Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2004年12月13日〜



こんばんは♪ / ゆかぷぅ

以前、かんたん相互リンクでリンクしていただいたゆかぷぅと申します。
その節は突然メールしたにもかかわらず、お返事をいただいてとても嬉しかったです。
ありがとうございました。

サイストリーはとても興味深く読ませていただきました。
私は現在うつ病と診断されて精神科に定期的に通っていますが、主治医と相談しながらサイストリーを実行できればいいなと思ってます。

管理人さんに前向きになることや強さを教えていただきました。
これからもよろしくお願いいたします。

No.871 2005/01/20(Thu) 20:38

 
Re: こんばんは♪ / 管理人

 うつ病と診断されたのですから、しっかりと治療を続け、ゆったりとした気持ちで、のんびり過ごすことを心がけましょう。
 本格的なサイストリーは、精神力が戻ってきてから考えればいいでしょう。でも、日記程度は、始めてもいいと思います。

No.878 2005/01/22(Sat) 00:11


こんばんは / ninnin

お久し振りです。
あいもかわらず不眠症の毎日で年末年始の仕事の疲労がたまり
ついに昨日、今日と仕事を休んでしまいました。
前の職場から離職証明書が届くの待っていたので病院にやっと
昨日行けたのですが、間食や偏食が酷いせいか最近は胃の調子
も悪いです。
職場では動きが遅く人見知りもする、家に帰れば両親との
コミュニケーションが上手くいかない。
どうも八方塞になっている気がします。
やな事ばかり書いてすいません。

No.870 2005/01/20(Thu) 00:46

 
Re: こんばんは / 管理人

 人生いろいろとありますね。
 でも、八方ふさがりというのは、そう考え出すとそう思える、という感じですよね。思考がうまく働くと、ゆったりした気分で待つとか、なんとなくほかの方法が思い浮かんでくるものです。
 疲れているときやうつ状態のときには、誰でもこんなふうに感じるものですよ。胃の調子が悪いのも、うつ気分のもとになります。
 治療を続けながら、ゆっくりと休む時期なのだと思います。

No.877 2005/01/22(Sat) 00:06


お返事ありがとうございます / ちにた

管理人さんお返事ありがとうございました。
管理人さんのサイトの中をあちこち行ってみました。
そしてまずは、精神保健福祉センターの窓口に相談に行ってみようかと思います。他にも心療内科と併設しているカウンセリングとか考えています。

色々な事を心の内に留めたまま、はしょって書いた私の投稿が、何か変にとられていないといいのですが。
それでもお返事をいただけて、私にとって新しい一歩を踏み出すきっかけをくださった事に感謝致します。ありがとうございました。

また来ます。

No.869 2005/01/19(Wed) 23:39


病院はどう探せばいいですか / ちにた

はじめまして。もう長い間頭の中だけで考え続けた事です。
遠方に住む母のうつ病についてです。何をどこから話せばいいのか整理できない状態です。私自身がどうというわけではなくても、こちらのどこかお医者様にかかって、洗いざらい話を聞いてもらいたい、何でもいいから糸口を与えて欲しい。そんな気持ちを抱きながら、果たして実際の患者さんの対応に追われる精神科の先生にそこまで求めて良いのか、と躊躇われます。カウンセリングという看板を掲げている所は多くあるようですが、安心出来るカウンセリングを受けられるのか、などという不安が先立ち結局自分の頭の中だけで堂々回りをくり返しています。
そんな中、うつ病との闘い方を読みました。
当たり前ですが、私の母とは違う環境ではありましたが、参考にさせていただきたい点が幾つかあり、こちらの掲示板でなら相談できそうだ、と思い投稿する気持ちになりました。本来ならこんな抽象的な書き方では無く、そのものずばり私の心の内を書きたい所ですが、文頭にも書きましたように上手く整理する自信が無い事、かなり長いお話になってしまう事で、ここでは悩める家族が気持ちを吐き出す、相談する窓口として何があるのか?を伺いたかったのです。どうぞ皆様アドバイスくださいませ。
読んでいただいてありがとうございます。

No.866 2005/01/18(Tue) 23:34

 
Re: 病院はどう探せばいいですか / 管理人

 はじめまして。
 いろいろと混乱しているご様子ですね。
 まず、お母様の病気に関しては、実際に治療している主治医と相談すべきだと思います。
 ご自身の心の状態に関しては、カウンセラーが適切だと思います。ご自身がうつ状態だと感じるのでしたら、精神科医や心療内科医に相談する方が適切でしょう。
 この掲示板がどのようなものなのかは、案内や過去ログをご参照ください。相談窓口が必要だということでしたら、精神保健福祉センター等、公的な窓口をご利用になった方がいいでしょう。
 当サイト内には、有用な情報がたくさんそろっていると思います。でも、その情報を利用するかしないかは、ちにたさんご自身が決めることです。

