Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2006年09月29日〜



はじめまして / よし

はじめまして、よしと申します。
色々と情報を探しているうちにここへたどり着きました。

私の母が、躁鬱病になって十数年になります。
過去の掲示板内容を拝見させていただき、共感する部分もありました。
今はただ、じっと座ったり寝てたりするだけで大丈夫になりましたが、
当初の鬱状態は何もせず、ただ死にたいと漏らすばかり。
その時読んだ本で、「がんばれ」とか応援すると危ないと書いてあったので
あまり喋りかける事も無く、側にいる様にしました。

逆転し、躁状態になった時が大変です。
全てのしがらみが解除されたかのように、行動します。
高価な物を当たり前の様に買って来たり、誰かにあげたり。
夜は寝なくなり、何かごそごそしています。
現在もその状態で、どこかに出かけていたらしく昨日は終電で帰って来ました。

最近はその躁状態がひどくなり、私も色々と考える様になりました。
睡眠不足に陥り、このままでは私も不安にかられてしまいそうです。

その母は、地元の精神科に通っています。
私はまだ一緒に行った事はないですが、ただ薬を投与されているだけの様に
思えます。

病院を変えるべきかとも思っています。
母ひとりではなく家族の問題ととらえています。
なので、その時には父と私と一緒に先生の話を聞こうと思います。
カウンセリングももちろんですが、どういった病院、検査を行えば
いいんでしょうか?

長文、乱文で申し訳ありません。

No.4756 2006/10/01(Sun) 12:33:00

 
Re: はじめまして / すけ

 よしさん、はじめまして。

 まず、現在の症状はいかがでしょうか?というのも、躁状態であることは覗えますが、今も鬱状態になることもあるのでしょうか?ずっと躁状態ですか?

 「ただ薬を投与されているだけの様に思えます」
 おそらくよしさんは、精神科はカウンセリングを重点に行うところという認識があるのでしょうか。
 そういう認識を持たれている方は多いのですが、実際は薬物治療が中心の場合が多いものです。病気の種類や病状によっては、カウンセリングはあまり意味のないことも多いのです。
 そもそも、お薬は指示通り服用されているのでしょうか。もし躁状態のときは指示とおり服用されていないのでしたら、通院していても意味はありませんし、そういう状態で病院を変えても同じことです。

 「母ひとりでなく家族の問題ととらえています」
 それは当たり前のことです。というのも、「誰でもそう思うにきまっている」ような一文ですが、実際に、家族にに精神疾患の方がおられる方で、実はそう認識されていない方も多いものです。
 幸いにしてよしさんはその点十分理解されているようですが、まずは主治医の先生に、お母様の状態を告げることです。特に、指示通りに服薬しているかどうかは大変重要です。(これが最優先事項です。)
 よしさんとお父様がカウンセリングを受けるのはいいことだと思いますが、それは、周囲の心構えやサポートの手法について助言を受ける、という意味においてのことです。
 お母様の病状を、お母様がカウンセリングを受けることにより改善させるのは、今はあまり期待しないほうがいいでしょう。病状が落ち着いてお母様ご自身の精神状態が落ち着いてからの話です。

 高価な買い物をされたり、いきなりどこかへ出かける、という点は躁うつ病の躁状態の典型です。本人にその記憶がないこともあります。
 一番苦しいのはやはりお母様です。ただ、共倒れになってしまうと、ますます解決への道が途絶えてしまいます。大変だとは思いますが、あくまで冷静に判断されて下さい。
 くどいようですが、「指示通り服薬しているか」ということが重要です。何年通院されているかはわかりませんが、一向に病状が改善しないのに薬の種類も量も変らないのであれば、病院を変える余地があります。その場合でも、仕方なくそう処方している場合もありますから、重ねて申しますが、主治医の先生とよく相談されて下さい。
 

No.4757 2006/10/01(Sun) 18:56:57

 
Re: はじめまして / 管理人

 躁うつ病は、基本的に薬物療法となります。
 特に面倒な躁転をどう防ぐのかが、治療のポイントです。
 家族と医師の連携も、とても大切になってきます。

 ぜひ主治医と相談して、さまざまな症状に合わせた適切な対処法を教えてもらってください。特に躁転したときの対処法ですね。
 あとは、薬の管理、きちんとできているかどうか、もう一度確認してみてください。

