Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2007年03月23日〜



目標 / すけ

 昨日、処方された15日分のレンドルミン(ジェネリックで違う名前になってましたが)と、デパスを一気に服用しました。

 薬の毒性では99%死なない(100%ではないですけど)ことは分かっていたので、自殺の企図はありませんでした。ひたすら眠りたかったのです。実際、死なないように、寝巻きを着込み、歯まで磨いてから寝ました。

 病気休暇は月曜日までだったので、これ以上休めば、年次休暇が減りますし、病気休暇を延長したら、ボーナスはカットです。

 入院を勧められていますが、とてもそんなことは出来ません。「お金より体が大事」という助言は、身寄りのない私にとって、「心臓と命どちらが大事か」と言われているようなものです。
 身寄りがないといっても、実際実家には実父と再婚した義母がおり、義母の兄(私の伯父にあたるのですが)は薬剤師でもあるので、むしろ積極的に休養入院を勧めてきました。
 しかしながら、経済的なこと(一か月分の入院費を工面できないほど破滅的な生活は送っていませんが)、なにより、義母に面倒を見てもらうことは、私にとって耐え難いものです。

 先日病院の待合室で、時折電車内で斜め読みしている、「心の悩み精神医学」(野村総一郎先生著)を読んでいたら、「アダルト・チルドレン」について一頁書かれていました。
 野村先生の専門はうつ病らしいので、詳しい解説は書いておらず、ACに関する本を薦める記述がありました。
 自分の生育暦、正確からして、まさに自分はACそのものです。父は実母に頻繁に暴力をふるい、兄も途中から非行に走り、家の中は怒声罵声怒鳴り声が耐えませんでした。
 私も、言うべきことを言えずに相手に迎合したり、承諾した後から「出来ない」とかいう性格です。友人も多くありません。
 仲良くなった女性に対しては、わざと愚痴をこぼしたり悩んでいるところを見せたり、冷たい態度をとることもありました。そんな性格ですから、古い付き合いの友人はあまりいません。
 私の人格と家庭環境にどれほど密接な関係があるかわかりませんが、少なくとも、地獄のような家庭環境の諸悪の根源である義母に面倒なんてみてもらいたくありません。

 自分の精神分析はこの際どうでもいいのですが、昨夜のまとめ飲み(「ODそして生還」なんて自分のブログに誇らしげに書いている女性がいるので、ODという表現は使いたくありませんが、ODには違いありません)から目を覚まし、やっと体がまっすぐ動くようになったとき、「薬からの脱却」を目指そう、という気持ちになりました。

 このままでは、薬のための自分になってしまう、自分の人生は自分のものだ、と何枚かの紙に自分の目標や心構えを汚い字で書き、部屋の壁に貼り付けました。


 具体的には、既に飲みきってしまったレンドルミンとデパスについては、もう病院で処方してもらわないこと、毎食後飲んでいるアモキサン、レキソタン、コントミン(以上粉で調合)と、デジレルとプロチアデンについては、先ほど燃やして捨てました。全部捨てたのではなく、一日一回として、離脱症状を抑えていこうと考えています。

 かなり無謀な気もしますが、

1. 「しんどい」といって下を向かない。下を向いて見えるのは、薬を求める腐った自分しかない。

2. マイナス思考には、徹底して向き合う。ミミズや芋虫みたいなのが沢山混じっている土を掘り返して、初めて種を蒔くことができる、そこから実がなり、花が咲く。

3. しんどいときは、姿勢を正して前を向く。背中を丸めていれば先のことなど見えない。野村先生の著書にも書かれていましたが、「結局最後に勝つのは、我慢できる人である」ということを思い出す。

 以上、私自身で人体実験をするだけの話ですから、もちろん真似なんかしないで下さい。真似しようとする人はいないと思いますが。

 もし症状が悪化して長期入院を余儀なくされても、それは私の寿命のようなものです。そのときは諦めるしかありません。

 とにかく、本当にあるべき自分を取り戻すには、辛い作業も必要でしょう。

No.5456 2007/04/04(Wed) 16:48:08

 
Re: 目標 / 管理人

 どうも、精神力と体力の食い違いが起きているように感じます。

 たぶん、薬を飲むことで一応は精神力が戻ってきているけど、体がついてこない、と言う感じじゃないかなと思います。

 年齢の問題も忘れてはいけないでしょう。
 やはり、加齢とともに、体力は確実に落ちていきます。
 私も実感しています。

 今のすけさんの病気を治すという気迫、良いとは思うのですが、体がついていかないと感じたら、適度な休息が必要です。

No.5458 2007/04/04(Wed) 23:12:13

 
Re: 目標 / みつよ

いつもすけさんのコメントを読んで、「ふんふん。なるほど」とうなずいている者です。パニックで支離滅裂になってる方への的確な分析と、コメントは私にとってはとてもためになります。(変にもちあげているつもりはない)

