Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2008年03月06日〜



(No Subject) / スピカ

今日、病院に行ったら、
主治医の先生が夏に開業されるということがわかり、
作業所のクリニックに移ることになりそうです。

調べてみたら、カウンセラーの人がいて
心理検査をしているそうです。
まだ、行ってはいないのですが・・・。

カウンセラーの人と何を話すのでしょうか。
私、カウンセラーの人と話したことがないのです。
夏前に紹介状をいただいて行く予定です。
4月にもう行く予定でいます。

No.6274 2008/03/17(Mon) 23:09:28

 
Re: / みつよ

スピカさんこんにちは。
カウンセラーの件ですが、どんな内容でも好きなように、話したらいいですよ。困っていることや今辛いこと等なんでもです。
話がまとまらなくても、カウンセラーが話をちゃんと整理してくれますよ。

それから、どうしても話すことが見つからなかったら、カウンセラーに「私は今、何を話していいかわかりません。だから先生の方から質問して頂けませんか?」
とお願いしてみてもいいと思いますよ。
緊張せずにぶつかってみてください。心がすっきりしますよ!

No.6275 2008/03/18(Tue) 15:43:10

 
Re: / 管理人

 カウンセラーと話をするかどうかは、主治医が決めるはずです。
 心理検査も主治医が必要だと判断すれば、主治医から話が出るでしょう。

 もし主治医が勧めたのでしたら、心理検査、受けてみるといいと思いますよ。
 カウンセラーと話をするといっても、主治医と話をするのとあまり変わらないと思いますので、気にしなくてもいいと思いますね。

No.6276 2008/03/18(Tue) 23:41:53

 
Re: / スピカ

みつよ様、管理人様、
ありがとうございます。今、行っている病院は
来週ぐらいから改装工事でお休みで
4月に入ってから、主治医の先生に話してみます。

No.6277 2008/03/19(Wed) 14:51:36


心の闇 / みつよ

今日カウンセリングへ行って来ました。
テーマの一つに「心の闇」についての話し合いがありました。

人は誰でも心に闇を持っているそうで、それを埋めようと何かをする。とカウンセラーはおっしゃっていました。

私は過去、働いていた時には、必死で働いて闇を埋めようとしていたように思います。仕事が好きでしたし、お金よりやりがいでした。
でも、働けども何か空虚感があって、ひとつの仕事が終えれば、すごい達成感があるものの、この空虚感から逃れることはできませんでした。

この空虚感が、闇で、仕事で埋めようと必死だったんですね。
カウンセラーは「人それぞれ違うから、やり方をおしえても無理だし、自分でみつけていくしかない」と言われました。

で、今日帰宅して「闇ってなんだろう」と考えてしまいました。
一番大きな人間の闇は「死に対する恐怖」とカウンセラーはおっしゃっていましたが。

自分の闇を埋める何かってなんだろうと、考えてしまいます。
とても抽象的ですが・・・

No.6259 2008/03/12(Wed) 22:37:12

 
Re: 心の闇 / 管理人

 心の闇というのは、意識が直接向かわない心の「影」の部分とも考えられますね。
 この影のなかには、今まで自分が見ようとしなかった、またそう生きようとしなかった自分自身の人生がすべて含まれています。

 たとえば死は、現代の日本では、表に出てこないように巧みに隠されています。
 だから心の闇で、一番大きな部分を占めているんですね。

 心の影は、ときに正反対の人格のように振る舞い、心を支配しようとします。
 とても大きな力を持っているので、ぶつかり合うと、疲れきってしまうこともあります。

 しかし、自分のなかにある認められない自分自身を少しずつ認めてあげ、意識のなかに少しずつ取り込ることができれば、大きな精神力を得られるでしょう。

 心の影の部分の存在を認めないと、その分心が空虚になります。
 そのせいで、何かほかのもので埋め合わせようと必死になるのだと思います。

 影の部分の存在を認め、意識に少しずつ統合していくことで、心の空虚な部分が埋められていき、心が豊かになってきます。
 心の影は、破壊する力も持っていますが、創造力の源泉でもあるということですね。

No.6260 2008/03/13(Thu) 00:22:24

 
Re: 心の闇 / みつよ

管理人さんレス有難うございます。

正直申し上げて、少し難解な部分もあるのですが、だいたいのところで理解できたつもりです。

正反対のものがぶつかりあって疲れきるというのも、自分によくあてはまることだと思います。
カウンセラーもよく「無意識だったとこを意識化すればいい」とおっしゃいます。それが

