Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2005年05月10日〜



夫のうつ病は治るのでしょうか / 星の子

はじめまして。
夫が5年前よりうつ病を患っています。程度としては軽度の方だと思います。発症時の時が身体的には一番酷い状態でしたが、その後は投薬のお陰で何とか会社勤めを続けながら今までに至っています。
一時期パキシルで劇的に良くなったのですが、段々効き目が薄れたため、徐々に別の薬へ移行していったのですが、その後はパキシルの離脱症状も酷く、また他の薬も今ひとつパッとしない状態です。現在はノリトレン錠とメイラックス、ロヒプノールを服用していますが、酷い耳鳴りと発症時からの不眠(中途覚醒)に悩まされ続けてています。
昨年思い切って3ヵ月休職をし今まで医者任せだけの治療から、自分でも生活習慣に気をつけたりジムで身体を鍛える事などを始めるようになりました。お陰で現在は復職出来てはいるのですが、良かったのは最初の2ヶ月程度で、最近はまた低迷しています。
でも読めなかった本も読めるようになったし、TVのお笑い番組で大笑いしたり、DVDを見たり、うつの酷い時には全く出来なかった事が今では出来るようになっています。週に2回のジム通いで身体も鍛えうつとは思えないほど外見は健康なんです。

しかし、耳鳴りと不眠が改善されないので、ともかくその事で頭がおかしくなりそうだと言っています。仕事とジム以外は外出する事はマレです。何事にも臆病になっている気がします。ここのところ顔つきもキツクて会社でもそんな顔をして仕事しているのかと心配です。

今までは大学病院の精神科で診てもらっていましたが、担当医が変わったり、3分診療に近い状態になってしまったので、先日新しく出来た心療内科で診てもらったんです。まだ初診だけなのでこれから詳しい心理テストなどをしていくようなのですが、最初の診断では「うつ自体はもう改善されているのではないか?5年もうつ病が良くならないというのならそれは、心理的な何かが影響して今の状態を長引かせているのでは?」との事でした。
確かに私もそうではないかと思います。でもその何かの影響というのは私の事ではないかと思うのです。夫のうつ病については私なりに本やネットで調べて、良いというものは色々夫にススメてきたし早く治ってもらいたいと願っていますが、もう5年もこんな状態で、側にいる私ももう疲れて果てているのです。
夫の理不尽な言動や行動は全て病気のせい、本当の夫ではないと頭では理解できても、心の中ではどうしても受け入れられていないのです。それにこんなに辛い思いをさせられいるという被害意識が強くなり、私自身が壊れてしまい、先日救急で運ばれる騒ぎになり、身体表現性障害と診断され私も坑うつ剤を飲んでいる状態です。

私の担当医からは夫とは距離を置く方が私自身に必要だと言われています。出来るならそうしたいと思いますが、子供もおり、何も出来ない夫を残していく事も出来ません。
家の中では必要な時以外は殆ど夫との会話がありません。というか出来ないのです。夫が話しかけてくれても言葉を返す気にもならないんです。口を開くと恨み辛みを吐き出してしまいそうになるからです。

こんな状態で夫の病気が良くなるはずはありませんよね。私の理解の無さが夫の病状を長引かせているのでしょう。でも私もギリギリのところで生活しており、とても辛いのです。

どうしたら夫も自分自身も良い方向へ持っていけるのでしょうか。毎日一人になると混乱して苦しくて叫びだしてしまいそうです。他に相談出来る人はいません。お互いの両親は夫の病気の事は知っていますが、私の病気は知りません。それに元々この病気については知識が低いです。ともかく私に頑張れと言うだけです。夫の酷い状態を見たことがないから仕方ないのかもしれませんが。

支離滅裂な文章で申し訳ありませんが何かアドバスがあれば宜しくお願い致します。最近は私自身消えて無くなりたいと考えてしまいます。

No.1760 2005/05/17(Tue) 01:18

 
Re: 夫のうつ病は治るのでしょうか / ネコ

初めまして、宜しくお願いします。
私はよくうつ状態で長い間通院しています。
ご主人の耳鳴りのことが気になりました。私は喉が詰まったり、お腹が張ったりしているのですが、喉のつまりは本当にいいたいことが言えていない、お腹の張りは緊張と怒りなどを余計なものを長年ためているかららしいです。もしかしたら、違うかもしれませんが、耳鳴りは聞きたくないことがあるからかもしれないです。

私は経験不足であまり参考になる事言えなくて申し訳ないです。
距離というのは大事だと思います。だから、お互いがよくなるために距離をとってしばらく様子をみるというのはとてもいいことだとおもいます。お子さんが何歳くらいかわからないので星の子さんがいたほうがいいのかもわからないですが・・・。もしかしたら、お子さんも辛い思いしているかもしれないので、距離をとるのは本当に大事だと思います。壊れる為にではなくてお互いがよくなるために、例えば入院できるのであれば入院するとか・・・どこかに身を寄せるとか無理でしょうか。

星の子さんが、頑張りすぎてとても疲れているからご主人の側にいるだけで疲れてしまうかもしれないです。
私の母もそんな感じでした。私の出すうつ独特の雰囲気がとても嫌だったみたいです。家族中が嫌な空気になりました。
母は交通事故に合って入院して、落ち着きました。私も色々と家族が見えて落ち着きました。だから、交通事故に合って変な言い方ですが良かったと思っています。交通事故にでも合わなければ家族想いだから母は距離をとれなかったと思います。

勝手な思い込みかもしれませんが、うつになる人は気を使ったり、責任感がある人がなりやすいと思います。星の子さんが倒れた時はご主人は本当に戸惑ったと思います。星の子さんの為に距離をとるためにご主人が乗り越えなくてはいけないもの、乗り越えていけるもの、あると思います。
お子さんがとても小さいのでしたら無理かもしれないですけど、私の勝手な思い込みかもしれないですが、お父さんやお母さんが好きだから乗り越えれるもの、あると思います。それはとても貴重な経験になると思います。何も知らない私がこんなこといって申し訳ないです。子供ならお母さんに笑っていてほしいと思うと思いました。その為なら頑張れると思いました。
間違っていたら、本当に申し訳ないです。

No.1761 2005/05/17(Tue) 05:39

 
Re: 夫のうつ病は治るのでしょうか / ゆっぽ

がんばりすぎないでくださいね。
私の主人もうつ病になって3年になります。
仕事と人間関係で、不眠、食欲も体力も減退しました。
1年半休職し、完治では無いので時々休んでしまいますが、何とか復帰して半年になります。会社側も理解してくれ、「調子が悪ければ休んでいいよ」といってくれています。
星の子さんは、何か趣味などありますか?
お子さんがいて無理でしょうか・・・。
私も主人に言いたいこともいっぱいあるし、子供を作りたくても作れず、泣いてることもあります。
人に相談できず、主人に色々言えばまたそれがストレスになるだろうと、口を聞けなくなったこともあります。
でも週に2・3日、3〜4時間のパートに出たり、ジムで汗を流して、いわゆるストレス解消をしています。
ずっと離れることが無理なら、時々お子さんをどこかに預けて、1人になる時間を作っては?
短時間でも子供を預かってくれる所も最近増えてますよね。
気分を変えることは家族にも絶対必要です。
そうすることで、お互いにまた、うつを抱えていても、違う雰囲気で暮らせるようになるかもしれません。
あまり悪いほうに考えないで。いいほうに考えて。絶対光は見えてくるから。
余談ですが、私の母も10何年も前に統合失調症(昔の精神分裂病)になりました。おまけにその後、腎不全にもなり、今、週3回の人工透析をしています。年とともに梗塞によるボケ症状も時々あって、入院もしました。
神経の方はずいぶん落ち着いてますが、通院はしてますし、薬はたっくさん。でも色んな病気と自分なりにうまく付き合ってるみたいです。
万が一、完治しなくても、どんな病気でも、心しだいで、うまく付き合っていけると思います。

