Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2005年02月08日〜



ご意見を聞かせて下さい / ハム

はじめまして。メールのことについてご意見を聞かせてください。
一年ちょっと付き合っている彼と連絡がとれなくなりました。
もう1ヶ月以上になります。
今は10日に1回程のペースでたわいもない内容のメールを送ってます。
しかし送信後「精神的に苦しい時にこんな内容の無いメールを送ってこられてイラだちはしないだろうか?気分を概してはいないだろうか?」など考えてしまいます。
どのサイトもメールに関しては「たわいもない」「近況を報告するような」というような事が書いてあるのですが、なかなか具体的なことが見えてきません。
どのくらいのペースでどういう内容のメールを送っていらっしゃっいましたか?また、嬉しかったメール・言葉はどういう内容のものでしたか?身近な方がうつになられた経験のある方、また実際にうつになられた経験のある方、どうぞ参考にさせてください。

No.963 2005/02/10(Thu) 17:29

 
Re: ご意見を聞かせて下さい / ぺぺ

ハムさん、はじめまして。
彼はもしかすると、落ち込みが激しくて、何にもしたくない、出来ない状態かもしれませんね。そういう事あるみたいです。
他の方にも申し上げているんですが、波がありますから、波が去れば急に連絡をとり始めるようになるかもしれません。
周りの人間は騒ぎすぎたり、悩みすぎたりせずに、辛い状態を察してあげる、理解する、という事が大事なようです。

メールの内容は難しく考えなくていいそうですから、少し静観してみるか、おはよう、どう?くらいでも送ってあげるといいかもしれません。
えらそうにアドバイスなどできる人間ではありませんが、参考になるならと書き込みさせて頂きました。m(__)m

No.967 2005/02/11(Fri) 15:11

 
Re: ご意見を聞かせて下さい / 管理人

 はじめまして。
 彼の様子がどんな状態なのか、詳しくわからないと、ちょっと答えづらいのですが、精神的に苦しい状態だということは確かなようですね。
 メールの内容につきましては、彼の今の状態、お二人の関係、メールでのやりとりの今までの経緯など、さまざまな要素がからんできます。要するに、当事者にしかわからない要素が、とても大きいということです。

 もし彼がうつ病だったとしても、適切な対応の仕方は、患者の状態によっても変わってきます。したがって、「相手の負担にならないような」、「たわいもない」、「近況を報告するような」というような答えになってしまうのでしょう。

 ただし、実際にうつ病と闘っているぺぺさんのお答えは、とても参考になります。ぜひお役立てください。

No.969 2005/02/12(Sat) 00:29

 
ありがとうございました / ハム

ぺぺさん、管理人さん、ご返答ありがとうございました。
詳細も書かず、質問だけしてしまい、大変失礼いたしました。
彼は昨年夏頃、うつ病と診断され2ヶ月ほど心療内科へ通院してました。
その時は比較的残業が少ない時期だったので今より余裕があったのか、うつを患いながらもこちらからのメールにも答えてくれ、週に1回会う事もできていました。
通院をやめ3ヶ月程はなんとか普通に過ごせていたのですが、10月中旬より、一緒にいてもほとんど話さない・表情がない・触れてこないというような態度をとられるようになりました。
その頃私には「うつが再発しているのでは?」という考えがなかったため、彼に腹を立て私もよそよしい態度をとったり、これじゃいけないと思い話し合おうとしたり。しかし、彼はあまり反応がなく「うーん…」と言ったっきり黙ってしまうので、話し合いにはなりませんでした。一度「彼は別れたくてわざと冷たい態度をとっているんでは?」と思い、気持ちを聞いた時にも「いや、何も考えてなかった」という答えでした。が、11月下旬に外食した時に隣が騒がしい席に通されたのですが、顔色が変わる程すごい落ち込みを見せ、結局ほとんど食事も喉を通らず店を出るということがありました。この時初めて私の中で再発のことが頭をよぎり、彼に聞いてみたところ「いや違う」という返事が返ってきました。昨年通院した際は、彼自身が意欲のなさ、体調不良をおかしく思い、カウンセリングを受けに行ったので、私も彼の自己判断を信じてこの時はそれ以上質問したり、通院をすすめたりってこともしませんでした。
結局この日が彼に会った最後の日になりました。彼は一年で一番忙しい時期に入るため休日もまともにとれなくなるからという理由がありましたが、正直なことを言えば私は「どう接していいかわかない」と悲観的になっていたので、少し落ち着くためにはいい時間になるという思いもありました。メールはその後も週1ペースで送信し、返事もきていましたし、逆にメールでは普通に接することができる位でした。が、12月末に、年末には一度会っておきたいと思いメールしたところ、初めて3日返事がなくやっときたメールは「もうダメだ。死にそう。メシも食えない。休みが取れたら休みたいです」という内容でした。このメールを最後に連絡がとれなくなりました。
今さら長々と書いてすみません。昨年彼がうつになった際、ネットで基本的なことは調べていたんですが、今回更に詳しく調べてみたり本を読んだりしていく内に、私は彼の変化に気づかず、逆に彼を追い詰めるようなことをしていたんだと思いました。今私には、メールを送ることによって声をかけたり、思いを伝えることしかできない状況なので、みなさんのご意見をお聞きしたいと思い投稿したという次第です。
みなさんからの返事を読み、ちょっと一言一句に神経質になりすぎてたなと思いました。
内容もさることながら、返事を頂けたという事が大変嬉しく、救われた思いです。
本当にありがとうございました。