No.868 2005/01/19(Wed) 21:19





はじめまして。 / きいろ

おじゃまします。
うつ病との闘い方を読ませて頂きました。
私の母は今うつ病で入院中で、もう一年以上が過ぎています。
母のうつ病での入院は、もうこれで4回めです。
最初は私の産まれる前の事なのですが、、、。
こんなに長いのは初めてです。
ようやくこの春あたりに退院できそうなのですが、
退院後の事で悩んでいます。

現在母と父は実家で二人暮しです。
私は三姉妹の次女ですが、姉妹は三人とも東京の方へ出てきています。
長女は結婚して子供もいます。
私と妹は独身で、それぞれ別々に暮らしています。

母は、入院中に寝たきりの時期が二ヶ月もあり、
電気治療で意識が戻ったような感じなのですが、
その時から歩けなくなって、手の動きも悪くなりました。
リハビリで最近なんとか杖を使って歩く練習ができるところまでなりました。
父は母が一人で留守番ができるまで回復したならば、
一緒にまた生活するつもりらしいのですが、
この父が人格障害がある人で、昔から母にひどい態度ばかりとる傲慢な人なのです。
月に1回くらい母を外泊させているのですが、
たった1〜2泊だけなのに、母がいつもの不安を語り出すとイライラして、
「親の躾が悪かった。」(63才の女性に向かってですよ。)とか、
「お前のせいでみんなが苦しんでいる。」とか、
「もう病気は治っている、もともとの性格なんだ。」
とか上げればきりのない暴言を吐くのです。
でも、最後に「お前が一番可哀想だ。」なんて、
とってつけたようなフォローを入れるのですが、、、。
父はまったくうつ病の知識を持とうとしないので、
私が説明しようとすると、ものすごいけんまくで怒りだし、
「世の中を何も知らないお前ごときが、意見するな。」
みたいな事を言い出します。
もう、母を置いて行くわけには行かないと思い、
妹と私が一緒に住んで、母をこっちへ引き取ろうと思うのですが、
父がなかなか認めないのと、
母も実家を離れたくはないようなのです。
母はあまり友だちもいないし、近所付き合いがストレスでもあったので、
その町を離れる事は問題ないらしいのですが、(母もそう言っています。)
父を置いて行くのが今度は心配なのかもしれません。
あんなひどい人なのに。

今行っている病院は薬の治療だけで、
精神療法みたいなのはまったくしていないので、
こっちへ連れてきて、そういった面からの
治療も受けさせたいと考えているのですが、、、。
私と妹の生活が仕事上不規則なので、それも母は不安のようです。
父の文句を言いましたが、私たち姉妹も自分が捨てられません。
母の為に全てを向ける覚悟がないのです。
母は可哀想です。
でも、母に対しても子供の私たちは実は、わだかまりがあるのです。
小学校の頃、アル中みたいになった時期もあったし、
人に言えないような行動もあった。

って、これも自分を守りたくってこんな事まで書き込んでいるのだと、
わかっているのです。

こんな場合、母を連れてきてしまってもいいのか、、、
すごく悩んでいます。
すみません、話がメチャクチャですよね。
はじめてなのにこんなに長くなっちゃってるし。ごめんなさい。

さっき、やっとサイストリーの文を全部読みました。
ぜひやってみたいと思っています。

No.858 2005/01/17(Mon) 03:18

 
Re: はじめまして。 / ジュジュ

きいろさん はじめまして
とても大変な状態で わたしがレスするのも気がひけますが
こういう意見もあるぐらいに思って聞いてください

きいろさんは お父さんとおかあさんと家族との間にたって
幼少のころから 周りにとても気を使われていたんですね
きいろさんが今思っている以上にきいろさんはこころをさいて毎日を送っていたのでしょうね

お父さんとお母さんは 共依存状態のようですね
お父さんの強がり傲慢は お父さん自身が自分の弱さを隠すために無意識にそういう態度に出る
お父さん自身が満たされない気持ちでおられる
お父さんはお母さんのうつ病を ほんとにうつ病と思えないで(おもいたくなくて) 
お母さんがなにか怠けているような感じにおもっておられるのでしょう

お母さんもお父さんの傲慢な態度に
男はそういうものだとか
わたしがいないと困るだろうと思っている反面
お父さんへの怒りを溜め込んでしまっているみたいに感じます

これはもう夫婦の問題で
これ以上きいろさんが抱えることはないと思います
抱えても きいろさんが親を見離してはいけないという義務感を満足させるだけで 解決にはならないでしょう

