Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2005年02月28日〜



気力を奪われる / ネネ

 こんにちは。
 下の子がお腹にいるときに離婚して、上の子は今年成人です。
別れた人とは、幸せになれそうもありませんでしたが、「どうしても」と言われ、また、親も「断るんやったら出て行ってほしい」と言われ、自分の中で、「こんなに乞われるんだったら、幸せになれるかも」と思い込ませることで状況から逃避したのです。案の錠、結婚した途端、「釣った魚に餌はやれへんからな」と自分の都合のいいとき意外は、帰りませんでした。
 今、その付けで、上の子は引きこもり、真ん中の子は「恋愛してないと気持ちが分かれへん」と知り合ったばかりの人と東京で暮らすと言っています。二人とも、留年して、高校も卒業できないでいます。
 上の子が思春期になるまで、二部屋しかない団地で生活しました。団地は、老齢化がすすみ、子のいる世帯は、私のところだけでした。子供は「うるさい」と、何もしないのに年寄りに怒鳴られて大きくなりました。母子家庭はへんに干渉され、他の棟の母子家庭も同じでした。
 職場では、子供のことを聞き出そうとして、ひつこいので、少し言うと「親の教育がわるい」「25歳までに外に出さないと、一生出られへんようになる」と追い詰められることばかり言われます。母子家庭だと、「仕事は止められへんからな」とどこに行ってもいわれ、今まで施錠していなかったロッカーに施錠するようになったり、下品な言葉を投げかけられることが多いです。
 仕事で子供より早く家を出ますが、仕事と家事に追われ、くたくたになっても、子供は家事一切手伝わず、夕方から降り出した大雨に、下の子を保育所に迎えにいって仕事から帰ると、洗濯物はいつもびしょびしょで、子に嘆いてしまったことがいけなかったのでしょうか。
 自分たちの家庭が、うまくいくように協力を求めることに対して、専門家に他のもろもろを相談したとき「子供は、お手伝いさん違う」と言われました。今は上の子二人は、ひものような生活をしています。下の子だけが、手伝ってくれ、気力をなくしかけている私の支えです。精神科にも相談に行きましたが引きこもりは、病気じゃないとのことでした。心の相談センターに相談したら、深いな気持ちにさせられ、予約を断りました。
 上の子が中学のときに、服薬自殺未遂しました。目覚めて、下の子が自立できるまでは生きていないとと毎日思って生きています。
 上の子はそのことが許せず、それ以前は「勝手に離婚しやがって」と毎日なじられ、干渉すると、暴れるので、私も歯止めが利かなくなるときがあります。今日も頭を拳骨でおもいきり何度もなぐられ、私も死にたかったので、「もっと殴れ」と言いました。以前も肋骨を骨折しました。上の子たちとは暮らせないと毎日思っています。上の子は私が平日に家にいると「仕事は?」と聞きます。自分は家でゲームをして一日過ごしているのに。
 どうしたら、この状況の中で、気力を維持できますか。
 訪問看護のカウンセリングを受けていますが、マイナスではないが、プラスでもないと思っています。

No.1067 2005/03/01(Tue) 22:05

 
Re: 気力を奪われる / 管理人

 はじめまして。
 いろいろと大変なご様子ですね。お子様の引きこもり、なかなか難しい問題だと思います。
 ただ、書き込みの内容からすると、どうも過去の不幸なことを引きずりすぎているように思います。母子家庭でも、ふつうに育つ子供もいます。また、まわりの人のなかには、温かい人もいたのではないかと思います。
 心の相談センター、確かになかにはあまりいい対応をしてくれない人もいるかもしれません。でも、親身になって相談を受けてくれる人もいると思います。

 いろいろな意味で、もう一度自分を信じ、人を信用するというところからやり直してみるといいように思います。今の状況は、確かに過酷だと想像できます。でも、まだまだ利用できる公的な援助等、あるはずだと思います。あきらめずに、いろいろなところで相談し続けてみてください。
 訪問看護のカウンセリングも、無駄だとは思えませんが、長い時間がかかることも事実でしょう。焦らないこと、とても大切です。

No.1069 2005/03/01(Tue) 23:28

 
Re: 気力を奪われる / スプー

すごく大変な状態ですね。
管理人様がおっしゃるように、過去の問題が大きく影響していると思います。

ネネさんをはじめ、上のお子さんも人を信じられない状態になっているのでしょうね。
すでにアドバイスされていますが、上のお子さんについてはかなり長い時間がかかりそうな気がします。


個人的な意見ですが、もう成人になる上のお子さんについては、自分で生きる事が十分出来る年齢です。十二分に責任を果たしたと思うのです。ですから、ネネさんが耐えられないようであれば、放り出しても良いんじゃないかと思うのです。放り出すのは無理なら、逃げてもいいんじゃないかと思います。

