Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2008年02月06日〜



(No Subject) / スピカ

今日、就職先が決まりました。
作業所です。週に一回ですが、最初は。
今までの人生のことを聞かれて全部話しました。
そしたら「波乱万丈の人生でしたね」と言われました。
確かにそうだったのです。長いのでやめますが。その話しは。

私には居場所がほしかったのです。
頑張り過ぎないように焦らず、ゆっくりと
やります。

兄は薬を飲むのを忘れていて
今度診察に行くのですが、入院してくれたら
いいなとおもっています。
相変わらず、変な生活を送っています兄は。
私がいい方向に向かっているのが
気に食わないみたいです。

No.6242 2008/03/05(Wed) 22:19:58

 
Re: / 管理人

 就職先、決まって良かったですね。
 落ち着ける場所がひとつでもできれば、かなり気分が良くなってくると思います。

 お兄さま、医師の治療で落ち着いてくれると良いですね。

 作業所での新生活、あまり気負わず、まずは慣れることを中心に、お過ごしください。

No.6243 2008/03/05(Wed) 23:16:55


(No Subject) / スピカ

兄が前に行っていた病院に変わりました。
私もついていったのですが、兄の場合、診断をつけるのが
難しいようです。前に見てもらっていた先生はもう大人だからと言ってみてくれなかったので他の先生に見てもらっています。
私も何年もかかって診断がついたのだからと言ってはいるのですが。今、行っている病院では兄の場合はダメだったようです。

私の方は今度作業所の面接に行きます。
それで決定すればいいのですが。
最近は親の病気の方が心配で心配です。
もう年ですから。私も自立していかないと
いけません。

No.6225 2008/02/23(Sat) 17:16:27

 
Re: / 管理人

 お兄さまの病気は、以前の病院の新しい先生に任せておきましょう。

 お母様の病気のこと、なかなか安心できないとは思いますが、作業所の方が決まれば、少し落ち着けると思いますよ。

No.6226 2008/02/24(Sun) 00:06:22


山あれば谷あり / きき

波はあるものの、調子よく来ていました。

しかし、昨日、勤務評価なるものが行われました。

私は教員です。
「勤務時刻ぎりぎりに来ることが多い。教員は勤務時刻よりも早くきて、教室で子どもが当校するのを待っているべきである」
「イスに座って授業していることが多い。立って授業すべきである」という理由で、たいへんに低い評価でした。

校長が見に来た授業は、年間5回ぐらい。それも1時間目。
私は、子どもがやってきた宿題を一刻も早く返してやりたいと思い、一時間目は大体「漢字練習」など一人でもできる課題を与え、その時間に宿題を見ていました。

なぜなら、他に全く時間がないからです。
2時間目が終わると「体力づくりの時間」
そして、退勤時刻は17時ですが、16時50分まで子どもは学校にいるのです。

昼休みしか見ている時間がありません。

校長の言うとおり、勤務時間よりも早く出勤し、登校してきた児童の宿題から見てやれば解決できたことかもしれません。

でも朝の苦しさといったら・・・。
一度だけ、車の運転が不能な時がありました。
それでも(遅刻しても出勤するんだ)と努力して、毎朝出勤していました。

とても低い評価を見せられて、あれだけ努力してきたのに、全くダメだったのだ・・・と思い、途端に愕然となりました。

昨日は校長室でその評価を見せられた瞬間、ガクリとなり、そのまま年休をとらせていただいて帰りました。

今日も午後、年休をとらせていただきましたが、また「休んで人に迷惑かける」と言われるとストレスですので、年休でありながら授業だけはしてきました。給食(全校がランチルームに集まって食べる)だけは、かんべんしてもらいました。年休なので。

職員を含め、大勢の児童の前に出るのが億劫です。
クラスの子ども達だけが癒しです。この子たちのためなら、何とか頑張れると思ってやってきたのです。

ほんの一部分だけ切り取って評価を下されたことは、とてもショックでしたし、せっかく調子が良かったのに、ガクンと悪くなってしまって、やっぱり自分はまだ本調子ではないのだな、と思いました