この件に関しての感情的な問題はご両親に任せて
事務的な用事や ほんとうに人手が必要な時に手伝うぐらいにされたほうが良いと思います

ご夫婦どちらかが気づかない限り
他の人はどうしようもなく 精神的にも肉体的にも疲れるだけで
今度はきいろさんが参ってしまうかもしれません

ご自分でも書かれているように まずご自分を守ってください
もう今まで十分にご両親を理解しようと
また 家庭を守ろうと 知らず知らずご自分をほって生きてこられたはずです
どうか 今からはご自分をいたわってあげてください

それから お父さんやお母さんに対するいかりや悲しみは当然で 
親にたいして愛情を前面に出さないといけないという倫理は
特に今のきいろさんには合いません

お母さんもお父さんもそれなりに生活していくと思います
今大切なのは きいろさんや妹さんが疲れ果てて
親に対する罪悪感や 不当に自分を責めてしまうことで こころをいためでしまわれないことです

これから 結婚されてお子さんをもたれた時 
きいろさんたちが穏やかなこころで子育てが出来るようにすること
機能不全家族を引き継がないことが優先されるよう願います

お父さんお母さんのことは 遠くからそっと見守ってあげてください

No.859 2005/01/17(Mon) 09:11

 
Re: はじめまして。 / 管理人

 はじめまして。
 今の状況のなかで、お母様を連れてきて、一緒に住むとなると、相当な覚悟が必要です。お母様も住み慣れた場所を離れて、ほかの場所に住むということが、大きな負担となることも考えられます。
 ただし、担当医の許可があって、お母様自身が納得してくれて、ご姉妹が交代でしっかりと面倒を見られる、また期間を限定する、ということであれば、悪い方法ではないと思いますが。

 もっとも理想的だと思えるのは、きいろさんとご姉妹の方が交代で、しばらくご実家に住んで面倒を見る、ということになるのでしょう。しかし、今のきいろさんやご姉妹の生活を犠牲にしても、お母様やお父様の状態がよくなるかどうかは予想できません。

 ジュジュさんのおっしゃるとおり、きいろさんご自身の幸せを第一に考えて、ご実家にはできる範囲で顔を出す、というのがもっとも現実的な方法だと思います。

No.861 2005/01/17(Mon) 23:11

 
お返事ありがとうございます。 / きいろ

ジュジュさん、管理人さん、
やさしいお返事、どうもありがとうございました。

私は今まで自分を犠牲になど全然してきていないのです。
両親から逃げて、好き勝手にやってきました。
だから、あんまりやさしいお返事をいただいで、申し訳ないような気持ちです。
ただ、そこから逃げないと、
すごく暗い人生になってしまうなって、本能的にわかっていて、
自分だけ逃げたという感じです。

母を引き取って一緒に暮らす事は、本当に覚悟が必要だとは思っています。
実は姉と妹は今まだ悩んでいて、私が説得しているような状態なのです。
なのに、私自身も覚悟が決まっていない状態で、、、。
だんだん3人でがんばろうって方向になってきてはいるのですが、
それが母にとって良い事かはわかりませんよね。
こんなではダメだとは思うのですが、
それでもあの父とあんなに弱ってしまった母を、二人っきりにするなんて、
どうしても考えられなくって、、、。
どうなってしまうんだろうか、
何か大変な事になったりしないかって考えてしまって。

管理人さんのおっしゃるように、姉妹が交代で実家へ住めたりできればいいのですが、
実家は新幹線などを使って4時間くらいかかります。
今は、姉妹で2週間に一回交代で週末帰っています。
それぞれが自分の生活を捨てたくないのと、
あと、父との生活にうんざりしています。
妹は、1年半前までずっと実家で暮らしていたのですが、
実家での生活に疲れ果て、精神的にも弱くなってしまい、
たまに耳鳴りなんかもしてたみたいで、、、。
両親は不安定のままだけど、妹が壊れてしまうと思い、
こっちへ出てくるように進めたのです。
そんな感じなので、誰ももう実家へは帰りたく有りません。
でも、母は本当に今弱ってしまったので心配です。
昔なら「勝手に夫婦でやっていくだろう。」って思っていたのですが。
父のそばにいたら気になる事も多くて、また再発した時、
もっとひどいことになってしまわないかと、、、
一年前の再発の時は、あまりにひどい症状だったのです。
父は町内会長をしていて、それが母の大きなストレスになっているのに、
辞めようとしてくれないのです。
父本人の生き甲斐になっているようなのです。
父が母の為にいい環境を作るって事はまったく望めないと思います。

管理人さんのおっしゃっていた、期間を限定するっていうのは、
母と暮らす期間を限定するっていうことでしょうか?
限定すると、少し良いのでしょうか、、、。

また長くなってしまって、すみません、。
まだまだ、悩んでしまうと思いますが、お返事をゆっくり噛み締めて、
もう少し、しっかり現実的に考えてみようと思っています。
ありがとうございました。