子どもだろうとなんだろうと、決して暴力に出ていいものではありません。書込みを拝見する限り、すでに犯罪の域に達していると思います。そして多くの場合、このように暴力を振るう時は制止がききません。エスカレートする事はあっても、簡単には収まらないでしょう。

自分が、そして下の子が少しでも危険だと感じたら、躊躇なく逃げたり警察に電話して良いと思います。事前に警察に相談していた方が良いかもしれませんね。


ネネさんは親としての責任は十二分に果たしているのですよ。どうにもならなければ、逃げたりしても良いんですよ。

No.1070 2005/03/01(Tue) 23:58

 
Re: 気力を奪われる / さくら

私の親も離婚し、子どものころは反抗しました。
親の前で死んでやるとベルトで首を締めたこともあります。
そのときの私の気持ちは「愛してほしい」でした。
抱きしめてあげることはできないのでしょうか?
上のお子さんも、下のお子さんも、行動は違うけど、同じくらいお母さんの愛を求めてると思います。大好きだからこそ、反抗して「愛してほしい」ってアピールしているんだと思います。
私は一度だけ母に抱きしめてもらったことがありました。それがあったから本当に最悪な状態になることを回避できたように思います。
子どもは、親の心を本当に鏡のように表すものです。
私が反抗していた時は、兄弟も喘息やアトピーになったりしてました。
あと、私も、親の手伝いは本当にしませんでした(^^; だから、いつも愚痴られ、余計に反抗して手伝わなかったりして。
ケンカばっかりしてたけど、今は、母の優しさ、強さに感謝の気持ちでいっぱいです。
ネネさんの気持ちが伝わる日は絶対にきますよ。
まずは、家族が「今ここに生きている」ことに感謝してみたらどうでしょう?
人間、全く誰にも愛されてないと死んじゃうそうです。
生きてるってことは誰かが愛してくれてるんです。そんでもって「神様が愛してくれている」ってことだと思います。
離婚してから、父には会ってません。ずっと憎んでました。
でも今は父の幸せも心から祈ってます。
人間は変わっていくものです。
私は専門家でも何でもないのでエラそうなこと言えませんが、母子家庭で育ってきた人間として、気になったので。
今、ネネさんは女手ひとつで本当に頑張ってらっしゃると思います。それってスゴくかっこいいです。
誰になんと言われようと、自信をもっていいと思います。
私は、母子家庭が恥ずかしいなんて思いませんもん。
私も母に「誰が離婚してくれって言った!」って暴言をはいてました。反省ですね。でも今は母を誇りに思ってます。
お子さんみんなを愛してるよって抱きしめてあげてください。
一度で伝わらなかったら、何回も何回も。そしたら、ネネさんの心も癒されていくと思います。

No.1071 2005/03/02(Wed) 01:05

 
Re: 気力を奪われる / ネネ

前を向いて行きたいけれど、子供たちの言動に、つい、過去を振り向いてしまいます。
 真ん中の子は夕方から起きて、バイトに行って、帰ってくると朝までゲームをしています。それで学校に行けません。毎日毎日、朝起こして、仕事に行く通勤途上で、学校に行ってくれたかな、と心配しながら会社に向かいます。「早く寝ないからおきられない」と言っても、楽しいことに流されている毎日です。
 バイトで稼ぐお金以上にものを購入して、親に「何もしてくれない」と言います。
 上の子は、リストカットしたこともあります。「死にたい」が「殺したる」「人を殺してみたい」と言い、「お前を利用して生きてやる」と父親と同じようなことを言ってきました。誰でも人を殺してやりたいと思うことはあっても、親につぶやく様に言われては、溜まりません。「人を殺すと言うことは、その人と一生かかわって生きていくいうことやで」と言うしかありません。
 訪問看護さんに聞いて、いい先生を紹介してもらいましたが、インフルエンザにかかった時も病院と言う名の付くところには行ってくれません。気を失わなければ病院には搬送できません。
 子供にどうしたら、心配していることが伝わるのでしょうか、私も気持ちが追い詰められていることも。

No.1073 2005/03/02(Wed) 05:32

 
Re: 気力を奪われる / 管理人

 お子様に対して、自分のつらい気持ちを伝えるのは、ごく自然のことだと思います。ただ、そこで別れた夫のせいだとか、誰かを悪くいうのは、いい影響を与えないでしょう。
 ご自身を見つめ直して、自分にも悪いところはあるかもしれないとか、お子様にそうあって欲しいという人間像を見せ続けることが大切だと思います。あとは、自信に裏付けされた親としての厳しさですね。

