Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2006年12月19日〜



退院しました / アンダンテ

今日、退院しました。いろんな人がいて、心配でしたが、
なんとか正常になりました。最初はつらかったですが、
私は自分で決めて入院してよかったです。
いい年末、お正月を迎えられそうです。

No.5114 2006/12/28(Thu) 17:09:07

 
Re: 退院しました / すけ

 体調が回復して年末年始を家で過ごすことが出来るのは何よりです。

 ゆっくり、のんびりお過ごし下さい。

 

No.5115 2006/12/28(Thu) 18:22:39

 
Re: 退院しました / 管理人

 退院できるまで回復できて、本当に良かったです。
 あとはのんびりお正月ですね。

No.5120 2006/12/29(Fri) 00:22:02

 
Re: 退院しました / アンダンテ

病院で暇でしょうがなかったので、うとうとと
していました。そのくせが残っていて今日も昼間
寝てしまいました。もちろん、起こされて運動に外へ
行きました。

No.5124 2006/12/29(Fri) 18:49:35

 
Re: 退院しました / 管理人

 昼寝も、完全に習慣となってしまうとまずいかもしれませんが、たまにはいいと思いますよ。
 もちろん、運動することもとても良いことですが。
 のんびり過ごしてくださいね。

No.5128 2006/12/30(Sat) 00:01:38


自分に幻滅・・・ / テス

昨日妹が東京から帰省して来ました。実は妹とは犬猿の仲なので、帰ってこられても内心穏やかではありません。
昨日の夕食の時に顔を合わせただけなのに、食欲が無くなって、結局お酒だけしか飲まずに終わってしまいました。
妹の存在が居るだけでかなりのストレスになっていて、昨日は久しぶりにヒステリーを起こしてしまいました・・・
大分病気が良くなってきた矢先だったので、ヒステリーを起こした自分にも幻滅しました。
妹は1月8日まで滞在する予定ですが、その間ずっとこんな思いをしなくちゃならないかと思うと憂鬱です・・・
一人で部屋に閉じこもってても落ち着かないし・・・
親は仲良くすることを強制してきますが、はっきり言ってムリです。
主治医は、親の言うことは聞いてる振りして聞き流して、あまり妹に関わらないほうがいいと言ってました。
でも、一週間以上同じ屋根の下で過ごすのかと思うといやな予感でいっぱいです。

No.5123 2006/12/29(Fri) 13:44:45

 
Re: 自分に幻滅・・・ / 管理人

 主治医の言うとおりだと思いますよ。
 ご両親の言うことは聞き流して、妹さんとは関わらないようにする、そして、ひとりでできることをじっくりと行う、できれば、少しのあいだでも、家から外に出る、という感じでしょうか。

No.5127 2006/12/29(Fri) 23:57:29


お薬 / maiki

本当にお久しぶりにここに来ました。
皆さん、体調はいかがですか?

私はここ2ヶ月、1日の半分は寝てすごしています。
現在は、アナフラニール25mgを好きな時間に1度服用しています。
実はほとんど薬をさぼっていて先生に注意されました。
「1日1回は飲んでね。」といわれ、まじめに飲み始めて5日後に現在の症状になりました。

先生に相談しても「いきなり薬がゼロはいけないしね。」とのこと

今の私の自覚症状は難しいこと、根気のいることはできないこととひたすら眠いことのみです。
気分の落ち込みは1年前と雲泥の差。
悩みごとは、今の症状をどう軽減するかです。
どなたか同じ症状の方はいないでしょうか?

今年も残りわずかですね。
本当に皆様にはお世話になり、貴重な情報をいただいています。
また、お邪魔させてください。
皆様も、ご自愛くださいね。

No.5112 2006/12/28(Thu) 11:57:25

 
Re: お薬 / emiko

自分も現在睡眠障害改善の薬を減薬しています。
飲む時間をのがすとMAIKIさんのようにぼんやりしたり
逆に眠れなくなったりと毎日効きごたえが違って
振り回されてしまう事もあります。
医師の話では他の人より薬が効きすぎてしまう体質の自分でも
メインの抗うつ剤をきちんと服用してください
他の薬は一錠ずつ減薬してもかまわないからと言われました。
おそらくMAIKIさんのアナフラニ-ルはメインとなる薬なので
慎重な減薬が必要なのだと思います。
飲まなくなって,症状が再発した場合
おなじ量でも効かなくなる可能性もありますから
医師の指示にはしたがったほうが良いのだとおもいます。
眠る前の服用でも症状はいかがでしょうか。
慣れればいくらか軽減されるとも思いますが
これも個人差ですから簡単にはいかないですね。
焦らずにいけると良いですね。
おだいじになさってください。

No.5117 2006/12/28(Thu) 20:26:27

 
Re: お薬 / すけ

 maikiさんにレスするのは初めてだと思います。

 一日一回の服薬というのは、もう減薬の最終段階に入っていると思います。それでも、ゼロになるまでまだ先は少々長いでしょうけど。

 私も時折病院に行くのが面倒になります。待ち時間は長いですし、帰りはいつもより遅くなりますから。
 それでも、一応指示通り服薬していますが、最近また調子を崩しました。まだ先はだいぶ長そうです。

 減薬のプロセスは、ある意味治療中より難しいところがあるようです。服薬は指示通りになさって下さい。
 
 お大事になさって下さい。

No.5118 2006/12/28(Thu) 23:41:48

 
Re: お薬 / 管理人

 お久しぶりです。
 アナフラニール25mgを一錠というのは、最終的な減薬段階に入っていると考えていいと思います。
 もちろん、すぐに止められるというわけではないのでしょうが。