 検査としては、定期的に炭酸リチウムの血中濃度をはかり、症状とのかねあいを見て、処方量などを調整していくことが必要なはずです。

No.4761 2006/10/02(Mon) 00:22:36

 
ありがとうございます / よし

色々とありがとうございます。
薬を投与されても、躁と鬱の繰り返しなもので…。
本当に薬が効いているのか、それともちゃんとした診断を受けていないのか。
躁病の時は、気も大きくなっているので、薬を飲んだかどうかは
本人も過去にウソを付いていた事もあり確証はありません。

家族から見た状態を先生に伝えて、指示を頂いた方がいいのかな?
と思いまして…。
すけ様と管理人様のご意見を参考に立ち会ってみたいと思います。

No.4765 2006/10/02(Mon) 21:02:18





熱がまた出た / アンダンテ

昨日、熱いなとおもって、熱を測ったら
やっぱり熱がありました。最近、この状態が続いていて
落ち着きません。イライラしていて、なかなか夜も
寝付けません。睡眠薬も飲んで、頓服も飲んで、
布団に入るのですが、どうにもこうにも眠れません。
だから、朝がとてもつらいです。

家族は私が寝付けないのを心配しています。
今度、診察があるんで、言おうか迷っています。
一度、入院しますかと言われたので。

No.4749 2006/09/30(Sat) 12:05:00

 
Re: 熱がまた出た / 管理人

 かなりつらい状態が続いている感じですね。
 入院を勧められたのですから、思い切ってそのとおりにしてみてはいかがでしょう。その方がご家族も安心だと思いますよ。

No.4752 2006/09/30(Sat) 23:59:39

 
Re: 熱がまた出た / アンダンテ

母は強制しているんじゃないけど、一度入院したらと
言います。しかし、イヤなので、自分としては迷っています。
難しいです。早く治りたいのもやまやまですけど、
入院だけは。

No.4754 2006/10/01(Sun) 09:01:08

 
Re: 熱がまた出た / 管理人

 確かに入院治療は、本人の負担が大きいということもあるでしょうね。
 でも、アンダンテさんのことをよく知っている医師が勧めた場合には、従ったほうがいいでしょう。
 症状が長引いて悪化するよりも、思い切って早めに入院した方が楽だと思いますよ。

No.4760 2006/10/02(Mon) 00:08:38


(No Subject) / threat

 お久しぶりです。
 何年も前に書き込みしていたものです。
 あのときは神経症ということで相談していましたが、どうも体の異常だったみたいです。いくつもの病院に行って検査も受けて、今は一つのところが良くてこれからも通おうと思っています。
 ただ同じような症状を持つ人は他にもいるようですが、少ないし、ちゃんとした病名も付いておらず、原因不明の病気といった感じです。それでもいくつもの検査を受けて、ある程度の異常が見つかり、それが原因じゃないかといった具合で医師と話して、薬で症状を軽くしようとしています。程度問題の病気であるため、医師にさえ「気のせいじゃないのか?」と言われることが何回もありました。
 上手くいかなかった体験から同じような状況の場合に、神経症のようになってしまうことがまだ無くなりません。だから「気のせい」なんだろうか・・とたまに思うこともあります。自分でも症状の調子が良い時悪い時がいつなのか分からないのです。

 最近将来のことでも悩んでいて眠れない日々が続いているので書き込みさせてもらいました。今の症状のままだと、いろいろと将来困ることが多く、自分の夢を叶えて仕事に就くことができるのか、不安で仕方無いです。現在は学生なので、折り合いを付けて生活できていますが、先のことが不安です。 最近はそのためか、夜寝ようとすると、いてもたってもいられなくなったり、寝ることに恐怖心があったり・・。どうしたら寝れるようになるでしょうか?
 
