How to overcome depression
ball うつ病の診断(大うつ病性障害・軽症うつ病など) ball



 このページでは、うつ病の病名としてポピュラーになった「大うつ病性障害」「気分変調性障害」(気分変調症)「軽症うつ病」などの診断について、詳しく説明していきたいと考えております。

うつ病は、現在では、気分障害のなかの「大うつ病性障害」として診断されるようになってきました(詳しくは、「気分障害・感情障害の分類 (DSM-IV・ICD-10)」のページをご参照ください)。
 また、症状が発現しているという意味で「大うつ病エピソード」、躁うつ病の「混合エピソード」との対比で「単一エピソード」という診断名も、よく見られるようになってきました。

 さらに、症状が軽いうつ病に「軽症うつ病」、長く続く軽いうつ状態(以前は「抑うつ神経症」(神経性抑うつ)と呼んでいました)に「気分変調性障害」(気分変調症)という診断名を使う医師も多くなってきています。

ball 病名は気にしない
 ただし、病気のなかには、うつ病と同じような症状が出る病気がたくさんあります。代表的なものは、「統合失調症」、「躁うつ病」、「全般性不安障害」(不安神経症)、「解離性障害」、「境界性人格障害」、「自己愛性人格障害」、「依存性人格障害」、「回避性人格障害」などです(詳しくは、「うつ状態(抑うつ)の原因とストレス」のページをご参照ください)。

 そのせいもあって、診察しても「うつ」とか「抑うつ」などと状態だけを患者に伝え、そのときどきで、症状に応じた治療を続ける、という医師もけっこう多いです。
 また、「多重診断」(複数の病名で診断されることです)が当然のようになっていて、説明が難しい、ということもあるでしょう。

 しかし、ここ数年のあいだ、心の病気に関して、症状から診断するという方法が広まってきました。その根底には、「DSM−IV」「ICD−10」などの国際的な病気の分類表(詳しくは、「気分障害・感情障害の分類 (DSM-IV・ICD-10)」のページをご参照ください)があります。
 そのため、医師が患者や家族に対して、「大うつ病性障害」(大うつ病エピソード)中等度などと伝えることもあります。特にアメリカの医師は、当然といえば当然ですが、そのような診断方法を用います。

 さて、それでは、もっともポピュラーな診断基準であるDSM−IVの「大うつ病性障害」(大うつ病エピソード)の内容を見ていきましょう。

ball 大うつ病性障害(大うつ病エピソード)
以下の症状のうち5つ(またはそれ以上)が同じ2週間の間に存在し、病前の機能からの変化を起こしている。(これらの症状のうち少なくとも1つは抑うつ気分または興味・喜びの喪失である)
その人自身の訴えか、家族などの他者の観察によってしめされる。ほぼ1日中の抑うつの気分。
ほとんど1日中またほとんど毎日のすべて、またすべての活動への興味、喜びの著しい減退。
食事療法をしていないのに、著しい体重減少、あるいは体重増加、または毎日の食欲の減退または増加。
ほとんど毎日の不眠または睡眠過多。
ほとんど毎日の精神運動性の焦燥または制止。
ほとんど毎日の易疲労性、または気力の減退。
ほとんど毎日の無価値感、または過剰であるか不適切な罪責感。
思考力や集中力の減退、または決断困難がほぼ毎日認められる。
死についての反復思考、特別な計画はないが反復的な自殺念虜、自殺企図または自殺するためのはっきりとした計画。
症状は混合性エピソードの基準を満たさない。
症状の臨床的著しい苦痛また社会的、職業的、または他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。
症状は、物質(薬物乱用など)によるものではない。
症状は死別反応ではうまく説明されない。すなわち愛する者を失った後症状が2ヶ月を超えて続くか、または著明な機能不全。無価値への病的なとらわれ、自殺念虜、精神病性の症状、精神運動制止があることが特徴。
   ※DSM−IVの用語の説明
    混合性エピソード・・・双極性障害(躁うつ病)のこと
 とても細かく症状が分析されていて、問診で現在の生活状況や生活史などをくわしく聞かなくても、すぐに診断ができるようになっています。つまり、病気の原因について追及しなくても診断が可能で、すぐに治療を始められる、というわけですね。
 これがDSM−IVの最大の特徴です。