 どちらにしても、今のような状態、そんなに長くはないと思います。
 半日眠るのも、一時期と考えれば、そんなに悪いものではないかもしれませんよ。眠さやだるさに関しては、主治医にしつこく相談して、何かの解決が見つかればいいのですが。

 まあ、せっかくですから、もうしばらく、のんびり過ごしください。

No.5122 2006/12/29(Fri) 00:53:29


何処へ行けばいいかわかりません / 未央子

こんばんは。こちらへの書き込みは久し振りになります。
うつ病歴4年目、現在2ヶ月の休職中です。

年明けの復帰を目指していますが、
病状は芳しくなく、復帰したところでまた倒れてしまうのではないかと不安です。
現在は一日中布団から出ることができず、ただひたすら眠るのみです。

6月にも一度1ヶ月休職し、復帰に至ったのですが、
8月くらいから体調が悪くなり、
10月末、ボロボロになって再び実家に帰りました。

現在は職場に近いアパートの近くの病院に新幹線で通っています。

今日、母に別れた彼のことを忘れなさいと諭され、
大声で泣き叫び暴れてしまいました。
もう、どうにも自分をコントロールできませんでした。
母には「キチガイ」「もう手に負えない」と言われてしまいました。

近いうちに実家を出ようと思います。
しかし、会社からは年明けの復帰が無理なら
半ばクビを宣告されたようなものであり、
アパートは会社が借りているものなのでいつまでも住めません。

貯金を崩しながら新しいアパートを探して、
一人で治療に耐えていくしかないのでしょうか。
仕事をクビになったら貯金が尽きるまでは治療に専念し、
新しい仕事を探すしかないのでしょうか。

今の仕事が好きです。
辞めたくありません。
でも、こころとからだがついていきません。

こうしていると死ぬことばかり考えてしまいます。
私は何処へ行けばいいのでしょうか。
もう、先が何も見えません。

No.5098 2006/12/26(Tue) 02:18:52

 
Re: 何処へ行けばいいかわかりません / emiko

おひさしぶりです。
優先順位が決められないのと,過去への執着があるのは
うつ病の症状もあると思いますが
今現在のご自身を認めたくない気持ちがよけい状態をひどくして
自分で自分をひどくそこなわれているのが見えてつらいです。
受け入れる気持の用意ができないのですから
よけい追い込まれてしまうのではと思います。
まず,ご自身を落ち着かせてからが先決なので
主治医に電話でもかまいませんから連絡されてみて
入院も視野に入れられてはいかがでしょうか。
入院施設がない病院でも,相談すれば紹介してもらえます。
未央子さんご自身の身体を優先されて,いたわられてくださいね。

No.5099 2006/12/26(Tue) 08:40:22

 
Re: 何処へ行けばいいかわかりません / テス

初めまして、未央子さん。レスを読んだら、半年前の私と同じ状況でいらっしゃるので、思わず書き込みしました。半年前、彼のことも忘れられず、仕事も大好きで、でももう身体も心も限界状態で何度か自殺未遂をしました。当時は頭の中がぐちゃぐちゃで、とにかく仕事に行かなきゃ!と彼への思いで本当に辛かったです。未央子さんもきっと仕事をしなきゃ!という焦燥感と、彼への想いと、これからの将来への不安で八方ふさがりの状態に苦しんでらっしゃると思います。正直、よく今まで耐えてらしたと思います。すごく苦しいですよね、彼への想いはそんな簡単に忘れられるものじゃないと思います。そうでなきゃここまで苦しまなかったでしょうし。
私もさんざん母や父に詰られました。結局私は半ば強引に両親に仕事を辞めさせられて、地元に戻って入院しました。
emikoさんのおっしゃるみたいに、家族との同居が厳しい中、経済状態や仕事の不安もあるのでしたら、一時避難という感じで入院という手段も考えてみてはいかがでしょうか。
もちろん入院が全てではありませんが、少しの間、仕事と家族から離れて落ち着ける場所が必要なんじゃないかと思います。
仕事を辞めたくない、でも身体がついていかない、という状況は本当に辛いですよね。でも、ご自身の身体と精神状態のことを第一に優先させて、それからもう一度、未央子さんの周囲のことを考えられるようになさった方がいいと思います。今が一番辛い時期だと思います。
偉そうに書いてしまいましたが、同じ様な体験をした一人間の意見として、少しでも参考になれば幸いです。

No.5100 2006/12/26(Tue) 14:55:11

 
Re: 何処へ行けばいいかわかりません / すけ

 こちらに来られるのは久しぶりですね。

 前回助言された管理人様の言葉をまずは思い出してください。

「心の支えは自分で作る。他者と関係ないところで作る」

というのを覚えておられるでしょうか。

 医師でもない私が申し上げるのも不謹慎ですが、
未央子さんが回復されるまでには、それなりの時間と、ご本人の自覚が必要でしょう。一般的な?うつ病とは違うと思います。

 未央子さんのブログはときおり拝見していました。
それらの内容と今回の書き込みを読む限り、堂々巡りをしているように見えます。
 非常に真面目で几帳面な反面、ご自身の考えに強く縛られ過ぎているようですね。
 「自分と向き合う」ことに拘っているようにも見えます。「自分と向き合う」という、形が簡単に見えないことに拘るより、まず 超えなければならないハードルが相当あるはずです。その先に、自分と向き合うための糸口が見えてくるような気がしてなりません。

 私の書いたことはどうでもいいですが、emikoさん、テスさんの助言を参考に、主治医の先生に今の状況を今一度詳しく説明されて下さい。口頭で上手く説明できない場合は、ブログ等で書いたことをそのまま先生に見せたほうが先生もわかりやすいと思います。