なんだか、いいアドバイスではありませんね。ごめんなさい。
でも言いたいのは、星の子さん、考え込み過ぎないように・・・。

No.1763 2005/05/17(Tue) 10:13

 
Re: 夫のうつ病は治るのでしょうか / 星の子

ネコさま、ゆっぽさま、レスをありがとうございます。

行き場のない気持ちをどこにぶつけてよいのか、夫にぶつけられればもっと楽になれるのでしょうが、言っても仕方の無い事で、こちらで相談させて頂きました。聞いてくださってありがとうございます。

私自身は普段は普通に過ごせています。しかし夫がいると気持ちが落ちてしまいます。夫の事を考えてばかりもいられないので、パートを始めたり、出来る範囲でのストレス発散はしています。子供はもう小学生の高学年ですので手も掛からなくなった分、色々な事が分かる年になったので親の事情をいつまで隠して置けるのか不安です。子供はまだ何も知りませんが、夫のうつ病と私の情緒不安定で子供なりに苦労はさせてしまっています。
最近は変な気を使うので、この子までオカシクなるんじゃないかと、不安になってしまいます。

病気の夫に私の気持ちを理解する事は無理なのは分かっているのですが、こんなに苦しんでいる私を理解出来ない夫が情けなく、恨めしく、ともかく精神的に参っています。夫を理解してあげられないくせに自分を理解してくれないというのはオカシイ話だとは自分でも分かっています。が、どうにも気持ちを切り替えられません。
だから夫も病気が治らないし私も自分で自分をオカシクしてしまっているんだと思います。どうしようもありませんね。

現状は今の生活を続けていくしかないので何とかこの病気と付き合いながら家族を再生していく道を探さないといけません。分かっているのに出来ないし、いつも逃げ出したいと考えてしまう自分に悩んでいます。

うつの本人はどんな気持ちなんでしょう。夫は今は自分自身の体調のことで私や子供のことはどうでもよいのでしょうか。うつ本人にそんな事を聞いてもどうにもならないし、本音を聞くことは難しいと想いますが、重荷でしかないような気がします。そう見えてしまうので私も辛いし、夫に対する想いがドンドン薄れて距離を置いてしまっています。

No.1764 2005/05/17(Tue) 23:11

 
Re: 夫のうつ病は治るのでしょうか / 管理人

 ご主人がうつ病だとしたら、家族の気持ちがわからないのではなく、家族の気持ちを考えすぎてうつ病になった、という感じでしょうね。もちろん空回りして、うつ病となってしまうわけですが。
 うつ病患者の家族は、とても大変な思いをします。でも、もっともつらいのは、本人です。また家族は、うつ病になりやすくなるので、心身の健康管理に気をつけなくてはなりません。 

 ちょっと感じるのは、ご主人を構い過ぎたのではないか、ということです。ある程度距離を保って見守る、という態度が、患者にとって、もっとも楽ですし、家族としても、疲労困憊する、ということから抜け出せます。
 一番まずいのは、早く治そうとすることです。家族があせると、患者本人にその気持ちが伝わってしまい、病状が悪化、または長期化します。患者本人が、早く治そうと一番焦っているわけですから、のんびり気長に治そうという気持ちを伝える方が効果的です。

 家族として、もっとも大切なのは、心の余裕を持つことだと思います。そのためには、自分の時間を作る、不満や鬱憤は、なるべくすぐにほかの方法で解消する、適度に息抜きする、病気を憎まないでうまくつきあっていこうと考える、などです。

 もし、家族がストレスに耐えきれない、と感じた場合には、早めに治療を受けることも大切です。うつ病患者の家族は、頑張って看病しているうちに、同じようにうつ病になってしまうということ、けっこう多いです。
 お子様もいらっしゃるのですし、共倒れになっては、どうにもなりません。悲観的な思考が出てきているように感じますので、しばらく治療を続けてみてください。身体表現性障害は、高ストレス状態で頑張りすぎると起きやすいです。

No.1766 2005/05/18(Wed) 00:10

 
Re: 夫のうつ病は治るのでしょうか / ネコ

こんばんわ。
うつの人の気持ちですが、私の場合の事しか言えないですが書いておきます。
うつ状態がひどいと周りのこと考えられません。とても辛いのでどうにかしたくて、どうにかしてほしいと思ったりします。
だけど、なんとなく周りが嫌な思いをしているのは気がついたりすると思います。理解してもらえてないとその時は思うかもしれませんが、罪悪感もあります。罪悪感にかられるとそればかり反省して実際に行動で示す事が出来なかったりします。自分ではどうしていいのかわからない状態になってしまいます。
(ご主人は違うかもしれないです。)

私がうつになって思うことは、周りの人の本当の気持ちを知りたいと言う事でした。気を使ったり、心配しすぎて当たらずさわらずみたいにされるととても苦しくなったりしました。
本当、我侭に見える病気なんですが、そうではないんです。そこを理解するのは難しいと思います。だけど、言いたいこと言った方がいいと思います。喧嘩になるかもしれないですが、言われないと気がつかないことがあったりします。
最初は難しくてもご主人も受け止めてくれるのじゃないかと思います。

お互いの状況をみて、言いたいことが言えるときに話されたらと思います。思わず言ってしまうとあまり意味がなくなってお互いに疲れてしまうだけだと思うからです。

うまく言えないですが、ご主人が病気に対してどう受け止めているのかということも大切だと思います。

全部うつを理解できなくていいと思います。あまりにも星の子さんが我慢すると本当によくないです。
お子さんのことは、安易に言っていいのかわからないですが、多分大丈夫だと思います。
優しいお子さんだと思います。

No.1768 2005/05/18(Wed) 00:21

 
Re: 夫のうつ病は治るのでしょうか / 星の子

管理人様、ネコ様、お返事ありがとうございます。

今まで何とか早くうつ病を治して欲しくて、私もあれこれと夫に構いすぎたのかもしれませんね。管理人様のいう通りだと気が付きました。

元々夫は自分の身の回りの事も私に任せっきりな人でしたので、うつ病という病気についても自分で調べたり、主治医に対して突っ込んだ話を聞くわけでもなく、ただ言われるがままに処方された薬を飲むだけの生活でした。結果、何でも私が先に手を貸してしまう事になっていた気がします。

病気になって5年も過ぎてやっと自分でもこのままじゃいけないと考えてくれるようになったので、その点では私も回復の兆しが出てきた、この調子でいってくれれば・・・と思っていた矢先に私がオカシクなってしまったので、先にお話したような状況にあるのです。

家族がどんなに我慢しても、一生懸命頑張っていも夫の病気が一向に治らないので、かなり焦っていました。夫のピークは過ぎたかもしれませんが、私自身が疲労のピークなのかもしれないですね。今度主治医に私自身のメンタルな事を相談してみようと思います。今までは身体的な症状を抑えるためだけに薬を処方してもらっていたので。

今は夫には無理に治そうとせず(治ってもらえれば一番ですが)自分の病気をもっと理解し、上手くコントロールしてうつと付き合ってほしいと願っています。
私の目からすると病気に対しての姿勢がとても消極的で、自分の事となるととてもマイナス思考な所が許せないのです。(元々全てにおいてプラス思考の人だったのですが)でも私や他人には厳しいんですよ。うつ病だからそうなんだろうとも思えますが、でも病気のせいと分かっていても甘えてる風に感じてしまいます。私にばかり頼らないで、少しは自分でも何とかして!と思ってしまうのです。

もう少し積極的に病気に立ち向う姿を見せてくれたら、そうすれば私も少しは夫が理解出来ると思うし、頑張っていけそうな気がするのです。今の夫には無理なのでしょうが、でも本音です。

今はつらい状況ですが、こちらで話を聞いてもらいアドバイスを頂いたお陰で少し気持ちが楽になりました。まずは自分の精神状態を改善していこうと思います。今を乗り越えれば夫の事ももう少し余裕をもって接してあげられるようになれるかもしれないですね。

