Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2005年12月08日〜



(No Subject) / maiki

ネコさん、こんにちは。
お友達のこと、とても心配していらしゃるようですね。

ご自分は大丈夫ですか?

ウツになると、自分ばかりでなく周りの生活をかき乱してしまう。
そしてウツ患者本人も苦しいけれど、周りも苦しくしてしまう。
周りに迷惑をかけているのはわかっているので、ものすごい罪悪感を抱いてしまう、、。

しかたない事だけど、、。

お友達のことは心配だけど、やはり見守るしかないでしょう。
どんな時でもずっと友達だということ、ウツは必ず治ることを
伝えて、適度な距離を保ってください。

ネコさんとお友達に穏やかな日々がきますように、、。

No.3092 2005/12/24(Sat) 13:55

 
Re: (No Subject) / ネコ

こんばんわ、maikiさん。
お返事ありがとうございます。

距離をとりつつ、見守ります。

私は、大丈夫です。
自分で調子を整えられるように、なって来ましたから。
ありがとうございます。

No.3094 2005/12/25(Sun) 00:17


神経症性抑うつ / よす

 久々に書き込みます。
 以前、「神経症性抑うつ」のことで、この掲示板で助言をいだたきました。
 ある精神科の先生が開いているHPで、「神経症性抑うつは治りにくい」と書いてあったのが気になっていました。その先生のHPには精神科に関する読者からの質問に回答するコンテンツがあり、よく拝見しておりました。
 私も、掲載されるかは別として、質問メールを先日書いたところですが、そもそもあまりに詳細(私の主観でですが)で具体的過ぎて、同じ職場の人が目にした場合非常にまずいのと、書いているうちに、いろんな思いがこみ上げてきて、途中から書けなくなりました。
 きっかけは、3年前の人事異動だったのですが、「何故あんな仕打ち(異動)を受けなければならなかったのだろう」とか、反面、「あれくらいのことで悩むこと自体心が弱い証拠」だとかという思いが頭の中をぐるぐると回り、辛い気分になりました。
 私は、その人事異動の翌年、希望した部署に配置換えしてもらったのですが、その後また体調を崩してしまい、結局一月休みました。「希望通りの異動になったのに、結局また体調を崩したりして、情けなくて仕方ない」とか、「自分を買いかぶり過ぎてた」という思いが次から次へと浮かび、もう質問メールは書けなくなりました。
 現在、クリニックには薬をもらいにだけ行っています。体調は安定しているので、特段先生に相談することはないからです。主治医は、結構有名な先生なのか、小さなクリニックに物凄い数の患者さんが来られます。私の診断時間は、最近だいたい5分です。けっしていい加減というわけではなく、患者さんによっては30分かけているので、いい先生だと思います。それに、現在の私は、あまり相談するような深刻なことは抱えていません。
 カウンセリングは、時折職場の嘱託医が来られる日に、不定期的に申し込んで受けています。通っているクリニックは、嘱託医の先生の紹介でした。
 嘱託の先生からは、先日、認知療法の自習帳を読むようにと、本を紹介されました。
 認知療法の本は、まだ最初の部分しか読んでいません。それに、どうしても過去のこと(このご時勢に人事異動が不本意だからといって悩みこんでしまったこと、希望通りの異動させてもらったら、そこでまた体調を崩して休んだこと等)が浮かんできます。
 過去のことは、嫌でも徹底的に向き合ったほうがいいのでしょうか。それとも、過去のことは過去のこととして、少しずつ認知療法の本を読んでいった方がいいのでしょうか。
 ちなみに、職場の嘱託医、主治医、その本の著者は、同じ大学の方です。認知療法は、必ずしも全ての人に効果があるものではなく、人によっては(病状によっては)悪影響がある、というようなことを聞いたことがありますが、私が認知療法の本を読むことは、主治医も反対していません。

No.3079 2005/12/20(Tue) 23:30

 
Re: 神経症性抑うつ / emiko

はじめまして
仕事先での事がきっかけでなられたということで
自分もそうだったので,お察しします。
治りたい気持ちがすごくあるのに
ご自身の病状と治療の効果への期待と疑問で深刻になりますよね。
認知療法は投薬とちがって
自分の中の思いグセや心グセをさぐる目的が大きいので
ご心配なら
気に入った手帳と筆記具でいつ何時にどんな薬を飲んだか,とか
こんなうれしいことがあった,こんな落ち込む事があったとか
気軽に日記風に書き留めることから始められてはいかがでしょうか。
もしそれが続けられそうであれば
その日に落ち込む事があった出来事や傷ついた出来事を書き込んでから
「だけど」とご自身を擁護する気持ちを書き込んで
(だけど,あれは向こうも悪いしおたがいさまじゃないかといった
一方的で利己的なものでけっこうですよ^^人に見せるものではないので)
その日は100点のうちの何点か書き込んでゆく,という
認知療法から派生した自己内観法があります。
ご参考に気軽にはじめられてみてはいかがでしょうか。
過去はどこまでいっても変えられないので,そこからどうするかという点では
手がかりであっても
ご自身を責める材料ではないと思いますから
まずご自身をいたわられて
そこから流れにまかせてみられたほうが
いい結果につながるのではと思います。
おだいじにされてくださいませ。
管理人様より先のレス,失礼しました。

No.3081 2005/12/21(Wed) 06:46

 
Re: 神経症性抑うつ / 初めてですの匿名です

はじめまして。よろしく。
No.3049 2005/12/14(Wed) 22:01の者です。
よろしければ「神経性抑うつ」についてのページをお教え願えないでしょうか。具体的な情報が欲しいのですが、差し障りがあれば直メールででも是非お願いしたいのですが、いかがでしょうか。
10年前、私はカウンセリングではただひたすら聞いてもらいました。対応者(女性)はただうなずいて、それから?というだけでしたが、自分で過去を思い出す(思い出せないところがある)方法を教えてもらった気がします。管理人さんのサイストリーとにたようなことは書く事が好きでしたので若い頃から繰り返していたのですが、また違った認識を得られたと思います。
自分の現況で恐縮ですが、今、躁なんだか鬱なんだかわからない状態にあります。
医師の処方は現在は、ルボックスを朝25mg夕50r、ホリゾン朝夕2r、蕁麻疹のために毎夕にジルテック10r、胃腸が弱く下痢しがちなので整腸剤を3食後必ず、それに例によって成人病対策で高脂血症のため3食後エパデールS600を1包と夕食後リピトール10rです。