ですが、すけさんご自身の苦しさを拝見すると、この深さが相手への的確なコメントへとつながるのだなあ、と少しわかったような気がしました。
うつをかかえながらの仕事と文面から察するに、一人暮らしでしょうか?私には、気が遠くなりそうな孤独が感じられます。
家族関係の悪さから、精神がむしばまれていく苦しさは、うちの家族も同様なので、なんとなく理解はできます。
何を書きたいのか、よくわかりませんが、お一人でよくうつと戦っておられるな、とびっくりしました。
薬いっき飲みのようなことは、恐くて実行できませんが、私も生きるために少し気合い入れてみます。
なんかよくわからない内容ですんません。

No.5460 2007/04/06(Fri) 03:23:39


「きまぐれコラム」のこと / バウ

管理人殿!
「きまぐれコラム」がだいぶ古くなっちゃいましたですねえ。また何か考えて書いてみてくれませんか。最近の「癒しの広場」共通掲示板に書き込みされる方の内容も全体的にだいぶ性格が変化してきていると思うのですがいかがでしょうか。最近の「うつ」の社会的受け止め方・状況についてどうか何かひとこと。かってを言ってすみません。
アンダンテさん、このごろ入ってないですけどどうしたかなあ。

No.5455 2007/04/04(Wed) 08:59:46

 
Re: 「きまぐれコラム」のこと / 管理人

 お久しぶりです。
 デザインなど、全体的に修正していたので、なかなか時間が取れませんでした。

 コラムのコンテンツ、実はいろいろと作ってあるんですね。
 でも、考えるところがあって、公開するのを控えていました。

 たとえば、「うつ病」についてのコンテンツなど、うつ病の患者さんが読んだ場合と一般の人が読んだ場合のとらえ方の違いがありますよね。
 このへんがまだ整理できていないんですね。

 そのへんの整理ができたら、またコンテンツを追加していくつもりです。

No.5457 2007/04/04(Wed) 22:48:22

 
Re: 「きまぐれコラム」のこと / ばう

ご多忙中、回答感謝です。
だいぶ回復?してきました。
もう私が自分で立ち上げてやらなければならないことを人任せにしてる感じですみませんです。私在住の市で新たに発足した精神疾患当事者の会で活動中です。できれば自分のためにもボランティア的に積極的に苦しみを分かち合いたいと考えていますが、なかなか難しいですね。
このサイトをこれだけ長期間にわたって管理されていることに敬服いたします。感謝!

No.5459 2007/04/05(Thu) 11:46:39





激しい動悸と痙攣…そして主人の症状 / kaori

はじめまして。

主人がパワハラで転職し、急に夫婦仲が悪くなりました。(それまでは自他共に認めるラブラブでした)
私には非常に優しく思いやりのある人だったのが、冷たくなり心無い、私を傷つける言動を平気でするようになりました。

私は、あまりのショックで何もできなくなり、仕事に行くにも大変で心療内科を受診すると「軽度の鬱病」と診断され、薬を飲んでいます。

その際、多分主人の方が切羽詰っているから、仕事が落ち着いて自信を取り戻すまで、そっと見守ってあげましょうと言われました。
できるだけ、一人の時間を作ってもらえるよう努力していたところ、ネットで知り合った女性とメール交換をしていたことが分かりました。
ご主人からDVを受けている女性でかわいそうでほっておけなかた。「愛してる」や「死ぬほど会いたい」と書いてありましたが、実際2回喫茶店であっただけで、肉体関係はないと言い張っています。
「傷を舐めあっていた。恋愛ごっこ、遊び。愛してなんかない。」と…
仕事以外でも色々あり、女性不振になっている感じがあります。
なので、女性としてというよりも、同じように傷ついているその人を自分に重ね合わせていたのかもしれませんが…

その後も私に対する態度は変わらず、今までの7年間の楽しかった事はすっぽり抜け落ち、話し合っても私のマイナス面ばかりを思い出すようです。

今は、仕方ない。これも病気のせいだと思い、本当の彼に戻るまで、私の気持ちや頭から主人を削除しようと思っているのに、体が言うことをききません。

ここのところ、毎朝、激しい動悸で大変です。
ひどい時は、夜中に動悸で目が覚め、その後全身が痙攣しました。
小さな子供もいますし、パートですが仕事も持っています。
午前中は前よりもひどい鬱状態で、とても苦しいです。

主人は、非常に責任感の強い人で、大きく頼もしく強い男性でした。
それが「もう全部いや!」だとか家族の存在も、その家族への責任からも逃げ出したいような言動です。
「一人になりたい、そっとしてほしい。」を繰り返し、例え今は無理でも、いつかまた家族3人明るく笑って過ごしたいと思っているかも、もう何も考えたくないそうです。
私がいくら「これは病気だ」と言っても受診はしません。怒ります。