 精神的に疲れきってしまうと、なかなかうまくいかないものです。追いつめられている、と感じるのでしたら、精神科や心療内科で、ご自身の状態を相談するのも、一つの方法だと思います。
 そうしてお子様にも受診をすすめれば、説得にも力が出てくるでしょう。親が医療を信用していなければ、お子様も信用できないものです。

No.1083 2005/03/02(Wed) 22:32

 
Re: 気力を奪われる / ネネ

何とか突破口を作ろうと、精神科にかかり、訪問看護さんに来てもらっています。Drは、ここでは話は聞けないから、訪問看護といいました。「薬嫌やねんな。そしたら訪看さんに話を聞いてもらって」で診察が済みます。月に1回来ると続けられるとのことです。「いっぱい来てもらい」と言いますが、しんどいので2週に1回にすると「何でや」と言います。訪問看護さんも、息子には他の病院を勧めました。ただ、疲れずに受診できるので、続けています。
 お心のこもった、ご返事ありがとうございました。少し落ち着きました。真ん中の子は高校を中退して、東京へ行くとのことです。もう引き止めないことにしました。

No.1090 2005/03/03(Thu) 02:31

 
Re: 気力を奪われる / さくら

少し落ち着かれたようで、よかったです。
私は高校卒業とともに家を出ました。母と離れて暮らしたからこそ、感謝できるようになったと思います。
離れたほうが、うまくいくこともあるし、お子さんも成長するんじゃないでしょうか。温かく見守ってあげてください。
訪問看護の方に来ていただいたりと、前に進む努力をされているネネさん、素敵です。自分で、自分をほめてあげてくださいね。
ネネさん、そして3人のお子さんの幸せを心から祈ってます。

No.1104 2005/03/04(Fri) 00:38

 
Re: 気力を奪われる / ネネ

離婚したことは後悔していません。
さくらさんに聞きたいです。私に投げかけた温かい言葉を、お母さんにもかけていますか?今、お母さんとの関係はどうなのでしょうか。
 今通っている精神科は、そこから派遣されている訪看さんもよくないと言われ、実際、そう感じています。上の子に受診させたくて、良い先生を探しており、私が受診しました。過去に自殺未遂をしたことがあることで、うつ病と診断されています。
 上の子は先日の暴力で、ますます立場が逆転していると思い込んでいるかのようです。
殴られることはちっとも恐怖ではありません。仕事をしながらも、心が無くなって行く様で悲しいです。
 もう住めないな、とよく思います。下の子に話したら。「すぐにでも、二人で別のところに住みたい」と言いました。
 真ん中の子は、親の言うことは何も耳に入りません。止めないというよりは、止めても無駄なのです。
 先生、上の子は、受診させてみることで、自分を大切にしてくれる可能性はあるでしょうか。

No.1122 2005/03/05(Sat) 12:10

 
Re: / さくら

ネネさんへ
先日、自分の誕生日にはじめて母に「生んでくれて、育ててくれて、ありがとう」ってメールしました。照れたみたいですけどね。喜んでました。

私は、母から、言葉の暴力を受けてました。
父の悪口を聞かされ、「お前は父親そっくり」と言われ続けることで、=自分は人間失格。って思ってしまったんですよね。
どんなに頑張っても、ほめてくれない。もっと、もっと、ってなる。どれだけ頑張ったら、いつになったら、母に認めてもらえるんやろう?って。ものすごく投げやりになってました。
そして、自分に自信が持てなくて、いつも誰かに助けてほしいって思ってたんです。
必死にいろんな本を読んで、1年前に「自分を幸せにするのは自分自身」って言葉に出会ったんです。そこから、自分の興味のある習い事を始めたりしながら、少しずつ自分で自分を好きになる努力をしています。まだまだですけどね。
母の優しさを本当に理解できるようになったのは、今年に入ってからです。30手前にしてやっとマイナスよりプラスの部分を見れるようになりました。母にとっては長い道のりだったと思います。
早く親孝行できるようにならなきゃです。そのためにも自分の心を見つめて磨いていきたいなって思ってます。
ネネさんにこうしてお返事することで、私自身、自分を振り返る機会をいただいてます。ありがとうございます(^^)
お母さんが信じてあげれば、子どもは絶対に変われます。
良い先生との出逢い、心から祈ってます。

