Yuki Tachibana's Healing Home Page
共通掲示板 過去ログ 2008年10月03日〜



カウンセリング / きき

今日、無料カウンセリング、というところに行ってみました。
大学構内にあることを以前から知っていましたが、どうしても行く気になれずにいましたけれども、先日のカウンセリングに再び行く気持ちになかなかなれず、それで随分迷った挙句に行きました。

大学の事情がよく分かる方がカウンセラーをなさっているので、少し話すと、すぐ事情を理解してくださり、話がしやすかったです。私が話していると、共感してくださったり、復唱してくださったり、また泣いてしまいましたけれども、安心して話すことができました。

ただ、気がついたことがあります。

私は、先日にしろ今日にしろ、カウンセラーの方に対して(迷惑をかけないようにしよう)という気持ちが働いているということです。本当の自分が出せないように思うのです。

今日は一時間聞いていただける予定でしたけれども、私の方から(ご迷惑かけないように!)と、30分で切り上げて帰ってきました。

とはいえども、また小さな収穫がありまして、少し肩の力は抜けたように思います。


でも・・・カウンセラーの方とうまく話せない自分。どう関わったらよいのか分からない自分。
カウンセラーの方にも自分を偽っているなんて、本末転倒に思えます。

僅かずつでも得るものはあるので、やはり続けて行ってみたほうが良いのでしょうか。

それと、カウンセリングをあちこちに求めないほうがよいのでしょうか?


いろいろ迷っていますが、自分の中のあるものを少しでも出してしまうと、僅かながらでもスッキリするものですね。
それは実感しています。

No.6814 2008/10/20(Mon) 17:59:52

 
Re: カウンセリング / 管理人

 カウンセラーに迷惑をかけていると感じるのは、まだカウンセリング自体に慣れていない、ご自身の気持ちと対面することになんとなく恐怖を感じている、ということなのだと思います。

 どちらも、続けていくうちに、少しずつでも解決できることだと思いますので、やはり続けた方がいいと思いますよ。

 あとは、カウンセラーに恐怖を感じてうまく話せないなど、継続しない方がいいと判断できる場合以外は、同じカウンセラーのもとへ通うほうが、もちろん効率的です。

No.6816 2008/10/21(Tue) 00:14:27

 
Re: カウンセリング / きき

管理人様

今までは、この場が私にとっての「カウンセリング」の場だったように思います。(笑)

実際にカウンセリングに行ってみたら、ずいぶん気持ちがラクになったように思います。

波があるうちの、良い状態にいるだけなのかもしれませんが、いろいろ言葉にして話してみることは、気持ちの整理につながってくるような実感があります。そんなに急激に効果が出てくるものではないと思いますが、おっしゃっていただいたように、少しずつ良い方向に進めるかもしれないと思えてきました。

ありがとうございます。

No.6817 2008/10/21(Tue) 22:29:21


入院 / ヒロ

先日は不適切なレスをしてしまい申し訳ありませんでした。
いつのまにか削除されていて、管理人さんのお叱りの言葉も読んでいないので気がかりでした。
結局、私は1週間前に大量服薬してしまい、救急車で病院へ運ばれ、一命を取り留めました。明日から今度は鬱の治療で入院することになりました。
オーバーワークといろいろなことがあってトリガーを引いた感じです。心の根底に消えてなくなりたいということがあって、衝動的になってしまったと思っています。
主治医の言うことも聞かず、無理して頑張って、もう頑張れないところまでいっちゃて、、。
今は少し落ち着いているのですが、振り出しに戻った、というかもっと悪くなったようです。混沌とした意識というか、自分で自分がわからないというか、病のせいなのか、性格なのか、何かの障害なのか、、、気持ちは落ち込んでいて、誰かに聞いてもらいたい、私って何なの?
昨年の日記を読むとちゃんと病と向き合っていて、体調をコントロールしながら、仕事もこなしていて、、、どうしてこんなことになったんだろうと全くわかりません。
入院すれば少しは自分の実体がわかってくるのでしょうか?
会社や旦那に迷惑をかけ、ますます自己嫌悪、人に会えなくなりました。自業自得ですね。苦しいです。
入院にあたっての心構えというか、どう過ごしたらいいかなど、経験談をお聞かせ願えれば幸いです。自分勝手ですいません。