ネコ様、うつ病のご本人からのアドバイス参考になりました。お辛い中、レスして頂きありがとうございました。どうぞご自愛下さいね。

No.1775 2005/05/18(Wed) 23:52


スプーさんへ / 悠風

 別件なので新たに投稿します。

 今までしばしばスプーさんの投稿を読ませていただいていますが、気分を害したことは一度もないです。病気の最中に読んでいたら、違う反応だった可能性はありますが。

 わたしは自分のことをかなり無限大なほど、なんでもできる人間だと思っていました。だから人も無限大になんでもできるだろうと思っていたのではないか、と思います。

 わたしが「しんどそうにしていたら、それを察して家事を代わりにするくらいは当然だ」と夫をつめていた記憶もあります。夫は「言わなきゃわかるわけがない」と反論してましたが。

 わたしは元看護師でもあります。看護師って医師の介助をするときに、医師がこれからしようとしていることを察して、準備しておくというところを求められる職業でもあったので、よけいに「察するのは当然」と思っていたように思います。

 今、わたしが変われたのは、自分の限界を知ったからです。なんでもできるはずの自分をあきらめたからです。それは人生をあきらめるに等しい感覚でした。
 でも、あきらめざるを得ないところまで追い詰められていました。

 わたしの場合は抑うつ的な症状が出てきてから、BPD的症状が出たので(わたしの知る限りですが…)、治療ベースにのっていたこと、自分自身が苦痛でどうにかしたいという思いが強かったのが大きかったと思います。

 ついついだらだらと書いてしまいましたが、参考になれば幸いです。

No.1744 2005/05/14(Sat) 18:45

 
Re: スプーさんへ / 管理人

 そうですね。悠風さんは、精神的な苦痛と自殺念慮のもととなる虚無感が強く出ていたんですよね。
 私は、精神的な苦痛は、ほかの人のことをきちんと考えている大人の自分と、境界性人格障害の症状を起こす子供の自分が、心のなかでぶつかり合って起こるのだと考えています。
 そして虚無感は、自分自身の存在をなんとか見つけようとしたのに、自分自身の存在が感じられなくて、起こるのだと思います。

 つまり、自分自身の心と正面から向き合って、苦痛から逃げずに自分自身で解決しようとした、ということでしょう。このようなつらく苦しい過程を自らの意志で乗り越えたからこそ、今の悠風さんがあるんだと思います。自分の限界を知るというのも、かなりの苦痛ですし。

 元看護師さんなので、苦痛の大変さも大切さも、よくおわかりのことと思います。身体の病気も、心の病気も、治るためには、苦痛を乗り越える、正面から向き合う、ということが大切なのは同じだと思います。

No.1748 2005/05/14(Sat) 23:36

 
Re: スプーさんへ / スプー

悠風さん
BPDを発症しても鬱状態になる人は比較的治りやすいのでしょうかね?
私の妻もそうですが、回復した人は他人以外にも自分に攻撃が向きやすく、結果的にその苦しさから治療意欲が湧くのかもしれません。

逆に他人を責め続け、自分の苦しさを全て負わせようとする人で、回復した話は聞いたことが無いです。


何にせよ、回復できて良かったですね。

No.1751 2005/05/15(Sun) 14:34

 
Re: スプーさんへ / 悠風

管理人さん
レスありがとうございます。

>  私は、精神的な苦痛は、ほかの人のことをきちんと考えている大人の自分と、境界性人格障害の症状を起こす子供の自分が、心のなかでぶつかり合って起こるのだと考えています。
>  そして虚無感は、自分自身の存在をなんとか見つけようとしたのに、自分自身の存在が感じられなくて、起こるのだと思います。

 このふたつ「なるほど〜〜」と思いました。そういうふうに考えたことがなかったです。
 そうなんですよ。いくら探しても「自分」なんぞ、どこにもいなかったのです。

>  つまり、自分自身の心と正面から向き合って、苦痛から逃げずに自分自身で解決しようとした、ということでしょう。
 でもずいぶん遠回りしました。はじめの4年は「どうすればこの苦しみが人に伝わるのか」しかわたしの頭にはなかったです。伝えるために自殺未遂までしていたのですから。

>このようなつらく苦しい過程を自らの意志で乗り越えたからこそ、今の悠風さんがあるんだと思います。自分の限界を知るというのも、かなりの苦痛ですし。
 確かに苦痛でした。自分が「問題患者」であるのを受け入れないといけませんでしたから。どんなに病気の知識を頭につめこんでも、解決の道筋は見えてきませんでした。
 「自分は看護師なのに」というプライドがあり、他の患者よりは病気に詳しくて、治るための努力もしているつもりでした。方向性が180度間違っていましたが。

 スプーさんへ
>BPDを発症しても鬱状態になる人は比較的治りやすいのでしょうかね?
 どうなのでしょう? ただ本人に苦痛がないと治療のきっかけも自分と向き合うきっかけもない、ということになるのでしょうか。

>逆に他人を責め続け、自分の苦しさを全て負わせようとする人で、回復した話は聞いたことが無いです。
 関連の本で「10年後には半数の人の症状がましになる」というのは読んだことがあります。怒るエネルギーが枯渇するのか、人生経験が激しい症状を出しにくくするのかはわかりませんが。

 それでもいろんな病院をはしごしている人の話で、しかも半数です。

 病院に行っていない人については、統計のとりようがないのでしょうね。


何にせよ、回復できて良かったですね。

No.1754 2005/05/15(Sun) 18:31





妻はどうしてしまったのか・・・ / ととろ

今までも時折拝見させて戴いておりましたが、今回初めて書込みさせて頂きます。質問は妻に関してです。

私は3年前に中国籍の妻と入籍し、現在生後7ヶ月になる娘がおります。
現在はお互いの母国ではない海外某国に在住しております。

妻は結婚前より感情の起伏が激しかったのですが、妻曰く彼女自身の幼年期の体験(幼少の頃父親に虐待を受けた・両親が離婚している・母親は仕事に忙しく、私を構ってくれなかった・・・等)による鬱病の為と説明されました。また以前は坑鬱剤による投薬療法をしていたとの事でしたが、私が交際していた数年間は薬の服用も無く私は彼女に鬱病の気があるのを承知で結婚致しました。

結婚後、妻の言動に変調が生じ、徐々に激しくなっている様に見受けられます。以下にその主な症状を記しますが、鬱というよりも別の人格的障害ではないかと感じる様になりました。


*気分の変化が激しい
さっきまでニコニコしていたかと思うと今度は烈火の如く怒り狂う。
数時間から数日単位で持続する事がある。

*自分の希望通りにならないと激怒する
独身時代は何度も電話が掛かり、止むをえない事情(勤務中)で応対できない場合や外出寸前で長時間話せない場合など、その旨説明すると途端に激怒する。電話を切っても何度も携帯にかけてくる。
また口論になると感情の制御が出来ず、自分の言い分が聞き入れられないと自殺をほのめかす。

*親兄弟や友人の評価が極端から極端に変化する
“私の事が解るのはあの人だけ”から一転“あんな人は友達ではない”等。

*愛し方が足りない(貴方は私より自分の方を愛している)という理由で相手を責め立てる。

*症状の出ていない時は非常に安定
他人の前では激高時の言動を頑なに否定し、如何に自分が正しく、かつ廻りの者(主に私)に虐げられているかを理路整然と訴える。しかし相手が矛盾点を追求すると突然激高する。

*激高した時を見られたり、自分の意見を否定した人とは一切接触しない。他人にも接触させず、影でその人物の悪口を延々と流布する。

*信頼する相手が自分以外の人と親密になるのを極度に嫌う
携帯履歴の調査し、友人からの電話が数週間途絶えるだけで疑惑を持ち、その人物への連絡を禁止する。

*被害妄想
隣や上下階の住人が壁に耳をつけて聞き耳を立てている・電話が盗聴されている・・・等。


結婚初期においては私も反論した為、頻繁に激しい口論になりましたが、最近はあまりに激しい性格の変化を鑑み、また私自身の精神的疲労感から、極力一歩引いた状態で聞き流す態度を取っております。しかしそれはそれで今度は「その冷めた態度が気に入らない。お前は私のこの性格を承知して結婚したのだから、全ては耐えられないお前の責任だ。」と責めたてられます。

