Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2007年01月09日〜



風邪薬の質問 / ワタル

 薬のことでご相談があります。

 風邪薬は確かに大量に服用すると死に至ることもあるとは聞いたことがあります。
 今、ちょうど風邪を引いてしまいまして、ほぼ完治なのですが、今日も風邪薬を飲んでいて昼に服用したか忘れてしまったために午後2時過ぎに服用いたしました。もし、昼に飲んでいたなら1日4回服用、という事になります。大丈夫なのでしょうか?

 お手数でございますが、ご回答をいただければと思います。

No.5197 2007/01/14(Sun) 16:02:50

 
Re: 風邪薬の質問 / emiko


医師から聞いた話では,市販薬を一箱(10〜30包)を一日で飲んでも
死に至る事はまれと聞きました。
今市販されている風邪薬は中毒防止を前提に処方されているからです。
ただし,これに多量のアルコ-ル,向精神薬も服用した場合は別です。
母がアセトアミノフェンの依存症で精神科医から聞いた話なので
たしかだと思います。

No.5198 2007/01/14(Sun) 19:45:11

 
Re: 風邪薬の質問 / 管理人

 市販のかぜ薬は、1日の用量の2倍くらいまでなら、特に問題ないと思います。飲んだかどうか忘れてしまって、もう1回飲んだからといっても、気にしなくてもいいと思いますよ(私もたまにあります)。
 もちろん、用量は守った方がいいのですが、1回や2回多く飲んだからといって、問題が起きることはまずないと思ってください。

 問題となるのは、用量の数倍以上を飲み続けた場合です。
 多くのかぜ薬の主成分であるアセトアミノフェンは、頭痛薬や解熱剤などにも使われています。
 それを知らずに、かぜ薬と一緒に多めに飲み続けたりすると、危険な場合もあります。

No.5199 2007/01/14(Sun) 22:23:56


泣きそうになる / アンダンテ

今日、親に外へ連れて行ってもらいました。
最初はわくわく気分だったのですが、いざ
そこへ着いたら、泣きそうになりました。
すぐにでも、帰りたい状況でした。頓服を飲むほどでは
なかったのですが、イライラしていて
落ち着かなかったです。今は薬で落ち着いています。

すぐ不安になって、ちゃんと整理していれてあるのに
何回も確認したりして、落ち着きません。

No.5192 2007/01/13(Sat) 20:48:14

 
Re: 泣きそうになる / 管理人

 少し不安定な状態が続いているようですね。
 外出も、不安感が起きにくいごく近いところから、少しずつ慣らしていく、というような感じがいいと思いますよ。

No.5194 2007/01/13(Sat) 23:49:32

 
Re: 泣きそうになる / emiko

おひさしぶりです。
ここまで来たら頓服を飲む,という風にすると
つらい時間が延びてしまい,なお不安定になりますから
状況や体調によって早めに飲んでみたりされた方が
気持の上ではラクになると思います。
自分は休みの日になると安定剤を服用しないようにしていたのですが
それだと一日中不安になやまされて,なにもできないので
飲んでみてそれでもなお動きたくないのなら動かない事にしました。
退院されたばかりですから
のんびりされてくださいね。
おだいじにされてください。

No.5196 2007/01/14(Sun) 07:31:11


おひさしぶりです / emiko

みなさまおかげんいかがでしょうか。
昨年中はお世話になりした。
今回は,職場についてのご相談です。
上司が昨年末付けで変わり,実質的にはふた月ほどになりました。
現在は前任者のクセと現在の上司とのやり方への適応とが平行しているので
前任者がいなくなった事で感受性にゆとりができて
仕事がしやすくなった部分もあるのですが
今の上司がなにかと体調を聞いてきて
最初は素直に話していたのですが,最近はそれがストレスになってきました。
うつ病の随伴症状として偏頭痛があるのですが
医師が不在の曜日に発作がおきてしまい,結局偏頭痛の薬で使えるものと
安定剤を低用量しばらく使い続けていたら
それについてずいぶん聞かれてしまい,閉口してしまいました。
何を目的で聞き続けるのかわからないままなので不安ばかりが先走ってしまい
人前で服薬するのが目に余るのか,それとも病状について
いつ完治して社会保険加入領域まで労働時間をのばしたいのか
どちらにしても医師との相談になるし
うっかり「できます」と答えてそれに縛られて自滅するのもおかしいし
だんだん体調について話すのがいやになってきています。
周囲は考えすぎではと言ってくれて,納得はするのですが
前任者の仕打ちによほどまいってるのか
不安感が頭をもたげてきます。
みなさんはいかが思われますでしょうか。
これから寒くなりますので,みなさまもお体お大事にされてください。
失礼します。