No.3082 2005/12/21(Wed) 17:51

 
Re: 神経症性抑うつ / うさぎ

よすさん、はじめまして、うさぎといいます。
私も仕事場でひどいショックを受けたことがあります。人格を否定されるような罵声を毎日浴びせられ続け、周りの助けも全くなく、プライドが粉々になって何も手につかなくなり、逃げるように退職しました。
自分に自信がなくなって再就職するのがおそろしくなりました。
いろんな人に「あなたは悪くなかった」と言ってもらいましたが、それでも自分を疑い、心の中で上司を責め続けました。
よすさんの文章を見ると自分のあじわったつらさを思い出します。
体力と気力が回復するのに1年以上かかりました。その間ほとんど眠ってました。眠っている間だけは、いろんなことから開放される気がします。あれから5年たってやっと、そのことを 過去のこと にできました。

私も精神科医に診てもらうのは5分程度ですが、その前にカウンセラーと30分話をします。好きなことの話をするときもあるし、嫌だったことの話をするときもあります。
その30分でカウンセラーの人が私の状態を把握し、診察前に精神科医に報告してくれますし、自分でも今何が苦しいのかはっきりしてきます。
私の場合カウンセリングを始めてから、薬の処方もより的確になって、楽になってきた気がします。その前は、病院に行く度、なんだかむなしい気持ちになりました。薬も必要以上に飲んでいた気がします。
カウンセリングが常に効果的であるとは思いませんが、心を許せる人と日常的な他愛もない話をすることは、なんだか大事なことのように思えます。
特段先生に報告することがないとありましたが、よすさんが苦しんでいることはたしかなので、報告すべき何かがあるように私には思えます。
でもその何かを探す気力も話す体力もないときが私にはありました。
収拾がつかなくなりました。すいません。
よすさん、無理をなさらず、どうかおだいじにしてください。

No.3084 2005/12/21(Wed) 21:26

 
Re: 神経症性抑うつ / 管理人

 過去に戻り、さまざまなことを解決するためには、最近の出来事ではなく、その出来事でどうして心の不調が起きてしまったのか、幼少期にさかのぼり、本当の原因を見つけ出すという手続きが必要になります。
 そのためには、長い時間と精神力、ある程度の心の安定が必要です。うつ状態で精神力が弱まっている場合には、そこまでたどり着けないでしょう。

 そこで、とりあえず過去のことは置いておいて、同じようなつらい体験をしたときに、どのように考えれば、また行動すれば、そのようなつらさを解消できるのか、その方法を学習するのが認知療法です。
 過去のことではなく、自分の考え方のどこが疲労感や苦痛に結びついてしまうのか、現在の自分自身を見つめ直して、非合理的な思いこみなどを見つけ、それを治していく、と考えてもいいでしょう。

 「神経症性抑うつは治りにくい」というのは、要するに治すためにある程度の時間が必要だということです。また、抑うつ的な性格の自分自身を受け入れ、そうした自分にあった生き方を見つけ出す過程が長くかかる、というとらえ方もできます。

 認知療法は、短期間で効果が得られやすく、分析的な手法を多用しなければ、安全性の面でも優れています。まずは、認知療法の本を読んでみてはいかがでしょう。

No.3086 2005/12/21(Wed) 23:07

 
Re: 神経症性抑うつ / よす

 みなさん、ありがとうございます。
 実を申し上げると、今現在は、これといった悩み事はありません。過去のことを思い出して辛くなることはときおりありますが、それはそれとして一応平穏に過ごせます。
 カウンセリングは現在受けていません。あまり話すこともないからです。主治医を全面的に信頼しているので、現在は落ち着いています。ただ、一時は、「性格的な問題が大きいから、今の治療は不毛な治療ではないですか」と医師に言ってしまったことがあります。
 emikoさん、助言下さってありがとうございます。認知療法は、まだ始めたばかりなので、本を読みながら進めていきたいと思います。emikoさんの書かれたことも実践してみようと思います。emikoさんもお仕事で辛いことがあったのですね。仕事の時間は、一日の大半を占めますから、仕事で嫌なことがあると、本当に辛いですよね。焦ってしまう気持ちは私にもありました。
 うさぎさんも辛い思いをされたのですね。世の中には、他人に罵声を浴びせることで、「自分は厳しい人間だ」って錯覚する人がいます。しかも、悪いことをしている自覚なんて、そういう人にはありません。一線を超えてはいけない、という考えのない人です。現在は信頼できる医師とカウンセラーがいらっしゃるのですね。
 それから、初めてですのの匿名ですさん、「神経症性抑うつ」について、私もいろんなサイトを見たわけではありません。google検索で、「神経症性抑うつ」を検索して一番最初に出てくるサイトが、私の見た唯一の神経症性抑うつに関して読んだサイトです。
 私は、ネットで情報を集めることはお勧めしません。「自分だって掲示板に書き込んでいるではないか」と言われるでしょう。
 私がこのサイトを見ている理由は、このサイトは、掲示板に書き込まれたことについて、管理人の方が、専門的見地からアドバイスを書かれているからです。それに、管理人の方は、よほどのことでない限り、書き込みをされる方の主治医の見解より管理人の方ご自身の見解を上位におくようなことはされていないはずです。
 少なくとも精神科の医師の半数以上は、ネットで情報を得ることは推奨しないでしょう。私の主治医も「やめた方がいい」と言います。特に、掲示板については、いろんな弊害があります。患者さん同士で話しているうちに、見当違いの方向に走ったり、人の症状を取り込んでしまったりする危険が多いと思います。医師に対する不信感を持ってしまった方が、直接診察されている医師よりネットの掲示板を信用してしまったら、治療にはなりません。
 いろいろ心配されるお気持ちは察しますが、不安なことは主治医の先生に相談されて下さい。私も、一番辛いときは、「自分はどうしてこうなってしまったのか。この先どうなるか」という将来の不安や、過去の出来事がいろいろ思い浮かんできました。ネットで「発達障害」や「人格障害」の記述を見て、自分はそういう子供だったようだとか、人格障害でないか、と何度も思ったことがあります。このことが、私がネットで情報を集めることをお勧めしない理由とご理解下さると幸いです。

 みなさん、私よりずっと辛いご経験をなさっているのに、レス下さってありがとうございます。ご自身も大変なのに、見ず知らずの私に気遣ってくださったことに感謝します。ご自身も辛いのに、人に優しい心を持てる方々は、本当に素晴らしいと思います。

