Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2008年04月26日〜



ききさんへ / はちみつ

レス毎回本当にありがとうございます。
私は中学2年です。 そうですね。 教科担任制で、しかも理科の担当なので理科の授業の回数は他の教科に比べ、少ないです。

なので、分かりにくい部分もあると思うし、私が傷ついているときには先生の居ない場所で言われています。

なので、2者面談があるのでその時に話を聞いてもらいたいです。(今の担任の先生に)
あと、中1のころに小学校の時にもらった子供相談室などにメールや電話もしていました。
最近はぜんぜんしていませんが。 そこら辺にもまた電話等をしていきたいと思っています。

だけど、やはり小学校の時の担任の先生が一番良かったと思います。私の性格もよく分かってくれるし。
だけど、ひとつだけ先生を裏切ってしまったことがあります。
それは部活を辞めてしまったこと。 先生には「世の中やりたいことばっかりじゃないから」といわれ、結構スルーされた感じがありました。
だから辞めたことを言うとショックを受けるかもしれません。
しばらく会いに行っていないので、不安があります。

No.6419 2008/04/29(Tue) 20:53:50


ききさん 管理人さんへ / はちみつ

レス本当にありがとうございます。

だけど、私をわざと傷つけるためにそのような発言をしたようには思えないんです。
汁物をこぼした本人は直接、ぐろいと言ったわけではありませんが、私にはそのようにしか受け止められませんでした。

それからはサポーターをして体育の授業に出るようにはしていますが、「どうしたの?」「はちみつはかよわいからね〜」と色々と聞かれたり、言われたりします。

昨日、学校帰りに「しょぼい」といってきた子は、私がけがをした後に私の学校に転入してきた子なんです。
なのに何で知っているの?って感じでした。
その子は「友達から聞いた」と言っていました。 余計なことばっかり言わないでほしいです。

それに忘れ物1つしただけで、「馬鹿」とかいってくる子も居ます。
私より成績も悪いし通知表だってわるいのに。
優等生だからってがり勉と言う子も居ます。

足の方は、形成外科に行って注射を受けて、薬を飲んで、テーピングをして、なんとかきれいにできる限りはしていきたいと思っています。
大きな手術もするかもしれません。 
本当なら形成外科なんて行かなくたっていいんです。その分痛い思いをして注射しなければいけないのだから。
でも、周りがそんな態度ばかりとるので自分自身も傷つくしどんどんトラウマ化していきます。
トラウマとなってしまった今では、家で食事をするときはプラスチックのお皿なので食べています。
給食なんてまずくて、吐き気がして・・・
昔は夢にまで出てきたことがありました。 それで眠れない日々でした。
けがしたときが中間テスト前でしたので、順位も15位ぐらい下がっていたと思います。
私の気持ちを分かってくれる人なんて居ない。 そう感じてしまったのです。
だけど、身近な大人には相談していきたいです。

No.6417 2008/04/29(Tue) 09:14:40

 
Re: ききさん 管理人さんへ / きき

はちみつさんは、中学生でしたでしょうか?

そういう心無い言動は、だいたい教員の見ていないところで行われますから、学校の先生もあまり知らないのではないでしょうかね。

身近な大人の人に、ぜひ相談してください。

学校で起こっていることなので、誰でもよいから、話のしやすい先生に相談してみるのもよいと思います。

「担任の先生」といっても教科担任制で、関わりがあまり深くないかもしれませんしね。

それも難しいようでしたら、電話相談してくれるところが必ずあるはずです。校内にポスターが貼ってありませんか?匿名でも丁寧に話を聞いてくれるはずです。

電話の相談でも、話をしてみるだけで、そして話を聞いてもらうだけで、心が軽くなることがあります。

ストレスを溜め込まないようにしてくださいね。
誰かに話してみることです。

No.6418 2008/04/29(Tue) 18:46:47





みなさんへ / はちみつ

みなさん、本当にレスありがとうございます。
もう半年ぐらい小学校の先生には会っていませんね・・・

それともうひとつ、相談したいことがありまして・・・

中1の時に給食を食べるためにお盆を持って教室へ行こうとしていました。
私の前に歩いていた子が汁物をこぼし、私がその汁物の上に乗っかってしまい、転んで給食の陶器が割れて足に刺さり9針も縫ってしまったことがありました。
もちろんその傷跡はまだ残っています。 それでリハビリなどにも通い、なんとか体育の授業に復活できるときに汁物をこぼした本人に私の傷口を見て、ぐろい(英語で言うグロテスクに近いもの)とを言われました。そんな足で、体育なんか出られるのか?といわれました。
すごく傷ついたし、腹が立ちました。

