Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2006年09月02日〜



みなさまおかげんいかがですか / emiko

先週の週末に,上司の叱責のせいで気分が不安定になり
一時うつ状態がぶりかえしました。
その後で週末に上司と組むのがとてつもなく不安で
3日くらい前から階段を上がれなくなりました。
上がろうとすると体全体が機能停止してしまうようになって
おとといの夜に左足に激痛で寝返りもうてず,眠れず
朝になっても状態が改善しないので病院へ言った所
急性の股関節炎で入院を勧告されてびっくりしました。
痛み止めや抗炎症剤が使えないので
安静だけなら自宅でしますと入院はことわり帰宅しました。
こうして書き込んでいるだけでどうきがします。
仕事先には連絡して4日間のお休みをもらいましたが
先々の事を考えてしまい,不安になります。
その一方で,今週は上司と仕事しなくても良いとほっとしています。
寝てばかりいると腰が痛むので起き上がって
みなさんの書き込みを見ていました。
すこしでもみなさんが楽になられますように。
おだいじにされてくださいませ。

No.4603 2006/09/02(Sat) 09:57:07

 
Re: みなさまおかげんいかがですか / アンダンテ

私は今日一日寝ていました。何度か家族が見に来た
ようですが、ぐっすりでした。昨日、デイケアで今
私が思っていることを話しました。少しはすっきりしましたが。
まだ、イライラ感があります。

明日は友達と久しぶりに会うことになり、
環境を変えてみる一つだと思うのでいってきます。

No.4604 2006/09/02(Sat) 16:19:48

 
Re: みなさまおかげんいかがですか / 管理人

 大変でしたね。
 関節炎は、こじらせると大変なことにもなりかねませんので、できれば、きちんとした治療をしておいた方が安心かと思います。
 ゆっくりと休んでください。

No.4609 2006/09/02(Sat) 23:14:49

 
Re: みなさまおかげんいかがですか / emiko

おはようございます
アンダンテさん,いつもありがとうございます。
「環境を変えてみる」という言葉で
どんな結果であれ,違う面から自分のありようを見られるので
そこからまたなにか学んですこしずつ動ければいいわけだと思えました。
楽しい時間をすごせますように^^
管理人様,あたたかいお言葉ありがとうございます。
おかげさまで
ひどくなっていった状態を巻き戻すように症状がとれていっています。
休養しなかったらどんなにひどくなったかと思うと冷や汗ものでした。
がまんもときと場合によるんですね。
検査で腰椎にもすべりがあることが分かり,シフトの変更を検討しようと思います。
今はひたすら治療に努めます。
ありがとうございます。

No.4612 2006/09/03(Sun) 06:42:58

 
Re: みなさまおかげんいかがですか / すけ

 emikoさん、おはようございます。

 どうしても気になるのが、emikoさんの今の状況は、殆ど改善されていないようですね。
 更に、関節炎まで患われて、体の状態もよくないようですね。簡単にはいかないと思いますが、仕事のシフトのみならず、環境や仕事の内容も、いよいよ見直さなければならない時期にきていると思います。
 emikoさんは、こう言ったら失礼ですが、自分の事を真っ先に考えない方みたいですね。それは好ましいことかもしれませんが、まず自分のことだけを優先して考える必要があるときというのは、必ずあります。

 お大事になさって下さい。(こう申し上げることしか出来ませんが)

No.4614 2006/09/03(Sun) 08:07:03

 
Re: みなさまおかげんいかがですか / emiko

すけさん,いつもレスありがとうございます
うつ病になる性格があるならまともに当てはまるのが自分ですね。
その一方で本来うつ病になるタイプではない部分があり
バランスがとれていないのを実感しています。
関節炎が落ち着いたら,みんなに相談して
上司と組まない出勤形態にし,現状を組合に報告して
人権擁護局で弁護士に相談する事にしました。
そのうえで退職や休職等の対応を考えるつもりです。
タ-ニングポイントですね。
お気遣いありがとうございます。

No.4624 2006/09/04(Mon) 10:07:35





五月にはありがとうございました /

五月に、こちらで適切なアドバイスをいただき、お蔭様で精神科を受診してくることができました。
とてもよいお医者様に出会うことができて、自分の主な問題点が、「罪責感」であることなど、
少し「全か無か思考」に陥っていたこと、などがハッキリして、非常に良いカウンセリングでした。
さいわい、薬などは一切必要ありませんでした。夢分析はやめたほうがいいと言われました。