No.6812 2008/10/20(Mon) 14:37:07

 
Re: 入院 / きき

こんにちは。
お加減、大丈夫でしょうか?
どうか、お大事になさってください。
ご自分を大切になさってくださいね。

No.6813 2008/10/20(Mon) 17:44:12

 
Re: 入院 / 管理人

 誰かに自分の気持ちを聞いてもらいたいというのは、ふつうの欲求だと思います。
 でも、絶対にやってはいけないこと、危険なことを肯定したり、助長するような書き込みは、まずいわけです。だから削除しました。

 とにかく、ご自身を追い込みすぎてしまったのだと思います。

 入院治療が決まったとのことですし、入院生活のなかで、ご自身をじっくりと見直すといいと思いますよ。

 忙しい世間と離れ、ゆったりした余裕ある時間の流れのなかで、規則正しい生活を続けることが治療の基本です。
 まずはゆっくりと休んで、疲れをとることを中心に考えてください。

 そのあとは、主治医や看護師の指示どおり生活することで、自然とよくなっていくと思います。

No.6815 2008/10/21(Tue) 00:01:54





(No Subject) / スピカ

お久しぶりです。
最近は体調もよくデイケアに参加しています。
今度、デイケアでお祭りがあるので
それで忙しいです。

彼氏ができてうれしいのですが、
親がうるさくて困っています。すぐ「どこの人?」
「何の職業なの?」などと聞いてきます、
心配してくれるのはありがたいと
思っていますが・・・。

彼氏に今つらいことを
話しています。経済的に余裕がありません。
ギリギリの状態です。
私の病院代は障害者手帳でタダなのでいいのですが、
兄が最近過呼吸で夜救急外来に行きます。

不安が募るようで昨日も
その前の日も行きました。
昨日は私がついていって、
先生に診てもらいました。母がいないと不安になるようで
母は出かけていたので連絡をして
来てもらいました。
その時、まだか。まだかと言っていました。
これでは私も不安になります。
どうすればいいでしょうか。

No.6810 2008/10/17(Fri) 19:35:08

 
Re: / 管理人

 お母様が、なるべくお兄さまと一緒にいることが一番なのですが、いつもと一緒というわけにはいかないですよね。

 となると、時間はかかりますが、カウンセリングによる精神的な治療か、抗うつ薬や抗不安薬による不安の軽減が必要かと思います。
 あとは、不安が強くなったとき、すぐに効くトンプクのような薬を持っていると、安心感が違うと思います。

 お兄さまの不安が少しでも軽くなるといいのですが。

No.6811 2008/10/18(Sat) 00:02:49


お伺い / wako

こんばんは

サイストリーを時々読ませていただいています。

大脳辺縁系の記憶による情動発生〜前頭前野との関わりなど、初めて読んだ時は読み進めて行く内に気分が悪くなってしまいました。(難しいこと、理解できないこととの遭遇時、苦手な分野なもののかじりつきたくなる時に生じますのですぐに「今日はストップ」とします。最近ではスピリチュアル関連の(高橋佳子著書など)本を読んでいる時にも生じます。)

それでも、茂木健一郎氏や養老孟司氏の本などに触れてきてはいますから、脳や意識の話に関心があります。
又、こちらは、私などには難解なものの、未知の分野でやはり再読を欲します。

