Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2007年07月17日〜



同じ症状 / アンダンテ

また、食べては吐くという症状が
出てきました。つらいです。少しなんですけど。
気持ちが悪くて、寝ているのがやっとです。
入院するのかなあと考えています。5月の終わりに
退院したばっかりなのにまた入院するのは
イヤです。
母は「入院することも考えなさい」
と言うんですけど。
どうしたらよいでしょうか。
明日、ちなみに診察日です。

主治医の先生に相談しようと思っています。

No.5719 2007/07/25(Wed) 20:33:08

 
Re: 同じ症状 / 管理人

 ちょっとつらそうですね。
 まずは主治医と相談することですが、もし主治医が入院を勧めたのでしたら、やはり従った方がいいと思います。

 薬を変えることで落ち着けばいいのですが、このへんは診察のときに相談してみてください。

No.5720 2007/07/26(Thu) 00:45:11

 
Re: 同じ症状 / アンダンテ

昨日は最終的に点滴になりました。
少し良くなりましたが、食べるとまた吐きそうなので
朝食は絶食とすることにしました。
だいぶ、つらいです。

No.5721 2007/07/26(Thu) 09:17:57

 
その後。。。 / アンダンテ

その後、今日病院に行きました。
主治医の先生は「入院をしましょう」の一言でした。
しかし、私が断り、別の病院に予約を取って
行くことになりました。入院するかどうかは
その病院の先生の判断です。
約4ヶ月前に入っていた病院は
自由がないのでイヤだったからです。大きな声が飛んできたり
下手したら暴力事件もあったりして
休まる時間がなかったからです。限界に達して
無理やりでも退院したぐらいです。

No.5723 2007/07/26(Thu) 18:49:53

 
Re: 同じ症状 / 管理人

 入院中にいろいろなことがあったのですね。
 確かに、同じ病院への入院はつらいかもしれません。

 紹介された病院の先生と相談するとき、一応は前の病院で入院するように言われたこと、また以前入院したときの状況やつらさなども話しておくといいと思いますよ。

No.5726 2007/07/26(Thu) 23:24:48


正式病名がわかりました / みつよ

先日診察へ行き、私のうつの病名がハッキリと確定しました。
「双極2型障害」というものらしいです。従来のうつの中にわずかな躁がまじっているというタイプらしいです。最近になって発見されたタイプで、以前は人格障害の方に分類されていたらしいです。けれど、そのタイプの患者に躁鬱の薬を処方したところ、改善が見られ、うつの一種となったそうです。
特徴としては、身体が溶ける程しんどくても、理路整然とした文章を書くとか、創作的なことをなす。といった「対極の行動をとる」ということです。

最近入院していたのですが、その時に私が書いた主治医への手紙が、決定打となったようです。
去年の冬から、躁鬱の薬に変わっていたし、主治医は随分前から疑っていたようです。また、カウンセラーの先生にも「ちょっと躁の気があるね」と言われていましたが、気分の良い時のただのハイテンション程度に思って気にとめておりませんでした。

ただ、確定した段階できちんと主治医から説明を受けるとショックでショックでいたたまれません。今もそうです。
主治医は「治るとはいえませんが、私は治す自信があります」
とおっしゃっています。けれど
「完治しても、人格障害の後遺症が残る確率は高いです」ともおっしゃいました。この言葉は私を打ちのめすのにじゅうぶんでした。「完治しても後遺症が残れば、また認知療法で頑張らなきゃならないの!?もう疲れました。」と言いたいです。

また「双極2型障害」というのは前述どおり、発見が新しいから、治療法も確立されておらず、手探りという状態だそうです。

病名さえ知らなければ、薬もカウンセリングも、今までと何も変わらず治療をうけていたでしょうが、正式病名と内容を知ってしまった今、私が16年間、病気を治すことにかけてきた努力とくじけず希望を見い出してきたこの年月はいったい何なんだろうと考えずにはおれません。頭が真っ白です。

結局、これからが、本当のスタートです。
もう気が遠くなります。私より闘病生活の長い方はいらっしゃるので強調してもしかたないかもしれませんが、16年という闘病年月で、どれだけ我慢と忍耐の生活、若く健康ではつらつとした女性とは縁遠い生活でしたので、彼女らへの憧れと嫉妬、絶望感の方が大きく、「また気長にいけばいいよ」と自分をリセットする
力がありません。

