Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2007年10月01日〜



双極2型障害について / みつよ

すいません。
久々に、PCにむかえる程になれると嬉しくなって、今まで考えていことをどうしても皆さんにきいていただきたく、あつかましくも別題でまたもや書かせていただきます。

私は「難治性のうつ病」と診断されていましたが、入院したのがきっかけで「双極2型障害」と正式診断されました。その折にはかなりパニックになり、管理人さん、emikoさんのお言葉に励まされなんとか乗り切り、本当にそのせつはお二人に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました。

その後、治療の過程で現在思ったことは、本当に双極2型障害とハッキリわかって良かったと心から思えることです。

一番大きい事は、病名の確定により、主治医の治療方針と、完治(というか回復ですね双極2型障害の場合)にいたるストーリーが先生の中で、きっちりと具体化されていて、こまこま起こる私の気分や体調のブレに関しても余裕をもって、大きくどっしりと構えて下さることです。
これまでは、何を飲んでも効果のない抗うつ剤をはじめ色々なことに頭を痛めておられる様子でしたが、「かならずトンネルは抜け出せます!」との言葉も薬以上に効果が私にはありました。

それから、めずらしく自分でも、双極2型障害の本を読んで勉強しました。確かに、「現状の医学では手探り治療である」と書かれていましたが、双極2型障害の持つ、単極性うつ病にはない可能性もおおいに注目する点で、長所を見れば、難しいけどすばらしい可能性も秘めたものであると分かり、単に難治性のうつ病と言われて「じゃあどうなるの?」ともんもんとするより、自分のなかで納得がいけてスッキリしました。

主治医も「双極2型障害の積極性に注目してます。」とおっしゃていたので私も諦めないでいきたいです。自分の生活についても双極2型障害の長所を活かして波に乗っていければ、生産性のある生活も夢ではないのにな〜と思っています。

No.5924 2007/10/06(Sat) 02:23:48

 
Re: 双極2型障害について / 管理人

 現在では、双極2型障害は、非定型精神病薬や抗てんかん薬などを気分安定薬として使うことで、治療の可能性が大きく広がってきています。

 予防的な意味も含めて治療を受け続けることで、気分の波をある程度抑えられれば、特に社会生活の面で、大きな制約にはならないでしょう。

 服薬に関する医師の指示をきちんと守ることと、さまざまな心身の変化に対して、素早く医師と相談できるような治療体制作りができていれば、あまり心配しなくてもいいと思いますね。

No.5926 2007/10/07(Sun) 00:22:34

 
Re: 双極2型障害について / みつよ

ますます安心できるお言葉、本当に嬉しいです。ありがとうございます。
「非定型精神病薬や抗てんかん薬」も効果があるとは私の勉強した範囲では分からなかった事柄です。主治医の言葉や本の知識範囲では、躁鬱病タイプの薬を一般的に使う。とありました。
ですから私は現在リーマスを服用しています。一時期リーマスによってかなり気分の安定がみられ、今も悪化しながらでも薬の変更は保留状態です。

質問なんですが「非定型精神病薬」とは普通はどういった時に使用される薬なのでしょうか?

No.5928 2007/10/07(Sun) 01:48:18

 
Re: 双極2型障害について / 管理人

 すみません。
 正しくは「非定型抗精神病薬」で「抗」の字が抜けてましたね。

 通常は統合失調症の治療に使われる薬で、「非定型」の方が「定型」よりも新しいタイプです。

 「抗不安薬、睡眠薬、抗精神病薬、抗てんかん薬」( http://iyashi.find21.net/utsu/u52kofuan.html )のページで説明してあります。

No.5931 2007/10/07(Sun) 23:09:39


確かにそうでした / すけ

 以前、電車内のマナーの話を書き込んだとき、管理人様から、「どちらかというと、中年以上の方の方が悪い」という旨のレスをいただきました。

 そのレスをいただく前に、私はそういう経験をしました。

 先月上旬の金曜日、主治医から一週間の病気休暇を指示され、月曜日の朝、仕事の引継ぎも兼ねて診断書の提出のため出勤し、その後すぐ帰宅しました。
 いつも乗っている電車が、自宅最寄り駅の手前の駅でトラブル(内容は覚えていませんが)があったため、途中快速電車に乗り換え(私の最寄り駅は快速は止まりません)、最寄り駅手前で各駅停車に乗り換えました。