 あまり書きたくないことですが、どうしてもこれだけは申し上げたいので書きます。これはあなたに伝えるためのものではありません。誰に向けた言葉かはすぐわかると思います。(この掲示板を見てはくれないでしょうけど。)

 理由はどうあれ、自分から交際を申し込んだのなら、最後はなんとかして極力丸く収める努力をするのが男の責任でしょう。ましてや30過ぎているんですから。
 

No.5104 2006/12/26(Tue) 23:59:48

 
Re: 何処へ行けばいいかわかりません / 管理人

 emikoさんやテスさんのおっしゃるとおり、今は思考がうまく働かない状態なのだと感じます。
 とてもつらいとは思いますが、まずは落ち着いて、実家にいられないかどうか、もう一度考えてみてください。

 親子のあいだって、遠慮がないので、大げんかになったり、勢いにまかせて、とんでもなくひどいことを言ってしまったりするものです。
 それでも、しばらく時間が経過すると、なんとなく仲直りできる場合がほとんどだと思います。

 ただし、つらさがずっと続くようでしたら、入院治療、とても優れた方法だと思います。
 つらい状況の中でひとり暮らしを考えるより、まずは主治医と入院について相談することをおすすめします。

 仕事への復帰についても、主治医と相談の上、決めた方がいいと思います。たぶん、医師の診断書があれば、そんなに簡単に解雇できないと思いますよ。

No.5105 2006/12/27(Wed) 00:01:47

 
Re: 何処へ行けばいいかわかりません / 未央子

皆様、ご丁寧な助言を本当にありがとうございます。

一昨日、思い詰めて実家の部屋を片付け、
自宅のアパートに向かいました。

鈍行に4時間近く揺られながら、
もしかして一人になったら、買い物や洗濯も自分でして、
一人で生活できるかもしれない。
次の受診日が1月6日なので
それまで約10日間一人で生活したら
仕事もやり直せるかもしれない。

そう思って自宅に着いたのですが、
シャワーを浴びて布団に入っても
頭がガンガンして少しも眠れず、
身体はいくら力を抜こうとしても硬直したようになり
ものすごいのぼせと悪寒を繰り返し、
とてもこれでは生活できないと思い知りました。

結局次の日に追いかけてきた母と一緒に実家に戻りました。

今は少し落ち着いて皆様のレスを読んでいます。
ただ、問題なのが
診断書があっても、解雇される可能性が高いということです。
(これは会社の産業看護師からの情報です。)
と、いうのも会社が近いうちに合併することになり、
いつまでも働けるのか分からない人間を
これ以上は待っていられない、ということらしいのです。

1月の復帰が最終条件だと言われました。
これで復帰できなければ解雇です。

ただ、無理に復帰しても結局また体調を崩して倒れるなら
どのみち解雇されてしまいます。
(1度復職に失敗しているので、この点に関してももう2度目はないと言われました。)

今の問題は、会社を辞めるか、辞めないかです。
年末は主治医もおらず、1月6日までに結論を出さなければ
いけない状況です。

No.5113 2006/12/28(Thu) 16:26:44

 
Re: 何処へ行けばいいかわかりません / すけ

 会社には就業規則とかありますから、基本的にはそういうことに従うことになるでしょう。

 ただ、未央子さん自ら結論を出す必要はありません。

 そういうことは、会社に決めさせればいいのです。進んで自分から申し出る必要はありません。
 
 相当体調が悪いようですが、先生から頓服薬はもらっているのでしょうか。おそらくもらっているとは思いますが、今の状態が続くようでしたら、先生に状態を伝えて下さい。
 とにかく眠れないというのは、誰であっても相当堪えるものです。必ずと言っていいほど睡眠薬が処方されるのは、そういう理由からなのでしょう。(私も最初の受診のとき、眠れないとは全く言っていないのに自動的に睡眠薬が処方されました。)

 繰り返しになりますが、重大な決断は自分から進んで申し出ずに、相手に言わせるようにして下さい。
 

No.5116 2006/12/28(Thu) 18:31:21

 
Re: 何処へ行けばいいかわかりません / 管理人

 退職に関しては、すけさんのおっしゃるとおり、会社にまかせた方がいいと思います。
 会社というのは、たいていは、社員が自分から辞めるように、わざと追い込むような言い方をしてきます。なぜなら、会社にとって、もっとも問題が起きない方法だからです。

 でも、病気になった(多分相当に仕事の影響があるはずです)社員を会社側が一方的に解雇することは、けっこう大変なことなんですね。
 下手をすると、労災や損害賠償などがからんできますし、労働基準局が厳しく目を光らせてもいます。

 退職などの大きな決断は、自分でしないことです。
 まずは医師と相談しましょう。

No.5121 2006/12/29(Fri) 00:35:35





家出娘(現在進行形) / 椿

こんにちは。

今年のクリスマスは今までの中で、一番静かで、
クリスマスとは無関係でした。

うちは昔、キリスト教国に住んでいたので、
家族で、感謝しながら少し豪華な食卓を囲んでいました。

そんな、習慣を私がぶち壊しました。
家出して。

でも、今日思い切って母にメールしてみました。
母は許してくれました。
母は今年、癌になって、本当は自分のことで精一杯なのに。

それでも、まだ帰れません。

普通の幸せが欲しいと言いながら、
いつも私がぶち壊すのです。
家族を巻き込みながら。

薬は母が取りに行ってくれることになりました。
癌の人間にこんなことをさせている自分は
本当に救いようもないと、思いました。

アドバイスくださった皆様。
ありがとうございます。

とりあえず、今年いっぱいは家出して、
来年になったらまた考えたいと思います。

考えたって、頭が言うこと聞かないのですが。

タイムリミットは刻々と迫っています。

とにかく、逃げるために家出したのだから、
精一杯、逃げたいと思います。

墜ちてまた這い上がるの連続です。

皆様と一緒に戦いと思います。

よいお年を。


椿

No.5103 2006/12/26(Tue) 21:53:03

 
Re: 家出娘(現在進行形) / emiko

戦う必要はないと思います。
逃げる必要もないと思います。
どちらも相手は椿さん,あなたご自身のはずですから
戦いきっても逃げ切っても
切り取ったつもりでも
切り取った椿さんが取り残されてしまうだけなのではないでしょうか。
もうすこし自分自身によりそってみてさしあげてください。
お薬や医師やここの掲示板に来られる方も
きっとご家族も学校もそんな椿さんを手助けしたいと思って
待っていると思いますよ。
おだいじにされてくださいね。