●薬物療法 ●認知療法 ●生活環境を整える

主治医は、医学的治療にこの3つをあげておられます。
生活環境の方は、実家の近くで生活保護をうけて一人暮らしする予定です。8月にはスタートする予定です。
環境もうまく自分の中でマッチすればいいのになと思っています。
でも何より頭が真っ白で、パニックです。疲れきりました。
誰かに泣いてすがりたい気持ちでいっぱいです。

No.5711 2007/07/20(Fri) 01:37:56

 
Re: 正式病名がわかりました / emiko

おはようございます。
双極2型障害は,最近話題になっていますね。
うつ病での治療がはかばかしくない方にすくなくないとかで
それだけ精神医療も進歩したのでしょうが
ただでさえ日々つらいのに,そのうえ病名が正式についたからといって
「だから何」と思われるのは当然だと思います。
自分は10年来つきあってきた持病が,実は難病であったと最近わかり
ショックで一週間ほどみつよさんのようになりました。
なにがつらいって,分かっても治る余地が少ないことと
また医療費が増大するの?!の部分でした。
周囲の助けと少ない時間ながら仕事に没頭できて,この頃は落ち着き傾向です。
つらかったら医師でもカウンセラ-でも親しい人にでも「つらい」と
言うべきだと思います。
ひとり暮らしへの不安もあると思うので,できるのであれば
引っ越しも日延べされてはいかがでしょうか。
つらいときは無理をしないで,自分をあまやかしてもいいと思います。
おだいじにされてくださいね。

No.5712 2007/07/20(Fri) 08:06:33

 
Re: 正式病名がわかりました / みつよ

emikoさんレスありがとうございます。

> 双極2型障害は,最近話題になっていますね。

そうだったんですか…私はそういった事にうといので全く知りませんでした。
病名がわかった時、実はemikoさんの書き込みを思い出していたんです。「実は難病であったと発見された」との記述です。
私は難病ではないけれど、難病の人もいる。私もまたこれから長い年月病気とつき合っていかねばならない。難病のことはよく分からないけど、自分も同じように考えよう。治ることばかりに執着するから辛いんだ。と、emikoさんには大変失礼で勝手なこじつけで申し訳ありませんが、難病プラスうつと闘っておられるemikoさんの存在は大きいので、すがらせて頂きました。
そして、本当にあたたかいお言葉ありがとうございました。

> つらいときは無理をしないで,自分をあまやかしてもいいと思います。

はい。そうしてみます。ただどうやったら自分を甘やかすのかよく分かりません…うつの人間の悪い癖ですね。自分を心地よい状態にするのが分からないのが…

今度のカウンセリングでめいっぱい今の辛さを訴えます。でも、自分が納得できる返答ともらわないと、よけいストレスがたまりそうですが…カウンセラーを信じます。
では失礼いたします。

No.5715 2007/07/20(Fri) 19:06:39

 
Re: 正式病名がわかりました / 管理人

 医師の診断で、ショックを受けられているご様子ですね。

 確かに双極II型障害となると、治すと考えるよりも、病気とうまくつきあっていく、という考え方に切り換えていく必要がありますよね。
 また、治療の中心課題は、どのように気分を安定させていくか、ということになってきます。

 emikoさんのおっしゃるように、つらいときはそんな自分をいたわって、優しく受け入れてあげてください。
 公的援助も利用できるものは、どんどん利用してください。

 後遺症については、今はあまり気にしない方がいいと思います。
 精神医療は日進月歩ですし、新しい治療法も絶えず開発されています。

 あとは、医師の言葉と同様、ご自身でも良くなると信じることだと思います。

No.5717 2007/07/21(Sat) 00:44:51

 
Re: 正式病名がわかりました / みつよ

管理人さまレス有難うございます。

>  確かに双極II型障害となると、治すと考えるよりも、病気とうまくつきあっていく、という考え方に切り換えていく必要がありますよね。

やはりそうですか…。まだイメージができません。

>  また、治療の中心課題は、どのように気分を安定させていくか、ということになってきます。

これは一番大きい課題ですよね。管理人さまはシンプルな言葉で核心をつかれるので、最初は理解できないこと多いのですが、時間がたつにつれ分かってきます。この言葉もとても深いです。薬だけでなく、自己対処法も身につけていきたいです。

>  後遺症については、今はあまり気にしない方がいいと思います。

そうですよね。治るのが難しいしのに、治る前から後遺症まで心配してるなんてバカバカしいですね。
色々有難うございました。少しスーッとしました。

No.5718 2007/07/21(Sat) 17:04:09





お久しぶりです / りー

お久しぶりです。私は今、安定、不安定を繰り返しながらも、何とかいい方向へと向っている途中のようです。

仕事を増やさない状態での、安定のようなので、仕事の量を増やすのはまだ先延ばしにしたほうがいいようですが、経済的な不安もあり、どうしようかと悩んでいます。
きちんと働けない自分を責める日もあります。