 このような診断基準の最大の利点は、経験の浅い医師の診断でも、経験豊富な医師の診断とだいたい一致するということです。世界中に広まっていったのには、こんな理由があります。

 それにしても、「大うつ病性障害」(大うつ病エピソード)という名称、かなり大げさな感じがしますね。それに、「大うつ病性障害」の診断基準を満たさないけれども、病的なうつ状態、という場合もあります。
 また、現在は症状がそんなにひどくはなくても、放っておくと、悪化して「大うつ病性障害」になりそうだ、という状態もあります。

 このような軽いタイプのうつ病について、DSM−IVでは、「気分変調性障害」(気分変調症)という分類項目と、それ以外のすべてとして、「特定不能のうつ病性障害」という分類を作っています。

 今度は、「気分変調性障害」(気分変調症)の診断基準を見てみましょう。

ball 気分変調性障害(気分変調症)
抑うつ気分がほとんど1日中存在し、それのない日よりもある日のほうが多く、患者自身の言明または他者の観察によって示され、少なくとも2年間続いている。
抑うつのあいだ、以下のうち2つ、またはそれ以上が存在すること。
食欲減退、または過食。
不眠、または過眠。
気力の低下、または疲労。
自尊心の低下。
集中力の低下、または決断困難。
絶望感。
この障害の2年の期間中(小児や青年については1年間)、1度に2ヶ月を超える期間、基準AおよびBの症状がなかったことはない。
この障害の最初の2年間は(小児や青年については1年間)、大うつ病エピソードが存在したことがない。すなわち、障害は慢性の大うつ病性障害または大うつ病性障害、部分寛解ではうまく説明されない。
ただし、気分変調性障害が発現する前に完全寛解しているならば(2ヶ月間、著明な徴候や症状がない)、以前に大うつ病エピソードがあってもよい。さらに、気分変調性障害の最初の2年間(小児や青年については1年間)の後、大うつ病性障害のエピソードが重複していることもあり、この場合、大うつ病エピソードの基準を満たしていれば、両方の診断が与えられる。
躁病エピソード、混合性エピソード、あるいは軽躁病エピソードがあったことはなく、また気分循環性障害の基準を満たしたこともない。
障害は、精神分裂病や妄想性障害のような慢性の精神病性障害の経過中にのみ起こるものではない。
症状は物質(例えば、乱用薬物、投薬)の直接的な生理学的作用や、一般身体疾患(例えば、甲状腺機能低下症)によるものではない。
症状は臨床的に著しい苦痛、または社会的、職業的、他の重要な領域における機能の障害を引き起こしている。
 要するに、「気分変調性障害」(気分変調症)というのは、「大うつ病性障害の診断基準を満たすほど重くはないが、病的なうつ状態が長く続いている」ということですね。
 この「気分変調性障害」は、以前「抑うつ神経症」とか「神経性抑うつ」などと呼ばれていた病気と同様の状態を表しています。
 つまり、単純に病名が変わったと考えていいケースでしょう。

 さて、DSM−IVでは、「大うつ病性障害」(大うつ病エピソード)と「気分変調性障害」(気分変調症)以外は、「特定不能のうつ病性障害」となっています。これでは、軽いタイプのうつ病について、きちんとした診断ができませんね。
 実際の「大うつ病性障害」(大うつ病エピソード)の診断は、軽度中等度重度と分けますが、診断基準を見る限り、軽度であっても、ある程度重い症状だと感じられます。