No.981 2005/02/14(Mon) 11:03





病名告知について / azu

管理人様、スプー様には大変お世話になっています。
今回は病名告知について教えて頂きたいのですが、
弟は今まで行った幾つかの病院で、すべて「鬱病」と診断されています。
ところが、こちらの掲示板や、いろいろなサイトで確認してみたところ、どうも「境界性人格障害」で間違いないようです。
本人は「鬱病」と思っている為、「鬱病は必ず治るんだ、薬を飲んだらなおるんだ。でも、もう何年も飲んでいるのに治らない。眠れない」と言っているのです。
私が「鬱病じゃないと思うよ」と言うわけにもいかず、「境界性人格障害」の治療に必要な「考え方の移りかわり」を実行させる事に非常に支障がでています。
このままだと「鬱病は薬を飲めば治る」と思っている弟は、薬を飲む事以外の治療をせず、前進できないのです。
なぜ、病院の先生は「境界性人格障害」という事をおっしゃってくれないのでしょうか?

No.919 2005/02/05(Sat) 09:35

 
Re: 病名告知について / 管理人

 これは難しい問題ですね。たとえば、自傷行為や自殺企図、まわりの人に対する暴力など、自傷他害の危険性がある、という場合には、診断名もすぐに変わってくるのでしょうけど、たぶん医師の前では、自分の苦痛だけを伝えているのでしょう。

 本人は、他者や身の回りの出来事に対する認知方法がふつうではない、ということに気づかないわけですから。自分の苦痛だけは意識できるのでしょうけど、その原因がわからないわけです。また、まわりの人の苦痛も理解できません。

 このへんが自覚できるようになれば、治癒に向かっていくのですが。まわりの人が、冷静で毅然とした態度で、それはおかしい、そんなことをされれば不愉快だ、と伝えていくしかないのでしょうね。ともかく本人が自覚できる環境が大切です。
 そのためには、まわりの人は、振り回されず、自分の生活をしっかりと組みあげていく、それぞれが独立した人間で、自立して生活している、というような雰囲気を作っていくことですね。

No.921 2005/02/06(Sun) 00:39

 
Re: 病名告知について / azu

管理人様こんばんは。
早速のレスありがとうございました。
そうですか、やはり難しいものですか。正直、弱りました。
「鬱病だ」と信じているので、まさしく「他者や身の回りの出来事に対する認知方法がふつうではない、ということに気づかない」のです。
「まわりに迷惑をかけているのも、気分が落ち込むのも、眠れないのも鬱病のせい、欝は薬でしか治らない」という意識なので・・・。
しかも、認知方法がふつうでない事を自覚させようと、冷静な態度で臨めば臨むほど、憎まれ、暴れだす事が多くなってしまいました。
最近では、「お前と話してるとぶっ殺したくなる。お前が死ぬか、俺が死ぬかだ!!」と言うようになってきていて、かなり危険度が増してきました。
客観的に見て、「気持ちが沈み、引きこもる事」は少なくなりましたが、逆に怒り、暴れるという事が多くなりました。
今までは気持ちの浮き沈みが2〜3日おきに起きていたのですが、
最近は安定した状態→暴れる状態 が半日おきにやって来ている感じです。
午前中は、ものすごい剣幕で怒り、家中の壁を穴だらけにしたかと思えば、午後から「気持ちが落ち着いた」と言って甘えてくる。
そんな毎日なので、こちらがヘトヘトです。
愚痴のようになってごめんなさい。
そういえば、昔連れて行った病院で、「あなたの病気は治らないから!」と言われた事があるそうです。
それで、「僕は鬱病なのになんで治らないんだ?鬱病は薬で治るって書いてあったもん!」と泣きじゃくって帰ってきた事がありました。
あの時の先生は、「鬱病」だけではない事を気づいていたのでしょうか。
今は、ある大学病院に通っていますが、そこでも
「もう、当病院では治療できない。申し訳ないがよそへ行ってくれ」と本人に言われてしまいました。
これから新しい病院探しです。
書き込み長くなってごめんなさい。
早く良い環境と、良いお薬を見つけてあげたいです。