>自分のなかにある認められない自分自身を少しずつ認めてあげ、 意識のなかに少しずつ取り込ることができれば、大きな精神力を 得られるでしょう

という管理人さんの言葉と同じなのでしょうか。

>影の部分の存在を認め、意識に少しずつ統合していくことで、心の空虚な部分が埋められていき、心が豊かになってきます。

少しでもこういう状態に自分をもっていけたらいいな、と思う次第です。ありがとうございました。

No.6261 2008/03/13(Thu) 18:49:28

 
Re: 心の闇 / きき

みつよ様

私は一昨年の夏から様子がおかしくなり、昨年の1月から3月にかけて、もうどうしようもなく「どん底」にいるような気がしていました。

この状態から抜け出せる日が来るのだろうか?
来ないのではないか?と、そんな不安の底にいました。

昨年4月から仕事に復帰しました。
一日一日をこなすのが精一杯である反面、「余計なこと」を考える暇がなくなったので、今は何となく良くなったように錯覚しているのかもしれません。

(それでも何日も何日も休みましたし、何日も何日も遅刻して、職場に迷惑かけながらやってきました。こんなに迷惑かけるぐらいなら、やっぱり休職すべきか?と、何度も悩みました)

最近いただいた診断書は「双極性感情障害」・・・。
調べたら「躁うつ病」とのことですので、今は単に「躁状態」で、またいつかドカンと落ち込む日が来るかもしれない・・・と思っています。

調べているうちに「躁うつ病は完治が難しい。ほぼ一生クスリを飲み続けなければならない」などという内容も見つけまして(あらあら・・・そんなに大変な病なのかなあ?)と思いつつ・・・それでも管理人様のサイストリーを読み進めながら、自分の心と少しずつ向き合っていこうと思っているところです。

管理人様やみつよさんの書き込みを読ませていただいているうちに、ずいぶんと励まされました。みつよ様には、本当に感謝しています!
みつよ様のレスには、いつもほんとにホッとさせられまして、だんだん不安定さがなくなってきました。
(以前の私の書き込みが、それほど影響がなかったとのこと、こちらにもホッとしています)

私も、いつまた下降向きの波に飲み込まれるか分かりません。(笑)
その時はまた思考を転換しながら「躁うつ病」とうまく付き合っていこうと思っています。

みつよ様も、どうぞお大事にされてくださいませ。

No.6262 2008/03/13(Thu) 22:18:55

 
Re: 心の闇 / 管理人

 そうですね。無意識のなかの意識しなかった部分を意識していく、ということでいいと思います。

 要するに、自分の心のなかには、ふだんの自分とは相容れない部分もある、そういう部分も少しずつ認めて意識に統合していこう、ということですね。

No.6264 2008/03/13(Thu) 23:14:50

 
Re: 心の闇 / みつよ

ききさん毎度毎度レス有難うとうございます。嬉しいです。
また、私のレスが役立っているとの事で嬉しいです。


>最近いただいた診断書は「双極性感情障害」・・・。

これは、診断名はちがいますが、私の「双極U型障害」と同じタイプの病だと思います。失礼なことですが、仲間が見つかった気で実は嬉しいです。(すいません)
私の場合は、うつ期間が長いからか「双極性のうつ」と主治医は呼んでいます。

