Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2005年05月06日〜



突然の出来事 / うさぎ

こんばんは。以前こちらに書き込みさせて頂いた鬱病歴約2年のOLです。一時期会社を休職していましたが、半年前から復職し、結婚前提の彼氏も出来て、ここのところ大分調子が良くなって来ていました。このまま行けば、鬱病は完治して、幸せになれる、と思っていました。
ところが、突然彼氏から別れを告げるメールが届いたのです。理由は、私の神経が細かく、繊細すぎて、彼の結婚観に合わないから、ということでした(彼は私が鬱病だということは知りません)。折角良くなってきていたのに、また具合が悪くなって逆戻りしてしまいそうです。GWだというのに、悲しくて泣いて暮らしています。少しでも楽になれる方法、あったら教えてください。宜しくお願いします。

No.1655 2005/05/01(Sun) 21:28

 
Re: 突然の出来事 /

うさぎさん始めまして。私はごくぎく最近こちらのHPを拝見するようになった者で、書き込みも初めてです。
少し私の経験と似ているなと思いお返事させていただいております。

私は二年ほど同棲していた彼氏がいましたが簡単に言うとうさぎさんと同様な理由で別れを告げられました。
八ヶ月くらい前の事でしょうか。今は一人暮らしに戻っています。
私はADHD、アスペルガー 等の診断を受けていて、鬱状態になる事もしばしばで摂食障害、胃潰瘍になった事もあります。精神科の話等は聞くのは嫌という感じの彼氏でしたが私の他の部分を認めてくれていた気はします。私は彼の自分には欠けている精神的な強さに惹かれた気がしています。今思えば「依存」です。渦中にいるとなかなかわからないものです。
別れる際はとても冷静ではなく七キロくらい体重も落ちた気がします。が、今考えると私は彼の「ただの重荷」になってしまっていたようです。

結婚したことはないのでわかりませんが、一生を共にする人ってよほどの縁がある人なのではと思います。
同棲していた彼氏には突き放してもらって逆に良かったのかなと。そういう縁だったのかなと。縁があるとかないとかという言い方が適切かどうかというのはありますが。

今現在は自分の気持ちの充足だけに集中するようにしています。
それができているかどうかは別ですが。

以上はあくまでも私の体験談です。
こんな人もいて今なんとかやってるんだって思っていただければ幸いです。GWは良い休息の時間だと考えませんか?私は思いっきり休みますよ!何もしません、、、。

的外れなレスでしたら無視してくださいね!

No.1658 2005/05/02(Mon) 00:47

 
Re: 突然の出来事 / 管理人

 うさぎさん。
 とてもつらいところですね。
 彼はきっと、うさぎさんが傷つきやすい性格だと感じたのでしょうね。うつ状態の時は、誰でも傷つきやすくなるものですから。
 もしかしたら、彼に対して、うつ病のこと話した方がいいのかもしれません。そして、病気のせいで、傷つきやすくなっていたのだと思う、と話して(メールして)みると、何かが変わるかもしれません。病気が完全に治れば、傷つきやすさもずっと軽くなるはずですから。

 南さん、はじめまして。
 いろいろな病気に苦しんできたのですね。最近は失恋まであって。
 でも、失恋の時の様子を客観的にとらえ、自分の心と向き合ってその後の生活に生かしているというのは、すごいことだと思います。
 自分の心の充足に集中、これはとても大切ですよね。そのことに向かい続けていれば、きっとまた新しい恋もあるでしょうし、いろいろなことが良い方向へ向かっていくように思います。

No.1661 2005/05/02(Mon) 01:03

 
Re: 突然の出来事 /

管理人様、はじめまして。
サイストリーのところ、興味深く拝見させていただきました。
恋愛に関する記述もなるほどと思いました。私は恋愛は相手に対してわかって欲しいという要求がだんだん募ってしまい毎回同じ理由で破局してしまうため免疫が少なからずできてしまっているのだと思います。
ああ、またか、、、という感じですね。