No.5191 2007/01/13(Sat) 19:13:29

 
Re: おひさしぶりです / 管理人

 今度の上司の方は、上層部からも言われているのでしょうが、心配性なのかもしれません。
 部下のメンタルな部分の管理も、管理職の業務のひとつになりつつありますし、ある意味仕方のないところもあるんでしょうね。

 ふつうに接しながら、あまり近づきすぎないところで見守るというのが、うつ病の人に対するもっとも良い接し方なのですが、そこまでの知識は、あまり世間に広まっていないのかもしれませんね。

 もし、どうしても気になるようでしたら、同僚など社内で話しやすい人に事情を話して、上司に伝えてもらってはいかがでしょう。
 一般論として話してもらえば、上司の方にも通じやすいと思います。

No.5193 2007/01/13(Sat) 23:46:02

 
Re: おひさしぶりです / emiko

レスありがとうございます。
自分自身の中に結果を出そうとあせりすぎている部分と
コントロ-ルの範囲外で起こる症状への不安があって
うまく説明できないままに時間が経過してしまった感じがします。
パ-トをとりまとめる人に相談してみます。
ありがとうございました。

No.5195 2007/01/14(Sun) 07:22:14


診察 / アンダンテ

今日、転院して初めての診察を受けに
行ってきました。また、泣きそうな感じになってきたので
頓服を出してもらいました。薬の内容は
入院中とほぼ同じようにしてもらいました。
食欲の方は何とか持ち直してきました。でも、料理ができないので
もし、親に何かあったときに大変なので
少しずつ包丁を握らないといけないと思いました。

No.5184 2007/01/10(Wed) 19:31:53

 
Re: 診察 / 管理人

 今はあまりあせらず、入院中と同じような生活を続けていた方がいいと思いますよ。
 料理も、もう少し休んで気分がもっと安定してきてから始めればいいと思います。

No.5186 2007/01/10(Wed) 23:57:42

 
退院おめでとうございます / ワタル

 お久しぶりです、アンダンテさん。

 まずは退院されたことで本当におめでとうございます。
 少し長いかと思いましたが、案外短かったので、ビックリというか、良かったなあ、と思いました。

 管理人さんのおっしゃるとおり、無理はいけませんよ。また、同じことが起これば嫌でしょう?

 あなたのお身体が良い状態が続きますよう、祈ります。

No.5188 2007/01/11(Thu) 16:50:01

 
Re: 診察 / アンダンテ

ワタルさん、お久しぶりです。
私も案外、短かったのでびっくりしています。
今は、ゆっくりとしています。でも、母が狭心症で
体調が悪くて、私どころじゃあまりありません。
少しずつ、料理とかを覚えていきたいと思います。
何かあったときに大変ですから。

No.5190 2007/01/12(Fri) 14:41:54





アカデミックハラスメント3 / きき

今日が修士論文提出の締切日でした。

昨日は「まだ間に合うんじゃないか」などと思い、落ち着かず、大学の精神科医に支離滅裂なメールを送るなどして不安定な気持ちで過ごしました。

が、今日、心療内科を訪れたら、意外な事実が分かりました。
なぜか医師は、私の大学の事情をかなり把握していて、私に会議の内容を漏らした助教授(一番最初の書き込みで、私の担当教授を落としいれようとした人)のことをご存知のようでした。

そして「どうやら彼女は以前から、同じようなことを繰り返しているらしい。これは大学の政治の問題なのです。私は医師だから、その政治問題に手を出すことはできない。だから、あなた自身が診断書をうまくつかい、訴えることができるのなら、その助教授を訴えるべきだ。あなたの担当教授にも問題がないとは言えないが、私はむしろ、その助教授があなたにアカデミックハラスメントをしていると思う」とおっしゃいました。

それは一番初めに私が持った感想と一緒のことでした。
その助教授さえ出てこなければ、私は心療内科の医師と相談しながら、自分をうまくコントロールして、担当教授とは適度に距離を置きながら論文が書けていたはずなのです。

前回の書き込みに、助教授が「あなたの担当教授は、あなたをストーカー扱いして休むことにしたらしい」という情報を私に吹き込みましたが、それももしかしたら、誇張されたものだったのかもしれません。(信頼のおける男性の大学教授2名から、同じことを言われました)そして私の担当教授は、私が原因というよりも、もしかしたらその助教授が原因で休むことにしたのかもしれません。

今日は、大学専属の精神科医とも話をしてきました。

「締切に間に合わせようとして無理して論文を書いても、中途半端に終わり、あなたがこの大学に来た意味が薄らぐだけだったかもしれないから、僕は、この結果(修士論文を締切に出さなかったこと)で良かったと思いますよ」と言ってくださって、それにも救われた思いがしました。