それでも我慢できず口論になり、以前妻にはっきりと『君は病気だと思う』と発言した所、「精神病はお前だ!訴えてやる!」と激怒。また状況によって発言が正反対に変わり、第三者の前で『私は伝統的な日本人の男に奴隷の様に酷使・虐待されている』と訴え続け、それを聞いた長年の経緯を知らない看護婦に私は呼び出され、『これだから日本人の男は・・・』と一方的に攻め立てられるという経験もありました。それ以降、止むをえず重要な事項に関しては、会話を録音し始めました。

その後、私が就寝中レコーダを発見した妻はソーシャルワーカーに通報『夫が私を狂人扱いし、“不細工”“き○がい”“豚”等の侮蔑語で罵り精神的虐待を継続的に受けている。会話も録音され、プライバシーを侵害されている』と主張。

また『お前に政府の調査員が付いており、彼らはお前の行動を監視している。私の行動を邪魔させない』言い出し、最後に『気をつけろ。私の一族はお前には本当に失望している』と意味不明な事を言い残し、生後1月半の娘を連れて中国に帰国してしまいました。

後日国際電話で『離婚するならば娘は返さない。この2国間で法的に何も出来ない事は知っている。私には専門家がついている。私の永住権申請を早くしろ』と度々攻め立てられ、結局以後3ヶ月は戻って来ず、結局移民局からの要請で政府から妻(と私の共同名義)の口座への育児補助金振込みが停止され、移民局から妻へ永住権申請期限の最後通告がされて戻ってきました。

現在は3人で暮らしておりますが、上記の性格は変わっておりません。
妻の罵倒に耐え切れず口論になり別居や離婚の話を切り出す毎に『今すぐ警察に通報する。そうすれば今度はお前は逮捕される事になる』と脅され、一旦激高すると娘を奪い取り『これは私の子よ!触らせない!』と言い出します。

出産後から中国に帰国するまでの2ヶ月は育児・家事共に殆どしなかった妻(私が授乳・お風呂・オムツを換え、昼休みに帰宅して食事を準備して再び帰社する毎日)ですが、帰国後の妻は娘に対する育児だけは怠る事は無く、今後も娘に対する虐待などは決して無いと確信しております。

しかしながら私自身、胃痛・頭痛・睡眠障害・白髪の爆発的増加・そして何より帰宅時に玄関のドアを開ける際、ドアノブに伸ばした自分の手がぶるぶる震えているのを見た時、私自身の疲労を自覚し、カウンセラーへ通うようになりました。

カウンセラーの方に事情を説明した所、“妻にはBPDの疑いがある”との事。紹介戴いた精神科の医師が経営するカウンセラーとの面会を妻と同席という条件で手配いたしました。これは『調停員かカウンセラーを呼べ!白黒はっきりさせてやる!』との妻の希望に添ったものです。

しかしながら、私がカウンセラーを予約した旨を妻に伝えた所、今度はそのカウンセリングが有料で、カウンセラーがサイコセラピスト(精神科医の資格を持つ)である事を理由に『お前は信用できない。どうせ自分に都合の良いように仕向けている筈だ!』と、私の手配したカウンセリングを受ける事を断固拒否。自分で女性団体の経営するカウンセラーを手配すると言い出しました。私としてはどんな形であれカウンセリングに同席する事に異論はありませんが、それによって事態が好転するとも、残念ながら思えません。

結局私は予約した正規のカウンセラーの予約を取り消さざるを得なかったのですが、妻は『ウチの家計からそんな金なんて払わない。そんな金を持ってるのならば私によこせ。中国に私の娘を連れて帰る。今後どんな事がおこっても、その責任はお前にある!』と言い出しております。
それ以前に、その日以降、自分でカウンセリングの手配はおろか、カウンセリングという言葉自体知らないといった素振りです。

中国にいる妻の家族は妻のこうした性格を昔から承知していたようですが、『妻が離婚するとこちらの面子が潰される・何よりも再びこちらにまたこの前の様に戻って来られても困る』というのが本音の様で、娘はともかく、妻が実家に帰る事を極端に嫌がっているように感じます。

過去に離婚話が出た際にも、妻には「もし私の家族が知ったら、おまえなんて簡単に殺せる」と言われ、私の携帯には妻の家族(兄弟・ここに書けない類の職業をしています)と思われる人物から『おいおまえ!判ってるんだろうな・・・!』というメッセージが入っていました。この義兄弟も感情のコントロールが出来ない性格で、結婚時に会った際、明らかに表情・行動に不審な点(“クラクションを鳴らされた”という理由でトランクに入れていた鉄パイブを持ち出し、相手の車をメッタ打ちにする等)が見られました。


正直な所、私自身既に疲れ果てており、別居・離婚を真剣に考えております。しかしながら、仮に私が家を出る事で妻や妻側の親族が凶行に走るのではないか?・・・何より再び娘を連れ去られるのではないか?・・・という恐怖が私が妻から距離を置く事を許してくれません。

僕の過去からの状況を知る古い友人には『お前が今もこうして冷静に生きているのが信じられない。私達だったら狂って自殺している』と言われ、『君には申し訳無いけど、もう振り回されたくない』と、距離を置かれております。

妻は回復の見込みはあるのでしょうか?
せめて、出会った頃の程度の性格であれば私も耐えられるのですが・・・娘にも妻が私に泣き叫んでいる姿を見せたくありませんし、今の状態が持続すると私自身壊れてしまいそうです。

No.1713 2005/05/10(Tue) 13:34

 
Re: 妻はどうしてしまったのか・・・ / スプー

カウンセラーの方がおっしゃるように、極めて境界性人格障害(BPD)の可能性が高いと思います。しかもお話を拝見する限りは、かなり症状が強く出ている様子です。
また、BPDにも被害妄想が出やすいのですが、電話が盗聴されている等、BPDに起こりがちな人との係わり合いの被害妄想(歩いていると知らない人が顔を見て笑ったとか)というよりは、統合失調症的な被害妄想も強いと思います。BPDでもこの手の被害妄想は起こりうるとは思いますが、併発されている可能性も否定できないような気がします。

奥様の父親(もしかすると母親)にも問題があった、兄弟も人格障害(おどしでなければ、反社会性人格障害も濃厚)の可能性が高いようですね。
奥様が治したいと思うどころか、人を脅し、治療者との関係も持とうとしない。自分の行動を反省せず、現在の悪いことは全て人のせい・・・となると、正直なところ治療は難しいのではないでしょうか?


一番心配なのは、娘さんですね。
特に3才までの乳・幼児期は、人格のベースを築く最も重要な時期です。
この時期に無償の愛を感じられるどころか常に不安定で怒り狂う母親を見ていると、親の顔色を伺い、良い子を演じ始めるかもしれません。
無理のある"良い子"は、思春期以降にBPD等の問題を起こす可能性があるので、出来る限りその状態に持っていかないようにしなければならないでしょうね。


出来ることなら、BPDの事を真剣に取り組んでいる医師や団体と接触し、娘さんを連れて奥さんが簡単に追ってこれないような施設に逃げ込む事です。そして離婚した上で日本などの奥様の目の届かないところに逃げてしまうのが最も良い方法だと思います。

今のままでは共倒れ、お子さんにも大きな影響があるのは避けられないと思いますよ。

No.1714 2005/05/10(Tue) 15:59

 
Re: 妻はどうしてしまったのか・・・ / ととろ

スプー様

アドバイス有難うございます。
妻とは結婚直後、日本で私の両親と共に数ヶ月間同居していた時期があります。
しかしながら、家庭内で泣き叫ぶ・感情の制御が出来ない・私の両親のちょっとした言葉端を捕らえては自分が攻撃されたと思い込み、突然失踪する・・・などの行動が続きました。そうした同居生活で元々鬱気味だった母は心配の余り体を壊してしまったという経緯があります。