 

No.3088 2005/12/23(Fri) 20:17

 
Re: 神経症性抑うつ / 初めてですの匿名です

よすさん、へんなときにつまらないお願いをしてしまってすみませんでした。ありがとう、ほんとうにありがとう。
きのう定例の受診日でした。担当の先生にまた臨床心理士さんのカウンセリングを受けさせて下さいとお願いしてきました。来月から日程調整に入ります。お金はかかりますが。うさぎさんや emikoさんの書き込みも大事に読みました。アンダンテさんも大変なようですね、養生して下さい。私、疑心暗鬼になっているのですかね、恥ずかしく思います。管理人さんのコメントも非常に的確繊細で参考になります。
昨日は先生に今の状態は何なんだとつめよってしまいました。ここに書き込んだりしていた影響があったのかもしれませんが、もう55にもなって・・・と言おうとした時、思いもかけず泣いてしまいました、先生の前で。感情が表層化するくらいなのでうつ状態ではないのかもしれませんが、無理やり診断名を聞いてみたら「軽うつ症の再発」と言ってくれました。それでも躁の症状も出る場合があるそうで、精神医療の現状では医師それぞれの診断でも7−3の割合で異なってしまうとのことでした。私の場合、まだ軽いからいい方なんですよと慰めてくれましたが、その中途半端さが何ともつらくて。
いろいろな方にいっぺんに一方通行でないコミュニケーションがとれて本当に有難いと思います。ページを管理されるのも大変でしょうね、感謝です。

No.3089 2005/12/23(Fri) 22:46





主人の事 / りっつ

はじめまして、りっつです。
夫が鬱病にかかり、心療内科に通院するようになって9ヶ月になります。
当初はほぼ毎日、ねたきり状態になり、ずっと、泣いていた夫ですが、
ここ1、2ヶ月くらいは、一人で外出できるようになったり、食事をほぼ毎日作ってくれるようになりました。それでも、やっぱり、自分が働いてない事、いつまでこういう状態なんだろうか?という不安から、苦しくなり、死にたくなるようです。
それに、一人孤独で、家にこもってるのも、つらいようです。
だからといって、まだ、働くまでは、状態が良くなってないよいな気がします。
家でできる楽しみもないようです。(病気になる前にしていた趣味なども
楽しくできないようです。)
私自身も、どういうふうに助けたらいいのか困ってます。
このまま、見守るだけでいいのかなあ?と不安になります。
病院の先生には、まだ、あんまり、自分の気持ちを話したりできてないようです。
よかったら、助言お願いします。

No.3080 2005/12/21(Wed) 00:27

 
Re: 主人の事 / アンダンテ

はじめまして。アンダンテと申します。
私はデイケアと言うのに通っています。
病院によってはナイトケアというのも併設しているところもあります。デイケア(私の場合は女性限定のところ)はコーラス、手芸、革細工、ゲームなどをして病院で時間を過ごします。病院ですので体調が悪くなってもすぐに診てもらえます。
同じような病気の人と相談しあったりします。例えば「私、こんな症状があるんだけど、皆さんはありましたか」と聞けます。お互い、苦しんできたのでよくわかるんです。
薬の副作用の話や今まで飲んだ薬の話などもしますよ。
私は手芸ができませんでしたが、デイケアに通うようになってからは
できるようになりました。


通院公費32条というのを使っています。今、障害者自立支援法が変わるため、書類を書いている最中です。病気によっては自己負担が変わります。所得によっても変わります。まだ、詳細が分かりません。

No.3083 2005/12/21(Wed) 19:34

 
Re: 主人の事 / 管理人

 はじめまして。
 ご主人は今、良い方向へ向かいかけている微妙な時期なのだと思います。少しずつ体力が戻ってきて、いろいろと動けるようになって、思考の方もしっかりとしてきたのでしょう。
 今は、実社会に戻りたいという気持ちと、大丈夫だろうかという不安がぶつかり合っているのだと思います。

 まずは主治医と相談して、ご主人が望むように働ける状態なのかどうか、また、働けるとしたら、いつ頃からどの程度の仕事ならこなせるのか、きめ細かな配慮が必要になってきます。
 まだしばらく先のことになると思いますが、実際の復職時には、職場との仕事の負担量についての相談なども必要になります。
 焦りは禁物ですが、主治医と相談して、医師と職場と家庭の連携を作っておく準備の時期だと考えていいと思います。

No.3085 2005/12/21(Wed) 22:50

 
Re: 主人の事 / りっつ

アンダンテさん管理人さんお返事ありがとうございます。
とてもうれしいです。今まで、病院の先生と身内にしか相談したことなかったので
本当にうれしいです。
今日、病院の先生に不安に思ってる事を相談してきました。焦らないように、絶望しないように、と、励まされました。
まだ、主人は、働ける状態ではないようです。
これから、いろいろ調べて、アンダンテさんのされてるデイケアについても調べてみようと思います。本当にありがとうございました。
私が不安になり、ヒステリックになると、主人が哀しくなり、苦しくなるのがとても
辛いです。もっと、心に余裕のある状態でいたいんですが、お金の事や、将来の事など、考えると、たまに、そうなります。
治ると信じてるけども、望むようにはならないんだろうなとか、つい、考えてしまい
ます。これからは、いい意味で、私の為に、主人の病気について、いい方向を考えていきたいなと思ってます。
ほんとうにありがとうございました。

No.3087 2005/12/22(Thu) 00:06


はじめましてこんにちは / メイ

35歳主婦です。
中学生位から、気持ち的にあがったり、下がったりと死にたいという気持ちがしょっちゅうありました。

今年一月に車を運転中に停車していると(アイスバーンでした)後続車に追突され、むちうち症になり現在も完治せず保険屋とまだ決着がつきません。
その中の保険屋との折衝、首や腰の痛み、事故らなければ娘を保育園へ預け働こうとしていたのにできない事、その他諸々で一気に落ち込み、自殺したい・・・というより消えてなくなりたいと思うようになりました。感情がコントロールできずいつも泣いたり、または何の感情も無くなったりしました。

なんとかしたくても、精神科がどういうものかどこがいいかなど
わからなくて、かかりつけの内科を受診しました。
医師は、「うつ病」ですとの事。話は少し聞いてくれるけど、まぁ気楽にやんなさい的な事、自律訓練法をしなさいとの事。
抗うつ剤をいくつか組み合わせて、月一回通院しています。