全く起き上がれなくなる事もあり全然ですが、以前よりは歩き方がわかってきた気もします。でも本当にまだまだです。

うさぎさんが鬱病を彼氏に相談する件でちょっと思ったのですが、みなさんそうだと思いますが、外傷のようにわかるものではないので理解してもらうのって大変ですよね。
オレだって鬱になるよ!なんて言われたりした時は悲しかったです。
また、自分の状態を説明をするとなると更に負担になってしまいますから、、、、。うさぎさんの彼氏が一緒に病院に行って先生の話を聞いてくれるとかだと良いかもしれませんね。このままだと決してそうではないのにうさぎさんが人格を否定されたような気持ちを持ってしまう事になりかねないので、、、。
いずれにせようさぎさんが自分自身をせめてしまわないようにお祈りします。

No.1664 2005/05/02(Mon) 22:32

 
Re: 突然の出来事 / うさぎ

南さん、管理人様、有難うございます。
管理人様のおっしゃる通り、彼に、自分が鬱病だったから・・・ということをメールで話しました。
でも、話したからといって、おそらく何が変わるわかでもないと思います。「脆くて弱い人間だ」と思われるだけのような気がします。
食欲が無くなり、体調が悪くなってきました。
いつかは乗り越えられる日が来ると信じたいですが、とにかく今は辛いとしか言いようがないです。
・・・強くなりたいです。

No.1676 2005/05/04(Wed) 09:12

 
Re: 突然の出来事 /

うさぎさん、こんばんは。
結婚まで考えてた人でしたら尚更辛いですよね。
うさぎさんの鬱病の詳しい経緯はわからないので的外れであれば無視していただきたいのですが、強くなりたいと思うと今弱っている自分を責めて余計苦しくなるのではないかと思います。休職してた会社に復帰して仕事をしてたという事でもすごい事だと思います。
私はどうしても辛くなると仕事を辞めてしばらくしてエネルギーがたまったら他の仕事という綱渡りの感じですから。
ただうさぎさんの彼氏が、鬱病を理解してくれてもしてくれなくても病気の解決の糸口はうさぎさん自信でしかないと思うのです。逆に、彼が理解してくれなくてもそれは絶望的になる必要はないという事かと思うのです。うさぎさんが繊細なのは全然悪い事ではないですよ。
勝手な事言ってごめんなさい。今はゆっくり休んでくださいね。

No.1681 2005/05/04(Wed) 21:41

 
Re: 突然の出来事 / 管理人

 彼が病気に対する理解を示すかどうか、これってとても重要なことだと思います。また、うさぎさんが、彼にそのことを話した、ということだけでも、大きな意義があると思います。
 彼が理解を示してくれるような人なら、結婚しても気楽な生活が送れます。でも、まったく理解を示さないような人だと、結局は、結婚後の生活で苦しむことになるように思います。

 結婚を前提におつきあい、という場合、結婚後の生活も考えておかないと、あとあとつらい思いをすることになりかねません。その意味で、うさぎさんを理解し、受け入れてくれる人、というのはとても重要な要素になると思います。

No.1684 2005/05/05(Thu) 00:04

 
Re: 突然の出来事 /

先に私が書いた文章でもしかしたら良くない方にとられてしまうかもしれないと気になったので補足させてください。

>鬱病を理解してくれてもしてくれなくても病気の解決の糸口はうさぎさん自信でしかないと思うのです。

これは決してうさぎさんを責めるつもりで書いたわけではありません。
私も、管理人様のお話の通り、結婚する相手というのは、鬱病に対して、彼氏が理解してくれるかどうかはとても大事だと思います。上の文章は私が自分自身に対して感じている事をそのまま書いてしまったもので軽率でした。
今うさぎさんが、彼氏に(もしかしたら全ての事から)見捨てられた気持ちがとても強くなってしまっているのではないかと思い、これまでの自分の経緯と心境を勝手にシンクロさせてしまったところがあります。ごめなさい、まだまだ私は何事も冷静になれないようです。