私が海外への移住を決意したのは、上記状況を鑑み、日本から離れるのが最善と考えた結果です。


移住後、妻が私に幾度となく話す彼女の夢は『完璧な家族・完璧な子供・完璧な夫・そして大きな家』・・・

私はその夢を私の出来る範囲内で最大限に叶えるべく生きてきました。悪い言い方ですが、年老いた両親を残し海外に移住し、慣れない言葉と文化の壁に揉まれながら職を得、大急ぎで生活基盤を整えてきたつもりです。移住して2年、何とかこの国の平均年収を超える事が出来ましたが、当然不動産を購入する事など出来る筈もありません。
これらの事は自分にとってタフではありましたが、決して不幸であったとは思いませんし、自分自身で人生を切り開いてきたと言う充実感を感じます。しかし、妻にとって移住後に築いたこれらの現実は、彼女の夢見ていた理想に遠く及ばなかったのかもしれません。

自称『不幸な環境に育てられた』彼女にとって、完璧な家族・夫・子供とは一体具体的にどのような形なのか・・・100%推し量る事は出来ませんし、全て理解できる自信などありません。しかし、妻の要求に対して私は可能な限り自分を変えるべく努力をしてきたつもりです。

そのような僕に対し、妻は時に感謝し、不必要な程の献身的な態度を示す事もあります。しかし一旦自分の理想と現実が乖離していると感じた途端、別の人格に豹変します。ほんの数時間前と比較して、話し方は勿論、表情まで別人の如く豹変する妻に、私は怒りよりも先に恐怖を覚えます。

妻は僕に言います『あなたが私にくれたのは子供だけ!夫は全く信用できない使えない男だし、私の家は何処にあるの!?何時になったら私に家を買ってくれるの?みんな大きな家に住んでるのに、あなたはなんて使えない無計画な男なの!』・・・と。

私と妻の2者間の問題だけであれば私が家を出れば済む問題なのですが、スプー様の仰られるとおり、現在の私にとっては娘の事が1番心配です。今の妻に育てられた娘が将来、そのまま現在の妻のようになってしまわないかと。。。

最近の妻は冷静な私の態度を『見捨てられる』と感じているのか、不自然な程に娘に過保護に接したかと思うと、善悪の区別のつくはずも無い娘が妻の決めたルール(一旦作ったミルクは必ず全量飲み切る・注意したら笑い叫ぶのを止める・・・等)に従わない場合、娘に向かって『このダメな子!あなた自分で解ってるの!』などと言っています。

なお止めないと最終的には「あなたの娘よ!」と言い出し、幾ら諭しても『これは私の娘よ。私が日中殆ど一緒にいるんだから、私が1番判ってるの!』と聞く耳を持ちません。現在の所、娘に対する虐待などは考えられない事ですが、兆候が認められたら即警察に通報するつもりです。

また、妻側の親族は妻の日本での滞在許可申請の際に提出した私の日本の実家や親族の住所や電話番号の一覧を保有している為、日本に避難するという選択肢は不可能です。

また、妻側の親族で唯一義母が正常と思われるので、一度妻に内緒で相談してみようかとも思います。妻が別居・離婚に際し娘との同居権を頑なに主張し、叶わない場合は他傷・自傷も辞さないと主張する場合、もし可能であれば義母に一時的に娘の面倒を見てもらおうかとも考えております。また、移住後の私達の現状を知らない日本の親族には近日中に説明し、可能な限りの理解を得ようとも考えています。

私は現在、在住している国内法の範囲内で出来る事を万全に整えておりますが、心の中では依然妻の回復を願っており、私に更に何か出来る事は無いだろうか・・・と考える日々です。


妻の理想を叶えるべく生き、
近付くとそれが虚構であると気づいた妻に罵倒され、
更に高い理想を押し付けられる、
全く終わの無く・かつ乗り越えられないハードル、

僕は、疲れました。

No.1715 2005/05/10(Tue) 17:28

 
Re: 妻はどうしてしまったのか・・・ / 管理人

 はじめまして。
 奥様、境界性人格障害の典型的な症状がかなり現れていますね。被害妄想が強くて、それに対して極端な行動を示す、というのは、妄想性人格障害の雰囲気もありますし。奥様のご家族も多分に問題がありそうです。今のような状況ですと、疲れきって当然でしょうね。

 まずは、境界性人格障害について、いろいろな情報を集めてください。読書がもっとも適切な方法です。この掲示板の過去ログにも、ネット上にも、たくさんそろっています。
 奥様のように、本人が苦痛を感じていないときは(まわりの人は大変ですが)、なかなか治療がうまくいかないでしょうね。もっともうまくいくのは、うつ状態や不安発作(パニック発作)に陥ったときなのですが。

 とにかく、娘さんのことを第一に、今後の対処を考えていくべきだと思います。
 カウンセリングにつきましては、ととろさんご自身だけでも受け続けた方がいいと思います。心の専門家のアドバイスは、とても役に立つと思いますし。なぜ、奥様の理想をかなえることを第一優先にしてきたのか、そのへんのご自身の心についても、もう一度見つめ直してみてはいかがでしょう。

No.1717 2005/05/10(Tue) 21:17

 
Re: 妻はどうしてしまったのか・・・ / スプー

>移住後、妻が私に幾度となく話す彼女の夢は『完璧な家族・完璧な子供・完璧な夫・そして大きな家』・・・

なるほど。それに答えようとしたんですね。
ととろさん、大変だったでしょう。要望に答え、一時的に怒り・不満が解消されたとしても、あくまで一時的なものでしかなかったでしょうから。
BPDの人の要求を満足させようとするのは、「ザルに水を貯めようとするようなもの」といわれます。
残念ながら、どんなに努力して水を入れても決して満たされることはありません。それどころか、このザルは水を通せば通すほどどんどん穴が大きくなっていくのです。

奥様ほどの症状ではなかったにせよ、私の妻もBPDです。今ではかなり回復していますが、一番酷かった時期は本当に大変でした。
一番酷くなった直前のことを考えると、やはり「鬱病」と聞かされていて、鬱病に対して良いと言われること、負担が少なくなることをやってきました。しかし、結果的にはそれは依存を高め、要求水準が高くってしまっていただけでした。


>最近の妻は冷静な私の態度を『見捨てられる』と感じているのか、不自然な程に娘に過保護に接したかと思うと、善悪の区別のつくはずも無い娘が妻の決めたルール(一旦作ったミルクは必ず全量飲み切る・注意したら笑い叫ぶのを止める・・・等)に従わない場合、娘に向かって『このダメな子!あなた自分で解ってるの!』などと言っています。

まず、この行動はととろさんに見捨てられると感じたからではなく、奥様が自分と他人の区別がつかず、「自分がしたい」と思うことは他人がやって当然と考えているからでしょう。それは相手が乳児であろうと、面識の無い人であろうと、自分の理想的に動くことを前提として考えてしまっています。

自分が無いから他人との区別がつきません。やってもらって当然、でも自分の意志とちょっとでも違っていたら、それは余計なこと、酷いことと考えてしまいます。現実では実現不可能な脳内の理想的な事を、現実に求めているのです。

お伺いするような事が起きているのであれば、可能であればお子さんへの対応は早急にした方が良いかもしれません。歪んだ愛情は害にしかなりませんから。肉体的な虐待でなければ第三者が入るのは難しい面もあるのですが、精神的な虐待も立派な虐待だと、私は思います。


どこの国にお住まいなのかわかりませんし、日本以外の事はわかりませんが、精神科医、警察に相談しておいたほうがいいと思います。
たとえ何もしなくても、何が起きるのかわかりません。
ましてや娘さんを守ろうとした場合、奥様から逃げようとした場合、修羅場になるかもしれません。その時、警察などが駆けつけてくれる体制は常にとっておいてください。