 寝れないとどうしても余計なことを考えてしまったり考えがネガティブな方向へ進んでしまいがちになりますし、勉強もはかどりません。
 自分の場合の不眠症は、夜に寝付けないタイプのものです。いったん、睡眠に入れば、長い時間寝ることができます。

No.4737 2006/09/29(Fri) 06:10:55

 
Re: (No Subject) / emiko

はじめまして
これから羽ばたこうという時期に
波に乗れるかどうかの不安材料があるのは
つらいですね。
自分は現在のところ,ストレスが全部痛みになってしまう症状で
ときには生活に支障をきたすほどの激痛になることがあります。
本来の持病に加えて,うつ病から来る症状で輪がかかっているのですが
これを「気のせい」「気持の弱さ」「甘え」と責めたのは自分と周囲で
違います,と言ってもらえたのが医師の側でした。
痛みの原因となる物理的現象に見合わないほどの反応を体がしているのであって
これは気のせいや弱さとは違うものと言われました。
機能性の面での障害なので,一生おつきあいが続く事になります。
病気とまではいかなくても本人にとって痛苦であり
生活に支障をきたすのであれば,それは治療の必要性があるものです。
治療である以上治癒を望むのは当然ですが
本人の中にある感受性と密接につながっているかぎりは治癒というよりも
どう受け止めてゆくかに主眼をおかれたほうが道が開けると思います。
threatさんはこれからの人生時間,どう描いた方向に進むかと
今現在の自分が出来うる方向をさぐるのかのバランスが大切になると思います。
周囲のサポ-トも大事になりますから
ぜひ友人でも先生でも不安を相談されて参考にされてください。
身近なところに答えがあると思いますよ。
おだいじにされてくださいね。

No.4738 2006/09/29(Fri) 06:50:27

 
Re: (No Subject) / 管理人

 お久しぶりです。
 emikoさんもおっしゃっていますが、社会へ羽ばたく前のナーバスな時期にさしかかっているご様子ですね。
 入眠しにくいといった症状は、適切な薬を使うことである程度抑えられますが(1ヶ月以上眠れない状態が続いたら、やはり薬を飲むべきだと思います)、心配事は解決できるわけではありません。

 emikoさんと重なりますが、今の症状を、自分自身の個性のひとつとして受け入れていくことが、大切なことだと思います。
 その上で、進路を決めていくひとつの指標ととらえることができれば、気分も落ち着いてくるでしょう。
 逆に、自分の希望の進路に対する障壁だととらえてしまうと、どんどんつらくなってしまうと思います。
 いろいろと人と相談してみるといいと思いますよ。

No.4743 2006/09/29(Fri) 22:41:57

 
Re: (No Subject) / threat

 emikoさん、管理人様、ありがとうございます。
 emikoさんも体の方、大変だと思いますが、少しでも良くなればと願っています。
 
 「自分の体の特徴として捉える」、以前も言われたような気がします。分かっているのですが、本当にはまだそう思えてないのかもしれません。だから身近な人にも話せないのかもしれません。話すのには勇気が要ります、今でも。
 
 大学に入ってからは、無理が来てしまいそうな場面はなるべく避けてきました。大学生活はそれでもやってこれました。だから周りの人には一人も話していません。
 去年からやっぱり体の異常ではないかと思い、病院も回って手術もしました。でも治りません。今かかっている医師は長い目で見てくれているので、気持ちよく通えています。けれど、治るともあまり思えず一生付き合っていくしかないのかなと思い始めています。ただこの話を他の人にはしていません。高校のころは、本当に仲の良い友達と先生方に話をしていて、よく愚痴を言ったり相談したりしていました。今は自分の中で全て消化しています。もうこの体の状態にも慣れているので、病院に通うことでストレスはあまりたまりませんが、勉強と体のことで、いつのまにか、いっぱいいっぱいになっていたのかなと思います。

 勉強しなければいけないのに、いろんなことに対する不安から、はかどらない状況が続いています。そのせいもあってか成績などが悪く余計に、悪循環に陥ってしまっています。焦る気持ちばかりが先行してしまい、自分が情けなくなってきます。細かいことまでは言いにくいですが、周りは能力が高く、努力を怠らず、意志の強い人が多いです。なので、余計に自分の弱さを痛感します。正直自分の能力の限界も感じていてそれも辛く感じる原因になってると思います。 他人と比べることは良くないことだって分かっているつもりですし、高校の頃に比べると考え方もかなり変わりました。でも、この周りの人と同じレベルのところに行かないと、おそらく夢は叶えられません。

