Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2008年06月06日〜



入院していました。 / スピカ

倒れたので、5月14日から入院していました。
今日、退院しました。今後は新しい病院です。

統合失調症のほうは
大丈夫です。一ヶ月入院していました。
前の病院の先生は、開業されるので
変わります。

心理テストをしたら、
算数的なことができないと出ました。
学習障害だとは言われてはいましたが。

私の場合は、無痛無汗症ではなかったです。無痛無汗症の会の方から
メールが届いていました。嬉しかったです。
大学病院で検査をして、異常なしでした。

No.6564 2008/06/12(Thu) 17:15:47

 
Re: 入院していました。 / 管理人

 退院おめでとうございます。
 生活にいろいろな制約が出てしまう無痛無汗症じゃなくて、本当に良かったです。
 あとは、しばらくのあいだ、のんびり静養ですね。

No.6568 2008/06/12(Thu) 22:55:29


ヒロさんへ / はちみつ

お返事ありがとうございます。

私はけがをして、トラウマがたくさんできました。
テレビとかでも、病気の人のことを取り上げたものとかはもうあまり見たくないですね。

私自身がその人の気持ちが伝わってきてしまい、その人の気持ちに入り込みすぎてしまい、頭痛や腹痛になったりします。

だけど、気持ちが切り替わると頭痛や腹痛は消えてしまいます。

なので正直言えば、ヒロさんのけがをしたときのエピソードを読んでいるときはちょっとつらかったです。
だけど、世の中には自分と同じように悩んでいる人がいることが知れてよかったです。

私も先輩などに「あの人誰? あの足をけがした人だよ〜 アハハハ〜」とかと言われたりしたことがあります。

正直、私のけがのことは隠しておきたいのです。まだ足だし、足だったら長いズボンをはいたりすれば隠せます。

今は全然痛いわけじゃないので、全然いいのですが、心の面でとてもつらい思いです。

月に1回、注射を受けに行ってて・・・ おかげで注射もトラウマです。 陶器もトラウマ。 給食もトラウマ・・・ 救急車もトラウマ・・・ 何もかもがトラウマです。

本当はやりたいことがやれることが私にとっての一番の幸せなんですけどね・・・
やりたいことができなくて・・・

No.6567 2008/06/12(Thu) 21:00:18


つらい・・・ / はちみつ

やっぱり生きていることってつらいんだなぁ・・・と思いました。

私は今日も足のことを言われました。
友達(自分は友達とは思っていない)が「何で(サポーター)してるの?」と聞かれ、足けがしたからとも言えず、「別に・・なんでもいいじゃん」と言ったら友達に「足痛いの?」と聞かれ「別にそういうわけじゃないけど・・・」と言ったら、友達に「おしゃれでしてるんだ〜」とか言われてそれからマスクをしていただけでも「おしゃれ」とか言われたりします。

最悪です。 あんな友達。 あんな友達なんか友達じゃないし、最悪な人間です。

あいつとなんか一緒に学校行きたくない。 約束したけど、今日断ったし(冗談半分に聞こえたかもしれないけど)

父に相談したときは、「足のことはお前が悩むことではない」と言われました。
だけど、この足は私の足なんです。 色々言われているのもこの足なんです。

私が悩むことじゃないですか。 誰が私の変わりに悩んでくれるんですか。

給食の陶器が刺さり、9月にけがをして、9針縫って、リハビリ9回言って、救急車で運ばれ・・・
全部「き」と言う文字が入ります。それに何で全部9なんですか。縁起の悪い数字じゃないですか・・・

このけがをしたせいで、陶器も嫌いだし家ではプラスチックの皿でご飯食べなきゃいけないぐらいトラウマだし、自分は貶されるし。

汁物をこぼした人をうらんでます。(うらんだところで何もおきないことは分かっていますが)
給食は吐き気がするぐらいになったし・・・

私は何も悪いことはしていないんですよ。 なのに何でこんなにつらい思いをしなければいけないのですか。

保険の利かない手術をしてもいいのですが、多分手術をしたところであんまり悩みの解決には至らない気がします。
トラウマなんてもちろん抜けないだろうし、給食は一生嫌いでしょう。
友達も信用しないだろうし、学校は嫌いのままでしょう。