No.1685 2005/05/05(Thu) 01:09

 
つらいです。 / うさぎ

管理人様、南さん、レス有難うございます。管理人様のおっしゃること(相手が、私を理解し、受け入れてくれるという事がとても重要な要素になるということ)、その通りだと思います。でも、頭では分かるのですが、心が言うことを聞きません。今は、「彼を失った」という喪失感で心が一杯、気持ちが押しつぶされそうです。

ところで、その後の経過ですが・・・
彼から、「内容的にすぐお返事出来そうもないので、ちょっと待って下さい。必ずお返事します。」というメールが来て数日経ちますが、音沙汰は無いです。でも、返事が来るのが怖いです。きっと、このまま別れることになるんだろうな、と思ってしまって。

やっぱり、鬱病の時には恋愛とかすべきではないのでしょうか?

No.1701 2005/05/08(Sun) 14:58

 
Re: 突然の出来事 / ネコ

はじめまして、うさぎさん。
横レスすみません。
色々と辛いですよね。

>やっぱり、鬱病の時には恋愛とかすべきではないのでしょうか?

私もうつです。恋愛は「すべきではない」とか、思わないです。
確かに、すごく揺さぶられてストレスになったりする場合もあります。そういう時は恋愛するのはダメなのかなとか思ったりします。
自分は今、治療に専念「したい」と思うのでしたら、恋愛しなくてもいいと思います。
でも、病気だけど恋愛「したい」と思うのでしたら、してもいいと思います。
その場合、なるべく負担にならないような付き合い方がいいと思います。私も人のこと言えないのですけど・・・。

とにかく、眠って眠りまくってください。
一番落ち着ける場所とかありませんか?そこでじっとしてみるとか・・・。私は布団の中が避難場所です。

No.1706 2005/05/08(Sun) 21:56

 
Re: 突然の出来事 / 管理人

 恋愛については、ネコさんのおっしゃるとおりですね。
 うさぎさんは今、回復期なのですから、要するにリハビリの状態なんです。よくなってきたとは言っても、まだまだ結婚を前提とか、大きな決断をともなう感じの恋愛は、負担が大きすぎるのでしょう。

 うさぎさんが好きになるくらいですから、彼はきっととても優しい人なんでしょうね。そして、まじめなんでしょう。このような人とつきあうのなら、やはり自分の状態を素直に伝えて、もっと心が安定してくるまでは、軽い感じの恋愛で留めておいた方が安全です。

 彼への喪失感が重くのしかかってくるのも、うつ特有の悲観的な思考が影響していると思います。まだまだゆっくりと休む時間が必要なのだと思います。

No.1707 2005/05/08(Sun) 22:13





こんばんは / shinobun

はじめまして。精神科及び心療内科系の症状があります。
「メサイアコンプレックス」で検索していたら、こちらのHPに辿り着きました。
わかりやすく説明されていて、思っていた通りだったけどなるほどなぁと感じました。
最近になって、ようやく目に見える症状は消えつつあるのですが、そうなってきて、本当の問題(症状の発生源!?)が見えてきたというか・・・。
あまりにも、実年齢とはかけ離れたココロの状態に、前途多難といった感じです。
でも、焦らずゆっくりと、成長させていくつもりです。
また、お邪魔させてもらいます。  ありがとうございます。

No.1695 2005/05/08(Sun) 00:53

 
Re: こんばんは / 管理人

 はじめまして。
 きっと、いろいろな症状に苦しんできたのですね。そして、症状が治まってきて、心の問題の原点に近づきつつあるとのこと。
 ゆっくりとご自身の心と対面しながら、気づきを得ていってください。

No.1704 2005/05/08(Sun) 21:04


その後 / 小器の男

管理人様


 なんとなく感じがつかめたような気がします。もしかしたら奥様、ずっと小器の男さんの気持ちがわかる、共感するといったこと、なかったのではありませんか。
 そして、小器の男さんは、なんとか自分の気持ちをわかってもらおう、またはわかり合おうとし続けたのではありませんか。