奥様が回復されると良いですね。
でも治せるのは世界で唯一、奥様自身なのです。奥様が「絶対自分で治してやる」と考えるような環境にする事が必要だと思います。
それはとても危険が伴います。何が起きるのか判りません。ですから、兆候を見逃せなくなります。特に、国外にいらっしゃるという事で、手助けしてくれる人が少ないでしょうから、大変だと思います。

BPDに強い精神科医・カウンセラーによく相談のうえ、どのようにしたら良いのか決めてください。

No.1718 2005/05/10(Tue) 23:02

 
Re: 妻はどうしてしまったのか・・・ / ととろ

管理人様、スプー様

返信戴き有難うございます。

>まずは、境界性人格障害について、いろいろな情報を集めてください。

交際・結婚から最近までは、鬱症状の人物への対処方に関する情報を集めておりましたが、現在はBPDに関する理解を深めるべく情報収集に努める様にしております。特にこちらの過去ログを読み、妻に対する私の理解・対応が誤っていたのではないかと反省しております。


>ザルに水を貯めようとするようなもの

>自分の理想的に動くことを前提として・・・

まさにスプー様の御指摘される通りです。
私は過去数年間、妻に対しては『鬱の状態の人には精神的負担をかけないように』と考え対応してきました。それは鬱病患者に対して有効でも、BPDの人には症状をより加速させる対応だったのかもしれません。

過去に口論になった際、私が『君が今みたい苦しまない様に、君の希望は可能な限り叶えるようにしてきた。僕にこれ以上何をして欲しいんだ?』と言った所、帰ってきた返答は「私が望みを口に出す前に、何故それに気づいて実現できないの?あなたはそれでも夫なの!私が考望んでいる事は私より早く気づいて、私が口に出すまでに完成させなさい!それ以外あなたに存在意義など無いのよ!」というものでした。

今思い返すに、妻の上記の発言はスプー様の仰られた『自分と他人の区別がつかず、「自分がしたい」と思うことは他人がやって当然と考えている』心理状態に基づく特有の言動とも考えられます。


私がお世話になっているカウンセラーの先生はこちらの弁護士の方から紹介戴いた方で、事情を説明した際“有事の際に即対応できるように”と、DVに関する聞き取り調書を作成・また過去の出来事を記録した私の日記のコピーをお渡し致しました。妻が私に暴行を受けた等の主張をして警察に通報・告訴などの行動に出た際、または離婚・別居の際に裁判所に提出し、私と娘を保護する際に必要になるとの配慮です。


ちなみに、ここ3週間程妻の状態が安定しており、前触れも無く激怒する様な症状が見られません。過去4-5年の間でこれ程問題が起こらないのは最長の期間です。近日私の両親が孫に会いに数週間程やって来る事が原因かもしれません。第三者が私達の生活圏内に入って来る前後、妻は人格ががらりと変わることがあります。

但し過去の経験上、他人の前ではまるでドラマの様に“儚く純粋な弱々しい自分”“何時も誰か(主に私)に虐げられ、誰かに守って欲しい自分”を見せる事に全力を傾けるのですが、それが長期間に渡るとそのキックバックなのか、後に私に対する強烈な感情の爆発となって現れる事があります。

また、日頃の私を知る知人などに『彼はそんな人じゃないと思うし、第一双方の意見を聞いた上でなければ安易に一方の意見を信じたり同意は出来ない』と言われた場合など、その人物との接触を断った上、「お前が事前に私の事を言い含めたせいであの人は私を疑惑の目で見るようになり、私は友人を失った。おまえのせいだ!」と怒りの矛先が私に向く事もあります。

これもBPD特有の症状なのかとも考えておりますが、如何せん彼女自身が専門家との面会を拒否している状態なので、素人の私が判断するのも憚られます。


私の中では例え妻、身内であれ個の集まりであり、『私は私、貴方は貴方。別の人格がお互いに寄せ合い・助け合うのが家族』例え家族であっても『自我を意識出来ない程までにに相手の考えに同化すべきではない』という考えが根本にあります。

私の考えを妻は「聞いた事の無い程冷酷な考え」と言い、私の中でも自分の考え方が正しいのかどうか判らなくなっていました。しかし、先日話したカウンセラーの方は私の考え方に同意され、私もこの立場を崩さない事が私が精神的に自分を支え得る唯一の方法だと考えております。

お2人の御助言を受け、先ず私自身冷静な自我を失わない事が共倒れを回避する方法であると改めて自覚いたしました。目の覚める思いです。


重ねて、暖かい御助言有難うございます。

No.1721 2005/05/11(Wed) 10:36

 
Re: 妻はどうしてしまったのか・・・ / スプー

鬱病と聞かされていたのなら、普通の人には判断が出来ないのは当然で、その状態で鬱病に対しての対応をされたのは、むしろ良くされた方だと思います。さらには移住までされたのですから、すごい事だと思いますよ。

私の時もそうでしたが、良かれと思ってしたことが結果的にそのように対応する事で症状が酷くなってしまったのは残念でしたが、「夫」という強く依存できる人ができたのであれば、多かれ少なかれ症状は酷くなったのは避けられなかったのではないかと思います。

>帰ってきた返答は「私が望みを口に出す前に、何故それに気づいて実現できないの?あなたはそれでも夫なの!私が考望んでいる事は私より早く気づいて、私が口に出すまでに完成させなさい!それ以外あなたに存在意義など無いのよ!」というものでした。

しかしすごい返答ですね。私だったら、とっくに逃げ出していたか鬱病になってたでしょう。私の妻は、BPDとしては中くらいかむしろ軽い方だったと思いますし、攻撃性も外よりも自分に向く傾向にありましたので、比較的対応がしやすかったのだと思います。(それでも本当に大変でしたが)


法的にも色々な手段がとれるように、可能な限りの証拠を集めてください
。録音できるものも、メモリカードなどの半導体を使ったものは、かなり小さなものもありますし、携帯電話の録音や録画機能を使っても良いかもしれません。それを日記と共に弁護士、カウンセラーに頻繁に渡しておけば安心ですね。


>『私は私、貴方は貴方。別の人格がお互いに寄せ合い・助け合うのが家族』例え家族であっても『自我を意識出来ない程までにに相手の考えに同化すべきではない』という考えが根本にあります。

その通りだと思いますよ。
家族のためにする・・・という事はあっても、たとえ子供でも別人格ですから、人格に踏み込むまで思い通りに境界を侵していいものではありません。その境界を守ることで他人を尊重もできるし、自己というものを保つ事ができるのですから。

自分がないという事は、
・自分というものがない為、何かにすがらないと不安で仕方がない
・自分を愛せないから人も自分を愛していないと思い込み、異常な手段でその愛を試す
・自分の基準が無い為、物事の良し悪しが0か100かの極端になりがち
などという事が起きます。

自分の境界、お子さんの境界というのは踏み込ませないようにする事は、奥様が回復し、全ての人を守る第一歩だと思いますよ。
もちろん、恐怖のため、怒りをぶつける所が無い為に、大暴れするかもしれません。注意してください。


大変でしょうかけど、がんばってください

No.1726 2005/05/11(Wed) 17:58

 
Re: 妻はどうしてしまったのか・・・ / 管理人

 さすがにスプーさん、すばらしい回答ですね。
 ととろさん。スプーさんのおっしゃるとおり、いろいろと大変だとは思いますが、さまざまな行動を、先手をとるようなかたちで、どんどん進めていってください。
 ととろさんは、ご自身が倒れたり、なにかとんでもないことが起きてしまう前に気がついたのですから、それで良かったんですよ。
 気がつかないままに、どんどん悪い方向へいってしまう気の毒な方もたくさんいるのですから。

 解決するための準備や行動に気持ちが向いていれば、ととろさんご自身の心の状態がよくなってくると思います。落ち着いて冷静に、そして必要なときには敏速に、境界性人格障害に立ち向かっていってください。
 ととろさんが落ち着いていれば、奥様も自然と自分自身に目が向いてくるでしょう。もちろん、奥様が衝動的な行動を起こしやすくなる、ということはありますが、ある意味必要なこととも言えます。そして、注意しながら行動を続けることで、解決策が見えてくると思います。

No.1729 2005/05/11(Wed) 22:06

 
Re: 妻はどうしてしまったのか・・・ / ととろ

管理人様、スプー様、何度も暖かい御助言を戴きまして誠に有難うございました。

私は先日から風邪を引いてしまったらしく、体調がすぐれません。
来週末から日本の両親がやって来る事もあり、既に勤務先に長期の有休を取る旨説明している為、休み前の準備に忙殺される今の時期に容易に休む訳もいかきません。仕方なく早朝(7時前)に出社し、夜はなるべく早く帰るようにしておりましたが、昨日は帰宅後娘を寝かしつけ、そのまま朝まで寝込んでしまいました。

しかもこの数週間大人しかった妻が最悪のタイミングで爆発し始め、困っております。昨夜娘の世話を手伝わず、そのまま寝込んでしまった事が引き金になったのかもしれません。

私は自宅と勤務先が徒歩圏内の為、昼は自宅で昼食を取る事にしており、今日も帰宅時妻が授乳中だったので妻と私自身の分の昼食を作り、食べ始めた時、それまで笑っていた妻が突然豹変。『何故日本に帰らないのか!?』と豹変。(???)