昨年の今頃、よく主治医に言われていたのは「元気そうに振る舞わないこと。元気そうにしていると、人には辛さがわからないから」ということです。

職場は小学校ですから、それこそ元気そうに振る舞ってきました。

でも自分では(50%ぐらいの力でやっていかないとヘタるから・・・)と、「そこそこ」にやってきました。主治医も「そこそこ」が大事だと言ってくれました。

それでも、よく努力してやってきたと思います。

でも、低い評価。

もう休職するか、辞職するか・・・そんな怖いことまで考えてしまって。だって、努力しても低い評価なのなら、もうそれ以上のことはできません。

せっかく調子よくやっていたのに・・・残念で、悔しいです。

No.6214 2008/02/20(Wed) 21:20:48

 
Re: 山あれば谷あり / 管理人

 かなりつらそうですね。
 でも、ちょっと冷静に考えてみてください。
 低い評価、そんなに気にする必要があるのでしょうか。

 かなり重い状態で闘病しながらがんばってきたのですし、なんとか仕事を続けられただけでも、すごいことだと思いますよ。

 闘病に相当なエネルギーを使っているのですから、健康な人とまったく同じようにはいかないでしょう。

 これは、どんな病気でも同じです。
 病気のために、本気で取り組んだ仕事を辞めざるを得なかった人、たくさんいます。
 辞めるまでいかなくても、本来の能力を生かしきれなかった人もたくさんいます。

 私の知り合いにもいました。
 きっと悔しくつらい思いに駆られたこともあったでしょう。
 でも、その人はそういった思いを乗り越え、病気とうまくつきあいながら、穏やかに人生を過ごすことに生き甲斐を求めました。

 その後は、社会的に成功したわけではありませんが、多くの人に慕われるようになりました。

 善し悪しは別として、実績主義が浸透した世界では、やはりどれだけのことをしたかで評価されるのだと思います。
 でも、限定された範囲で評価が低いことと人間的な価値は、まったく別のものだと思います。

No.6215 2008/02/20(Wed) 23:40:33

 
Re: 山あれば谷あり / きき

管理人様

ありがとうございます。
本日、診察を受けました。
診断書を書いて欲しいと頼んだところ「加療通院中であるので、勤務時間外の懇親会などの参加については、本人の意思を尊重するのが望ましい」という診断書を書いてくださいました。

病名も変わっていました。

昨年度の今頃は「中等症うつ病エピソード」だったのが、本日は「双極性感情障害」だそうです。これは「うつ病」とは違うものなのでしょうか?

毎日出勤できていて「そこそこ」に仕事ができているので、病名もそのように変わったのかな、と思います。

それにしても、せっかく良くなってきたと思っていた時の思わぬ衝撃で、今は辛い状態です。かなり辛いです。

No.6216 2008/02/21(Thu) 18:28:52

 
Re: 山あれば谷あり / きき

今、「双極性感情障害」についていろいろ調べてみましたが、あまり自分に当てはまるとは思えません。

主治医を変えたい、と前から思っていましたが、近くに行きやすい心療内科がないので、仕方なく現在の医師と付き合っています。

「双極性感情障害」よりも、やっぱりただの「うつ」の方が症状が合うのです。普段は元気そうに振る舞っているだけで。

なぜ主治医が「双極性感情障害」という診断書を作成したのか、分かりません。

No.6217 2008/02/21(Thu) 19:47:10

 
Re: 山あれば谷あり / 管理人

 双極性感情障害、ふつうは躁うつ病と言われる病気ですね。
 ほとんどのケースで、うつ病と同じように発症します。

 うつ病と違うのは、躁期があるというところですが、この躁期は、ほぼ自覚できません。

 また、うつ期と躁期がはっきり分かれていれば、まわりの人にもわかりやすいのですが、一緒に出ることもあるので、判断が難しくなると思います。

 同じ気分障害(感情障害)に分類される病気ですが、うつ病と比べて、患者数はかなり少なくなります。

 診断名は、症状の経過によって変わることもよくあります(今後も変わる可能性もあります)。
 あまり気にせずに、治療を受け続けることをおすすめします。

No.6218 2008/02/21(Thu) 23:51:34

 
Re: 山あれば谷あり / きき

管理人様

ありがとうございます。
それで途中からクスリが変わったのですね・・・と今になって思いました。

波はあったものの、それで調子がよくなっていったので、管理人様もおっしゃるとおり、これで治療を続けていこうと思います。(それしかありませんので。実は主治医も怖くて・・・。言葉がとてもキツイのです。主治医の言葉で傷つくこともも、しばしば。
でも、それが普通の心療内科の先生の姿なのかしら?患者さんに同情していても、仕方ありませんものね。)

No.6219 2008/02/22(Fri) 00:39:27

 
Re: 山あれば谷あり / みつよ

いきなりすいません。

ききさん病名が変わられたとのこと。それで、私事なのですが・・・
管理人さんにお聞きしたいのですが、ききさんの「双極性感情障害」と私の「双極2型障害」が管理人さんの説明で、ほとんど類似していると思うのですが、大きく見て同じタイプのうつと見なしてよいのでしょうか?