 診断書を出すくらいですから、当然体調は最悪でしたが、午前中でしかも下り(朝の上りは信じられないほど混む路線です)ということもあり、空いている席がいくつかありました。
 電車の座席の前には、席を区切って極力多くの人が座れるようにするためなのか、ポールが何本か立っています。
 端っこに初老の男性が座っていて、隣にその男性の荷物が置いてありました。その隣は、ホットパンツというのか、ショートパンツをはいた、少々派手な感じの若い女性で、わざわざその女性の隣に座りたくなかったので、男性に、「すみません、席を空けていただけませんか」とお願いしました。
 すると、その男性は、「隣空いてるじゃないか」と怒りだしました。職業上、「何だと、このジジイ」と声を荒げたりすると、懲戒処分を受けることになり(しかも病気休暇の届けを出した帰りの電車ですから)、いろいろ面倒な一方、そういう理不尽な言動に従うのも不愉快なので、「そういう言い方はないでしょう」と柔らかに言い返したら、憮然とした顔で荷物を自分の膝に置きました。

 席が空いているとか以前に、席は荷物を置くところではない(よほどガラガラだったら別ですが)というのがマナーですし、というより、こちらも腹の虫が収まらないので、女性の隣に座ってから、

「あんたくらいの年代の人って、結構マナー悪いよ。そのくせ、酒飲んだりすると、今の若い奴は、って偉そうに言うんだよね。まさにあんたは、そういう人間そのものだよ」
と、やんわりと罵倒したら、すっかり大人しくなってくれました。

 話は変わりますが、リタリンはうつ病では使えなくなるそうですね。私の職場の産業医も、「私は怖いので使わない」と言われていましたが、リタリンで救われているうつ病の人は、これからどうやって治療するのか疑問に感じました。
 その前の新聞報道(ネットで読んだものですが)で、リタリンの依存症は倍増している、と書かれていました。倍増といっても、8人が15人になった、ということだそうです。

 うつ病で処方されなくなっても、ネットで手に入る(しかも本物かどうか怪しい)ものなので、対象範囲を限定することに意味があるのかも疑問です。
 ネットでは、レンドルミンも入手できるらしいですし、セントジョーンズワートとかいう、うつに効果があると言われている草だか葉っぱも入手できるようです。セントジョーンズワートにそもそも効果があるのか、入手できても本物かどうか、とにかく怪しげです。

No.5918 2007/10/05(Fri) 23:45:22

 
Re: 確かにそうでした / 管理人

 やはり中年以降の人たち(私もそうです)が、若い人のマナーの手本になる行動を心がけていないと、世の中うまくいかないのでしょうね。

 リタリンは覚醒剤と同じ中枢神経刺激剤であり、抗うつ薬とは作用機序が異なるので、ほかの抗うつ薬が効かない場合のみ処方、というのが建前になっていたんですね。

 でも、抗うつ効果(というより精神的高揚感?)が速く得られるので、使われてしまう場合もあったのだと思います。
 依存性や離脱症状など、後々のことを考えると、やはり使わない方が安全なので、そう決まったのでしょう。

 レンドルミンなどの睡眠薬も、処方箋なしに手に入れるのは、問題ありでしょうね。それでも、こちらはリタリンほど危険ではありませんが。

 セントジョーンズワートは昔から使われているハーブで、抗うつ効果があるとされています。
 信頼できる健康食品メーカーのものなら、ある程度の効果は期待できるでしょうが、もちろん医師の処方する抗うつ薬の方がよく効きます。

 ネットで売っている医薬品は、高価ですし、副作用も心配です。もちろん効果の保証もありません。止めたほうがいいですね。

 ハーブやサプリメントの使用は、個人の自由ですが、信頼できるメーカーのものを買うことと、医師の処方を受けている場合は医師に相談して許可をもらうことを守れば、そんなに問題はないと思います。

No.5922 2007/10/06(Sat) 00:56:21





リハビリ /

こんにちは。
以前、夫のことで何度か書き込みさせてもらったものです。

6月から9月にかけて夫が休職し、なんとか休養できるようになり(当初はただ家でゆっくり寝るだけ、という休養そのものができずにパニックになっていました。それでこちらに相談したりしていました。)、やっと主治医と会社の嘱託医から「復職OK」と言われ、先日からリハビリ出社をしています。