せめて、私がしっかりして、日常の最低限のことはできるようにしたいのですが、激しい動悸に悩んでいます。

また、主人の気持ちになられた方がいらっしゃったら、何かご助言いただければと思います。
他の方でもご意見ください。


No.5429 2007/03/31(Sat) 18:02:52

 
Re: 激しい動悸と痙攣…そして主人の症状 / 管理人

 はじめまして。
 ご主人のこと、とても大変そうですね。

 でも、まずはご自身の健康です。医師の指示どおり、治療を受け続けてください。

 また、ご主人に対しては、病気だから治療をしなさいと決めつけたり押しつけたりせず、少し距離をとって見守るような形で接していけばいいと思います。

 ご主人のことばかり考えず、kaoriさんご自身の人生について、もう少しじっくりと考えるときが来たのかもしれません。

 つらいときは主治医と連絡をとるようにして、ゆったりとした気持ちで過ごすようにしてください。

No.5434 2007/03/31(Sat) 23:29:02

 
Re: 激しい動悸と痙攣…そして主人の症状 / emiko

はじめまして。
この場合,kaoriさんが回復の糸口を見つけるのが先だと思います。
このままだと双方をふくめ,家族が共倒れになりますので
だんなさまとkaoriさん双方の実家にだんなさまの問題行動と
ご自身が軽度のうつ病である事をお話しされて
できればお仕事をしばらくお休みして,お子様をつれてご実家にしばらく
帰られて,双方が落ち着く時間をもたれたほうが糸口がつかめると思います。
うつ状態になると思考力が落ちるせいか
相手がひどい仕打ちをしてくればくるほど離れなくなるといった悪循環で
症状がすすんでしまうことがあります。
だんなさまの浮気ですが,うつ病で他人と交流できる可能性は少ないので
状況は切羽詰まっていてもkaoriさんより判断力があるようですから
第三者が介入すれば,こういった自尊心の強い方はコントロ-ルしやすいので
一緒に医師のところへ行くか
ご実家に介入していただくことである程度解決できると思います。
ご主人に依存しすぎてらっしゃる感じがしますので
管理人さんがおっしゃられているように
ご自身の人生についてじっくり考えられる時間と場所の確保をして
kaoriさんの健康回復を優先されてくださいね。
おだいじにされてください。

No.5439 2007/04/02(Mon) 07:09:23

 
Re: 激しい動悸と痙攣…そして主人の症状 / kaori

アドバイス、ありがとうございます。

実は、昨日、私の両親、義母、主人と話し合いの場を持ちました。
改善点として、主人が私の病気を受け止め、一緒に治していくこと。そして、夫婦関係の修復に努めること…

ただ、私の両親が帰宅すると、主人の様子がそれまでと変わり、また「俺は、俺は」となり、私を労わるというよりも、自分の主張ばかり繰り返します。

主人は自分が「弱っている」とは認めるものの「鬱病(もしくはそれに似た状態)」だとは断固として認めません。
私の病気に関しても「俺はどうしたらいいの?」と聞くので「優しくしてほしい。また愛し合っている、信頼し合っていると思える夫婦関係を作りたい。そういうように歩み寄ってほしい。」とお願いしても「一度離れた気持ちは戻らない。病気が治るまで嘘をつけってこと?」など、心無い言葉を言います。

転職するまで、本当に優しく頼もしかったんです。
私に対しても、いつもいつも労わり、思いやってくれました。
今の主人はまるで別人のように自分のことばかり訴え(俺は頑張ってきた、努力してきた)私のことは「マイナス面」しかおぼえていないかのようです。

だんだん、「もしも、元に戻ったらそれでいいし、ダメだったら離婚しよう。それまで何とか日々子供と楽しく過ごそう」と思うようになってきたのに、体がついていきません。
土日はとうとう子供の世話もできずに、急遽話し合いをすることになりましたが、それに関しても「弱っているところに詰め寄られて辛かった」と言い出す始末です。

保育園や仕事の件で、実家に戻ることが難しいので、自宅でできるだけ主人のことを考えないように、距離を置いていこうとおもっていますが…

いったい主人はどうしてしまったんでしょうか?
月に1〜2日の休みで「寂しい、休んで家族の時間をとってほしい」と訴えたことや、お付き合いに関して理解が足りなかったことを責め続けます。
「もっと理解してくれる人と思ってた。言わなくてもわかってくれると思ってた。」の一点張りです。
私は双方歩み寄って、これを教訓にいい夫婦になっていきたいと再三訴えましたが、聞く耳も持ってくれません…

