Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2005年03月12日〜



(No Subject) / ジュジュ

本当に自分を癒せるのは自分しかいない とはよくいわれることですがそうなのかもしれません
わたしがここで書き込んだり レスをしたりするのは自分のためです
みなさんの書き込みやレスをどう受け取るか どう感じるかも自分です
私と同じようにここに来る人は 何かあれば自分を責めてしまったり
自分が否定されたりという方向に考えてしまいがちな人が多いと思います
でも もし違って受け取っても
そうではないというコミュニケーションをとれば解決することだとおもいます
傷がつけば傷がついたと書き込めばいいし
誤解だと思えばそうではないと書き込めばいいだけです
今まで知らなかった仲間がここで集うとき
そうそう自分の思いがそのまま通じるというのも難しいと思います
だから なんだかんだといいながら 進めばいいと思います
少なくとも ある意味では身近な人間より肌でわかってくれることも多いと思います
とにかく じぶんのことを書き込むというのは勇気の要ることですが
書き込めば一つ軽くなれるはずです
それに対する反応が自分の望まない場合でも 同じだと思います
私たちはゆっくりと進むのが合っているのだと思います

No.1284 2005/03/18(Fri) 00:00

 
Re: (No Subject) / 管理人

 ジュジュさんの長い苦しみの道のりが、きっとこのような達観につながるのでしょうね。
 理解し合う、誤解する、反省する、また次の理解に向かう、でも誤解もある、またまた反省する、こんな人間同士のダイナミックな心のふれあいが、きっと生きている、ということなのでしょう。

 ネットの世界は、肌と肌のふれあいではなく、直接心と心がふれあう場なんですね。
 このような特別な空間が、心の癒しの場となれば、本当にすばらしいことだと思います。

No.1288 2005/03/18(Fri) 00:48


考えること / 西丸まりい

管理人様、皆さん、いつもお疲れ様です。

ネットの海では行き違いも、勘違いも生じがちで、
必ずしも悪気がないわけじゃない、あるわけじゃない。

すみません。独り言です。スルーしてください。
立場がビミョーなので現在固まっていますが、
自分のブログばっかり書いています。ネット依存症です。

対面じゃない、良さも悪さもひっくるめて〜ですね。
ちなみに私はここでは「冷たい人」だと思っていますが。
では、またごきげんよう。

No.1260 2005/03/16(Wed) 22:09

 
Re: 考えること / 春一番

先日、大変親身にレスをいただいた者です。その際は本当にありがとうございました。まだ問題はもちろん続いていますが、先に明かりが見えたような気分です。

ここに相談させていただいて思ったのは、やはり一人でごちゃごちゃ考えてばかりいないで、人に相談したりすることは、大事だなということです。心の問題って、なかなか自分の必要な情報に到達するのに時間とエネルギーがかかる、と思います。私はまだ自分自身のことというより、彼氏をどう扱ったらいいのかという問題だったので余力と言うかエネルギーがありましたが、自分自身の問題でただでさえ弱っていて、しかも適切な助けが得られないような人は大勢いて、一人で出口のない葛藤を続けているのではないかと、この掲示板を見て改めて思ったりしています。

きっとこの掲示板の開設者の管理人様や私にレスをくださったまりい先生のような方は、そういう出口が見えなくて一人でアップアップしている人たちに少しでも助けになるようにと、このような(ま、ぶっちゃけで言ってしまえば)何の利益にもならない場で専門知識を惜しげもなくさらしてレスを書いてくださってるんだと思うと、なんか頭が下がる思いです☆

No.1262 2005/03/16(Wed) 23:44





(No Subject) /

こんにちは、たびたび訪れると思います。
西丸先生、うつが早くに治る人となかなか治らない人の境界線は何でしょう? 治ると信じる自身がありません。気が狂いそうなくらい不安がつのります。DRは何もせずに1日寝ていなさいといいますが、廃人のような生活に悲しくて嗚咽します。みんな忙しく働いているのに寝てばかりもいられません。(もともと動きたい性格ですから)でも体が精神がついていかないし、先の見えない病気にとても疲れます。良き助言をおねがいします。本当にdrは必ず治るといわれますが?