体力的には、通勤にも耐えられるし、家に帰ってからも寝てばかりではなく新聞を読んだりスポーツジムに行ったりしています。ですのでこのまますんなり元気になってくれるのかなあ・・なんて期待していたのですが、昨日こんなことを言いました。
「会社を辞めてしまいたくなりそうだ」
本人が言うには、
以前やっていた仕事はもともと好きではないし自分に向いていない仕事だったのでそのうちリハビリが終ってその仕事に就いたらまたうつ状態になりそう。
組織の一部で働くことに嫌気がさしてきた。
独立して自分で選んだ仕事をすれば、なんでも我慢できそうな気がする。
などと言うのです。

私は、「今は病気が治っていない=正常な判断ではないのだからせめて完全に治ってからそういう話をして欲しい。とりあえず元気になるまでは組織の中でリハビリをして欲しい」と言いました。
夫は、「でも組織の中にいるとうつ状態が悪化することもありうる」なんていうのです。

鬱の人には話を聞いてそれに同調してあげればよい(○々がつらいと言われれば、そうね○々がつらいんだよね、という)のがよい、と言われますが、今の夫のように「会社に行って病気が悪化するかもしれない」なんて言われたら、なんて答えたらいいのでしょう?

No.5913 2007/10/04(Thu) 09:38:03

 
Re: リハビリ / emiko

おひさしぶりです。
リハビリ出社できてよかったですね。
よくあることなのですが,不安感で自分で「ここまで」と
ものすごく限定してしまい
それがかなわないなら極端な行為や考えに固執してしまい
もともとまじめな性格だけに他の意見を受け入れなくなってしまう状態で
自分を追い込んでしまう場合があります。
自分で自分がコントロールできる範囲が少なく
専門医や周囲の理解という支えがあればこそ成り立っているはずなのに
いつの間にか周囲に過敏になりすぎて,防御反応が際立ってしまうのだと
思います。
まず,だんな様に理解してほしいのは
周囲のサポートが必要だからこそのリハビリ期間であり
結果を求められるのはだんな様の決断ではなく,周囲にある部分です。
「辞める」とリハビリの効果や評価も出ないうちから発言すればどうなるか
気がつかれないようでしたら
リハビリ出社もまだまだという結果になりかねないと思います。
専門医に相談されて調整されてはいかがでしょうか。
おだいじにされてください。

No.5914 2007/10/04(Thu) 16:23:27

 
Re: リハビリ / 管理人

 ご主人の今の状態と対処法、emikoさんの的確な説明の通りだと思います。

 リハビリには、勝手のわかった職場が、最も適しています。
 また、そこで社会生活をきちんと送れるようになることが、なによりも大切なことです。
 主治医と相談して、ご主人に納得してもらうようにしましょう。

 ご主人、今は考えようともしないかもしれませんが、思考力や判断力が正常な状態のときには、わかっていたはずです。組織をはずれてひとりで仕事をする方が、はるかにストレスフルです。

 もちろん、ストレスが多くなる分、うつ病の再発の危険性も高くなります。

No.5915 2007/10/04(Thu) 22:59:43

 
Re: リハビリ /

emikoさん、管理人さん、お返事ありがとうございます。

そうですよね、思考力や判断力が正常になるまでは、周囲の理解やサポートがしっかりしている組織に身を置いているほうが安全ですよね。



実は昨日リハビリ中に与えられた仕事のことで悩んで「死まで考えるほど」不安になったそうです。
お恥ずかしい話ですが、そういう言葉を聞いて私も多少パニックになりました。(それがいけないんですよね。)

うつ状態に逆戻りしたようなので「復職が早すぎたのかも。もう少し休職したほうがよいのでは?」と私が言ってみたのですが、夫は「どんなに長期間休職しても、リハビリ出社を始めるときには同じようなことで悩むはずだから、もう休職はしない。=今がんばって乗り越えたい」と言っていました。
なんだか頼もしいような言葉ですが・・・どうなんでしょう?
昨日は久しぶりに頓服の抗不安剤を飲んで、私や両親ともじっくり話をしたのでなんとか落ち着いて寝ることは出来ましたし、今朝も普通に出勤していきました。
実際の仕事は今日からスタートです。またどんな顔をして家に帰ってくるのやら・・・。