疲れました…

No.5442 2007/04/02(Mon) 19:38:29

 
Re: 激しい動悸と痙攣…そして主人の症状 /

kaoriさん

はじめまして、想と申します。

私には、家族はいません。
私は、医者でもありません。
あなたの苦しみを、どこまで理解できているかわかりません。
でも、同じ病気で苦しんでいるみたいなので
何か参考になれば、と思いレスつけます。


あなたは、とても頑張っていると思います。
ご主人のため、子供のため、自分のため、
うつ病でありながら、楽しかった頃に戻ろうと頑張っています。
でも、少し頑張りすぎていませんか。

ご主人も、とても頑張っていると思います。
仕事のストレスで疲れ、あなたをうつ病にさせてしまった苦しみ、
家族から逃げたいと言っているにもかかわらず、完全には逃げていません。
でも、少しくらい逃げてもかまわないんじゃないでしょうか。

管理人様もおっしゃっておりますが、
まずは、あなたのうつ病を治す事を優先した方が良いと私も思います。
医者じゃないのに無責任なことを言いますが、ご主人もうつ病だと思います。
なので、あなたの要求に応じられない精神状態なのではないでしょうか。

ご主人は、今非常に苦しんでいる事と思えます。自分一人じゃ立ち上がれないくらいに。
そして、あなたも同じように苦しんでいます。自分が立ち上がるだけで精一杯なくらいに。
ご主人を支えられるようになるためにも、まずはご自身の健康を優先してみてはどうでしょうか。

うつ病であるあなたが頑張れ、と言われるのは苦痛だと思われます。
でも、あなたのうつ病を治す事が大切なのではないでしょうか。

あなたの苦しみや涙も、ご主人はいつか理解してくれると思います。
だから、どうか諦めないで下さい。

No.5444 2007/04/02(Mon) 23:50:42

 
Re: 激しい動悸と痙攣…そして主人の症状 / kaori

想さんへ

ご返信ありがとうございます。

多分、おっしゃられているように主人も鬱病だと思います。
でも、絶対に認めてくれません。
私は、2人で受診し鬱病を乗り越えたいです。

いくら病気のせいだとはいえ、数々の言葉の暴力に、私は身も心もボロボロです。
主治医は「また言ってるわ。ほっとこ。」と聞き流せと言いますが、聞き流せるほど強い人間じゃないのです…

それと、私は通院し薬も飲み、自分が鬱病だと認識し、職場の信頼の置ける人にも話して協力してもらっています。
主人はもちろん、自分で認めないので通院も薬の治療も受けていません。
主人はたった一人で鬱病を克服できるのでしょうか?
それが気がかりです。

私の鬱病を治すために、主治医は「人と会ったりして気持ちをごまかすしかない」と言いますが、器用にできません。
具体的にどんな風にすればいいか、またアドバイスいただけると幸いです。

No.5445 2007/04/02(Mon) 23:59:49

 
Re: 激しい動悸と痙攣…そして主人の症状 / 管理人

 ご主人、現在も一応は仕事をこなしているのですよね。
 となると、ご主人のことは、しばらく考えないようにして、ご自身の状態の改善を第一に考えるようにした方がいいと思います。

 夫婦とはいっても、やはり他人です。
 また、それぞれが別の人格であり、別の人生も持っていて当然です。

 ご主人とは関係のないところで、ご自身がくつろげて心休まる時間や空間を持つようにする、または作っていくことから始めてみてはいかがでしょう。

No.5446 2007/04/03(Tue) 00:38:09

 
Re: 激しい動悸と痙攣…そして主人の症状 / sou

下の方のスレッドに私の書き込みがあると思います。

今日、病院へ行きました。
私の質問や話す内容に、医者は的確に答えてくれました。
しかし、あなた同様わたしも医者の回答通りに行動出来ません。
聞き流せるなら、人と会って気分転換できるなら、こんな病気にならないと思います。