「生きるとは何か」この答えが自分なりに分かったときにようやく幸せがつかめそうな気がします。

No.6565 2008/06/12(Thu) 18:46:11

 
Re: つらい・・・ / ヒロ

はちみつさん、こんにちは。
私は小学校5年生の時に、高鉄棒に飛びつこうとしたら、バーがゆるんでいてくるくるしていて、掴みきれず、落ちたことがあります。下は砂場で、手をついて砂の中に手が埋まってると思って手をみたら、埋まっていると感じた部分から90度に手が曲がって折れていて、わ〜〜〜〜とパニックになり泣いていたら、校庭にいた子がみんな見に来て「うわ、気持ち悪い」とぐるりと囲まれ、ほんとうにすごいショックでもう何がなんだかわからない感じで、病院に保健の先生に連れて行かれ、入院、手術、で2ヶ月は学校をやすみました。右手だったので、学校に行き始めても、ノートは左手で、給食も左手で、大変でした。ギブスが取れたら、すごく目立つところに9針の赤黒い傷跡があり、いやなので包帯をずっと巻いていたし、長袖でいたり、握手は左手、電車のつり革も左手で、、、という生活を中学生まで4年間していました。
いやだったのは、全然知らない子から指差されて、鉄棒から落ちた子よってひそひそ言われることでした。鉄棒はもちろん、手をつく跳び箱や、バレーボール、、、全部手が痛いので休みたいけど、先生はそうさせてくれませんでした。おかげで運動大嫌いです。
もう30年ぐらい前のことですが、とても辛かったこと覚えています。
さらにその後遺症で腱鞘炎になったり、神経がびりびりする激痛が走ったりしています。(骨を金属でつないでいるため)

はちみつさん、とても辛いですね。
友達には「事故で怪我してて、傷見られたくないんだ」と言えばいいんじゃないかなと思います。私はそうしてきました。そしたら「友達は痛かったの?」とか「今も痛いの?」とか優しい言葉をかけてくれる子もいました。まあ大部分は「ふ〜んそうなんだ」でしたけど。
大人になるまで、傷のことずっと気にしていたけど、年とともに傷っていうのはうすくなって小さくなっていきました。そうするともう忘れるようになって、普通に右手を出すことができるようになっていました。平気になってくると逆に周りが気をつかって聞こうかどうしようかって思ってたとか言われたこともあります。

今は、傷を負った状況や、傷跡のこと、みんなの目などいろいろ考えてしまうこと、私はよくわかりますが、「生きるとは何か』と人間の深い問題を考えるのはとりあえずやめませんか?。
それなら今現在の青春を明るくするために、どうしたらいいのかを考えてもらいたいなと思います。
というか、何も考えないほうがいいということも人生には多々あります。

No.6566 2008/06/12(Thu) 19:34:01





仕事 / きき

仕事は嫌ではありませんが、職場が嫌です。
私に向かって「力を発揮できないくせに」と罵倒した同僚が怖くて、職場に行くのも怖いです。

休職は考えたくないのです。

でも、自分が、そんなに仕事ができない人間なのかどうか、それが分かりません。私は可能な限りやっているつもりなのですが、それは自分のものさしで計っているだけで、周囲から見たら、全くダメなのかもしれません。

一回、休職してしまったら、復帰しても「ダメ」というレッテルが貼られます。私の友人がそうです。見ていると切なくなるし、私も休んだらこうなるのだろうな・・・と不安です。

その友人は、うつ病を克服したので強くなっていて、たまに電話で話すと、よく理解してくれます。最後には笑い声で元気になれます。

でも「もう俺には仕事が回ってこない」と寂しそうにしています。
私は、そうはなりたくありません。まだまだ、周囲の、うつ病に対する理解が浅いから。

昨年度は、管理職がとてもよく理解してくださっていました。(息子さんが引きこもりだったのだそうです)