なかなか私の言葉で夫にわかってもらえるのは難しいかもしれないですが、少しずつでも判ってもらえるように努力します。また主治医にも相談します。みなさんにもご意見を伺うこともあるかと思いますが宜しくお願いします。

No.5917 2007/10/05(Fri) 09:18:32

 
Re: リハビリ / すけ

 お久しぶりです。

 既にemikoさんと管理人さんのレスがあるので、蛇足中の蛇足になりますが、

 医師が復職の許可を出すとき=完治したとき

 ではないこともご理解下さい。
 休めれば出来るだけ長く休むにこしたこともないのですが、長期にわたって休むことの弊害もあります。周囲から影で非難されているのではないか、とか、上司も内心快く思っていないのでは、という不安にかられたり、というのが一例です。また、本人が、「休み癖がついてダメになってしまうのでは」と心配されることもあります。

 これらの心配は、多くは杞憂なのですが、そういう事情も勘案しつつ、リスクとベネフィットを計った上で、医師は復職の許可を出すものです。

 「私としては、体調が完全に回復して、心身ともに充実した状態で復職したい」と言う患者さんは、たいていうつ病ではありません。

 私の主治医に以前聞いたのですが、夏さんのご主人のような方も、上述のように「もう少し休みたい」という人も両方いるとのことでした。

 話を上手く纏められず恐縮ですが、せっかく「リハビリ出社」をさせてくれているのですから、今はそれを利用されることが回復への近道でしょう。世の中には、「リハビリ」出社を認めない会社も、未だに数多く存在しています。そういう会社でなかったことは大きな救いだと思います。

 

No.5920 2007/10/05(Fri) 23:59:00

 
Re: リハビリ / 管理人

 ご主人、リハビリ出勤に前向きのなったのはとても良いことですね。
 ただし、ここで家族として、サポートすべき重要なポイントがあります。

 それは、ご主人が突っ走らないように、仕事をセーブしてもらうように見守ることです。

 仕事の負荷は、最初は発病前の5割程度に収めるようにしたほうがいいと思います。
 しばらくその状態を続けて、問題がないようなら、7割程度まで負荷を上げてもいいでしょう。

 その後は、発病前の7割程度の状態が続くように気をつけてあげるといいと思います。
 ご主人にも、発病前の7割程度にセーブするように、心がけてもらうといいと思いますよ。

No.5921 2007/10/06(Sat) 00:11:46


意識が戻りました。 / ぽろん

主人の意識が戻り、一安心です。

体調が落ち着いて時点で、精神科に転入院することになりそうです。
本人は今回のことを大事件だと思っていないようで、衝動に駆られての行動だったのかと思ってしまいます。
ただ、一歩間違えれば確実に「死」につながってしまうのは確かです。
今日、きっちり治療しようと話してきました。
主人も「今度は入院が長いかもしれない」と言っておりました。

買い物依存もかなりひどく、それを見ぬふりしていた私も馬鹿でした。
依存とは本当に怖いです。
結局メールしていたうつのお友達とお互いに依存しあっていたのかもしれません。共依存の関係は夫婦間だけでなく、そういったところにも発生するのでしょうか?

No.5916 2007/10/04(Thu) 23:21:33

 
Re: 意識が戻りました。 / 管理人

 ご主人の意識が戻って良かったですね。

 メールのお友達は、この前書いたように、かなりたちの悪い人だったのでしょう。

 一種の共依存と考えてもいいのですが、うつ病患者の場合、精神力が弱っているため、身勝手で一方的な依存をしてくる人を、断りきれないことがあります。

 通常のときなら、相手の異常さや自分の対応の異常さに気づいて距離を置くなど、適切な方法を取れる人でも、うつ病のときだとできないこともある、ということですね。

 以前、emikoさんも書かれていましたが、うつ病患者同士のつきあいでは、このようなことが起こりやすいので、注意が必要になるということなんです。

No.5919 2007/10/05(Fri) 23:49:47





葛藤しています。 / ナッツ

こんにちは。先日はありがとうございました。
そしてまた宜しくお願いします。

精神科に予約を入れようと電話をしてみましたが、カウンセリングはなく薬のみの処方になりますと言われためらっています。
交通事故での怪我でデパスを1年ほど服用していましたが、常に服用しなくては安定しないことに
不安があり薬にとても抵抗があります。徐々に減らし今は服用していません。
それから医師を信頼できるかどうか不安です。これが一番不安です。