処方してもらった薬を飲んでも、全く効果が出ませんでした。
また、今度通院した場合は、もっと効く薬にしましょう、という話になると思っています。

最初に書いたとおり、私はろくでもない人間です。
他人を信用するのが怖いです。

だから、人と会ってどのように気分転換すればいいか。という回答は出せません。
ごめんなさい。

最後に、私もあなたも医師ではありません。
だから、ご主人が本当にうつ病かどうかはわかりません。

管理人様からもありますように、
ご自身の健康を考える所からはじめてみては、いかがでしょうか。



No.5447 2007/04/03(Tue) 01:40:08

 
Re: 激しい動悸と痙攣…そして主人の症状 / emiko

今,優先されるのは
だんな様を病院へひっぱることでも
保育園や仕事を続ける事でもなく
kaoriさんご自身の命を守るための行動だと思います。
たとえば,足を骨折したひとが以前と同じ仕事をしようとか
普段通りの生活をしようと思うでしょうか。
それと同じで,今はkaoriさんの方が気持がくじけているのに
だんな様をサポ-トしようと焦りすぎて
空回りしている今こそ,うつの状態ではないかと思います。
だんな様が一緒に病院に行ってくれないのをご自身の状況を変えられない理由に
されていませんでしょうか。
現在の状況を認めたくないために過去の仲が良かったころに回帰される努力は
ひとりだけがんばられてもうまく運べないと思います。
kaoriさんの体は「もうこれ以上はだめだ」と悲鳴をあげていて
第三者を介入させて
だんな様に誠意が見えないのであれば,当座の結論は出ていると思いますが
いかがでしょうか。
お話をうかがうと,双方が依存しすぎて
おふたりでいればいるほど溝が深まっていっているように感じます。
kaoriさんにも医師や実家に内情をすべてきちんと伝られていない部分がありませんか。
これだけのもめ事があって,「聞き流せ」と言う医師や人間はいるだろうか疑問です。
kaoriさんご自身の状況は切迫していると思います。
どうしてもご主人を病院に行かせたいのであれば
実家にお願いして一緒に説得するかしてもらうか
仕事や保育園に関しては事情を話せば理解してもらえるはずです。
できない部分は誰かにおまかせして
休養できる時間と場所を確保されてください。
うつ病は関係性が大きく関わる病気だと思います。
関係性をかえるには相応の時間と精神力がいります。
おだいじにされてください。

No.5448 2007/04/03(Tue) 07:12:53

 
Re: 激しい動悸と痙攣…そして主人の症状 / kaori

みなさん、ありがとうございます。

主治医は「仕事は続け、人と会う機会を増やし、自分の気持ちをごまかしながらご主人をほっておきなさい」と言っていたので、できるだけそうしていたのですが…

私は鬱病ですが軽度のためか、午後からはかなりラクになります。
仕事もこなせていますし、言わなければ誰もわからないし、実際職場の同僚には全部話しましたが「そんな風に思えない」と言われます。

私の両親が出たことで、主人は前よりも私を避けている感じです。
「本当は言いたいことが山ほどあるけれど、病気のkaoriには何も言えない。」と言います。
病気の私に言えない事って、また私を傷つけること…?と思うと、もうやりきれません。

私は「夫婦」というものにとても理想を持っており、確かに長年主人を型にはめようとしてきたと思いますが、今回の件を教訓にもっと分かり合え、絆の固い夫婦になりたかった…

ほっておいて、そっとしておいて主人が戻るのなら、もう待つしかありません。
とにかく、自分の事を考えようと思いますが、何をどうすればラクになるのかも正直わかりません。
調子の良い日と悪い日の差が激しく、その時々により気持ちも違ったり(もう離婚したい、と思ったかと思うと、もう少し見守ってみようとか)自分で自分を持て余している様な感じです。

毎朝、心臓がバクバクいって怖いです。
でも、その怖さはなかなかわかってもらえません…
管理人さんのおっしゃるように、自分自身が心の安らぐ空間を作ってみようと思いますが、実は駆け落ちで結婚した私にとって、主人だけが一番の理解者で支えで、安らげる場所だったので…

なかなかうまくいきません…

No.5452 2007/04/03(Tue) 22:08:55

 
Re: 激しい動悸と痙攣…そして主人の症状 / 管理人

 あせらずゆっくりと、ひとりの個人として、精神的に自立した人生を組み立てていくことだと思いますよ。

No.5454 2007/04/04(Wed) 00:27:13





退職してしまいました。 / ひまわり

こんにちは。
昨日、「休職中です」という題名で書き込みした者です。
管理人さんも、アドバイスありがとうございました。

実は、昨日の夜、職場の上司に退職の意向を伝える電話をしました。これまで何度か退職については話しており、その度に「元気になるまで待つ」「ゆっくり休んでかまわない」「もう少し楽に仕事ができるよう配属も替えて配慮する」「今の心理状態で結論を出さないほうが良いのでは」等々と言われていました。
けれど、私自身は、もう職場に戻れない、これまでの激務と人間関係によるストレスで病気になったのだから、戻るとまた病気を繰り返してしまうのでは、と感じており中途半端な状態でずるずるときていました。

主治医には、前のような職場環境に戻るなら、再発するので辞めた方が良いのでは、と言われていました。ただ、上司は配属も変えてくれると言っていたので、残業時間や人間関係は多少改善されたとは思います。

自分としては、悩んだ末に退職の意向を伝えたのですが、電話を切った途端、本当にこれで良かったのか不安になり、久しぶりに動悸がし、不安感が一杯になり薬(ソラナックス)をのみました。内服後は落ち着いたのですが、今朝起きてから、また自分の出した結論は本当に良かったのか分からなくなりました。