とにかく、この掲示板には、とてもお世話になりました。
また書きにくるかもしれませんが、その時はどうぞよろしくお願いいたします。

emiko様、管理人様、どんなに救われたか分かりません。
本当にありがとうございました。

No.5187 2007/01/11(Thu) 01:03:26

 
Re: アカデミックハラスメント3 / 管理人

 なるほど。
 もっとも問題があるのは、助教授だったということのようですね。
 もしかしたら、教授に対する恨みやねたみがあるのかもしれませんし、政治的な学内の派閥や権力構造がからんでいるのかもしれません。

 まずはゆっくり休んで、精神力が戻ってから、いろいろと行動すべきことがありそうですね。
 もちろん、無理はなさらないようにしてください。

No.5189 2007/01/11(Thu) 22:50:31


仕事明け / すけ

 管理人様、emiko様、いつも丁寧なレスありがとうございます。

 仕事が始まってみると、意外と落ち着きました。うちの課には、4、5日と休んで11連休取っている人も多く、課長自身もまだ休んでいるので仕事が始まった、という感覚がないからかもしれません。

 気持ちも一頃と比べたらかなり良くなっていますが、まだ通院の必要はありそうです。安定しているときと不調なときの差がまだかなりあります。安定しているときの体調がすこぶるいいだけに、余計そう感じるようです。

 皆さんもっと深刻なことを考えてらっしゃるようですね。私は本来あまり真面目な性格ではないので、「本当の自分」とか、「自分を見つめる」とか考えたこともないんです。
 本当の自分は、いまここにいますし、自分の居場所は、現にアパートを借りてこの部屋にいるから、と、人様が聞いたら憤慨されるようなことしか考えません。
 
 昔好きだった漫画に出てきた言葉で特に気に入っている言葉があります。

 「すべての生命はただ生まれてただ死んでいく。愚かに見えるけどそれが最高の運命。人間だけがそれに取り残されている」

 禅の言葉に同じようなことが書いてあったような気がしますが、今は静かに生きることを念頭において生活していこうと思います。

 正直、長期にわたり服薬することに不安はあります。神経細胞が死滅するのではないか、とか、肝臓はどうなっているだろうか、心配は尽きません。一生のみ続ける必要があるといわれたらどうしよう、と考えてしまうことは頻繁にあります。


 この掲示板に書き込まれる方々には、薬の副作用を懸念されている方が多くいらっしゃると思います。
 どんな薬でも、使い方を誤れば危険です。
 鎮痛剤を大量服用したら命にかかわりますし、以前風邪薬を大量にのませて人を殺した、という話も聞いたような気がします。

 副作用はどんな薬にもあります。家に置いてある薬の注意書きを見れば、結構怖い副作用が書いてあったりします。どんな確率の低い副作用でも、起こりうる副作用は書かなければならないそうです。漢方薬の葛根湯でも、注意書きを読むと、誰でも服用できるわけでもなく、副作用もあることはわかると思います。

 精神科で処方される薬は、イメージが怖いのでしょうし、実際、病院をいくつか回って大量の薬を手に入れて乱用しようとする人もいますから、ある意味仕方ないのでしょう。

 ただ、通常通院される患者さんに処方される薬よりお酒のほうがずっと危険に思えます。

 お酒を飲みながら、薬は良くないと人に助言(?)する人も世の中にいますが、酒のほうがたちが悪いと思います。しかも酒は堂々とコマーシャルがテレビで流れています。
 今はタバコそのものの広告がテレビで流れることはなくなりました(会社自体の広告はありますが)が、お酒は次々といろんな広告が出てきます。

 危険なのはお酒か薬か、ということより、

 根拠もなく有害か安全かを判断したり、

 その判断によって人に薬をやめさせようとしたり何か勧めようとしたり、

 イメージで分類して安全か危険かを判断する(「睡眠薬」と聞くと危ないと思うけど「眠剤」「睡眠導入剤」と聞くと安心するとか)

ほうが危険なような気がします。

 
 最近の「脳ブーム」も何か怪しげに思うことがあります。脳は大切なものですから関心を持つことは大いに結構なことですが、先日、あるサイトで、ある医師が、「音読や計算などのトレーニングで脳の神経細胞が密になる、というのは嘘であり、詐欺として後世に語られる」と言われていました。

 どの説が正しいかともかく、脳の仕組みが完全に解明されるのはかなり先だと思いますが、脳のトレーニングの作用より、飲酒の方が脳に与えるインパクトが大きいような気がします。