No.1130 2005/03/06(Sun) 00:12

 
Re: 気力を奪われる / ネネ

私自身、母との関係はうまくいっていません。実家の家族関係もやや複雑です。母親の違う兄が、実家のお金を使い込み、母は、多額の借金で、朝から晩まで働いていました。兄弟も多かったので、子供に食べさせるだけでもしんどかったと思います。優しい言葉をかけてもらった記憶はありません。
 大正生まれの母は、男の子ができるまで、子供を生み続け、私のすぐ上に兄ができた時すごく嬉しかったそうです。母が私に向かって口にする言葉は「男やと思って生んだのに」「いらんかった」と
言う言葉です。物心ついたときから言われ続け、生活苦から、母や姉たちのはけ口になってきました。
苦労は買ってでもしなさいと言いますが、卑屈になるだけの苦労ならしない方がましだと思っています。
夫になった人は、実家が会社をしていたので、お金を融通して貰えると思って結婚を望みました。私は心の交流(甘えがあった)を求めていましたが、まだまだ、よき伴侶(友)を迎えるには、自分自身の成長が必要だと思っています。
ギクシャクした、家庭環境で育ち、言葉のキャチボールが苦手です。子供たちとの関係もそれにかかっているんだと思います。誰にも頼れない状況で、幼い子供に甘えて来たと思います。そして、今にも倒れそうな親に、子もいつまでも甘え続けて、悪循環を断てないでいます。
家族力が弱いので、第三者の力を借りる必要があると感じて、相談に行っていますが、先生の言うように、時間がかかるものだと焦らずに自分を成長させながら、取り組んでいくことが大切だと思いますが、焦って失敗ばかりしています。
母との出来上がった人間関係は、離れて暮らすほど、距離を置くのがいいと感じています。何か問題があがると、スケープゴードにされて、それがみんなをまとめるきっかけになりますが、悪者(しんどい役)になるほうはしんどいです。
母が大病をしたとき、付きっ切りで看病しましたが、私に関してはみんな当たり前だと言わんばかりで、協力してくれる兄弟はいませんでした。母も「好きでみたんやろ」と言いました。
何か困ったときは押し付けられ、甘えることは許してもらえませんので、距離を置いて付き合う方法をとり、保身に努めています。

No.1135 2005/03/06(Sun) 22:24

 
Re: 気力を奪われる / 管理人

 お母様との関係で、相当につらい幼少期を過ごされたようですね。そんななかで、ずいぶん頑張って生活していらっしゃると思います。でも、ご両親に対して、ちょっと頑張り過ぎたかもしれません。
 お母様やご兄弟とは、ある程度の距離を保って、ご自身の生活を第一に考えてください。
 どんな場合でも、焦ると、いい結果に結びつかないものです。一歩ずつ着実に生きていきましょう。 

No.1138 2005/03/07(Mon) 00:21





夫のことで / かい

私の夫はもう2年半以上うつ病です。それでも働かなくては生活できないという気持ちがあり、仕事をしていますが、2年半で既に三回職場を変えています。どうしても状態に波があって、良いときは元気なのですが、体調がよくないときは、仕事に行きたくないと言って休んだり、起きることができなかったり、”もうどうなってもいい”というような投げやりな発言もあります。
その度に夫に負担にならないように、「休みたいなら休めば良いよ」とのんびり構えてきましたが、最近また「仕事を辞めたい」と言い出しています。現在の職場は割とのんびり仕事ができているところで定時で帰れるようなところなのですが、やはり「もう辞めたい」と言っています。夫が仕事を辞めても生活できるようなら「いいよ」と言ってやれるのですが、とても私の給料では夫まで養うことはできません。旦那の両親にも相談して、同居を考えたのですが、両親は「もう少し2人で頑張ってみたら」と言います。旦那の主治医は「社会生活の面からも仕事を続けながら治せるならその方がいいでしょう」と言われました。
私も精神的に限界に来ていて、うんざりしているので今の状態をなんとかしたいのです。夫に仕事を辞めさせて、私が転職するべきか、
しんどいから辞めたいと言っている夫をこのまま働かせるべきか、
どちらがいいのでしょうか?

No.1109 2005/03/04(Fri) 16:08

 
Re: 夫のことで / 時雨

初めまして。かいさん、時雨といいます。
私の父もうつでした。
仕事のことで父は眠れなくなり、朝はお腹の調子が悪くなる。そんな感じでした。時には、朝登校拒否をしている私を蹴り、怒鳴り、まるで私のせいのように「もう、会社いかんけんな!!」と怒鳴り散らしていました。母は、ただ見ていました。かいさんのように母は休めばと、言うだけでした。
でも、それぐらいなのです。周りの人間がしてあげられる事は・・
さいわいにも、父の事を心配してくれた会社は現場(父の会社は造船会社だったので)をかえたりしてくれました。
それでも、子供が3人いるため生活は苦しく・・・
母は既にバイトで通信制の学校に通っていた姉にお金をたびたび借りていたようです。
かいさん。かいさんが苦しいなら周りに頼っても良いのではないでしょうか?かいさんまで、病気になったら誰が旦那さんをはげますのでしょうか?
時には、旦那さんに自分の思いをぶつけてみてはいかがでしょうか?