書面はまだ提出しておらず、直属の上司と話しただけなので、撤回は可能だと思いますが、それでは同じことの繰り返しのような気もして・・・。職場に戻りたいという気持ちが全くないわけではありませんが、あったとしても10%以下くらいです。
ただ、社会的なつながりが切れてしまったような気がすることと、中途半端な状態で退職してしまったことが悔しいような気持ちがあり、悶々としています。

結局は、自分で決断したことだし、責任を持たなければならないと思うのですが・・・。皆様のご意見を伺いたいです。

No.5414 2007/03/23(Fri) 12:26:10

 
Re: 退職してしまいました。 / 管理人

 自分の立場を確保しておいて、不安感をなくすという意味で、退職を先延ばしするという方法もありますね。
 でも、ひまわりさんの今の状態を一番よく知っている主治医と相談した方が、より適切な判断ができると思います。

No.5416 2007/03/23(Fri) 23:07:50

 
Re: 退職してしまいました。 / ひまわり

管理人さん、お返事、アドバイスありがとうございました。

>  自分の立場を確保しておいて、不安感をなくすという意味で、退職を先延ばしするという方法もありますね。

今日、上司に連絡して、休職期間を延長してもらいました。
果たしてこれで良かったのか、今だ悩み続けていますが、昨日ほどの混乱はなく落ち着いています。

>  でも、ひまわりさんの今の状態を一番よく知っている主治医と相談した方が、より適切な判断ができると思います。

諸事情により、遠方の主治医にかかっています。何かあれば、いつでも連絡をしなさい、と言われていますが、なんとなく遠慮してしまい、月1回程度の通院時にしかコンタクトをとっていません・・・。
これを機に、もう少し頻繁に連絡をとって、相談してみようと思います。
ありがとうございました。

No.5417 2007/03/23(Fri) 23:16:53

 
Re: 退職してしまいました。 / emiko

はじめまして。
現在ひまわりさんと似たような状況にあるので
ご参考になればと書き込ませていただきます。
要因は複合しているのですが,原因がはっきりしないまま
体調不良がひと月以上続き
心身ともにかなり疲れた状態です。
優先順位がなにも決められないままで落ちつかず
一度医師に相談したところ,投薬は効いているので復調するまで
待ちの状態となって逆に焦燥感をあおる結果になってしまい
より体調が悪化するスパイラルにはまっています。
なにをしても良好な時があるように
なにをやっても悪化につながる時があるのでしょうね。
こんなときに自身の進退を考えてしまうのは当然ですが
受け止める下地が弱いので,決断しても体調は悪化するばかりです。
さいわいひまわりさんの職場は慰留してくれているようですし
環境や仕事の軽減に対応できる余地があるのですから
今は辞意を撤回して保留にもどしておかれたほうが
せっかくのスキルを生かす機会を失う不安が軽減できると思います。
苦しい中なりに,自分が思ったのは
「仕事は好きだけど,誰かにびくびくしながらやるのはこれ以上いやだ」でした。
とりあえず検査を受けて,その結果しだいで
仕事を軽減する申し出をしようと周囲に相談した所
そのほうがいいとのことで,やっと落ち着けそうな気配が出ました。
これだけでもひと月以上かかりました。
ひまわりさんは病気と診断されて日も浅いですし
まだまだ決断するには早計だと思います。
ご自身を追い込みがちになるので,ゆっくりされてくださいね。
おだいじにされてください。

No.5419 2007/03/24(Sat) 08:28:30

 
Re: 退職してしまいました。 / ひまわり

 emikoさん、はじめまして。お返事ありがとうございます。
 ご自身も大変なのに、励ましのメールを下さり、ありがとうございました。

> なにをやっても悪化につながる時があるのでしょうね。
> こんなときに自身の進退を考えてしまうのは当然ですが
> 受け止める下地が弱いので,決断しても体調は悪化するばかりです。

 そうですね。もともとの性格も優柔不断な部分がある為、病気のこともあり余計に混乱してしまったのだと思います。
 このまま少し様子を見ようと思います。

> 苦しい中なりに,自分が思ったのは
> 「仕事は好きだけど,誰かにびくびくしながらやるのはこれ以上いやだ」でした。
> とりあえず検査を受けて,その結果しだいで
> 仕事を軽減する申し出をしようと周囲に相談した所
> そのほうがいいとのことで,やっと落ち着けそうな気配が出ました。

 落ち着かれたみたいで、良かったですね。「仕事は好き」と言えるemikoさんが羨ましいです。
 私は、今その仕事すら向いていないような気持ちで一杯で、戻ることを考えると怖いです。
 けれど、emikoさんのように落ち着くことができるよう、もう少しゆっくりしようと思います。
 皆さま優しくて本当に励まされます。
 ありがとうございました。