No.5160 2007/01/07(Sun) 10:59:07

 
Re: 仕事明け / 管理人

 良かったですね。落ち着いてきて。
 何か作業を始めて、ある程度の進捗があると、人の心は落ち着いてくるものです。作業療法という治療法は、そうした人間の特性をうまく利用してすすめられています。

 薬の副作用は、考え出すときりがないです。
 でも、すけさんがおっしゃるとおり、考えてもしょうがないことなんですね。強い副作用が現われる確率は、本当に低いのですから。

 もちろん、使い方を誤れば、かぜ薬であっても、たとえば一日量の数倍以上を飲み続ければ、命に関わります。
 実際、殺人事件も起きています。

 お酒が原因だと考えられる病気や事故の実際の数を考えると、確率的に見て、お酒は、薬よりも、はるかに危険ですね。
 ただ、元気に長生きしている人を見ると、お酒を飲む人、けっこう多いです。やはりプラスの側面もあることはあるのでしょう。
 このへんは、薬と同じで、安全な飲み方をしていれば、ほぼ問題がないということなんでしょうね。

 脳の研究に関しては、やはり人類最大の謎のひとつ、心脳問題があるので、研究者にとって魅力があるのだと思います。
 このへんは、宇宙論や素粒子論などと同列と考えていいと思います。
 でも、研究はたぶん、延々と続くことでしょう。その途中でわかったことも、次の世代の研究で覆される可能性があります。
 科学の宿命ですね。

No.5163 2007/01/07(Sun) 23:48:05

 
Re: 仕事明け / すけ

 先週いっぱい休んでいた人も多く、今日から本格的な仕事始めでした。
 正直、家を出るまでが辛く感じ、休んでしまうことも考えました。
 出勤したら、だいぶ落ち着きました。昼休みのサッカーの練習が終わると、気分があからさまに上向いていました。

 去年の暮れから一時体調も精神状態も不安定になりましたが、どうも、昼休みの運動が出来ない時期が続いていたころと一致します。
 運動することでうつや不安が改善されることはあるのでしょうか。私は結局単純に出来ている、と解釈するのが一番いいような気もします。

 職場の産業医の先生は、アルコールに対しては、害のほうが大きいと考えておられるようです。
 というのも、その先生は、お酒はまったく飲めず、しかも、本職ではアルコール外来も専門にやっておられ、ご自身が飲まないこと、アルコール依存の患者さんを診察されていることが、アルコールに対して否定的な理由のようです。

 話が次々変わりますが、私の場合、もともと「....なのに、自分はなぜ....なのだ」という気持ちになることが妙に多いことを認めざるを得なくなりました。
 私は職場のサッカーチームの事務局をやっているのですが、試合の抽選や会議など、休日をそういうことに割くことが多いわりに、試合には半分しか出られないとか、そういうことに、強い不満を持っていました。
 人事異動のときも、「どうして、自分がそんな目に」という思いが頭から離れませんでした。

 生きていると、だいたい「こんなはずでは」とか「何でこんな目に」という出来事を延々と繰り返すのも人生の一部ですから、いちいち気にしても仕方ないのですが、そもそも、健康相談を初めて受けたとき、精神科医ではなく、臨床心理士(これも職場で契約しているので相談は無料です)のほうに先に行ったほうがよかったのか、という気もします。
 最初に健康相談を勧めた人事担当補佐は、精神科医の健康相談を申し込んでくれたのですが、それが現在まで5年近く続いている精神科医との健康相談です。
 あまりいろんな人と相談すると混乱しそうなので、臨床心理士の健康相談は一度も申し込んだことがありませんが、一度臨床心理士の先生に相談する、というのは、やはり医師との見解の相違があった場合(たぶん主治医の先生の指示に従って下さいといわれると思いますが)混乱しそうなので、やめといたほうがいいのか思案しています。 

No.5181 2007/01/09(Tue) 23:58:25

 
Re: 仕事明け / 管理人

 運動をすると、血行が良くなり、ホルモンバランスも整ってきます。その結果ストレスが発散され、悲観的な思考が少なくなります。適度な運動をすれば、誰でも気分良くなりますよね。基本的にそういうことだと思います。

 ただし、本人がつらくてしょうがないのに無理に運動すれば、かえってストレスが蓄積され、疲労感が強まり、もちろん悪化するでしょう。無理は禁物ということですね。これは、身体の病気も同じです。

 あまり精神的疲労が蓄積されていないときなら、臨床心理士のカウンセリングだけで、薬を飲まなくても大丈夫だったと思います。

 でも、ある程度ひどくならないと、健康相談へ行く気にならないと思います。このへん、難しいですよね。
 また、ある程度以上ひどくなってしまうと、臨床心理士に相談しても、薬が必要だと判断され、精神科の受診をすすめられるでしょう。結局同じことだと思います。