No.862 2005/01/18(Tue) 03:19

 
Re: はじめまして。 / 管理人

 まずは、何が目的なのか、よく考えてみてください。
 お母様の状態がよくなることが、一番の目的となるはずですね。お父様からお母様を引き離すことではありません。
 お母様を無理矢理連れてきて、これからはずっと私たちと暮らすから、というような方法をとった場合、お父様のようなタイプの人が納得するとは思えません。お母様も、お父様が猛反対しているのに、きいろさんたちと安心して暮らせるでしょうか。

 まずはある程度の期間、治療環境のととのった場所で生活をしてみる、というような話のすすめ方なら、お父様も納得しやすいのではありませんか。現在の主治医から許可をもらっておけば、もしまたお父様のもとで暮らすことになっても、治療の継続がスムーズにいきますね。
 きいろさんのお姉さまも妹さんも、まずはある程度の期間、ということでしたら、協力しやすいでしょう。

 困難だと予想できることを始める場合、周到な準備が必要です。
 でも、準備ばかりに時間をかけていては、機を逸します。ある程度の準備ができたら、見切り発進も考えておくべきでしょう。要するに、機敏さですね。
 あとは、状況の変化に対する臨機応変さ、お母様の容態の変化が起きたとき、即座に判断し実行する必要があります。そのためには、ある程度踏み込んだ病気に対する知識と、救急病院などの治療環境に対する情報が必要です。

 お母様の容態が、きいろさんたちとの生活のなかで、少しずつよくなってきたら、そのときにあらためて、お母様の生活の場所を考えたらいかがでしょう。

No.864 2005/01/18(Tue) 20:57

 
冷静に考えてみます。 / きいろ

管理人さん、お返事本当にありがとうございました。

父の事となると、なぜか感情的になってしまうようです。
冷静さを失ってしまって。

今考えているのは、母を呼ぶにせよ呼ばないにせよ、
まず妹と二人で、母も呼べるくらいの環境の場所に住まいを移そうと思います。
実家も実家で、手すりをつけるなどの、母を迎えられる環境づくりをします。
そして、管理人さんのアドバイス下さったように、
ある程度の期間ということで、母にも父にも話してみます。
私は知らず知らず、不安定な母に重要な決断を迫ってしまっていたのだと思います。

今後また、いろいろと質問させて頂きたいとおもっています。
その時は、よろしくお願い致します。

No.867 2005/01/19(Wed) 02:21


状況が変わりました。 / アリリン

昨年はいろいろお世話になりましたアリリンです。

今、かなり混乱してしまっているので上手く説明できるか分かりませんが聞いてください。

BPDの母も入院してからかなり落ち着き、自分が今までどれだけ周りを振り回していたかを自覚できるようになってきました。
暮れに外泊許可も出て、お正月を家で過ごしてそのまま退院してしまいました。任意入院だったのでもう病院に戻りたくなかったのでした。病院の規則は刑務所のようだと言っていました。
私自身は、落ち着いたと言われてもかなりわだかまりが有り、なかなかそばに行くことが出来ずにいました。

それが、一昨日突然の妹の自死で、全てが吹っ飛んでしまったのです。
妹も母に良く似た性格で、考えなしに突っ走ってしまい、もう戻らないところに旅立って逝きました。

せっかく良くなりそうだった母がまた壊れてしまいそうで不安です。今は自分を責めています。これからどうすれば良いのかと聞かれ、なんと答えてあげればいいのか分かりません。私もつらいのです。

No.848 2005/01/11(Tue) 22:23

 
Re: 状況が変わりました。 / スプー

大変でしたね。
お母さんの入院自体はすごく良かったようで、これを契機に
回復されると良いですね。

>病院の規則は刑務所のようだと言っていました。

決まった事をキッチリするというのは悪く言えば刑務所みたいかも
しれませんが、回復していくには悪い事じゃないんですよね。
だからこそ、普通の病院よりは厳しい規則があったりします。
(実際、規則が厳しい国・環境で暮らす人はBPDの人の確率が
少ないそうです)

妹さんの事は残念でしたね。
妹さんがBPDだったとすると、やはり衝動的な行動だったのでしょう。
多くはリスカとか死なない程度のODのようです。ただ、思った以上に
多い量の薬を飲んだとか、体に負担がかかってしまったとか、衝動が
強すぎて死に至ってしまう事もあるようです。
この病気を抱える上での事故みたいなものだと思いますよ。
誰のせいでもないのです。

この件でお母さんは自分を責め、場合によっては人を責めるでしょう。
これはBPDの人じゃなくても子供がそのような事に遭えば大なり小なり
陥ることだと思います。主治医の先生とよく話し合い、元の状態まで
戻らないように注意してあげてください。
場合によっては、お父さんやアリリンさんも精神科をたずねてみてください。