No.1244 2005/03/15(Tue) 16:22

 
Re: (No Subject) / 時雨

こんにちは、風さん。私は時雨と言います。
うつになって7年いや、もう8年ですね・・・
早く治る人との境界線なんて無いと思いますよ。
父も、何年もかかりました。うつは誰にでも潜んでいるものだと思います。いつしか、心が疲れてマイナスの事しか考えられなくなり生きていることさえ辛くなる・・・。
私の母は、うつを「治る」と表現しません。「おさまる」と表現します。経験者(支える方ですけど)は語るですね。
母にポソッと「いつ治るのかな・・・」と言ったら、「まだまだ」と軽く言われました。ここにくる人は皆、治る自信がないでしょう。そして、不安です。風さんは独りではありませんよ。
風さんは廃人ではなく病人なのです。心が病んでいれば、上手くいくことも上手くいかなくて、反対に自分に対して腹が立つでしょう。私も、そんな時期がありました。何も出来ず、自分に腹が立って。不安で不安でずっと泣いていました。不安をどこにぶつけていいかわからず、物を投げたりしました。でも、時は流れます。
いつか、少しずつ前を向いていける日がきます。
今まで、頑張ってきた分、心と体を十分にいたわって下さい。
時には、休むことも必要です。
要領の得ない文ですみません。
風さんの心が休まりますように・・・

No.1246 2005/03/15(Tue) 19:03

 
Re: (No Subject) / 如月

こんばんわ風さん、如月といいます。はじめましてですよね?私はうつと診断されて2週間程度ですが、いい日悪い日の差が激しくて、これからも続くのかと考えてしまうと、何とも言えない複雑な気持ちになります。私は軽い方だと思いますが、今までの人生で、うつじゃなかった時期というのが無いような気がします。(勝手に思ってるだけですが・・・)すごく考え込む体質で、とても苦しんで、自殺も考えてしようとしたこともあります。遺書を書いて、首を吊りました。すぐに母親に見つかり、未遂ともいえないくらいでしたが。その時の母の顔は忘れられません。手首を切ろうとしましたがやっぱり怖くて出来ませんでした。赤くひっかいたような跡しかつきませんでした。そんな時期もあり、飛び降りようとして窓を開け、4階の部屋から両足をぷらりと投げ出して、雨に打たれながらぼーっと下を眺めていました。今思えば、高所恐怖症な私がよく出来たな・・・。と思いました。それでも、私は今生きてます。生き抜いています。苦しいくらい、悲しいくらい生きています。死んでゆく友を見て、自分が変わったほうがいいのではないかと死に顔を見ながら「なぜ君なの・・・?なぜ私じゃないの・・・?」と考えたこともあります。でも、生きてるんです。生きてる限りこの病気とも付き合っていかなきゃいけないんです。
話がだいぶそれましたが、私も体と精神が付いていきません。顔が笑っていても心が楽しくなくて、ワンテンポ遅れて顔にでます。私は仕事をしているので、風さんのように一日寝てるということはありませんが、うつの原因は今の仕事なので、両親は「早く辞めて何もせず何も考えず休め」と言われます。忙しく働いていても、結局は「わたしが休めばみなに迷惑がかかる・・・」という自己嫌悪から体が動いています。日によって、頭痛がひどく、起き上がれない時もあります。でも自己嫌悪になるので会社に沈んだ顔で行きます。そんな時に悔しいくらい生きてることを実感します。
休めと言われたのでしたら、ゆっくり休んでいいんです。私は周りの顔色を伺いながら、休めない状況を自分で作ってしまってます。
話がだいぶ、自分でも訳が分からなくなりましたが、風さん、一人じゃないし、悩みは違っても、みなあなたの心配をするし、みなあなたが少しでも心を休められるように願っているんです。治らないと思ってしまう気持ち分かります。そういうときだってあるんです。辛い時はここにきて心の中を打ち明けてください。きっと、みんなから返事が来ます。私も少しでもあなたの気持ちが楽になるように返事します。それくらいしか出来ませんけど・・・。ごめんなさい、長くなりましたし、内容がまとまってないですね。
でも、これだけは分かってください。辛くて考えられないかもしれませんけど、一人じゃないです。きっと良くなります。焦らないことが大事です。わたしも、ここに来るみなさんにそう言われて、焦らないように気をつけています。一緒にゆっくりいきましょう。

No.1247 2005/03/15(Tue) 19:38

 
病気を認めることでしょうか / 西丸まりい

風さん、余り思わしくないようですね。

私はAS&双極性障害で、実は余り先行きは明るくありません
(調子次第で…ということがある)

しかし、うつ状態になると本来の性格と言うか特性が幸いし、
非常に自閉的になり食事も取らなくなり寝てばかりいて
人を避けるようになります。
基本的に家庭を持たず一人暮らしです。
それで、何とか入院まで行かず
仕事は何とかいけているところがあります。
ASの性格特性と躁うつ病の「無邪気さ」
が幸いしているとしか思えません。

すみません。躁うつ病(双極性障害)とうつ病では
病前の性格が違うので全く参考にならない話でした。

うつ病はとてもまじめで「溶け合う人間関係」を必要としますので
どこかで巻き込まれずに淡々と支えてくれる人間を必要とします。
(電話はさっさと切っても、
必要なところをサポートしてくれるような)
理解してくれるような環境が本当は一番ですが。