>その時はまた思考を転換しながら「躁うつ病」とうまく付き合っていこうと思っています。

本当にそうですよね。私も心がけます。

>無意識のなかの意識しなかった部分を意識していく、ということでいいと思います。

この管理人さんの言葉は、私のカウンセラーがよく使う言葉です。これは、無意識と意識の統合ということだったんでね。ちょっとしっくりきました。

No.6265 2008/03/14(Fri) 11:19:06

 
Re: 心の闇 /

私は名前の通り主人の病気がきっかけで闇の中の生活をしています。みつよさんの心の闇とは違うかもしれませんが嘘偽り、心にもないことをやったりしています。正直な心をぶつけられないのです。(また主人が嘘を言ってそれがばれたりしてまた心がグチャグチャになるのが辛いからです。臆病なだけかもしれませんが・・)だから以前のような生活はできません。心の中はわかりませんが・・主人は今の生活がいいみたいです。・・私の場合主人に心をぶつけたり、心配事、不安なことを聞いても、主人が必ずしも本当のことを言ってくれないと思うからです。聞くことによって主人がまた落ちていくのも怖いし・・(嫌なことを聞かれたり言われたりするのが嫌みたいで・・)まだ苦しいときもありますが楽しいこともたくさんあります。ここへ書き込み助けていただいたり、楽しみを自分で作ったりして過ごしています。
私は恥ずかしながら一日を大切に、一生懸命に生きたりしていないかもしれません。なんとなく時間が過ぎていけばいいという生活ですが今はそれでいいと思っています。かなりお金がかかったりしますが、気晴らしに主人と二人で遠出をしたり、顔見知りのいない遠い店でゆっくり買い物をしたり楽しんでいます。これが結構いいんです。
話し変わりますが、以前立ち読みした「百歳からあなたへ」をやっと買いました今度はゆっくり読みます。

No.6268 2008/03/15(Sat) 18:48:28

 
Re: 心の闇 / みつよ

闇さん、レス有難うございます。

闇さんもその名の通り、闇を生きておられるのですね。
ご主人も闇さんも私も、光があたる場所を生きられればいいですね。でも、闇さんのおっしゃるように今日という日を大切にするのが一番ですね。
少しの楽しみも大事にしたいですね。

No.6271 2008/03/15(Sat) 23:47:41

 
Re: 心の闇 / Toni

管理人様、こんにちは。

心の闇についてとても丁寧にご説明いただいていますが、まだ分からない部分があります。

>自分のなかにある認められない自分自身を少しずつ認めてあげ、意識のなかに少しずつ取り込ることができれば...

の部分を心がけようと思うのですが、

>無意識のなかの意識しなかった部分を意識していく

とありますが、今まで無意識であったとすれば「認められない自分」の部分はどうやって見つければよいのでしょうか?

No.6272 2008/03/16(Sun) 01:55:45

 
Re: 心の闇 / 管理人

Toniさんへ

 まず一番有効な方法が、カウンセリングです。
 特に精神分析療法は、無意識の意識化が主な目的になります。

 ひとりで行える方法だと、当サイト内のメインコンテンツのひとつ「サイストリー」( http://iyashi.find21.net/psystory/ )があります。

 また、自動思考からスキーマを見つけ出す認知療法( http://iyashi.find21.net/utsu/u62ninchi.html )も、ひとりでも行えます。

 その他にも、当サイト内にさまざまな情報がそろっていますので、まずはご参照ください。

No.6273 2008/03/16(Sun) 23:53:47





(No Subject) / スピカ

兄が薬を飲まないため、
母が管理して飲ませています。
時々、忘れそうになるようですが・・・。
私はいつも、持っているので
忘れないようにしています。

最近は外へ出かけられるようになりました。
しかし、夜は眠れません。だから、
朝、起きられません。4月から働くことになり、
できるかどうか心配です。

No.6269 2008/03/15(Sat) 22:47:11

 
Re: / 管理人

 新生活が近づいて、心のどこかが落ち着かないのかもしれませんね。
 4月までは時間がありますから、のんびりお過ごしください。

No.6270 2008/03/15(Sat) 23:32:19


(No Subject) / eriko

先日ここのサイトに出会い、
サイストリーをこれから始めようとしています。

拝見した時にこれだ!と思いました。
私は今幸せの中にいるはずなのです。

しかし、私はだれにでもあるような小さなきっかけ(良いことでも悪いことでも)で過食に陥り、そのあとはしばらく過食によるストレスの過食をしています。

そして約束を守れなかったり、過食と人に迷惑をかけてしまうという事実にまったく自信を失ってしまいます。未来を失ったような感覚になるのです。

その繰り返しを15年間しています。

私もサイストリーはじめます。

No.6266 2008/03/14(Fri) 21:36:16

 
(No Subject) / 管理人

 はじめまして。
 いろいろなことがあったご様子ですね。

 サイストリー、お役に立てるとうれしいです。

 実践前に、「サイストリー実践上の注意」( http://iyashi.find21.net/psystory/psect34.html )、よく読んでおいてくださいね。

No.6267 2008/03/14(Fri) 23:41:17


サイストリー / きき

昨年の今頃、ずいぶん精神状態が不安定の時は、なかなか読めなかったサイストリー。(字を読むのが、とても億劫だったのです)