気持ちが沈みがちですが、一日3回腹式呼吸で気持ちを落ち着けたり 散歩などして紛らわしています。
それから、一番親しくしている叔母に勇気を出して電話をして話を聞いてもらったこと
ノートに思ったまま辛かったことなどをいくつも書き出してみています。少し楽になりました。

そんな中、つい先ほど突然母が訪ねて来ました。
理由は心配で両親共眠れないこと、今まで寂しい思いをさせてきたことを詫びたいと泣き出しました。

ところが話を聞いていくうちに私が普通の人より繊細過ぎる、身体的に虐待を受けた人でも
健全に生きている人が沢山いる。将来、お金が無いと困るので個人年金に入って上げようと思う。
しまいには、何かに毒されているから神仏(母は新興宗教暦45年)のお助けがいる。
生かされていることに何故気が付かないのかと。
私は、抑えていた感情を噴出し「帰って!」と絶叫してしまいました。
母が、自己愛性人格障害かも知れないと思っていましたが、実は私自身もです。
無限のパワーゲームになりますよね。

自己愛の人は精神科やカウンセリングも受けたがらない傾向にあると知り、私もだ。と思いました。
私の父方の伯母は統合失調症で思春期に1年程同居していました。
そして祖母は、更年期辺りに自殺未遂を繰り返し晩年はうつ病から亡くなりました。


取り留めのない文章になりましたが、母との関係は今はまだ無理だと思います。
なので本当に一年間、そっと見守って欲しいと訴えました。
ただ父が、記念日に兄弟で集まるのが趣味としていて次はお正月です。
私の子供達(成人)には今、このように私が混乱していていることを伝えていません。
(今まで夫婦の問題で相当苦しめてきましたのでもう何も心配掛けたくない気持ちです。)

でもお正月、行かなくては子供達に精神的に心配を掛けてしまいそうです。
子供達は祖父母に遊んでもらったり子守をしてもらった事はなく精神的な繋がりはあまりありません。
20才までのお年玉と誕生日にもらうこずかいだけのような関係でした。
今思えば、義務のように遊びに行っていた状態です。
ですのでどのように事を進めて行けばよいか悩みます。

また、現在サイストリーの準備を始めていますが、そこで疑問がありました。
2例のサイストリー記述例を拝見していると 相手を認め、自分を省みる作業なのかなと感じました。
ただ自分が幼かった頃の自分を省みることが出来ない場合は、恨みや憎しみだけの文章で終っても良いのですか。
でもこう考える自分こそが自分だけが可愛い自己愛なのかと思います。
絶対に自分だけが正しく、人の意見を強く否定する自分。
普通だったら心配してくれている両親の事を思うはずです。
サイストリーとの葛藤もあります。

母との関係、両親、子供との関係、自己愛でもサイストリーを実践していけるのか。
すべて自分で決められる自由な選択で良いはずですが、訳もなく葛藤してしまいます。

No.5907 2007/10/02(Tue) 14:59:17

 
Re: 葛藤しています。 / emiko

管理人さんよりお先のレス失礼します。
葛藤があるうちはサイストリーはやめておかれた方が
かえって良いと思います。
寝た子を起こす結果になり,それを受け止める力が弱いと
周囲がフォローしてくれれば乗り切れると思いますが
ナッツさんおひとりでは苦しいと思います。
過去よりも,現在の足元をごらんになられてはいかがでしょうか。
是非や立場見栄や体裁ではなく
ありのままの今のご自身を観察されているだけでも,学びはできると思います。
今現在,自分も母親に振り回され続けて,始めて着信拒否をし
父と兄とは話しをしますが
母とは音信を断ったままです。
周囲は親子けんかと軽く見て,子供が歩み寄ることが当然なのを意見しますが
とうてい変わりそうにない親の態度を受け止めて将来を生きる余地がないと
今回は固辞しています。
親との将来が見えないままです。
時間をかけられてみて,十分なっとくされた上でゆっくりと始められてはいかがでしょうか。
おだいじにされてくださいね。