そして、自律訓練法に関する、いい本を紹介してもらって、それ以来、自分でそれを実行し、
だんだんと精神状態がよくなり、血のめぐりまでよくなって、とても満足しています。
あのとき背中を押してくださった、管理人さん、ネコさん、レスをくださった皆様に感謝しています。

ただ、私は人生の転機のような、今、むずかしい時期にいるようで、いろいろと悩みが尽きません。
そういう時に、心理学関係の本など読んでしまうと、私のように辛い幼少期を過ごした者は、
なかなか正常に人とのかかわりを持つことができない、ということが、どこにでも書いてあるので、
もともと自信のない私は、本に書いてある内容などに影響されて「私はダメなんだー」、と、
余計、引っ込み思案になることがあります。心理学や精神医学は本当は健康になるための研究なのに、
こういった不健康な解釈で利用してしまう傾向は、ホントに、よくないですよね・・・。

管理人さんは、いつも「アダルトチルドレンでも普通に暮らしている人はたくさんいます」とおっしゃり、
私を励ましてくださっています。それで、そのお言葉を思い浮かべて元気を出すようにしています。

私は、今、少し寂しいだけなのかもしれないのですが、急に結婚したいような気分になりました。
パートナー選びを考えてしまいます。けれど、どうも信頼できる相手には、あまり魅力を感じません。
自分を傷つけるような、ますます私の罪責感を刺激する、怒りっぽく責任転嫁型の加害者タイプとか、
思いやりのない自己中心的な(性格的に共感のない)タイプの人にばかり魅力を感じます。

「結婚=信頼関係」と考えるなら、信頼でき感情を共有できる相手でなければいけないはずですし、
私にはそういう相手もいるのです。できたら、その人を愛せたら理想的なのに、と思うのですが、
どうしても、その人には性的魅力を感じることができない、というところがあります。

私は、ソンディ心理学のサイトで、そういう話を読んだことがありますが、そこには、先祖代々、
連鎖している運命の遺伝的な衝動というのがあり、悪い運命を断ち切るためには、多少無理してでも、
魅力を感じていない人と付き合ったほうが将来的にはいいようなことが書いてありました。
ちなみに、私は境界性人格障害の傾向のある母親と共依存で、最近まですごしていましたし、
母方は社会的には優秀な人もいるけれど、特にアダルトチルドレンを多く生み出す、変な家系です。

このような場合、うまくいく気持ちの対処法があれば、教えていただけないでしょうか。
自分は「結婚生活には向いていない」とあきらめて、何かほかに没頭できることを見つけるというのも、
もちろん、一つの手立てではありますし、ごく最近までは、そういうふうに考えていました。
でも誰かに抱きしめてほしいような気がするのは、人として当たり前の感情で、止められないです。
それとも「抱きしめてほしい」という感情が「結婚したい」に結びつくのは依存なのでしょうか。
真剣に悩んでいるのですが、もし、変な質問だったら、ごめんなさい。

No.4562 2006/08/30(Wed) 19:55:18

 
Re: 五月にはありがとうございました / ネコ

こんにちは。良い先生に出会えてよかったです。
私は、自分にとって必要かどうかで考えるようになってきました。以前でしたら、こうするべきだ、こうしなきゃいけない等、強迫めいた、罪悪感めいたところから自分の行動や、選択をしていたように思います。
本当に心落ち着く相手というのは、普通に人から見て危険だと感じる相手かもしれないし、それは自分にしかわからないと思います。
自分の深い部分にふれ、本当に癒される(安心できる)相手であるかどうか、大切にしたいかどうかなど、目安としてあると思います。依存かどうかわかりませんが、どこからそう思うのかによると思います。

アダルトチルドレンとかあまりこだわらないのがいいと思います。
それは、一種の個性であって、自分であるのだと思います。
それから、次の段階では、それがより良い方向へ導いてくれる力になったりします。

No.4564 2006/08/30(Wed) 20:49:46

 
Re: 五月にはありがとうございました / 管理人

 結婚には、いろいろな価値観があると思います。そのどれが正しい、と言うわけでもありません。
 でも、人間も生命を持った生物の一種として考えると、結婚の意味づけは、非常に単純になります。要するに種の保存ですね。
 子孫を残し、さらにその子孫の生存率をどれだけ高められるかと言うことが根元にあります。人と人とのつながり、社会の起源もそこにあるわけです。もっと大きな視野に立てば、生態系や環境問題にもつながってくると思います。
 ちょっと難しすぎますね。

 まあ、もっと簡単に言えば、この人と一緒に暮らし、この人の子供を持ち、一緒に育てていきたい、と感じられるようになれば、本格的に結婚を考えてもいいのではないか、と言うことです。
 しばらくつき会い続けることで、徐々に感じられるようになることだと思います。
 このような気持ちをまったく持てない相手と結婚するのは、後々生まれて来るであろう子供を不幸にすることにつながると思います。