 これから何年もこうやって頑張らなければならないのに、今の時点でこれだけ精神的に参ってしまっている自分が果たして、やっていけるのか不安で仕方無いです。

 他の道も模索していますが、まだ諦め切れません。でも諦めて肩の荷を全て降ろしてしまいたいという気持ちもあります。なかなか自分は妥協ができない性格なので、そのことも良くないなと思います。
 周りの友人は頑張れ頑張れと言いますが、自分なりに頑張っているつもりです。なのに結果が出ないのが、すごく腹が立つし悲しいです。

 ネガティブなことばっかり、書いてしまってますね。

 

No.4746 2006/09/30(Sat) 04:58:52

 
Re: (No Subject) / emiko

おはようございます
学生のときの自分によく似ているので
ひと事とはおもえずレスします。
周囲がどんな人でどんなに優秀でも,それはthreatさんではありません。
周囲がそれを目指しているからといってthreatさんも目指すというよりは
threatさん自身がどうしたいかが大切だと思います。
自分がどうしたいかの手助けとして周囲に相談してみるのも
そのなかのひとつですし
学校の中に相談室があればそれを活用されるのもいいと思います。
保健所や精神衛生センタ-に電話されるのもひとつの手段ともいえます。
こちらに書き込まれるのももちろんそうです。
一発解決!というよりも行動してゆく事でなにか拾えればもうけもんくらいで
気軽にはじめてみられてはと思います。
精神障害や機能性障害はマイナス面が強調されてしまいがちですが
それを汲んでくれている人がいる,というだけで
生活や仕事に張りを出せる力のもとにもなれます。
その力を出すのも実は障害を負っているはずの自分からなわけですから
うつむく時間はあっても,常にうつむく必要はないと思います。
あまりご自身を責められないでくださいね。
おだいじにされてください。

No.4747 2006/09/30(Sat) 07:49:11

 
Re: (No Subject) / バウ

こんにちわ。
emikoさんと同じく、私も30年前の学生のときの自分によく似ているのでひと事とはおもえずレスします。気分変調障害持ちの男性です。当時はこんな情報も何もなくどうしようもありませんでした。相談者もおらず、両親もどうしていいかわからなかったようです。病気とも思いませんでした。そのまま自分を押し殺して「頑張って」銀行などに就職離職を繰り返し、その後の人生には苦労?しました。お医者さんには45歳のころに初めて診てもらいました。でも今の世の中はかなり良い状況になってきていると思いますよ。周囲の環境条件にもよるでしょうが、病院にも行っているしそれなりの対処もされているようなので、大丈夫ですよ!信頼できるお医者さんにも出会えられておられるし、うらやましいくらいですよ!書き込みの内容からしてまだお若いようですので、管理人さんやemikoさんのアドバイスを大事にされ、周囲の喧騒に惑わされず、かけがえの無いあなたの「個性」を発揮できるような探索の旅にこれから"ゆっくりと"出かけていって下さいね。

No.4748 2006/09/30(Sat) 11:21:03

 
Re: (No Subject) / 管理人

 ちょっと肩の荷が重すぎるのかもしれませんね。
 自分は自分ですし、まわりの人の期待にこたえられないこともあるでしょう。
 もっと自分らしい楽な生き方、見つけていくように心がけてみるといいと思いますよ。

No.4751 2006/09/30(Sat) 23:57:15

 
Re: (No Subject) / threat

emikoさん、バウさん、管理人様ありがとうございます。
今、目指しているものは自分で決めたことです。それだけは自信を持って言えます。もともと人にこうしたら?って言われてするような性格ではないんです。そのために今の大学にも入りました。そして、実際に働いてる人と話して、仕事を見て、本当にやりたいって思ってます。


ただ自分になるための能力があるのかってことが問題です。どこかでやるか諦めるか線引きしないといけないなって今はそう思っています。
少し気分が落ち着きました。

不眠症に関してはもう少し様子を見て、治らないようなら薬を飲もうかと思ってます。
睡眠薬を服用しても・・あまり効かない、やめたらまた眠れなくなる、摂取量が多くなる、というようなことを聞くのですが、薬はなるべく飲まない方がいいんでしょうか?

