Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2006年09月25日〜



(No Subject) / mitiko

お久しぶりです。以前妹のうつ病で書き込みしたmitikoです。
母親は妹の事を理解していると思ったんですけど。逆でした。
平気で妹と大喧嘩しています。誤るどころか。私に説得してと言い出し。自分自身も精神的に参ってしまい。自分自身もイライラが出てくるようになってしまいました。昨日も大喧嘩してそのたんびに私が機嫌を取る感じなんです。

No.4715 2006/09/24(Sun) 04:49:25

 
Re: (No Subject) / 管理人

 お母様も、頭ではある程度理解しているのかもしれませんが、疲れていて気持ちがついていかない、ということかもしれません。
 一度主治医と相談しておいたほうがいいでしょうね。

 もしかしたら、お母様も、ちょっとした薬を処方してもらう、ということが必要なのかもしれません。

No.4719 2006/09/24(Sun) 22:59:23

 
Re: (No Subject) / mitiko

こないだ暴れたの理由分かりました。
パニック障害だったみたいで。。
明日診察の日なのでついて行こうと思います
妹は母を嫌がるので私が行く事になりました。

No.4735 2006/09/28(Thu) 20:25:38

 
Re: (No Subject) / mitiko

先生とお話出来ました。後でしようかと思ったけどついてきていいよ。と言ったので。。。。言えない事を言ってあげました。母との仲が悪い事や色々いいました。薬にはパニック障害の事が書いてあったそうです。薬が効かない事もこないだの大喧嘩の事も言いました。妹にまた言いにくいかったら言って。。。ついて来てあげるからと言って起きました。点滴とお薬を変えて貰いました

No.4741 2006/09/29(Fri) 21:12:43

 
Re: (No Subject) / 管理人

 良かったですね。医師と相談できて。
 患者本人から得られない家族からのさまざまな情報は、医師の診断と治療にとって、大きな助けとなります。
 大変だとは思いますが、今後も妹さんのこと、見守ってあげてください。

No.4745 2006/09/29(Fri) 23:26:56


尿酸の値がやや高い / ワタル

 みなさん、こんばんは。

 こちら、ワタルです。

 今、尿酸がやや高めです。(9/6現在で7.7でした)
 主治医の先生によると、9.0〜10.0になると痛風になると。
 主治医の先生が「このままだと痛風になるよ。プリン体の低い食べ物に変えなさい。保険所に行くと栄養士の資格を持った人が教えてくれるよ。」とおっしゃられましたが、母は「バランスよく食べているんじゃない!あんただって、そやろ?肉を食べているけど、魚も多いし、刺身も多いし、野菜も多いし、何でも多い。何も栄養士に頼る必要はない!」と聞く耳を持ってくれません。

 確かに母はとても優しいです。障害基礎年金(聴覚の方の)だけでなく、母から月に1回の少しばかりのこづかい、困ったときにはお金を貸してくれたり、毎日、身体にいいおやつ(ヨーグルトなど)を買ってきてくれたり、3日に1回、健康食品を飲むために近くのスーパーに水をもらいに来てくれたり・・・と。

 どうすればいいでしょうか。

 このサイトをごらんのみなさんも身体をいたわり、お大切にされますよう。
 

No.4733 2006/09/28(Thu) 00:21:46

 
Re: 尿酸の値がやや高い / 管理人

 ぜひ、食べ物について、保健所の栄養士さんに聞いてみてください。
 痛風は、とても痛い病気です。風が吹いても痛みを感じる、という意味から、この病名がつきました。
 また、尿酸値が高い状態が続くと、腎臓などの内臓に障害が発生します。ひどくなると腎不全となり、命に関わります。

 お母様には、痛風の怖さを伝えて、納得してもらったほうがいいと思います。食事を少し変えるだけでも、かなり改善されるはずです。

No.4736 2006/09/28(Thu) 23:14:16

 
Re: 尿酸の値がやや高い / ワタル

 はあ、そんなに命に関わるほどにとても怖い病気なんですか?
 「痛風」と聞いてもピンと来ませんでした。
 改めて主治医の先生に伺ってみて、母に伝えておき、プリン体の低い食べ物に変えてもらおうと思います。
 痛風になる前に。
 しかし、痛風になる前に「尿酸が高い」と言われて良かったです。命拾いした感じです。

