの状態は、妄想様観念だと判断したのでしょう。
 非常に近い症状を示しますが、微妙に違う、と言うことですね。

 法律的には、この違いは大きく取り扱われ、よく言われる統合失調症などの心神喪失とか心神耗弱は、自己責任能力がない、または著しく低下しているという意味になります。
 ところが、人格障害の場合は、自己責任能力はあると判断されます。

 とにかく、スプーさんのおっしゃるとおり、お母様を守ることが大切だと思います。もう相当にうつ状態に陥っていると思われますので、生活を分けるとか、区分をハッキリするなど、必要な処置をとった方がいいと思います。
 

No.678 2004/12/06(Mon) 00:13


どうしていいのかわかりません / ポチ

うつ病になって1年以上。今年7月ついに仕事も辞めました。今も通院中ですが、どうしていいのかわかりません(-_-メ)毎日がつらいです。
30歳男

No.673 2004/12/05(Sun) 19:16

 
Re: どうしていいのかわかりません / 管理人

 はじめまして。
 1年以上たっているとのことですし、医師と相談の上、公費負担、精神障害者保健福祉手帳、障害年金などの公的援助について、調べてみてはいかがでしょう。保健所や役所の福祉関係の窓口、精神保健福祉センターなど、さまざまな相談窓口もあります。
 同じような境遇の人が集まって、簡単な作業をしながら、病気の治療も行える施設もあると思います。
 また、親元で生活できるなど、まだしばらく休養ができる環境があるのでしたら、やはり医師と相談して、もうしばらく休むという手もあります。

No.677 2004/12/05(Sun) 23:53


嫌な感情 / ヤン

夫に対して嫌な感情ばかり出て来て苦しんでいます。
過去に何度も別れようと思いました。
でも勇気が出ずに別れることも出来ません。
好きになろうとしてもなれない・・・。
年月ばかりが過ぎて行きます。
そんなに嫌な人ではないのに好きになれないんです。
夫がなぜか憎いのです。
こんなに苦しいのになぜ別れることも出来ないのか・・・自分でわからないのです。

No.659 2004/12/03(Fri) 23:45

 
Re: 嫌な感情 / 管理人

 はじめまして。
 ご主人と別れるために、いやな感情を持つ原因を知りたいのでしょうか。それとも、嫌だと感じるご主人のことを、好きになりたいということなのでしょうか。
 どのような結果を望んでいるかによって、今後の行動が変わってくると思いますが。

 自分自身の気持ちがわからなくて苦痛が激しい、わかるようになりたい、ということでしたら、カウンセリングを受けることをお勧めします。
 カウンセリングは、自分自身の心と正面から向き合うための、とても良い方法だと思います。

No.662 2004/12/04(Sat) 01:53

 
Re: 嫌な感情 / ヤン

管理人さん、
ありがとうございます。
夫のことを好きになれたら、幸せだと思います。
夫や夫の兄弟に対する不満や恨みが消えてくれません。
相手に変わることばかり求めてもどうにもならないことはわかっているのですが・・・。
夫に自分の気持ちをわかって欲しいと思い、伝えると、頭から否定されてしまいます。
夫には否定癖があります。
なんでもない会話でも即、否定の言葉が返ってきます。
「あの花、きれいだんね。」と言えば、
「そうかあ?あっちの花の方がきれいだぞ。」という具合です。
話しかける度にがっかりします。
話しかけて損したという気分になります。
夫の家族が皆そうでした。お互いを尊重しあわないのです。
認めあわないのです。
「暑いね。」と言ったら「そうだね、暑いね。」と返して欲しいのです。
「暑い時に暑いと言ったって涼しくならない。」と言って怒るのです。
私は、いつも夫に否定され続けて悲しいです。
根気良く、私が夫の意見を認めていくことで夫も変わるのでしょうか?