病名を気にしてもしかたありませんが、医師によって病名が変わるので参考までにお聞きしたかったのです。

No.6220 2008/02/22(Fri) 11:57:54

 
Re: 山あれば谷あり /

ききさん
はじめまして。うつ病の夫のことでお世話になっている闇です。
努力したことが認められなくてホント悔しいですよね。
私も管理人さんと同じく校長の評価の内容はあまり気にしなくてもいいのではないかと思います。大切なのは評価ではなく子供たちのことを考えて頑張ったききさんの努力ではないでしょうか。私は、努力したききさんはとても偉いと思いますよ。

No.6221 2008/02/22(Fri) 16:44:00

 
Re: 山あれば谷あり / きき

みつよ様、闇様、管理人様
ありがとうございます。

今日、管理職に、医師からの診断書と、服用している薬の一覧および副作用一覧表を見ていただきました。

辛い状況を理解していただくことができたように思います。そんなことを今まであまりお話したことがなかったので、よい機会でもありました。

今まで、飲み会に半強制的に参加させられることも多かったのですが(管理職として職場一丸となって親睦を深めたかった、という意図も理解しています)今日の診断書に「懇親会などの参加については本人の意思を尊重するように」と書いていただいてあったので、今後は無理に参加しなくとも良くなるのでは・・・と安心しています。

皆様、いろいろメッセージをありがとうございました。

波がありますものね。今回は「たまたま波が落ち込んだだけ」と思って、体を休めつつ、様子を見て行きたいと思います。

No.6222 2008/02/22(Fri) 20:24:41

 
Re: 山あれば谷あり / 管理人

 みつよさんへ

 双極性感情障害は、WHOのICD(疾病及び関連保健問題の国際統計分類)−10という診断方法の名称で、双極II型障害は、DSM(アメリカ精神医学会が発行する精神疾患の診断・統計マニュアル)−IVの診断名です。

 DSMは、躁期の程度が強いものをI型、躁期の程度が弱いものをII型と分けていますが、ICDでは特に分けていません。
 分類方法が違うので、重なる部分もありますし、重ならない部分もある、ということになります。

 医師によって診断名が違う理由のひとつに、もととなる診断基準が違うため、ということが挙げられます。

No.6223 2008/02/22(Fri) 23:39:35

 
Re: 山あれば谷あり / みつよ

ききさん、管理人さん有難うございます。

お二人のおかげで謎がとけて、とてもホッとしました。
しかし、もととなる診断基準が違うなんてちょっと患者側としては混乱いたしますね!
このような現実があるから(怒ってもしかたないんですが)職場で診断書を書いてもらっても「医者は何とでも勝手に名前つけるから」と社長に相手にもされなかった末端の出来事などがあるんでしょうね。
しかし分かって本当に納得いたしました。有難うございます。

No.6224 2008/02/23(Sat) 12:47:42





歎異抄を読んで / みつよ

ずいぶんと前に、掲示板でばうさんから『歎異抄』の本を紹介して頂きましたが、やっとこさ読み終えることができました。

読めば、随分と深いし濃い内容なのと自分のおろかさを指摘されている感じがしたので、途中でほったらかしていました。すいません。

また原文を訳しながら読むのは、私には困難でしたので、作家の五木寛之氏の『私訳 歎異抄』を読みました。

私は信仰を持っている者なのですが、この親鸞上人の「念仏」の奥深さに驚き、自分の信仰の未熟さにも気付かされました。また念仏は、私の宗教の方でいう「祈り」とまさに同じで、ただひたすらな思いのみが通じるという内容にも同じで驚かされました。私は、欲得だらけで、ひたすらとは縁遠い祈りでしたので・・・