No.5908 2007/10/02(Tue) 15:29:51

 
Re: 葛藤しています。 / 管理人

 emikoさんのおっしゃるとおり、葛藤が強いのでしたら、サイストリーは止めたほうがいいと思います。
 葛藤の元となっている大きな心の問題に触れたとき、危険だと思います。

 それから、精神科についてですが、カウンセリングも行っている病院を探してみてはいかがでしょう。
 
 薬については、気になる副作用が出ないのであれば、飲み続けることは、気にしなくてもいいと思います。
 今は不安が主な症状だと思いますので、抗不安薬の服用が最も効果的だと感じますので。

 薬に対する不安も含めて、カウンセリングも受けられる精神科やメンタルクリニックで、じっくりと相談することをお勧めします。

 ご両親やお子様への対応についても、医師やカウンセラーに相談することで、また違う見方もできるようになると思います。
 大切なのは、ご自身の不安に、ご自身が振り回されないことかと思います。

No.5910 2007/10/02(Tue) 22:44:28

 
Re: 葛藤しています。 / ナッツ

emikoさん。
ご自身も精神的に大変な中、心のこもったアドバイスを
ありがとうございます。
私は、自分が本当は被害妄想でこのような状態になってしまった
のかとわからなくなってしまいました。
自分自身の足元や現状も見えず、一体何に振り回されているのだろ
うと思います。
本当に親不孝をしているのかもしれません。
もっと冷静にならなくては前に進めませんね。

管理人さん。
何度もアドバイスを読み返してみています。
まず、薬の服用が必要と言うことと専門家に相談すること。
先回の管理人さんのアドバイスを全く受け入れていない
自分がいます。
現在、無職で少ない貯蓄を切り崩して生活しているために
金銭的にも余裕がありませんので そこも躊躇していました。
でもそんな事は言ってられませんよね。
でも私、本当は何でも無いのかもしれませんね。
再度のアドバイスをありがとうございました。

No.5912 2007/10/03(Wed) 00:42:44


久々におじゃまします。 / ぽろん

この季節になると、何だか物悲しくなり何もやる気が出なくなってしまいます。

以前主人のアルコール依存、うつのことで書かせていただいた、ぽろんと申します。
あれからアルコールは何とか頑張っているのですが、うつがなかなか良くなりません。
この夏は2回入院しましたが、治療の効果が見られる前に退院となってしまい、退院後はほとんど布団から出られない状態が続いております。
「死にたい」と涙することも多々あり、そばで見守る私も精神のバランスが崩れかけています。
うつの家族ミーティングのようなものがあったら、ぜひ参加したいと思っています。
主人は、自分のうつの背景にACが関係していると自覚しており、入院した際も、医師から「旦那さんは普通の鬱病と違う」といわれました。ただ、連日激しい不安と焦燥感、孤独感、頭痛に悩まされ、
本心ではありえないようなことを言ってきます。
また、入院時に中が良くなった方々とメールのやり取りをしていて、本当は自分が大変な状況なのに力になってあげなきゃと、気を使っています。

同じ悩みを抱えたもの同士、自分の辛さも聞いてもらえば?というと、相手が調子を悪くしちゃうからと自分のことは相談できずにいるようです。

そういう関係って大丈夫なのかと不安です。

No.5901 2007/10/01(Mon) 15:41:48

 
Re: 久々におじゃまします。 / 管理人

 ご主人、相変わらずのようですね。
 うつ病家族のミーティングや助け合いのための組織活動など、日本各地で行われているようですので、お近くで探してみるといいと思いますよ。

 ネットの検索も役立ちますが、管轄する自治体や保健所などで、そうした自助組織の連絡先がわかるかもしれません(特に医師が参加している場合など)。

 ご主人が、自分もつらいはずなのに、ほかの人の抱えた問題ばかり気にするのは、そうすることで、自分の心の問題から目をそらせるからだと思います。

 ご主人が自分の問題を相手に相談できるようになれば、ご主人も自分の心と直面することなりますし、良い方向へ向かう可能性が出てくるのですが。

 見守る家族としては、振り回されず、冷静な判断力を失わないように、自己管理に注意し続けることが大切です。

No.5904 2007/10/01(Mon) 23:04:28

 
Re: 久々におじゃまします。 / ぽろん

きょうの夕方、散々相談にのってあげていた方に「調子が悪くて辛い」旨メールを送ったら、「そんなことでメールしてこないで。もう2度とメールしてこないで!!」と返信があったらいしく、怒りに任せて携帯を壁に投げつけ壊していました。