No.5107 2006/12/27(Wed) 05:24:17


母からのメール /

クリスマス前の、賑わいの時期ですが、いかがお過ごしでしょうか。
また、今日は、ちょっと、愚痴を言いにきました。
ご迷惑でしょうが、どうか聞いてください・・・

何回もお邪魔しているので、もう覚えてくださっているかもしれませんが、
境界性人格障害の傾向のある母親と、離れて暮らしている私です。
これは、まぁ、いつものことですが、少しでも私からのメールが滞ると、
母から、執拗に、様子を聞いてくるメールが送られてきます。

今では、母からのメールは自動的に別フォルダに入るように設定して、
普段は、なるべく見ないようにしてはいるのですが、
時々、「一応何かあってはいけないし・・・」と思って、
読んで見ると、やはり、本当に、すごく気分が悪くなります。

そんなふうにして、最近は、すぐに返信せず、
やりすごして、まとめて読んでいるうち、
彼女のメールの内容に、一定のパターンがあることに気づきました。

一番最初は、一方的に、彼女の愚痴や自慢話をつづったメールが、
長文で何度も送られてきます。それでも私から特に反応がないと、
まず、最初のうちは、どうか連絡くれ、心配しているから、
というメールが、時間をおかずに、何通も何通も送られてきます。
その次には、私が病気なのではないかと聞いてくるメールがあり、
贈り物などが贈られてくることがあります。それでも放っておくと、
最終的には、私が鬱か神経症にかかったのではないか、
あるいは、外国にさらわれたのではないか、と聞いてくる、
深刻で熱烈な雰囲気のメールが送られてきます。
鬱か神経症なのではないか、というメールが来た場合には、
それからしばらく(一週間くらい)は、連絡が途絶えるようです。

実際、私は母のメールを読むと、精神的にとても苦しくなり、
自分の性格のネガティブな面が表面に出てきてしまうのか、
本当に鬱や神経症に近い精神状態になりますから、母の想像は、
当たっていないわけでもなく、やはり親というのはすごいものだなぁ、
と、素直に感心してしまいます。私としては、
「お母さんのメールさえなくなれば、元気なんだけどナァ・・」
と、おなかの底では思うわけですが、そんなことは言わないで、
まあ、そのままにしておきます。

それから少し時間が経ってから(私の感情がある程度おさまってから)、
彼女のメールの内容には関係のないことを書いて、
(空がきれいだとか、寒くなったとか)送るようにしています。
相手の話も、自分の話も、なるべくしないようにしています。
けれども、私が手紙を書くと、また上記のパターンが、
はじめから繰り返されるだけのことで、何の発展もありません。

私は、自分の気持ちについては、まったく、母に話しません。
それが卑怯なことなのかどうか、よく分かりません。
どんな形であれ、自分の気持ちを話せば議論に巻き込まれるだけで、
理解されることはないと、あきらめているので、耐えています。

しかし、境界性人格障害について書かれた本などを読むと、
もっと自己主張(自分の感情を描写し伝えること)が必要だ、
甘やかすことは愛情ではないのだから、ということが書かれています。
そういうものを読むと、私はなんて愛情がないんだろうか、と、
少し落ち込んでしまいます。

でも、私には向き合う気力はないから、ダメだなぁ、と思います。
第一、相手は、立場上、「親」ですから、
たとえ形だけでも、やはり、立ててあげたい気がします。
しかし、もしかして「立ててあげたい」という自分の気持ちそのものが、
私のエゴにすぎないという部分もあるのでしょうか。

こうして、ただやりすごしているだけだって、本当に疲れます。
この上、議論なんかしたら、私は本格的に病気になりそうです。
でも、今は元気ですから、大丈夫ですよ!
ごめんなさい。愚痴でした。

追伸: こちらの掲示板をご覧になっている方のなかには、現在、
境界性人格障害と診断され、治療中の方もいらっしゃると思います。
私は、これまで境界性人格障害の治療中だったり、よくなった方々から、
ネットを通じて、非常によく助けてもらった経験が、多くあります。
その方々には、いくら感謝しても、足りないくらいです。
私には、境界性人格障害という個性の素晴らしさも、よく分かります。
私は、境界性人格障害の方が、本来の性格として持っておられる、
非常に情熱的なところや、真摯なところを、とても尊敬しています。
私も、そういうところを学びたい、とさえ、思っています。

No.5086 2006/12/23(Sat) 22:22:38

 
Re: 母からのメール / すけ

 境界性人格障害というのは、おわかりだと思いますが、個性の範疇といえるものではありません。

 境界性人格障害といっても人によって違います(そもそも人格ですから一様に同じなわけもありませんが)が、
「いい面と悪い面を使い分ける」のも境界性人格障害の
特徴です。
 そのため、中には、だまされてその人の味方につく人が現れたりします。「他人を操作する」ことに長けているのも特徴の一つです。