No.5420 2007/03/24(Sat) 10:50:07

 
Re: 退職してしまいました。 / みつよ

はじめて書き込みいたします。
ひまわり様へ

私は約1年の休職期間をへて、3月5日に正式に会社を退職しました。もっと早く辞めればよかったと、今になって思うのですが、この休職中に考え気付いたことは、実はとても大きかったように思います、

うつになった原因は会社にあったのですが、辞めてしまうと、ぷっつり社会とのつながりがなくなってしまう、という恐怖感と不安が大きく、決心がつきかねていました。

けど、1年のこの期間に、冷静に会社を見つめることができ、この職場だけが、世界ではないんだとやっと自分を取り戻すことができたように思います。

主治医は1ヶ月づつ様子をみながら診断書を書いてくれました。
でも、まだうつは治ったわけではありませんが。けれど、新しいスタートと嫌なものと縁を切れたスッキリ感はあります。

私の内容が、参考になるかな?とは疑問ですが、とりあえず、自身が落ち着くまで、、休職届をフル活用してみてはいかがでしょう?
長文失礼します。

No.5421 2007/03/24(Sat) 20:23:57

 
Re: 退職してしまいました。 / ひまわり

みつよさま、はじめまして。

> うつになった原因は会社にあったのですが、辞めてしまうと、ぷっつり社会とのつながりがなくなってしまう、という恐怖感と不安が大きく、決心がつきかねていました。

 私もまさに同じ心境です。

> けど、1年のこの期間に、冷静に会社を見つめることができ、この職場だけが、世界ではないんだとやっと自分を取り戻すことができたように思います。

 今は毎日悶々としていますが、早くみつよさんのように思える日がくればいいなと思っています。
 自分より少し長い期間休んでいる方のお話を伺うことができ、大変参考になったし、励まされました。みつよさんのおっしゃるように、休職期間を有効に使って、自分の気持ちを整理し、新しい道が開けるといいなと思います。
 ありがとうございました。

No.5422 2007/03/25(Sun) 11:59:33

 
Re: 退職してしまいました。 / ひさ

ひまわり様>
初めまして、ここに何度か顔を出させていただいてる「ひさ」といいます。。。
実際、私も現在休職中です(経過などは過去の書き込みにあります)。
私も、ひまわり様と同じく医療機関で働いています。
私の場合は総務課です…STのお仕事は直接患者さん達と接するし本当に大変なお仕事ですよね。

ひまわり様の書き込みを読ませて頂き、気持ちが分かるような気がして…書き込みさせて頂きました。
私も職場のストレスが原因です…ある意味、人と接するのがストレスに感じたり…うまく言えませんが購入関連の仕事をしてるもので、現場のスタッフ・業者の方・上層部の間に挟まれ、いつの間にかストレスを溜め続けてしまい発病し、周りの方達に迷惑を掛けるようになり、自分自身も苦しくなり休職しなりました。
3/5から一ヶ月間という事で、現在休職中です。
毎日、体調が良かったり悪かったり…先週全く眠れなくなり、主治医に相談して眠剤を処方してもらい、なんとか眠れています。。。眠れないと余計なことばかり考えいしまい、いけません。
私も毎日ボォーっとしています。なるべく変なことは考えないようにしていますが、時には「こんなんでいいのか?」と考え込んだりします。
でも「ボォーっとする期間があっても別にいいのかな?」と思うように努力(表現が変ですが)したりしています。

人によっては「仕事がストレスの原因なら退職したら…」みたいな事を言われることもあるし、自分でも考えることがあります。
しかし…主治医からは「今は重大な決断はしないでください、例えば骨折しているとすると、今はまだギプスが外せないくらいの状態なんです。。。とにかくゆっくり休養してください」と言われました。
主治医からは三ヶ月の休職を勧められましたが、職場には一ヶ月の休職ということになっています。
正直悩んでいます。。。休職期間を延ばしてもらったらいいのか?復職したほうがいいのか(出来るのか?)どっちがいいのか?と。。。
退職はとにかく今は考えないようにしました。
最終的に決めるのは自分自身!というのも分かっています。
が、良い時もあれば身体を動かせないくらいの時もあり…主治医からは「出来れば、もう少し休養したほうがいい…」とも言われていまして、一体どうすればいいのかと悩みに悩んでいます。

あ!すみません…なんだか私の悩み相談になってしまってますね。。。

でも良かったです…最初「退職してしまいました」のタイトルを見た時は「えっ?」と思いましたが、今は退職を決意すべき時ではないと思ったので…良かったです。

なんだか訳の分からない事をダラダラ書いてしまいすみませんでした。

No.5423 2007/03/27(Tue) 22:13:06

 
Re: 退職してしまいました。 / ひまわり

ひささま、はじめまして。

同じ医療機関で働いていらっしゃるとのこと、職種は違っても、親近感がわき、返信嬉しかったです。
職場の状況も、近いような気がして、メールの内容を読んでいて、人事とは思えませんでした。
 