今年度は異動され、別の管理職となり・・・
ダメ人間だと見られているようです。
他の人が怠惰で、そのトバッチリがこちらに来た場合でも、私のせいにされてしまいます。

職場に行きたくありません。
あの怖くて暗い同僚の顔も見たくありません。恐ろしくて。

No.6562 2008/06/11(Wed) 23:11:24

 
Re: 仕事 / 管理人

 今の状況、たぶんききさんご自身で判断するのは、難しいのではないかと思います。
 まずは、主治医と相談してみてはいかがでしょう。

 あとは、今の仕事を続けるに当たって、今の職場が難しいということでしたら、異動願いを出すという方法もあります。
 周囲の理解が薄いというのは、確かにつらいところですが、他者に関することなので、すぐにどうこうできるという種類のものとは違います。まずは確実にできることから、始めてみてはいかがでしょう。

 ご友人は、仕事上では不本意な境遇なのかもしれませんが、うつ病を克服して強くなっているんですよね。
 これって、これから長い人生を歩んでいく上で、とても大きなことだと思いますよ。

No.6563 2008/06/11(Wed) 23:43:06


管理人さんへ / はちみつ

毎回ありがとうございます。

さっきの書き込みは興奮していたときに書き込んだので、結構大げさに書いている部分がありますが、心の奥にたまっているものは全部はけたつもりです。

父に今日相談しました。だけど、精神科に行くことは否定でした。
「精神科の薬なんて、そんなにもらえない」と言われたし、母にも「精神科に行って薬をもらって飲んでたら、何も考えなくなるから頭悪くなるよ」といわれました。
なぜか薬の話になるんですよね・・・

私も人間ですから、毎日こんなにひどいわけではないのですが気分が落ち込み傾向だと大泣きになります。

すぐに行きやすいところはやっぱりスクールカウンセラーですかね。
行きやすいには行きやすいけど、1年生の階にあるから目立つし抵抗があります。
友達と帰る約束もしてしまっているし・・・

今度、林間に行くのですがそのときは足を完全に見せなければいけません。(入浴の時)
なんだか、けがのことを忘れるどころかひどくなっていますね・・・

No.6561 2008/06/10(Tue) 00:09:16


管理人さんへ / はちみつ

お返事ありがとうございます。

今日は生きていることがつらい1日でした。 自分の勉強のできなさにきずいてしまったし、自分の夢もつぶされてしまったし、足のことも言われるし・・・

もちろん先生の言葉を忘れたわけではありません。 だけど、自分を変えるといわれてもどうやって変えていいのかが分かりません。
それに、自分を変えると一言で言っても、自分ひとりで変えるなんてそんなこと私にはできません。

勉強に集中できないし、悩み事と戦って土曜日や日曜日の午前中が完全につぶれたことがありました。
そんな時間があるなら、勉強などもっと別なことに時間を使いたいです。

死にたくてしょうがない。 ただ、親が悲しむだろうから親が悲しむことだけはいやなのでしかたなく生きるしかない。
そんな毎日です。 人生をやめたい。 本当にそう思います。

No.6559 2008/06/09(Mon) 18:10:26

 
Re: 管理人さんへ / 管理人

 相当につらそうですね。
 気分の落ち込みもずっと続けいているようですし。
 やはり、専門医にかること、本気で考えるべきだと思います。
 なるべく早く、お父様かお母様とお話しして、精神科か心療内科、メンタルクリニック等で相談してみてください。

 自分を変える、これは確かに簡単ではありません。でも、それを一緒に行ってくれるのが、カウンセラーです。
 医師がカウンセリングをしてくれる、または専属のカウンセラーがいる病院もありますので、お近くで探してみてください。
 ある程度の規模の病院ですと、保険診療でカウンセリングをしてくれるところもあります。

No.6560 2008/06/09(Mon) 23:05:06


兄からのメール / すけ

 この掲示板にお別れを告げてからも平然と書き込んですみません。

 先日、兄からメールがありました。正直、兄と関わりたくないのです。文面を読めば、兄としての私への思いが伝わる内容ですが、メールの文面ではない兄そのものを思うと、やはりこの人は私を理解していない、って感じました。