私も精神の病気を持っていますが
一般に精神の病気の人が世間でやっていくには
病名を問わず「上手に(不快にさせずに)人の力を借りる」だと思います。
私の話をします。(ごめんなさい)
実は地元の「神童」でした。
しかし、現在は「医局のお味噌」として
ダメダメながらひとに可愛がられて何とかやっています。
そこまで、自ら人格破壊体験をしました。
人の力を借りれるだけでもだいぶ違います。
これは統合失調症から、うつ病、境界性人格障害まで共通です。

また、うつ病の場合特にですが
「病気なんだ」と自分に言い聞かせるくらいじゃないと
うまくないと思います。
なぜなら、「うつ病」は意外に
「自分が病気なんだ」と言う自覚に欠けやすい病気だからです。


余りご期待に沿えずすみませんね。
それでは、お大事にされてください。

No.1249 2005/03/15(Tue) 20:09

 
Re: (No Subject) / 管理人

 このご質問って、うつ病にかかった人なら、誰でも感じるものだと思いますよ。早く治る人と時間がかかる人の違い、これはもう個性の違いだと考えるしかないと思います。
 特に、身近なところで、同じようなうつ病患者がいて、早く回復した場合なんて、かなり落ち込む人が多いようです。
 足が速い人がいる、計算が速い人がいる、というのと同じようなものなのかもしれません。
 まりいさんのおっしゃるように、うつ病の自分自身を、しっかりと受け止められると、治療もスムーズに行くと思います。

No.1252 2005/03/15(Tue) 23:37

 
Re: (No Subject) /

皆様  温かいお言葉ご助言ありがとうございました。
治るのとを信じてみます。

No.1254 2005/03/16(Wed) 09:01





受診後の不安 / しょたら

たびたびお邪魔します。
医師の診察のことでお伺いします。

今日、初診でした。時間の節約もあり、(あと、感情転移のある医師の前で、うまく症状などを言い表せないと思い)数日前から考えて、気になる症状や気持ちをメモで渡しました。主にうつ、アルコール依存について書きました。結果としてレキソタン、トリプタノールを最低量で処方され、お酒については「やめたほうがいいよ」と言われました。
確かに自分の伝えたいことはメモで伝え、希望していた投薬もしてもらえました。

でも、自分の中でもアルコール依存症についてはかなり危機感を持っているのですが「やめたほうがいいよ」で終わってしまうほどの問題なのでしょうか?
やめたほうがいいよ、でやめられたらこんなに苦しまないんだけど・・・と思わず心の中で反論してしまいました。
もう少し、「なぜそこまでになったか」とか、「飲んでるときの気持ち」を聞いて掘り下げてほしかったです。
便宜上、不登校の娘と同じ主治医を選んでしまったのはやはり間違っていたのでしょうか?

私がお酒に関して伝えた内容は次の通りです。
「不安から逃れるために、毎晩寝る前のお酒がやめられない」
「以前と違って味わうためではなく、酔うために流し込んでる」
「一口の量が多く、がつがつあさましい飲み方をする」
「夫に隠れて飲んでしまう」
「一日を通して、手の震えがよくある」
「酔って泣くとすっきりして寝られる」こんな感じです。
1日の酒量はまだそんなに多くはないのですが、日々増えているのは事実です。
これだけの内容でも、「やめたほうがいいよ」程度のアドバイスくらいなんでしょうか?

No.1200 2005/03/11(Fri) 23:42

 
それは、たいへん / 西丸まりい

20代なら、精神科医としては駆け出しですね。
(いや、こういう私も駆け出しですが年の功は大きいですね)

まず、何について治療したいのかが、
彼に伝わらなかったようですね。
彼はうつ病ととったみたいですね。
私だったらアルコールをそういう飲み方していることについて
問題に思っているかどうかたずねて、
断酒の意思があるのか、やめる意思がなければ
治療は引き受けない…までいうかも
だって、明らかにアル中が問題でしょ。
「やめた方が」と言う場合じゃないですよ。

便宜上というのは宜しくないです。
彼はどうもやりたがりの先生みたいですが
一番困るタイプでもあり。
こどもさんはそのままで、あなたはアルコール外来のある病院に
転院したら如何ですか。
あと、女性のAA(アルコールアノニマス)に関わって
医療以外の面でもお酒をやめる努力をしましょう。