 管理人さん、ありがとうございました。

No.4739 2006/09/29(Fri) 14:43:34





長引く母の躁鬱病 / saosao

はじめまして。
私の母は、五年ほど前から、躁(そう)状態と鬱(うつ)状態を繰り返しています。
 心療内科にも、長い間、通いつづけています。症状に重いとき軽いときはありますが、いっこうに薬を飲まない状態には戻りません。薬を変えたり、病院も変わったりもしたのですが、だめでした。
 今年の春、躁状態のときに母はついに20年間勤めた会社もついに辞めてしまいました。家計のこともあったので休業を勧めたのですが、躁状態の母は家族の誰の意見も聞いてくれないのです。
 そして、「少し会社も辞めたのだし、ゆっくり休んで躁鬱病をなおしたらいい。」と進めた父の意見も聞かず、躁うつ病状態のまま、母はすぐに新しい仕事先を見つけてきて仕事をするといって再就職しました。しかし、最近、うつ状態が悪化してきて、結局またその仕事をやめてしまいました。
 そばについている父は、本当にしんどそうです。母も、辛いと思います。でも、なにをしてあげればいいのか分かりません。母を治したい、父を助けてあげたい。
 結婚して嫁いでから今は完全にうつ状態は完治していますが、情けない話ことに、3年前、母の看病を近くでしていた私は、すぐにうつ病が伝染してしまって自殺未遂まで起こしてしまっています。
 でも、なんとか長引く母のうつ病を治したいのです。
父は母は一生直らないのではと心配しています。
 
 どんなことでもいいので、アドバイスよろしくお願いします。

No.4727 2006/09/27(Wed) 00:43:03

 
Re: 長引く母の躁鬱病 / すけ

 身も蓋もないことを書きますが、saosaoさんとお父様が冷静に主治医の先生と相談されるのが第一だと思います。

 既に何度も相談されているものとは思いますから、そんなこと書かれても何の役にも立たない、と憤慨されるかもしれません。ただ、周囲の方々の狼狽や憂慮がお母様に伝わることは極力避けるべきです。

 お母様の病気は周囲の理解とサポートが大変重要です。もっとも、周囲の理解もサポートも要らない病気ってそんなにありませんが、精神疾患は、どうしても長期戦になることが多く、周囲の方が焦ったりされると、それがご本人に伝播することが多いものです。
 ただ、周囲の方々が皆共倒れになってしまいますと、周囲の理解も何もありません。そういう意味でも、今一度主治医の先生と相談されたほうがいいでしょう。というのも、「こうすればすぐ解決」という手段はありません。回復するにしても、少しずつ回復しますから、どうしても時間が必要なのです。既に長い間看ておられるsaosaoさんとお父様の負担は相当なものだとお察しします。その上で、さらに「時間がかかる」ということに耐えられるかというのも問題だからです。

 気になるのは、何故病院を変えたりされたのでしょうか。治療を焦るあまり、「この病院ではだめだ」と判断されたのでしょうか。単にご自宅の地理的な問題でしょうか。知人の紹介によるものでしょうか。
 というのは、先に書きましたが、精神疾患は治療にそれなりの時間がかかりますから、治療効果が見られない、と短期間で病院を変えることは、デメリットの方が大きいのです。もちろん、全ての医師が同じ技量とは限りませんし、それこそピンからキリまであるので、どの病院でも同じ、ともいえないのですが、病院を変えた経緯も振り返る必要があるのではないでしょうか。

 結局まとまりのない助言(以前のもの)になってしまいましたが、「一刻も早く治したい」というご希望が叶うことは難しい(治らないというわけではありません。時間がかかるということです)反面、これ以上時間がかかることは周囲の負担を更に増すばかりです。相反する難しい事情があるからこそ、冷静になるのは大変かとは存じますが、冷静に主治医と相談されて下さい。

No.4729 2006/09/27(Wed) 21:24:07

 
Re: 長引く母の躁鬱病 / 管理人

 躁うつ病は、うつ病とは違う病気です。
 基本的に、治すということではなく、一番やっかいな躁転(躁状態)をどう防ぐかが治療の最大のポイントとなります。

 たいていは、うつ状態があって、そのあとに躁転ということになります。この大きな波を未然に防ぐことがもっとも大切なわけですね。
 このへんは、医師との連携が、とても重要になってきます。

 ご家族の苦労は、相当なものがあると思います。
 でも、治す、と考えるのではなく、この病気とうまくつきあっていくためにはどうすればいいのか、というふうに考えたほうが、より適切かと思います。