No.4755 2006/10/01(Sun) 09:54:36

 
Re: (No Subject) / 管理人

 通常処方される睡眠薬は、神経の高まりを抑えて、眠気を強くする程度のものなので、効かないときもあるでしょうね。
 同様に止めるときの離脱症状も、ほとんど気にしなくていいと思います。薬がないと眠れないかもしれないという不安から、寝つきが悪くなってしまうという場合がほとんどです。

 薬の効果と副作用は、表裏一体です。強い薬を使えば、それだけ副作用も離脱症状も強くなります。
 このへんは、医師の判断にまかせ、医師の指示どおり服用すれば、心配いらないはずです。

No.4759 2006/10/02(Mon) 00:02:18





どうしていいかわかりません / sawako

はじめまして。管理人さんの体験をよみました。お母様を必死に支えられて、お母様の新しい人生を応援してらっしゃることに感銘を受けました。今年の夏は暑かったですね。私の母は「暑いとフラフラする」と言って横になる時間が多くなっていました。習い事も次々止めてしまいました。「眠れない、無理やり食べてる、這いながら掃除をした。」こんな言葉が毎日続くようになって、私は、うつだと思いました。ストレスの原因は分かっていました。兄家族との同居です。昔から兄は些細なことで母を怒鳴りつけていました。母は何度も「やさしい言葉がほしい。どうしてあんな子になったのか、可哀そうに家でも会社でも楽しくないのだろう。」と心配していました。私は何度も兄に注意してきました。「お母さんは怒鳴られるのがイヤなの。いつまでも甘えないで」「分かった。俺はお母さんを大事に思ってる」その兄の言葉は本当の気持ちでしょうが、その後も三人で精神科に行く前日まで、汚い言葉で怒鳴っていました。精神科で診断されると、兄達は少し変わりました。と言うより、あせりだしたように見えました。そして私と母に言いました。「何も心配しなくていい。家事も病院への送迎も俺達でちゃんとするから。お前は毎日来なくていい。一週間か二週間に一度ぐらいでいい。」私は任せてしまったのです。急に出来るわけがなかったのに。もうすぐこの仕事が終わる。これが終わったら九月から私が看る。母は待ってはくれませんでした。一週間目の朝、自ら逝ってしまったのです。あっという間で、まわりの皆が強いショックを受けています。私はずっと母の話を聞いてきました。結婚してからも毎日のように電話で話しました。私が一番母のストレスを知っているのです。兄の暴言を止められなかった自分を責めます。力がなかった自分。やっと、力がついてきたと思っていたところだったのに。幸せにしてあげたかった。父は早くに他界して苦労していましたから、穏やかにゆっくり老後を過ごしてほしかったのです。兄達は葬儀を無事終わらせてくれました。兄家族には、幸せになってほしいと思っています。責める言葉は出せません。でも、私は彼らといるとツライ気分になります。どなたか分かっていただけますか?どのように考えていったらよいですか?母は生きたかったんです。あんなに健康に気をつけていたのに。無意識の闇の中で逝ってしまったようで無念ではなかったでしょうか。

No.4740 2006/09/29(Fri) 16:08:15

 
Re: どうしていいかわかりません / すけ

 非常に辛いことと思います。私にはそういう経験がありませんので、レスを書き込む資格はないでしょう。

 ただ、ご自身を責めないで下さい。気休めで申し上げているわけではありません。
 今回のことは、完全に防ぐことは不可能です。物理的に拘束しない限り無理でしょう。だからといって、拘束はできません。

 自殺を決行されてしまった方の直前の心理というものはわかりません。ただ、偶然助かった人から聞くと、「ふと」したことで決行してしまうことも多いそうです。悩みに悩みぬいて決行される方も、「ふと」思い立って決行される方もいるそうです。
 予め何かしらの準備をされていれば周囲が気づくこともありますが、そうでないときは予測できません。