> 私も毎日ボォーっとしています。なるべく変なことは考えないようにしていますが、時には「こんなんでいいのか?」と考え込んだりします。
> でも「ボォーっとする期間があっても別にいいのかな?」と思うように努力(表現が変ですが)したりしています。

そうですね!私も、すごく似ている状況なので、ひささんの気持ちが想像できます。

私も、考えても仕方ない、と分かってはいるけれど、ついつい考えてしまうことがあります。でも、「考えないようにする」と思っても、それもまたストレスになるので、気分が良いときは犬と遊んだり、散歩に行ったりして、自然の流れに身を任せています。

お互い、今はゆっくり休んで、そのうち良い道が開けるといいですよね。
ひささんは、まだ休職されたばかりみたいですし(私が言える立場ではないですが)どうかお大事になさってください。
ありがとうございました。

No.5424 2007/03/28(Wed) 22:57:29

 
Re: 退職してしまいました。 / rin

はじめまして。rinと申します。
STの資格を持っているものです。
資格をもっているだけのペーパーSTとでもいいましょうか。

私はST養成学校在学中に鬱病と診断され、訓練実習さえまともにこなすことができず、しかし学校だけはなんとか留年せず卒業させて頂きました。
国試には合格し、なんとか就職もしましたが、超短期間で退職という形になってしまいました。多くの方に多大なご迷惑をおかけしてしまいました。最低です。

私は、人の為に役に立つ仕事がしたいと思いSTを志しましたが、医療の現場にいると、わけのわからぬ恐怖感でどうしようもなくなってしまいます。怖くて怖くてたまりませんでした。
結局逃げ出してしまったのです。
嚥下に関わる時などは、「誤嚥させて患者様を死なせてしまうんじゃないか・・・」という不安や恐怖感で身動きがとれなくなりました。

私は他人とうまくコミュニケーションをとることが下手です。
内向的な性格ですので、そもそもSTには向いてなかったのでしょう。というより、大人として失格です。
なにもせず引きこもり、ただ生きているだけでもうすぐ1年になります。

一度志した道を断念してしまっている今、私の頭の中には常に「無能」という文字がグルグルと回ってしまうのです。
もう一度挑戦してみたい気持ちもありますが、実際にやっていけるものなのか不安です。

ひまわり様、どうかお体ご自愛ください。

STはとても素敵な職業だと思います。

No.5443 2007/04/02(Mon) 22:25:42

 
Re: 退職してしまいました。 / ひまわり

rinさん、はじめまして。
返信ありがとうございます。

病気の中、学業をこなし、国試にも合格されたとのこと、お世辞ではなく、本当にすごいことだと思います。私は、学生時代は健康でしたが、それでも何度も挫折しそうになりました。

嚥下訓練に対する恐怖は、非常によく分かります。私も、当初は同じように恐怖を感じていましたが、忙しい毎日の中で、徐々にその恐怖感も薄れてきてしまいました・・・。私にとっては、そのことの方が「恐怖」でした。もちろん、ある程度の「慣れ」は必要だと思いますが、常に「恐怖」も感じていなければ、安全な訓練はできないのではないかと思います。rinさんの返信を読みながら、改めてそう感じました。

> 私は他人とうまくコミュニケーションをとることが下手です。
> 内向的な性格ですので、そもそもSTには向いてなかったのでしょう。というより、大人として失格です。

私も内向的な性格だからこそ思うのですが、コミュニケーションが苦手だったり、対人関係で悩んだりしたことがあるからこそ、コミュニケーション障害という病気を抱えた人たちに、寄り添い、微力ながらも何かお手伝いができるのではないでしょうか。
そういう自分も、今はSTを続ける自信がなく、お休みしている立場なので、矛盾したような内容ですが・・・。

> 一度志した道を断念してしまっている今、私の頭の中には常に「無能」という文字がグルグルと回ってしまうのです。
> もう一度挑戦してみたい気持ちもありますが、実際にやっていけるものなのか不安です。

現実的な話ですが、少し元気になって、「やってみようかな」と思えるようになったのなら、STの先輩たちが比較的多い職場を選んでみてはどうでしょうか。私も、最初の職場は多くの先輩たちがいる病院でしたので、嚥下訓練を見学させてもらったり、いろいろと教えて頂くことができました。

> STはとても素敵な職業だと思います。

そんな風にいえるrinさんが、本当に羨ましいです。
あまり焦らず、ご自分を責めず(そう言われても、それが難しいということもよく分かりますが・・・)、充電期間だと思いながら心と身体を休めて、その先に、お互いに良い道が開けますように・・・。

No.5450 2007/04/03(Tue) 12:18:29





過去ログ一覧(5) へ戻る


produced byYuki Tachibana