No.4731 2006/09/27(Wed) 23:17:03

 
ご意見ありがとうございます。 / saosao

⇒すけさんへ
 アドバイスありがとうございます。
おっしゃるとおりです。自分だけで考えていても、前には進めないですよね。
 専門的な知識も無いので、主治医の先生と話してみようと思えてきました。結婚してからは実家から離れて暮らしているので今までは病院に付き添うのは父でした。
 病院を変えた理由は、母が病院を変えると言い出したので、母の気持ちを優先させて変えることにしました。母が言うにはその1件目の病院は、先生の話し方や話の内容が頼りないから変わりたかったそうです。今は2件目で知人に紹介された病院に通っています。1件目の病院には1年ほど通いまして、今の病院は4年目になってます。
 >相反する難しい事情があるからこそ、冷静になるのは大変かとは存じますが、冷静に主治医と相談されて下さい。
 まさに、おっしゃるとおりの理由で、困っていました。
 母は2度、入院していまして、2回目は父が仕事をしつつ家庭で母の看病をするのが困難になったため、父は母と相談して母に入院してもらいました。
>周囲の方々の狼狽や憂慮がお母様に伝わることは極力避けるべきです。
とのことですが、父も自分の心の健康や共倒れを避けるためにどうしても母に言わざる終えなかったようです。父も母に入院を頼むのはとてもつらかったようです。でも、そんなこと言わずに患者に負担をかけず看病できるのが一番だと思います。
 また私自身、心が弱い人間で、お恥ずかしいのですが母の近くで看病に取り組むのが怖くなってしまっています。うつ病の母が怖いのではなく、また以前のように自分もうつに戻ってしまうのではないかという不安があります。
 本当に家族のサポートなしでは治療の難しい病気です。
以上のこともふまえて主治医の先生に相談してみます。もしよかったら、またアドバイスしてください。本当にありがとうございます。

⇒管理人さんへ

アドバイスありがとうございます。
>躁うつ病は、うつ病とは違う病気です。
>基本的に、治すということではなく、一番やっかいな躁転(躁状態)をどう防ぐかが治療の最大のポイントとなります。

 とのこと、お恥ずかしいのですが始めて知りました。今まで躁と鬱は交互にやってくる波のようなバイオリズムで、躁は防げないものと思っていました。
 そのことについても、医師に相談してしっかり聞いてみます。
上記にも書いたのですが、母のうつ病の治療に母の近くで看病に取り組むのが怖くなってしまっています。ですから、家が実家と離れていることもあって病院への付き添いは父に任せていました。
次に実家にもどったときは、できれば私も付き添ってみようと思います。
 実際、「母の治療」と「看病する自分自身の健康」との板ばさみ状態の中、母の病気と付き合っていく方法を5年たった今も手探りで探している状態です。上手く付き合っていく方法考えていこうと思います。もしよかったら、またアドバイスしてください。
 本当に、ありがとうございました。

No.4734 2006/09/28(Thu) 00:52:53


いつまで / すけ

 通院してもう丸4年が経ちます。

 この間、何度も体調を崩し、一ヶ月の病気休暇もありました。職場での居心地も悪くなり、もうこれ以上仕事は無理、と何度も辞職について人事と相談しました。医師からも「それはやめて下さい」と言われ、人事からも慰留され、周囲の方々のおかげで生きています。

 最近は体調も良く、何かショックな出来事が起きても、後になって、「なんで自分が悩まなければならないんだ」と開き直るようになりました。
 昼休みの限られた時間内でスポーツもやっています。運動だけで痩せるのは無理なので、かなりきつい食事制限をしましたが、おかげで10キロ痩せました。別に栄養失調にもならず、昼間しんどくなることもありませんでした。

 ただ、気になるのが、どうしても早朝覚醒が続きます。ひどいときは、就寝後2時間で目が覚めたり、それから眠っているんだかいないんだかわからない状態が続くこともあります。そんなときでも、6時前には目が覚めてしまいます。
 ぐっすり眠れないのは気になりますが、日中眠くなることもなく、朝新聞を読んでいても頭に入らない、ということはありません。朝食はゆっくり食べています。
 日中の生活に支障がなければ、早朝覚醒も気にしないでいいのでしょうか。(先日の診察の際、このことを先生に言い忘れてしまいました。)寝つきはいいです。レンドルミン1錠でこれ以上ないくらいすぐ眠れます。

 一番気になるのは、いつまで服薬が続くかということです。最近は体調もいいので、前回の診察のとき、「もう減らしたいんですが」と申し出たところ、「今の状態がいいので、もう少し様子を見ましょう」とのことでした。確かにリスクを考えると、もうしばらく減薬しないほうがいいのでしょうけど、正直、医療費も結構な負担になっています。最近は、職場から家への方向と逆方向の病院に行くことも面倒になっています。病院の最寄の駅からは座って居一本で帰れるのでその点は便利なのですが、どうしても帰りが遅くなるのが気になります。通院しているクリニックはかなり繁盛しています。
 こないだ待合室で思い浮かんだのですが、「なんか、病院にとって固定資産なんだな」って思いました。そんなこと医師にはいえませんでしたけど。