このまま、内科へ通院していていいのかな・・・。
ただ薬を飲むだけで。専門の医師でないので時々本見たり、体に合わず吐き気や眠気がなおらないと、そう思い込むから吐き気がするとか言うし。ネットで調べると、副作用にぴったり当てはまったりしているのに。

今は、泥沼に沈んでいるような気持ちです。

よろしくお願いします。

No.3069 2005/12/19(Mon) 10:01

 
Re: はじめましてこんにちは / アンダンテ

はじめまして。こんにちは。
内科といっても今は心療内科、神経内科と(精神科と同じ)あります。私が通っている病院は心療内科と神経科です。精神科と同じ薬も出ますし、治療もします。
今の時代は本当にいい時代です。私が小さい頃は偏見がありました。
と言っても病気と言われたのは2年前なんですけど。
よく考えたら小さい時にはもう病気にかかっていたのです。

来年度から障害者支援法が変わるので今は大変です。
所得によって、医療費(私は今は通院公費でタダ)や薬代がかかる可能性があります。障害者手帳も変わります。
詳細がまだ分かりません。
書類を送らなければならず、大変です。

No.3072 2005/12/19(Mon) 13:26

 
Re: はじめましてこんにちは / むくむく

メイさん。こんにちは。うつ病で通院中のむくむくと申します。

大変でしたね。お体のほうは大丈夫ですか?
私も子供が交通事故にあったとき、医師や警察、保険屋や加害者など、いろんな人に対応しなければならなくて、精神的にかなり落ち込んだ事がありました。本当に辛いですよね。

精神科ですが、特別な場所ではないですよ。私は心療内科に通ってますが、普通の内科と全然変わりません。かえって快適なくらいです。
もし今のお医者さんでは不安…と思われるなら、一度精神科や心療内科など、専門医に相談してみてはどうですか?
最近は結構病院も増えましたので、きっとメイさんに合う所もあると思いますよ。いろんなタイプのお医者さんがいますから、最初に行った所が必ず当たり…というわけに行かないかもしれませんが。(私は、今かかっている病院が2軒目です。)
それから、地域の役所や保健所でも、「心の相談」みたいなものを聞いてくれるところがあると思います。そういうところに、まず相談してみるのもいいかもしれません。

メイさんの心が楽になれるような場所が見つかるといいですね…。

No.3074 2005/12/19(Mon) 14:50

 
Re: はじめましてこんにちは / 管理人

 はじめまして。
 精神科、神経科、精神神経科は、精神科の治療を行います。
 神経内科は、アルツハイマーや多発性硬化症、進行性側索硬化症、最近有名になっている脊髄小脳変性症など、脳を含めた神経実質の治療を行います。
 心療内科は、内科医が行っている場合、内科と同じで、心身症など、精神科領域の治療もする、という感じです。精神科医が行っている場合は、精神科と同じで、どちらかというと、軽い症状の治療を行います。

 内科医がうつ病の治療を行うのは、専門が違うので、おすすめできません。うつ病は精神科領域の病気です。精神科または、メンタルクリニックで治療を受けることをおすすめします。

No.3076 2005/12/19(Mon) 23:38

 
ありがとうございました / メイ

アンダンテさん、むくむくさん、管理人さん、ありがとうございます。
今かかっている内科医師は、2,3ヶ月薬を服用してみて状態が良くならなければ知り合いのメンタルクリニックを紹介します、と言っていたのですがもううつ病と診断されて7ヶ月たちました。
風邪の時などよく行く内科だけに、メンタルクリニックを紹介してくれと言うのがいけないような気がして・・・
でも、自分の体なのだから自分で良い方向に向けなければいけませんね。

今年中に、そう申し出ようと思います。
また、時々お邪魔させて下さいね!

No.3078 2005/12/20(Tue) 18:58


また長くなちゃってすみません / うさぎ

久しぶりにここにもどってきました。鬱病で32歳の主婦のうさぎと申します。
週に1回獣医の仕事を始め、一月ほどが経ちました。仕事は順調でたのしいです。

ただ、また食事が取れなくなってきました。
鬱病になって10年は経っているでしょうと医者は判断していましたが、確かにその頃から食べることに執着がなくなり、体重はだんだん減ってゆきました。

結婚して薬で治療をはじめてからも、なかなか食欲がもどらず、ひどいときはスーパーの食品売り場に入っただけで吐き気がして食事を作ることはもちろん、買い物にもいけませんでした。

掃除や洗濯は好きで、体調のいいときは楽しくこなせます。
なのに食事の支度をと思うと吐き気がして、なかなかできません。

今日、夫が「今日は鍋にしようか。」と言っただけで急にひどい吐き気がして涙が出ました。
少し前は比較的安定していて買い物に行ったり食事を作ったりできる日もあったのですが。。

食べれるときはおいしいと感じます。でも無理にでも食べなくちゃと思って食べると下痢をします。胃がいつも重く感じ、胃痛もよくあります。
クリニックの先生もいろんな薬を出してくれますが、効きません。

私は25歳くらいの時は何年か過食嘔吐を繰り返していました。

精神的なものでしょうか。
消化器科にも行ってみようかと思っていますが・・・
夫の健康をも巻き込んでしまうので困っています。
どなたかアドバイスをいただけたらと思います。

No.3068 2005/12/19(Mon) 04:25

 
Re: また長くなちゃってすみません / アンダンテ

私は去年、食事が取れなくなり、倒れました。点滴の毎日でしたが
最終的には入院をしました。私の場合は2週間ぐらいでしたが、
治りました。今は同じ系列の病院に通っていて普通に食べられます。

水分も取れない状態でしょうか。私は水分も取れませんでした。
胃カメラなどの検査をなさってみてはいかがでしょうか
私は胃カメラをしたら胃が荒れていることがわかったのです。
バリウムを飲むことを嫌がりましたが。