No.1115 2005/03/04(Fri) 21:37

 
Re: 夫のことで / 管理人

 はじめまして。
 2年半も、ご主人のうつ病と闘病なさってきたのですね。いろいろとご苦労があったことと思います。お気持ちお察しします。
 さて、ご主人の仕事の件なのですが、辞めるべきか続けるべきか、とても難しいと思います。ご主人の状態がどうなのか、長いあいだ実際に診察を続けてきた医師の言うことが、もっとも適切だと思いますが。

 一般的には、長くぐずぐずした状態が続くようでしたら、あまり負担にならない仕事を続ける方が、治療のためになると言われています。担当医もそう言っているようですので、やはり仕事を続ける方が望ましいのでしょう。
 ただ、ある程度の期間、きちんと休暇を取ってしっかりと治す、ということができていない場合、神経症化して長引くとも言われています。このへんの判断は、医師に任せるしかないでしょうね。

 ところで、ご主人の場合、健保の傷病手当はもらえるのでしょうか。もしもらえるのでしたら、思い切って、ある程度の期間続けて休むという手もあります。生活面でも、そんなに厳しくならないと思いますが。

No.1117 2005/03/04(Fri) 23:46

 
Re: 夫のことで / かい


コメントありがとうございます。
 夫とはよく話をしているのですが、やはり感情的になってしまってイライラをぶつけてしまうことになってしまうので、気持ちが落ち着いてから話すようにしています。

 昨日も仕事のことで少し話をしました。夫は夕方になると多少元気になるので、「仕事はもう少し頑張ってみる」とのことでした。
 それにしても傷病手当のことは知りませんでした。もっと早くに知っていたら何度も職を変える必要なくきちんと療養させてから仕事に復帰させることができていたかもしれません。
 私も選択肢がもう決まってるものだと思っていたので、ちょっと安心しました。今後はこの傷病手当のことも視野にいれて夫とゆっくり話し合いながら結論を出したいと思います。

 ありがとうございました。

No.1121 2005/03/05(Sat) 09:18


母が鬱になりました。 / りっちん

私が嫁いで2年ちょっと、実母とは嫁いでからも週1ペースで会っています。
ここ最近母の様子がおかしく、母自身もおかしいと思ったらしく病院へ行ったそうです。
すると医者に「うつ病です」と言われたそうです。
薬をもらい帰ってきた次の日から急激に悪化しました。
私の娘、母にしては孫になります。
孫大好きでベッタリだったのに、最近では笑いもしません。
今後どうなってしまうのか・・・そしてどう接したら良いのか非常に悩んでいます。

どなたか教えて下さい。

No.1113 2005/03/04(Fri) 20:23

 
Re: 母が鬱になりました。 / 時雨

りっちんさん、初めまして。時雨といいます。
私は、うつで7年病院にかよっています。
お医者様にかかられたなら、一緒に行ってみてはいかがでしょうか?時にうつはひどく独りだと感じたりするものです。
そして、主治医にアドバイスをもとめてはいかがでしょうか?
なぜ、そうなったのか理解が周りには必要だと思うのです。
あまり、あてにならなくてごめんなさい。
りっちんさん、お母様がうつになられる方は結構いらっしゃるようです。あまり、いいアドバイスにはならないかもしれませんが、
お独りで悩まずまた来てくださいね。
うつを理解するまわりも大変なのですから。

No.1116 2005/03/04(Fri) 21:52

 
Re: 母が鬱になりました。 / 管理人

 お母様のうつ病、とてもご心配のことと思います。
 でも、幸いなことに、お母様ご本人が診察を受けて、治療が始まっているのですから、治療は医師に任せて、見守るという態度が適切だと思います。

 お子さまに関しましては、しばらくのあいだ会わせない方がいいでしょうね。お母様も疲れてしまうでしょうし、お子様も、それまでとはまったく違うおばあさまの態度から、心に傷を負ってしまうことも考えられます。

 あとは、時雨さんも書かれていますが、お母様の主治医とじっくりと相談すること、とても大切です。対応の仕方、治療のためになるさまざまアドバイス等、教えてもらえると思います。

 また、このへんの話は、すべて「うつ病との闘い方」( http://iyashi.find21.net/utsu/ )のなかで説明してありますので、ぜひご参照ください。

No.1118 2005/03/04(Fri) 23:53

 
Re: 母が鬱になりました。 / emiko

今はだいぶ良くなってきましたが、私の母も鬱病です。一時期ひどい時は、私もずいぶん悩み友達に相談したりしました。その時、もらった言葉が「お母さんが、頑張って病気を克服し乗り越えていけるって信じてあげなきゃだめだよ」でした。鬱は、本人が一番辛いと思いますが周りの人の心労もかなりのものです。りっちんさんが、辛くてどうしようもなくなった時の逃げ道も(ストレスの発散場所)も作っておいたほうがいいとおもいますよ。良いアドバイス出来なくてごめんなさい。お互い頑張りましょうね!