妹さんのご冥福をお祈りいたします

No.849 2005/01/12(Wed) 15:20

 
Re: 状況が変わりました。 / 管理人

 なんと申し上げていいのでしょう。
 アリリンさんのつらさを思うと、本当に心が痛みます。
 妹さんのご冥福、心より申し上げます。

 妹さんも、不安定な心に飲み込まれてしまったのでしょうね。
 スプーさんもおっしゃっているとおり、これはもう、事故のようなものと考えるしかありません。境界性人格障害の人は、何の前ぶれもなく、まわりの人の理解を超えた衝動で、ふっとあの世に旅立ってしまうことがあります。

 お母様は、自分の心を見つめるような入院生活を続けてきたこともあって、自責の念に駆られているのでしょう。もちろん、子供を自死という形でなくした親は、ふつうの人でも、おかしくなってしまうものです。
 アリリンさんご自身も相当に苦しいでしょう。でも、お母様も、強烈なストレスになっていると思います。大変でしょうが、主治医の先生とご自身のつらさも含めて、充分にご相談ください。
 こんな場合には、いろいろな人に話を聞いてもらうこと、とても大切だと思います。

No.850 2005/01/12(Wed) 23:01

 
Re: 状況が変わりました。 / アリリン

管理人さん、スプーさんにはいつも助けられ、今はここだけが心の寄りどころになってしまいました。

>スプーさんもおっしゃっているとおり、これはもう、事故のようなものと考えるしかありません。

そうですね。私もそう思っています。本当に死ぬ気が有ったわけではなく、発作的に薬とアルコールをあおってしまっただけだったのです。

やはりというか、今の母は他人を攻める言葉も出てきました。あの時こうしてくれれば助かってたはずだと。どんなに攻めてももう二度と戻ってこないのに、そうでもしないと気持ちの持って行き様が無くなっているのです。
ただ、前回のように過激にはなっていないので、なだめれば治まっていきます。
出来るだけそばについてあげればいいのかもしれませんが、私自身もいっぱいいっぱいで、長い時間母の言葉を聞いていることがつらいのです。ひとりで悲しみを受け入れるほうがまだ楽なのです。
気がつくと涙があふれて、止まりません。

妹には二人の娘が残され、上の子は22歳で結婚していますが、下の子はまだ16歳。すでに父親ともわかれているので、もう親と呼べる人は居ないのです。
無責任な母親でした。家族にいっぱい迷惑をかけて、さっさといなくなって逝くなんて許せません。

すみません。愚痴みたいになってしまいました。
私は自分の子供たちと過ごせる時間が有るので大丈夫です。
後は残された姪たちのことを、出来る限り守ってあげようと思っています。

No.851 2005/01/13(Thu) 19:16

 
Re: 状況が変わりました。 / ジュジュ

アリリンさん
自死をする人は 誰かのせいでするというものではないですよ
だから 妹さんの娘さんたちに そう伝えてあげてください

こころの整理さえつけば 下の娘さんもそれなりにしっかりと生きていくと思いますよ

娘さんたちに おかあさんは 最後まで精一杯の気持ちで生きていたって
今はおかあさんはゆっくり休んでいるんだって

わたしは そうおもいます
ゆっくりと寝たかったのだと思います
自分からはなれてゆっくりしたかったのだと

娘さんたちをかわいそうな子達だとは思わないであげてください
彼女達の輝いているところを引き出してあげてください

それから いっぱい 泣かせてあげてください
いっぱい 気持ちを吐き出させてあげてください
おこることも 大切なことです

わたしは ごめんなさい なにをいいたいのか

でも みんな 亡くなった妹さんも含めて
人生は一枚のかがやく絵なんだと
どんな形で人生を終わろうとも
それは もう絵として静かに横たわったものにしてください

No.853 2005/01/15(Sat) 00:02

 
Re: 状況が変わりました。 / アリリン

ジュジュさん、声をかけていただきありがとうございます。

妹は倍のスピードで、人生を駆け抜けて行ってしまいました。
残されは者は、誰を攻めることも出来ず、ただ悲しいのです。
でも、少しずつ涙の量が減ってきたことがわかります。

残された子供たちは、不思議とあっけらかんとしています。
たぶんまだ、無意識に気を張り詰めているのだと思います。
しばらくは、手続きなどにおわれていますが、全てが片付いた頃にどっと悲しみが押し寄せてくるような気がして心配です。

No.856 2005/01/16(Sun) 19:47

 
Re: 状況が変わりました。 / 管理人

 アリリンさんも大変でしょうが、ジュジュさんのおっしゃるとおり、残されたお子さんたちを見守ってあげてくださいね。
 きっとお子さんたち、まだまだ現実が理解できていないでしょうね。あまりにも急な亡くなり方でしたし、そのあといろいろな手続きがたくさんあって、自分の苦しさや悲しさを感じているひまもないのでしょう。