ところで、お伺いは

>『 なんらかの精神的または神経的な病気だと診断された場合には、サイストリー実践は、その病気が完全に治ってからにしてください 』

管理人さまのアドバイスは、うつ闘病5年目の私の場合は如何でしょうか。

勿論、一進一退は繰り返され、今後の波の変化も覚悟してはいますし、常に、慢性”や再発”に危惧を抱いています。
しかし幸いにも、主治医、カウンセラーに恵まれ、認知療法、行動療法が自然に受容され始め、感情のコントロールや考え方のバランスなどの変化、がんじがらめだった頭がほぐれたかのような、体の余分な力が抜けて楽になってきているなどを実感しています。

私の場合、両親からの長年に及んだ虐待、過去として閉ざされていた背景を自己開示した折に、声を失い、短い返事しか出来なかった症状が幾度か起きましたので、最近は「過去に触れても過去は変らない」と逃避(?)傾向はあります。(ですから、カウンセリングでは、「今現在困っていること」「ささやかな出来事でも○印をつけられた」そうしたことの中からカウンセリングの度に新しい発見をさせられているといった状況です。

よろしくお願い致します。

追伸
皆さんのご投稿への管理人さんのお返事を拝読するのも好き学びになっています。

No.6803 2008/10/12(Sun) 02:21:50

 
Re: お伺い / 管理人

 はじめまして。
 とてもつらい体験をしてきたのですね。

 今はまだ医師の治療もカウンセリングも継続中とのことですし、焦らずに、今までどおり治療とカウンセリングを進めていく方がいいと思います。
 長期に渡る大きな苦痛の体験の場合、一人で乗り越えようとすると危険です。
 また、苦痛の総量が大きいので、どうしてもある程度の時間が必要になるでしょう。

 カウンセリングがもっと進んでくれば、カウンセリングのなかで、自然と過去の苦痛の体験に目を向けられるようになるはずです。
 それまでは、今のペースを守った方が、結局は治療期間の短縮につながると思いますよ。

No.6804 2008/10/13(Mon) 00:02:32

 
Re: お伺い / wako

こんばんは

ありがとうございます。
仰るように致します。
(サイストリー・少しずつ拝読は続けますが)

結婚して18年目、そのうちの13年は家事と仕事をこなしながら趣味の時も持てましたから、5年間の長い休暇は想定外でした。

過剰気味の自負心は自己嫌悪と自己否定に変り、閉塞感・孤独感に見舞われ、自死念慮に抗い、薬の副作用に苦しみ、日常生活に支障をきたし、生き地獄かのような試練でした。

それでも、うつを受け入れ、自らが言葉を発したことにより気付かされる、カウンセラーがそれを受け止めてくれつつサインを出される、直球あり変化球ありのキャッチボールかのようなカウンセリングを重ねられたおかげで、悶々とした漠然とした不安が具体的なこととして認識できるようになってきたように思えます。

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--

ちょっとおしゃべりです↓

夕食の献立は昨日から決めていたのですが、昨日の駅弁フェアて完売”、入手しそこなった〈峠の釜めし〉を突如思い出して→→ゲット致しました♪
(これで手抜きOK(笑)

半年で22キロ減の一年前の秋は、主食がコンデンスミルクと赤ちゃん用のミルクで、サプリメントとベジタブルの食生活でしたから、釜めしを買いに行こうと思う気持ちとか、ご飯をいただけるようになったこととか、ささやかではありますが「当たり前」「何気ない日常」がとても有り難いことです

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--

『 >長期に渡る大きな苦痛の体験の場合、一人で乗り越えようとすると危険です。
 また、苦痛の総量が大きいので、どうしてもある程度の時間が必要になるでしょう。』

油断せず、焦らず、心いたしますね。

ありがとうございますJ^o^L

No.6809 2008/10/16(Thu) 02:25:41


はじめてカウンセリングへ行きました。 / きき

9月中に比べ、ずいぶん良くなってきたものの、ようやく予約をとったので、今日行ってきました。

平気に話せるかと思いましたが、やはり涙が出てきてしまいました。話しているうちに、客観的に自分を見つめている自分がいたりして、それなりに収穫はあったように思いました。