 お兄様も辛いことと思います。以前のお兄様の振る舞いはけっして褒められたものではありません。ただ、人間(心理学者でもない私が書くのも不謹慎ですが)は、そう頻繁には怒鳴ったりしない一方、日常的にそういうことをしていると、それが当たり前のようになってしまうことがあります。よく、しょっちゅ怒っている人がいますが、そういう心理状態の方も多いようです。
 そういう方でも、強烈な「しっぺ返し」(表現は不適切ですが)によって、自分の行動の誤りに気づくことがあります。
 相手から強く怒り返されたり、別の人から厳しく叱責されたりということがそれにあたりますが、今回のように、医師の診断によって、お兄様もご自身の問題に気づいたと思います。
 
 お母様の、その間際の心理状態は知るすべもありません。ただ、何度も書きますが、ご自身を責めないで下さい。完全に防止することは出来ないからです。それに、お兄様が「自分が看る」といわれたのですし、sawakoさんも疎遠にしていたわけではないのですから。
 お兄様も辛いことと思います。今は誰が何を言っても、ひたすら後悔されるだけでしょう。お兄様を責める言葉はいくつも思いつくかもしれませんが、誰かが何も言わなくても、今のお兄様はこれ以上ないくらい辛いお気持ちでしょう。

 お母様は、本当に優しい方だったのですね。お兄様に対し、「家でも会社でも楽しくないだろう」と心配されていたそうですが、そう思える方はなかなかいらっしゃらないと思います。ご本人の辛さより、息子さんであるお兄様のことを先に心配されるのですから。

 お兄様も、けっして悪い方ではないでしょう。怒鳴ったりされたのは、sawakoさんが書かれていた「甘え」だと思います。
 
 何を書いても、私にはsawakoさんを助けることは出来ません。
 何度でも書きますが、今回の件は、防ぐことは無理だったと思います。防ぐには、先に書いたとおり、物理的に拘束するしかありません。そんなことしたら、余計辛くさせてしまうだけです。四六時中監視することも出来ません。

 何の助けにもなりませんが、私が申し上げられることはこれだけです。すみません。
 

No.4742 2006/09/29(Fri) 22:07:27

 
Re: どうしていいかわかりません / 管理人

 はじめまして。
 お母様のこと、本当におつらいことと思います。
 でも、すけさんもおっしゃってますが、これはもう、仕方のないことなんですよね。
 過去ログを見ていただくと、同じような思いをされている方、けっこういることがおわかりいただけると思います。

 きちんとした治療を受けていても、たとえ入院していても、ごく少数ですが、自死の道を選んでしまう方がいることは事実です。
 最初から症状が重く、閉鎖病棟に入院しているという場合なら、ほぼ防げるとは思います。でも、通院治療ができる場合、どうにもわからないものです。

 状況からすると、発作的な自死だと思われます。これはもう、交通事故のようなもので、防ぎようがないでしょう。

 家族に自死の人が出た場合、もっとも大切なことは、自分も含めて、誰も責めないということです。
 誰かを責めれば(もちろん自分も含めてです)、その人がうつ病になってしまうかもしれません。そうなると、お母様と同じように最悪の選択につながってしまうかもしれません。

 お母様がもっとも望んでいるのは、sawakoさんもお兄様も幸せになることのはずです。亡くなられたお母様のために、ぜひその気持ちをかなえてあげてください。

 お母様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

No.4744 2006/09/29(Fri) 23:17:25

 
(No Subject) / sawako

 レスをありがとうございました。本当に、本当に。涙が止まりません。                            こころに響く言葉、冷静な助言、すべてが私と、私のまわりにいる人を救ってくれました。                   私は、あの母の子です。いつまでも自慢の母です。       今日は子供の運動会でした。いつも、母は応援に来てくれていました。子供たちは、おばちゃんが大好きでした。おばあちゃんは、やさしい孫をとても可愛がってくれていました。         母に似たおばあちゃんが何人も目に付きました。母を捜して、母を思い出して。                        「ありがとう。ほんとに、ありがとう。ごめんね、ごめんね。」 母の娘として、しっかり生きてゆきます。まだまだだけど、母が生きたことを無駄にしないように。               ありがとうございました。 乱文、ごめんなさい。                 

No.4750 2006/09/30(Sat) 17:18:33





過去ログ一覧(4) へ戻る


produced byYuki Tachibana