 本当の悲しさがあふれ出してきたとき、どんどん泣かせあげてください。その悲しさを受け止めてあげてください。もちろん、アリリンさんの悲しさも一緒に出していいんです。
 一緒に泣いて一緒に悲しんで、共に歩んでくれる大人がいること、とても大切です。

No.857 2005/01/17(Mon) 00:09

 
Re: 状況が変わりました。 / ネコ

アリリンさん、お久しぶりです。

妹さんのご冥福をお祈りいたします。

私も妹さんの死は事故だと思います。
誰のせいでもないです。
妹さんも悪くないしご家族も悪くないです。
妹さんはいつまでも皆さんのこと見守っていると思います。

アリリンさんも大変疲れていると思うので休める時は休んでください。
それから、たくさん泣いて怒ってください。

お母さんのことは入院されてよかったと思います。
お母さんは入院によってきっかけが出来た気がします。
だから、お母さんは自分で自分のことをいつかするようになってくるのではないかと思います。

No.860 2005/01/17(Mon) 09:35


(No Subject) / スノーマン

私は治療はしていませんが、自分がうつではないかと感じているものです。仕事場の人間関係に疲れ、半年に一度はひどい頭痛になり、朝起きられなくなります。人としゃべるのが億劫になり、なにもしたくない気持ちでいっぱいになります。ここで無理をしてはいけないと思って、なるべく休んで休養をとり、今まで乗り越えてきました。もともと性格も細かくて完璧主義で、自分の性格にも堅苦しさを感じているのは事実です。まわりにいらいらしても、まわりの人は変わらないのはわかっていますが、すこしずつ疲れがたまっていく毎日です。思ったことを言うと、ついきつい言い方になったりするので、それがかえって自己嫌悪を招きます。しっかりしているイメージが強く、人に甘えるのが苦手だし、自分で自分を創って追い詰めているような気がします。

No.854 2005/01/15(Sat) 10:41

 
Re: (No Subject) / 管理人

 はじめまして。
 なんとなく、ご自身でうつ傾向が感じられる、ということですね。でも、そのような性格、今度は肯定的に考えてみたらどうでしょう。そういう自分が今の自分なんだ、という感じですね。
 そして、そのような性格が持つ長所、たとえば、がんばり屋さん、仕事をきちんとする、などと認めていってあげてください。

 もちろん性格的な面を、もっと楽に生きられるように、少しずつ変えていく、という考え方もいいと思います。ご自身をこの世で一つしかない大切な存在だと理解し、自分という存在を、もっと積極的に受け入れてあげてください。

No.855 2005/01/15(Sat) 23:57





よくわからないのです / ph★ny

 初めまして。「育児の鬱」から検索しはじめて、この広場にたどり着きました。中年になって大学で心理学を学び始めた学生です。
 ハイリスク(かも?)の子どもの育児にひどく混乱し、自分の育ちなども含めてストレスの多い生活に耐えています。いつになったら終わりがくるのか‥。心の癒しが本当に必要だと感じています。
自分に心の傷があるのかもしれず、心当たりを思い出して記録し始めています。でも、色々な事をそのせいにしている自分もいます。数々の失敗も大きく頭の中で響き渡り、誰かのせいにしないと納まりが悪いのです。私は鬱なのかと思う事もありますが、自分がわからないのです。
 確かに居心地は良くない気がしますし、ACと言える気もします。病院へ行くほどとは思いません。でも寛容な育児が出来ていない事も確かです。その自分が他人の子どもを育てる仕事についているというところに問題がありそうで、「私はこの仕事をやってはいけないのかもしれない」と思う事があります。
物事の程度の見極めなど、本当にわかりずらいんですね。自分にそう感じています。
 なんだか楽になりたくて仕方ありません。

No.844 2005/01/10(Mon) 16:02

 
Re: よくわからないのです / 管理人

 はじめまして。
 子供を育てる仕事をしている場合、ある時、突然大きな壁にぶつかる、ということが起きやすいのだと思います。教師も保育士さんも、同様なのでしょう。
 こんな場合には、やはりカウンセリングが有効かと思います。ご自身の生育歴や生活史が大きな原因になるとは思いますが、ひとりでそれに立ち向かうより、誰かの援助があった方が、ずっと楽でしょう。

 精神保健福祉センターなど、公的な相談窓口を利用するのも一つの手だと思います。あるいは、精神科や心療内科などで、気軽に相談してみるのもいいと思います。
 うつ病は、自分ではわかりにくい病気ですので、一度診察を受けてみる、というのも決して無駄ではありません。もしかしたら、けっこう簡単に解決の糸口がつかめるかもしれません。