このところ、調子が上向きになってきましたので、少しずつ、読ませていただいています。
読むだけで、癒される自分に気がつきます。

今日、職場で急に「送別会」の話題が出ました。
私を入れて4名が幹事です。

「幹事の人達、会場を押さえてある?」という話題でして、幹事4名、一瞬、慌てふためきました。

記憶をひもといていったら、夏に既に会場だけは押さえてあったことを思い出しまして、「大丈夫です!」「会場だけは、確かに押さえました。」「案内状は、いつ頃作ったらいいのかしら?」
・・・なんてことを、幹事4名で職員室で話題にいたしました。

今日も遅くまで残業していましたら、ある男性職員から
「ききさんも幹事なので、ちょっと一言いっておくけれど・・・」と前置きがあり、
「送別会の話題は、職員室のような公の場では話題にしない方がいいと思う。気をつけたほうが良い」と言われました。

この3月で定年退職される方がいらっしゃるので、ごもっともだな、と思いつつ、普段から厳しい男性でしたので(なぜ、私にだけ?)と、かなりドキリとしまして「そうですね、気をつけます」と答えたものの、ちょっとドカンと落ち込みそうになりました。

帰りの車の中でも、ずっと気にして帰りました。普段から厳しい方ですので。

でも、サイストリーのことを思い出し、ちょっと思考を転換しました。

(幹事4名のうち、私が一番話しやすかったから、信頼して言ってくれたんだ)と。

私に話しておけば大丈夫、と信頼して私に言ってくれたんだな、考え方を変えましたら、スーっと楽になりました。

言われてみれば、職員室で送別会のことを話題にするなんて、定年退職される方のことを思えば無神経な会話です。厳しい男性職員の言っていることは本当にごもっともです。

サイストリーを少し読んでおいたおかげで、落ち込まずに済みました。

また、少しずつ読み進めてみたいと思います。
管理人様、ありがとうございます。

No.6255 2008/03/11(Tue) 00:19:51

 
Re: サイストリー / 管理人

 サイストリー、お役に立ててうれしいです。
 どうぞ、ゆっくりと読み進んでいってくださいね。

 心の仕組みは、理解することで、今後も役立つ場面がたくさんあると思いますよ。

No.6257 2008/03/11(Tue) 23:17:23

 
Re: サイストリー / みつよ

だいぶ心配してくださって有難うございます。
でも、大丈夫ですよ。
ききさんの書き込みで、どど〜んと波がくることはありませんでしたよ。大丈夫です。

ただ、今は周期として落ちているのは確かです。
いつ浮上できるのかなあ、と待っているところです。

No.6258 2008/03/12(Wed) 22:10:42


いつも感じることですが / みつよ

たまに、遠く離れた友達とメールを交換しています。
自分がうつ病であると告げているにもかかわらず「ヘルパーさんに来てもらってるって、体調悪いの?」と平気で返信してくる言葉に深く落ちました。

いつも感じることですが、どうすれば、うつ病の理解というか、うつは病気なんだと理解してもらえるんだろうかと、ほとほと疲れきります。
そんな友達とはもう縁を切るのが一番いいのかも知れませんが、色々な思いが交錯して勇気がでません。

人に理解を求めるから傷付く、だったら求めないようにしようとしても、孤独という限界があります。
しんどい時や周りと合わせなければならない時、健常人とうつの者はものの見方がまるで違います。うつを理解してくれる人は(主治医やカウンセラー等)その独特の感性に耳を傾けてくれますが、健常な人は自分以外の考えをかたくなに守ろうとするように思えます。
例えば、病気でしんどいから出来ないのに「しんどいと考えるから行動できない」と言ってくること等です。

出来るだけ症状の重い時は、付き合う人を限定していましたが、それでもふとした時に病気に対する無知、無理解のため言葉の暴力をうけると急落してしまいます。辛いです。

主治医がおっしゃるには「アメリカの医学では、一番にガン、二番にエイズ、三番にうつ病の順で研究が盛んです。」とのことで「日本もいずれそうなるでしょう」とおっしゃるのですが、あまりの周り無理解に(親しい友達が多い)悲しくなります。

我が友達ながら、うつ病になった奥さんのことをうとましくなった別居中の男性と不倫している子もいます。詳しい話はここまでで後は知りませんが、なんだか情けなくなります。だからといって、この友達は私を応援してくれている不思議さです。男女の仲の話に割ってはいるのも勇気がいりますし野暮な気もしてほっていますが。