 もちろん、幼少の頃から、自ら「境界性人格を持とう」
と努力された方もあまりいないでしょうし、ある意味不運と
いえますが、そういう方々と関わるのは、必要な場合を
除いて、あまりお薦めできません。

 誰かに依存して「この人しか私を理解してくれる人はいない」と思われていながら、少し意にそぐわないことを言われると、いきなり罵倒の対象とされてしまうことはよくある話です。

 そういう方と向き合うのは、相当な精神力が必要です。
精神科医でも、境界性人格障害の方全てを診察できません。
患者さんによっては、初診が終ると、「診察料は結構ですから
もう来なくていいです」と言われることがあります。
そういう医師の対応が正しいかどうかは別として、対人関係
を構築することが難しいのが境界性人格障害で、それは
医師との関係を構築することに対しても同様に難しいのです。
当然、医師との信頼関係がなければ治療はほぼ不可能です。

 もちろん、こんなことはご存知かもしれません。

 響さんは、非常に優しい方なんだと思います。損得や
利害を超越した優しさを持つことは難しいことです。
他人にも、ましてや肉親にもそういう感情を持てない方も
多いのですが、響さんは、相手を理解して、相手の立場を
考えて思いやることが出来る方なのですね。
 皆自分は「優しいところがある」と思っているものですが、
響さんのような優しさはそうそう持てるものではありません。
 
 お母様に対しては、距離をとりながら接したほうがいいでしょう。実際物理的な距離は離れているのですから、今の響さんの
対応が別に間違っているわけでもありませんし、「愛情がない」
とはいえません。むしろ、お母様の感情を傷つけないように、
慎重に対処されていると思います。

 実のお母様が相手でも、適切な対応をするのは大変困難です。
響さんご自身のことも大切にして下さい。

No.5087 2006/12/24(Sun) 10:13:24

 
Re: 母からのメール / 管理人

 お母様の行動パターンを、落ち着いて分析できるようになったご様子ですね。
 あとはこのパターンをうまく先読みしながら、決して振り回されないように注意していけばいいと思います。

 本に書いてある境界性人格障害への対応方法は、ふつう、子供の境界性人格障害に対する親の対応方法ですから、響さんは、参考にしなくてもいいと思いますよ。
 親が子供に愛情を注ぐこと、子供の人格に責任を持つこと、これは当然のことですから。

 響さんのように親子逆転の場合は、とにかく距離を作る、自分の生活を優先する、生活の基盤を固める、ということが大切です。

 子供は、親の性格や人格に責任を持つ必要はありません。
 親に対して子供がしてあげられること、実際には、そんなに多くはないんですね。

 どうかご自身を責めず、ご自身の生活を第一に考えるようにしてください。

No.5090 2006/12/24(Sun) 23:24:24

 
Re: 母からのメール /

すけさんへ

お返事ありがとうございます!
すけさんの温かいお言葉に、とても心が癒されました。

私が「非常に優しい」ということが分かって、すごく安心しました!
こんな私でも、自分の中に「愛情」があるはず、と信じられれば、
貢献できる対象を探せるし、これからのことに希望が持てそうです。

実際、エゴグラムなどの心理テストを試してみると、
私は、たしかに、相当に愛情深い性質だ、と出るんですよ!
私の愛情が足りないといって、言いがかりをつけてくる人には、
負けないようにしたいと思います!

なんだか、とても、ホッとしました・・・
お蔭様で、いいクリスマスになりました。


管理人さんへ

いつもありがとうございます。
なかなか、人には言えない悩みですが、こうして、ネットを通じて、
理解ある方たちとつながることができて、本当に心強いです。

母の行動パターンが分かったのが、大きな一歩なのかもしれない、
と思うと、本当に嬉しくなります。パターンが分かれば、
先読みして、今までより、うまく対応できるかもしれないですね!
励ましてくださって、本当にありがとうございます。

これからのことと、責任の所在とを、はっきりと示してくださって、
とても安心しました。たしかに、親に対して、子供ができること、
そんなに多くはないですね。

仕事などを通じて、まずは自分の生活の基盤をしっかりさせるように、
がんばっていこうと思います。

また、お邪魔させていただきます。
よいお年をお迎えください!

No.5093 2006/12/25(Mon) 03:33:30

 
Re: 母からのメール / 椿

響さん

はじめまして、精神疾患暦13年、家出中娘の椿と申します。

まず、第三者を入れてみるのはどうでしょう?
(もうしているのかな?)

お母様はたぶん
「私を本当に理解してくれるのは娘だけだ」
と思っているのではないでしょうか?

でも響さんも人間です。
お母様の神ではないのですから、
すべて背負うのは苦しいと思います。

お母様に、
「他にもお母さんのこと理解してくれる人はいるよ」
って教えてあげるのはいかがでしょう。

お母様の思考を少し変えてみるのがいいかと思います。
もうやってみたのかもしれませんが・・・

プロもいろいろですが、中には驚くほど他人の理解力に富んだ方々が
います。
そういう方を利用するのも一手かと思います。

凡庸なアドバイスしかできないのが、心苦しいです。

でも、お母様のためにも、このままではあまりよろしくないかと思います。

よいお年を。


椿

No.5102 2006/12/26(Tue) 21:38:42


認知療法について / Chiko

はじめまして。認知療法を検索していて当サイトに辿り着きました。

今朝の朝日新聞朝刊に「認知療法〜」との見出しを見つけ新聞をめくってみると認知のゆがみの表が記載されていました。
恥ずかしい話ですが、「認知」と見聞きすると同居の認知症の母に役に立つかもと情報を仕入れてる次第で、うつ病に有効な治療法だとは全然知りませんでした。

さて、本題はここからなのですが・・その認知のゆがみの記事を読んで愕然としました。全部、私に当てはまる、そう思いました。
自分では気分が落ち込んだり、家族に八つ当たりしたりと、色々ありますが更年期のせいかも・・みんなこうして生活してるんだろうな・・ハァーと思っていました。

変な質問ですが、自分ではうつ病の自覚はなくてもこういう場合、
認知療法を行なっている病院を捜して治療したほうがいいのでしょうか?