No.846 2005/01/11(Tue) 00:01


ありがとうございます。 / rinko

主人に説明して、義兄に連絡してもらいました。
とりあえず義兄に明日会うことができます。
主人もそうですが、私がいくら説明しても病気という認識は持ちづらいようで困ります。私が何かすることで責任が持てるのか?とも言っています。
でも、誰も何もしない状態で時間だけが過ぎてしまうことはプラスではないと信じています。
義姉の実家も全く干渉していません。
とにかく明日は管理人さんの書かれていることを参考にして、義兄に判ってもらえるように話してみます。
内心は自信も半々で緊張していますが、とにかく話してみます。
ほんの少しからでも義姉の心が癒される一歩が始まるように祈るばかりです。

No.840 2005/01/09(Sun) 18:02


(No Subject) / やすこ

はじめまして、妹のことでみなさまのご意見をいただきたく書き込みました。

私の妹は今21の大学3年生なのですが、妄想性人格障害の疑いがあります。
人とうまくつきあえず、なんでもないことで激怒して帰ってきます。
最近では家族とも全く口をきかない状況です。
なにか言うと、大声で怒鳴り、ドアを力いっぱい閉めるなど、
反発して手が付けられません。幸い暴力はふるってこないのですが、
母がまいってしまいどう対処したらよいものかわかりません。

一日中ひきこもり、TVに向かってバカじゃないの?と悪態をつきます。
自分の大学の友達を低レベルと言い、いわゆる高学歴の子達のことも、
バカにしています。しかし自分を否定されると、すぐ激怒。
独り言がとても大きいのは構って欲しいからかとも感じるのですが…。

妄想性の人格障害は改善の見込みがないように感じてしまうのですが、
どう対処すればよいのでしょうか?ご意見をいただきたいです。

私自身参っていて、うまく書き込めていなかった申し訳ありません。

No.833 2005/01/08(Sat) 00:40

 
Re: (No Subject) / 管理人

 はじめまして。
 もし、妄想性人格障害の疑いがあるのでしたら、医師の診察を受けることが先決だと思います。人格障害かどうかの判断は、実際に診察した医師しかできません。
 ほかの人格障害かもしれませんし、ほかの心の病気、または脳の障害なのかもしれません。被害妄想や攻撃性は、ほかのいろいろな病気でも出てきます。

 妄想性人格障害は、ひどくなると、とんでもない事件を起こす可能性もあります。なるべく早く医師の診察を受けた方がいいと思います。

No.837 2005/01/08(Sat) 21:18

 
Re: (No Subject) / やすこ

お返事ありがとうございます。
確かに自分たちでで妄想性の障害だといっても仕方がないですね。

でも、本人は自分がまともだと思っており、
また家族との接触も断っているので意志に連れて行くのは困難です…。
連れて行こうとした、ということだけで激怒すると思われます。
もう少し様子を見ることにして、なにか大きな問題を起こしそうでしたら、
強制的に連れて行きます、ありがとうございました。

No.839 2005/01/08(Sat) 22:18


ひどくなりました・・・ / ぺぺ

たびたびご質問、相談させていただいておりますが、今回は本当に悲しいです。発症から1年1ヵ月になりました。去年の今頃、来年は良くなっているだろう、少なくとも今よりは。。。と思っていました。

しかし、期待と裏腹にほぼ寝たきり状態、好きなゲームもPCもせず話も出来ません。ゆりもどし、逆戻りはうつ病に特有のものとわかってはいますが、あまりの落ち込み方になんで我が子が…という思いでいっぱいです。ただただ波が去るのを待つしかないのでしょうか。。。

前回の通院時、落ち込みのことを先生に言ったか聞くと、言ったとはいいますが薬の種類も量も同じです。
一緒に受診するのは嫌なようですから、主治医に話はしようと思います。知り合いに1年経って治らないんなら病院を変えたほうがいいんでは?といわれます。

なんだかネットゲーム云々で心配していた自分がアホに思えます。

No.828 2005/01/07(Fri) 13:40

 
Re: ひどくなりました・・・ / ジュジュ

息子さんのこと  辛い思いをされているようですね
我が息子も 違ったことでいろいろとしでかしてしまいます
妹の息子も何年も登校拒否をしていました

私自身がうつ病だし かつて登校拒否をしたことがあるので 
妹に 妹の息子のことを代弁しても 私の言う事が ずっとわからないと言っていました
でも ある時 ふっと霧が晴れたように 妹に息子の気持ちが見えたのだそうです
それからは 妹の息子が学校に行き始めました
妹自身も代わりました
今までと世界が違って見えると妹が言います