 兄は結婚後、職を失うなどもしたようです。夫婦喧嘩も絶えないようでした。自分がそういう立場にありながら、母親の私への思いをメールで語る兄に、ウンザリというより、なんか滑稽に思えます。

 私の幼い頃、私の父は、実母に対して、執拗に暴力を繰り返していました。初めて兄が仲裁に入った(弾き飛ばされて仲裁にならなかったそうです。)のが10歳の頃らしいのですが、私には、その暴力の光景は、少ししか覚えていません。実際は、もっと峻烈で悲惨な光景が繰り返されているはずなのにです。
 主治医によると、「それは、無意識に記憶を飛ばしている」だったか、「埋没させている」だか忘れましたが、とにかく、覚えていないように自然となっているようです。

 兄は何回も夫婦喧嘩を繰り返し、結局離婚しました。メールの文面と本人そのもののギャップは大きいもので、やはり、いわゆる「すぐキレる」のは父親譲りです。
 主治医によると、「そういう家庭(私の家庭のような)に育った子供は、そういう、すぐキレる遺伝が垂直感染します。ですから、必ず離婚します」とのことでした。
 「すると、私もですか?」と問いただしたところ、主治医はあえてコメントしませんでした。私は結婚暦はないので、離婚する心配もないんですが、将来が不安です。

 兄が一つだけ、何割か的を得ている文面を書いていました。「○○(私)に我慢する癖を与えてしまったのは、兄の責任だ」という一文です。
 何割か、というのは、別に兄に責任はなく、結局環境でそうなったとしか言えない、というのが私の考えです。

 やはり、私にも、離婚する運命というのが、垂直感染しているのでしょうか。もし感染しているのであれば、暴力を振るうか、逆に相手の言い分だけを尊重するように見えて、実は心中に悩みだけを積み重ねる運命にあるのでしょうか。

No.6556 2008/06/08(Sun) 21:47:47

 
Re: 兄からのメール / 管理人

 生育環境による精神的特性の垂直感染(マインド・ウイルスという言葉もありました)は、認知行動療法的な学習によって、かなり改善できると思いますよ。

 要するに、キレるような状況になったとき、どう対処していくかをあらかじめ作り上げ、繰り返しによって反応を固定化していくというような方法ですね。

 自分の子供を無意識的に虐待してしまう親は、やはり自分も自分の親から同じことをされてきた、ということがよく見られます。
 こうした親の治療でも、意識的に学習(訓練)することで、改善されるケースがけっこうあります。

 苦痛の激しい虐待を長期間受け続けた場合、重度の解離性障害や解離性同一性障害など、治療自体が困難になる場合もありますが、すけさんは当てはまらないでしょう。

 我慢するクセというのは、すけさんも感じているように、お兄さまの責任というよりは、環境要因ですね。

 離婚する運命は確率の問題ですし、キレやすさは程度の問題です。
 どちらも、ある程度は改善できると思いますね。

 たとえば、親が離婚した人が結婚した場合、そうでない人が結婚した場合と比べると、将来離婚する確率は、確かに上がると思います。
 私の知人にも、その人の親とまったく同じような離婚をした人がいました。でも、逆のケースも知っています。

No.6558 2008/06/09(Mon) 00:01:51





管理人さんへ / はちみつ

先生の都合と先生が体調が悪くてしばらく小学校に来ていなかったので、しばらく話せなかったのですが今回は少し時間をかけて話をしてくれてうれしかったです。

正直、ジャージをはいていた期間は自分の中では足のことは少し忘れられました。

だけど、明日からは皆ジャージははかないしなんとなく自分の中ではまたけがのことがよみがえってきそうです。
先生と話したときも、よみがえってきてしまい、正直言えば泣きそうでした。

だけど、先生には大切なことを教えてもらえました。
先生は「人の気持ちも知らないでそういうことを言う人はたくさんいて、はちみつのことを知らない人の方が多い」「だけど、その人たちに振り回されたら損だし、今ははちみつが変わらないといけない時なのかもしれない」と言われました。