今日は私の住んでいる地域は大雪でしたので、薬だけもらって
デイケアをナシにして帰ってきました。薬が減りましたが
様子を見るために1週間処方になりました。

No.3070 2005/12/19(Mon) 13:18

 
追加 / アンダンテ

すみません。はじめまして。こんにちは。

No.3071 2005/12/19(Mon) 13:19

 
Re: また長くなちゃってすみません / むくむく

うさぎさん。こんにちは。うつで通院中のむくむくと申します。

食べられないと辛いですよね。
私も、今は精神的には大分安定したのですが、食欲がありません。以前は食べる事が大好きだったのですが、食べたいものが全然思いつかなくて、体のために無理矢理食べているという感じです。
私も気持ち悪さをよく感じます。最初は(貧血のせい?)とも思いましたが、血液検査では正常でしたので、精神的なものみたいです。
うさぎさんの場合、下痢や胃痛などもあるんですね。もしかして、薬があってないということはないでしょうか。
私は今飲んでいる薬を初めて飲んだ時、胸焼けがひどくて、それ以来胃の薬もいっしょに出してもらってます。
主治医とよく相談してみて、必要を感じれば、消化器系の専門医に見てもらうといいかもしれませんね。もし関係なくても、それはそれでちょっと安心できるでしょうし。

食事が作れないのは、ある程度仕方がないですよ。私もうつがひどい時は、レトルトやコンビニを利用してばかりでした。
家族の健康が気になりましたが、一時的なものだから…と自分に言い聞かせてました。主人もよく理解してくれて、代わりに料理してくれたりもしました。主人は結構楽しそうでしたよ。うさぎさんもご主人様に協力してもらってはどうでしょう。
それから、栄養面の偏りは、果物をよく食べるとか、ジャコやチーズを食べるとか、カップめんでもネギを刻んだのやワカメをもどしたものを足すとか、いろいろ工夫して、ある程度補えると思います。
あまり思いつめないで、お互いのんびりいきましょう。

No.3073 2005/12/19(Mon) 14:27

 
Re: また長くなちゃってすみません / 管理人

 うつ病と摂食障害がもともとあって食欲がない、とてもつらいですよね。一応は、消化器科で一通りの検査を受けておくと安心できますね。
 胃が重いとか胃痛があるとなると、内視鏡検査(胃カメラ)がもっとも信頼できますし、すぐに診断がつきます。最近は、麻酔をしながら内視鏡検査ができる病院もあります。これだと、ほとんど眠っているような状態で検査が終わるので、とても楽です。

 精神的なものだと考えられても、胃炎程度は起きていることがあります。潰瘍が見つかるかもしれません。
 そうだった場合、消化器科や胃腸科の治療を受けることで、精神症状も改善すると思います。

No.3075 2005/12/19(Mon) 23:25

 
Re: また長くなちゃってすみません / うさぎ

アンダンテさん、むくむくさん、管理人さん、お返事ありがとうございました。あたたかい言葉に心から感謝しています。
ここに書き込みをすると、自分だけでなくたくさんの方が日々戦っていることが実感できて勇気づけられます。
私の場合は、アンダンテさんのような急激なものでなく、慢性的な感じで、十年くらいかけてじわじわ体重と体力がなくなってゆくという感じです。
昨日は吐き気がひどかったのですが、安定剤を飲んで眠ったらかなり落ち着きました。
私の住んでいるところでも雪がたくさん積もったので、夜中に大きなゆきだるまを作りました。皆さんにもお見せしたかったです。

アドバイスどうり、胃カメラ等の検査を受けようと思います。
前から考えてはいたのですが、どうせ良くならないだろう・・と言う根拠のない思い込みみたいなものがあり、検査を受けずにずるずるきてしまっていました。

ありがとうございました。

No.3077 2005/12/20(Tue) 00:27


88555番ゲットしました / アンダンテ

最近、兄が家で御飯を食べなくなり、困っています。
外食ばかりしてきてそれでいて、昼頃に起きてきて夜中
起きているのでがさごそしていてうるさいのです。
言うと理屈ばかり言うのでなんにも言えません。
昔から難しい人ですが、このままではいけないと思うのですが。
私のほうは調子が良く、きちんとした生活をしています。
兄は変な格好をして「風邪をひいた」などと言うのです。
社会的に言ってはならないことも言うので大変です。
社会でこういうときにはこうするべきなんだよと
教えても聞きません。

No.3061 2005/12/16(Fri) 15:50

 
Re: 88555番ゲットしました / 管理人

 お兄様、どうにも困ったものですね。治療は続けているのでしょうが、なかなかいい状況にはならないようですし。もともと人格の問題だと思いますので、難しい面もあるのだと思いますが。

 お兄様に対しては、うまく受け流すようにして、ご自身の生活を最優先してくださいね。あらためて、お母様と一緒に、現在のお兄様について、お兄様の主治医と相談した方がいいと思います。なにかいい方法が見つかるかもしれません。

No.3062 2005/12/16(Fri) 23:34

 
Re: 88555番ゲットしました / アンダンテ

顔をあわせても話しません。
わけのわかんないことを言うのです。
昨日の新聞に私がかかっている病気のことが書いてあって、読みました。
症状がすべて当てはまっているのです。
そしたら、過去の人生を考えてみると、もう幼稚園ぐらいの時から
病気にかかっていたのではないかと思われます。母も読んで
「たぶん、小さいときにはかかっていたんだね」と言ってくれました。
昔は今ほどいい時代ではありませんでした。だから、何故もっと
早くこの病気がわからなかったのかが悔しいです。

No.3066 2005/12/17(Sat) 14:18





うつ病の闘病記 / らん

はじめまして。うつ病の闘病記を読んで、所々で涙が出ました。
私の姉はうつ病にかかっています。発症したのはもう7年くらい前だと思います。発症期が一番症状が酷く、自傷行為や違う精神病ではないかと思うような症状もありました。入院もして、それからは定期的に病院に行く、という事で一時期は落ち着いていたのですが、ここ1年で、また症状が悪化して来た気がします。
無気力な鬱うつの時期が続く期間が長くなり、生活もままなりません。
薬を飲めば治るとか、うつは治るとかよく聞きますが、そうやって7年経つのにこうして再発してしまうなんて、もうどうしたらいいのかわかりません。今年の春に再発をして、私は姉と二人暮らしをはじめることになりました。
今まで別々に暮らしていたし、最初の発症時は実家にいた頃だったので両親がいましたが、今は私が姉と向き合わないといけない環境で、励ましては駄目だし、ただ見守るというのも、もうどうしていいのかわかりません。
それに、私自身、理解してあげなきゃとは思うのですが、理解したいとは思っていないのかもしれません。。姉とは年も離れているし、姉は昔はスポーツの選手をしていたので、ほとんど生活時間が合うことはありませんでした。元気な時は明るく、見栄張りな部分はあるけど人と接する事が好きな人だった気がしますが、躁鬱病、と医師からは言われていたので、だから、姉がどういう人だったのかもうわからないし、何より最初の発症をした時のすさまじい記憶が、中学生の時の私の気持ちとかがどうしても心にひっかかって、消えないのです。きっと姉に対して愛情を持ってないのです…。
それでも両親の気持ちを考えたら、家族だし、兄弟だし、一緒に暮らしてる私が理解しなきゃとは思います。だけど仕事をして疲れて帰って1日鬱に生活してる姉を見たら、優しく接しようとしても、どうしてもぎこちなくなってしまうし、嫌な気持ちが沸き上がってしまいます。もうどう向き合っていいのかわかりません。何をしていいのか、何をしたら悪いのか…。