今後、カウンセリングを続けるかどうか・・・の話になりましたが、私の方から「また来ても、同じ話しかしないと思う」と告げ、先方からも「こういう場所があることを知ってもらえたと思うので、何かあったらいつでも来てください」とおっしゃっていただき、終わりました。

短時間ながら、話を聞いてくれる人がいたことと、言葉にして自分の状態を話してみると、思い悩んでいることがちっぽけにも思えてきまして、ほんの小さな一歩を歩みだすことができたように感じました。

もちろん、1回のカウンセリングで、何かが劇的に変わるわけではありませんけれども、どのような場所なのか分かりましたし、行ってみてよかったです。

継続しないことにしましたが、駆け込み寺がある、ということは心強いものだと思いました。

人前で泣いてしまったのは久々です。泣く、ということが、場合によってはスッキリすることも感じました。

カウンセリングでは「辛い過去とうまく付き合う方法」や「今、何が必要なのか考えてみましょう」ということを中心に。すぐに気持ちを整理できるわけではありません。けれども、得るものはありました。

No.6805 2008/10/14(Tue) 19:22:44

 
Re: はじめてカウンセリングへ行きました。 / みつよ

はじめてのカウンセリング、良い結果で良かったですね。
「また来ても、同じ話しかしないと思う」と告げられたそうですが、そうなってもかまわないと思いますよ。必ず解決の糸口はあると思いますから・・・

私もカウンセリングを受けていますが、カウンセリングは、ほぼ同じ間隔で同じ時間を継続させるところに意味があると思っています。
蟻の歩みのようですが、自分も少しは変わっていけてると信じています。どうぞ、ききさんも駆け込み寺でなく、継続して下さったらな〜と思うのですが・・・難しいですか?

No.6806 2008/10/14(Tue) 20:50:21

 
Re: はじめてカウンセリングへ行きました。 / きき

みつよさん

ありがとうございます。

「カウンセリングには大きな期待をしないように・・・」と言い聞かせて臨みましたけれども、実は小さくても収穫はあったな・・・と思いました。

辛い思い出に対して、それに耐えられるようなトレーニングもできますよ、というお話も聞いてきました。

蟻の歩みのように(笑)・・・そうですね、そんな手ごたえも感じてきました。

私はやっぱり周囲の目や周囲の評価を気にするところがあるのか、正直、今日のカウンセラーさんが私のことを(この人、たいした悩みもないのに来て困ったな。継続と言われたらどうしよう?)と思っているんじゃないか・・・と、そんなふうに顔色を読み取ってしまって。

それでご迷惑かけないように、と、「継続しません」と言ってきてしまいました。

カウンセリングは、こちらから話をしないと進まないものなのですね。私が話をしないと沈黙ですし、話をしだすと、同じ事をグルグル話しているような気がして。

ケースバイケースでしょうけれども、カウンセリングとはそういうもので良いのであるのなら、続けてみようかな。

ありがとうございます。

No.6807 2008/10/14(Tue) 21:57:15

 
Re: はじめてカウンセリングへ行きました。 / 管理人

 カウンセリングがどういうものか、実際に体験できて良かったですね。

 みつよさんもおっしゃっていますが、カウンセリングをある程度の期間続けること、ちゃんと意味があると思いますよ。

 何度も同じような話ばかりになったとしても、それが必要な場合もあります。
 また、話す内容は同じようなものだとしても、少しずつ心のなかで変化が起きているものです。

 とはいっても、カウンセリングの実体験ということだけでも、大きな一歩だったことは確かだと思います。
 今後、またカウンセリングに気持ちが向いてきたら、今度はしばらく続けてみるといいでしょう。