 そこで、改訂版のDSM−IV−TRでは、まだ試案の段階ですが「特定不能のうつ病性障害」を「抑うつ関連症候群」と置き換えて、さらに小分類として、「小うつ病性障害」(小うつ病エピソード)「反復性短期抑うつ障害」「月経前不快気分障害」の3つをあげています(詳しくは、「気分障害・感情障害の分類(DSM-IV・ICD-10)」のページをご参照ください)。

ball 軽症うつ病
 DSM−IVの細かな診断基準が広まる前、症状の軽いタイプのうつ病について、「軽症うつ病」という病名が使われていました。ただし、定義があいまいで、うつ病や「抑うつ神経症」(神経性抑うつ)との区別も明確ではありませんでした。
 そのせいか、「軽症うつ病は病気ではない」とか「治療は必要ない」、「うつ病の治療をしても良くならない」などという医師もいました(残念なことに、現在でもいるようですが)。

 やがて「軽症うつ病」と「うつ病」は、同じ病気で程度が違うもの、という認識が広まってきました。さらに、同じ薬物療法で症状が改善することもわかってきました。
 「軽症うつ病」であっても、放っておいて悪化すれば、大うつ病性障害(大うつ病エピソード)になってしまう可能性もあります。
 そんなことから、「軽症うつ病」は、治療すべき病気の一つとして考えられるようになってきました。

 その後、DSM−IVの「気分変調性障害」(気分変調症)や、改訂版のDSM−IV−TRで取り入れられた「抑うつ関連症候群」のなかの「小うつ病性障害」(小うつ病エピソード)「反復性短期抑うつ障害」「月経前不快気分障害」などの診断名が入ってきました。

 このうちの「気分変調性障害」(気分変調症)は、長く続くうつ状態ということと、「抑うつ神経症」(神経性抑うつ)の新しい診断名ということから、すぐに使われるようになりました。

 しかし、「月経前不快気分障害」は、生理的なうつ状態で、たいていは短期間で治ります。副作用を考えると、抗うつ薬による治療は不必要とも考えられます(最近は、副作用が少ない「SSRI」があるので、処方されることも多くなりました)。
 また、「小うつ病性障害」(小うつ病エピソード)と「反復性短期抑うつ障害」は、症状も治療法もほとんど違いがありませんし、使い分ける意味がない、と考えることもできます。

 「軽症うつ病」という病名をやめて、もっとも該当していそうなDSM−IV−TRの「小うつ病性障害」に呼び代えようとする医師もいました。
 しかし、「気分変調性障害」(気分変調症)も、「小うつ病性障害」(小うつ病エピソード)や「反復性短期抑うつ障害」と実質的に治療方法が変わるわけではありません。

 そうしたさまざまな理由から、「軽症うつ病」という病名は、ずっと使われ続けています。その意味する範囲には、大きく分けて2つのパターンが考えられます。

 1つは、「大うつ病性障害」(大うつ病エピソード)と「気分変調性障害」(気分変調症)以外の病的なうつ状態を指します。
 もう1つは、「大うつ病性障害」(大うつ病エピソード)以外の病的なうつ状態を指します。つまり、「気分変調性障害」(気分変調症)も含むわけですね。

 「軽症うつ病」の診断基準は、まだ決定しているわけではありません。
 それでも、「大うつ病性障害」(大うつ病エピソード)の診断項目のいくつかに当てはまる症状が1週間以上続く、または「気分変調性障害」(気分変調症)の各診断項目に当てはまる症状がやはり1週間以上続くという場合には、「軽症うつ病」の可能性があります(うつ病の症状のより細かな説明は、「うつ病の症状と経過」のページをご覧ください)。
 1度精神科かメンタルクリニック等で診察を受けてみることをお勧めします。

 もしかしたら、「大うつ病性障害」(大うつ病エピソード)の始まりなのかもしれません。その場合には、早期発見早期治療に結びつき、治療もずっと楽になります。
 「軽症うつ病」も、きちんとした治療を受けることが必要な、れっきとした病気です。






うつ病との闘い方 トップへ


著作権は、すべて著者にあります。無断転載・無断コピー等は、堅く禁止させていただきます。
Copyright (C) 2001-2010 Yuki Tachibana All Rights Reserved

produced byYuki Tachibana