話の内容としては

1.ここでは親密な家族単位で付き合える親友ができない。何故会社の同僚と家族単位の親友になろうとしないのか。

2.給料が安い。このままでは家は夢だ。

3.あなた(=夫)が交友関係を広げる努力をしていない。

4.日中置き去りで孤独だ・娘の教育にも悪い。

5.私はあらん限りの努力をしているのに貴方(=夫)は何もせず、ただ漫然と惰性で会社と家を往復しているだけだ。

6.結論として、この国にいても幸せにはなれない。日本に帰ってより幸せな生活を見つけようとなぜしないのか!おまえは妻や子供の将来を何も考えていない我侭な人間だ!

というもの・・


以前の私ならば怒り狂っていたかもしれませんが、昼休み時間中で時間も無く、あくまで冷静に一つ一つ現状を鑑みて以下の様に答えました。

1)この国で会社の同僚と家族単位の友人関係を作る事は珍しく、仕事とプライベートは別と考える傾向がある。子持ちの同僚同士で交流しているのを現職場で見た事は無いし、いきなりそんな事言われても困る。
依然妻の友人の韓国人や中東系の一家と家族単位で付き合っていた時期もあったが、妻と彼女の関係の悪化からか、どちら妻から一方的に交流を断った経緯もあり、それらは僕のせいではない。

2)僕の収入は個人収入額としては平均以上である。この国は完全に男女平等で共働きが殆どと言う事が早期の不動産購入を可能にしているのであって、僕の収入だけで数年以内に家を買うのは物理的に不可能。

3)平日は早朝から夜まで勤務し、夜は直帰して家事を分担。休日は希望通りに買い物や短期旅行に付き合っている。土曜日半日だけ友人と外出すると言っただけで君は泣き叫んで暴れるのに、一体何時新しい交友関係を広げられるというのか?

4)生きる為には僕は外で勤めざるを得ない。直ぐ近くに子供を持つ主婦達のプレーグループ(同好会)があるので、平日そこに参加してはどうか?

5)僕は会社に遊びに行っているのではない。

6)この発言だけには僕はどうしても我慢できませんでした。

日本での生活で僕の両親兄弟をも巻き込んでボロボロになった後、僕は30を過ぎて日本の勤務先を退社、この国に移住し、砂を噛む思いで数年、ようやく現在の生活基盤を築き上げてきました。

この国は家族との時間第一にする文化があり、残業も殆どありません。僕は「妻や将来生まれるであろう子供との時間を取りたい」「家庭を第一にしたい」という思いから、年老いた両親を置き去りにし、この国でゼロから努力してきたつもりです。今、30半ばを過ぎつつある僕が日本に再帰国して、果たして妻が望む生活があるのでしょうか? 
僕は『否』と言い切れます。

「今日本に帰っても年齢的に仕事・住居を簡単に見つけられるとは限らない」
「家の広さや自然環境は明らかに劣る事は予想される」
「今のように毎日夕方5時半に帰宅する事などは絶対に不可能」
「言葉の問題が深刻になる(妻は英語の方が遥かに流暢)」

少し考えただけでこれだけの事が予測できるし、妻が望む通りの生活ができる場所など、この地球上に無いと思います。これ以上振り回される事は、僕だけでなく家族全体の生活さえ困難になります。


以上の事を怒りを押さえつつ淡々と説明し、世の中には物理的に可能な事と不可能な事がある事を理解してもらおうとしました。

しかし『日本ですぐに家を手に入れられない・5時きっかりに帰宅でき、尚且つ高収入の職を得られないのは私個人の能力・努力の問題で、自分のだらしなさを言い訳に他人を責めるな!』そして後は全て『おまえの思いつきの汚い言い訳』と言う返事しか返ってきませんでした。

最も困るのは、来週両親がやって来る今の時点になって『やはり娘を連れて祖国に帰る。ここに幸せは無い!』などと言い出した事です。自分の能力の無さを棚に上げて妻を責めるような男といても未来は無いとの事。

おそらくBPD特有の責められ感・振り回して愛情を確かめる行動だと推測しておりますが、私はもう返す言葉も無く、怒号を浴びながら無言でドアを閉め、今会社に戻ってきた所です。

僕はどうすればいいのでしょうか?
もう、妻と娘を祖国に返した方がいいのでしょうか?
何を言っても何をしても返って相手の感情をエスカレートさせてしまっているような気がして・・・


とにかく横になりたい。。。

No.1739 2005/05/13(Fri) 13:38

 
保育園には入れませんか? / 悠風

 こんにちは、BPDから回復した悠風といいます。

 題名にも書きましたとおり、子どもさんを保育園に預けることはできないのでしょうか? それは子どもさんのためにもなるし、奥さんの負担の軽減にもなると思います。

 保育園に入るのに診断書がいるからと言えば、カウンセラーさんのところに行く理由にもなりますし。

 日本の保育制度を想定して話しているので、不可能なら申し訳ないですが。共働きが多いお国柄なら保育制度もそこそこあるのではないかと思ったので書きました。

 とろろさんを責める気はまったくないのですが、やはり1歳未満の子どもと終日いっしょにいるというのは、相当つらいことです。

 病気から回復したあと、医者の許可を得て妊娠・出産したわたしでも、夫が出勤したその瞬間から、夫の帰りを待ちわびていました。

 「ずっと相手をしていないといけない」というストレスはわたしにとってかなりのものでした。そして、医者に診断書を書いてもらい、上の子も下の子もゼロ歳の4月から保育園に預けました。

 もし、すでに体験済みなら読み飛ばしてもらっていいのですが、たとえば1週間とかいう時間、とろろさんが子どもさんの面倒を見るということにして、奥さんにはとろろさんが出勤しているのと同じ時間、自由時間をあげてみてください。

 どんなに子どもの世話や家事をしてくれる夫でも、1日中子どもと2人っきりで一緒にいることから発生するストレスは、体験してみないと実感できないと思います(育児休暇をとって体験した父からそう聞いています)。
 妻がいる状況で世話をしているのと、ひとりで世話をするのとではストレスが10倍くらい違うのです。だって、絶対誰も代わってくれないのですから。

 奥さんの状況はとても大変なものだと思います。わたしにはアドバイスの言葉は浮かんできません。でも、似たような論理でわたしも夫にもんくをいっていたなあと思います。
 わたしの夫は、わたしに影響されない人でした。まったく馬耳東風でした。それはもう腹が立つくらい。
 でも、今から思うと、ふりまわされてくれなくて良かったなあと思っています。

No.1740 2005/05/13(Fri) 17:35

 
Re: 妻はどうしてしまったのか・・・ / 管理人

 今後奥様と、どのような生活を続けたいのでしょうか。ととろさんの気持ち、そろそろはっきりと決めておくべきだと思います。一生懸命奥様の要求に応えようとしても、際限がないことはわかっているのですし。
 それに、奥様の状態、境界性人格障害の治療を受けさせたほうがいい、というのとは、少し違うように感じます。感情面であまりにも幼稚すぎて、人間性がすでに破綻しているような印象です。