No.928 2005/02/06(Sun) 23:20

 
Re: 病名告知について / スプー

病名告知の問題は、いくつかあると思うのです。
管理人様のおっしゃるように、本人が鬱病と診断されるような話ばかりしてしまう場合。「人格障害」と伝えると、本人が落胆して立ち直れないと判断している場合や、まだその時期ではないと判断している場合。主治医が「人格障害」という言葉が嫌いで使いたくないは場合。主治医が人格障害の治療に強くなく、人格障害に対する治療から逃げている場合。
という感じでしょうか。

一番問題なのは、一番最後の場合でしょうね。
人格障害は文字通り人格(性格)に問題があるのですから、薬はほとんど効きません。薬そのもので治るはずがないです。性格を変えるしかないのです。
つまり、主治医は「人格障害」と判断して治療を行うとしたら、カウンセラーと役割分担をしたとしても、相当な時間、努力、ストレスを受けなければなりません。本人が「鬱病」で納得し、家族が支えることが出来るなら、鬱病と診断するのが最も医師が楽な方法なのです。


しかし、私は安易に「鬱病」と診断するのは好きではありません。
世間一般の鬱病患者への誤解が生じますし、そもそも治療方法が鬱病と境界性人格障害ではまったく違うからです。
確かに、どんな人でも性格を直すというのは極めて大きなストレスがかかりますから、自殺行為を繰り返すなどの大波に揉まれているときは無理でしょう。しかし、薬である程度落ち着き、本人が治したいと思えばどんどん告知すべきだと思います。また、本人には言わなくても、メインで支える家族には、本当の事を伝えるのがいいと思うのです。


>冷静な態度で臨めば臨むほど、憎まれ、暴れだす事が多くなってしまいました。

これは出るでしょうね。今まで自分の思い通りに動いていた人が思い通りに動かないのですから。


>最近では、「お前と話してるとぶっ殺したくなる。お前が死ぬか、俺が死ぬかだ!!」と言うようになってきていて、かなり危険度が増してきました。

迷わず早急に主治医や警察に相談してください。
攻撃が外に向かう場合は非常に危険です。新しい病院が見つかるまでは、今の病院または、精神福祉センターで相談してみてください。
ちょっとでも人に危害を加えるようなら、迷わず警察を呼んでください。世間体とか可愛そうだとか考える猶予はないですから。


>「もう、当病院では治療できない。申し訳ないがよそへ行ってくれ」

実は境界性人格障害などの場合、病院探しの時に「境界性人格障害の疑いがあるのですが」と言ったり、境界性人格障害と判明したとたん、面倒見れないと断られることが珍しくないようです。

1,2週に一度、ちょっと顔を見る医師でも嫌がるのですから、家族が毎日どんな思いでいるか・・・本当に大変なことだと思います。

しかし、一番新しい技術を持つ必要がある大学病院で、しかも人格障害の率が増えている現在、なんで断るんでしょうかね?
対処できる医師が求められているのに。


>早く良い環境と、良いお薬を見つけてあげたいです。

攻撃性が強いなら、たしかテグレトールとかを処方してもらうと良いのですが・・・

No.934 2005/02/07(Mon) 13:04

 
Re: 病名告知について / 管理人

 残念なことに、スプーさんのおっしゃるとおり、人格障害の治療から逃げる、治療方法を持たない、という医師はたくさんいます。
 当病院では治療できない、というのは、ある意味、どうしようもない事実なのかもしれません。大学病院には、どうしても、重度のうつ病や統合失調症、躁うつ病の患者がたくさん治療にくる傾向があります。
 そのような患者の治療は、もちろんかなりの重労働です。人格障害の場合、社会生活は別として、たいていは日常生活が自力で送れます。自力では日常生活すら、まともにできないような患者が、どうしても優先されるのでしょう。

