Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2005年02月05日〜



(No Subject) / 田村一伸

 お久しぶりです。
 私は精神病性二重うつ病(気分変調性障害/大うつ病性障害(中等度)、心身症、強迫性人格障害と戦い続けて今年で16年目になります。

 初めての方も考えて、私の名前を紹介しておきましょう。田村一伸(たむら いっしん)です。どうぞよろしくお願い致します。

 管理人さん、スプーさん。昨年はコンピュータ技術者を目指したいと申し上げ、色々アドバイスを頂きまして感謝に堪えません。私にはどっちかというと、DTPデザイナーが向いているか、と思います。文字フォントをいじることが昔から大好きですし、色を表現することも大好きです。それに私が大学を卒業後、障害者のための職業訓練校で製版アート科で、色の感覚を養ったり、コンピューター(マック)で勉強しましたし。

 お話しがずれてしまいました。私の悩みをどうか、聞いて、アドバイスを頂ければと存じ上げます。
 昨年の11月ぐらいから、頑固な不眠症から開放され、殆ど、夜中にはちゃんと眠れます。最後の睡眠誘導薬である「アモバン」も中止となり、眠れそうもない時は、抗不安薬「レキソタン」で対応しています。本当に嬉しいです。うつ病自体も軽症化を見出したようで、とても喜んでいます。
 主治医の先生が「あなたは15年前から「気分変調性障害」を基本に「大うつ病性障害(中等度)」を激しく繰り返していた」「でも、今は大うつ病性障害(中等度)の域から脱し、回復を見出しているようだ。」と言われ、精神病性である、被害妄想についても、「かなり軽くなっている。」と。主治医の先生から「認知療法」の入門的な本を探してきなさい、と言われ、探しましたが、入門といっても、専門的な言葉も多く、医師用の入門書という感じでした。それに3000〜4000円と高価ですし。主治医の先生に報告しました。あとは何も言っていません。うつ病が軽症化したと言っても、波がすごいのです。疲れている時と元気な時が。基本的にリズムはほぼ保たれていますが、睡眠薬を飲んでいるわけでもないのに、少し仮眠傾向なんですよね。主治医の先生からも「少しでも疲れたら、休みなさい。」と厳しく命令されました。
 ピークの時、100キロあった体重を、1年半かけて26キロ落とし、74キロとなりましたが、これも一瞬で82キロへと8キロも増え、停滞気味です。ただ、筋肉質化しているようです。どうすればいいんでしょうか?
 うつ病や体重の管理などについて、アドバイスを頂ければ、幸いでございます。

No.923 2005/02/06(Sun) 02:11

 
追加です / 田村一伸

 管理人さんのサイトは本当に良心的です。うつ病のことも詳しく書かれ、私も元気な時に勉強させていただいております。

No.924 2005/02/06(Sun) 02:20

 
Re: (No Subject) / スプー

どうしても波はあるのは仕方がない事ですし、大波・小波があります。
ですから、調子の良い・悪いで一喜一憂せずに、長い目で見たほうが良いのではないでしょうか?
導入剤が減ったりしても大丈夫な状態が続くのですから、決して悪い方向に進んでいるとは思えませんよ。

鬱病には調子が悪いときは休む。これしかないのではないかと思います。
認知療法も、読めばすぐに治るというものではないですから、焦らずにいましょう。

No.936 2005/02/07(Mon) 22:16

 
Re: (No Subject) / 管理人

 体重の増加は、治療の段階のなかで、ある意味仕方のないときもあると思います。主治医の先生も、スプーさんもおっしゃっているとおり、かなりいい状態になってきていると思いますよ。
 それから、認知療法の本ですが、楽天ブックスやアマゾンで検索をかけると、いくらでも出てきますよ。1000円以下の本も、けっこうあります。1000円台の本は、かなり多いです。
 入門をうたっている本で、1000円程度のものから読み始めると、わかりやすいでしょう。実際に手にとって確かめたいのでしたら、大きな書店なら、そろっていると思います。