No.1202 2005/03/12(Sat) 00:14

 
Re: 受診後の不安 / しょたら

まりいさま。
いつもいつも、アドバイスありがとうございます。
ものすごく自分の未熟な考えの手助けになります。

感情転移がある、といいながらやっぱり経験がなさそう・・と不安は持っていました。
今回、はっきりとわかりました。
主治医との相性、特に精神科では必要ですよね。(私の場合、相性と言うよりそれ以前のものかも)
なんとかこれ以上の依存をストップするためにも、転院を考えます。ありがとうございました。

No.1223 2005/03/13(Sun) 00:21

 
Re: 受診後の不安 / 管理人

 なるほど。
 これはもう、まりいさんのおっしゃるとおりだと思います。
 今の医師では、アルコール依存の問題、解決できそうにないようですね。新しい病院で、しょたらさんご自身の治療に集中してください。

No.1225 2005/03/13(Sun) 02:03

 
Re: 受診後の不安 / 時雨

しょたらさん、時雨です。
遅いレスですみません。
昨日は、仕事だったので。
新しい病院を捜されるとの事、貴方にあった病院が見つかることを祈っています。
そして、やはり独りで抱え込もうとなさらずに・・・
家族で、立ち向かわなければいけない事もあります。
焦らず、自分のペースで行きましょうね。
私も、焦らず心と向き合っていきます。

No.1231 2005/03/13(Sun) 18:49

 
Re: 受診後の不安 / しょたら

管理人さま。
なんとかいい先生にめぐり合いたい、と願ってます。
精神科にかかる患者は受診までの1週間、2週間、ものすごい気持ちの変動や不安をもって医師の前に座りますよね。
でも、医師にとっては大多数の患者の1人にすぎないと思います。
それは仕方のないことだと思うのですが、せめて診察の時だけは真剣に向き合ってほしいなあ、ということと、過去に話したこと少しでもいいからカルテで見直しておいてほしいと思いました。
お酒を「やめたほうがいいよ」と言われ、そんなわけはないやめなきゃだめた、と言う自分と、まだそんな程度の量なのかな、と安易にお酒に手を伸ばす自分とすごい戦ってます。でも、やっぱり飲んでしまってます。

時雨さま。
暖かい言葉、ありがとうございます。
主人に気持ちを話せたらどれだけ楽になるか・・
でも、お酒のことも主人は少し量が増えた程度にしか思ってません。
いいお医者さんと会えて、主人に対しての恐怖心を取り除きたいと思ってます。

No.1236 2005/03/13(Sun) 23:51


おしえてください! / ひろちゃん

はじめまして。もう、どうしたらいいかわかりません。自分が変になりそうです。1年前に義父が亡くなったのを期に義母を精神科で診療してもらいました。正確には半年以上は生前の義父の愚痴をただひたすら聞いてあげるだけの毎日でした。だけどそれをとても苦痛に感じ始めてからはとてもつらくて自分がおかしくなりそうでした。役所に行ってその旨を相談して自宅近くの精神科に診察に行きました。そこで義母を診察に連れてくる様に言われたので一ヶ月かけて義母を説得して病院に行きました。その結果老人性うつ病と診断されました。私としては(やっぱりネ。)という気持ちでした。今は、メイラックスを服用してます。今週からは抗うつ剤の服用をすすめられましたが、薬の作用、副作用の知識もなくどう対処していいのかまったくわかりません。どういう状態になるのか・・・
私自身精神的にまいってしまいそうで・・どうしたら、義母に対してやさしく寛大な気持ちを持続して接することが、できるのかいい方法があれば教えてください。ちなみに、義母は聴覚障害があり、義父から、言語や身体的暴力を長きにわたって受けていたようです。義父が、亡くなったのを期に束縛から解放されると思ってがんばって私なりに話しを聞いてきたつもりでしたが、もうどうしたらいいのかわかりません。このままでは、自分自身もうつになりそうです。アドバイスお願いいたします。

No.1206 2005/03/12(Sat) 01:43

 
Re: おしえてください! / 管理人

 とてもおつらそうですね。
 あまりにつらいようでしたら、ご自身もうつの治療を受けるという手があります。また、医師と相談の上、お義母様の入院治療を考えてみてはいかがでしょう。

 薬の作用や副作用は、「向精神薬、抗うつ薬・抗うつ剤」(http://iyashi.find21.net/utsu/u51koutsu.html)にまとめてあります。患者との接し方は、「うつ病との闘い方」(http://iyashi.find21.net/utsu/)のなかで詳しく説明してあります。ご参照ください。

No.1211 2005/03/12(Sat) 03:06

 
Re: ありがとうございます / ひろちゃん

自分自身も病院にかっかてみようと思います。その上で今後のことも考えてみようと思います。また、投稿します。

No.1232 2005/03/13(Sun) 22:40





過去ログ一覧(3) へ戻る


produced byYuki Tachibana