あの時の事を思い出すといまだに涙がでたりするし、特に友達とか先輩になにか言われたりすると複雑な気持ちです。
私は何も悪いことをしていないのに、そんなことを言われなくてはいけない事がいやでした。

一番いいのはけがのことを忘れることだと思います。(傷口がまだあるので、完璧に忘れることはできないにしても)
だけど、医者に行って注射を打たないといけないし友達には色々言われたりするし・・・
だから忘れたくても忘れられないんです。

No.6555 2008/06/08(Sun) 12:05:21

 
Re: 管理人さんへ / 管理人

 先生が言うのは、はちみつさんが何か言われたとき、過敏に反応しない、そのまま受け流せる、というように変わるべきとき、ということなのでしょうね。

 今後予定しているカウンセリングでは、そういうことを中心に考えていけばいいと思いますよ。

No.6557 2008/06/08(Sun) 23:15:14


管理人さんへ / はちみつ

本当に先生とお話できてよかったです。 試験の結果も持って行けたし。

確かにジャージは目立ちますね。 サポーターは今2種類持っています。
スポーツ用のようなものを主にして使っています。

そのことも先生に相談したのですが、足の許容範囲(足が曲がる範囲
)が狭まってきちゃうから、先生はあまりお勧めしていませんでした。

サポーターをすると、足をまげなくてすむのでそうなってしまいがちらしいです。
確かにそうなんですよね。

スポーツ用のは色が白っぽくて、目立つようで目立たないかもしれませんが、ワンポイント入っちゃっていて・・・

だけど、ジャージよりかは目立ちませんよね。

だけど、結局皆に「足悪いの?」とか「はちみつはか弱いから」とか言われたりすることには変わりないんですよね。
足関係のことは・・・ 

先生には世の中にそういうことを言う人はいるけど、その人たちに振り回されてはいけないと言われました。
自分の気持ちをどうやってコントロールするか。それが大事だと言われました。

No.6553 2008/06/06(Fri) 23:27:17

 
Re: 管理人さんへ / 管理人

 先生の言うとおりですね。
 振り回されないこと、とても大切だと思います。

No.6554 2008/06/07(Sat) 23:22:49


相談 / はちみつ

相談したいことがまたあったので、ここにきました。

今日、小学校の先生を訪ねました。 そこである程度、相談したいことを相談できました。
足のけがのことや、これからの勉強。 それとこれからの生活の仕方など・・・

本当はもっと相談したかったことはあったんですが・・・時間の関係上もあって、全部相談し切れませんでした。


来週の月曜日から衣替えが始まり、完全に夏服になるのですが、授業はジャージ(体操着)で受けるのです。

夏服だと、体操着(下のジャージは着用OK)で授業を受けることになります。
下のジャージは女子皆はかなくて・・(短パン) だけど、私は足の傷口が気になるし、もちろん注射を受けてきたのでだいぶ小さくなりました。
だけど、自分の足に自身がもてません。 それにまた「ぐろい」とか「あの足けがした人」とか・・・色々皆に言われたくないんです。

だから、短パンにしてサポーターをするか・・・ 下のジャージだけは男子しかはいていないけど、男子にまぎれて下のジャージを履くか・・・

または、足の傷口にテーピングを貼っているので、気にしないで生活するか。(だけど、自分の足に自身がもてないから、できない気がする)

自分が決めるべきだとは思いますが・・・ ちょっと相談したくて・・・

No.6551 2008/06/06(Fri) 22:16:52

 
Re: 相談 / 管理人

 良かったですね。小学校のときの先生に相談できて。今回話せなかったことは、また次の機会に話すこともできると思いますし。

 足の傷口は、とりあえずテーピングはしてあるのですから、治療上はどんな格好でも問題ないわけですね。

 ジャージはある程度目立ちますし、気温が高くなったときは暑いでしょう。

 サポーターなら、目立たない肌色のものもありますし、抗菌タイプや蒸れないタイプもあります。いろいろと選べるので、一番便利だと思いますよ。

No.6552 2008/06/06(Fri) 23:14:36





過去ログ一覧(5) へ戻る


produced byYuki Tachibana