No.941 2005/02/07(Mon) 23:16

 
アドバイス、ありがとうございます / 田村一伸

 スプーさん、管理人さん。アドバイスを頂き、ありがとうございます。
 まず、体重についてですが、体脂肪が計れる体重計で有名な「タニタ」というメーカーを使用しています。電子体重計です。今年1月から、たったの1ヶ月で、8キロ!!も増えたんですよ。ただし、筋肉質になっているようで、25%を割り、24%になるときもあれば、最悪でも28%しかとどまっていません。元気な時は、運動するように、と心掛けていますが・・・。それに、6〜7年前に主治医の先生が心身症のことで総合病院へ行くよう、と命令されたついでに超音波検査で「肝脂肪」「高脂血症」といわれ、ベザトールという、脂肪を取る薬を処方してもらいました。今も、主治医の先生に頼んで、今も出してもらっています。1ヶ月で8キロも増えたのは寒いからでしょうか、運動して汗はかくのですが、効果がずいぶん落ちているように感じています。???ナゾです???運動せず、食べてばかりいるのなら、わかるのですが・・・・???まあ、暖かくなれば、汗をかき、さらに減ることを期待しています。
 さて、病気ですが、服用している薬はピークの11種類より3種類減り、朝にレキソタンを飲んで、横になれば、下手するとガーッと寝てしまいますので、気をつけています。・・・ま、不眠症よりはず〜っといいでしょうね。感じています。過眠傾向ですが。元気な時と疲れている時の波が最近、少しは縮まったようにも感じます。
 管理人さん。認知療法に関してですが、私は京都市内に住んでいますが、実は京都でいちばん大きい書店はもちろん、大きな書店にあちこち足を運んだのですが、ダメでした。報告しておきます。
 過眠傾向がある、と主治医の先生に伝えたら「光療法がいい。インターネットで調べてきなさい」と。
 私としても、15年も軽くても「気分変調性障害」を基本に、ひどければ「中等度の大うつ病性障害」と合併し、心身症、過食症(といっても・・・、ただの食べすぎです)、被害妄想という、追い打ちをざんざん私を襲い、苦しめられました。気晴らしに物を買い過ぎたりして、200〜300万あった貯金がパーッと消えてしまった経験を持ちます・・・と、ね。まさに、三重苦ならぬ四重苦でした。主治医の先生も「はじめはわからなかったし、ノイローゼぐらいにしか見えなかった。」と。高校、大学、職業訓練校と奇跡的(特に大学)に卒業できたものですから・・・ね。
 精神障害者と身体障害者とは感じが違いますから、比べれませんが、一緒にすることができるとすると、精神障害者がいちばん苦しいかもしれませんね。実は私も中等度の聴覚障害者です。携帯も、慣れた人ならOKです。
 管理人さん、認知療法についてアドバイスを頂き、ありがとうございます。
 あつかましいかも知れませんが、また、追加のカキコにアドバイスを頂ければ、と存じます。

No.943 2005/02/08(Tue) 00:06

 
追加です / 田村一伸

 100キロから26キロ落として、74キロになり、今は8キロ増えて82キロ。でも、友だちからは「普通に見えるよ。太っているようには見えない。別人だよ。」と言ってくれています。これを励ましに、また、新聞にはさんでいるチラシも励ましにして、死ぬまで運動を続けたいと思っています。
 でも、26キロも落としたことは、自分自体も驚いております。
 ではでは・・・よろしくお願い致します。

No.944 2005/02/08(Tue) 00:15

 
Re: (No Subject) / 管理人

 苦痛という意味でしたら、身体障害者も、精神的苦痛の方が大きいのではないかと思います。もちろん、精神障害、特にうつ病や統合失調症の苦痛は、計り知れないほど大きいと思いますが。
 認知療法の本に関しては、まずネットで出版社と著者を調べて、本屋の店員に聞いてみる、あるいは、ネットで適当な本を探して、試しに買ってみる、という方法でいいと思います。
 私の場合、もう本屋へ行くことが、ほとんどなくなりました。理由は簡単です。時間的制約があるため、欲しい本がなかなか見つからないからです。今はもっぱらネットショップで本を買っています。
 体重の増加は、体脂肪率が極端に増えていないのでしたら、気にする必要はないのでしょうね。

No.955 2005/02/08(Tue) 23:22


スプー様 / ちゃまこ

はじめまして。
レスありがとうございました。
このまま放っておくわけにはいかない、何とかして医療機関への受診をと思っていますが、本人が「自分には異常がないのにどうして病院に行けなんて言うんだ」とひどく怒って暴れるため、とても困っています。

脳そのものに問題が発生していること含め受診させたいので、その旨、母ともきちんと話し合いたいと思います。

No.947 2005/02/08(Tue) 11:05

 
Re: スプー様 / スプー

どうしても行きたくない場合は、やはりなんとか誤魔化して行き易いようにするしかないような気がします。
精神科はこの際考えず、体全体で悪いところがないかを診てもらう・・・という感じだと、抵抗が少ないのではないかと。