No.5095 2006/12/25(Mon) 19:16:27

 
Re: 認知療法について / 管理人

 はじめまして。
 うつ病などの病気の症状が出ていなければ、特に治療の必要はないと思いますよ。
 医師も、症状が出ていない場合、治療できませんし。

 もちろん、うつ病などの病気だとご自身で感じられる、または、まわりの人に言われる、ということでしたら、一度専門医に相談した方がいいと思いますが。

 認知のゆがみは、たぶん多くの人が、何かしら当てはまると思います。
 でも、それを自覚できて、改善していこうと思えれば、それでいいでしょう。

 病気ではなくても、カウンセリングルーム等でカウンセリングを受けることで、認知のゆがみを治すこともできます。

No.5096 2006/12/25(Mon) 23:01:04

 
Re: 認知療法について / Chiko

お返事ありがとうございます。

周りからうつ病じゃないの?と言われたことはないのですが、
性格が偏ってる、極端だよね・・と言われます。

管理人さんのサイトをまだ隅々まで読んだわけではありませんが、
サイストリーのページはとても興味深く拝見させていただきました。思い当たる所ではうなずいて読んでいます。

実は息子は適応障害で通院中です。わたしが認知のゆがみのまま子育てして来たからではと感じています。出来れば改善して息子共々心が楽になる人生を歩みたいと思います。

カウンセリングルームでも治せるとのことですので、行ってみたいと思います。

いろいろありがとうございました。

No.5097 2006/12/25(Mon) 23:35:00





緊張と緩和。そして母 / かよ

はじめまして。

明日、会社の朝礼でスピーチがあるので、緊張の反対語を調べて
いたら、偶然こちらのHPが紹介されたので、お邪魔しにきました。もともと精神病に関心、というか、自分は精神病なのか(うつ病なのか)それともただの甘えなのか、と、ものごころのついたころから考え、現在に至っています。もちろん、身体は健康で、自殺をしたいとかリストカットしてしまうなんていうことはないのですが、人と付き合うのが本当に苦手で、1人でいるのが好きなので、やっぱり自分は「抑圧」がいろいろあるのだと思います。
幼児期を振り返ってみると、そういえば、父や母にほめられたことがありませんでした。大きくなってからは、母との会話の内容は、ほとんど、母の仕事の愚痴、母の友人のこと、母の習い事のことでした。そんな母がちょっと病気になり、すると、今度は母の病気の話。聞くのは子供の務め、特に病気については、やはり効いてやることで母の気が落ち着くのだろうと思い、落ち込まないよう励ましながらの会話をしています。・・・・でも、母は、私が今、何を考え、何を悩んでいるか知りません。そんな親子関係がずっと続き、私も人の親になり、子供に対して、私は極力子供の話を聞いてやろうと、努力しています。他人と話すときも、おもしろおかしく自分の家族や身の回りのことを話す人がいますが、自分は「私の身の回りの話なんか、興味持ってくれないよな」と思ってしまい、なかなか人と楽しく話をすることができず、いつも聞き役になっています。だから、相手の方が、無口だと、なんだかしーんとしてしまいます。だからって、母がきらいというわけではなく、とても好きなのです。母と子の関係って、しかも幼児期の関係って、本当にその人の人生に影響をあたえますよね。
人間って、本当に不思議な生き物です。

 長々と話してすみません。
 明日はクリスマス。そして、私の誕生日。
 自分の中で唯一気に入っていることです。

No.5089 2006/12/24(Sun) 22:57:21

 
Re: 緊張と緩和。そして母 / 管理人

 はじめまして。
 ご自身が病気かどうか、あまり考えなくてもいい状態のようですね。
 人付き合いがあまり得意ではない、という感じで、個性のひとつくらいに思っておいてもいいように思います。

 人前で楽しく振る舞えなくても、自分は自分だという心の安定感さえ持てれば、全然問題ありませんよ。

No.5092 2006/12/24(Sun) 23:37:00


はじめまして / きょう

はじめまして。きょう と申します。

主人が鬱病と診断を受けたのが、丁度1年前になります。
それからずっと会社を休んで、通院治療を続けています。

最近ではかなり落ち着いてきて、家の中では穏やかに
過ごせるようになっています。
その反面、外出はまだまだ出来そうにないようです。

最近悩んでいる事の一つに、主人が昼間自宅に一人で
居るのが寂しいらしく、私に家にいて欲しい、と言うので
会社に事情を説明して1週間ほど休みをもらいました。
一人にしていて危険な状態ではないのですが、やはり
一人の時よりも落ち着くようで、私が会社に行き始めても
休んで欲しい、と何度か頼まれて休んでいました。
出たり休んだりを繰り返しているうちに、私も何だか
疲れてきて(それまでは家計を助けなくてはと思い、
残業時間を増やしたり休日出勤したりで頑張っていました)
まとめて休んだりしているうちに、今月は全く出社
していません。
チョコチョコ休んでいると、周りから「旦那さん大丈夫?」
と聞かれて、色々と説明するのもいい加減疲れました。
会社に理由を言っている以上はきちんと解ってもらわないと
と思います。
でも、鬱病を理解していない人からの助言や励ましや、
私の拙い言葉で誤解を受けたりして、あの時はこう言ったほうが
良かったかも、あぁ、あの人にこの事を話してないな、
と職場の中でも気を遣ってしまいます。
私こそ家で穏やかに過ごしたい・・・なんて考えてしまいます。
それに、会社を休む事に多少の罪悪感もあります。
かといって、月曜から会社に行こう、という気にもなりません。