No.4568 2006/08/30(Wed) 23:24:07

 
Re: 五月にはありがとうございました /

ネコさん、管理人さん、返事が遅くなってしまいましたが、
貴重なお考えをお教えくださり、どうもありがとうございます。
本当におっしゃるとおりですね。自分の個性と感覚を大切にし、
能力を開花させ、次世代に何らかの実りをもたらすことを願いつつ、
日々生活していくよう、私なりに努力していきたいと思いました。

私は先天性の病気で生まれてきたため(その後完治したものの)、
子供を産むには、少し勇気が必要かな、と思うこともあります。
生活の場では、誰かがそばにいると、やはり、どうしても、
人の足音ひとつ咳払いひとつに緊張して構えてしまいます。
親のせいにしたくないですが、やはり過干渉と虐待の後遺症ですね。

私にとって、普通のよくある「結婚生活」は、相手が誰であれ、
苦手の克服の連続であることは確かなので、それを思うと、
かえって「相手なんて誰だっていいや、抱きしめてくれるなら」
と、もう投げてしまいたくなることがあります。よくないですね。

きっと、子供がすべてというわけではなく、
私の生み出す何かが、人とのかかわりと社会のシステムを通じて、
「種の保存」に貢献していく可能性もある、ということを、
管理人さんはお返事の前半で示唆してくださったのでしょう。
考えさせられ、勉強になりました。

また、悩んだときには、こちらへ寄らせていただきます。
どうもありがとうございました。

No.4622 2006/09/04(Mon) 07:18:45


友達に会いました。 / アンダンテ

こんばんわ。アンダンテです。
今日、たくさんの友達と会ってきました。少し、
体調が悪くなりましたが、いつも心配してくれる人が
身近にいたので、楽でした。友達もいろいろと
助けてくれて嬉しかったです。私がこんな状態であることを
知らせてなかったのですが、普通じゃないと察してくれて
声をかけてくれました。

No.4617 2006/09/03(Sun) 20:54:20

 
Re: 友達に会いました。 / 管理人

 お友達がみんな優しくしてくれて良かったですね。またいつものように活動的になれるといいですね。

No.4619 2006/09/03(Sun) 22:59:27





/ Toni

薬を飲み始めてからずっと具合が悪かった為先生に電話して症状を話すと、すぐに来るように言われたので病院に行って来ました。
いろいろ話して結局、違う薬を飲んでいた事が分かりました。
原因は先生に不安障害があるという事を伝えていなかった為でした。
私自身はいつも不安で自信が無かったり、人と話す時緊張して汗をかいたりっていうのは性格のせいだと思っていました。
それさえもが病気の症状だとは思っていませんでした。
今日は、たまたま彼も一緒に来ていて先生にその事を言ってくれたおかげで分かった事です。
私が飲んでいた薬を不安障害のある人が飲むと症状を余計に悪化させてしまうようです。
精神科に自分以外の誰か親しい人と一緒に行くのはとてもいい事だと感じました。
自分では普通だと思っていて先生に話していなかった事がたくさんある事に気付きました。
彼が普通ではないと思う部分を全部先生に話してくれたので良かったです。
処方されたのはLexaproでSSRIの新薬だそうです。
短くて1週間、長くて4〜6週間で効き始めるとのことです。
だいたいどれ位で薬を止めるのかと聞いたら、完璧に治療するのには最低でも1年は飲まないとだめだと言われました。
そんなにかかるんですね。
がんばります。

No.4600 2006/09/02(Sat) 02:50:50

 
Re: 薬 / emiko

こんにちわ
お話しできてよかったですね。
自分も不安障害があります。
抗うつ剤に効き目がはんぱな時期があり医師に連絡して
頓服としていただいたお薬の話で
うつと不安ではお薬の役目がちがうことと
安定剤を服用すると量が増えたり,歩き回ったりしてしまうので
必要以上にがまんして思うような経過が得られなかったようで
自己調整しながら安定剤を併用して
今のところバランスがとれている時間が長くなりました。
どんなことでも医師に相談するのは大切だと実感しています。
親しい人に同行してもらうというのがとても参考になりました。
おだいじにされてくださいね。