「そうかあ?あっちの花の方がきれいだぞ。」と返されたら
「ほんとだ、あっちもきれいだね。」と余裕を持って返せばいいのでしょうね。

ああ、それにしても否定され続けることの不快感。
たまらないのです。
私は心配ごとがある時不安な気持ちを伝えたくて口に出します。
その度、否定されます。

そして夫は頼りない人です。
だから余計、何か問題がある時、私は不安になります。

一人の方が楽に生きられるような気がしてしまいます。

No.665 2004/12/04(Sat) 09:08

 
Re: 嫌な感情 / 管理人

 なるほど。ご主人のどんなところが嫌だと感じるのか、わかっているわけですね。ご主人は、たぶん、ご兄弟と同じような性格ということから考えて、愛情のない家庭で育ったのでしょう。
 幼少期に親から肯定されることがなく、否定ばかりされてきたのだと思います。ご兄弟も同様でしょう。
 この性格というのは、まずは治らないと考えてください。自己愛性人格障害によく見られるハラスメント(嫌がらせ)行為だと考えてもいいと思います。
 
 それでもご主人は、いつでも自分から難癖をつけてきて、さらに攻撃し続けるといった、よりひどいタイプではないのでしょう。つまり、人格障害のレベルではないということです。自己愛性人格障害の人と一緒に暮らすこと自体不可能だと思いますので。

 となると、このような性格を受け入れて、否定されても精神的ダメージを受けなくてすむような、強い心を持てるようにするという方法があります。要するに、ヤンさんが自信を持てるようなことを身につけて自己肯定感を強め、夫の否定的態度に対抗するということです。
 生活力を身につけることも視野に入れておけば、より大きな自信になりますし、たとえ離婚となっても、不安にならなくてもすみます。

No.676 2004/12/05(Sun) 23:44


(No Subject) / ゆれか

今日、夫を精神科に入院させてきました。
9月末に会社からリストラを言い渡され、ふさぎこむようになったため近所のクリニックに連れて行ったところ、うつと診断されました。
そのため、10月末で会社を辞め、夫の実家にお世話になることになったのですが、なかなか状態がよくならず、11月半ばには入院をすすめられたのですが、夫のお義父さんが、夫は精神病なんかではないと言い張り、入院を認めず、その上、話をすれば夫が理解している、自分のいうことを聞いていると言い連日のように説教を繰り返しました。その結果、夫は暴れるようになってしまいました。
結局、救急車をよんでようやく入院の予約を取ったのですが、入院する朝になってまで、お義父さんが夫と話をして納得したら入院させると言うので、思わず、「話なんかしたら酷くなるのでやめてください」と怒鳴ってしまいました。当然お義父さんは怒りくるいましたが、かまわず病院につれていきました。入院して点滴をうったら表情も落ち着いてきたようでした。夫にはゆっくりすることが必要なのだと思うようにしています。

私は、自分自身もうつになったことがあるので、夫の変調にすぐ気付くことができましたが、なにもしなかったらもっと酷くなってしまっていたかもしれないなと思います。しばらく夫には会えませんが、病気のことは医者に任せて、私はしっかり見守っていきたいと思います。

No.657 2004/12/03(Fri) 19:50

 
Re: (No Subject) / 管理人

 はじめまして。
 ご主人のうつ病、いろいろと大変だったと思います。特にお義父さまの、息子を心の病気だと思いたくない気持ち、とてもやっかいだったでしょう。
 でも、とにかく入院までこぎ着けたのですから、今は安心できますね。ゆれかさんの的確な判断とがんばりが、ご主人を救ったのだと思います。放っておいたら、ご主人、相当にひどいことになってしまったでしょう。
 できれば、退職もしない方がよかったとは思いますが、きっと仕方なかったのでしょうね。
 あとはゆっくりと、ご主人の回復を待つことだと思います。