 なかには、正面から人格障害の治療を受け入れてくれる病院もあるはずです。この機会に、少し広く、本格的な治療をしてくれる医師を探すべきだと思います。

No.940 2005/02/07(Mon) 23:08

 
Re: 病名告知について / azu

スプー様、管理人様
いつもコメントいただきありがとう御座います。
なんとか次の病院が見つかりました。
今まで、お医者さんに頼っている部分があった事は否めませんが、
今まで何人ものお医者さんに、ひどい暴言を吐かれたこともあり、(病気の説明をするときに、ある特定の凶悪犯罪者の名前をだし、これと同じ病気です。と言われたり、患者にむかって「親のすねかじりで恥ずかしくないんですか?」と言ったり・・・)弟も私もかなりお医者さん不審です。
今度の病院に通ってみて、よい方向に行く事を祈るばかりです。
スプー様、管理人様のコメントを見て、この病気は何て複雑で難しい病気なんだろうとあらためて感じさせられました。
医療も発達して、早く、多くの方たちが病気から開放される日を願っています。

No.958 2005/02/09(Wed) 01:08

 
Re: 病名告知について / スプー

新しい病院が見つかってよかったですね。

境界性人格障害(またはそれに近い人格障害)の人が病院から敬遠される事が多いのは、先生も振り回されるからなんですよね。
しかも、病気といっても性格も問題からきているだけに先生も厳しくなるのでしょう。もっとも、犯罪者の名前を挙げたりするのは問題ですが。

BPDを治すのに甘やかしは逆効果です。でも見放しは禁物で、普通の人以上に気を使っていても、本人は見放され感という得体の知れない巨大な恐怖に襲われているのです。必要なのは一人の人として扱い、時には厳しく、でも決して見放さないという事ではないかと思います。


精神科医でさえ大変な思いをし、時には暴言を吐いたりするのですから、人格障害に力を入れている病院探しは重要なポイントかもしれませんね。

たとえば、すでに思春期ではないと思いますが、BPDの多くは思春期に症状があらわれることから、思春期の症状に力を入れている病院は期待できるかもしれません。また、電話でBPDと思われるけど、診察可能かどうかを問いあわせるのもいいかもしれません。


この病気は、本当に厄介ですね。
本人も知らない、その人の根っこに原因があると言われるだけに大変です。土台が曲がって柱もすべて歪んでしまった家を壊さずに治す訳ですから、大工(医師)、家(本人)、倒れるのを支えている人(周囲の人)の全ての力が揃って、初めて希望が見えてくるのでしょうね。

難しい病気ですが、カウンセリング技術により、以前よりかなり直る確率が高くなってきました。本人の治療意欲を出すまでが大変ですが、焦らずやってみてください。決して振り回されないよう距離を保ちつつ。

No.961 2005/02/09(Wed) 23:06

 
境界性人格障害 / まりい

自分が私的に自己愛人格障害の人に悩まされているのに…
ついついレスさせていただきます

横レスになってしまいますかしら☆ごめんなさいね。

新しい病院見つかってよかったですね

医師が告知をしない理由は考えるに二つ
@通院させ自傷などの危機を回避させ自己治癒(成長)を待つ。
(大体のBPDは30までに収まるといいます。
30過ぎたものは予後が悪いです)
人格が悪いといわれて通院する人はまれです。
ABPDの治療そのものから逃げたい。
確かにBPDの治療で医師自身が医師になりたての頃に
外傷体験を負ってしまって
無意識に心無い言葉を吐いて、
「追っ払う」こともあり…あくまでも無意識です。

@のケースが多いのではないでしょうか
Aも無視できません。

私は長年こじれて未告知の患者さんには皆、
治って欲しいという願いを込めて告知しています
「未熟な人格だけど、早く大人になって楽になろう」と
結構受け入れて頑張ってくれますよ。

BPDの場合はある程度大きな病院、医者の複数いる病院でないと
保険診療では厳しいです
それ専門のところもありますが、小規模クリニックだと
大体私費です(1時間1万前後)
また、分析的アプローチですと自傷などの行動化が頻発するため
(自我のゆるい人なので)以前は主流でしたがあまりお勧めしません。
また、カウンセリングなどの一方的にクライアントの話を聞く
方式では「記憶の歪曲」が起こり
何故かありもしない「近親相姦」「虐待」が語られます。
また、話を聞いて貰うということになれて
人に好かれない性格を助長することにもなりかねないので
どうかと…