私は今、安定期ですが、欲深いもので少し良くなれば「もっともっと」と今に感謝せず、良くなることに執着してしまいます。これは本文で言うと「私達は常に欲望や執着にとりつかれた哀れな存在であり、それを煩悩具足(ぼんのうぐそく)の凡夫という」
という、本当に自分のことだ!と驚きました。

また「自然(じねん)」という言葉にも、はっとさせられました。
私は、治ろうと自力で頑張ることは良いことと努力してきましたが、努力がかえって焦りを生んで、休養することが分からなくなっていました。
そんな今の状態を「こざかしい」と書かれていていて「自然」に身をまかせること、大いなる存在に身をゆだねてみることを忘れていました。バカというか自分の傲慢さに気付かされました。

その他、書けばきりがないくらい、とてもいい影響を歎異抄から与えてもらいました。

紹介してくださったばうさん、本当に有難うございます。確実に自分にヒットしました。これからも何度も繰り返して読もうと思います。
みなさまにも読んで頂きたい本として『歎異抄』を大きく叫びたい思います。

No.6201 2008/02/13(Wed) 16:56:44

 
Re: 歎異抄を読んで / 管理人

 親鸞上人の言う、絶対他力というのは、本当に奥が深いです。
 でも、少しずつでもその意味が理解できるようになると、そのたびごとに大きな感銘を受けます。

 禅をヨーロッパに広めた鈴木大拙師も、晩年は絶対他力に大きな関心を持っていたようです。

 偉大な宗教家の教えは、やはりすごいものがありますね。

No.6204 2008/02/13(Wed) 23:59:16

 
Re: 歎異抄を読んで / みつよ

管理人さん、レス有難うございました。
これを機に、少しずつ人生のこやしになるような本を読んでいこうと思います。

No.6205 2008/02/14(Thu) 17:32:11

 
Re: 歎異抄を読んで / ばう

あいやー驚きました!みつよさん読破されたのですね!絶対他力・・・あれはあくまで五木さんの解釈ですが。「祈り」。神学なんてやったら一生やっても拉致あきませんけどね。
あるいはあらゆるすべての宗教体験は絶対の自己放棄を説く方向に行き着くようです。たとえばすべてを主イエス様におまかせして、とか、御筆先とかついには天皇陛下バンザイとか・・・。
次はぜひ神谷美恵子さんシリーズ「生きがいについて」をお読み下さい。管理人氏には申し訳ないですが、また嗜好が偏りまして皆さんには恐縮ですが、一応お勧めします。
精神疾患はあくまで生理的病態と解釈し、知的・身体障害に分類されるものではないと、改めて思います。ちなみに今年、全精連の全国大会が埼玉で開催されます。おっと、宣伝はご法度ですか・・・
近況報告ですがこの季節は自律神経失調に悩まされております、同病者はみな今調子わるいようですが、体大事にしましょう!「父母未生以前汝が面目や如何」

No.6206 2008/02/15(Fri) 21:28:31

 
Re: 歎異抄を読んで / きき

みつよ様

こんにちは!
私の家は浄土真宗ですので、前からずっと「歎異抄」のことが気になっていましたけれども、最初っから読むのにくじけていました。

この掲示板を拝見して(読んでみよう!)という気持ちになりました!ありがとうございます!

No.6208 2008/02/16(Sat) 08:29:51

 
Re: 歎異抄を読んで / みつよ

<ばうさんへ>
本当に有難うございました。自分のところの宗教書以外の本を読むのは初めての経験です。ドキドキでした。けど、とてもためになりました。

>あらゆるすべての宗教体験は絶対の自己放棄を説く方向に行き着くようです。

本当にそうかも知れませんね。でも、教養にとどまらず実践でも活用していきたいです。それにしても、本当にたくさんの書物を読破されてるのにびっくりしました。

<ききさんへ>
私の同じうつの友達に「歎異抄」の話をしたら、同じく実家が浄土真宗で、ききさんと同じように「読んでみる」と言っていました。気になってるけど、なかなか踏み切れない物ってありますもんね。ききさんにとって絶好の機会となり、とても嬉しい限りです。