No.663 2004/12/04(Sat) 02:10

 
Re: (No Subject) / ゆれか

はじめまして。
その後、病院から何の連絡もないので、きっと落ち着いているのでしょう。私自身も少しほっとしたのか、昨日は久しぶりにぐっすり眠りました。
仕事は12月で解雇が決まっていたので、(業務縮小のためだそうです。)辞めるのが少し早くなっただけだと思うようにしています。
なにより夫は、以前から父のことを嫌っていたようで、実家に電話して父がでると嫌だから、電話しないという徹底振りでしたので、その父にあれこれ言われるのは苦痛だったのかもしれません。健康な人間でも連日お説教されたらおかしくなりますものね。
退院後も夫が父に会いたいと言うまでは、できるだけ会わせないようにしようかと思っています。
ともかく入院はできたので、きっと回復すると信じて待ちたいと思います。
ありがとうございました。

No.671 2004/12/05(Sun) 09:46





(No Subject) / シエル

こんにちは。何回かおじゃまさせていただいています。
いつも、アドバイスありがとうございます。
鬱とパニックで、全く外出ができなくなり、3ヶ月たってしまいました。家の家事などは楽にできるようになってきまたし家では安心して過ごせています。が、その分主人も私もあせってしまう時がありもっと行動をした方がいいのかな?とか。
近くのスーパーに行ってみました。閉店間際に。そしたら発作がおきてしまいました。ちょっと落ち込んでしまいました。まだまだなのかな?って。
ところで質問があります。
通院医療費公費負担制度(精神保健福祉法第32条)の相談を病院の先生にしようと思うのですが、これを申請した場合、生命保険に加入することは無理になるのでしょうか?今の保険が掛け捨てのものなので検討中なのです。
アドバイスいただけるとうれしいです。

No.655 2004/12/03(Fri) 18:24

 
Re: (No Subject) / 管理人

 生命保険には、さまざまな種類があり、特約条項によっても、大きく変わってきます。公費負担に関しては、患者に不利になるような情報が第三者に漏れることはないはずです。
 しかし、生命保険の契約内容に規定されているかもしれません(ハッキリとはわかりませんが)。その場合、虚偽の申請をすると、いざというとき保険金が受け取れない可能性もあります。
 加入しようと考えている保険会社に直接聞くべきだと思います。

No.661 2004/12/04(Sat) 01:43

 
Re: (No Subject) / シエル

ありがとうございます。
いろいろなんですね。
年齢的なものもあり、できればきちんとした保険に入ることをすすめられたのですが、なんだかいろいろ心も体も今バランスをくずしているので、きちんと考えることができずにいるので・・・
そうですね。直接聞いてみようと思います。

No.668 2004/12/04(Sat) 10:45


(No Subject) / アリリン

母の中には自分がありません。これまでこんなことした、あんなことしたと、そのことだけで周りの評価を受けることで自己確認が出来ているみたいです。だから何か問題がおきると何も自分で決めることが出来ず、頭が真っ白になったと逃げて、後始末を押し付けてきます。
そのくせ、自分の価値観を押し付け、相手の気持ちを無視し、反論でもすれば、だからあんたは理屈っぽい、話にならないと切り捨てです。

夕べも10時を過ぎた頃呼び出され、私が母から離れた理由を問いただされました。私が母のこんなことで傷ついていると説明すると、自分はそんなこと言ったことは無いと言われました。多分逆上しながら言っていたので自分では憶えていないのかもしれません。けど、その場にいた父が確かに母が言っていたと証言してくれ、しぶしぶ認めたような状態でした。
それでも、ついに「悪かった」の一言もなく自己弁護ばかりで、挙句の果ては被害妄想。孤独な老母を虐待する娘にされました。
自分には話し相手もなく、唯一愚痴がこぼせる相手が娘の私しかいないのに、それすらさせないのかと怒りはじめる始末。周りを切り捨てていった自分を棚に上げ、寂しくなったから相手をしろと自己中の塊。
私は一方的に愚痴を吐き出され、その抱え込んだものをどうしたら良いのか。じゃあ私の愚痴はどこに出せばいいのかと聞けば、母に言えばいいと言われ、唖然。母本人に対する愚痴を、どうすれば本人に言うこと出来るのか、どうやら話が通じていないようで、もう話す気力もうせました。