どちらにしても、今、何が起きているのかは、検査してみないと判りませんし、問題があれば適切な紹介をしてくれるはずです。

No.954 2005/02/08(Tue) 22:50





たんぽぽ様 / ちゃまこ

はじめまして。
レスありがとうございました。
私の父は50代です。
去年、うつ病と診断されて以降、しばらくはうつ状態だったのですが、最近はとても気分がハイになっており、以前の父からは考えられないような行動、言動です。父を知る人は、父が2人いるようだと言っています。

さて、たんぽぽさんのお父様のお話を伺い、父ととても似ていることにびっくりしました。
父の場合、一番最初は 自律神経症状がやはりあり、それと一緒にうつ状態が1年以上続いています。
次に、とても忘れっぽくなり、約束したことが守れない、約束自体を思い出せなくなりました。
今冬になってからは、性格が非常に怒りっぽくなり、わがままになりました。
又、妄想・幻視が出始め、最近では勝手に外へ出たりなど、徘徊のような症状が出始めています。
私が電話してもそのことさえも忘れるのか、母には伝わらず、父自身の言ったことと行動も全くの反対になってしまうことがあるのです。
睡眠障害も長く、1日寝るのは2から4時間ということもあるのだとか。興奮して眠れないのです。
そして何よりも本人に病気である自覚がなく、正常だと強く思っているのです。

父は今のところ仕事には行っているので、そこでのトラブルはまだないのですが、このままではいつかトラブルを起こすようになるのではと心配です。

早急に医療機関に本人を受診させたい。
本当にそう思っています。
たんぽぽさんのお父様は、どのように受診されたのでしょうか。
私の父は、医療機関自体をかなり拒んでおり、困っています。

No.946 2005/02/08(Tue) 10:54

 
Re: なんとか受診できるといいですね / たんぽぽ

こんにちは。
私の父は 60代の前半で症状が出始めました。
普通のうつ病と大きく違うことは、かなり忘れっぽいことですが、何か一部を忘れるというよりは 起こった出来事をすっぽり忘れてしまうことです。
薬を飲んだこと、目薬つけたこと、電話をしたこと、それ自体を忘れていました。

あと 睡眠障害はだいぶ初期からとてもひどかったです。
これは一緒に生活する人に ものすごい負担です。
夜中一晩中起きている なんてことが 一日おきくらいで、母はヘトヘトになりよろけて骨折も何回もしてました。

ちゃまこさんのお父様はお仕事は続けていらっしゃるのですね。
もしできれば、お父様の同僚の方にそれとなく職場での様子を聞いてみられるといいかもしれません。

私の父もすごくプライドが高く、その反面病院を行くのを怖がり大変でした。
病気を発見されることがものすごい恐怖らしいのです。
私の父は自分をうつだと思っていましたから、その治療ということではスムーズに行ってくれました。
うつをお父様が認めたくない場合は、睡眠障害の治療ということで行くとか、もしくはお母様(偽の患者)の付き添いという形でお父様が行く(←医者には電話等で先に事情を話しておきます)という形をとる人もいます。
認知症の患者さんの場合だとこういう方がほとんどなので、病院に話をすれば応じてくれます。
MRI検査の他、知能検査に似たテストをするとすぐ脳に問題があるかどうかわかります。
治る病気であることを祈っています。

No.949 2005/02/08(Tue) 11:47

 
Re: 追記 / たんぽぽ

あともうひとつ、思い出したことがあるので。

お父様が暴力を振るわれるとのこと、私の父も症状がでてしばらくたってから暴力が出始めました。
父はすごく優しい人でそんなことする人ではなかったので、信じられなかったです。

ですが、肋骨が折れるほど蹴りを入れられたりしたそうです。
脳の異常のため、制御がきかないのだそうです。
私の母は父に首を絞められたことすらあり、強制保護入院させたこともあります。
ぜひ、お母様を守ってあげてください!