No.6209 2008/02/16(Sat) 16:27:49

 
Re: 歎異抄を読んで /

みつよさん
こんにちは。
私もいい本を見つけました。
「百歳からあなたへ」という本でした。
当たり前のことを気づけずにいる自分や,気づいていてもやろうとしない自分・・恥ずかしい気持ちになりました。
上手くいえませんが何かを気付かせてくれますよね。改めて考えさせられるというか・・
恥ずかしながら、私にはみつよさんが読まれた本の名前すら読めません。でもいい本に出合えてよかったですね。

No.6210 2008/02/16(Sat) 17:45:08

 
Re: 歎異抄を読んで / みつよ

レス有難うございます。また沢山の皆さんのレス有難うございました。私は幸せ者です。

歎異抄(たんにしょう)は浄土真宗の開祖、親鸞上人のお言葉をお弟子さんが書き留めた書物です。浄土真宗のバイブル的!?存在だと思います。(多分ですが、あやふやですいません)

「百歳からあなたへ」という本は、早速ネットで検索してみますね。ありがとうございます。本当にいい本との出会いは嬉しいですよね。

No.6211 2008/02/16(Sat) 22:10:33


(No Subject) / きき

また書かせてください。

このところ調子が非常に良く、もうクスリを飲む必要もないのでは?あとは自分の気力でやっていけるのでは?・・・と自信すら出てきていました。

しかし、この数日、あることがきっかけでカクンと辛い状態になりました。今日はどうにも具合が悪く、仕事を休みました。

休むと迷惑かけるので、いつもは遅刻してでも出勤しようと努力していましたし、今年に入ってからはすこぶる調子が良くて「きっとこのまま良くなっていくのだ」という感触もあったのです。

でも今日、休んでしまいました。

自分としては、落ち着きも随分取り戻していますし、物事を冷静に考えられるようになってきたと思っていますし、以前よりは確実に回復してきたと思っています。

でも、昨年の今頃が酷い状態だったのです。そのトラウマかしら?などと思っています。

調子が良い状態が続いていただけに、今日は残念でした。
病院にも行こうと思いましたが、いつも「様子をみましょう」の一言で診察が終わってしまいますので(それで構わない状態でしたので)今日は行きませんでした。

すみません、ここに書き込まれている他の方々と比べると、私はずいぶん回復し、症状も軽くなっていると思っています。なのに、今日は辛かったので書き込んでしまいました。申し訳ありません。

でも、他の方々に申し上げたいです。
時間はかかりますし、個人差もあると思いますが、必ず辛さから抜け出ることができる日が来ます。

今は辛くても、どうぞご自分を大切にされて、とにかく辛かったら体を休めてください。

No.6200 2008/02/13(Wed) 02:07:45

 
Re: / 管理人

 温度や天気などの気象条件が過去のトラウマのときと似ていると、どうしてもある程度の影響が出やすくなります。

 とは言っても、思い出せる記憶ですし、年月の経過とともに、だんだん弱くなって行きますので、ご安心ください。

 今回は、すぐに自分の状態を把握し、さらに冷静に休暇を取ることを決断できたのですから、大きな成長だと思います。

 今後も、ご自身の心身をいたわること、冷静な判断を心がけることを続けていけば、回復がより確実なものになっていきますよ。

No.6203 2008/02/13(Wed) 23:49:06

 
Re: / きき

管理人様

仕事を休んだこと、「冷静に休暇を取ることを決断できた」と考えれば良いのですか?あ〜救われました!

管理人様のおっしゃるとおり、トラウマは徐々に、トラウマじゃなくなってきました。
そりゃ思い出しますし、傷は100%は癒えませんけれども「それがどうした?」と思えてきています。(笑)

ありがとうございました。

No.6207 2008/02/16(Sat) 08:28:15


(No Subject) /

さっそくありがとうございます。
みつよさん、お久しぶりです。毎回適切なアドバイスありがとうございます。全然きつくないです。レスいただいてとてもうれしいです。
そうなんです・・でも甘やかしてるのは私なんです。わかっているのですが機嫌が悪いと嫌な雰囲気になるので・・それが辛くてついつい・・。親しい友人からも気を使いすぎだと怒られていますが肝心の私がそれでもいいと思っています。少し聞いている振りしています。でも肝心なことまで聞き流し怒られてしまいます。でもそれはそれで・・・笑って許してもらったり。
もしかして主人は依存するつもりじゃなくて私がそうさせてしまったのかもしれません。もしそうなら悪循環ですね。「あなたが決定したことよ」は言えますがあとの反応が怖いですね。そういうことを気にするからいけないのですね。
管理人さんレスありがとうございます。
あまり心配しなくていいのですね。安心しました。