自分がこうなったのは全て周りが悪いと言い張り、悪いことは全て人のせい。ゆがんだ性格はもう治しようが無いのです。
母も開き直り、自分はいらない人間なんだから、もう死にたいとわめき散らしてましたが、もう心配することもないです。私にはもう母はいないのです。悲しすぎますね。

No.640 2004/12/02(Thu) 10:50

 
Re: (No Subject) / ジュジュ

アリリンさん つらいでしょうね
むなしいでしょうね

アリリンさんのお母様自身が ご自分の親に受け入れてもらえずにそのまま大きくなって 母親になってしまわれたのですね
怒りと悲しさで お母様は自分を防衛することで精一杯で
周りのことは冷静には受け取れないのかな

わたしは 友達にボーダーっぽい人がいて
その人もそんな感じで
その友達と友達でいるために 「人格性障害=BDP」(すみません 人にその本を貸してしまってちゃんと題名と著者は覚えていません)という本を読みました
それはノンボーダー(ボーダーの相手 その周りの人という意味です)の人のための本です

その本を読んで 初めて その友達と
話がかみ合わない
どんなになんとかと思って(これもおこがましいのですが)いろいろわたしがしてきたこと(仲のよかったとき)は その人の中にはなくなっている
それはあなたのことでしょ と私が思う点を私に指摘する
話している途中で私への怒りのことばなどに変わっていく
ということが 理解できました

それと わたしが良かれと思ってしていたことは かえって友達のためにならないということがわかり
本人が なぜ わたしが連絡しなくなったのか ということで
気づいてくれるかもしれない と思い
今は連絡を取っていません

本当にザルに水をいれているような感じでした

そういう人は 頭がいいので 話を途中からどうしてそうなるのということがわからないぐらいうまく摩り替えて
後で冷静に考えて 私には 友達の話のスジがおかしいという事に気づくことばかりでした

その友達はそんななので 友達や身内が去っていきました
でも わたしは その友達のあたたかさの一片を知っているので
なんとか と思いました
が 私がどうすることも出来ないでした

離れて見守ることが一番なようです

でも アリリンさんは 相手がお母様ということで おつらいでしょうね
お母様はアリリンさんを愛する前に 自分を愛するということをしなければならないようですね

なんとも 頼りのない書き込みでごめんなさい
それから アリリンさんのこころを傷つけていたらごめんなさい

No.641 2004/12/02(Thu) 11:46

 
Re: (No Subject) / アリリン

ジュジュさん、暖かいお返事ありがとうございます。

人格障害の本はいろいろ読みかなり勉強もしましたが、結局は離れることしか出来ませんでした。でももう、それすら許されなくなりました。目の前にいながら、相手にされないのは我慢がならないと言うことです。元々母に我慢と言う言葉はありませんが。

先ほど父がやって来て、夕べあの後大荒れで、家に火をつけると一晩中大騒ぎをしていたようです。そして私の対応が悪いからこんなになってしまったと、父にまで責められ、私のほうが悪者にされてしまいました。あまりに毎日一緒にいすぎたせいか、父の思考もおかしくなってきたとしか思えません。

そして、これから母の希望で離婚して、家屋敷を分割するから、ここの土地から出て行くように言い渡されたところです。
言われるままに出て行く必要が(法的に)ないので、居座ることも出来ますが、これ以上泥沼になるかと思うと、むなしくて悲しいです。