 すけさんの場合、かなり改善していますので、臨床心理士と相談しても大丈夫だと思います。
 でも、一応、医師と相談してからの方が、同じ職場なので、後々気を使わなくてもすむでしょう。
 たぶん医師もOKしてくれると思いますよ。

No.5185 2007/01/10(Wed) 23:52:39


この先の事が見えません・・・ / ぐぅ

はじめまして。
「うつ病」で検索したら、こちらに辿り着きました。

私は現在「うつ病」と診断され、もうじき2年になります。
去年の10月から微熱(36.8℃〜37.8℃位)が続き、未だに平熱に戻りません。
内科にも通院してたんですが、色々検査しましたが、微熱の原因は不明です。
精神科の方では、「ストレスで自律神経がおかしくなってると思う。」と言われました。
身体がだるくて仕事も休みがちになり、11月からは診断書を会社に提出して休職してます。

過去にも何度か精神科の主治医の先生に休職を勧められてたんですが、「会社を休むと、同僚に迷惑がかかる。」と拒否し続けていました。
休職を決めた当初は、「しばらくのんびり休養すれば治る。」と思ってたんですが、病状は良くならず・・・。
身体の不調も微熱だけで留まらず、最近は顎間接も少しおかしいです。
口が縦に開け辛いです。指が2本しか入りません。
顎を動かすと右耳の奥でギリギリときしむ様な音がなり、ものすごく不快なんですが、今は歯科に通うのがおっくうです。
食欲だけは回復したんですが、一日中ゴロゴロした生活を送っていると、「本当にこのままの生活を続けてていいんだろうか・・・?」と不安になる事もあります。

今の状態では、まだ復職する気になれません。
外に出るのもおっくうで、携帯のメールや電話も出来ればしたくないです。電源を切りたいんですが、会社からの連絡もたまにあるので、何だか切れません・・・。

親からも「そろそろ次の事考えないと。」と言われてて、焦る気持ちだけが空回りしてます。
このまま病状が落ち着くまで休み続けるか、いっそ微熱だけだから復職するか、それとも今の仕事を辞めて違う道を探すか・・・。
頭の中でこの選択肢が決められないまま、ぐるぐる回ってます。
主治医の先生は、「今は時間があるんだから、ゆっくりありのままの自分を探したらいいよ。」とおっしゃってくれてて、それも頭では分かっていても、焦燥感は無くなりません。
最近よく、「仕事に復帰して同僚の冷たい目線を浴びる。」という夢を見ます。
気にしないでおこうと思ってても、働いてない罪悪感が取れる事もありません。

正直、こんなに悩まないといけない位なら、いっそ死んでしまいたいと思う事もあります。
情けない話ですが、唯一生きがいと思えるものが「オンラインゲーム」なんです。
現実逃避が出来るんです。
このまま仮想世界に入り浸っていたいって思うんです。完璧に依存してます。
その反面、「やっぱりこのままじゃいけない。」ていう気持ちも強く、葛藤してます。

自分の進む道が全く見えず、不安で堪りません。
時間だけがどんどん過ぎて行きます・・・。

「単なる怠け病だ。」と言われたら、それまでですが、こういった掲示板を見つけて、思わず今の自分の心境を誰かに聞いて貰いたくなり、書き込みさせて頂きました。
長文失礼致しました。

No.5174 2007/01/09(Tue) 17:17:13

 
Re: この先の事が見えません・・・ / すけ

 はじめまして。

 不謹慎ながら、読んでいて「本に出てくるような方」だと感じました。

 体の不調があり、内科で検査しても異常がない、体調が辛くても、周囲のことを考えて休もうとしない、休んでいることへの罪悪感、焦燥感等々、読んでいると、
「うつ病」
と誰でも断言できます。怠け病という考えはお忘れになり、療養されることを最優先にして下さい。怠けているわけではありません。自信もって断言できます。直接会ったこともないどこの誰かに断言されるのはあまりいい気分ではないと思いますが、それを考慮しても、「うつ病」です。

 そもそも、体調を崩すきっかけについての記載がありません。きっかけがないのが、おかしい、というのではなく、逆に、特に思い当たるきっかけがない、あるいは、本当はあるかもしれないけどご本人がそれを強く語らない、というのも、「うつ病」を支持するものです。

 かなり無理をされてきたようですが、治療を受けていれば治ります。今は先生の言われるとおりゆっくりお過ごし下さい。
 (ただ、「自分を探す」のは無理してやらなくてもいいと思います。「本当の自分」とは、誰であっても正体不明のものです。)