カウンセリングを定期的に受けています。
私は過去を振り返り生きていく癖があり、未来を見つめることが苦手のようです。今も過去の思い出に縛られ、未来に希望を見出すことが出来ないでいます。

自分はもう治ってるんじゃないのか・・と思う日もあり、どうやったらこの状況から抜け出せるのだろう・・と悩む日もあります。

私がいますべき事は、何なのでしょうか・・。
やはり、ゆっくり休むこと・・・それしかないのでしょうか。
何も出来ない事で、先に進めないような気がしてなりません。

いろんな人と比べると、私は軽い症状だと思います。でも、この軽い症状から抜け出せず、1年が経ちます。
1年なんて、まだまだ短いのかもしれませんが、長い目で見られない自分がいます。焦っています。

毎日の中に楽しみを見つけられないことも、悲しいです。。
今は、不安定な状態のようで、後ろ向きにしか考えられないようです・・・。

自分のもどかしいこの気持ちをどうしたらいいのかわかりません。

No.5708 2007/07/19(Thu) 08:59:36

 
Re: お久しぶりです / maiki

りーさん、おひさしぶりです。
ゆっくりながら良い方向に向かっているので良かったですね。

りーさんは、今の私によく似ている症状なので、おもわずレスしました。
私もよくなりかけて1年くらいたちますが、日により昼すぎまで寝ていたり、あと何もしたくない日もあります。
調子がいい時にバイトの面接を受けたりしましたが、不合格。今、少し下降気味なので、こんな調子じゃバイトはまだ無理かな?と思っているこの頃です。

生活面は主人の稼ぎでなんとかですが、積立をひとつ解約して、なんとか生活しています。
子供が二人いて、私の病気が理由で保育園にいれていて、保育料がばかになりません。
主人も会社の考慮で家庭優先にして、勤務時間も短縮してもらっています。
我が家は主人が倒れると、本当にやばい状況ですが(現実、少し倒れそうですが・・汗)なんとかなると腹をくくり頑張っています。

私自身、たまに自分を責めたくなる時も、なんでこんなに治りが遅いんだと苛つくこともありますが・・。
去年の今頃はもっと辛かったのに、乗り越えたんだ、大丈夫と思い焦らないようにしています。

不安を消すなんて、なかなかできないけど、うまくつきあえたらと思っています。
私も自分の調子が不安定なので友達と縁遠くなり、遊ぶ約束もせずむなしくなります。どうしても遊ぶとなるとお金もかかりますし、ので図書館に行ったり、友達とは、メールやFAXで連絡をとりあい楽しんでいます。

りーさんの「もどかしい気持ち」ほんとうにわかります。
この気持ちを無理に消そうとして、疲れるより、お互いうまくつきあいましょう。

No.5709 2007/07/19(Thu) 17:26:17

 
Re: お久しぶりです / 管理人

 お久しぶりです。
 だいぶ落ち着いてきているご様子で、良かったです。

 もどかしさを感じるのは、良くなった証拠でもありますね。
 でも、まだ今はアクセルを踏まずに、軽くブレーキをかけ気味にして、セーブすべきときなのだと思います。

 なにかができる、できない、というのは、考え出すときりがないですね。
 日常的な掃除など、ちょっとしたことを始めて、それを終わらせる、その繰り返しでいいと思います。

 過去にとらわれると、現在に向けるべき気力がなくなってしまいます。また、未来をいろいろと考えることは、けっこう疲れます。

 のんびりと、疲れない程度に少し先を見つめながら、あまり考えずに、そのときどきの行動を決めるようにしていけばいいと思いますよ。

No.5710 2007/07/19(Thu) 22:35:40

 
ありがとうございます / りー

<maiki様。>レスありがとうございます。
maiki様も同じ気持ちだと聞き、お答え下さって、うれしく思います。私は仕事をしていますが、減らしているので、収入は微々たる物です。うちも主人が倒れてしまっては、ふたりの子供を抱えて路頭に迷うことになるでしょう・・・。なので、焦っています。。
もどかしい気持ちとうまく付き合っていけるように、少し前向きになれればいいなと思います・・・。
maiki様もお大事になさってください。