話がそれましたが、身近な人からの無知、無理解、についてみなさまのご意見お聞きしたいです。

No.6229 2008/02/26(Tue) 18:50:16

 
Re: いつも感じることですが / 管理人

 無理解というのは、病気の当事者として、とてもつらいものですよね。
 でも、医師でもカウンセラーでもなく、まわりに患者がいない一般の人の場合、そんなものなのかもしれません。

 また、より身近な家族や友人の場合、自分の心を守るために、あえて無関心でいるというような場合もあります。
 自分自身にも同じ心の傾向があり、巻き込まれると同じ病気になってしまう、と恐怖を感じているようなケースですね。

 明るく振る舞っていても、実は大きな問題を抱えてる、というような人の場合、自分の問題で精一杯、ということもあります。

 人それぞれ、意識の向く方向も違います。
 たとえば、仕事のことがなによりも大きな関心事で、それ以外のことは考えられない、という人もいます。

 理解というのは、強く興味を引かれたり、必要に迫られないと、なかなかできないことなのかもしれません。

 あまり深く悩まず、自分のペースにあった生活を心がけるようにした方がいいと思いますよ。

No.6230 2008/02/26(Tue) 23:38:39

 
Re: いつも感じることですが / きき

みつよ様

とても分かります。

私が病む前、ある友人が「うつ病」で仕事を休んだ・・・と噂で聞きました。その友人からメールがきました。支離滅裂な内容から、だんだんと「もう平気になった」「大丈夫になった」「強くなる」などという内容に変わっていったのですが・・・うつ病の知識が無かった当時の私は、そんな友人にどう対応したら良いか分からなくて、なにも返信しませんでした。(今では普通に会って、おしゃべりして、笑い合っていますけれどね!)

また知識がない頃、自分の調子がおかしくなって(うつ病かもしれない)と思っても、しばらくは受け入れることができませんでした。とはいっても苦しいので、病院の前まで行くのだけれども、どうしても入れずに帰る・・・ということを繰り返していました。

今は、自分でも随分しらべましたし、この掲示板でもいろいろ知ることができましたし、自分なりに受け止めて、「うつ病」とうまく付き合おう!と思えるまでになりました。

でも周囲には、理解してもらえない人がたくさんいるんですよね。職場にもいます。

ちょっとビックリするようなお話をしてもよいでしょうか?

私は小学校教員です。管理職は養護教諭(保健室の先生)に、私の病状を伝えてあったようです。養護教諭は職員の健康管理も仕事のひとつだからです。

その養護教諭ですら、私に偏見を持っていることを知ったときはショックでした。ある不安定な児童のことで養護教諭に相談したいことがありましたので「あとで保健室に相談しに行きます!」と伝え、雑用を済ませてから保健室に行きました。その時に保健室で男性の同僚に何やら話しているのを聞いてしまったのです。

「ききさんが、もう少ししたら来るのだけれど、あの人と話すと私が混乱するかもしれないから、同席して欲しい」

石で頭を殴られたぐらいにショックを受け、驚きました。
すぐに保健室に入りましたら、非常にドギマギしておられました。

「あの・・・どういう意味でしょうか、今のお話・・・」と聞きましたら「ふん、知らん」の一言です。信じられないようなことなのだけれど、本当にそう言われたのです。養護教諭、というお立場なのに!

職員室でも平気で「どこの病院に行っているの?○○医院?(心療内科の名)」と聞いてきたり、私が児童の前で元気そうにふるまっていると、あとで「あれは躁状態だ」と噂されたり。

以前にも書きましたが、私の病気を知っているある男性から「あんたは甘いんだよ!」と怒鳴られたり。

そのたびにショックを受けてきましたが、この掲示板に書かせていただくことで落ち着きましたし、管理人さんや、みつよさんをはじめ、いろいろな方々から助言をいただいているうちに、だんだん免疫がついてきましたよ!

今日も、ある会議で、その養護教諭の意見に対し私が感じたことを発言しようとしたら「あなたに言われると、もう何もいう気がしなくなる!」と恫喝され、思わぬ展開にビックリしました。でも、免疫がついてきましたので、もうその程度ではショックを受けなくなりました。

むしろ、同席していた同僚(私の病気のことを知らない人)から「ききさんは何もおかしなことを言っていないし、むしろ筋の通ったことを言おうとしていたのに、なぜ養護教諭は、あんな言い方をしたんだろう?」って言われて、救われました。

ほんと、周囲には理解していただけない場合が多いです。
みつよさんのお気持ち、とてもよく分かります。
児童・職員の健康を管理する養護教諭ですら、そうなのですから!