 読んでいて「本に出てくるような」と感じた理由が、

「会社からの連絡もたまにあるので」

「親からも『そろそろ次の事考えないと。』と言われてて、」

というところです。人様のご家族を揶揄するのは失礼ですが、会社の方とご家族の対応は、周囲の方として「やってはいけない最悪の見本」で、「周囲の理解がない」という状況がここまで揃っているのも最近では珍しいのではないでしょうか。
 
 ぐぅさんの書き込みには、他罰的なことが一切書かれていません。ご自身を責める気持ちが綴られていますね。
 他罰的なことを書かずに、ご自信だけを責めるのは、うつ病らしさが明らかに表れています。

 (もっとも、他罰的なことが書いてあったからといっても、そのことにより「うつ病ではない」というわけではありません。世の中には、「どう考えてもこの人のせい」というような嫌がらせを他人にする人がいます。人のせいにするからうつ病ではない、というわけではありません。)

 ネットにはまってしまうのも、珍しくもありません。むしろ、そうなってしまうことも多いようです。
 何の楽しみもないと、余計辛くなります。どうしても、「依存」のことが気になるようでしたら、そのことも先生に相談されてみて下さい。
  
 全体的に長文のわりに、段落が読みやすく区切ってあって、そのことが、ぐぅさんが、真面目で几帳面な方だというのはわかります。
 「真面目で几帳面で、周囲に気を遣い、無理をする」
人はうつ病になりやすいものです。当の本人に問題があるのではなく、そういう方はだいたい周囲から頼られるものです。真面目で几帳面な人は誰からも信頼されますから、ついつい多くの仕事を頼まれてしまいます。そういう積み重ねも大きなストレスとなってしまいます。

 とにかく、今はごゆっくり静養なさることを最優先にされて下さい。
 一度ご家族の方も主治医の先生の説明を聞かれた方がいいでしょう。周囲の理解が必要なのはどの病気でも同じですが、周囲の方々に正しい認識を持ってもらうことは、今のぐぅさんの状態から考えてどうしても必要だと思います。「そろそろ次のことを...」と言うのは絶対にやってはいけないことを認識してもらうことも大事なことです。
 そうならないと、ご自宅で療養することが難しくなります。

 回復されれば、現在の心理状況も改善されます。

No.5176 2007/01/09(Tue) 21:28:34

 
Re: この先の事が見えません・・・ / 管理人

 はじめまして。
 すけさんのおっしゃるとおりだと思います。
 今はまず、仕事のことは考えず、医師の指示どおり、ゆっくり休んでください。

 ご家族の方々のご理解が足りないこと、相当に影響があるようですね。
 すけさんのおっしゃるように、診察のときご家族に同行してもらい、医師から話してもらうといいと思いますよ。

 オンラインゲームは、疲れない程度に行うなら構わないとは思いますが、ご心配でしたら、医師と相談して見てください。

 それから、医師の言う「ありのままの自分を探したらいいよ」というのは、たぶん、「ありのままの自分を受け入れてあげて」ということだと思います。
 自分の今のありのままの状態をすべて否定的にとらえず、少しずつでも肯定的に受け入れられるようにしてみてください。

 長い人生なのですから、一時期、何もしないでだらだらとのんびり過ごすことも、大切なことだと思いますよ。

No.5180 2007/01/09(Tue) 23:33:25

 
Re: この先の事が見えません・・・ / ぐぅ

すけ様、管理人様、レスありがとうございます。

お二方の暖かいアドバイスを拝見して、「まだ休んでていいんだなぁ。」っと、少し安心出来ました。

私の鬱の原因は、自分でもはっきりと分かりません。
仕事面でも人事異動などの環境の変化があり・・・。
ただ私は幼い頃から、「良い子でいなきゃ。」とずっと思ってました。
親も「ぐぅが一番手がかからなかったのに、なんで鬱になるんだろうね。」「未だにぐぅが鬱病だなんて信じられない。」と口にします。
私が高3の時に両親が離婚しました。
当時、ボロボロになった母親を励まし支えようと努力しました。
調停離婚だったので、母の希望で家庭裁判所にも付き添った事もあります。
その頃は必死だったんですが、今思うと変な話ですよね・・・。

主治医の先生はそんな親子関係を「お互いが依存し合ってる。」とおっしゃってます。
私は母を見放せなく、母は子離れが出来ない。
精神的にも弱い母親の前では、私は弱音を吐く事が出来ません。

家族の鬱病に対しての理解が足りないのは、私があまり知って貰おうとしないからかもしれません。
心配をかけたくないってのもありますが、
以前から「外に出て、遊んできたら気が晴れる。」とか言われていて、「その遊ぶ気力が無い。」とどれだけ訴えても分かって貰えませんでした。
もう今ではその説明をする気力も無いんです。