No.1119 2005/03/05(Sat) 01:05

 
Re: 母が鬱になりました。 / りっちん

みなさま、暖かいお言葉そして良きアドバイス本当にありがとうございます。
うつ病と聞くと身近には存在しないだろうと思っていた病気でそれが母に襲い掛かったのでひどく不安で混乱していました。
みなさまの一言一言が不安を取り除いてくれたようです♪

私の他に兄妹が2人居るので(その2人は実家に住んでいます)、兄や妹に母の様子をそれとなく見ていてもらって、そして状況を良く把握しておこうと思います。
母が良いというなら病院に一緒に行って主治医のアドバイスももらってきたいと思います。

また何かあった時ここに来たいと思いますのでその時は宜しくお願いします!!!!

No.1120 2005/03/05(Sat) 09:13





お久しぶりです。 / ネコ

管理人さんをはじめ、みなさんお久しぶりです。
初めての方、宜しくお願いします。

私は色々あったけど、今は元気です。
完全に良くはなっていないですが、本当に以前に比べたら身体も動くようになり、心もうつ状態がほとんどありません。
以前に書き込みしていた事はたいした事じゃなかったんだと思えるようになりました。そして、私の思考がおかしかったのだとも思えました。何か違う世界の落とし穴にはまってしまって、普通の人の会話が普通に聞こえなかっり、ちょっとしたことが気になって苦しくなっていたのだと思いました。
これが鬱の怖さだと思いました。
確かに兄の問題は大変でしたが距離を持って接したら少しはしんどくても死にたくなったり全ての人や物に対して絶望しなくていいのだと思いました。
私は病気によって家族や周りに本当に迷惑をかけてしまって、家族は何にもしてくれないとか人間って信用できないとか思っていたけど本当はみんなそれなりに出来る事で助けてくれていたし、両親は本当に必死になって私を救ってくれていたのだと思いました。
私がその落とし穴にはまっていることに気がつくことだったのだと思いました。
今は家族を病気によって振り回さないようにこれ以上私に何かをさせないように自分で出来る事をしていこうと思っています。
もう、自分の為に誰かが大変な思いをするのは本当に申し訳ないと思っています。自分で自分の事をするのは本当は怖いことじゃないし楽しい事なんだと思いました。
だから、家族や周りの人のことも自分の責任で動いている事を知って、人の目を余り気にしなくなりました。
家族や周りの人たちを尊重したですし、私も自分のことを尊重したいです。
絶望して死にたくなることもなくなりました。
あと少し不安があるのでそれを乗り越えたらもっと自分がよくなると思っています。
ここで出会った方々や家族、私の周りの方々には本当に感謝しています。みんなのおかげで私はよくなっているんだと思います。
本当にありがとうございました。
私はこれから生きていきたいです。

No.1096 2005/03/03(Thu) 18:44

 
Re: お久しぶりです。 / 管理人

 お久しぶりです。
 心の状態、とてもいい感じになってきたご様子ですね。責任をとって生活することは楽しいことだ、このような自覚が自信と結びついて、本当の意味での人生が築けるのでしょう。
 まわりの人も自分自身も尊重する、とても素敵な言葉です。
 どうぞ、これからの人生を、思いっきり満喫してください。

No.1100 2005/03/03(Thu) 21:40


はじめまして / シオ

はじめまして。
軽い鬱、不安症で通院しています。デプロメールなど3種類の薬を飲んでいます。
25歳で現在就職活動中なのですが、通院先を変るのはリスクが大きいでしょうか?
就職活動は順調に進んでいるのに、不安感が強くなってやる気がでなくなったりします。
今の病院は医学部附属で4時間待たされるため、これ以上続けるのは無理と判断しました。でもこれまで飛び込みで入った病院では思うような診察を受けられず、そのたびに調子を崩しました。
就職活動を乗り切るのが一番の目標で、それを理解してくれ(「ちょっと休むと楽になるよ」とか言われても今休むなんてありえない時期だし、これ以上就職遅らせると行き場がなくなってしまいます。)投薬よりはじっくり話を聞いてくれる医師に会うことができたらと思うのですが。
今の薬で症状は安定していますが、診察に時間がかかり、一日仕事になってしまうこと、医師がすぐ変わるので信頼できないことが問題です。
就職活動期にはみんなが不安なんだから、耐えるべきなんでしょうか?
口コミでもなかなかよさそうなところは見つからないし、新しいところにいってハズレだと、すごく落ち込んで就職活動にも支障がでそうでこわいです。
だましだまし今の薬で乗り切るのが無難でしょうか?
本格的な治療は就職決まってからということにして。(でも今過眠、不安、だるさで就職活動が思うように回っていないのも事実。神経症で就職できないような気もしはじめてる)
疲れ気味で推敲できません。読みにくい文章になってしまい申し訳ありませんが、アドバイスお願いします。