No.3052 2005/12/15(Thu) 17:15

 
Re: うつ病の闘病記 / maiki

はじめまして。らんさん。MAIKIといいます。

お姉様がウツだということで、悩まれているそうですが、ウツの私が読んで思ったことは、らんさんは普通にお姉様と接するのが、一番いいと思います。
お姉様の気持ちがわからなければ、わからないと正直に言えばいいし、、。
自分が疲れて、お姉様のほうまで気がまわらねければ、その旨を伝えればいいと思います。
ただし言葉はソフトに、ウツ病がひどい時はすごく考えかたが悲観的になっています。

あとは自分の考えややり方をお姉様に押し付けないようにしましょう。自分が良いと思うことはかならずしも、みんながいいとは限りません。

本当にウツの人を相手をするのは、大変ですが、らんさん自身のライフスタイルを見失ないように、、。
大事なのは自分自身です。
私は夫になにもかも任せていますが、夫がそんなハードな日々の中で、大好きな映画のDVDを観たり、車をいじったり、科学系の本を読んだり、いまはクリスマスの電飾に力をいれて、うきうきしているのを見てこっちまで楽しくなります。
役に立たないかもしれませんが、ウツの私の気持ちを書いてみました。
どうかご自愛ください。

No.3054 2005/12/15(Thu) 18:07

 
Re: うつ病の闘病記 / アンダンテ

私は家族と同居していますが、普通に接してくれます。
たまに「大丈夫か」といわれますけど。
デイケアと言うのに通っています。ナイトケアというのも併設している病院もありますよ。
私は手芸をするのが好きなので、デイケアに行くのが好きです。
他の病院では歌を歌ったりするところもあります。

No.3055 2005/12/15(Thu) 18:31

 
Re: うつ病の闘病記 / 管理人

 はじめまして。
 お姉さま、うつ病再発とのこと、さぞご心配のことと思います。うつ病は、1年で80パーセントの人が治る、と言われていますが、どうしても長引く人もいます。また、治った場合でも、再発を防ぐ治療をしておかないと、半数近くの人が再発する、とも言われています。
 同じような苦しみを抱えている人がけっこう多いと言うこと、ご理解ください。

 それから、うつ病という病気を理解することは大切ですが、うつ病患者の気持ちを理解するのは、かなり困難です。下手をすると、巻き込まれて、自分自身もうつ病になってしまいます。
 患者に対して、もちろん注意すべきことはありますが、対応の仕方は、要するに平静さを失わない、落ち着いて冷静に構える、ふつうの対応をする、と言うことです。
 あとは、maikiさんもおっしゃっていますが、ご自身の心身の健康を保つ、ということです。共倒れになってしまえば、お姉さまの面倒をみるどころではありません。
 大変だとは思いますが、心の距離をしっかりととって、ときには息抜きをして、ご自身の生活をこわさないように気をつけてください。過去ログにも、たくさんの例があります。ご参照ください。

No.3058 2005/12/15(Thu) 22:25

 
Re: うつ病の闘病記 / らん

早速のお返事ありがとうございます。
ここに書き込みをしたことで、何だか自分もふうっと少し楽になれた気がします。普通に接するということに逆にこだわりすぎて、自分でも自分を見失いかけて行き詰まっているのかなと思いました。
久しぶりに自分の先輩と会って楽しい時間を過ごしたせいか昨日はゆとりを持って姉と接することが出来て、明日一緒に病院に行こうと切り出すことができました。嫌がられるかな、と思っていたけど案外すんなりと一緒に行く気になってくれました。

ただ、夜は一転して機嫌がよくなったようで、すごく喋り出したり、行動的になったりしているので、ハイになりかけてるのでは…。私の姉は普通より躁と鬱の波がくるペースが速いと診断されているのでもしや、、との不安がぬぐえませんが、今日の朝はまた鬱がぶりかえしてるようだったので、出来れば先生と2人で話す時間が持てればいいな、と思っています。
やっぱり不安はありますが、改めてうつ病という病気を理解するきっかけになればいいなと思っています。

No.3060 2005/12/16(Fri) 10:47

 
Re: うつ病の闘病記 / 管理人

 お姉さま、躁うつ病だったのですね。あらためて読み返して気づきました。躁うつ病は、うつ病とは違い、なかなか治らない病気です。躁期に入ったときのご家族の苦しみは、うつ病以上のものがあります。

 躁うつ病は、基本的に躁転をどう防ぐかが、治療の最大のポイントとなります。また、躁とうつが早く入れ替わるタイプの方が、より重症だと言われています。
 躁とうつの交代には、いろいろなパターンがありますが、うつ期からすぐに躁転するタイプでしたら、うつのときに医師の診察を受けるようにしたほうが安心だと思います。

 大変だとは思いますが、どうかご自身の人生を第一に考えて、決して犠牲にならないように、うまくお姉さまの病気とつきあってあげてください。

No.3063 2005/12/16(Fri) 23:50


(No Subject) / maiki

ひさしぶりです。
MAIKIです。

2ヶ月ほどウツの波がなく、頭痛だけが悩みの種でした。でもこの頭痛が消えると減薬の方向に向かうような事を主治医が言っていたので、やっと1年4ヶ月の苦しみの出口が見えたようで、嬉しかったのですが、、。11月末から朝がとてもしんどくなり、なかなか起きれなくなりました。
そのことを主治医に説明したところ、また少しウツが悪化したのだからあまりハードなことをせずゆっくり過ごすように言われました。
いままでの私なら、そのことがショックでなかなか立ち直れなかったでしょうが、いまは現実を受け止め、心が折れないように、ウツと戦う気でゆっくりすることに専念しました。