普段は休み無しで働いている母なので、診察には一緒に行く事は無かったんですが、ちょうど休職する際に一回同行して貰いました。
その時に少しでも理解して貰えたら・・・と、思ってましたがあまり効果は無かったようです。
主治医の先生が「あまり娘さんにあれこれ構わないで、好きにさせてあげて下さい。」とおっしゃってくれたおかげで、
今では無理に外に連れ出そうとはしなくなった点は、とても助かったんですが。

今現在の家庭環境も複雑で、母とその彼氏の喧嘩を嫌でも聞かされる様な毎日を送っています。
しばらく入院治療を受けようかとも思ったんですが、費用の事を考えると一歩前に踏み出せません。

今はとにかく少しでも家庭環境が改善されるのを願うのと、じっくり休養が出来るようにしたいです。

またしても、長文・駄文失礼しました。
ほんとアドバイスうれしかったです。ありがとうございました。

No.5183 2007/01/10(Wed) 17:04:56





僕じゃない / こうじ

あけましておめでとうございます。最近、ヤフーなどで僕の名前を語って、変な書き込みが多いです。荒らしがあります。ここにも書き込みがありました。135キロのデブとかね(事実だけど)僕を誹謗、中傷するような記事が沢山あります。ご迷惑かけますが宜しくお願い申し上げます。うつ病の方は薬を飲んでさえいれば正常な
生活を送れるようになりました。デイケアでの効果が出て来ました
元の職場に戻るか?否か考え中です。まぁ今の職場がうつ病の原因だからね・・・・・・。障害者年金は頂きます。在職中に障害年金をもらえるか?際どい所です。たまに不安になりますが、コントミンを飲んで解消してます。そこで気になる点が1つ僕の心は薬によってコントロールされてる。感情も薬によってコントロールされてるそんな気がします。僕の考えすぎと言えばそうかも知れませんが
如何なものでしょうか?

No.5172 2007/01/09(Tue) 13:06:03

 
Re: 僕じゃない / 管理人

 あけましておめでとうございます。
 クリスマスのときの書き込みは別人だったのですね。削除しておきました。
 治療の方は調子よく進んでいるようですね。

 薬については、そんなに心配する必要はありません。
 薬が心や感情をコントロールするのではありません。ふつうに処方される薬にそんな力はないです。

 自分自身で心や感情をコントロールしやすくするために薬を飲むんですね。
 たとえば、自分ではコントロールできない不安や焦りの気持ちなどを、薬を飲むことで、コントロールできるようにするわけです。

No.5177 2007/01/09(Tue) 23:12:56

 
Re: 僕じゃない / こうじ

ありがとう御座います。感謝いたします。これから医師も徐々に薬を減らして行く方向で考えるそうです。

No.5182 2007/01/10(Wed) 10:38:25


どうしたらいいのかわかりません / CH

はじめまして。
ネットで「欝」という言葉で検索をしてここのサイトを発見しました。
自分では多分うつ病なのだろうと思っているのですが、どうしても病気だと認めたくなくて
毎日どうしていいかわからず、何かもやもやして涙を流してしまいます。
このサイトを拝見してわかったのが、一番の原因は恋愛の不安から欝になっているのだろうということです。
今思いを寄せている人がいるのですが、その人が好きで好きで仕方がありません。
しかし彼は仕事が忙しすぎて、恋愛する余裕もなし、多分私にあまり気がないという事もあり
私が週に二回メールするのに対し、彼からはメールが月に二回しか来ません…。
「会いたい」と言っても滅多に会ってもらえず、この前やっと三ヶ月ぶりに
仕事の合間に会ってくれましたが、今月は返事が未だにありません。
依存しすぎているとは頭でわかっていても、連絡が無い事に落胆
してしまいます。
その悲しさと不安で涙がとまらず、家族にもあたってしまいます。
今も全く会話をせず、食事も夜は取っていません。(お腹はすいているようなのですが、料理を見ると気分が悪くなって食べれません)

恋愛だけではなく、仕事でも中間管理職になり、私が失敗すると
今のプロジェクトが全て台無しになる、と何度も社長から釘を刺されています。
毎日何時間もサービス残業をし、上からの重圧と職場の人間関係に
胃が痛く、去年は胃潰瘍になりました。

あともう一つ考えられるのは約半年前からステロイド剤を飲み続けており、
その副作用でこんなに不安定になっているのかもしれません…。

家族がすごく悲しそうな顔をしていて、親不孝者だと思うのですが、
笑顔を作れません。話もしたくありません。
仕事も社長の顔を見たくありませんが、行くしかないので無理して
笑顔を繕っています。

認めたくないし、行きたくないと思うのですが、やはり心療内科に
行くべきでしょうか?
もうどうしていいのかわかりません…。
長文で申し訳ありません。
どんな叱咤でもかまいませんので、前向きになれるよう、良きアドバイスをお願いします!