No.6231 2008/02/27(Wed) 22:49:28

 
Re: いつも感じることですが / みつよ

管理人さん、ききさんレス有難うございます。

管理人さんのおっしゃるように、人はそれぞれに立場をもっているから、自分の思うようにはいかないものですよね。
でも、それが頭では分かっていてもなかなかスムーズに自分のペースにはいかないですね。


ききさん、非常に具体的な体験談を有難yうございます。
ちょっと信じられないほどにショックです。
以前ききさんが「大学院より職場が気が休まる」というような書き込みがあったように思います。けど、その休まるというレベルが暴力的な言葉が飛び交うところっだったんですね。

かなりびっくりしました。私も元職場で色々言われてきましたが、私の比ではありませんよ。よく辞めずに耐えてこられたなと驚きです。最近はストレス耐性も少しずつ回復されてるとのこと、本当に良かったですね。

多分、まだ私はストレス耐性が弱ってると思います。
ききさんのように、じっくりと行きたいです。
本当に参考になりました。有難うございます。

No.6232 2008/02/28(Thu) 13:11:14

 
Re: いつも感じることですが /

こんばんは。みつよさん
言葉って難しいですね。。励ますつもりでかけた言葉が返って傷つけてしまったり、言葉で勇気をもらったり、救われたり・・私も主人がうつ病にかからなっかたら無神経な人の一人だったと思います。私の勉強不足でもあると思いますが、主人のうつ病を理解しようとしてもとても難しいです。いつも壁にブチ当たってしまいます。気持ちがあっても相手には伝わらなくて・・悲しい思いもしました。どうすればいいかわからないのです。こうすればいい・・という答えがわからないのです。みつよさんの周りの人たちも傷つけようとは思っていないと思いますよ。言葉が上手く伝わらないのではないでしょうか?主人を見ていて辛そうとわかっていてもどうしてやることも出来ず、ただ傍にいるだけです。そんな私をみていてやっぱり理解してはくれないと言われます。

この間はブチ切れられ俺に同調するだけでいい・・何も話すな、意見を言うな・・とおこられてしまいました。これが主人の本音だと思いました。

No.6233 2008/02/28(Thu) 19:39:46

 
Re: いつも感じることですが / きき

みつよ様

職場には、職員よりも児童の方が大勢いますしね!
だから大丈夫なんだと思います。(笑)
近寄ると傷つきそうな方には、あまり近寄らないようにして防衛していますし!
ビックリするような養護教諭の先生は、他の職員からも敬遠されているようですので(私だけじゃないんだな!)と安心したり、です。

幸い、管理職はとても理解がある方です。
私が調子を悪くしていたり、仕事がうまく進まなかったりしていると「何もかも、あなたのせいじゃなくて病気のせい。何かできないことがあったら、言ってくれれば、すぐにバックアップするから大丈夫!」

この言葉に、どれだけ支えられたことか!

とはいえ、私はとても波があるようなので、またいつドカンと落ち込むか分かりません。

とにかく一人で抱え込まないで、この掲示板にぶちまけてしまってましたが・・・それでもいつも対応してくださる管理人様や、他の方々に、とても感謝しております。もちろん、みつよさんにも!

そもそも自分が病む前は、うつ病になってしまった友人のことを理解してあげられなかったのですから・・・周囲に理解していただけない方がいるのも当然かな、と思ったりもします。

気長に、気長に、でしょうか。

闇さんも、お辛そうですね。難しいですよね。
私も酷い頃は家族に相当ストレスをかけていまして・・・
今ではかろうじて笑い話になっているのが、せめてもの救いです。

No.6234 2008/02/28(Thu) 23:03:57

 
Re: いつも感じることですが / みつよ

闇さん、ききさんレス有難うございます。

確かに闇さんのおっしゃるように「痛みは分かっていても、どう表現していいかわからない。どう上手く言葉を使えばいいかわかりにくい」と健常の友達に言われたことがあります。
でも「分かってくれてるのにどうしてそんな事言うの!」と反論したくなるのが病人なんだなと思います。
細かいひだにとらわれて相手を攻撃したくなるのも落ち込むのも、まだまだ病気なんですよね。
闇さんの反対の立場のお話もとても参考になります。立場によってそれぞれの苦しみはありますもんね。