No.4602 2006/09/02(Sat) 08:48:22

 
Re: 薬 / 管理人

 なるほど。意外なところに問題が隠れていたのですね。
 医師が診断するに当たって、身近な人からの情報は、とても有用です。今回は、そのおかげできちんとした診断と処方がなされたということですね。
 心の病気の場合、自分ではわからないところも多いと思いますので、身近な人に自分がどんな感じなのか聞いてみる、ということも大切なんでしょうね。
 抗うつ薬の場合、服薬期間が長くなります。医師の指示どおり飲み続けるようにしてください。

No.4607 2006/09/02(Sat) 23:03:46

 
Re: 薬 / Toni

管理人さん、emikoさん、お返事ありがとうございます。
がんばりますと書きましたが、本音を言うと薬は飲みたくありません。
2週間くらい前初めて薬を処方された時、とてもショックで、そのせいで久しぶりに具合が悪くなりました。
薬が必要な自分が信じられなくて長い間泣いていました。
今回精神科医に会う前にカウンセラーに会って話をしました。
カウンセラーに会うのは2週間ぶり位でした。
処方された薬を見て彼女はとてもびっくりしていました。
(結果的にはその薬は私には不適合だったので驚いて当然だったのですが)
今とても混乱しています。
5ヶ月間私を見てきたカウンセラーは私の病気は薬なしでも直ると言います。
さらに10年間精神病院でカウンセラーとして働いていた私の彼の母親も、カウンセリングで直るといいます。
精神科医は、カウンセラーは薬の事を学ばないからそう言うんだと言います。
カウンセラー達は、精神科医は長い時間をかけてカウンセリングをして分析したりはしないから、と言って薬に否定的です。
私自身は薬は嫌いです。
その事を精神科医に言うと、うつ病患者のほとんどが薬を嫌がるからそれは普通の感情だと言います。
3週間分の薬をサンプルとして無料でもらったのですがどうしたらいいんでしょうか。
このままこの病気を持ったまま生きていくのか、薬を飲んで直すか、最終的に選択するのは私自身だと精神科医に言われました。
例えば3週間試したとして、薬のせいで悪化して治療がもっと難しくなってしまう可能性はありますか?
精神科医にそう聞いてもそんな事は無いと言われるのがおちです。
こちらで薬を実際飲んでる人達に聞くのが一番だと思いました。
もちろん選択するのは自分ですが、この前の薬の副作用がとても酷かったのと、ただでさえ決断力が衰えているので選択出来ません。
みなさんの意見をぜひ聞かせて下さい。

No.4615 2006/09/03(Sun) 12:40:31

 
Re: 薬 / 管理人

 薬だけで治る人もいます。カウンセリングだけで治る人もいます。両方の治療を受けて治る人もいます。薬が合わない人もいます。カウンセリングができない人もいます。
 受ける治療はさまざまです。治り方もそれぞれです。

 救急医療を受けたり、どうしようもなくなって家族やまわりの人が病院に連れていったりすることもありますが、多くの人は、自分で選んで治療を受けていると思います。
 すんなりと治療が進むケースは、そんなに多くありません。さまざまな紆余曲折を経ながら、治療を受け続けているのだと思います。

No.4618 2006/09/03(Sun) 22:53:06


強迫神経症の治療について / カエルくん

はじめまして。
強迫神経症に悩んでいるカエルと申します。
数ヶ月前から病院で治療をしていますが、
「ルボックス」を服用したところ尿に蛋白が出てしまい、
非常に体がだるい状態になってしまいました。
医者は、強迫神経症の治療で「ルボックス」が体に合わないようだったら、行動療法しかないと言われ、現在は行動療法のみになっています。本当にそうなんでしょうか?
行動療法だけで治るなら、数分しか話を聞いてもらえない病院に通う事が有効ともとも思えません。
どなたか、治療について詳しい方がいらっとゃったら、
アドバイス宜しくお願い致します。

No.4606 2006/09/02(Sat) 20:15:38

 
Re: 強迫神経症の治療について / 管理人

 はじめまして。
 強迫神経症の治療では、もちろん薬物療法もありますが、行動療法がとても有効な方法となるはずです。
 行動療法は、医師の診察時だけでなく、ふだんの生活のなかでできることもあります。このへんは、主治医とよく相談、ということになりますね。

 症状がひどい場合には、入院治療がもっとも適切な方法となります。また、行動療法を行っているカウンセラーもいますので、探してみるのもひとつの方法です。

 セカンドオピニオンとして、ほかの病院で相談するということも考えておくといいと思います。ほかの病院を探すに当たっては、強迫神経症でルボックスが飲めないことを伝えると、スムーズにいくはずです。

No.4610 2006/09/02(Sat) 23:27:08





過去ログ一覧(4) へ戻る


produced byYuki Tachibana