No.1072 2005/03/02(Wed) 02:51

 
Re: はじめまして / 時雨

初めまして、シオさん。時雨といいます。
私は、うつ病で解離性障害をもっています。
病院に通ってもう7年になります。
就職、一時期私も悩みました。でも、私と主治医の選択肢にはバイトからの第一歩しかありませんでした。色々しました。時にはバイト中に過呼吸をおこし駄目になったこともあります。今は、病気を理解してくれている会社にバイトで入っています。就職については私は助言はいえません。ただ、病院は最近会社員のために夜間に診察をしている病院があるようですよ。探してみたらいかがでしょうか?あと、先生にご相談されて紹介状など書いてもらうと、なおいいと思います。あと、就職の悩みは誰もが持つ悩みです。
でも、それに上手く心がついていけない人もいるのです。
だから、自分を責めるのはやめてくださいね。
うつとの闘いは根気です。今は、病気だからマイナスの方向に心がいってしまうんだと、心に折り合いをつけるんです。私は、そうしています。そして、体をいたわってください。
時には、心に休みをあげてください。そしてつらければまた来てください。吐き出して少し楽になりましょう。

No.1076 2005/03/02(Wed) 16:12

 
病院ですか / 西丸まりい

こんばんわ。西丸といいます。
精神科の病院は、診断が確定するまで
あちこち行く羽目になりました。
今はあれこれあって落ち着いて、薬をもらうだけですが…


これは何科の病院でも同じですが
「電話受付の親切さ」これは重要なバロメータかなと。
同業の開業医でも、患者さんについて問い合わせた時なんか
ちゃんとしたところは受付もちゃんとしてるし、
ダメなところは、電話の段階でダメな雰囲気が漂ってます。
意外と参考になるかも知れません。
電話だけだとダメージも小さいし。

余り当てにならなくてごめんなさい。

No.1079 2005/03/02(Wed) 19:58

 
Re: はじめまして / 管理人

 はじめまして。
 確かに大学病院などで診察を続けるのは、待ち時間などから考えると、つらいものですよね。これはもう、時雨さんのおっしゃるように、担当医にその旨を相談して、個人開業医や小さな病院を紹介してもらいましょう。
 薬が合っているご様子ですので、そんなに心配なく転院できると思います。待ち時間がなくなると、時間的体力的な面で、とても楽になれると思いますよ。

No.1086 2005/03/02(Wed) 22:45

 
ありがとうございます / シオ

みなさんありがとうございます。

転院も前向きに考えてみます。
(紹介状は無理っぽいです。
もらうために4時間並ぶエネルギーがないし、
書いてくれない気がする。
「そんなの自分でさがしなさいと言われた患者さんがいた」
と病院前の薬局の人に聞きました。不親切な病院でした)

仕事を持つことで全部解決するわけじゃないけど
精一杯の就職活動をしてみますね。
また追い詰められてダメになりそうになったら
寄らせていただきます。ほっとしました。

No.1089 2005/03/03(Thu) 01:22


(No Subject) / 田村一伸

 管理人さん、スプーさん。先日はアドバイスを頂きましてありがとうございます。
 管理人さんが紹介された「アマゾン」のネットショップで認知療法関連の本を買ってみました。
 書籍名は「うつからの脱出(下園壮太)」と「「うつ」からの社会復帰(うつ・気分障害協会)」という本です。前者は1700円+税金、後者は740円+税金でした。
 非常に分かりやすいです。小説という感じですが、少し図や例が入っているので、なおさら分かりやすいです。
 自分を守るために「別人化」してから「死にたい気持ちになる」まで、段階があるとか、行動が活発になっても、心の中はまだ暗いとか、そういう風に書かれていました。
 管理人さん、ネットショップを紹介してくださり、ありがとうございます。
 昨日来たばかりで、次の診察で主治医の先生にお見せしたい、と思っています。
 どうもありがとうございました。
 また、悩み、苦しみなどがありましたら、またカキコさせて頂きたいと思います。その節はよろしくお願い致します。
 認知療法の本について、何か、アドバイスがありましたら、よろしくお願い致します。