No.6199 2008/02/12(Tue) 21:20:25





(No Subject) /

以前投稿させていただいた闇です。
その節は助けていただいてありがとうございます。少し辛いのでまた投稿させていただきました。
二週間前に私が以前勤めていた仕事を辞め新しい仕事のことで主人と少しもめてしまい、落ち込ませてしまいました。ちっよとしたした言葉のやり取りなのですが・・・しまった!と思いましたが後のまつり・・・でした。考えながら話しているつもりでしたが・・今は少しずつですが話をしてくれるまでになりました。昨夜も仕事の愚痴とか頭の中で考えていることをアルコールを飲んで「本人はアルコールが入っているほうが話しやすいそうなんです」話してくれました。でも話してくれた内容は鬱になった二年前の嫌な人間関係の内容と同じです。
私は以前の主人に戻って欲しいとは思いません。鬱になってからの今の主人もいいと思うんです。そう思いながらいつまでも同じ事内容を抱えている主人にこれでいいの・・と歯がゆさというか・・そんな風に思ってしまう自分が嫌になってくるのです。いい子ちゃんぶってるんでしょうかね・・主人は三月で仕事を辞めますがこれから先大丈夫なのかと不安です。

No.6196 2008/02/11(Mon) 10:53:00

 
Re: / みつよ

こんばんは。闇さんお久しぶりです。しかし、レスがまたもや私ですいません。

書き込みを見ていると、闇さんがご主人にとても巻き込まれてしまっているように思います。愚痴を聞いたり体調も仕事も心配ですから、感情的に寄り添ってらっしゃるのはとてもいいことだと思いますが、あまり病人に感情的に寄り添いすぎると、もたないと思いますよ。

人間は、みんな一人なんだな、と最近私はやっと思えるようになりました。だからこそ個人が自立して、他の人と協力して寄り添いながら生きていくのだと思えるようになりました。

ですから、はっきり申し上げて、ご主人は非常に闇さんに甘えておられると思います。その甘えに振り回されないようご自身が精神的に距離をとることをおすすめいたします。

うつの人間は非常に依存心が強いものです。
聞いてるふりをして聞きながされてはいかがですか?
本気で甘やかす部分と甘やかしてそうにみえて流している部分を持つことは大切だと思います。身を守る上で。

また、ご主人も新しい職場へつかれると、過去の清算をよぎなくされる場面も出て来ると思います。そんな時、本当のご自分と向き合わねばならない時が来ると思いますよ。
そんな時、愚痴が始まると思いますが「それは、あなたが決定したことよ」くらいに突き放すのも一つの方法だと思います。

えらく、きついことを書きましたが、私の言うこともただの一つの方法論ととらえてくだされば幸いです。

No.6197 2008/02/11(Mon) 19:39:03

 
Re: / 管理人

 みつよさんのアドバイス、家族として見落としがちなポイントをうまく説明していると思います。
 感情に巻き込まれて、つらく感じるようになると、闇さんご自身がまいってしまいます。

 ご主人が同じ話ばかりして同じところで留まっている、というのは、あまり心配しなくてもいいと思いますよ。
 たいていは、何度も聞いてあげているうちに、ご主人の内部で変化が起きてくると思います。

 ほとんど変化がなく、延々と同じ話を、しかもつらそうに、何度も何度も繰り返す場合には、ほかに本当に聞いてもらいたいことがある場合も考えられます。

 そういうケースでは、本人も意識できない場合が多いので、ほかに何か言いたいことがないかどうか、本当にさりげなく、相手の話の腰を折らないようにタイミングに充分注意しながら聞いてみると、意外な話が出てくる可能性があります。

 ただし、ご主人の場合は、そのように判断できるほど、まだ時間が経っていないと思いますが。

No.6198 2008/02/11(Mon) 23:50:44


(No Subject) / きき

う、う、う・・・。
ぶり返さないと思っていたのに、ちょっとしたことでカクンとなって、昨夜は精神安定剤を普段の5倍か6倍も服用し、その上睡眠導入剤も・・・。

フラフラして、バタンバタンと二度も倒れ、効き目絶大だな・・・と妙に納得したりして・・・。

あ、でもこれ「波」だと思っています。
波を繰り返しながら、だんだん良くなっていきますように!