多分、けがしたときは救急車で病院に行ったし大事のようになってしまい多分全校生徒が私のけがのことを知ってはいると思います。
昔に部活に入っていたのですが、そのときの先輩にも「靴下長いよ〜」「誰あの人?」「あの足けがした人だよ!」とか言われました。
そして、今日も友達に足をけがしたことに対して「しょぼい」と言われました。
最終的に私の運動神経のなさからけがしたとは思います。
だけどそんな言い方しなくたっていいとおもうんです。

No.6414 2008/04/28(Mon) 16:30:23

 
Re: みなさんへ / きき

その通りです。そんな言い方をしている方が、心ない人だと思います。
ずいぶん辛い思いをしましたね。

そして、そんなことを言う人の方が弱いんじゃないかな、と。
「気にしないで!」なんて言っても、とても気になるでしょうし、傷ついていらっしゃると思いますが、はちみつさんよりも、そんなこと言う人の方が弱いように、私には思えます。
だから自信をもって!(と言っても、それも難しいかな?)

怪我、大丈夫ですか?
お大事にされてください。

No.6415 2008/04/28(Mon) 22:53:05

 
Re: みなさんへ / 管理人

 たまたま運悪く大けがをした人に、ひどい言い方ですね。
 ききさんのアドバイスにもありますが、そんなひどい言い方をする人は、やはり心が弱い、またはゆがんでいる人なのでしょう。

 そのような人は、あまり相手にしない方がいいタイプだと思います。
 なるべく気にしないようにして、なにかほかのことに気持ちを向けるようにしてください。
 あとは、身近な大人の人に相談するとき、そのことも話してみるといいと思いますよ。

No.6416 2008/04/29(Tue) 00:16:00


すけさんへ / はちみつ

レスありがとうございます。 私は今、中学2年です。
今日もとてもつらくて泣きました。 中学になってから、ストレスがたまりにたまって、若白髪も増え、そして食欲もわいてきません。

中1のころは中学に居るスクールカウンセラーの先生にいろいろと相談してきました。
もちろん相談にも乗ってくれます。私の気持ちを分かってくれようとしてくれます。
だけど、結局問題解決までに至っていないということに気づいてしまったのです。
先生の移動もあって、めんどくさいし時間の無駄遣いと思い、それから行かなくなりました。
でも、1人だけ信頼できる人が居ます。それは小学校5年・6年の時の担任の先生です。
母が再婚活動を少しだけやっていたころがあって、私は落ち込んでいました。
だけど、その先生は私の表情を見て、元気がなさそうなことに気づいてくれて「なんかつらいことでもあった?」と聞かれ、答えることに結構躊躇しましたが、「母が再婚活動をして・・・」と長い話を聞いてくれました。
それ以外も元気がなさそうなときは声をかけてくれました。とてもやさしくて大好きだった先生・・・ だけど、私は小学校を卒業してしまったのです。
中1の9月ぐらいまで、先生にちょくちょく会いに行って居ましたが、なんとなく自分自身で「私が居るべき場所はここではない」と感じてしまいました。
それから小学校に行くことに対して戸惑いを感じていくことができなくなってしまいました。
多分、まだその小学校に居るとは思いますが・・・
中学でそのような先生を探すことも難しいと思うし・・・
あとは私の今のクラスの担任と2者面談があると思うので、その時に「学校が楽しくない」とかそういった話は少ししてみようとは思います。
今でも小学校の時の担任の先生に会いに行ってもいいのでしょうか?

No.6409 2008/04/27(Sun) 22:10:52

 
Re: すけさんへ / 管理人

 はじめまして。管理人です。
 こちらの方へレスさせていただきます。

 つらいことが続けて起きてしまって、心が疲れきっている感じですね。
 ご両親の離婚は、とてもつらいことでしょう。でも、いずれは乗り越えられるときが来ます。ただ、ちょっと時間が必要です。

 スクールカウンセラーの先生のことですが、また相談してみるといいと思いますよ。
 カウンセリングは、問題解決が目的ではありません。話をしていくうちに、今ある問題にどのように向かっていけばいいのか、少しずつ自分で気づいていく場なんです。
 時間はかかりますが、続けていくうちに、何かが見えてくると思います。