 アメリカの基準だと、確か3回目のエピソードで、一生飲み続けることになるらしいのですが、日本はまだ基準がまちまちなのでしょうか。

 

No.4726 2006/09/26(Tue) 23:43:51

 
Re: いつまで / emiko

おひさしぶりです。
うつ病と診断される前に早朝覚醒の事を同じ科で担当は違うのですが
顔見知りの医師に言った所
「年齢もあるよ」と
速攻見事な回答をいただいたことがあります。
以来早朝覚醒は年齢と天秤にかけて,必要以上に考え込まないようにしています。
すけさんの場合,安定してらっしゃるので
治療そのものは維持されたほうがいいとしても
経済的な問題を気にしてらっしゃるようですので
担当医に相談してお薬を他に振り替えていただくとかされるのも
ひとつの手段とも言えます。
(振り替えたお薬に慣れるというリスクもありますが)
もし医療相談室やワ-カ-さんがいらっしゃる病院なら
そこの窓口から医師に疑問をあげていただくこともできると思います。
ひとりで考え込まれたり判断されたりすると,時に判断ミスも起こりますから
医師と意見をすりあわせるのも大事だと思います。
自分は抗うつ剤でないと効果が上がらない持病があるので
かりにうつが完治しても抗うつ剤そのものはMAXのMAXのままです。
抗うつ剤といってもさまざまな利用や効果が日々発見されていますから
長い目で見られたほうがいいとおもいます。
おだいじにされてくださいね。
いつも丁寧なレスをありがとうございます。

No.4728 2006/09/27(Wed) 09:18:57

 
Re: いつまで / すけ

 emikoさん、レスありがとうございます。
 今は、私より、emikoさんの方がずっと大変なのではないでしょうか。

 私の薬はだいぶ減ってはいます。今はアモキサンとプロチアデンとアキネトン、寝る前のレンドルミン、他にもらっている薬は、高血圧の薬と尿酸値の薬です。血圧の方は、薬をのまなくてもよかったような気がしましたが、完全な高血圧になると厄介なので、先生に相談しました。尿酸値のほうも、腎臓への負担が心配で、それで血圧尿酸値とも、健康診断のデータを先生に見せました。どの薬も一つの病院で処方してくれるので助かります。
 私の薬代は、これ以上安くならないでしょう。診察料1,500円とお薬代が2,000円で、2週間に一度の通院ですので、毎月7,000円かかります。今月は巡り合わせが悪く、3回通院します。
 毎月7,000円という額も微妙ですが、二回飲みに行ったと思えば安いものです。ただ、私は今は一切飲酒をしていないので、何か損した気分なのです。それくらいの次元での悩みということです。
 あと、病院に行くと帰りが遅くなるのです。今日のように薬だけもらってきても、帰宅は21時くらいです。というのも、私は極力残業しないことにしているので、出来るだけ早く帰宅して家で寛ぎたいのです。21時という時刻は別に夜遅くもなんともないと思いますが、最近それももったいないと感じるようになりました。

 早い話、体調も良くなったので、その分通院が面倒になったということでしょうか。数年前だと、辛いとき仕事を抜け出して病院に駆け込んだことが何度もありました。とにかく待合室のソファで座って眠りたかったのです。最近は、患者さんが増え、ソファにはなかなか座れなくなりました。

 今の状態になるまで紆余曲折ありました。なんか通院して服薬して余計悪くなったというか、薬を服用して本物のうつ病になってしまったと思うときもありました。今ようやく安定した状態になりました。今まで気にしていたことが気にならなくなりました。そういうことから解放されると、心身ともに楽になります。何かの本に書いてありましたが、少し損するのが当たり前、というように考えると、感情が大きく乱れることはありません。

 実際は、私のように周囲の環境に恵まれている方ばかりとはいえません。相手にしたくなくても相手にしなければならない人も周囲にいるというケースも多いと思います。

 emikoさんもお大事にされて下さい。

No.4730 2006/09/27(Wed) 22:11:48

 
Re: いつまで / 管理人

 早朝覚醒は、生活が安定しているのでしたら、あまり気にしなくていいと思いますよ。

 実際の話ですが、早朝から夜中まで活発に動き回り、1日に2時間程度しか眠れない生活をずっと続けているという人がいました。心配した家族に、病院へ連れていかれ、医師の診察を受けました。
 ふつうに考えれば、躁病となるわけですが、生活が安定していて、人間関係もうまくいっている、別に攻撃的でもなく破滅的でもない、ただふつうの人より少し活発という程度だったので、診察した医師は、特に治療の必要がないと判断しました。