<立花様>ありがとうございます。もどかしい気持ちがよくなった証拠であると聞き、少し安心しました。やはり、今はセーブすべきなのですね・・。考えすぎる自分に疲れてしまうことも多々あります。出来るだけ考えないように・・・とは思っているのですが。
ここで話すことで、少しほっとしました。ありがとうございます。
焦る気持ちを抑えつつ、その時の気持ちを大事にしていこうかと思います。

No.5713 2007/07/20(Fri) 09:12:36





(No Subject) / ノア

うつ病で入院中の母の事で相談させて下さい。
母は半年程前から医師のすすめで入院しているのですが、
うつの他にパーキンソン病と腰の病気を患っており、
一人で歩行するのは困難な状態でトイレ等にも付添いが必要です。

現在は退院に向け、週末には自宅に帰ってきているのですが、
2日前に帰って来た母の顔と腰に大きなアザがあり、理由を聞いてみると、
5日程前、トイレに行こうとベッドから降りる時に転倒したとの事。

母の話によると、看護婦さんがなるべく自分でやった方が良いからと
靴を履いている母を放置してその場を離れ、人がいなくなってしまった不安もあり、
バランスを崩して転倒してしまったそうなのですが、
その戻ってきた看護婦さんは母に「あんたが勝手に転んだんだから!
私は悪くないからね!」と言ったらしいのです。

事実関係を確認しようと病院に問い合わせたのですが、
当の本人(看護婦)は他の仕事があると私達とは話をしようとはせず、
他の看護婦さんに話しを聞くと、本人は私は悪くない!と言い張っているとの事。

また看護婦さんは担当医に転倒の事は伝えたので家族に知らされなかったのは
担当医のミスです。申し訳ありませんでしたと言われました。
ちなみに母は転倒したショックと打った腰の痛みで全く歩こうとせず、
退院を間近に控えたこの時期にと大変腹立たしい気持ちと
争ったところで疲れるだけという気持ちで家族は大変揺れています。

長文になってしまい、申し訳ありません。
皆さんはどう思われますか?良かったら意見を聞かせて下さい。

No.5696 2007/07/16(Mon) 23:43:06

 
Re: (No Subject) / emiko

事実の正否や是非よりも
これからお母様を安心して治療をまかせられるかどうか
家族の側が不安感をもってしまったことは伝えておくべきだと思います。
身内をガンで介護した時,ストレスと投薬とショックから人が変わったように
被害妄想と譫妄が出て,ひとりの看護士さんを異常なまでに攻撃しました。
たしかにてきぱきとして,はきはきした看護士さんだったのですが
それが必要以上の攻撃ととられてしまったようです。
結局,姿を見ても興奮するので
ちがう階のちがう科のベッドに移動しました。
お母様にそうととられてしまうような行動をされた
看護士さんの名前が判明しているのであれば,そういった行き違いをされた点を
留意してもらって
再入院の場合は報告するか,転院を申し出られるかになると思います。
どうしても納得がいかないのであれば,医療相談室があれば相談されるかして
仲介してもらうこともできます。
いずれにせよ,やったやらないよりもこういった行き違いがあったことは
はっきり伝えておいて第三者に対応してもらったほうが双方にも良いと思います。
お母様にとって,最善の策を講じて差し上げてください。
おだいじにどうぞ。

No.5699 2007/07/17(Tue) 18:31:22

 
Re: (No Subject) / ノア

emikoさん、レスありがとうございます。

おっしゃる通り、母にとって最善の選択をすべきですよね。
ただ、ちょっと色々と状況が複雑でして・・・。

父が母の看病で精神的に参っている上にこんな事が起きてしまい
大変感情的になっている事と、転んだ翌日に介護認定の認定員の方がいらっしゃって
介護の認定をされたのですが、看護婦さんや医師が転倒の件を隠蔽(?)し
(言葉が悪くすみません)「今日はちょっと調子が悪いですが、普段は
見守っていればトイレ等にも一人で行く事が出来ます。」と報告してしまい、
現段階で母が全く自分で歩こうとしない事や腰を痛めてしまった事等を
認定員の方に訴える事が出来なかったという事がありまして・・・。

この件をケアマネジャーさんや訪問看護の方に相談したところ、
どの方にも「医師や看護婦に色々言っても改善されない事が多いので、
院長宛に直接、書面等で強く抗議すべきだ!」とアドバイスされ、
まずは事実関係の確認をする事になったのです。

母の精神状態を少しでも良くする事と介護する家族の負担を少しでも軽くする事
この二つの両立する対応がなかなか難しいのが現状です・・・。
私は今後の事もあるので、なるべく慎重に対応した方が良いと言ったのですが
介護疲れのせいで感情的になっている父には私の言葉は届かず、
私自身も母の事も父の事も心配でパニックになってしまって・・・。