 成績の上下は、あまり気にしなくてもいいです。成績は、そのときどきの結果に過ぎません。大切なのは、何かを学んで身につけようという気持ちと姿勢です。

 小学校の先生に会うこと、なんとなく気が引けるかもしれません。
 でも、問題ないと思いますよ。思い切って、小学校へ連絡してみてはいかがでしょう。
 つらいときは、人の優しさに触れることも大切です。

 今のクラスの担任の先生との2者面談、とてもいい機会ですね。
 ぜひいろいろな話をしてみましょう。

 今は中学生ですし、つらいときは、身近な大人たちに相談すること、とても大切です。
 大人に相談しても、思い通りに行かないこともあるでしょう。でも、あきらめないでください。相談する人、ここにあげた人だけでも、けっこうたくさんいますよね。

 実際には、もっとたくさん相談できる大人がいます。
 ですから、まずは安心して、身近で相談しやすいと感じる人に相談してみてください。

No.6410 2008/04/27(Sun) 23:48:47

 
Re: すけさんへ / きき

はちみつさん、はじめまして。

私は小学校教員です。
うつ病ですが、気力で何とか勤務しています。
自分が参っている分、子ども達の悩みやストレスに寄り添えるようになったと思っています。うつ病を逆手にとって私の武器にしているわけです。(笑)

さて、その小学校の先生。
会いに行っていいと思いますよ。
私なら、ぜひ来てほしいと思います。「私でよければ、いくらでも話を聞くよ」というスタンスだと思いますよ、その先生も。

安心して、行ってらっしゃい。
もしお忙しいようなら、その旨をはちみつさんに教えてくれるはずですから、「先生が一番話しやすいので話を聞いてくださいませんか?」と、一度、伺ってみてはいかがでしょうか?

No.6413 2008/04/28(Mon) 05:39:16





今日はもうだめ / きき

いろいろなことが重なりすぎて、だめです。
どうやったら死ぬことができるか、と、一人で職場に残って
ずっと考えました。

そんなときに、友人からメールが入りました。

そもそもの発端となった大学教授のところで、現在、ゼミ生として在籍している友人からでした。
「急だけれども、4月いっぱいで退学することにしました」
と書いてありました。

その友人とは、大学教授のきつい言動に対して、一緒に耐えて励まし合ってきました。

私は現在休学中で、だんだん調子を取り戻しているところなので、彼女も「休学しようか・・・」と悩んでいました。

それなのにいきなり退学なんて。何があったのだろう?
何がなんだか分からなくなってきました。

職場のことでも件の同僚の言動が、いちいち心に刺さります。
私の担当の仕事を、なぜか勝手にやっていて、私に承諾もなしに会議にかけられたりすると(私に能力がないからだ)と落ち込みます。実際に皆の前で「力も発揮できなかったくせに」と怒鳴られましたし、私のいない場で「どうせあと一年もたないに決まっている」と言っていたそうですから、そういうことをされると、あの時の恐怖が甦ってきて、堪えます。

その他にも、昨年度まで元気だった人がうつで引きこもっていることが分かり、ショックを受けました。あんなに元気で躍動的な人が。

でも何より堪えたのが、友人の退学です。
退学。何が彼女をそんなに追い詰めたのか。
彼女は一回、大学教授の私に対する暴言に対して、私をかばってくれたことがあります。

それ以来、彼女も大学教授との関係が悪化したようです。

私もずっと気にしていたところ、ある日彼女が「あの時、適当に話を合わせて『ききさんって、本当にダメな人ですよね』ぐらいのことを話しておけば、教授はご機嫌で、こうはならなかったかもしれない。でも私は、思ってもいないことを言いたくなかったし、ききさんがどれほど困っているかがよく分かっていたから、教授に同調することができなかった。」と率直に話してくれたことがありました。

だから、私のせいで彼女まで被害を・・・と、ずっと思っていたので、彼女のためなら、どんなことでも協力してきました。彼女は車を持っていなかったので、何か用事があれば運転手を快く引き受けたり、パソコンやプリンタの具合が悪くて研究が進まないときは、私のプリンタとパソコンを研究室に持ち込んで、作業を手伝うこともありました。

彼女が私を一回かばってくれたことが、彼女の教授の関係を悪化させていると思っていましたから、とにかく私ができることは精一杯協力してきました。

3月中旬までは、彼女は修了するまで歯を食いしばって、やる気でいました。それなのに、なぜこんなに唐突に・・・・。

私が彼女を退学に追い込んだのだと思います。
きっと「自分を責めないように」と言われると分かっていますが、これだけはだめです。私のせいで彼女まで。しかも退学なんて。