 減薬に関しては、これまでがけっこう長かったので、安定してきたのを医師も確認できてからさらに半年くらい先、というような感じで考えるといいと思います。

 通院は、今の状態がしばらく安定して続けば、4週間に1回に減らせると思います。薬代は、2週間分も4週間分も、そんなに変わらないはずです。
 たぶん、1ヶ月にかかる医療費が、半分近くになると思います。

 ただし、薬の中には、2週間分しか処方できないものもあります。1日量を倍にして2週間分もらえば4週間分になるという裏技もありますが(これは本当はいけないことです)。
 このへんは医師と相談ということになると思います。

No.4732 2006/09/27(Wed) 23:46:29





リチウムの血液濃度の報告 / ワタル

 お久しぶりです、みなさん。

 こちら、ワタルです。この度パソコンを買い換えました。

 本題に入りますが、
 炭酸リチウムの値が0.42(9/6現在)でした。なお、基準値は0.4〜1.00です。
 一安心ですが、検査のたびに0.01上がっていくので、大丈夫かな?という疑念も持っています。

 みなさんもお身体をいたわり、大事にされますように。
 

No.4716 2006/09/24(Sun) 19:42:22

 
Re: リチウムの血液濃度の報告 / ワタル

入力漏れがありました。
私は「リーマス」という、気分安定薬を飲んでいるのです。

No.4717 2006/09/24(Sun) 19:46:27

 
Re: リチウムの血液濃度の報告 / 管理人

 「リーマス」の有効成分が炭酸リチウムです。
 炭酸リチウムの血中量は、基準値を満たしていて、安定していれば、問題ないと思いますよ。

No.4720 2006/09/24(Sun) 23:08:03

 
Re: リチウムの血液濃度の報告 / ワタル

 管理人さん、アドバイスをありがとうございます。

No.4725 2006/09/26(Tue) 16:46:06


今日は。。。 / りー

今日は朝から何もやる気がなく、一日寝ている日でした。
こんな毎日でいいのか。。。でもやる気が起きない。
なにをする気もなく、ずっと寝ていて。

やらなければいけない家事育児は、嫌々ながらやりましたが、自分って何なのかわからなくなりました。

何もやる気が起きないのに、バクバク食べることに走り、この一・二週間で五キロも太ってしまい、自分が情けなく思います。

自分は何のためにいるのか、何のために生きているのか、どうしてこんな風になってしまったのか、なぜやる気が起きないのか、なぜ毎日が楽しくないのか、、、、、自分の甘さ、弱さ、そのせいだとするならば、もう出口が見えなくなってしまう気がして。

今日はだめな日です。もう、起きているのも話すのも嫌で。。。。
でも、ここには来てみたくて来ました。

明日は少しでもやる気になっていればいいのに。。。

No.4721 2006/09/25(Mon) 19:42:13

 
Re: 今日は。。。 / ネコ

自分にガッカリしないで下さい。明日も同じでもがっかりしないでください。
何かが出来る事が価値があることではないです。
ただいるだけで、いいじゃないですか。
家族は一人かけると、穴が開いたようになります。
何かをしているからじゃなくて、存在していることが心を埋めているのです。でも、普段は気がつきにくいです。

No.4722 2006/09/25(Mon) 20:15:30

 
Re: 今日は。。。 / すけ

 非常に辛いでしょうけど、そういう気持ちになってしまうのも、症状の一つです。
 りーさんの性格そのものがそうなってしまったわけではありません。ゆっくり静養されることで、また元気になれます。
 
 家事については、ご主人に助けてもらって下さい。以前の書き込みからすると、だいぶご主人の理解があるようですが、もう少し甘えてみてもいいでしょう。

 あまり何日も続くようでしたら、医師に相談されて下さい。

No.4723 2006/09/25(Mon) 22:13:55

 
Re: 今日は。。。 / 管理人

 ネコさんのおっしゃるとおり、家族のひとりとして存在すること、それだけでも大きな価値のあることです。
 このことの大切さ、本当に気づきにくいことだと思います。

 すけさんがおっしゃるように、自分を無価値に感じることも、無気力になってしまうのも、この病気の症状なんですよね。
 のんびりゆっくり過ごしてください。いつかはトンネルから抜け出せるものです。

No.4724 2006/09/26(Tue) 00:13:20





過去ログ一覧(4) へ戻る


produced byYuki Tachibana