 全くその通りです。無駄なことに、とことんエネルギーを使っていたようです。
 特に、第二子を諦めることは、私にとって大変残念なことでしたし、妻は、子供を産む(苦労をする)のは私だ、ということを振りかざしてやりたい放題にしてきたので、そういったことを全く思いやらず省みることのない妻の無神経な言動が、火に油を注ぐように、私の言葉を酷いものにしていっていたように思います。
 「どうしてそうも自分勝手なのか」といつも不可解でしたが、自己愛性人格障害ということで、かなり納得しています。「思いやり」というものが無いのです。


 きっと奥様は、他者の気持ちを理解する、共感する、ということができないのではないかと思います。自己愛性人格障害の人は、共感する、わかり合うといった人間的な心が欠落しているので(境界性人格障害でも見られます)、わかりようがないんですね。
 他者を支配的に攻撃すること、自分が称賛を受けること、これが中心となります。奥様が仕事の面で優等生というのは、けっこう当てはまりますね。


 全くその通りです。


 人間的な心は、幼少期から育つものなので、それが育たなかった場合、治療方法はないんですね。奥様のパニック発作は、人間的な心を求められても理解できない、というところが原因なのかもしれません。だから、小器の男さんにいつも怒られていると感じているのかもしれません。


 パニック発症は、どうやら、娘を連れて妻の実家に帰った際に、自分が虐待されていたことを突然思い出したことに起因しているようです。
 現在のパニック発作は、全く理解できません。こだま号には乗れるのに、ひかり号には乗れません。観覧車も怖いと言います。飛行機は多分まだ全くだめでしょうね。ただ、発症前から、ジェットコースターとかは苦手でした。


 もしそうだとしたら、奥様は、カウンセリングを受けても、パニック発作は治まるかもしれませんが、小器の男さんが考えているような状態にはならないでしょう。症状が治まる分、かえって自己愛が強くなる、ということになりかねません。


 虐待の記憶を乗り越える時に、自己愛が高まってしまった可能性を感じています。カウンセラーの先生は、それを知っていて敢えてその方向に進んだような気もします。先日の3人での面談では、「共感」することがこれからのカウンセリングのテーマ、とおっしゃっていましたので、自己愛性の要素があることを認識していると思います。境界例の方向にいくよりは扱いやすいとても考えたのかもしれません。確かに、社会適応はできているので、離婚も可能になりますし。ただ、カウンセラーの先生が、娘の看護についてどう考えているのかについては不明です。


 そして、残念ですが、奥様に対して人間的な心を求めても、お互いが苦しくなるだけ、ということになります。一緒に生活を続けるのなら、よりドライな関係ということですね。


 付き合い始めた最初の頃、私はサークル内での評判もよく、大学での成績も優秀で、妻にとっては、「教祖」的存在であったようです。つまり、自己愛性的な狂信的対応によって、私を大切にしてくれていたようです。私は、その最初の1年間の記憶を頼りに、いつかあの頃の彼女に戻るんじゃないか、という期待だけを頼りに頑張ってきましたが、年を経るにしたがって、外見も将来性を劣ってきていますので、それはもう無理かもしれませんね。

No.1692 2005/05/07(Sat) 08:18

 
Re: その後 / 管理人

 なるほど、つきあい始めたきっかけは、そのようなことだったんですね。これは、おっしゃるとおり、一種のナルシシズムの投影的同一視というものでしょうね。ユング派で言う「白い陰の投影」の方が、より適切だとは思いますが。
 要するに小器の男さんを通して、自分の理想像を見ているだけですので、現実の小器の男さんの存在は、見ていないんですね。そして、その身勝手な理想像を相手に押しつけ、理想像に反することは無視するか、裏切られたと感じて怒り出すか、というパターンとなります。
 どちらにしても、現実の小器の男さんを少しずつでも受け入れられない限り、関係が破綻しやすくなります。

 小器の男さんの感じられたとおり、カウンセラーの方は、境界性人格障害の症状が出ないように、一時的に自己愛を強めたのだと思います。実際、境界性人格障害の治療過程で自己愛性人格障害の症状がでること、よくありますから。
 もちろん、このまま続けてしまえば、社会の迷惑になる人間ができあがるだけですので、共感という方向へ意識を向けていくのは、当然だと思います。
 後は、他者に対する共感を、心として育てるというよりも、知的な面で学習し理解していく、という方向へ進むと、より早く効果が得られると思います。要するに、認知行動療法ですね。