それから、ききさんですが、やはり上司が味方といえ、恐ろしく変わった養護教諭のような方のいるところで過ごすなんてすごいですよ。けれど、児童がいる!というのはとてもいいことですね。
私は、辛さが究極になったらしんどさを吐き出せなくなり内向してしまいます。掲示板にも書けないでしょう。(文章がうかばない)
けど、早期治療のように、これからは、早めに吐き出させてもらうようにしてみるつもりです。

お二人とも有難うございました。

No.6236 2008/02/29(Fri) 17:18:52

 
Re: いつも感じることですが /

みつよさん、私が本当に辛くしんどい時、レス頂いて助けていただきどれだけみつよさんに感謝した事か・・
ですから私なりに少しでもみつよさんが楽になってもらいたくて書き込みしましたが余計にしんどくさせてしまったのでは・・と心配になりました。私おこがましいですね・・ズレてます。


以前みつよさんに頂いた言葉”急がば回れ”と”成るように成る”わたしがしんどい時心の中でつぶやいている言葉です。

No.6239 2008/02/29(Fri) 21:54:04

 
Re: いつも感じることですが / スピカ

私は精神的な病気であることを遠く離れた友達何人かには
伝えてあります。体調が悪かった時には「大丈夫なの?」
とメールしてくれます。私はそれでいいと思っています。
人それぞれ捉え方が違うのだと思います。いろんな考え方を
お持ちの方がおられます。この人には言っておかないと思って
いつもその人にはすべてお話ししてあり、他の人には何も言っていません。体調が悪いとしか。それでいいんです。私には。

No.6240 2008/03/01(Sat) 11:00:54

 
Re: いつも感じることですが / みつよ

闇さん全然しんどくなってませんよ。大丈夫です。
話違いますが「百歳から生きる」の作者、松原泰道氏が新聞で紹介されてましたよ。臨済宗の住職さんですごい方ですね。

スピカさんレス有難うございます。

私は分かってるんです。自分がとても人の言動を気にしすぎることが。人にちょっと言われるだけで、毎度毎度落ち込みの大騒ぎです。
けれど、ここまで落ち込み引きずるのは、生理前の周期が多いんです。男性にはピンとこないかも知れませんが、私に何か大事がおこるのは生理前です。

それ以外は、母も「普通」と言っていれてますが「あんたは生理前になると、感じ方が普通でなくなる」そうです。
用心してるのですが、なる時は何か異変がおきます。(落ち込みとか自殺念慮とか)

本当に周期的なものに対しては、用心し警戒つつも「成るように成る」ですよね、闇さん。(使い方が間違ってますが)「しゃあない」精神でいきます。

スピカさんは、お強いです!
書き込み拝見いたしておりますが、何だかんだと問題があっても乗り越えておられますよね。人も使い分けですよね。言う人と言わない人。私ももう少し人間関係を見直してみます。

お二人とも有難うございました。

No.6241 2008/03/01(Sat) 22:36:03

 
Re: いつも感じることですが / きき

みつよ様

私は少しずつ「ストレス耐性」がついてきたように思いますが、そんな私が無神経に色々と書いてしまって、みつよ様にとっては逆効果じゃなかったかな?・・・と、ちょっと心配しております。

いつも、みつよ様のレスで、ほっと安心してきていた私ですので、そんな私が無神経なことを書いていたら、ごめんなさい!

でも、本当にお気持ち、分かります。
周囲に理解していただけない方がたくさんいながらも、それでもこの掲示板をはじめ、家族や友人、師に支えられて、やっとこさ、ここまで来た私です。

もし、かえってお辛い気持ちにさせていたら、ごめんなさい!
・・・と、気にしておりました。

お辛い気持ちが分かるだけに、なんだか逆効果のことを書いてしまったんじゃないかと・・・。

では、また!