でも実母が私のウツがぶり返した現実を受け止めてはくれず、風邪をひいていたからじゃないのかとか、いろんな事を言ってきます。
先日、どうしても友達と会う約束をしていたので少しひどかったのですが、1歳の息子を預け友達と会いました。
その頃から私と母の関係がギクシャクになりはじめました。
ウツになってから体重が16kg増えた私が醜いようなことをいってきたり、私の主人が朝早くおきて娘の発表会の衣装をミシンで作っていたことをみて、かわいそうにといったり、、。私が傷つく言葉を言ってきます。ついに私も苦しくなってきて、泣きながらもう実母に来なくていいといいました。実母は一応謝ってくれましたが、私にはしこり、、。不信感が残ってしまいました。

主人と何度も話しあい、これからはあまり第三者をたよらず夫婦でがんばってみようということになりました。
家事全般は夫、子供は二人で、、。私達には6歳の娘と1歳半の息子がいます。
娘は年齢のわりにはとても心の強い子で私が病気になっても、情緒不安定にならず、反対に私の心を助けてくれます。励ましてくれます。
問題は1歳半の息子です。保育園に入れようと思っているのですが、私は働いていないので入れることことは無理なのでしょうか?
あと隣には、私のウツのもとである義父母がいて、義父は農業、義母は工場で働いています。

みなさんの意見を聞かせてください。
お願いします。

No.3053 2005/12/15(Thu) 17:43

 
Re: (No Subject) / アンダンテ

私は家族には言いますが、親戚には一切言っていません。
Maikiさんと同じように言ってくる可能性があるからです。
市、区の役所で聞かれてはいかがでしょうか。
おつらいときで大変かと思いますが・・・。

No.3056 2005/12/15(Thu) 18:36

 
Re: (No Subject) / 管理人

 保育園は、両親が働いている場合だけでなく、病気などで子供の面倒が見られないという場合でも受け入れてくれると思います。ただし、場所によっては、入園待ちの人がかなり多いので、すぐにとはいかないかもしれません。
 まずは、役所の窓口(福祉関係も含めて)でご相談ください。ご主人のご両親が近くにいる場合でも、二人とも働いているのでしたら、そんなに問題にはならないと思います。

No.3059 2005/12/15(Thu) 22:34


家族のうつ / KEY

みなさん、はじめまして。今回書き込みさせて頂いたのは私の兄がうつ病にかかってしまったからです。今年の三月ごろから具合が悪くなり、四月まではなんとか仕事をしていたんですがそれ以降は家にひきこもってしまってしまいました。両親が定期的に病院に連れていっているみたいなんですが、詳しい事はあまり聞かされていません。家族の様子も発症する前となんら変化がみられないんです。私はうつ病に対する知識をまったく持ち合わせていなくて、なぜ、両親は平然とした感じで過ごすのだろうとずっと不満に思っていました。兄は、もともとスポーツもするし、一緒に居て楽しい時間もすごしたし、私が人間関係や進路などで悩んだときも熱心に相談にのってくれました。だから、私は兄のために何か少しでも役立てることがしたいと思うんですが、どうしたらいいかわかりません。発症してから、半年以上が経過していますが、なんとか兄の力になりたいんです!どなたか、アドバイス、助言等していただけないでしょうか?書き込みをするのが初めてなので失礼な点がありましたら申し訳ございません。よろしくお願いします。

No.3048 2005/12/14(Wed) 20:44

 
Re: 家族のうつ / 管理人

 はじめまして。
 お兄様のこと、ご心配のご様子ですね。
 でも、まずは直接的に行動するよりも、一通りの知識を身につけ、どんな場合にどう対処していくべきかを理解することだと思います。そのあと、お兄様の主治医と相談して、治療方針を聞き、その通りに行動する、ということが理想的ですね。

 患者本人と同様、家族も焦りは禁物です。病気への理解や対処の仕方がわかってからでないと、かえって患者の病状を悪化させてしまうことにもつながります。
 書店や図書館等で一般向けの解説書を手に入れて、まずは一冊読破することをおすすめします。
 また、当サイト内コンテンツや過去ログにも、役立つ情報がたくさんそろっています。ぜひご利用ください。

No.3050 2005/12/14(Wed) 22:30

 
Re: 家族のうつ / KEY

お返事ありがとうございます。今までは、時間が解決してくれるだろうと思い、自分から動こうとはしませんでした。これを機に自分からうつ病について理解を深めていきたいと思います。

No.3051 2005/12/14(Wed) 22:47

 
Re: 家族のうつ / アンダンテ

私の兄弟3人とも精神の病気をもっています。
妹と私は同じ病院、兄は違う病院に通っています。
私と妹がひどく、大変な時期がありました。私のほうはここ半年ぐらい調子が良いです。お兄様がKEYさんに話すまで待っていたほうがいい場合もあります。本や今はいろんなところで精神のための家族会、患者会が開かれています。市、区、県の福祉課などで聞かれるといいと
思います。市によっては保健所で相談にのってくれますよ。

No.3057 2005/12/15(Thu) 18:41


有難うございました / 初めてですの匿名です

管理人さんからすぐにご返答を頂けてまたまた驚きました。ほんとうに有難うございます。何かほっとしています。

また、関西育ちの田村ワタルさん、有難うございます。大変でしたね!ちょっと私の書き方が悪かったようですみません。私は関東在住なのです。阪神大震災が印象的だったのは、ちょうどその頃にひどく具合が悪くなって出社もできず発熱してベットで煩悶しながらあのひどいニュースを見たからなのです。ですので、震災経験が直接の原因というわけではないのです。まぎらわしい表現ですみませんでした。その頃の会社には4年ほど勤務できましたが、欠勤5ヶ月目でクビになりました。

なんか深刻そうないい年したおじさんがいきなり内的なことを書き込んできたので皆さんもびっくりしたかもしれません。なにせ書き込みのやり方も、返事の仕方も、「レス」がなんたるかの意味もよく知らないものですから。でもパソコン歴はPC8001の頃から長いのですよ。

だいたい私のようなものが思い切ってこういうことをしていること自体、躁なのかもしれませんが、管理人さんのページに驚き感動したのは確かです。家内の母が同じ状態になりました。意識混迷して全身がかたくなって手足を看護者が動かしてやらないとずっとそのままでした。悲しかった。今はとりあえず元気になりましたが。