大学病院、総合病院精神科、医師の複数いる精神病院
などで、
中核となる衝動コントロールの悪さを薬で抑えて
認知療法的アプローチを受けさせるのがいいと思いますが
自らに治療意欲がない限りは無理です

きちんと病名を言って治療に当たってくれる医師は
私の知っている限りでも残念ながら少数です
でもいないことはないですので
転医も決して悪いことではないので
(BPDは出会いと別れを繰り返し、成長します。
治癒はしませんが、社会的機能が上がりQOLも上がります)
これからも頑張ってみてください
医師の転勤による主治医交代も追わない方が患者のためです

用語が難しかったらごめんなさい
気をつけます

あと、家族が必死で助けようとすると巻き込まれるので
見守っているのだというサインを送りながら
かまいすぎないことが大切です
基本的な信頼感が欠如しているのが
BPDの特徴です

それでは…

No.976 2005/02/13(Sun) 02:18





初めまして / ドルフィン

ドルフィンと申します。
昨年末にうつ病と診断された彼の事で今とても悩んでいます。
付き合いは2年半になりますが,昨年初めぐらいからなんとなく彼の様子がおかしいな?と感じていました。症状は仕事の忙しさも変わりなく休みもない職場に対して苛々したり,気分の沈みがだんだんと激しくなり,外出も人と会うことも避け,家で1日ゴロゴロとする事が多くなった彼に最初はうつ病だと知らなかった為,付き合ってる事に不安を抱いたりしてました。そして昨年末に彼から「体の疲れが一向にとれないし病院で診察をした結果,うつ病と診断された,付き合っていく自信がなくなってしまった。これ以上私には迷惑をかけたくないから離れようと思う」と突然さよならを告げられ,私はかなり辛かったけど,しばらく静かに彼を待っていました。離れてから1ヶ月後に彼からメールがあって,彼の気分が優れている日にはメールが来てます。
でも,彼の身体はもちろん病気の事が心配なので,私の存在が彼の治療の邪魔になるのではないかと悩む毎日なのです。うつの事を勉強し理解しようと思い,ネット上を歩いていると管理人様のサイトに出会い感動しています。一人で悩んでいても解決しようがないと思い書き込みさせて頂きました。管理人様,1日おき位にメールが彼から来るんですがその時,うつ病の彼へサポート(行動・かける言葉など)出来ることなどがなにかあればアドバイスしていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

No.911 2005/02/04(Fri) 02:37

 
Re: 初めまして / ぺぺ

ドルフィンさん、はじめまして。
私は鬱の息子を持つ母です。

>でも,彼の身体はもちろん病気の事が心配なので,私の存在が彼の治療の邪魔になるのではないかと

これは大きな間違いだと思います。
一人になりたいのに、人が恋しいみたいです。
息子は恋人などいないのですが、そういう人が欲しいようですし、いれば回復の仕方もぜんぜん違うと思います。
決して、彼から離れず、距離を保ちながら支えてあげてください。

息子は大きな波がさり、かなり良くなりました。復学も予定しています。ドルフィンさん、鬱は必ず治ると彼にいってあげてくださいね。

No.912 2005/02/04(Fri) 06:57

 
Re: 初めまして / 管理人

 はじめまして。
 彼の件、相当におつらそうですね。
 ぺぺさんのアドバイス、さすがにうつ病と闘ってきただけあって、とてもすばらしいものだと思います。

 彼は、うつ病特有の悲観的な思考にとらわれているのでしょう。 「このままつきあっていたら、ドルフィンさんに迷惑をかけるだけだ、ここはおとなしく身を引こう、その方がドルフィンさんのためになる、ドルフィンさんには、自分よりもっとふさわしい人がいる」というような思考です。

 でも、ぺぺさんもおっしゃっているように、ドルフィンさんと本当は離れたくないのでしょう。ある程度の距離をとりながら見守る、という態度で接していけばいいと思います。
 メールが来たら、返事はした方がいいでしょう。でも、自分の感情をあらわにすると、彼は負担に感じます。日常的な近況報告のような形で、返事を出せばいいと思います。