No.1703 2005/05/08(Sun) 20:49





本を読んで /

初めての投稿のとき、母が境界性人格障害の要素を持っているようだと、
相談させていただきました。その際、西丸まりいさんからご紹介いただいた、
「境界性人格障害=BPD 星和書店」を購入し読み終えました。
この本を読んで、おかげさまで本当にいろいろなことが分かってきました。

これを読むまで、私が繰り返し悩んでいたことは、
・私の推測しているとおりで、本当に母がボーダーライン的であるのか、
・いや実はそうではなく私がボーダー的で、私が母に自己投影しているのか、
ということでした。自己疑惑に陥っていると分からなくなってしまいます。

でも、この本を読んでみたら、どう疑ってみても、
私は自分がボーダーラインということはないように思いました。
そして、子供であった私が、母の性格傾向にすっかり巻き込まれたことや、
私が母の人格障害を治せなかったことは私のせいではないなと思いました。

本の中のある箇所では、母の言葉を翻訳することにより、
非常に辛い気持ちにもなりましたが、それでも真実が見えてくると、
結果としては、なんとなく落ち着いた気持ちになってくるものです。

ところで、もう一冊、「マゾヒスティックな人格」という本も買いました。
これは、私が自分自身をマゾヒストだと思っているところがあるからです。
専門的なことは私は全然知らないのですが、この本によれば、
以前、DSMの基準の付録部分に「自己敗北型パーソナリティ」というのがあった、
と書いてあります。それと同一のものとして、現在は公認されていない、
「マゾヒスティックな人格」(性的なマゾヒストとは別の意味だそうです)
の診断基準がそこに掲載されています。素人判断はいけないのですが、
この診断基準を見ると、まさにこれは私のことだったかも、と思いました。

この本では「健全なマゾヒスト」「病的なマゾヒスト」という区別がなされ、
「マゾヒストの利点」も指摘されているところが、新鮮に感じられました。
健全なマゾヒストは責任感の塊で、その人の内部での自己評価の低さが、
かえって積極的に社会を動かしていくための動機づけになるということです。

私の育った家庭は、簡単に言うと「母子カプセル」でしたが、
この二冊の本を読んで、母と自分の性格の違いが分かってきました。
母がボーダー的性格で大人としての責任を担えなかったということ、
そして私は、彼女の自己投影をすすんで引き受けることによって、
母との愛着の関係を獲得しようとしたこと、などが、分かってきました。

私は常々「自分は無責任でどうしようもない」と思い自分を責めていましたが、
本を読んで考えが変わりました。確かに自分には無責任なところもあるけれど、
そうかといって、これまで全面的に無責任だったわけではなく、ただ私は、
責任を重視する部分を間違えていただけだ、と、思うようになりました。
相手の欠点を引き受けて甘やかしたり、すすんで自己卑下をすることによって、
相手の見たくないことを、わざわざ誤魔化して隠してあげたりすることは、
健全な人間関係においては、殆ど必要のないことなのでしょうね。

本当に責任を担わなければいけないのは、いったいどういった事柄なのか、
実感として分かるようになり、実際にできるようになると、きっと私は、
「健全なマゾヒスト」として社会に貢献できるかもしれない、
という希望が湧いてきました。語弊があるかもしれないのですが、
平坦な人生を歩んだ人よりも、多くの責任を担える素質もあるかしら?
といったような意味です。自分の性格について期待感があるということです。

また、もし「健全なボーダーライン」というのがあるとするなら、それは、
ユーモアや機転や表現力の点で優れた人たちなのではないかと想像しています。
自分の性格を効率よく活かしていけるといいなと思います。