そうなのです、まさに「なんとなく軽い躁うつ病」というところが問題なのです。それで今まで55年が過ぎていってしまいました。苦しかった、まさに馬齢を重ねて。普通なら自分の子供のひきこもりに悩むような歳なのに、こんな人いますか?これからどうしよう。まだしばらくは生きていなくてはならないようですし。いや、意欲はあります。大丈夫です。ですがすべて脳内疾患・病気のせいにするのにはあまりに悲しい。この世には悲しいことがあまりに多すぎると思います。これがいかんのでしょうか。

No.3017 2005/12/08(Thu) 00:24

 
Re: 有難うございました / アンダンテ

病気には年齢は関係ないかと思います。私は小さいときからいろんな
病気をしてきました。誰だって病気になりたくてなるのではないのですから。ここはいいですね。
たまに年齢を問わず、相談をされます。じっと、聞いてあげて
間違っていることは間違っていると言います。この世には悲しいことが多すぎます。でも、悲しいことをばねに前向きに考えています。

No.3023 2005/12/08(Thu) 16:01

 
Re: 有難うございました / 管理人

 悲しいことは、本当にたくさんあります。 
 でも、結局は、それが現実だった場合、それを受け入れて、生活を続けていくことに、生きる意義があるのだと思います。生きていれば、少しでも現実に変化を起こすこともできます。
 「脊髄小脳変性症」で短い生涯を終えた少女の書いた日記が、テレビドラマになって、多くの人に感銘を与えています。現実はどんなに悲しくつらくても、それを受け入れ生きていくことの大切さを教えてくれていると思います。

No.3028 2005/12/08(Thu) 23:19

 
書き込み方がわかってきました / 初めてですの匿名です

ネコさん、あの地震の現場では多くの人達が大変な思いをされたことだったとお察しします。今でも苦しんでいる方々がたくさんいらっしゃることでしょう。

アンダンテさん、率直端的な御答え有難うございます。他の文章を読むと、これまでずいぶんと多くの困難にあわれたこととお見受けしますが、前向きですね。それに学ばなければと感じ入ります。ところで「ここはいいですね」という意味はどういうことですか。「書き込み」されている方々の独特の言い回しなのでしょうか、よろしければついでの折にご教示下さい。

管理人さん、「現実はどんなに悲しくつらくても、それを受け入れ生きていくことの大切さ」確かにおっしゃる通りです。痛いほどにわかります。

「なんとなく軽い躁うつ病」:この状態の中で、―自我・人格の形成過程における変容と障害、異常と正常の狭間、境界領域、薄明領域、自己と他者、強い人と弱い人、心。人生。生きるとは何か、与えられた(所与の)生を受け入れること−これらのことを若い頃から何か回答が得られないかと、また調子よく、集中できる時、考えられるとき、ものを読める時にずいぶんとくり返し考えてきました。思わざるを得ませんでした。オブローモフやムイシュキンはご存知ですか。そんなことを考えているからいかんのだと「励まされた」ことも度々ありました。だがこの頃は集中力も視力も更に落ち、読書量も極端に減ってきていることを危惧しています。

身近にもまさに文字通り「死に至る病」で亡くなっていく方が増え、加齢による不自由はもちろん、精神疾患以外でも、小さい時から先天性骨形成不全症という病気で歩行障害・聴覚障害(中途難聴)・平衡機能障害がある方、同期で肝臓ガンで苦しみながらも生活しておられる方、血流障害で片足を無くされた女性、自殺と思われる方など、多くおります。たいへん多くおります。
それでも、かいしょなし・ユダ・無用者・ただのなまけもん・精神貴族・あかんたれ・薄情者・傍観者・卑怯者・できそこない・・・皆さんから怒られそうですが、自分のこととなるとこの中途半端さが最もつらいと感じてしまうのですが、今少しずつですが過去レスを読んでいくと、贅沢な悩みになってしまいますね。

No.3044 2005/12/10(Sat) 18:33

 
Re: 有難うございました / アンダンテ

皆さん、優しくてきちんとした情報があるので
嬉しいんです。昔、散々バカにされたあげく、変な情報が
伝わって苦労したことがあるんです。
私だけじゃないないんだとわかったのです。
言葉にあらわすことはとても難しいです。

No.3046 2005/12/11(Sun) 11:17

 
Re: 有難うございました / 管理人

 年を重ねると、どうしても老化という体の変化は、起きてくるものです。そんな生理的な変化に合わせて、生活を変えていくことが、とても重要になってきます。
 もちろん、老化は、人それぞれ違っているので、自分にあった生活の変化を見つけ出していくこと、忘れてはいけないのですが。

 理想と現実は、離れれば離れるほど、現実がつらいものになってきます。だからといって、現実から目をそらし、接点を持たないでいると、思考も破綻してくるでしょう。
 やはり、現実との接点をどこかで見つけ、そこから思考をはじめるように切り替えていく、さらには、行動として実現していく、このような人生観を持てるようになると、気分も落ち着いてくると思いますよ。

No.3047 2005/12/11(Sun) 22:13

 
感謝です / 初めてですの匿名です

アンダンテさん、「私だけじゃないんだとわかった」の一言、重く受け止めました。
ネットの匿名性という性質上、いろいろあるのですね。
でも、私がこのページにわざわざあえて書き込みを試みたのも、大真面目で誰かいないか!という悲痛な思いがあったことは確かです。とにかくやってみようと。面白半分の人もいるかもしれません。なにせ文章だけなのですから最終的な判断は自分でするしかないのでしょう。でもそれが善しに付け悪しきに付け自由ということだということでしょうか。自由にものが言える、自由に情報が入る、良否善悪うそもほんともごちゃごちゃですが、判断を信ずるほかありません。海外サイトを見て御覧なさい、すごいですよ。世界観が変わります。
だから私は子供などの判断力がない「受け手」について制限を加えるのは妥当だと思いますが、「発信者」に対する規制はいけないと思っています、たとえポルノサイトであろうとも。利害利益がからむ企業宣伝同様迷惑ですけどね。いわんや国家権力などとんでもない。

管理人さん、どうもありがとう。精神的未熟さを読み取れましたか。確かに今取り乱しています。アンダンテさんではないですが年齢等の記述は真実ですと信じてもらうほかありません。「癒しの広場」もページの作り方から判断して好感を持った次第です。ありがとう。

No.3049 2005/12/14(Wed) 22:01





過去ログ一覧(4) へ戻る


produced byYuki Tachibana