 彼からコンスタントにメールが来るようでしたら、返事を出すだけでいいと思います。もし、ある程度の期間メールが来なくなったら、近況報告のような形で、メールをした方がいいでしょう。この場合には、返事が来なくても気にしないというような、おおらかな気持ちが大切です。

 ドルフィンさん、おつらいでしょうし、彼のこと、とても心配だとは思いますが、のんびり気長に、彼の回復を待ってあげてください。

No.918 2005/02/05(Sat) 00:42

 
ぺぺさんへ / ドルフィン

ぺぺさんも今までいろいろなご苦労があって大変だったでしょうに,私の相談にのっていただいて感謝しております。温かいお言葉ありがとうございます。息子さんが復学に近づけてよかったですね。なんだか私までうれしい。うつの時は一人になりたいのに人恋しくなるものなんですね。最近の彼はというと,写メールで顔が見たいとか,今度会う機会があったらこうしたいとかこうなりたいとかの要望が強い傾向です。以前と違って私の気持ちには無関心で,悲しいです。彼にとって今は自分の身体や精神状態を保つのに必死なのか,病院で診断されてからは物凄く自分中心な考え方で我儘になってます。時々私自身も傷付くことが多いけど,なんとか乗り越えて頑張っていきたいと思ってますが,今,距離を保つ事の難しさを痛感しています。個人差はあるとは思いますが,ぺぺさんの息子さんは回復するのにどれくらい時間がかかりましたか? お構いなかったら教えて下さい。

No.929 2005/02/07(Mon) 01:48

 
管理人様へ / ドルフィン

彼の件で的確なアドバイスを頂けたのも、管理人様のサイトに出会ったからです。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。彼のうつ病との闘いは,まだはじまったばかりなので彼と接することに戸惑う部分とか,彼の一言に傷付いたりはしますが負けないように支えになってあげたいです。管理人様がおっしゃったように彼は悲観的な思考にとらわれており,またこうなるのではないか?とかもうこんな自分の力では無理だとか,彼と話してると節々感じます。もともと友達の多い彼も一時期,夜中に友人から相談事を持ちかけられて真夜中に電話が鳴るのが嫌で土日は電源落としていました。最近はそういったことも少なくなってきたみたいで私もほっとしています。先日,携帯や番号とメールアドレスも変え,限られた人だけに教えてる様です。ある程度の距離をとりながら見守る、という態度で接する様努力しているつもりなのですが,日々難しさを痛感してます。メールが来たら、こういうときは日常生活の楽しい話は逆効果になりますか? そうですね,彼のことはとても心配だけど、のんびり気長に、彼の回復を待ち支えてあげたいので頑張ります。

No.931 2005/02/07(Mon) 03:09

 
ドルフィンさんへ / ぺぺ


>個人差はあるとは思いますが,ぺぺさんの息子さんは回復するのにどれくらい時間がかかりましたか? お構いなかったら教えて下さい。

息子はまだ完全に治ったかどうかわかりません。まだ薬も飲んでますし、体力も以前のようにはありません。しかし、最近2キロくらい走ったり、用事をしてくれたり遊びに行ったりしますから良くなっているという事は事実です。発症から今で1年2ヶ月です。それまでにももう治ったと思った事はあったんですよ。
とにかく波があります。

ドルフィンさんも彼もとてもいい人だなと思います。
人から頼られる人というのはそれだけ信頼されている、いわゆる大人だと思います。彼の我儘は今だけでしょう。
完治にどれくらいかかるかは専門家でないのでわかりませんが、管理人さんが言われるのには80%くらいが1年くらいで治るということです。
彼は完全主義みたいなところありますか?
世の中完全とか、絶対なんてほとんどありません。適当とかほどほどがイイ事だってあるんです。そういう風に思えたらいいかもしれませんね。

長々とすみません。
お辛いと思いますが、明けない夜はないといいますから・・・
私もこのサイトでどれほど癒されたでしょう。
管理人さん、他の皆さん、本当に感謝しています!
ドルフィンさんも大丈夫ですよ。
彼は光療法もされてるんですね。いいですね。

No.932 2005/02/07(Mon) 10:12

 
Re: 初めまして / 管理人

 そんなに難しく考えなくてもいいんですよ。
 たとえば、ドルフィンさんがひどく落ち込んでいるとき、どんな感じだったでしょう。ほかの人に楽しい話をされても、ピンとこなかったのではありませんか。あまり人と一緒にいたくなかったのではありませんか。考え方が悲観的ななりませんでしたか。