父は私に大きい心で母を見てやれと、意地を張るなと言い続け、私の気持ちはお構いなし。もう皆疲れきって、誰も相手を思いやる余裕が無くなってしまったのでしょう。

私は娘で、母の母にはなれません。本当は私も母が欲しいのに・・・・。

No.642 2004/12/02(Thu) 14:30

 
Re: (No Subject) / ジュジュ

そうなんですか
お父様にまでわるく思われて むなしいでしょうね
お父様はお母さんと完全に共依存状態のようですし

でも 近くにいると そうなるのもわかります
わたしも ボーダーのこと少し知ってるつもりでしたが
やはり 友達と共依存状態だったと思います

今になって だんだん見えてきているぐらいですから

今は なるべくご両親から離れて
アリリンさん ご自身を守るしかないのかな

そういう わたしもこころの中に母はあまりいません
でも そういう母のいない自分を本当に許せるなんてことはなかなか難しい

わたしは 小さい時から母の母を少ししていました
だから わたしはだれかに甘えたくて
だって 母に甘えるたびにはねかえされたから
男の人でも女の人でも甘えれそうな人には必死で好かれようとしました
でも 甘えれないんですね ほんとに甘えきれないんです

結局 今でも どこに行っても 
甘えているつもりで 相手を甘えさせてしまっています

No.643 2004/12/02(Thu) 15:22

 
Re: (No Subject) / スプー

お久しぶりです。
なかなかうまくいきませんね。
お母さん本人に自覚がなく、治さないといけない環境でもなく、
しかもそれを援護する人(お父さん)が居る状態では、とても
じゃないけど治らない(本人にとって辛い思いをして治す必要がない)でしょうね。

それは現実的に簡単には動かしようも無いので、アリリンさんがいかに
楽に生きられるか、お母さんに振り回されずに済むかを考えた方が
得策かもしれません。
簡単には割り切れないかもしれませんが、例えば「ご両親の事は、土地を格安で貸してくれるけど、お節介で"かまってちゃん"な地主さん」と思うとか。

>夕べあの後大荒れで、家に火をつけると一晩中大騒ぎをしていたようです。そして私の対応が悪いからこんなになってしまったと、父にまで責められ

細かに何かあったのかわかりませんが、おそらくアリリンさんは95%は悪くないですよ。
爆発するきっかけを作ったとしても、常識的に考えると許容範囲でしょう。
自信を持ってください。
お父さんは、共依存となってしまっているのだと思いますから、お父さんにも振り回されてはいけません。お母さんは、お父さんを使って間接的に振り回しているのですから。

>これから母の希望で離婚して、家屋敷を分割するから、ここの土地から出て行くように言い渡されたところです。

このように、ありとあらゆる方法で振り回すでしょうね。
アリリンさん自身に危害が無ければ、やれるものならやってもらっても良いと思いますよ。ほとんどは脅しですから。

完全に離れる事はできないかもしれませんが、距離を少しでも大きく取っておきましょう。それが一番です。
ジュジュさんのおっしゃるように、近くに居れば居るほどわかりづらくなります。お父さんは完全に振り回されて、擬似的なBPDになっているのでしょう。この病気の本質を知れば、近くに居ても適切な距離を保つ事ができるのですが、大変ですからねぇ。

と、第三者の私が言うと無責任かもしれませんが・・・。



ジュジュさん、あの本(BPD=境界性人格障害)は読みやすくて良いですよね。

No.648 2004/12/02(Thu) 22:59

 
Re: (No Subject) / 管理人

 アリリンさん、お久しぶりです。
 本当に大変だと思います。お母様は結局、まわりにいる人に、べたべたと甘え、難癖をつけていやな思いをさせ、自分はいつでも被害者という、依存と攻撃と被害妄想の人格なのですから。
 スプーさんのおっしゃるとおり、どうかご自身が楽になれるように、ご自身を大切にしてください。ご両親は、たぶん、ずっとこのままでしょうから。放っておく、適切な距離をとる、言われたこと、されたことを気にしない、というような気持ちが大切だと思います。  

No.649 2004/12/02(Thu) 23:16

 
Re: (No Subject) / アリリン

ジュジュさん・スプーさん・管理人さん、皆さんにはいつも的確なアドバイスを頂き、本当に感謝しています。
ここに来て、皆さんのご意見を頂くたび、ひちりぼっちで戦っているのじゃないと思え、救われる思いです。