No.6193 2008/02/09(Sat) 21:30:09

 
Re: / 管理人

 確かに、軽めの波なのでしょうね。

 安定剤は、飲む量に合わせて効果がどんどん強くなります。

 特に急に量を増やすと、転んで怪我をしたりなど、思わぬ事故につながりますので、充分ご注意ください。

No.6194 2008/02/10(Sun) 00:03:28

 
Re: / きき

管理人様

ありがとうございます。
本当に気をつけます。

やはり「軽い波」で済んだようでして、今日はずいぶん落ち着いております。

きっかけとなった発言をされた方は「まだ病院に行っている人に、うかつな事を言っちゃって・・・」と恐縮されておりました。

確かにショックは受けましたが、それは普通の状態の人でも受ける程度のショックだと思います。

私は、かなり回復してきたのではないかな?と思います。
この掲示板には、いつも安堵させられます。
ありがとうございます。確実に良くなっていると思います。

No.6195 2008/02/10(Sun) 22:23:01


セカンドオピニオン / ゆず

セカンドオピニオンを求めたいと思っています。
主治医との関係は良好ですが、足ふみ状態の回復ですので、家族から他の先生のご意見をお聞きしてみたらと言われ、躊躇していましたが、求めたい気持ちになってきました。
ただ、不安な点もありますので、アドバイスいただけないでしょうか?
不安点は下記のとおりです。
@現在、自立支援医療(精神通院)の受給者ですが、支障はないでしょうか?
Aまた、退職して社会保険の傷病手当金を受けていて、この点も支障ないか心配です。
B受付でセカンドオピニオンを求めたいと告げるのでしょうか?
C医師には、どんなふうにお話すればよいでしょうか?

No.6180 2008/01/31(Thu) 19:39:32

 
Re: セカンドオピニオン / ゆず

肝心なことを書き忘れました。
私はうつ病で、症状の発症から4年近くになります。

よろしくお願いします。

No.6181 2008/01/31(Thu) 22:53:47

 
Re: セカンドオピニオン / 管理人

 傷病手当は関係ないと思いますが、自立支援医療(精神通院)の場合、原則はひとつの病院だと思いますので、なんらかの合理的な理由が必要になるかもしれません。

 地方によって微妙に違うようですので、申請した役所の窓口で聞いてみてください。

 セカンドオピニオンだからといって、特別な申し込み方をするわけではありません。ふつうの初診と同じです。

 ただし、受付や診察時に、現在治療を受けていること、その治療内容、相談にきた理由(治療に長くかかりすぎているように感じるなど)を伝えてください。

No.6182 2008/02/01(Fri) 00:06:21

 
Re: セカンドオピニオン / ゆず

ありがとうございました。
先ず、市役所に行ってきます。
普通の初診と同じと伺って、不安がすこし和らぎました。

No.6183 2008/02/01(Fri) 07:56:46

 
Re: セカンドオピニオン / スピカ

地方によっては、セカンドオピニオンが自費である
場合があります。自立支援法が使えないこともありますよ。

No.6185 2008/02/01(Fri) 16:21:41

 
Re: セカンドオピニオン / ゆず

スピカさん、せっかくレスいただいたのに、お礼が遅れてすみませんでした。
やはり自費になるそうです。
現在、僅かな傷病手当金での生活ですので、辛いところです。
ありがとうございました。

No.6190 2008/02/07(Thu) 20:04:59


(No Subject) / スピカ

今度、作業所に仕事に行こうかなって思っています。
主治医の先生にも相談しました。そしたら許可が下りました。
でも、一人で行けるかなって心配です。一人で図書館ぐらいならいけるのですが・・。他は行けません。

調子はいいほうですが。やっていけるかどうか
心配です。

No.6187 2008/02/06(Wed) 11:01:17

 
Re: / 管理人

 作業所については、ゆっくり始めればいいと思いますよ。
 また、最初は誰かについていってもらうのもいいでしょう。

 調子のいいときに、作業所まで一度足を運んでおくと、後々気分が楽になると思いますよ。

No.6188 2008/02/06(Wed) 23:18:08





過去ログ一覧(5) へ戻る


produced byYuki Tachibana