No.950 2005/02/08(Tue) 12:03


初めまして / ちゃまこ

初めまして。私は、30代の主婦です。
去年、父がうつ病と分かり、治療を続けていますが、最近症状が悪化しているようなのです。
父は定年を迎えていますが、仕事は続けています。
部署は変わったものの、仕事を休むこともなく、月1回の病院での投薬も、平日は休めないと(本人が休むのを嫌がる)母が取りに行っているようです。

病院では、1番軽い薬を処方され、本人もこれが合っていると思っているようですが、母が先生とお話する機会があり、最近の様子を話すと、症状が変わっているので薬も変えなければとのことだったそうです。
でも、本人が診察を受けていないので、勝手に変えることはできないとのことなのです。
その日はいつもの薬が出され、次は診察を本人が受けるようにと言われて帰宅しました。

母は、最近まで父の姉達に父について相談していました。
私も話は聞いていましたが、年齢的に若いので考えが違う、実の姉の方が気持ちを分かって力になってくれるのでは?などの理由があったようです。
でも、最初は熱心に話を聞いてくれていた叔母達も、最近では話から逃げるようになり、入院をすすめてくるのみ、又、子供たち(私と弟)に話して対処するようにとのこと。

もちろん、実の姉とはいえ、家庭もあり弟のことばかり考える訳にはいかないでしょう。
私も母にはあまり頼らないように言っていたのですが、身近にいるのは子供よりも姉達ということもあり、よく相談していたようなのです。
でも、今の状態ではこれ以上頼ることは無理でしょう。
ただ入院をすすめられるだけです。

父の話を聞いていると、話していることが分からない(妄想に近い話をする)また、こちらの話を理解できない。
壁に何枚も新聞の切り抜きを張り付ける。
独り言を数時間話す。
気に入らないことがあると、壁などを殴り穴を開ける。
また母に暴力を奮ってくる。
睡眠時間がとても短い。
自室に閉じこもり、誰かが入ろうとすると「入るなー」と大声を出して拒否するなど・・
危ないので包丁など刃物類は隠しているそうです。

私もどうにかしてあげたいのですが、娘の言うことを聞く耳を父が持っていないし、本人が病院を拒否しており、誰の説得にも応じないのです。
本人は自分は元気で病院に行く必要はないと思っています。
私自身は、このような状態で父が自ら入院するとは思えません。
今、無理をすることは父の感情を昂ぶらせるのではとも思います。
でも、母にとってはもう限界で、心労から体調も崩しています。
父のことをかばうような言い方をすると母が「じゃあ、私はどうなってもいいの?」と言うし、「話していてもどうにもならないよね」とも言われ私も困ってしまいます。

父の病気はうつ病なのでしょうか。
違う病気ではと思い始めています。
母は、父を今とは違う病院に連れて行き、(今の病院は入院施設がないので)場合によっては入院して治療を受けさせたいようです。

母も精一杯のことはしていると思います。
でも、「お前なんか出て行け」と父から言われたり、以前とは全く違う姿を見ると、とてもつらい気持ちになるだけでなく、苛立ちも感じるのでしょう。

父の病気はこれからも続くと思います。
でも、いい方に向かい、できれば完治をと願っています。

家族にとってもつらい病気。
家族として、どのようにしていけばいいのかと考えてしまいます。

こちらのHPを訪問させて頂き、悩んでいるのは私達だけではないなと思いました。
長くなりましたが、今の自分の心境を書き込みさせて頂きました。

No.926 2005/02/06(Sun) 17:02

 
Re: 初めまして / ジュジュ

ちゃまこさん はじめまして

自分を正常だと意地を張っているお父さん
たぶん 今の自分の状態を納得できないお母さん
ちゃまこさんは それを何とかしたいと思っても
意地やエゴや思い込みでだれも動きが取れないでいる

なんだか 冷静に現実を見ることの出来るちゃまこさんが一番ストレスを受けているようでしんどそうで心肺です

おとうさんは ただのうつ病ではないことはわたしもわかりますが
それ以上のことは私にはサッパリわかりません
お父さんがお年という事もありますし
妄想があり 怒りを人にむけるということでもあるようですので
難しいですね

お母さんがお父さんに振り回されると
その分まで ちゃまこさんにかかってきますものね

今の状態ではちゃまこさんがしんどくなるばかりで
本当にかける言葉も有りません

まず ちゃまこさんは出来るだけ外から見守るだけにして
ちゃまこさんがしんどくならないようにして欲しいとおもいます

やっぱり なんていったらいいかわかりません
すみません

No.927 2005/02/06(Sun) 19:24

 
Re: 初めまして / ちゃまこ

ジュジュさん、初めまして。
レスありがとうございました。

あれから父が勝手にいなくなってしまい、心配していました。
最近の父は、こういうこともあるらしく、母はその度に捜すそうです。
昨日は母の実家に行っており、(近郊の町です)実家から(母の義姉)連絡があってほっとしていました。