人の人生までかき回してしまって、ショックです。
退学は彼女が決意したことですから、今さらもう何もできません。

No.6403 2008/04/26(Sat) 00:04:53

 
Re: 今日はもうだめ / きき

今日は、あの「身体が硬直した状態」で一日布団の中で過ごしました。顔もこわばったままで話をするもの辛いです。懇親会が一つあったのに、それも欠席しました。

No.6404 2008/04/26(Sat) 18:41:52

 
Re: 今日はもうだめ / きき

頓服のことを忘れていまして、さきほど服用しましたら、だいぶ良くなりました。すみませんでした。

No.6405 2008/04/26(Sat) 23:07:56

 
Re: 今日はもうだめ / 管理人

 お友達の退学、ちょっとびっくりという感じですね。
 でも、何か退学するだけの理由があったのだと思います。

 たぶん、ききさんを助けたことは、原因というより、教授の異常さを理解するきっかけになった、という程度だと思いますね。

 ききさんの件があってもなくても、そういう教授ですから、いつかはお友達も我慢できなくなったと思いますし、退学を決めて、かえってすっきりしているのではないかと思います。

 大学という世界、どうもこの手の人はけっこう多いようですね。
 あまりにひどい担当教授に当たってしまった場合、無理して頑張っても時間の無駄、または利益がないと判断できるのでしたら、退学というのも、ある意味正解だという気もします。

 あまり深く考えず、まずはゆっくり休むことを考えてください。
 同僚の方については、気力が戻ってから、管理者と相談することが大切かな、と思います。

 うつ病にかかる人の割合は、5パーセント以上と言われています。20人に1人以上ということですね。
 とてもありふれた病気なので、身近な人がかかっても、あまり気にしない方がいいでしょう。

No.6406 2008/04/26(Sat) 23:14:41

 
Re: 今日はもうだめ /

こんばんは。ききさん。
少し落ち着かれかましたか?

いろいろなことが重なり辛かったですね。死ぬ事まで考えてしまうほどですからよほど辛かったのですね。大丈夫ですか?

ご友人の事ですが・・
私もご友人の立場なら同じことしたと思いますよ。
少なくともご友人は教授に対してききさんと同じ思いを持っていたのではないでしょうか・・ご友人は自分の意見を正直に教授にいっただけだし、ききさんもご友人に対して精一杯の事をされてますし・・ききさんはそんなに自分を責めなくてもいいのでは・・と私まは思いますよ。

件の同僚の方ほんとうに困った人ですね。でも他の同僚の方はわかってくれていますよ。件の同僚の方ちゃんと自分の仕事こなしているんでしょうかね・・教員の方はただでさえ仕事多くて大変だと聞いていますが・・

今とても大変でしょうが・・お体お大事にされて下さいね。

No.6411 2008/04/28(Mon) 00:33:16

 
Re: 今日はもうだめ / きき

管理人さん、闇さん

ありがとうございます。
ちょっとしたことでまた混乱するなんて、まだまだですね。

退学を決意した友人と話してみたら、就職するとのこと。
仕事の条件がよく、仕事をしながら大学も続けられないか・・・とずいぶん迷ったらしいのですが、いろいろ事情があり、いくら可能性を探っても、両立が不可能だったとのこと。

だったら大学にいても担当教授との関係も良くないし、思い切って勉強は諦めた・・・と言っていました。

就職先は大手企業で、配属された部署も、語学力に非常に長ける彼女の力が存分に発揮できるであると思われる部署で、安心しました。

私は「大学を修了した資格にこだわらなくとも勉強は続けられるから」と話しましたし、何よりも彼女の力をかって採用してくれた大手企業で、力を存分に発揮して欲しいと思いました。

件の同僚の件、今日にでも管理職に相談してみようと思います。
昨年度までも管理職が非常に理解してくださる方でしたが、今年度の管理職は、職員とあまりコミュニケーションをとろうとしない方。少々不安ではありますが、「管理職」というお立場ですから、そこに相談するしかありません。

今日は放課後に会議があるのですが、件の同僚のことが恐怖にすら感じるので、お休みをとって会議を欠席することにしました。私が報告する内容は別の同僚に託して。
こんなことでもして自分を守っていかないと、また潰れてしまいそうなので、予防策です。他の人に迷惑かけないように、ストレスは、なるべく遠ざけたいと思っています。

No.6412 2008/04/28(Mon) 05:34:46





過去ログ一覧(5) へ戻る


produced byYuki Tachibana