もうここまで来てしまったら、物理的に離れることしかないので、家探しを考えています。
両親(父も)の方もかなり本気で、私の家の納戸に残してあった家具を今運び出しに来ました。
正しく母に操られています。逆らうことに疲れ果て、母の異常さに慣れてしまったのでしょう。
私も逃げてしまったのだから、そんな父を攻められる立場じゃないですが。

この状況から唯一脱出出来そうな方法で思いついたのが、思いっきり母の感情を逆なでさせ、警察沙汰になるまで暴れてもらうことです。家族を守る為、母に強制入院してもらいたいのです。
もちろん、とんでもなく酷いことを言ってるなと、自分でもわかってますが、もうそこまで追い詰められた結果なのです。

No.653 2004/12/03(Fri) 13:31

 
Re: (No Subject) / スプー

そうですか。ご両親の離婚は本気っぽいですか。
まあ、病気が治る可能性が高くなるのは、お母さん一人になってみて
いかに周りの人に甘えていたか、どんなに大変だったか、(自分というものがないのでもっとも恐怖に感じる)一人でいる事がどんな事なのかを知るには良い機会かもしれません。
お父さんも、一時的に一人になれば、いかに異常な世界に染まっていたのかを認識できる可能性が高いですし、このような結果は悪い事ばかりではないと思います。(お母さんの症状が治まってくれば、また一緒になれば良いんですし)

法律は詳しくないですが、確かそのような場合には出て行く必要はないと思いますから、無理に出て行く必要はないですよ。
出させる為には、それ相応の支払いをしなくてはならなかったと記憶しています。堂々としておけば良いと思いますよ。


>警察沙汰になるまで暴れてもらうことです。家族を守る為、母に強制入院してもらいたいのです。
>もちろん、とんでもなく酷いことを言ってるなと、自分でもわかってますが、もうそこまで追い詰められた結果なのです。

そう考えるのはわかります。今のお母さんととても受け入れられる状態てはないでしょうし、お母さんが離れれば、全てが今よりいい方向に向かう可能性が高いんですよね。(お母さんもある程度回復する可能性が高くなる)

ただ、その方法は非常にリスクが高いと思います。
今後の財産分与の事は別としても、極限に達すると刃物、火、その他方法で攻撃してくる可能性が高くなるからです。
また、現在のお父さんも怖い存在になるので、やめておいた方が良いと思いますよ。
良くも悪くも、"大きく動す"行動ですから。
もし、アリリンさんがどうしようもない位に追い詰められて、お母さんを逆上させてしまった場合は、とにかくご自身とご家族を守ってください。
家をセキュリティのセンサーで見張らせたり、警察に相談する必要で出る可能性が高いと思います。


もし可能であれば、貰えるものは貰って出て行ってしまうのが一番リスクが小さくてご自身が楽になれる方法だと思いますよ。

No.654 2004/12/03(Fri) 17:43

 
Re: (No Subject) / ジュジュ

しつこくてすみません

アリリンさん
お母さんを受け入れることが出来るようになるためには
まず 自分が自分をたくさん愛せるようになってからのようです
(私も今はそれに向かっています)
今は お母さんにどんなに腹を立てても お母さんを恨んでも嫌いでいてもいいのです
すべてのご自分の気持ちをそのまま出してしまうことが先だと思います

そのためには アリリンさんのおっしゃるように
アリリンさんがとにかく家を出ることです

生活保護を受けるとかいろいろな方法があると思いますが
お母さんにわからないところに行かれるのがいいと思います

お母さんを動かすより ご自分が行動される方が確実です

スプーさん 「BPD=境界性人格障害」は 本当によくわかりますね
ボーダーとはという本はたくさんありますが
あの本は ノンボーダーのために丁寧にかかれているので
ボーダーの相手のことだけでなく 自分のことも見えてきました
アリリンさんも 落ち着かれたら一度読まれることをお勧めします