 できないことはできない、無理なことは無理、と冷静にはっきり言うことも必要でしょう。その場合、さまざまな攻撃的言動が予想されますから、会話を録音しておいて、弁護士に渡しておくといいと思います。

 お子様に関しては、しばらく落ち着くまで、保育園や専門の施設に預けること、考えた方がいいでしょうね。お子様への精神的な影響を少なくするためにも。

No.1742 2005/05/14(Sat) 00:43

 
Re: 妻はどうしてしまったのか・・・ / スプー

私も保育園に預けるのは賛成です。
奥様が今の状態であれば、お子さんの人格形成に相当深刻なダメージを受けるのは目に見えています。今の状況が続くくらいなら、早めに預けた方が良いと思います。

理想的には、奥様が治療意欲を持ち、投薬とカウンセリングで回復していく・・・ですが、現実的には今の状態だと投薬がせいぜいでしょうね。
治療をすめ為のカウンセリングは、本人の治療意欲が大前提となりますし、状態が安定しないと負担に耐えられません。

お話を聞けば聞くほど、管理人様のおっしゃる通り治療を受ける段階ではないと思います。1〜10の治療段階があるとして、5からがカウンセリングの開始だとします。すると、正直なところ現在は1の状態ではないでしょうか?


私の場合、主治医に「出来ないことはできない、守るべき事は守らせる。そして普通の人と同じように扱ってください」と言われました。
これは自分の境界を明確にし、自分を守ると同時に相手の境界を作らせるという事だと、あとで理解しました。

普通から見ると異常なほど尽くし、一生懸命やっても荒れるのですから、「出来ないことはできない。したくないことはしない。」なんて事をすると、おそらく、すごく荒れます。

これからも一緒にやって、回復させたいと思う限り、どこかで通らないといけない道だと思いますが、その時は気をつけてください。
自分や他人を傷つける事までするかもしれません。今以上に対人関係の破壊や地位を落とそうとするかもしれません。逆に、見捨てられる恐怖からすがりつくかもしれません(この場合、長く続くことは無いですが)。

ととろさんは十二分にやって来られたと思いますよ。だめだと思ったら離婚するかどうかは別として、別れて暮らすのは良いことだと思います。
奥様の実家もかなり問題があるようで気をつけなければなりませんが、このままでは良い方向になるとは思えませんので。


>おそらくBPD特有の責められ感・振り回して愛情を確かめる行動だと推測しておりますが、

確かにその可能性が高いですね。
お話を伺う限りでは、言った後に言った言葉に自分自身が傷つき、鬱状態なるという感じがほとんど無いようですが、実際もそうでしょうか?
自分の事を棚に上げ、欲望を満たすために相手に完全を求め、当然頭の中にある欲望は現実には不可能で、それが相手にできないと相手を罵倒する。どうも、自己愛的な雰囲気も強いような感じを受けるのですが。


>もう、妻と娘を祖国に返した方がいいのでしょうか?

その場合、お子さんは、可能な限り手元においてください。
今の状態の奥様、そして実家の状態からすると、思春期以降の状態は目に見えていますので。
裁判などで決まってしまったら仕方が無いのですが、みすみす返してしまうよりは裁判を起こした方が良いと思いますよ。



悠風さん
振り回されないとは、良いだんな様ですね。
私の妻もやっと出口が見えてきたところです。
波がありますから悪いときは決して良くは無いのですが、比較的自分を客観視できるようですし、1、2日であれば、私が居なくてもなんとかなるようになってきました。

私の書込みは、BPDの周りにいる立場から同様な立場の人への書込みですから、気分を害される事もあるかと思いますが、ご了承ください。

No.1743 2005/05/14(Sat) 13:44

 
Re: 妻はどうしてしまったのか・・・ / ととろ

ようやく娘と妻が寝付き、スプー様・管理人様・悠風様の書き込みを拝見することができました。自宅でPCを使用すると、何を見ているのかからメールの内容まですべて張り付いてチェックされる為、基本的にネットはできません。明日の朝問い詰められるのを覚悟で書き込んでおります。


今朝妻が珍しくゴミを捨てに行こうとするので私が代わりに行こうとすると再び怒り出し、そのまま帰ってきません。不思議に思い、ベランダから駐車場を見ると…
車が有りませんでした。

妻はこの国で合法的に運転できる免許を持っておらず、筆記試験を通過したのみの仮免。しかも携帯はテーブルの上に置いたまま・・・
鳥肌が立ちました。。。

3時間後に帰宅してきたのですが、唖然とする私を見ても逆に不思議な顔をし、まるで自転車でその辺を走ってきたかのような素振り。「車を使いたいのなら何故僕に運転を頼まない!?」『何故私があなたに一々お願いしなきゃならないの?』…
この様な事がこれが最初ではなく、前回は自損事故を起こしており、それ以来私は車にハンドルロックを掛けていたのですが、今回は私の解除キーを持ち出しておりました。

…妻は明らかに常軌を逸しています。

私はもう我慢できません。
管理人様も仰られてますが、私はこれからも一生妻と生活を続けてゆく事で、望みある人生を想像する事が出来ない状態です。
残念ですが、娘と私自身の人生を投げ打つ気にはなれません。


悠風様
自分自身の心の中で折り合いをつけ、たくましく回復されたのですね。
すばらしい事だと思います。だんな様もすばらしい方のようで、尊敬いたします。

妻が出産後、私は約一ヶ月の休暇を取り、母乳の授乳を妻が希望する時以外は娘の世話と掃除洗濯食事全てを請け負いました。その後は深夜、妻と娘の寝静まった明け方に出社し、夜明けまでの数時間に一人オフィスで緊急の仕事を処理するという生活を続けていました。その後、心配した義母が中国からやって来てくれたのですが、ほぼ同時に私は過労から倒れ、肺炎菌が中耳に感染して鼓膜が破裂・出血し、高熱で左耳の聴力を完全に失っていた期間があります。今はほぼ回復しておりますが、完全ではありません。

その時、激痛と高熱でうなされてながら寝ている僕の横に乳飲み子を置き、妻は僕のことを心配する義母を連れて観光に出かけて行きました。
その時私の聞こえる方の耳に入った「使えない男!」と言い捨てた言葉。

その時、僕はへの中、娘を抱きしめて泣きました。
この瞬間から僕の中で何かが壊れ始めたのだと思います。
僕はあの言葉を、この先一生忘れられないでしょう。


管理人様
今回の私の両親の訪問が終わったら、私は冷静かつ断固とした行動に移ります。
非常に残念ですが、妻は僕の中の絶対に超えてはいけない境界線に最後まで気づく事は無かった、そしてこれからも気づく事はないと思います。


スプー様
妻と離れようとする事により起こり得るであろう危険は多々考えられます。
ただ、スプー様の仰られる通り、このままでも良い方向になるとは思えないのが現状です。


中途半端ですが、娘が起きたので失礼します。

No.1747 2005/05/14(Sat) 23:22

 
とろろさんへ / 悠風

出産後一番大変な思いをされたのは、とろろさんのほうだったのですね。前回の書き込みは的外れで失礼いたしました。

もしかするととろろさんも「できない」と言えない人なのかもしれませんね。「できない」と言い出せないまま、よかれと思っていろいろなことをしているうちに、限界を超えてしまってパタッと心の動きがとまる(うつ的になる)ことがわたしはよくありました。

とろろさんの書き込みを見ていると、限界を超えてもがんばっているように見えます。ほかに選択肢がない状況で追い詰められてしまったのでしょうが…。

使える限りの制度を使って、弁護士やカウンセラーにも相談して、どうか、とろろさんと娘さんが安全に奥さんから離れられるようになることを祈っています。

No.1749 2005/05/15(Sun) 09:37





過去ログ一覧(3) へ戻る


produced byYuki Tachibana