何が言いたいのか、メチャクチャな文章になってしまいました。
一人にしておいて危険な状態でもないのに、鬱病の主人を理由に
仕事を休むのっておかしいでしょうか?
主治医は私が休んでいる事に対しては「ああ、そう」といった
感じです。

ご助言お願いします。

No.5080 2006/12/23(Sat) 00:14:14

 
Re: はじめまして / すけ

 はじめまして。

 ご主人のことが気がかりだとは思いますが、
まずは、「きょうさんが出来ることはここまで」
という限界はしっかり決めておいたほうがいいと
思います。

 かなり会社を休まれているようですが、生活の
こともありますし、あまり良いこととはいえないと
思います。

 ご主人の希望をそのまま受け入れることが
最善の措置ではないはずです。
 うつ病でも他の病気でも、周囲の方が出来る
ことには限界があります。限界は病気によって
少々異なりますが、生活のこと、仕事のことも
勘案して、「ここまでは出来るけど、これ以上の
ことは出来ない」と伝えることも大切です。
 そうしないと、生活が破綻して共倒れに
なってしまいます。

 順番が前後しましたが、まず、主治医に現在の
状況をよくお伝えして相談すべきではないでしょうか。
ご主人の様子だけではなく、きょうさんが、会社を
休まれていること、その理由も含めてお伝えして下さい。
 とっくに相談はされているかもしれませんが、
主治医からの助言(指示)を聞いてみて下さい。

 やわらかく書こうとしたので、私の伝えたいこと
が伝わるか不安ですが、例えば、風邪で寝込んでいれば、
家族の人が食事を持ってきたり水を持ってきたり、
果物を剥いて持ってきてくれたりすることはありますよね。
 でも、寝込んでいるからといって、3分おきに
次々と用事を言いつけられていたら、さすがに困り
ますよね。そういうことです。

 こう書いてしまうと見も蓋もないと思われるでしょう。
きょうさんも、そんなことはわかっている、と
憤慨されたら申し訳ないのですが、きょうさんにして
みれば、ご主人の要求を拒否することで、ご主人の
病状が悪化することが何より心配なのだと思います。
しかしながら、前述のとおり、周囲の出来ることには
限界があることも理解されて下さい。

No.5081 2006/12/23(Sat) 08:31:43

 
Re: はじめまして / emiko

はじめまして
だいぶお困りのご様子で,おさっしします。
きょうさんとだんな様を足して割った感じが自分にあるので
ひとごととは思えませんでした。
きょうさんの中に「あのひとのためを思えば仕事は二の次」と
「あのひとのことと仕事も両立させなければならない」と
「あのひとを後回しにして生活を優先させたい」とが
優先順位をつけられないままになってしまって
きょうさんがうつ状態になっているように感じました。
会社はきょうさんの状況を加味はしてもきょうさんをサポ-トできる場では
ありませんので
まずそこで一線を引く事が出来ます。
ひとりにさせておいても危険ではない,とのことですが
たとえば自死を考えてしまう「気力」がなくても
それができないゆえの「くるしさ」がうつ病にはありますので
そこで一線を引く事が出来ます。
そしてなによりもきょうさんの状態を改善できるてだてをさがすのが
必要になると思います。
きょうさんがもしも眠れない,漠然とした不安感やいらいらが続いているようなら
だんなさまの主治医にはっきりと伝えて
お薬を処方していただいてもらってください。
そして,生活がつましくできるのであれば
きょうさんのお仕事を一時的に労働時間をみじかくしたり
休止することも視野にいれられてはと思います。
プライベ-トなことにまで仕事仲間に気を使う必要はないと思います。
もしも,だんなさまと一緒にいることが苦痛であれば
ひとりでいる時間がほしいと話して外に出られるなり
今どれくらいならひとりでいられるのか,話し合われてもいいと思います。
うつ病は回復に個人差がありすぎるので
先行きの見通しがかんたんにはいきませんから,複数の手段を用意できるように
親しい友人やご両親,周囲と連携しておくと長い闘病を乗り切れると思います。
病院にはワ-カ-さんや精神衛生センタ-の相談窓口でもいいと思います。
ここの掲示板でもいいと思います。
ひとりで悩まれないようにご自身をいたわられてください。
おだいじに。

No.5082 2006/12/23(Sat) 08:52:23

 
Re: はじめまして / きょう

すけさん、emikoさん、ありがとうございます。

> 生活のこと、仕事のことも勘案して、「ここまでは出来るけど、
> これ以上のことは出来ない」と伝えることも大切です。
そうですよね。
すけさんも言われている、"共倒れ"が1番怖いはずなんですが・・・
主人も「明日から会社行くね」と言えば、嫌とは言わないと思います。
ただ、私が家に居るのに慣れてしまっているので、最初は主人も
辛いかも知れません。
私も通勤している時と比べると早起き出来なくなっていて、生活の
サイクルも変わっているので、この2つが出勤に二の足を踏ませている
主な原因だと感じます。
次の診察は年明けになるので、その時に主治医に相談してみます。

> 眠れない,漠然とした不安感やいらいらが続いているようなら
眠れないことは殆どありませんが、私が一人で焦ってしまい、
いつまでこんな状態が続くのか、なんてイライラすることは
たまにあります。
ただ、最近家事が億劫になっていて、必要最小限なことは苦痛では
ないのですが、元々片付けが得意でないのもあって、年末の大掃除
のことを考えると頭が痛いです。
不安感は時々頭から離れなくなる事もあるので、辛くなったら
主治医に話してみようと思います。