No.1687 2005/05/05(Thu) 22:50

 
Re: 本を読んで / 管理人

 自己分析が進んできて、落ち着いたようですね。
 マゾヒスティックな性格というのも、おもしろい発想だと思いました。うつ病の病前性格と重なるところが多いように感じます。
 このような分析によって、お母様との関係がより明確になると、精神的な自立が確立されてくると思います。自分自身の性格のプラス面をもっと生かしてこうという考え方、とてもいいと思いますよ。

No.1688 2005/05/05(Thu) 23:49

 
Re: 本を読んで /

どうもありがとうございます。

No.1702 2005/05/08(Sun) 18:55


頭のしびれ! / つかちょ

初めて書き込みをします33歳のサラリーマンです。神経症抑うつ状態と言う病名で一昨年の12月から今年の3月までの1年3ヶ月間休職していました。3月の途中から会社に復帰したのですが、頭がしびれてしょうがありません。休日はしびれる事は無いのですが、仕事に行くとしびれてしまいます。2週間に1回のペースで通院してドクターから薬を処方して頂いているのですが一向に効きません。ドクターが言うには自立神経が異常をきたし頭に繋がる血管を圧迫しているのではないかとの事でした。誰か同じ様な症状の方要らしたらアドバイスして頂きたいのですが?宜しくお願いします。

No.1689 2005/05/06(Fri) 20:15

 
Re: 頭のしびれ! / ネコ

はじめまして、こんにちは。
私は抑うつ状態と自律神経失調症を患っています。
しびれるという感覚はちょっとわからないですが、頭痛がいつもしていました。今は気がつけば治っていました。
うつと自律神経失調は同時にあらわれるみたいです。

足が冷えている事とかありませんか?
あと、緊張で頭の筋肉や血管が圧迫されることもあります、
内臓の機能低下などでそういったこともありみたいです。
しょうが(しょうが湯、しょうが紅茶)や、根菜類、味噌汁を食べたりすると内蔵が温められて良いと思います。コーヒーや体を冷やす食べ物は内臓機能低下につながって自律神経を乱すみたいです。
あと、早寝早起きが体にいいです。
お風呂は38〜39度くらいの湯船に15分くらいつかって、半身浴をするといいですよ。
深呼吸などもいいみたいです。

No.1690 2005/05/06(Fri) 23:25

 
Re: 頭のしびれ! / 管理人

 はじめまして。
 頭がしびれる、というのは、ちょっと珍しい症状ですね。でも、休日には起こらない、ということですから、やはり仕事のストレス(緊張)が原因なんでしょうね。頭痛(原因は、脳内の血流量の低下がもっとも多いです)と近い症状なのでしょう。

 ネコさんのおっしゃるさまざまな方法、自律神経の機能を正常化させるためには、優れたものばかりです。ぜひ試してみてはいかがでしょう。

 それから、やはり大切な脳に関することですから、一度脳外科で検査をしてみるというのも、考えておいた方がいいと思います。脳ドックというのもありますし。

No.1691 2005/05/07(Sat) 00:24

 
Re: 頭のしびれ! / かっちゃん

 はじめまして。

 私も同じような経験がありましたの御参考になればと思い連絡させていただきます。

 頭のしびれには私もだいぶ悩まされていました。
 私の場合ですが仕事・家庭のストレス(緊張)によるものでした。
 ストレスを引きずって緊張・興奮が続いている時は頚椎付近に強いしびれと違和感を感じます。

 休日に自分が楽しいと感じる遊びをしている時はしびれは気になりません。
 不安な事を考えすぎているのが原因ではないかと思いました。

 そこで、私はしびれを感じ始めたら何か楽しい事を連想したり、緊張を忘れるよう何か
 集中できる事(スポーツや読書)などをしてストレスを和らげるようにしています。
 
 脳が楽しいこと・嬉しいことを感じることをすると肩の力が抜けて凄く楽になれます。

 お仕事中に適度な休憩をとり、緊張をほぐして気持ちをリラックスすることを何かして
 みたらいかがでしょうか。
  
 
   

No.1693 2005/05/07(Sat) 10:36





過去ログ一覧(3) へ戻る


produced byYuki Tachibana