父は自分を正常だと意地を張っているのでしょうか?
だとしたら私は今まで思い違いをしていたことになります。
父は今の自分を理解できていないと思っていました。
父はプライドの高い人。
それは、診察して下さる先生も仰っているようです。
自分が調子の悪さを認めてしまったら今より薬が増える、もしかしたら入院になるかもしれないとの思いで、自分はどこも悪くないと言い続けているのかもしれませんね。

冷静に現実を見ることが出来る、家族の中ではそうかもしれません。
実は、私の主人も心の病で、もう4年を迎えます。
父と似たようなことも色々ありました。
病気になったのを主人の家族が私のせいにしたこともあるし、実家に帰れば治ると両親が連れて帰ったこともあります。
でも、治る前に主人は帰ってきました。
それは、主人の状態が思ったものとは違っていて、それを受け止めることが難しくなったようです。
話によると、暴れたわけでもなく、普通に生活していたそうなのですが、薬で眠くなってしまって睡眠が長くなったり、行動が遅めだったのが家族にとってイライラしたらしく、帰ってほしいとのことで。
勝手な話ではありますが、その後は実家で生活することもなく、
私と共に暮らし、随分良くなりました。
そうのようなこともあり、母よりは冷静な受け止め方ができるかなと思います。
又、父と一緒に住んでいませんから冷静な部分もあると思います。

私が一番心配しているのは、父と母の共倒れです。
今まで、母は子供たちにあまり詳しい話はしてきませんでした。
なので、どちらかといえば外から見ることが多かったのです。
でも、母は限界だし、どちらが倒れられても困ります。

私たちは、父のことで家族できちんと話し合ったことがないので、
機会を持ち話し合ってみたいと思っています。

ご心配ありがとうございます。
無理をせず、今後のことを少しずつ考えていきたいと思います。

No.933 2005/02/07(Mon) 11:31

 
Re: 初めまして / たんぽぽ

はじめまして。たんぽぽと申します。
こちらの掲示板は、ROMばかりですが よく訪問させていただいています。

ところで、ちゃまこさんが私と同じ30代とのことで お父様が私の父と同年代に近いのではないかと思い、投稿させていただきました。

ちゃまこさんのお父様は、うつ病と診断されて以降 症状が悪化されているようだとのことですが、ちゃまこさんはうつ病と違う病気を疑われているとのことで それはどういった理由からでしょうか?

実は、私の父は 最初 うつ病と診断されて治療していました。
入院治療しているうち、診断名は「レビー小体病」の可能性が強いと変更になりました。
「レビー小体病」とは認知症(痴呆症)の一種で 脳の変性疾患の病気です。
パーキンソン病と似た症状もある、アルツハイマーとはまた違った脳の病気でした。

父の場合、一番最初は 自律神経症状(汗をかく イライラする 手が冷たい)が出ました。
次に、性格が非常に怒りっぽくなり、わがままになりました。
そのうち、うつ状態になりました。(うつ状態が1年以上)
うつのようでありながら、うつ病の薬は効かず、とても忘れっぽくなり、いない人が見えたりなど妄想・幻視が出始めました。
それから、次第に勝手に外へ出たりなど、徘徊のような症状が出始めました。
その後は、認知症の症状がだんだん強く出始め、家族がわからない、妄想と現実の区別が付かない、認知のゆがみ、著しい睡眠障害、徘徊、とオンパレードになりました。

うつ病とそれ以外の病気の見分け方は、まず本人が自分に責任があるんだとの自覚・思い込み?があるかどうかでもわかります。
うつ病で無い場合、たいてい本人は自分は病気ではない(おかしくない)、正常だと思っている場合が多いようです。

ちゃまこさんのお父様が私の父とは違うことを、強く願います。
でも早急に医療機関に本人を受診させたほうがいいような気がします。

No.935 2005/02/07(Mon) 18:40

 
Re: 初めまして / スプー

皆さんがおっしゃるように、普通の鬱病とは違う気がします。
できる限り早く病院に行き、それ相応の検査をした方がいいと思います。
脳そのものに問題が発生しているようであれば、MRIなどでの診断が必要かもしれませんから、そのような設備のある病院に行かれた方がいいと思いますよ。

しかし、ご本人が病院に行きたがっていないのがネックになりますね。
なんとか納得させるしか方法はないとは思いますが・・・。
「人間ドッグにいこう」でも良いです。あらかじめ先生とは話し合っておく必要があるでしょうが。