> もしも,だんなさまと一緒にいることが苦痛であれば
家に居る時はそれほど感じないのですが、買い物などで外出した時に
外の空気がとても新鮮に感じられる事が凄く嬉しかったりして、
家に篭ってばかりだといけない、と強く思った事もあります。
子供がスポーツをしているので、試合の応援に行った時は、
疲れますが、とても楽しいしウジウジと考えなくて済みます。
こういった時間を大切にしたいと思います。

仕事については、朝主人が落ち着いてからの出勤も考えてみます。
あと何ヶ月(年)で治る、という見通しがあれば出勤するタイミングも
踏ん切りもつくのですが、それがないのが現実ですよね。
主人の事なら両親にも相談したり話を聞いてもらったりするのですが、
私が会社を休んでいる事を言うと、生活はどうなっているの?などと
大騒ぎされて、直ぐにでも出勤する事を誓わされそうで・・・
1番悩んでいる事なのに、誰にも相談出来ずに悶々としていました。

こちらに書き込む事で、気持ちの整理もつきましたし、ご助言も頂けて
本当に助かりました。
ありがとうございます。

またご報告、ご相談したいと思いますので、よろしくお願いします。

No.5083 2006/12/23(Sat) 16:13:41

 
Re: はじめまして / 管理人

 はじめまして。
 ご主人、治療を始めて1年経ち、けっこう安定しているご様子ですので、そろそろ社会復帰の準備段階なのかな、という気がします。

 社会復帰に向けた、ある程度積極的な治療(たとえばデイケアなど)を始めてもいいと思いますよ。
 また、主治医と相談の上、少しずつ外出をさせる、というのも考えてみてはいかがでしょう。最初のうちは一緒に、慣れてきたらご主人ひとりで。

 ほかの方たちもおっしゃっていますが、家族としてできること、できないことは、はっきりしておいた方がいいでしょうね。
 生活の基盤がしっかりしていないと、それがストレスの原因となり、病気が悪化する、ご家族もうつ状態になってしまう、ということも考えられますので。

No.5085 2006/12/23(Sat) 22:13:54


カウンセリング3回目 / りー

今日はカウンセリングでした。
自己否定を治し、自己主張できるように。。。ということを目指しています。
時間はかかるそうです。これからトレーニングしていくようです。

風邪がなかなか治らないせいか、気分も今ひとつ乗らない日々を過ごしています。

カウンセリングを受け始めて、自分の性格や考え方が偏っていることに気づくことがあります。それを認め、これから変えていくことに前向きに取り組んでいく予定です。
が、できるのかな。。。。という不安もあります。

仕事も徐々に時間を増やしています。今のところ働けていますが、疲れが徐々に出てきてる気もします。
無理せず、ゆっくりと思い、焦る自分を抑えています。

No.5075 2006/12/19(Tue) 21:03:52

 
Re: カウンセリング3回目 / 管理人

 カウンセリングに前向きなのは、とてもいいことだと思います。
 慣れていけば、少しずつ不安もなくなっていくと思いますよ。

 仕事も、ゆっくり時間をかけて慣らしていきましょう。
 疲れを感じたら、時間を増やすのを少し抑えてみましょう。良い感じで治ってきていると思いますので、焦らずに慎重に進めていくことで、今よりも安定してくると思いますよ。

No.5076 2006/12/19(Tue) 23:11:36

 
Re: カウンセリング3回目 / emiko

新しい事をしているときは
期待と不安でゆらいでしまいますよね。
それでもカウンセリングに通ってらっしゃるのは
それが自身に必要だからと深いところで理解されているのだと思います。
あとは時間をかければきっとそこへたどりつけると思いますから
無理はなさらないでくださいね。
今現在,自分は入る時間を短くして日数をふやしてもらっています。
環境が変わったことの波はありますが
感受性がちがうだけでこれだけ差があるのかとおどろくことがあります。
どうかおだいじにされてください。

No.5077 2006/12/20(Wed) 10:17:46

 
Re: カウンセリング3回目 / りー

管理人さん、emikoさん、ありがとうございます。

自分と向き合うことで、不安が一気に出てきてしまっているようです。

焦らず、ゆっくり。。。。を心がけ、やっていきたいです。

No.5078 2006/12/22(Fri) 09:03:32

 
Re: カウンセリング3回目 / すけ

 少々ひっかかるのですが、

 カウンセリングを受け始めて、自分の性格や考え方が偏っていることに気づくことがあります。それを認め、これから変えていくことに前向きに取り組んでいく予定です。

と書いてありますね。
 別に、過去のことは、必ずしも「向き合わなければならない」ということもありません。
 大切なのは、今とこれからなのです。過去の考え方に偏りがあったとかいうことを検証するのも大切ですが、過去のことに少々目をつぶっても、これからを平穏に生きることの方が先です。
 自然と物事の考え方が変っていけば、過去のことは余裕があるときに考えればいいと思いますよ。焦らずゆっくり進んで下さい。

No.5079 2006/12/22(Fri) 22:45:35

 
Re: カウンセリング3回目 / りー

すけさん、いつもコメントありがとうございます。
そうですね。過去のことに向き合わなければならないのではなく、今は前を向いて考え方を変えていくことが大事なのですね。

今は少々、気分が落ち込みに入っています。
焦っている自分がそうさせている気がします。

ゆっくり、自然に変わっていくことを信じていこうと思います。

No.5084 2006/12/23(Sat) 21:21:15





過去ログ一覧(5) へ戻る


produced byYuki Tachibana