No.1061 2005/02/28(Mon) 00:56

 
Re: (No Subject) / 田村一伸

 今日、診察へ行って来ました。
 アマゾンで買った、認知療法の本を主治医の先生に見せました。「これはいいよ」「★が5つだったかい?」と言われました。★は5つで、おすすめの本だと・・・。
 主治医の先生も、アマゾンという、ネットショップを利用しているそうです。
 管理人さん、ありがとうございました。
 何か、注意すべきこと、などがありましたら、よろしくお願い致します。
 最近の話ですが、死にたいという気持ちが意思とは逆に本能的に出て来たんです。本当に苦しかったです。そういう意味では、うつ病は怖いですね。

No.1064 2005/02/28(Mon) 20:23

 
嫌な気分よさようなら / 西丸まりい

初めまして、田村さん
色々ワークブック式のものとか
あるようですが、
西丸は啓蒙的なものは余り好きじゃないので
読んでいません。
西丸は一応専門家なので、
ベックの「認知療法シリーズ」を読んでます
でも、去年一緒に働いた同僚の強力なお勧めは
「いやな気分よさようなら」訳書です。
アマゾンで探してみてください
比較的わかりやすいと思うのでお時間がありましたら☆

また、私も双極U型障害・急速交代型持ちで、
本当に自殺を考えることもあります
ただ、そこで何が自分を引き止めているのか
調子のいいときも普段から考え大事にするべきですね
また、「死にたい」は本当は
「苦しさから開放されたい」「死ぬほどつらい」
というこころの表れですので
何が苦しいのか、身近な誰かに、
もちろん精神科のお医者さんにでも言って見ると
きっと楽になり「死ぬほどのことじゃないな」と思えてきますよ
きっと…

お大事に…
こころが楽になることもありますよ。
自分を自分で追い詰めてはいけませんよ

No.1065 2005/02/28(Mon) 22:21

 
はじまして,西丸さん / 田村一伸

 はじまして、西丸さん。
 ベックといえば、認知療法を作った人ですね。存じています。
 あなたも感情障害関連の病にかかっているのですね。
 私は「精神病性二重うつ病(気分変調性障害+大うつ病性障害)」を中核に心身症なども合併しています。今年で16年目になります。
 あせりはしないように心掛けていますし、ストレスは少ないです。安心してくださいね。また、知らない私のために心配してくださるなんて、私は幸せ者でしょう。
 それから、「いやな気分よさようなら」をアマゾンで検索したところ、出てきましたよ。ただ、高価ですね。3864円!!
 お互い、治して行きましょう。

No.1066 2005/03/01(Tue) 17:39

 
Re: (No Subject) / 管理人

 いい本とめぐり会えてよかったですね。アマゾンなどのネットショップは、本当に便利です。書店に行って、本を探すのも大変ですし、欲しい本がわかっていても、ない場合も多いです。

 認知療法に関しては、実際に治療を行ってくれる医師もカウンセラーも、あまり多くないのが実情です。
 まずは、理解することを中心にせず、実際にノートに記述して評価していくなど一般的な方法を実践してみてはいかがでしょう。そして、認知のゆがみに気づいたら、思考とともに行動を変えていって、学習していく、要するに認知行動療法に結びつけていくと理想的だと考えています。

No.1068 2005/03/01(Tue) 23:08

 
アドバイスをよろしくお願い致します / 田村一伸


>管理人さん
 今日も診療所へ行って来まして、主治医の先生に問い合わせたら「認知療法はやっていない。大まかなところだけ知っているだけ。」と言われました。あなたの言うとおりでした。
 その主治医の先生と、どのように並行していったらいいでしょうか?
 「こころが晴れるノート−うつと不安の認知療法自習帳」はいかがでしょうか? 主治医の先生は「買って、実行してみたらいい」と言われましたが・・・。
 アドバイスの程、よろしくお願い致します。

>西丸さんへ
 あなたが紹介された「いやな気分よさようなら」を注文しました。推薦してくださり、ありがとうございます。
 
 

No.1082 2005/03/02(Wed) 22:13

 
Re: (No Subject) / 管理人

 そうですね。主治医の先生もすすめてくれるのですから、まずは本に書かれているとおりに実践してみてはいかがでしょう。もちろん、主治医の先生の指導のもとで行うことが一番ですので、わからないことがあれば、すぐに相談すべきだと思います。
 著者がサイトを開いていれば、そこで質問する、という手もありますね。

No.1088 2005/03/02(Wed) 23:07





過去ログ一覧(3) へ戻る


produced byYuki Tachibana