 彼もそのへんは同じです。楽しい話を楽しいと感じない、長く人と話していると疲れる、悪いことばかり考えてしまう、自分は無価値だと感じる、そんな状態が長く続いているんです。
 友達と気楽に話せるような、ごくふつうの話題でいいと思います。ただし、彼に考えさせたり、答えを求めるのは、彼の負担になります。

No.939 2005/02/07(Mon) 22:56

 
ペペさんへ / ドルフィン

ありがとうございます!
そうですね〜明けない夜はないって言葉に励まされました。
ペペさんの息子さんも徐々にいい方向へ向かっていってるみたいで良かったですね。やっぱり母親の存在は偉大だなぁと感じました。数年前私と彼が出会った頃、彼は最愛の母親を亡くしました。今は彼の亡くなったお母様みたいにはなれなくても、無の気持ちで支えてあげられたらと思って頑張りたいです。が、現実はなかなか急にメールが来なくなると私も物凄く不安になるんです。
又、彼のひとりになりたい発作が始まったと気にしないほうがいいのですが…私自身は彼の身体と精神状態が心配で心配で。うつが治ったら忘れ去られそうで今とても怖いです。
彼からメールでコンタクトがない時は、私からメールしたら邪魔になるし、うっとおしいですよね?
ペペさんの予想とおり彼は完全な完璧主義者なところがあります。
そして私もそういう部分があります。彼にはいくら私が無理しないでと言っても言うこと聞かなくて、仕事の愚痴もほとんど話したくないみたいで、理由は仕事の事を話すと思い出して余計にイライラするからだそうです。なんでも1人で無理し過ぎる傾向はあります。

No.964 2005/02/10(Thu) 22:05

 
管理人様へ / ドルフィン

たしかに、ひどく落ち込んでいるときはそんな感じですね。昨年、私も仕事のストレスで体調を崩し、医師には軽いうつです。と診断されたときのショックは大きく、彼には落ち込んでる自分を気づかれないように必死にしてました。うつが直るまで半年間辛かったけど思い切って旅行へ行き、自然の中でぼーっと過ごしてたら、なんだこんなことにこだわってたのかとちっぽけな自分がおかしくなってきて、いつの間にか元気になってました。ここ5日くらいパッタリと彼からメールがこなくなりました。なんか存在すら拒否されてるように感じてきてますが、なんとか乗り越えたいです。

No.965 2005/02/10(Thu) 22:27


管理人様 / ちゃまこ

はじめまして。
レスありがとうございました。
私も父は躁うつ病で、今は躁の状態ではと思っていたのです。
又、脳に異常があるのかもしれません。
やはり早急に受診させることが必要です。

昨日、母が父の起こしたことで、一歩間違えば大変なことになるところでした。
病院に行き、とりあえず落ち着いたものの、それでも母に罵声を浴びせたり、暴れたりするので、このままでは母も耐えられないでしょう。
私が実家に電話した時、「母が病院に行っているので迎えに行く」と言っていた父は、実際には行くどころかのん気にご飯を食べていたそうです。
聞くところによると、父が起こしたことで母が具合が悪くなってしまったことを父は知りつつ、病院に連れて行くどころか会社に行ってしまい、母1人が自分で病院に行き、帰ってきたのです。
父とも少し話していますが、病気にはふれることなく、私自身への罵声を始めました。

私も実家に帰るなどして何とかしてあげたいのですが、母からは何かあっては大変と拒否されています。
色々な方法を考えてはみるのですが、父が納得するような答えが見つからず困っています。
どのように説得したらいいのでしょうか。

No.948 2005/02/08(Tue) 11:34

 
Re: 管理人様 / 管理人

 治療を拒む患者を説得するのは、確かに大変なことです。でも、お父様の様子をうかがいながら、いろいろな方法を考えてみてください。精神保健福祉センターや保健所などで相談するのもいいと思います。

 たとえば、精神的な症状が出る内科的な病気や感染症などもあります。このような方面から、ちょっとした検査、という説得方法もあります。
 私が使った方法も、いいのではないかと思います。うつ病との闘い方」( http://iyashi.find21.net/utsu/ )をご参照ください。

 また、自傷他害の危険がある、精神症状が強く出ている、という場合には、警察や保健所に相談して、都道府県指定医の往診も受けられるはずです。調べてみてください。

No.957 2005/02/08(Tue) 23:41





過去ログ一覧(3) へ戻る


produced byYuki Tachibana