No.656 2004/12/03(Fri) 19:42

 
Re: (No Subject) / アリリン

両親の離婚届はまだとりあえず出されていません。
でも時間の問題でしょう。このことには私が口出しすべきことではないので、何も言ってません。
ただ、今後別に暮らすかといえば、共依存に陥っている父が母を見放すわけがなく、例え母が嫌がってもついていくような気がしてなりません。自分が最後まで助けてやると言う思い込みで。
その半端な優しさが、母をここまで苦しめてきたことに気がつかないまま。

ここまで泥沼になったからには、もう私たちも家探しをしなくてはならないと、覚悟を決めました。子供たちにも全てを話し、どんなとこに住みたい?って、希望を聞いて話を進めていくつもりです。

スプーさんは優しいですね。今の私は母の強制入院については、治ってもらうなどとは、これっぽっちも考えず、とにかく自分たちが楽になれる道とだけしか思っていなかったのでした。母を助けることではなく、母を一人犠牲にして、自分さえよければいい、最低の親不孝ものになっていました。どうやら私も鬼の心を持っているようです。

過激な方法については、もちろん実行するつもりはありませんので、ご安心ください。こんな事でも考えていないと、どうしようもなくなってしまうものだから。

<確かそのような場合には出て行く必要はないと思いますから

自分でもそのように考えていたところ、このようなサイト(http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/totisiyo.html)が見つかり、いかにも当てはまりそうなので不安です。

ジュジュさんにもご心配かけてしまいましたが、まだまだ母を恨む気持ちの方が強いので、早く離れることにします。
「BPD=境界性人格障害」は以前読んだのですが、またもう一度読み返してみようと思います。

No.658 2004/12/03(Fri) 20:40

 
Re: (No Subject) / 管理人

 結局、親との関係がこじれてしまった場合、離れることが一番なんでしょうね。特にアリリンさんの場合は、ご両親が理解を示すようになるという期待、ほとんどないと思いますので。
 お母様のことについては、スプーさんのおっしゃるとおり、放っておかれることによる苦痛の自覚と反省がうまく促されるような環境になれば、いい方向へ向かう可能性もあると思います。

 親が財産によって子供を縛りつけ、言いなりにさせようとする、というのは、けっこうよくある話です。また、それを拒否された親が子供を追い出す、というのもけっこうありますね。
 結局、このような親を持った場合には、財産を得るために自分の子供や心、生活を犠牲にするか、財産が得られなくても心豊かな充実した生活を送るか、どちらかになってしまうのでしょうね。
 前者を選んだ人は、自分の子供に同じことをするでしょうし、後者を選んだ人は、背伸びしない地に足がついた生活と幸せをつかむのでしょう。

No.664 2004/12/04(Sat) 02:26

 
Re: (No Subject) / スプー

>とにかく自分たちが楽になれる道とだけしか思っていなかったのでした。母を助けることではなく、母を一人犠牲にして、自分さえよければいい、最低の親不孝ものになっていました。

追い詰められている時は、そうなるのは仕方がないですね。
まずは自分を守る権利がありますし、自分を守ってこそ道が開けるのですから。


判決ですか。判決理由を見るとうなづけるのですが、元々が正常な対人関係を築けなかった親を想定していないでしょうから、そういう判断が出るのは仕方がないかもしれませんね。


人に見放される事を最も恐れるのが侠客せい人格障害ですから、どのような方法をとってもリスクは出ます。事を動かす時は気をつけてください。

No.666 2004/12/04(Sat) 10:15

 
Re: (No Subject) / Kurt

たぶん、以前に意見させていただいたと思います。
やっぱ、遠く離れて暮らすことですよ。
あなたの母は、「怒れる女性」ですね。

岩月謙司の「男は女のどこを見るべきか」(ちくま新書)

に、「愛されなかった女性」「怒れる女性」について書かれています。
読まれれば納得すると思います。

No.667 2004/12/04(Sat) 10:43





過去ログ一覧(3) へ戻る


produced byYuki Tachibana