相手の方ももしかしたら調子が悪かったのかもしれません。
ご相談したそばから「あいたた!」という感じです。


私のほうは、振り回されないことを常に心がけています。
ただ、連日「死にたい」と言われていると、心が空っぽになったような妙な感覚に陥ります。

No.5905 2007/10/01(Mon) 23:12:50

 
Re: 久々におじゃまします。 / emiko

おはようございます。
アルコールとうつでは周囲が大変だと思います。
お察しします。
日がな一日中後ろ向きな言葉ばかり聞かされていれば
誰でも気持がやせてきてしまうと思います。
自助グル-ブや気持を聞いてもらえる人を活用されるのもいいですし
気分転換をこころがけられて,回復をあせらないことが結果良い方に
向くと思います。
うつ病同士の方との関係は自分の経験ですが,あまりおすすめできないですね。
それにしても,ご主人携帯を壊すほど怒れるなんてびっくりです。
自分は感情の発現が平板になってしまって,喜怒哀楽があんまり出ないので
うつ病でもひとそれぞれですね。
おだいじにされてください。

No.5906 2007/10/02(Tue) 07:48:17

 
Re: 久々におじゃまします。 / ぽろん

emikoさんありがとうございます。
今朝ほど主人が大量に薬を服用し、昏睡状態で発見されました。
昨日の怒りがあって、なかなか寝付けずにいてのことなのか、とにかく衝動を抑えることが出来なかったんだと思います。
救急車で病院搬送後、胃洗浄したら大量の薬が出てきたそうです。
何とか呼びかけに反応するものの、機械で呼吸を助けてもらっている状態です。

No.5909 2007/10/02(Tue) 15:32:29

 
Re: 久々におじゃまします。 / 管理人

 大変でしたね。
 ご主人のメールの相手、相当にたちが悪かったようですね。
 まったく一方的で強引な依存を当然の権利だと思いこんでいる、身勝手きわまりない人なのでしょう。

 この手の人も、治療の関係で、うつ病という範疇でくくられている場合がありますので、要注意のところです。

 ご主人、それまでの徒労感と怒り、虚無感から、衝動的に大量服用をしてしまったのだと思います。
 早く良くなるといいのですが。

No.5911 2007/10/02(Tue) 23:01:31


おはようございます / emiko

みなさまおかげんいかがですか。
こちらは,ちょっと困った事が起こっていて
自分の気持を整理する意味で、書き込もうと思います。
境界型人格障害で薬物依存の母がいます。
薬物依存のきっかけになった全身疼痛?で最近遺伝子検査をしたところ
ベ-チェットに関わりの深いHLA型が出て,疑いがあると診断されたら
「自分はベ-チェットだ」と思い込んでしまい
先日は大量に薬を飲んだ酩酊状態で電話をかけて来て
おまえより私の方が病気が重い,これから入院するから仕事を休んで付き添えと言われ
言い合いになりました。
それ以後は父親と兄に事情を話して接触を断っているのですが
父親を経由して,善意の悪意で圧力をかけてくるようになり
そのたびに体調が崩れています。
さすがに疲れて来ました。
天候が不安定で体調管理も大変だと思います。
みなみな様もおだいじにされてください。

No.5900 2007/10/01(Mon) 09:11:22

 
Re: おはようございます / 管理人

 ちょっと大変そうですね。
 遺伝子に病気の兆候があっても、それだけで発病とはならないのですが、お母様に言っても、なかなか通じないですよね。

 お父様やお兄さまが、お母様を納得させられればいいのですが、これもなかなか大変だと思いますし。

 これ以上emikoさんの体調に影響するといけませんので、あとは逃げの一手でいくしかないのかもしれません。
 体調最優先で、なんとか乗り切ってください。

No.5903 2007/10/01(Mon) 22:33:52





過去ログ一覧(5) へ戻る


produced byYuki Tachibana