No.5168 2007/01/08(Mon) 22:02:52

 
Re: どうしたらいいのかわかりません / maiki

はじめまして。CHさん。

大変、おつらそうですね。
CHさんは、彼に依存しすぎていること自分で認識できていて、病気の原因を自分で探されているので、あと一歩前に進んでみて、心療内科で診てもらってはいかがでしょう?
話をするだけでもいいと思いますよ。
最初は特別なところのような気がするかもしれませんが、一度行かれると、心が楽になれます。
私はそうでした。

あと、少し心にゆとりができたら、なにか趣味や楽しいこと、心がなごむことでもみつけて、のんびりした時間をお過ごしください。
笑えないときは無理に笑わず、自分のペースを保ちながらご自分をいたわってください。

No.5169 2007/01/08(Mon) 22:20:20

 
Re: どうしたらいいのかわかりません / 管理人

 はじめまして。
 仕事や恋愛などで、かなりストレスが蓄積されているようですね。とてもおつらいことと思います。

 ご自身でもうつ病かもしれないと感じているのですから、まずは精神科やメンタルクリニック、心療内科等で、専門医に相談してみてはいかがでしょう。

 原因については、今は考えないほうがいいと思いますよ。たいていは、さまざまな要因がからんでいるものですから。

No.5170 2007/01/08(Mon) 23:08:15

 
Re: どうしたらいいのかわかりません / CH

maiki様、管理人様、暖かいレスありがとうございます。
やはり一度医者にかかったほうがよさそうですね…。
しかし田舎住まいな故、市内に精神科がありません。
一番近くて一時間くらい車で行ったところなので、仕事を
休まないといけないので、それも足を遠ざけている要因です。
今日もご飯が食べれず、3日で3kg落ちてしまいました…。
でもなぜか中途半端に元気になって、彼にさよならしようと
現在メールを認めています。
今は「もう二度と連絡取らずに諦められる」と思っているのですが、こういう判断を
こんな状態でするのって危険なんでしょうか。
今の時点では平気な気がするのですが…。
でも何とか深く物事を考えこまないよう前向きになりたいと思います。

No.5175 2007/01/09(Tue) 21:19:45

 
Re: どうしたらいいのかわかりません / 管理人

 今はいろいろと考える前に、まずは医師と相談すべきだと思います。
 治療を受けてある程度落ち着いてから、また考えればすむことですから。

No.5179 2007/01/09(Tue) 23:18:13


転院は見送りました / 未央子

こんばんは。未央子です。
実家で静養するため転院を考え、
現在の主治医と相談したのですが、
会社の合併問題があり
今転院しても、4月にまた勤務地が異動になる可能性があるため、
1ヶ月に1度、3月までは新幹線で現在の病院に通院することに決めました。

会社の上司には4月の復帰を目指すことを伝え、了承していただきました。

主治医がすぐ近くにいないのはとても不安ですが、
何とか4月の復帰を目指したいと思います。

ですが、療養生活3ヶ月目、
まだ布団から離れることができません。
何にも興味が持てないというのは本当に辛いことですね。
テレビも音楽もうるさく感じ、
本も新聞も読めません。
すべてに対する意欲が失われている状態です。

現在の病院には臨床心理士がいて
カウンセリングを受けていた先生がいたのですが
昨年10月で異動になってしまい、
現在相談相手がいません。
電話で新しい先生を紹介してもらって話をするのも効果はあるでしょうか?

No.5171 2007/01/09(Tue) 00:55:23

 
Re: 転院は見送りました / アンダンテ

未央子さん、はじめまして。
アンダンテと申します。今年もよろしくお願いいたします。
私は年末まで入院していました。転院して、それから
です。明日、元の病院での診察があります。
私の口からは状態が言えないので母についてきて
もらう予定です。まだ、本調子ではありませんが、少しずつゆっくりと生活をしていきたいと思います。

No.5173 2007/01/09(Tue) 15:36:00

 
Re: 転院は見送りました / 管理人

 新しい先生を紹介してもらって、新たにカウンセリングを受けるということなら、いいと思いますよ。
 ただし、電話を使ったカウンセリングは、あまり効果的ではないと思いますが。

No.5178 2007/01/09(Tue) 23:15:52





過去ログ一覧(5) へ戻る


produced byYuki Tachibana