No.937 2005/02/07(Mon) 22:24

 
Re: 初めまして / 管理人

 はじめまして。
 お父様の状態、うつ病というより、躁うつ病に近いように思います。躁うつ病は、たいていはうつ病から始まります。そして、ある時、躁転といって、うつ状態とは反対の状態になります。
 また、脳の前頭葉の変化、特にピック病などは、性格の変化が起きやすく、それまで温厚だった人が、突然攻撃的になったりします。脳梗塞や脳腫瘍でも、その部位によっては、同様の症状が出ます。妄想などの精神病症状も出ることもあります。
 タンポポさんのおっしゃるように、痴呆の始まりということも考えられます。痴呆は、アルツハイマーや脳血管性痴呆が有名ですが、ほかにもいろいろなタイプがあります。やはりうつ病から始まる場合がけっこう多いようです。

 なんとか説得して、まずは、神経内科、脳外科などで、一通りの検査をしておいた方がいいと思います。
 スプーさんのおっしゃるとおり、人間ドック(脳ドックというのもありますね)などで、話を進めてみてはいかがでしょう。

No.942 2005/02/07(Mon) 23:27





わたしもです / みみずく

おはようございます。
わたしも田村さん同様体重増加が気になっています。
この1年でジム通いをし、体重の73k→61kにおちましたが、
ここにきて、うつ傾向が強くなり、ジムへ行ける状態ではなく
なってしまい、動きも緩慢になり、寝てることも多く、また薬の
影響でしょうか、甘いものが食べたくてしょうがなくなり、70k
へ逆戻りです。節食しようとおもってもどうしても食べてしまいます。
困りました。

No.925 2005/02/06(Sun) 06:09

 
Re: わたしもです / 管理人

 体重の増減は、あまり気にしない方がいいと思います。
 ただし、薬の種類によっては、副作用として体重増加が見られるものもあります。一度医師と相談した方がいいでしょう。

No.938 2005/02/07(Mon) 22:47


これでいいのかしら? / ゆっぽ

初めて書き込みします。
主人がうつ病です。2003年に発病し、1年半仕事を休職しました。
去年9月から復職しましたが、今年、年が明けてからまた調子がおかしく、1週間行きましたが、それ以後ずっと休んでいます。
会社は理解してくれていて、無理するなといってくれます。
本人は行かなきゃという気持ちはあるようですが、睡眠剤を飲んでいても、朝になると気持ちが重く、行くことができません。睡眠もあまり取れず、午前中は寝ています。
昼間から夜にかけては割と調子よく、趣味に没頭したり、インターネットをやったりしています。
私も1時期悩み、色々問いかけてきましたが、今はあんまり言っても仕方ない、かえって傷つくことを言いかねないので、普通の会話しかしません。
会社に電話するとき、「明日は行きます」とか、私にも「明日は這ってでも行くから」と約束してみたりします。でも行けず、自分に多少いらつくこともあるようです。
イシャには今が踏ん張りどころと言われ、「あんまり長く休むと、かえって行きづらくなるよ」と言われます。
わかっているけど行けないのです。
会社での自分の立場を、いづらく感じたり、このままでいいのかと思ったりしています。
私が思っている以上に大きな壁があるらしく、どうしたらいいものか?
このまま私は普通に接していればいいのでしょうか?
昼間と朝の調子のギャップの大きさに、どうしたらいいかわかりません。
いつか光が見えるのでしょうか。

No.920 2005/02/05(Sat) 22:44

 
Re: これでいいのかしら? / 管理人

 はじめまして。
 ご主人、なかなかうまく社会復帰できないようですね。こんな場合には、医師と相談しながら、どんなことが原因で会社に行けないのか、じっくりと聞き出してみてはいかがでしょう。
 もしかしたら、現実的でない思いこみ(認知のゆがみといいます)が見つかるかもしれません。
 仕事の内容に関することが問題だとわかったのでしたら、会社の上司と相談することも必要でしょう。

 また、復帰してしばらくのあいだは、リハビリの期間となるわけですから、午後に元気になるのなら、午後から出社して、仕事に慣らしていくとか、妥協点を見つけていくことも、効果的だと思います。
 もちろん、朝起きて仕事をする、という生活のリズムは、とても大切です。ある程度の期間が過ぎたら、そのような生活に戻すことは考えておくべきですが。

No.922 2005/02/06(Sun) 00:50





過去ログ一覧(3) へ戻る


produced byYuki Tachibana