ぺぺさんがお医者様に頼る気持ちはわかりますが
まず ぺぺさんが今の息子さんの気持を深く理解できることが一番の早道だと思います

どうか 波が去るのを待つのではなくて
ぺぺさんも いっしょに飛び込んでみてください
同じ人間 ましてやわが子のこと
必ず分かることができると思います

息子さんの行動を見るのではなくて
息子さんのそのままを受け入れてあげてください
息子さんのこころのうめきに耳を傾けてあげてください
そのために本をよむなり ぺぺさん自身がカウンセリングを受けるなりしてみてください

息子さんがぺぺさんに話さないのではなくて
ぺぺさんに息子さんが入り込めないところがあるのかもしれません

えらそうに書いてすみません
ぺぺさんを傷つけることになってしまったかもしれません

ぺぺさんがまちがってるとかあってるとか言うことではありません
ただ 息子さんのもがきが私にはわかるような気がするのです
時間がかかるかもしれませんが
この時期は息子さんにとっても ぺぺさんにとってもとても大切な時です
見えない壁をどうこえていいのかわからないと思いますが
その壁が見えたとき ぺぺさんは息子さんに感謝すると思います

No.829 2005/01/07(Fri) 18:51

 
Re: ひどくなりました・・・ / ぺぺ

ジュジュさん、どうもありがとう。
プリンターが壊れているので、今からジュジュさんの書いてくれたこと手書で写します。

ほんとうにありがとうm(__)m

No.831 2005/01/07(Fri) 19:40

 
Re: ひどくなりました・・・ / 管理人

 お久しぶりです。
 息子さん、大きな波がきているのでしょうね。
 ジュジュさんの的確なアドバイスがありますので、ちょっとした補足をさせていただきます。
 患者の症状の変化が起きたとき、ご家族が過敏に反応しないこと、とても大切です。
 患者は、自分の状態の変化を、どうすることもできません。
 そこで、家族が過敏に反応すると、精神的負担が大きくなり、罪の意識を感じたり、症状が強くなったりします。患者の前で平静さを装っていても、大きな心の動揺は、隠しきれないものです。

 落ち着いて冷静になることが、今もっとも必要なことだと思います。そして、一番つらい息子さんの心の状態を受け入れて、少しずつでも理解してあげるようにしてください。

No.835 2005/01/08(Sat) 20:52

 
Re: ひどくなりました・・・ / ぺぺ

管理人さん、レスありがとうございます。
今日は二人で夕飯を食べる時、「私はご飯を作る事しか出来ないね、」と息子に言いました。「べつにいい」って言った後いつもより長く居間にいて、お笑い番組で笑いました。
なんか、束の間の時間でありますが、ほっとしたひと時でもあります。

鬱というのは本当に経験したものにしかわからない苦しみかと思います。落ち着いて冷静に、ですね。
どうも私は未熟な大人気ない親のようです。

ジュジュさん、私の姉の子も中3から6年間引きこもりでした。
理解のない義母も義弟もいる中でほんとうによく乗り切ったと思います。
子育ては親育てでもあるといいますね。
皆さんからのアドバイスを謙虚に受け止め、息子の心も受け入れていけるよう努力します。

寒さが一挙に増して来ましたね。
どうぞ皆さん、お体に気をつけて、風邪ひかれませんように。。ぺぺ拝

No.838 2005/01/08(Sat) 21:32


はじめましてです。 / rinko

しばらく前から「うつ」ではないかと聞いていた義姉の最近の様子が気になるので、こちらにやってきました。
様子は聞いただけなのでハッキリしませんが、一日中寝ている(横になっている?)そうです。夜に家族が帰宅しても電気もついておらず、とにかく日中何もしていない様子だそうです。
時々荒れるそうで、先日はつい声を荒げてしまった旦那様に対して「もう離婚して!!」といったそうです。
本人はもちろんのこと、家族もつらい日々を送っているようです・・・

私としては、これを病気として義姉を病院に連れて行きたいと思うのですが、まずどう接触を試みたら一番いいかを思案中です。
その家族に、そうしたほうが良いのだと話すことから始めなくてはいけません。
家も少し離れているので、普段は会っていません。
本人に会って話すことで、苦痛を与えてしまうようなことはないでしょうか?
宜しくお願いします。

No.827 2005/01/07(Fri) 09:29

 
Re: はじめましてです。 / 管理人

 はじめまして。
 まずは、お兄様(直接の家族)を通して、治療を受けることを勧めてみてはいかがでしょう。それがうまくいかない、または逆効果だと考えられる場合には、直接話すのもいいと思います。
 その場合の注意点としては、ただ勧めるのではなく、相手(お義姉様)の話をよく聞く、ということがあります。努めて平静さを失わず、中立的な立場で話を聞き続ければ、だんだんと心を開いてくれると思います。

No.834 2005/01/08(Sat) 20:39





過去ログ一覧(3) へ戻る


produced byYuki Tachibana