How to overcome depression
ball 気分障害・感情障害の分類(DSM-IV・ICD-10)ball



 「気分障害」というのは、落ち込んだ気分が続いたり、ふつうではない気分の高揚状態が続いたりして、生活上なんらかの障害が起きている、という意味です。
 一時期は、「感情障害」と呼ばれていたのですが、喜怒哀楽など、ころころと変わる「感情」よりも、一定期間続く「気分」の方がふさわしいということから、「気分障害」と呼ばれるようになりました。

 「気分障害」は、一般的に知られている病名でいえば、「うつ病」「躁うつ病」のことを指します。しかし、うつ病や躁うつ病には、さまざまなパターンがあります。
 それをより詳しく分類して、正確な診断を下すために、近年、次の2つの分類・定義が、医療現場で利用されるようになってきました。
 特に最近では、精神医療が一般の人に浸透してきたこともあって、患者や家族に伝える診断名でも、利用されることがあります。

1.DSM−IV
 アメリカ精神医学会(APA)が発行する精神疾患の診断・統計マニュアル 第4版
 Diagnostic and Statistical Manual of Mental Disorder - IV

 最新の改訂版は、DSM−IV−TR

2.ICD−10
 WHO(世界保健機構)の疾病及び関連保健問題の国際統計分類 第10版
 International Statistical Classification of Diseases and Related Health Problems - 10


 それでは、「DSM−IV」と「ICD−10」、それぞれのなかで、「気分障害」がどのように分類されているか、見てみましょう。

ball DSM−IV
6.気分障害

双極性障害

I型双極性障害・・・躁病とうつ病
II型双極性障害・・・軽い躁症状とうつ症状
気分循環性障害・・・軽い躁症状と軽いうつ症状
特定不能の双極性障害
うつ病性障害

大うつ病性障害・・・ふつうにいううつ病。軽度、中等度、重度に分けられる。
気分変調性障害・・・軽いうつ症状が2年以上続く(抑うつ神経症)
特定不能のうつ病性障害(DSM−IV−TRの試案では「抑うつ関連症候群」)
抑うつ関連症候群(DSM−IV−TRの試案)


・小うつ病性障害・・・症状の軽いうつ病(軽症うつ病)
・反復性短期抑うつ障害・・・短期のうつ状態が繰り返される(軽症うつ病)
・月経前不快気分障害・・・女性特有の生理的うつ状態
一般身体疾患を示すことによる気分障害
特定不能の気分障害

ball ICD−10
気分「感情」障害(F30−F39)
  F30 躁病エピソード
  F30.0 軽うつ病
F30.1 精神病症状を伴わない躁病
F30.2 精神病症状を伴う躁病
F30.8 その他の躁病エピソード
F30.9 躁病エピソード、詳細不明
F31 双極性感情障害<躁うつ病>
  F31.0 双極性感情障害、現在軽躁病エピソード
F31.1 双極性感情障害、現在精神病症状を伴わない躁病エピソード
F31.2 双極性感情障害、現在精神病症状を伴う躁病エピソード
F31.3 双極性感情障害、現在軽症又は中等症のうつ病エピソード
    .30 身体症状をともなわないもの
    .31 身体症状をともなうもの
F31.4 双極性感情障害、現在精神病症状を伴わない重症うつ病エピソード
F31.5 双極性感情障害、現在精神病症状を伴う重症うつ病エピソード
F31.6 双極性感情障害、現在混合性エピソード
F31.7 双極性感情障害、現在寛解中のもの
F31.8 その他の双極性感情障害
F31.9 双極性感情障害、詳細不明
F32 うつ病エピソード
  F32.0 軽症うつ病エピソード
    .00 身体症状をともなわないもの
    .01 身体症状をともなうもの
F32.1 中等症うつ病エピソード
    .10 身体症状をともなわないもの
    .11 身体症状をともなうもの
F32.2 精神病症状を伴わない重症うつ病エピソード
F32.3 精神病症状を伴う重症うつ病エピソード
F32.8 その他のうつ病エピソード
F32.9 うつ病エピソード、詳細不明
F33 反復性うつ病性障害
  F33.0 反復性うつ病性障害、現在軽症エピソード
    .00 身体症状をともなわないもの
    .01 身体症状をともなうもの
F33.1 反復性うつ病性障害、現在中等症エピソード
    .10 身体症状をともなわないもの
    .11 身体症状をともなうもの
F33.2 反復性うつ病性障害、現在精神病症状を伴わない重症エピソード
F33.3 反復性うつ病性障害、現在精神病症状を伴う重症エピソード
F33.4 反復性うつ病性障害、現在寛解中のもの
F33.8 その他の反復性うつ病性障害
F33.9 反復性うつ病性障害、詳細不明
F34 持続性気分「感情」障害
  F34.0 気分循環症
F34.1 気分変調症
F34.8 その他の持続性気分「感情」障害
F34.9 持続性気分「感情」障害、詳細不明
F38 その他の気分「感情」障害
  F38.0 その他の単発性気分「感情」障害
    .00 混合性感情性エピソード
F38.1 その他の反復性気分「感情」障害
    .10 反復性短期うつ病性障害
F38.8 その他の明示された気分「感情」障害
F39 詳細不明の気分「感情」障害
   ※ICD−10の用語の説明
    エピソード・・・症状が発現している状態のこと
    精神病症状・・・妄想や幻覚をともなうこと

 これらの診断基準は、病気の原因を考えずに、症状から診断する、という立場で作られました。これには理由があります。
 以前は、病気に必ず原因がある(「病因説」または「病因論」といいます)ということから、病因別に病名が考えられていました。たとえば、「うつ病」に関しても、下記のような診断名がつけられていました(現在でも使われることがあります)。

ball うつ病の病因別の分類
内因性うつ病・・・原因が見つからず、典型的で、症状が重いうつ病
反応性うつ病・・・大きなストレスとなる出来事が原因で起こるうつ病
身体因性うつ病・・・体の病気が原因で起こるうつ病
神経症性うつ病・・・心理的な要因(性格など)が原因のうつ病(抑うつ神経症)
 しかし、どれか1つの原因だけで発病するとは限りません。「内因性うつ病」であっても、発症には、なんらかのストレスが関与していると考えられます。
 このような理由から、心の病気に関しては、「症状から分類する方が理にかなっている」と考えられるようになりました。「DSM−IV」や「ICD−10」も、そうした発想のもとに組み立てられています。

 また、「DSM」の場合には、情報工学的、統計的な分類手法を使って、経験の浅い医師でも、経験豊富な医師と同様な診断ができるように工夫されています。

 うつ病の診断の詳細につきましては、「うつ病の診断(大うつ病性障害、気分変調症、軽症うつ病)」のページもご覧ください。






うつ病との闘い方 トップへ


著作権は、すべて著者にあります。無断転載・無断コピー等は、堅く禁止させていただきます。
Copyright (C) 2001-2014 Yuki Tachibana All Rights Reserved

produced byYuki Tachibana