No.6256 2008/03/11(Tue) 00:27:17





精神障害者手帳 / スピカ

私は2級の手帳を持っています。
私の住んでいる市では、8月から医療費、入院費が
無料となります。今まで、払っていた分は返っては
きませんが、これからは楽です。
私が住んでいる市の新聞に載っていました。
嬉しいです。最初、聞いていたのは秋から
施行されると聞いていたのですが、
夏から施行されるので嬉しいです。

No.6253 2008/03/10(Mon) 19:48:47

 
Re: 精神障害者手帳 / 管理人

 医療費と入院費がかからなくなると、かなり気楽ですね。

 この前は就職が決まりましたし、またひとつ安心が手に入りましたね。

No.6254 2008/03/10(Mon) 23:05:40


のんびり ゆっくり のほほん / ばう

のんびり ゆっくり のほほん・・・知人のまりちゃんの書初めです。

私事の極秘情報でまだ正式発表ではないですが:
NPO法人全国精神障害者団体連合会(ぜんせいれん)の2年に1度の全国大会が、今年は2008年9月12日(金)〜13日(土)にかけて、埼玉県で開催される予定です。全国の我が同胞が一同に集まるはずです!・・・(みんな体調次第ですからねえ)
一昨年は北海道浦河のべてるの家で開催されました。
実行委員会の承認が取れればMIXIにもイベントトピック立てようかとも思ってるんですが、まだわかりません。

No.6251 2008/03/08(Sat) 12:09:23

 
Re: のんびり ゆっくり のほほん / 管理人

 全国大会、たくさんの人が集まるといいですね。

 書き初めの文句、リラックマ(私もけっこうファンです)ふうのほのぼのとした感じがとても好きです。
 このような気持ち、多くの人が持てる世の中になってほしいですね。

No.6252 2008/03/08(Sat) 23:15:57


記述療法について / 88


 初めまして。88と申します。

 今日初めてサイトを拝見しました。

自分にはアダルトチルドレンの自覚があり、なんとか治療しようと考えております。その件で1つ質問があります。

 今大学4年生で、卒業論文のテーマ設定を自由にしてよいといわれ、一章分を割いて自分史(親との葛藤など)を書きました。論文は文集に収められ、閲覧者は先生以外ゼミの友人と後輩のみです。

 サイストリーの体をまったくなしていないことは明らかですが、このような場合でも治療効果はあるでしょうか?

 また、こうして自分史を一度他者を組み込んだ形でつくってしまったことは、今後サイストリーを実践したり、他の治療をする際にマイナスでしょうか?

 よろしくお願い致します。

No.6245 2008/03/06(Thu) 19:20:42

 
Re: 記述療法について / 管理人

 はじめまして。

 つらい記憶について、人に話すこと、作文や論文、絵画などで表現すること、どれもカタルシス効果があると考えていいでしょう。

 カタルシスは、鬱積した気持ちの発散や整理につながりますので、程度の違いはあるにしても、治療と同じ効果が期待できます。

 サイストリーに関しましては、他者に見せないことをはっきりと意識しながらもう一度記述し直せば、全然問題ありません。

No.6247 2008/03/06(Thu) 23:29:03

 
Re: 記述療法について / 88

 88です。

 コメント、アドバイスありがとうございます。

これからも少しづつ改善させていこうと思っています。

 

 

 

No.6249 2008/03/07(Fri) 21:47:07


お久しぶりです。 / サキ

去年の12月、書き込みさせていただいたサキです。
その節は管理人様・ゆうさん・みつよさんにお世話になりました。

前回は一番どん底だった時に書き込ませていただいたのですが、現在はリストカットもやめて薬も減ってきて、回復傾向にあります。
あのあと母と一緒に病院に行き、病院の先生に私の気持ちや病状を代わりに伝えてもらいました。
やはり本人同士だとどうしてもムキになってしまう部分があるので…。
それ以来母も私の病気に前向きに向き合ってくれて、お互いに心を癒しあえたような気がします。
3人のアドバイスがなければここまでこれませんでした。本当にありがとうございます。

そして今日、無事に第一志望の公立の福祉大学に合格しました。
児童福祉士目指して大学生活も病気の面でも頑張っていこうと思います!
今回はその報告に来させていただきました。
それでは短文ですが失礼します。

No.6244 2008/03/06(Thu) 19:16:56

 
Re: お久しぶりです。 / 管理人

 お久しぶりです。
 いろいろとつらいことがありましたが、まずはお母様に理解してもらえて、本当に良かったですね。

 それにしても、つらい状況を乗り越えての第一志望合格、とてもすごいことだと思います。おめでとうございます。
 きっと、今までのつらさの分も、今後の人生にとって、大きな糧になると思いますよ。

 充実した楽しい大学生活になることを、心より願っています。

No.6246 2008/03/06(Thu) 23:13:32





過去ログ一覧(5) へ戻る


produced byYuki Tachibana