No.6808 2008/10/14(Tue) 23:31:49





はじめまして・・ / ジュン

先月から、母がうつになり殆んど寝たきりの状態になってしまいました。同じような家族の方のお話で興味深く拝見させて頂きました。長女の私(1人娘)は結婚して家を出ており(同じ県内ですが)今現在は父が母のそばを離れず、母を見ていてくれます。父が少しでも見えなくなると不安になり、父もなんとかやってくれているのですが、心配なので時々孫を連れて帰省すのですが、私達がいるときは話相手にもなり、気分も少しは和らぐかのようにみえるのですが、私が帰ったあとに余計に悪くなるらしく、また、迷惑をかけるので来ないで欲しい、と本人の泣き声、父もそれを察してか本当に来て欲しい時だけ電話する、と言います。先日、親戚からの電話で母を入院させた方がいいか、父から相談されたとの事。本人も、良くなるわけがない、どんどん悪くなってきている、薬の副作用だ、何も出来ない、入院しかない、最悪アクな事も考えている様子で、自暴自棄になっています。病院の先生は、もう少し様子をみましょう、との事。 病院側はどういう場合に入院させた方がいい、となるのでしょうか? すみません、唐突で・・・。

No.6799 2008/10/10(Fri) 23:43:39

 
Re: はじめまして・・ / 管理人

 はじめまして。
 お母様のこと、とても心配なところですね。

 入院については、患者の状態や家族の状態(看病できるかどうか)などから、実際に診察した医師が判断することとなります。
 でも、どの病院のどの病棟に入院するのか、空きベッドが確保できるかなど、別の事情もあります。

 このへんの細かいところは、実際に主治医に聞いてみないとわかりません。
 お母様の主治医と、直接相談してみてはいかがでしょう。

No.6801 2008/10/11(Sat) 00:01:57

 
Re: はじめまして・・ / ジュン

早速お返事ありがとうございます。
そうですね・・・。来週の診察の日やはり帰省して、先生のお話を聞いてみようと思います。
 良くあるパターンですが、私自身も出産を機に、母より少し先にうつ傾向を発症していて、今現在も気を抜くと家事が滞ってしまいます・・・。 わがままで完璧・潔癖主義の母の性格が嫌いで、将来絶対に母の介護はしない!と誓っていた私ですが、そんな母に育てられずっと恨んでいたにも関わらず、人間、最終的に面倒をみれるのは身内、家族しかいないんですね。大人になって、結婚、親にもなり、もがき苦しみ、色々な事がわかってきます・・。
結局、誰も悪いわけじゃない・・って事を。でも、鬱になる人間は
自分を責めます・・。小さい頃から、自尊心を養う事が大事なような気がします・・・。
すみません、グチってしまいました。また何かありましたら投稿させてもらいます。ありがとうござます・・・。

No.6802 2008/10/11(Sat) 01:00:10


すこし落ち着いてきました。 / きき

仕事が思うようにできないことで、ずいぶん絶望していましたけれども、「仕事の見通しをもつようにする」ということを心がけたら、ほんの少しだけペースがアップしたように思います。それで少し落ち着いてきました。

それと、運動部族だったので、意識的に体を動かすようにもしてみました。なんとなくスッキリする感じをつかんでいます。

とは言えども「決して無理しないように」ということも心がけています。まだまだ本調子ではないので。

9月中の、あの絶望感は、今は軽減しています。あれは何だったのか?と思うほど。
14日は、初めてのカウンセリングの日なのですが、落ち着いている今、むしろ何を話せばよいのか分からなくなってきました。