まずは明日、私の目で母の状態を確かめに行く予定です。
レスを頂けてとても嬉しかったです。どうもありがとうございました。

No.5700 2007/07/17(Tue) 20:17:10

 
Re: (No Subject) / 管理人

 はじめまして。
 ご両親のこと、とても心配なところですね。

 emiko がおっしゃるように、病院に対しては、穏やかに事実を伝え、お母様が気持ちよく治療を受けられるように、対処してもらうことが大切かと思います。

 入院中のこのような事故は、けっこうよく聞きますね。
 でも、そのあとの病院側の対応がきちんとしていれば、信頼関係が崩れるようなことはあまりないと思うのですが、今回は少し問題があったというところでしょうか。

 大切なのは、信頼関係を維持していくことだと思いますので、冷静に事実を病院に伝え、退院を延ばしたり、担当の看護士を代えてもらったりなど、必要な対処をしてもらうといいと思いますね。

 お父様にも一度冷静になってもらって、お母様の今後の治療がうまくいくことを第一に考えてもらうように、一度お話しておいた方が安心かと思います。

No.5703 2007/07/17(Tue) 23:40:27

 
Re: (No Subject) / ノア

管理人様、アドバイスありがとうございます。

今日、病院に行って来たのですが、確かにものすごいアザが顔と
両膝、腰に出来ており、父が感情的になったのも理解出来ました。

病院側としては、ベッド数を半数に減らす事が決まっており、
21日にどうしても退院してほしいとの事で、これ以上、病院ともめるのも
長い目で見てあまり良くないだろうという結論になり、
(病院を変えるのは現段階では難しいので・・・。)
転んで打ったところのレントゲンを撮って、もともとの腰の病気と合わせて
整形外科の医師にきちんと診察してもらう事を要求し、その要求は通ったので
これで今回の件はこれ以上、気にしないように前向きに家族で頑張っていこうと
思います。色々とありがとうございました。

No.5707 2007/07/18(Wed) 19:11:23


再び相談にのって頂けますか / siro

お久しぶりです。以前はアドバイスをありがとうございました。
あれから、ある程度悩みが改善され、アルバイトではありますが向いている仕事も見つかりました。
いま気になっているのは、中高時代の部活についての後悔…それだけです。
中高生の頃は全くスポーツに興味がなく、学校にいるだけで窮屈で苛々していたので、自分の意思でいわゆる体育会系の部活に入らなかったのですが…だからこそやりきれません。

元々あまり体が強くなかったこともあり、あの頃部活をしていれば、曲がった根性や体質も改善し、精神も強くなって今色々と悩むこともなかったのに。そう思うと自分が許せません。
他はなんとかやり直しがきいても、これだけは絶対に取り戻せないからです。
幸い今の仕事場の上司は、「体育会系でない者は人ではない」というような考えではないようなのでよいのですが、これから他にも新しい人に会うのだと思うとどうしても怖くなってしまいます。

それと同時に今から教室等に通い、なにかスポーツをはじめたいとも思っています。
一時期、趣味で市営のスポーツセンターで、一人でジョギングや、マシントレーニングをしていたことがあり、運動自体が嫌いなわけではないし、興味

No.5701 2007/07/17(Tue) 22:01:05

 
Re: 再び相談にのって頂けますか / maiki

siroさん、はじめまして。

なにかをはじめる事はいいことですね。
無理なさらず、自分のペースで楽しんでください。

中高時代の部活の話ですが、あまり気になさらなくても、いいと思います。スポーツ・部活=根性・忍耐と結びつきやすいかもしれませんが、自分を高めることはいくつになってもできると思います。

私も中、高校と帰宅部でスポーツ部には入ってません。
中学は1年のときに入っていましたが、先輩のパシリにされたり、理不尽なことをされたりと、絶対的上下関係が嫌でやめました。
母にはかなり怒られましたが・・。

高校も部活に入りましたが、先生が部活を解散させてしまい、途中入部がご法度な学校なので、バイトに明け暮れました。

あの時、あれをしていれば・・と思う気持ちもみんな、おおかれ少なかれあると思います。
でもそんな心残りがあるから、それが向上心につながると思います。

siroさんが、今スポーツがしたいのは、昔の自分があったからこそです。無意味な時代なんてないんです。

ご自分にやさしく、穏やかにお過ごしください。

No.5706 2007/07/18(Wed) 14:32:42





過去ログ一覧(5) へ戻る


produced byYuki Tachibana