でも、そのまま今の事実を伝えてくれば良いですよね。

一時期は、おかしな書き込みをしていましたこと、ごめんなさい。
このまま、落ち着いている期間が続きますように。

No.6798 2008/10/10(Fri) 22:58:11

 
Re: すこし落ち着いてきました。 / 管理人

 落ち着いてきて、良かったですね。
 どんな作業でも、ある程度見込みを持てるようになると、精神的負担が軽減されるということなのでしょうね。

 カウンセリングは、再発を防いだり、軽減したりするためにも有効な方法です。
 最初は、病気になってからのことを中心に、気軽に話してみてください。

No.6800 2008/10/10(Fri) 23:49:38


副作用ではないらしいが、何だろう? / ワタル

 久しぶりにカキコさせていただきます。
 20年近く精神病性うつ病に悩まされ、コントミンを9月16日に1日25mgを寝る前に飲み始めて、効果が出ました。今気づいたのですが携帯電話をいじっているときに何をしようか分からなくなることがしょっちゅうあります。副作用かと思い電子辞書で調べても見当たらないし、これは?と謎に思っていますが。
 短い文章で失礼ですが、管理人さんをはじめ、どなたかご返答くださいませんか。

No.6780 2008/10/03(Fri) 21:03:46

 
Re: 副作用ではないらしいが、何だろう? / 管理人

 お久しぶりです。

 コントミンは、定型抗精神病薬で、神経の働きを抑えるタイプの薬です。
 したがって、思考などの精神活動が抑えられる可能性があります。
 ただ、処方量がかなり少なめなので、そんなに心配しなくてもいいと思いますよ。
 念のため、主治医と相談することは、おすすめしますが。

 もしかしたら、歳をとったということかもしれません。
 私も、歳をとるごとに、ワタルさんと同じような経験が増えてきているように感じます。

No.6781 2008/10/03(Fri) 23:00:24

 
Re: 副作用ではないらしいが、何だろう? / ワタル

 管理人さん、ご回答をありがとうございました。
 今日、主治医に聞いてみました。それは一過性でありすぐ治まる、とのことです。
 病気の正体がつかめました。DV(父親による精神的な虐待)によるPTSDでした。
 何かアドバイスがありましたらよろしくお願いします。

No.6782 2008/10/04(Sat) 12:15:13

 
Re: 副作用ではないらしいが、何だろう? / 管理人

 なるほど、生育歴のなかで、親からの虐待があったということですね。
 となると、突然意識状態が低下して、なにをしていたかわからなくなるのは、解離性障害の軽い症状だとも考えられますね。

 とにかく、一過性の症状だということですので、しばらく様子を見るということでいいと思いますよ。

No.6784 2008/10/04(Sat) 23:31:04

 
Re: 副作用ではないらしいが、何だろう? / ワタル

 管理人さん、ご返答をありがとうございます。
 携帯をいじっているときに何をしようかわからなくなることがある、とお伝えしました。そういうのはマシになりました。
 本当にありがとうございました。

No.6786 2008/10/05(Sun) 14:44:48

 
Re: 副作用ではないらしいが、何だろう? / ワタル

 管理人さん、本当にいつもいつもアドバイスをありがとうございます。
 質問ですがPTSDは20年続いていきなり正体がつかめることがあるんですか?
 主治医はトラウマの元である父親に僕の状態を伝えるよう、努力します、と言ってくれました。

No.6793 2008/10/07(Tue) 18:14:55

 
Re: 副作用ではないらしいが、何だろう? / 管理人

 青年期前の心の傷は、生涯にわたってさまざまな症状として続く場合もありますので、そういうこともあり得るでしょうね。

 でも、そういうつらい体験があったと気づくことで、治療が進む場合が多いので、悪いことではありませんよ。

No.6795 2008/10/08(Wed) 00:03:52

 
Re: 副作用ではないらしいが、何だろう? / ワタル

 毎度ながら本当にアドバイスをありがとうございます。
 そうですか。本当の正体をつかむには時間がかかるのですね。
 主治医の先生は心のうめきを前向きに受け止めていこうとする姿勢が見られる、と言ってくれました。

No.6797 2008/10/08(Wed) 14:24:48





過去ログ一覧(6) へ戻る


produced byYuki Tachibana